IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:BARBA

A7A4F6E4-13C6-4DC3-9EEA-3E72987CB5E2
春らしい暖かな陽気に包まれた週末。
今日はいつもに増して街中に人影が多いように感じられます。

陽気もそうですが、この時季は異動や新入学・入社などによる引越しなども含め、とかく世話しい人たちが多いのでは無いでしょうか。

とは言え、寒いより暖かな毎日の方が心地よく過ごせるというもの。

そしてこれから4月を迎えようと言う時に、例年需要が急激に増えるのが”セレモニー”を含めた様々な装い。

勿論それだけで終えてしまうのは勿体ないので、当店にとっては、普段から御洒落の一つとして愉しめるアイテムを提案する事が多い時季でも在ります。

そこで今日ピックアップするのは、それらセレモニー等にも使え、尚且つ日常的にファッションアイテムとして存在価値の高い物を幾つか挙げて見ました。

158473160
先ず一つ目は「これさえあれば何とかなる」的な代表格、ミドルレングスのペンシルタイト。
ブラックで、しかもシルエットが美しい膝下丈であれば、大抵の装いがビシッと締まることは言わずもがな。

これがボックスタイトの様にゆとりが在り過ぎると、セレモニー以外での出番では、どこか制服的に見えてしまう物です。
(或いは少々所帯染みて見えてしまうとか・・・)

158473160_o3
美しさのポイントは、”レディスタイル”を作る上で欠かせないシルエットです。

このLARDINIのタイトは、素材に復元力と弾力性に富んだストレッチジャージーを使用している為、程よく綺麗に補正し、また動き易さも助けてくれる、まさに願ったり適ったりの一着。

そのうえ、ハイウエストに加えて着丈が長すぎず、短過ぎずの実に非の打ちどころがない物になっています。

SOLP1775
セレモニーにはジャケットやブラウスなどを併せて使い、その他のシーンでは実はかなり多くのスタイルに取り入れ易いスカートなのです。

モノトーンで愉しむのも良し、デニムジャケット等とカジュアルダウンを愉しむのも良し、勿論お仕事にも使えて、シーズンレスアイテムとして必携の一着なんですね。

UZKVE2731
こうした美しいシルエットを作る為には、素材の選択は不可欠。
高いユーティリティ、スタイリッシュに、そしてクリーンな印象を作るLARDINIのタイトスカートは、持っていて損無しの一着です。

IMG_5585_PhotoRoom_20210326_150843_PhotoRoom_20210326_151644
そして華やかさと軽さで”カッコいい”や”素敵”を演出出来るホワイトのリネンジャケットもお勧めの一つ。

このジャケットはBARBAによるもので、素材にリネンのヘリンボーンを採用しています。
カミチェリアであるBARBAらしい、軽やかさと美しいシルエットが魅力のジャケットは、ダブルの袷にノッチドラペルを合わせた、ライトな感覚の物。

IMG_5588_PhotoRoom_20210326_150938
着丈や全体のバランスがとても使い易く、スカート、ワンピース、パンツ、どんなボトムスでも好相性を約束してくれる一着です。

IMG_5589_PhotoRoom_20210326_151248
華やいだ雰囲気だけではなく、元々当店ではジーンズとのカジュアルダウンにお勧めしているホワイトのジャケットは、セレモニーデビュー以降の用途の方が、実はメイン。

TEEシャツやカットソー、ニット等、インナー次第でカジュアルダウンの仕方も様々。

IMG_5587
またボタンにゴールドのメタルボタンを使った事で、全体をトラディショナルな雰囲気に仕上げ、ナポリらしい軽やかさと、どこか英国的で育ちのよい雰囲気も合わせ持っています。

ジーンズの他にもワイドパンツやショーツ、ワンピースと、このジャケットもまたユーティリティに優れた一着です。

IMG_5602_PhotoRoom_20210326_152044
そして最後にお勧めするのは、同じくBARBAが作り出すサファリジャケットです。

アースカラーを愉しむ季節でもある春夏は、とかくオリーブやベージュ、ブラウン等、土や緑の香がする色合いが多いのも特徴。

ほんのり焼けた肌に似合うライトブラウンは欧州欧米女性の大好物色でもありますね。

IMG_5603_PhotoRoom_20210326_152146
このジャケットもまた非常に整ったバランスで作られている為、全体のパーツや細部のディテールに拘り抜いて作られているにも関わらず、全体が間延びする事無く、シッカリとコンパクトにまとめられているのが特徴です。

IMG_5604_PhotoRoom_20210326_152201
大きく象ったフラップポケットやダーツ、そして膨らみの大きなラペルと胸回りのボリュームは、イタリア女性が好みそうな実に魅力的なディテール。

IMG_5605_PhotoRoom_20210326_152215
素材は前出のホワイトのジャケットと同じ素材の色違いをオーダーし、ここにも前出の物とは違った趣が顕れ、このジャケットだけの特別な魅力を発しています。

IMG_5606_PhotoRoom_20210326_152247
比較的着丈が長く重たいイメージのあるサファリジャケットも、BARBAの物は関しません。
優れた着丈バランスは、やはりボトムを選ばず、どんなものでも組み合わせのしやすい特別なシルエットを持っています。
(※4月上旬同素材の組下=パンツが入荷予定)

IMG_5608_PhotoRoom_20210326_152543
セレモニーで使うにはチョッピリカジュアル感も在りますが、肩肘の張らないセレモニーであれば、ワンピースかロングスカートに、このジャケットだけで充分華やかになります。

またそれ以降はズバリ”サファリ”テイストを愉しんで頂くべく、今後入荷する様々なベルトを加えて、どっぷりサファリスタイルを愉しむのも良いですね。

以上の他にも、ちょうど時を同じくして迎えるセレモニー対応としてのアイテムが幾つか揃っています。
これから迎える大切な時期、そしてその後の御洒落としての愉しみも踏まえた、新しい”レディスタイル”を、この機会に試してみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

435f1d3d
秋の兆しが深まり、日に日に秋の御洒落が楽しめる毎日が増えて来ています。

今日は当店がお勧めする2つの新作を皆様にご紹介させて頂くのですが、何れもどんな装いにも合わせ易く、またそれらを取り入れるだけでクラス感が与えられる2つ。

IMG_6352
一つ目はLardiniのテーラードジャケットです。
シンプルで無駄のないクラシックそのものの顔を持つジャケット。

1つ掛けのボタンとピークドラペルにセンターベント、肩には少しだけ芯地を取り入れたベーシックで半永久的に愛せる一着です。

IMG_6358
とかく出番が多いシングルのテーラードジャケットも、無駄を省いたディテールの方が色々なスタイルの邪魔をせずに済む為、一着は揃えておきたいのがブラックのウール素材のもの。

IMG_6359
Lardiniのこのジャケットは素材に伸縮性を持たせたウール素材を使っている事もあり、シルエットの”凛”とした表情に反して、着心地は柔らか。

IMG_6355
各部の仕様も基本に則った作りで仕上げられている為、オフィスからお出掛けまで多くのシーンで活躍してくれる事間違いなし。

IMG_6361
Vゾーンの開き加減が絶妙で、シャツからニットまでインナーを問わず、とりあえず合わせた物がサマになってしまう、そんな魅力を持っています。

154672552_o12
フェミニンにボウタイブラウスを合わせたり、オフィスではスカートからトラウザーズまで、常に多くのスタイルに合わせ易いメリットを持ち、その反面当店が古くから推すのが”ジーンズ”との組み合わせ。

154672552_o11
日常的にジーンズとジャケットと言う組み合わせをし始めると、毎日の装いを考えるのもラクになり、インナーや足元だけを考えるだけで、充分形になってしまうのがブラックのテーラードの良い所。

IMG_6351
仕上がりが良いと言うだけで、良し悪しが判ってしまうのは、ワンピースやジャケット、他のアイテムも同じで、ブラックと言う色は生地の良し悪しが最も顕著で、だからこそしっかりとした物を一着以ておきたいと言うのが本音です。

日々の装いに迷う方には、特にお勧めしたい一着です。

IMG_6880
そしてもう一つが、このBARBAが作ったラップ式のフレアスカート。

IMG_6881
近年、シャツ作り以外にも力を注いでいるBARBA。
そのアイテムはジャケットやコート、そして今回の様にボトムスまで多岐にわたり、それらはシャツ作りに通ずるクラシックを基本にした世界感を補完する為の物でも在り、多くの専業ブランドが同様の事をするのですが、そこには専業ブランドたるがゆえのハードルもあり、意外なほどうまく作る事が出来ていないのが私的な印象。

ところがBARBAにはそれらの心配は皆無で、その作りの一つ一つにシャツ作り同様の拘りやアイデンティティが生かされています。

IMG_6884
今回のスカートも実に複雑なディテールで作られているのですが、単なるラップのスカートで終始せず、動きのあるバイアスに使われた生地の角面によって現れる立体的なシルエットは、計算によって作られている物。

IMG_6883
更にその裏には腰のすぐ下あたりから裾へ向かって設けられた前後計4つのインプリーツがあり、それらが自然で且つ広がりを抑えた自然なフレアのラインを作り、大人が身に着けるのに相応しい落ち着きとしなやかさが存在しています。

IMG_6888
ただ単に身に着ければ形になる、と言った安易な発想では無く、こうして上下の組み合わせを見てみると、如何にスカートが作り出す全体への印象の変化が在るかを見る事が出来ます。

ほっそりと縦長に、またボリュームを生み出す事なく、極々自然なラインによって作られるこのスカートは、BARBAで無くとも魅力にあふれている事が直ぐに解ります。

154686592_o4
また生地は当店がオーダーしたウィンドウペーンのウール素材を使用し、極微な目地のブラウンをベースにオレンジのオーバーペーンが英国的で、今日の装いに合わせ易く、またこれらの色合いや雰囲気が大人の女性像をより確かに、美しく見せてくれる物に仕上げてくれます。

こうして、今日取り上げた2つは、何れも大人の女性が身に着けて、初めて生かされる魅力あるベーシック達。

秋冬だけに限らず、春の終わりまで使えそうな今回の2点は、今これから秋の装いを検討される方や、迷っていらっしゃる方に、是非とも手に取って頂きたい2つです。

この週末、衣替えや秋の装い作りを進める方は、是非店頭で実際の商品を試してみて下さい。

154688351
他にも新作が多数揃っている他、新型のマスクも入荷しています。
御洒落の一部に数えられ始めているマスクも、大人の女性らしさや他とは違った存在価値を見出してみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4025
秋晴れに恵まれた9月も今日で終わり、明日からは季節としての深秋を迎えます。

今秋はこれまでに数々の新作が到着しておりますが、例年とは違う動きとして、お客様の求める物が二通りに分れ始めている点が目立ちます。

それは昨年の自然災害、そしてコロナの渦と、装いを考えさせられる節も多く、これを機に求める物、したい服装、欲しい物がハッキリとした方々が増えた様な気がします。

全ての方ではありませんが、大きく分けて「質の高い物を数少なく揃える」方と、「日常的に使える物を幅広く揃える」方の二通りの考え方があります。

何れも私達世代がお洒落を楽しむうえで欠かせない要素ですが、これまで以上に確かなのは、時代が『大量生産で満足する時代では無くなっている』事が挙げられます。

より確かな審美眼を持ち、審美性に適う品物を手にする

そんな姿が(もともと在ったところに更に加わり)物を見る目を厳しく、またその結果、装いにも確かなスタイル、変わらぬスタイル、大人の嗜みを満たしてくれる物への欲求を高めた様な気がします。

今日取り上げるのは、そんな方々にもお勧めしておきたい『大人の女性として持って置きたい』二つのトップスです。

IMG_5442
一つ目はこのシルク素材のブラウスです。

IMG_5444
大人の女性を自負するのであれば、ポリエステルやレーヨンではなく、あくまで「シルク」を選択しておきたいもの。

このブラウスに使用されているのは、とても目の細かなシフォンとジョーゼットの丁度中間くらいの生地で、柔らかく、軽く、そしてしなやかな感触を持っています。

IMG_5445
このブラウスの特徴の一つに、首回りと裾に沢山のギャザーがあしらわれている点があります。

素材の特性を生かし、首回りや裾回りに穏やかな曲線を作り、身体のラインを拾う事無く、極々自然なシルエットを作り出してくれます。

IMG_5446
シルク素材と聞いて直ぐに連想するのが艶やかさや滑らかさなど、ツィルやサテンに代表される物が多いと思いますが、このブラウスに使用されているシルクは、あくまでマットな質感を持ち、クレープ素材の様に趣のあるものになっています。

この表情のお陰で、落ち着きがあり、淑やかな女性らしさを作る事が出来ます。

IMG_5448
また前面をシンプルに曲線とマットな質感で仕上げているのに対し、背面はボタンフライの仕上げになっています。

IMG_5449
この仕上げによって、季節を問わず使えるシルク素材のメリットを広げています。

それは秋冬のインナー利用の頻度が高いのに対し、春夏には一着での着用が増える分、ただ単にシンプルなだけでは、ブラウスとしての存在感は薄れてしまいますが、このブラウスの場合には、あえて後姿を見せたくなるほど、凝ったディテールで仕上げられています。

ジャケットやカーディガン、スカートにパンツ、ジーンズと、ありとあらゆる装いにフィットしやすいシルクのブラウスは、その質の高さと変わらぬ趣が備わっているだけで、大人の女性にとって不可欠な要素を全て持っているような気がします。

IMG_5435
そしてもう一つが、こちらのシャツです。

形を見てすぐにピンと来た方もいらっしゃるかも知れませんが、この春夏展開した物とベースとなる形は同じ物になります。

IMG_5436
但し、大人の女性にこそ着て欲しいこのシャツは、先ずはその色です。
赤みを抑えたカーキ系のダークブラウンによって、単なるブラウンとは違った独特の趣を発揮します。

IMG_5439
また使用している素材は、春夏のコットンポプリンに対し、今回はコットンストレッチを採用し、生地のハリや伸縮性、適度な厚みを持たせたことによって、より秋冬の装いに相応しい仕上がりになりました。

IMG_5441
ボトムを選ばず、また日常的にも利用価値の高い、このシャツは、この素材と色を選ぶだけで、一つ上のステージに上がったような気持ちにさせられます。

前出のシルク素材のブラウス、そしてこのコットンストレッチ素材のシャツ、共にシーンを分けずとも出番が必然的に増えるであろう2着です。

これらのシャツ(ブラウス)は、全てイタリア、ナポリのカミチェリア、BARBAの物になりますが、冒頭でも触れたように、二つの考え方を共にクロスオーバーして考えさせてくれる、これらのシャツたちは、大人の女性だからこそ感じられる緻密なディテールや着心地への配慮が備わり、また見た目からも、女性らしく、そして凛とした姿に映し出してくれる、またとない存在です。

どこでも、だれもが買える物を日常に着続ける時代は終わりを迎えようとしています。
子供たちとは違った、大人だけの特権を生かし、女性らしさや嫋やかさを身に着け、それらに見合う装いに身を包む、そんな些細な楽しみ方や、味わいの塩梅が、このBARBAを筆頭に秋冬商品として多数店内に揃い始めています。

これからの装いづくりに、是非役立ててください。

勿論、中身も伴いながら…。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

まるで夏のような暑さに包まれている今日の長野地方。
湿気がなく今の陽射しは、どこか健康的で心地良ささえ感じます。

一年を通じて他の季節にはない心地良さは日本の5月ならでは。
この心地良さを十分に感じておきたいですね。

b01
初夏の陽気になると女性にとって不可欠なのが心地良いニットや長袖のトップスたち。
陽射しを避ける方は勿論なのですが、冷房対策として今のうちに揃えておきたいアイテムでもあります。

今、当店のスタッフが絶賛しているのがCrucianiのキッコデリーゾシリーズのニット。
このニットはCrucianiらしい高いクォリティはそのままに価格を抑えて作られているラインナップでもあり、魅力は何といっても、その「米粒大の大きさで編まれた編地」です。

b02
滑らかで柔らかく、そして通気性の良いコットンが心地良い至極のニットです。
クルーネック、Vネック、ロングカーディガンと当店では3モデルをラインナップしております。
これからの季節に向けて、是非一度お試しいただきたいニットです。

そして先日のピックアップに続いてBARBAのシャツも、これからの季節にピッタリのアイテム。

barba01
BARBAの中で最も人気の高いスキッパータイプのシャツモデル。

barba02
ふんわりとした身頃に台衿ごと寝かされた衿回りは、女性らしさと同時にカットソーなどで目にするスキッパーやオープンカラーとは違った雰囲気に。

barba03
そして背面中央にはたくさんのプリーツを寄せ集め、立体的な仕上がりを作り出しています。

barba06
今回当店が用意したのはリネンが2種類とコットンが1種類。
そのどれもが素材や色が違うだけで異なる雰囲気を作り出しています。

barba05
前後長が異なる裾、たっぷりとした身頃、そして若干短めに仕上げられた袖は、そのままでも十分サマになりますが、ロールアップをするなどして更に短く袖丈で着ると、また異なる雰囲気が作られます。

barba04
パンツでもスカートでも意外なほど合わせやすく、また女性らしさが作りやすい事から、このシャツが人気であることがすぐに分かります。

リネンはライトブラウンと、このチャコールの2種類をご用意しています。

barba07
コットンは安定のホワイトのポプリンでオーダーし、オフィスユースから日常まで多くのシーンをカバーしています。

barba08
季節的にも幅広く、春から秋冬までレイヤード次第では多くのシーズンを楽しめるのもコットン素材の魅力です。

barba09
BARBAのシャツは色んなブランドのボトムスやジャケット、ニットなどとの親和性の高いデザインが多く、常に多くの人々に試していただきたいブランドでもあります。

b03
仕事、休日を問わず、常に女性の味方であり続けるBARBAのシャツは、歴史に裏付けられた様々な造詣と知識、そして高い技術力によって支えられる女性のシャツナンバーワンとしてもお勧めです。

是非お試しください。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月11日、18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

気温が徐々に上り始め、梅雨を前に暑さと涼しさが交互にやって来る5月。
今日も日中の気温は暖かく、夕方からは肌寒さを覚える気温まで急降下の一日でした。
これから夏までの間、こうした毎日が続くと装いにもアイディアが必要になりますね。

そこで今日はアイディア次第で色々な着方が楽しめる一着をピックアップしてみました。

BARBA_D001
当店ではこれまでに多くのシャツメーカーを扱って来ましたが、その中でも特にシャツ作りに秀でたイタリア、ナポリのカミチェリアを中心に、それぞれの得意とするディテールやテイストを皆様にご提案してまいりました。

その中でも、古くからナポリのカミチェリアとして、フライやボレッリなどと同じく、高品質なシャツ作りを行って来たブランドが、今回ご紹介するBARBA(バルバ)。


BARBA_D002
日本にクラシコイタリアが席巻した当初から、メンズのシャツでは抜きん出た人気を誇るBARBAは、近年ウィメンズのシャツやトータルルックでの提案を強め、それまでの歴史に裏付けされた魅力に加え、現代的な魅力を備えながら常に進化するブランドへと変わって来ました。

今回入荷しているBARBA製品の中で、最も人気が高く、また継続して作られているモデルがあります。

それがこのシャツワンピース(シャツドレス)。

151198083
シャツ作りで培った多くの造詣や技術をもとに、素材の選定、縫製、その全てをイタリア、ナポリで行い、また他のシャツブランドとは違ったウィメンズだけの拘りやディテールを取り入れているBARBAは、ワンピース作りでも、そのバランスの良さを見せています。

151198083_o1
このワンピースは肩を少し落としたドロップショルダーに、また前立てをフライフロントにしたり、随所にシャツ作りのディテールをしっかりと残しつつ、着心地やシルエット作りで大切な要素を上手にパターンとして移し替えています。

共地のベルトを使わない状態では、この写真のようにゆったりとした身頃を活かし、ロングシャツの様な見栄えを持っている為、この状態での着用や、前を全て開いた状態で羽織りとして使う事が出来たり、とアイディア次第で数通りのスタイルが楽しめる物になっています。

151198083_o3
また生地に使用している滑らかで艶やかなコットン素材は、触れた瞬間にその心地良さを感じると同時に、表地にはホワイトベースにベージュ、裏にはホワイトベースにライトマスタードのそれぞれストライプが施されたダブルフェイスの生地を使用している為、前述の様に羽織りとして使ったり、ワンピースとして着た際、チラリと裏地が覗いた時には穏やかな色合いではあるものの、コントラストが楽しめる様になっています。

151198083_o9
またレングスとしてもひざ丈を少し覆う程の長さに作られている為、ワンピースとしての安心感は勿論、羽織った時にも丁度使い易い着丈で在る事が解ります。

151198083_o8
また両サイドに設けられたウェルトポケット(スリット状のポケット)も備えており、実用性も加味され、更にそれらが凛とした女性像を作ってくれる物として、当たり前に”あって欲しいもの”を、極々自然に誂えているのもBARBAらしい仕事です。

151198083_o7
ドロップショルダーによって脇やアームホールのゆとりが確保され、コンフォートな着心地を得る反面、女性らしい華奢さも作り出されています。

151198083_o5
クラシックで、不偏な魅力を持つシャツワンピースに、ふんわりとしたシルエットを与える事によって生まれる今日的な魅力は、ベルトをレザーやマクラメに変えて見たり、或いはテーラードジャケットを羽織って見たり、更にはニットを巻いたり、肩に掛けたり、、、と、実に多くの装いに取り入れ易い物になっています。

151198083_o6
春から夏、そして秋まで、レイヤーの仕方や、アレンジの仕方で幾つもの着方が楽しめる今回のワンピース。
BARBAのラインナップの中でも人気がある事が解ります。

中途半端な気温、そして5月や6月の様に気温変化の在る季節には、こうしたマルチユースに適したワンピースが最も大きな武器となります。

”今”の装いに迷っている方、或いはこれからの季節に向けて新しい一着を検討している方に、是非ともお勧めしたい一着です。

151198083_o10
BARBAは、メンズのシャツと同じく、その作りやディテールに拘りを見る事が出来ます。
イタリア、ナポリには多くのカミチェリアが名を連ねていますが、BARBAには王道にして鉄板、そして何より期待を裏切らない物作りの形が息づいています。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月11日、18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ