IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:BAFY

気温差が激しい今週は、昼と夜の服装が正反対になるほど、気温が大きく変わっています。

コートなどアウターをしっかり使って、中身は軽装にしたり、レイヤードをしたり、毎日の気温に合わせるなど、この季節はいつもの御洒落に加えて”考える”事が必要になって来ます。

店頭ではコートやジャケット類などのアウター類も揃っていますので、この季節を上手に乗り切る為にも、洋服の整理をしながら足りない物を足し算引き算していくと良いですね。

今日は、次なる季節の為に備えたいと言う方の為に、少し暖かい日のアイテムを幾つかピックアップしてみました。

先日のメンズアイテムの続きで、男女で”ジェンダーレスに使えるアイテム”がテーマです。

158776901
一つ目はこのマイクロパイルを使ったフーディーです。
今季のBAFYは過去にない程、コンパクトな作りが多く、以前ではできなかった男女でシェアするような着方も、難なく出来るようになりました。
(本来、それが目的ではないですが)

158776901_o1
当店で男女を通じて最も人気の高いプルオーバータイプのパーカ(フーディー)は、スウェットではなく、ニットで求める方が増えています。

これは男女共に、TEEシャツ等の様に極々当たり前のコットン素材を使う物から、より大人の着映えに相応しい物=”ニット”に求める事と共通しています。

それまでのTEEシャツから、ショートスリーブのニットへ、ジャケットも所謂スーツ地(トロピカルウールなど)から、よりカーディガンの様な着心地の物へ、など、コンフォータブルな着心地に加えて、上質で在る事が前提になっています。

158776901_o3
その意味では、このパイル素材も、表情に立体感があり、また着心地は弾力性と伸縮性に加えて柔らかさが加わり、ニットで表現する春夏のフーディーとしては実に(前述の様に)理に適った一着でも在ります。

158776901_o4
秋冬の着方と少しだけ違うのは、トラウザーズなどウールのパンツに合わせたりする事が無く、逆にカジュアルに使いたくなる雰囲気がある事でしょうか。

ジーンズやチノーズ、或いは夏のショーツとの組合せによって、よりリゾート感やクルーズ感を演出してくれるパイル素材は、大人にとって余裕の在る雰囲気を作りだしてくれます。

158776901_o5
このフーディーもまた、女性が着るとこんな感じになります。
もともとサイズ感に決まったフィット感を求める事が無いフーディーだからこそ、女性が着た時には男性の着た時とは違った魅力を見せてくれます。

女性の場合にはスカートやバミューダ、クロップドレングスのパンツ等、男性以上に組み合わせが多い分、愉しみ方も無数に在りそうですね。

158777142
同じくBAFYのハイゲージのコットンを使ったショートスリーブのニット。
男性のスタイルの中で、この数年変化が最も著しいのが、ポロシャツ等の素材の変化ですが、それらはポロシャツからクルーネックやハイネックの様なニットへとインナー人気も変わり始めています。

こうした人気も前述の様に”上質であること”から求められるニットへの移行。
テーラードジャケットのインナーとして申し分なく、また上質なジャケットを羽織っていても、インナーが素材負けしてしまう残念な事も回避出来ます。

158777142_o2
BAFYのニットでは全てがリブ処理されている事から、まるでポロシャツの様な作りになっています。
こうした細かな点が、切りっぱなしのカットソー物とは違って見える最たる部分。

158777142_o3
またBAFYのクルーネックは、ほんのり衿腰のあるクルーネックで在る事から、ジャケットの衿が直接首に触れる事が無く、春夏の汗ばむ季節にジャケットに不快感を持つと言う事からも解放されそうです。

158777142_o1
このニットインナー一着で、テーラードからミリタリー、軽めのアウター類を直接合わせたりする事が出来る点も、カットソーやTEEシャツと同じ使い方が出来る上に、素材から見える上質感によって、チープな印象がなくなりますね。

158777130
このニットではホワイトの他にブラウンもオーダーしています。
ホワイトのボトムを合わせたり、オリーブを合わせたり、或いはグレーと合わせて渋みの在る男性像を作ったり、夏のブラウンには大人にしか楽しめない優越感も在りますね。

158777130_o3
このニットもまた、無理なく女性が着る事が出来ます。
いつもと違ったインナーを合わせたいと言う方には是非ともお勧めしたい一着です。
(当店女性スタッフが非常にお気に入り)

158777697
そして最後にお勧めするのが同じくBAFYのニット製シャツです。
このニットシャツは、ボーリングシャツの様にも見え、パジャマシャツの様にも見え、着る人のアイディアやセンス次第で、色んな着方が愉しめる一着です。

158777697_o3
シャツとして使う時には、コットンやリネンのパンツを合わせたり、夏にはショーツを合わせたり、一般的なショートスリーブのシャツと何ら変わらないスタイルで組み合わせても、このニットと言う素材そのものが発する特別な見栄えを生んでくれます。

158777697_o2
また当店がお勧めするのは、このニットシャツを羽織として使う着方です。
アロハシャツを羽織って使うような、まさにあの着方。

ブラックをベースにホワイトのコントラストで仕上げている事もあり、このシャツには可愛らしさが無く、むしろコロニアルな雰囲気が漂います(ブラックなのにです)。

158777697_o4
このニットシャツも女性が着ると、こんな感じに。
よりゆとりが生まれ、シャツとしても羽織としても魅力的な見た目になりますね。

158777697_o5
「少し難易度が高いかも…」とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、このシャツは羽織って頂くと、より使える事が伝わって来るかも知れません。

見た目以上に、素材の心地良さも感じられ、また体が入ると想像以上にシックリ来る独特な魅力を持っています。

この他にも今季のBAFYは「男性だけに着せておくのは勿体ない!」と思わせる物が沢山揃っています。

全ての製品に女性が愉しめるサイズ、形をオーダーしていますので、是非店頭にお越しの際は、メンズ商品も探ってみて下さいね。

まだまだブログではご紹介し切れていない新作が山ほどある店内。
他にも早く見たい!と言う方は、是非週末を利用して店頭へお出かけ下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7141
昼夜の気温差が広がる春、涼しさも暖かさも欲しい中途半端な気温。
しかし逆を返せば、色んな御洒落が愉しめる季節である事も確かです。

春は短い物です。
この限られた季節に沢山の御洒落をポジティブに愉しんでおきたいですね。

さて、今日は男性に向けた(一部女性にも)お勧めのアイテムをピックアップしてみました。

今日取り上げるアイテムは、”色はトラッド、着心地はコンフォート”、と言う相反するテーマに則っています。

158750804_o1
一つ目はジャケットです。
「お仕事だけでしかジャケットを着ない」そんな男性にとってのジャケットのイメージは、堅苦しく、着心地が良く無い、そんな印象が強いのでは無いでしょうか。

御洒落としてのジャケットの在り方は数年前から変わり続け、素材にも様々な進化があります。
お仕事とセレモニーの時しかジャケットを着ない、と言う人はある種、御洒落を愉しむ上で損をしている様にも思えます。

158750804_o14
そんな偏ったイメージを変えてくれるのが、このBALZOのマイクロパイルを使ったジャケットです。
ジャケットを御洒落として着ない人の半分は、恐らく着心地の悪さを指摘するように思えますが、このパイル素材に至っては、身体の動きのどんな無理な体勢にも付いて来ます。

158750804_o15
高い伸縮性を持つこのパイル素材は、言わば”カーディガン”の様なもの。

158750804_o5
自然な肩線、緩やかに落ちるラペルの線や袖、それらにパイルを使った事によって、”ジャケットの顔をしたカーディガン”の様に感じられます。

158750804_o3
シャツで着るのではなく、ニットやカットソーで着る事で生かされる、この素材はお仕事ではなく休日やちょっとしたお出掛けに羽織りたくなる、言わば「この一着で”それなりに見える”」存在です。

今回はシングルのピークドラペルをベースにしていますが、ラペルも前回からブラッシュアップされ、剣先が突出せず、控えめな印象に抑えられています。

158750804_o11
シワにもなり辛く(或いは気にならない)、持ち運びに便利で、軽く、柔らかく、そして何より、それっぽく見せてくれる事が、このジャケットの最大のメリット。

158750804
肉厚の様に見えて、光に透かして見ると向こうが見えるほど通気性も抜群。
最早、テーラードジャケットではなく、やはりカーディガンです。

4CB724D7-A9D3-4243-B71C-45997CE72EAA
TEEシャツ以外にもポロシャツ等を合わせると、また雰囲気が変わり、カジュアルな装いも細分化されていますが、何を合わせても”それなり”に見せてくれるのは、このジャケットの形、素材、色、在りきなのですね。

IMG_6562_PhotoRoom_20210402_180952
また、許されれば、職場でも使えそうな顔をしているので、服装に一定の縛りが無い企業であれば、お仕事に着ても充分サマになります。

158750804_o9
タイを締めずにグレーのトラウザーズを合わせれば、ここにもまた職場の”それなり”が作れそうです。

色から見るネイビーのジャケットとして捉える向きと、素材から見るカーディガンとして捉える向きと、それぞれがライフスタイルや嗜好する御洒落に合わせた使い方が出来るのも魅力の一つと言えます。

日常のジャケット嫌いの男性に、是非とも羽織って欲しいと願う一着です。

158570399
続いて、このBARBATIのホワイトのパンツです。
鉄板のネイビーのジャケット、そして好相性と言えばホワイトのボトムス。

BARBATIはイタリア、ナポリに拠を置くボトムス専業ブランド。
現在はジャケット等も含めトータルに展開していますが、もとはと言えば美しいシルエットや着心地の良い素材の選択、そして何より安定した価格帯が魅力のブランドとして知られています。

158570399_o4
今回当店がオーダーしたのは、素材にストレッチポンチを使用した1プリーツのラウンジパンツ型。
とは言え、ドローコードは内側に在る為、収納してしまえば、表の見た目はホワイトのトラウザーです。

然し、他と最も違う点が、非常に高い伸縮性を持ったストレッチポンチであると言う事。

158570399_o2
写真では解りづらいかも知れないのですが、とても滑らかで、艶やかさがあり、伸縮性はストレッチポンチそのもので、前出のジャケット同様、このパンツもどんな動きにでも付いてくる、まさにコンフォータブルそのものです。

ブラックやグレーなど濃い色では比較的目にする事が多いストレッチポンチも、ホワイト(それも純白)は、中々出会えないのでは無いでしょうか?

透ける事を気にされる方も居ると思いますが、痒い所に手が届くBARBATI、そこは肌色のスレキを使用している為、内部が透ける事が在りません。

もっとも、ストレッチポンチ自体の生地のボリュームが、他の素材に比べ透けないこともあり、相乗効果でホワイトのボトムのデメリットを回避しています。

爽やかさがあり、着心地が良く、コストパフォーマンスが高い、とくれば、このパンツの魅力が高い事は言うまでも在りませんね?

前出のジャケットとの組み合わせもし易く、先ずここまでは二つ共手に入れておきたいものになります。

158756859
と、なると、インナーも揃えておきたいところ。
インナーには伸縮性の高いコットンを使ったBAFYのケーブル編みのニットをお勧めします。

有名ブランドの製品を請け負っているBAFYらしい、高品質な物作りが魅力のBAFYですが、今回のニットは特にミドルゲージの糸を使った事によって、程よい肉厚感と、糸そのものが素朴な表情を作り、どこかフンワリとした印象を作ってくれています。

158756859_o2
弾力性のあるコットン糸、それらを撚りあい編み上げた、このニットは定番的で在りながら、その高い伸縮性に驚くはずです。
(※製品時には洗いを加えてから納められている為、若干縮絨がかかっています。 袖を通して身体にフィットしながら緩やかに伸びて行きます。)

158756859_o4
何処から見ても定番的なケーブルニット、それもクルーネックで在れば、誰もが一度は着た事が在るもの、否、持っていたいものでしょう。

実はBAFYは、当店に入荷すると男性よりも女性のお客様に好評を頂くブランド。

その為、今回はこの縮絨を利用して、女性に向けたニットとしてもお勧めしています。

158756859_o5
この写真の様に女性用のトルソー(9号ボディ)に、サイズ44を着せると、とても自然な状態で着る事が出来るんです。

158756859_o6
当店の女性顧客様に多い「男性物の様なニットやトップスが欲しい」と言うお声を、そのまま形にしたような、まさに誂えた状態。

158756859_o7
全体のフィット感は勿論ですが、棚ぼた的な出来事として、首回りがホンノリ緩やかになってくれている為(紳士物の首回りの為)、女性にとっては華奢さも演出出来ます。

158756972
今回このニットではホワイトの他にも、淡いイエローもオーダーしています。

158756972_o2
前出のジャケットとの相性も良く、どこかプレッピーな印象を生み出してくれるのも淡いイエローならではですね。

158756972_o4
以前からメンズウェアをサイズダウンして女性に向けたオーダーを繰り返してきた当店にとって、今回のBAFYのお勧めは、それ程珍しい事では在りませんが、女性にとって大切なフィット感やサイズバランスが、今回の仕上がりにピッタリ合っている事もあり、既に店頭にも動きが出ています。(大半が女性のお客様のご購入です)

流石にご夫婦や御家族、カップルでお揃いとまでは行きませんが、男女でシェアして着る事も可能な今回のBAFY。

この他にも兼用で使えるニットをBAFYで沢山揃えておりますので、是非店頭でご覧いただければと思います。

また、この他にも、マシンメイドとハンドメイドを組み合わせ、凝ったシャツを作るイタリアのCORDONEのプルオーバー等も入荷しています。

ATT00021
今日取り上げたアイテムは、どれも定番的でありつつ、全てが着心地の良い物ばかりです。
また、どれをとっても組み合わせがし易く、一つのコーディネートが完成します。

日々忙しくしている方も、御洒落を改めてしようと言う方も、この春の新作で一度(それまでの服装を)刷新してみるのも良いかも知れません。

働き方や社会での在り方、ライフスタイルそのものが変わりつつある今、御洒落も変え時が来ているかも知れませんね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

2325991D-BF77-4A75-8B05-808462641863
秋の香が強まる今月下旬。
風は涼しく、夜には冷たさまで感じる程までになりました。
いよいよ本格的な秋の到来に、多くの人たちが秋の装いを求めてご来店下さっています。

今、店頭ではご来店のお客様に向けて(ご興味のある方だけですが)、『御洒落に見えるセオリー』の一つをお伝えしています。

レイヤーが増える秋、それらが苦手と言う方に『簡単な色の組み合わせ方』を、一つのロジックとしてお伝えさせて頂いています。

意外とプロの方々も見落としがちな”一つのセオリー”を一つ踏まえておくだけで、皆さんの毎日の組み合わせが違った物に見えます。

ご興味のある方はどうぞお気軽に店頭でお尋ねくださいね。
(「御洒落に見えるセオリー」ってなんだ!?と仰って下さい・・・(笑))


さて、今日は連日続いているメンズの新作の中で、女性にもお勧めしたいニットウェアをご紹介いたします。

それがイタリアの専業ブランド『BAFY』(バフィ)のニットです。

元々ルイ・ヴィトンや、ブルネロ・クチネリなど高級ブランドのOEMも手掛けているBAFY。
その物作りには「素材への拘り」が大きく、毎シーズンラインナップされるニットにも、それらは如実に反映されています。

その中でも、昨年秋にも非常に好評だったのが、ニットをブークレ調に仕上げたもの。

IMG_5318
このプルオーバータイプのフーディーは、昨年クルーネックで展開していた物と似た表情の物で、素材にアルパカを主に使用し、ラムウールなどをブレンドした柔らかく、軽さを持つニットです。

IMG_5321
まるでウールで作られたパイルの様に立体的な風合いを持つこのニット、実は見た目以上に軽さが際立つ一着です。

空気を含み暖かさを得るだけでなく、ニットそのものの重さも感じさせない事で、ストレスフリーな着心地が素材からも感じられます。

IMG_5319
また袖と裾にはリブを用いていますが、このリブにも細工が在ります。
表からは解らない程、しっかりと厚みのあるリブに仕上げ、特に裾はリブとはいってもスクエアカットの仕上げで、ウエストでピッタリ止まると言うイメージではなく、カットソーやスウェットの様な雰囲気で着る事が出来ます。

更に素材の収縮率(伸縮)が高く、着心地は体に沿うようなフィット感ですが、実際に袖を通すと、それらが心地よいほど身体の動きに付いて来ます。(伸びたり縮んだりを繰り返します)

6C3A11A3-5709-4A9F-AB48-6357313DC44D
大人の男性が身に着けるフーディーは、中にシャツを合わせたり、フーディーの上にコートを羽織ったり、レザーを羽織ったりと、様々なスタイルに合わせ易く、今回のBAFYのフーディーも大人だからこその存在感、そして大人が身に着けるからこその品質で作られています。

IMG_5314
もう一つ、似たような配分(ブレンド)で作られているのが、このチルデンセーターです。
ブレンドする糸の分量(率)は異なりますが、こちらも前出同様アルパカを主に使ったニットです。

IMG_5317
実はチルデンセーターを愛する当店は、各ブランドで品を変え色を変え、様々なチルデンセーターをオーダーして来ましたが、中でも一番多かったのがBAFYの物でした。

BAFYもチルデンセーターは毎シーズン素材や形などを変え提案し続けています。

IMG_5315
今回のチルデンセーターでは毛足の長い糸を使う事によって、実際のケーブル編みに加え、色糸の上に仄かな白味を帯び、見るからに軽さやふんわりとした穏やかな印象を与える物に仕上がっています。

特にトラディショナルなスタイルが回帰しているここ数シーズンは、チルデンセーターへの人気も俄かに上昇中で、今回、入荷と共に問合せが多かった一つがこのセーターです。

F606F265-5D4A-4B53-9194-82DDB932F7CF
ネイビーのブレザー、ベージュのチノーズ、ホワイトのボタンダウン、そしてチルデンセーター、更にはバルカラーコートやステンカラーコート等、トラッドな装いを好む方であれば数種の神器的存在でもありますね。

古くはアメリカのテニスプレイヤーであるウィリアム・チルデンが試合で身に着けた事から、この名前が付けられているのですが、特徴としてはケーブル編みのVネックのニットを基本に、衿回りと裾に数本のラインを取り入れた物が定義されています。

プレッピーの代名詞でもあるチルデンセーターも、近年では様々なスタイルへの取り入れ方から、多様なスタイルが出来上がっています。

着方、魅せ方は自由。
大切なのは身に着けて愉しむ事、そしてそれらを独自のスタイルとして個性に出来る事。

当店では、もともとチルデンセーターに固定概念をお持ちの方々にも、徐々に受け入れられ始めているチルデンセーター。

まだ試された事の無い方も、そして今季ネイビーのブレザーをオーダーした方や購入予定のある方も、是非今回のBAFYで新たなチルデンセーターの魅力に触れてみて下さい。

フワフワの心地良さが、極上の糸で作られていることを”体で”感じて頂けるはずです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

438BB626-815C-43D4-8C5B-FE6B51E090FE
今日の長野地方は気温32度と夏日の気候に。
屋外はもちろん、車内や屋外でも暑さを感じる、まさに夏の様相。

仕事にもリモートワークが増え、出張なども現在は控えめという方も少なくないと思いますが、ご自宅にいても、また出張でも心地良い味方となる夏のアイテムがあります。

今日は当店がお勧めする2つのアイテムをピックアップしてみました。

IMG_5957_1
まずお勧めしたいのがオフィスでも活躍してくれそうなBAFYのニットポロシャツです。

IMG_5958_1
このニットポロはクラシック顔のたっぷりとした身頃と共にシャリ感のあるコットン糸を編み上げて作られており、肌への心地良さ、通気性の良さは言うまでもなく、過去のBAFYのポロシャツの中でも1、2を争うほどお勧めの一着です。

IMG_5959_1
このポロシャツの魅力は何といっても衿の形状。
程よく立体的な台衿と、丸みを帯びながら外へと逃げるカッタウェイカラーをニットポロで表現し、他では見られない独特の雰囲気を作り上げています。

IMG_5952_1
この僅かな台衿と共に丸みを帯びた衿の形が、首に沿って緩やかなカーブを描き、まるでスーツの衿のような綺麗な上りのラインが作られています。

IMG_5935_1
ポロシャツそのものに重さを感じる事がないほど軽い仕上がりで、袖や裾のリブもキツ過ぎず緩すぎず心地良さを助けています。

IMG_5959_10
カラーはホワイトとサンドベージュの2色。
共に夏の装いに最適で、オフィスから週末まで幅広く使える色合いです。

AAAC5C41-E8EF-42D3-875D-46D472AFA636
これから始まる本格的な夏に向けて、是非心地良さと爽やかさを感じるBAFYのポロシャツを試してみてください。

IMG_5766
そしてもう一つお勧めなのが、YAN SIMMONのトラベルパンツです。

出張が少なくなったとはいえ、いずれ機会が訪れるだろう方の為に、ジャケットとの相性、そして皺を気にせず使えて、尚且つプレスが要らない、更には週末の装いにもピッタリなのが、このYAN SIMMONのトラベルパンツです。

IMG_5834_1
パンツのジャージー素材の伸縮性に伴い、センターにはステッチによるエバークリースが行われている為、常に真っすぐのプレスラインが入ったまま穿くことができます。

IMG_5833_1
また後側だけにエラスティックを仕込み、裾のフィット感を高めています。
このディテールは後ろから見てもギャザーが目立つほどの仕様ではなく、仕事上にも支障がない程度に施されています。

IMG_5836_1
そしてトラベルパンツとしては、やはり機能性が求められますが、両サイドのポケットの他、右後ろにはシームレスファスナーを使用したポケットも備えています。

出張などのビジネストリップ以外にも、日常的にお出かけをする際、こうした数々のディテールがあるととても役立ちますよね。

シルエットそのものはわずかにゆとりを持たせた腰回りから裾へと向かうテーパードのシルエットで、どんな装いにも取り入れやすく、扱い易い、メリットだらけの一本です。

IMG_5835_1
YAN SIMMONのボトムスに共通する”Y”のイニシャルも、ポケット上にハンドステッチされています。

こうして仕事でも週末でも使える2つのお勧めをピックアップしてみたのですが、今年の夏はこれまでとは違った勤務の形が顕れている分、装いも一捻りある、使い易さと心地良さを前提に選んでみるのも良いと思います。

堅苦しさがなくなると気になるのが仕事へのモチベーションですが、この部分だけは自己責任で(笑)お願いいたします。

とはいえ、髪型をキリリとセットするとスイッチが入るという方もいるように、新しいオシャレに身を包むとスイッチが入るかもしれません。

どうぞこの夏に向けて、これら夏のお勧めを是非ともお試しください。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6038
3連休も半ばを迎えた今日は各幹線道路には県外ナンバーの車が非常に目立つ一日になりました。
外出を控える風潮の中、交通機関ではなく自家用車ならば、と思われる人々が多いのでしょうか。
現在の状況を象徴するかのような風景に色々と考えさせられる瞬間でも在りました。

また地元の学生たちにとっても、卒業式が終わり、これから新生活の為の準備に勤しむ時期になりますね。
各々の正確な状況判断が必要な時期だけに、先ずは何をするにも深呼吸してから臨んで欲しいと願ってしまいます。

今日3月21日は国際的な「人種差別撤廃デー」の日。
今から60年前、南アフリカで起こったアパルトヘイト(人種隔離政策)に反対するデモ行進で警察が出動し発砲。
その際70人近くが死亡する事件が起き、この時を境に国連が人種差別の問題に取り組む契機となった事が始まりとされているそうです。

と同時に今日は「世界ダウン症の日」でもあります。
21日に制定された理由には医学的な側面があるようです。
通常は2本であるはずの21番の染色体が3本ある事(異常)によって発症するのがダウン症なのだそう。
この数字に与り21日となったそうです。

ダウン症の日が、この人種差別撤廃デーと同じ日に制定されている事は、何か因果を感じますが、私の親族にもダウン症の身内が居り、何一つ人と変わらない日常生活を送れていても、この症状(様々ですが)の為に、哀しいかな周囲から奇特の目を感じざるを得ない時が在ります。

とてもジレンマを感じる事ですが、ダウン症だけでなく先天性によって持って生まれた症状を持つ子供たちにとって、この世に生まれて来る環境は選べる訳ではない事、そして誰にでも起こり得る遺伝子上の悪戯が、人々の妙な関心を寄せてしまう事への不快さは、ある種の人種差別だと私は思っています。

この世から人種差別がなくなる事を願う一人として、環境、性別、年齢、疾病、嗜好、どんな事にも『正確な知識』を以て接する事、そして奇異の目を向けない事、常に相手の気持ちになる事、人として恥ずべき事の無い行動をとれる人が一人でも増えてくれる事を願っています。

人と人とが譲り合い、支え合う事が小さな社会を、そしてそれらが大きな社会、終には世界を作る事で在る事を改めて感じて欲しいと思います。

世界的に流行している感染症の「今」も含めて。


と、今日も雑談から始まりましたが(最近毎回こんな始まりですね)、
冒頭に挙げた(食事の)写真、少しずつ気温が上がると食事も力の付くものが摂りたくなりますよね。
暖かくなると代謝も上がり、身体は力の出る物を欲する様な気がします。

お肉を食べて、動いて、寒い冬の間に滞った血の巡りを良くする。
とっても大切な事だと思います。

ウィルス蔓延によって外出を控える風潮が強まってからというもの、街中の飲食店は非常に苦しい状況を余儀なくされているお店も多いと聞きます。
中には97%もの売り上げ減少と言う破滅的な状況のお店もあるのだとか。

決して「食べに出てはいけない」訳では無いんです。

むしろ、こんな時こそ「食べに出て経済的に活性化する」ことは必要なのではないでしょうか?

何かを食べに出掛けたら、ウィルスに感染するのでしょうか?
答えは「ノー」です。

感染を気にするならば、手洗いやうがいの励行を促すべきで、自宅にこもりっきりが必ずしも良い事だとは(私的には)思いません。

しっかりとした予防策を以て、また正しい知識のもと行動することが大切なのであって、軍隊の様に上官の命令の様に聞き入る様は、どうもいただけません。

ティッシュペーパーが巷から姿を消した時の様に、正しい知識さえあれば、なにも不安に感じることは無いのですから。

昨年の台風以降、今、私達の生活の中には様々な問題が起こっています。
しかし、一人一人が正確な情報と正しい知識をもとに行動すれば、いつもと変わらぬ毎日を送る事が出来るはずです。

いつでも冷静に、そして何をする事が正しい事なのかを自問自答しながら行動したいですね。

(いつになったら本題に移るんだろう・・・)と思っていらっしゃる方、ここからが本題です。(やっと)

春から夏にかけて、この上下動する気温に対処してくれる一着のトップス。

涼しい日も、暑い日も、使い方で長い春夏を賄えるものがあったら願ったり適ったり、と思いますよね。

それが、、、あるんです。

bafy_blog001
先日も魅力的なポロシャツでご紹介させて頂いたイタリアのニット専業ブランド『BAFY』。

149507960
この何気ないシンプルでベーシックな形のクルーネックのニット、実は使用する糸に非常に細い糸を使って編まれており、風通しの良い適度なピッチによって夏まで使える一着に仕上がっているのです。

149507960_o1
元々大手ブランドのOEMを手掛けるファクトリーブランドゆえ、糸のクォリティコントロールはお手の物。

それどころか季節や仕様にあった最適な素材の選択や凝った編み方が出来る事も、BAFYの最たる魅力の一つです。


このニットには表面にバスケットを模った編地を用いており、立体感のある豊かな表情に加え、触り心地に

リネンの様なシャリ感

があり、コットン100%素材とは思えないほど、清涼感に優れています。

149507972
涼しい日にはシャツやカットソーとのレイヤードや、ジャケットのインナーとして、また暑い日には一枚で着るなど、この『素材』だからこそ、幅広い季節を愉しむ事が出来ます。


149507972_o1
触れた瞬間の触り心地はまさにリネンのようで、真夏にも間違いなく活躍してくれる一着になります。
カラーは前出のホワイトとこちらのライトブラウンの2色をオーダー。

IMG_9387
夏にはショーツとの組み合わせで、クルーズ感も増し、まさに大人の夏の装いにピッタリのクォリティスタイルが叶えられます。

IMG_9380
ミドルゲージのニット(プルオーバー)では暑かった夏も、今年はこのハイゲージで快適に過ごせそうです。(※写真はミドルゲージ)

これから始まる春、そして真夏までの長い季節を存分に楽しめるニットです。

「夏に長袖のニットなんて着ていられないよ!」

と言う方、、、ショートスリーブのお勧めも有ります!

それがコチラ

149508006
こちらもまたシンプルでベーシックそのものですが、実はよ~く見てみると、素材がまた凝っています。

149508006_o1
このニットはスラブ風の凹凸を表情に生かした、「リネン」を主成分にした

まるで半袖Tシャツ

の様なリネンニットなのです。

しかし言葉通りに受け取ると、リネン=ガサガサしていそう、と思われる方も少なくないと思うのですが、実は触れると直ぐにそれらが間違った概念だと察します。

このニット、どう考えても『コットンかシルク』にしか感じられないほど、

滑らかで艶やか、そして何よりフワフワに柔らかい

のです。

形そのものはTシャツのようですが、触れても袖を通しても未だ、それらがリネンで在る事が疑わしい程、このニットは柔らかいのです。

"夏=コットンのTシャツ"の概念は最早過去のもの。

男性、それも大人紳士たるもの、夏は上質なニットを身に着け、ゆとりある出で立ちで居たいものです。

今日ご紹介したBAFYのニットたちは、このブランドの本当の素晴らしさが「素材の選択」で在る事を、つくづく感じさせてくれます。

是非今年の春夏は、美味しい物を食べて身体を健康にして、そして新しい洋服を着て心も健康にして、最終的には世の中の経済の為に寄与する、そんな循環の一端を担う春夏にしてみませんか?

(今日もかなり無理やりな新作紹介でしたね・・・多謝)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ