IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Agnelli&Sons

IMG_9899
7月ももう終わりが近付き、徐々に夏休みの声が聞こえ始める季節になりました。

写真の様な風景に心和ませられる季節でもあり、「お盆」「帰省」「田舎」と言った、どこか懐かしさを感じさせる風情に心動く季節ですね。
(ちなみに写真は市ヶ谷駅です・・・都心ですね)

そんな夏真っ盛りを感じさせる今週ですが、想像以上の猛暑に多くの方々が頭を悩ませている日々になっているようです。

気温は次々上がり、早くも今年最初の猛暑日を更新するなど、今年の夏は遅れてやってきた分、急激な猛威を振るっていますね。

そんな真夏の様相も愉しまなくては勿体無いのが日本の夏であり、四季のある日本の一つの風情です。

今日は真夏にはもちろんピッタリで、その後シーズンレスで使えるアイテムをピックアップして見ました。

IMG_0167
それがズバリ、TEEシャツなのですが、今回は約一か月前から、当店プロダクトの一つであるAgnelli & Sonsとしてリーズナブルでありながら、しっかりとした生地、或いは特徴的な生地を選択して作り始めていたのですが、ようやく本日店頭に到着致しました。

メンズのTEEシャツは非常にしっかりとした打ち込みのヘビーオンスのコットンを使ったアメリカンな一着。

IMG_0168
プリントには箔押しを行い、ラギッドさが突出しないよう和らげ、またインナー利用の際にも存在が光る一着を目指しました。

IMG_0169
このモデルは、最も小さなサイズ(Sサイズ)を女性のボーイズTEEとして使える様設定しているのですが、今の季節コットンやリネンなどのジャケットに最高の相性を見せてくれる存在です。

通常、着丈だけが長く仕上がってしまうのがボーイズTEEの難点でしたが、今回のモデルでは女性にも無理なく着られる絶妙な着丈に仕上がっています。

IMG_0166_1
そして女性に向けて作ったのが、こちらのボックスTEEタイプ。

広げると全体が四角く箱型に見える形なのですが、実際に袖を通すと、肩回りがドロップする事によって、女性らしいシルエットを作り出してくれる一着です。

IMG_0163
今回女性のTEEシャツに使った素材は、メランジのジャージー素材で、写真で見るよりも数倍柔らかく心地良い仕上がりとなっており、手に触れた瞬間から柔らかさに心奪われるはずです。

IMG_0164
カラーはメランジブルー(写真上)と、メランジグレー(写真下)の2色展開。

IMG_0166
どちらも風合いが良く、柔らかな着心地を裏切らない出来栄えです。

これから夏の一着として、またその後のインナー利用として、是非今回の新作を試してみて下さい。
きっと大人が着るTEEシャツとしてクローゼットを暖めてくれるに違い在りません。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月の店休予定日】
8月1日、8日、22日、29日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_7129
夏の三連休が始まり、各幹線道路は混雑を始めています。

暑い日差しを期待していた方にとってはあいにくの曇天ですが、長野は過ごし易い心地良い空気に満たされています。
(写真は六本木ですが)

さて、昨日もウィメンズの新作シャツに触れさせて頂きましたが、今回のプロダクトは男性に向けてもスタートしています。

IMG_8940
女ウィメンズのモデルと比較し、衿腰を高く、そしてしっかりとした芯地(とは言ってもソフトな芯地を選択しています)を採用し、各部のディテールにも様々な要素を取り入れました。

IMG_8941
衿型は、素材によって異なる衿型を採用し、全てにバランスを優先したディテールを取り入れました。

IMG_8942
ウィメンズでは見合わせたホワイトのシアサッカーも、男性ならば清潔感と軽やかさ、そして涼しい肌感触を手に入れられます。

IMG_8943
リネンはウィメンズ同様、非常にクォリティの高いモノを使用している為、リネン素材の表情に有りがちな、ネップの様な織目は見当たりません。

IMG_8944
仕上げはプレスを掛けてあるため、ハリが際立ちますが、やはりリネンは洗いざらしで着るのが一番気持ち良いものです。
シワの凹凸を活かし、味わい深さを表情に出来るのがリネンの最も楽しいところ。

これからの季節、ビジネスシーンは勿論、週末のカジュアルな装いにもピッタリな今回のラインナップ。
是非、まだ試されていない方も、今後の展開にご注目下さい。
(メンズはパーソナルオーダーを中心に仕上げている為、この他にも様々な色や素材が選べます。)

そんなメンズの仕上げの中、当店が製品として皆様にお届けするのが、この上質なリネンを使ったプルオーバーの仕様。

IMG_8934
リネン特有の光沢が分かり易いオリーブカラーは、その色の持ち味であるカジュアルな要素を遥かに超え、上品さを醸し出し、特に大人の男性にとっては、夏の装いに不可欠な物に仕上がっています。

IMG_8935
衿は胸元を開けた際にも自然な開きを作るべく、敢えてワイドスプレットにし、更にビジネスシーンで使える方にとっては在りがたい、しっかりとした衿腰(芯地による)を作っています。

IMG_8936
前立ては敢えて設ける事によって、週末の男性によりカジュアルな見た目を提案すべく、しっかりとした表情を作り出しています。

IMG_8937
またガジェットについても、飾りとして付けられる多くのシャツとは異なり、本来の補強の意味合いが大きい、元来設けるべき場所に、相応のガジェットによって補強しています。

今回のこのシャツは、裾を外に出しても、中に入れてもサマになるよう、適度なバランスをもとに仕上げている為、その日の気分や用途に合わせて使える一着として提案しています。

何より今回採用したリネンの心地良い肌触りは、中々得られる事の少ないもの。
蒸し暑さに程遠い今週ですが、真夏の暑さにこそ、その威力を発揮してくれそうです。

この他にもシャツのラインナップはメンズ、ウィメンズ共、今後さらに広がって行く予定です。
単なるシャツだけではなく、その他のアイテムとしてもAgnelli & Sonsの世界観と共にバリエーションを増やし続けて行きます。

「気が付いたら手に取っていた」

忙しい朝、そんな思いと共に手に取る事が増えるであろう、今後のシャツのラインナップを是非お見逃しなくご覧くださいね。

※メンズ、ウィメンズ共にシャツのディテールやパーソナルオーダーなど、詳細について知りたい方はお気軽に店頭までお問合せ下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5805
例年に増して涼しい日が多い今年の夏は、まだ梅雨明けもせず、多くの人に夏の到来を待ち遠しくさせています。

とは言うものの、日中はヤハリ暑さも感じる蒸し暑さに包まれ、昼夜の気温差は広がるばかり。

この季節最も女性の頭を悩ませるのは「程よい体温調節」ですが、陽射しは勿論、暑さから身を守るべく活躍してくれるのが夏に向いた素材たち。

今シーズン序盤、女性のお客様に向けて作り出したAgnelli & Sonsのシャツは、仕事を持つ方にとって最も活躍の場を広げる一着となり、それらは週末の装いにもクリーンな印象を作り出し、多くのスタイルに取り入れやすい一着二なりました。

そしてご購入いただいたお客様の声に呼応し、この度当店が新たにご提案するのが、冒頭でも触れている体温調節に相応しい素材を用いた新作です。

IMG_8915
夏にはリネンと言うシャツの想像が多くを占めると思いますが、同様に涼しさや肌に触れる体感温度を最も軽減してくれる素材がシアサッカー素材です。

IMG_8917
シアサッカーは持ち味でもある凹凸によって軽さと肌に触れる面積を軽減し、また風が通る事によって肌の体感温度を下げてくれる、まさに夏にとって相応しい素材です。

IMG_8918
今回は前回のモデルで好評だったカッタウェイ(ホリゾンタル)のカラーを再び採用し、丈のバランスを女性らしく、そして仕事にも週末にも使えるベストなバランスで提案。

男性にとっては当たり前の夏の素材も、女性のシャツとしての提案としてはまだまだ少ないシアサッカー。
この素材の心地良さを是非体感していただきたい一着です。

IMG_8924
そして夏の素材として抜群の存在感を誇るリネン素材も新たにオーダーしました。

IMG_8926
通常リネン素材に見られる粗野感が影をひそめる程、その整った面(目地)は、まるでリネンで在る事を忘れさせてしまうかの様に、綺麗に整えられています。

IMG_8928
今回は非常に薄いライトピンクのリネンを夏の色として提案。
まるでホワイトかアイボリーの様に薄く仕上げられた上品なライトピンクは、光の加減によっては全く別の色に見える程、その色の儚さは独特。

敢えてジーンズと共に上品な大人の女性を気取るのに相応しい「甘さの無い」ピンクに仕上がりました。

IMG_8922
色違いには同じく非常に薄いライトブルー(或いはサックス)をご用意。

IMG_8923
こちらもまた整えられた目地によって、フラットな表面に加え、リネン特有の微光沢が判るほど、この素材のクォリティの高さを感じさせています。

IMG_8919
単なる清涼感のある色と言うだけではなく、その中庸な色合いは最も使い易く、そしてビジネスシーンに偏る事の無い、適度なフレキシビリティを持ち合わせています。

これも独特の色の薄さ、微妙な按配によって作られる一つの最適解です。

IMG_8929
そして最後にお勧めするのが、『意外なほど少ない』と思われるオリーブカラーのリネン素材です。

IMG_8932
既に平置きの状態でも解るほど、この素材にはリネン特有の光沢が伝わって来ます。
ブラックやネイビーなど、特に色の濃い素材に表情として現れるリネンの光沢は、オリーブ色と言う特殊なカラーによって、改めて上品で上質な輝きを生み出し、他では得られる事の無い特殊な味わいを生み出してくれます。

IMG_8933
カーキやオリーブを夏の色として取り入れるのは言わずもがな、これらの色によって作られる適度な味わい深さと、オリーブ色から生まれるミリタリーなテイストは、「シャツとして」仕上げられ、「リネンで作られる」事によって、更に洒脱さを増し、女性のシャツとしては余り見かける事の無い独特な一着が仕上がる事になりました。

こうして夏の女性の体温調節に一役買い、また服装に悩んだ時にも「この一着」で全てが解決してしまう、そんな痒い所に手が届く一着が仕上がった訳ですが、シーズン前、ご予約を受け付けた事によって、店頭在庫は非常に少なくなっておりまして、現在在庫も僅かと言う状況に。

この週末お時間の許す方は是非実際の商品をご覧頂き、是非パーソナルなご注文として、ご相談頂ければと思っております。(※場合によってパーソナルオーダーをお承りする事が可能になります。⇒詳細は店頭までお問合せ下さい。)

夏が間近に迫った今、是非夏の一着として、新たな感触を手に入れて下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_4336
秋真っ盛り、気温も急激に下がり、寒さを感じずにはいられない日も増えて来ました。

この寒さに同調し連日沢山の新作が大挙して到着しており、店頭、オンラインストア共に忙しく動く日が続いています。

IMG_4178
女性の装いに欠かせない「心地良さ」を持つDrumohrのニットやVIGANOのトラウザーズをはじめ、新たな足元の装いも充実し始めました。

IMG_4762
IMG_4761
女性の足元としては異色の存在キルトタンのモンクストラップスリッポンは、欧州男性の足元にも人気の形ですが、女性物の、それも形も色も魅力的な物は余り見られなかった様に思います。

IMG_4767
他にもNAPOLEONIのエナメルキャップトゥのパンプス等、前出のモンクストラップ同様クラシックな装いに合う趣を持った新作が沢山揃っています。

IMG_4774
特に秋冬女性の装いに不可欠なタイツにも相性の良いナロータイプの足入れ口は、クラシックなテイストをより感じさせてくれるものになりそうです。

今秋は様々な催しが続いており、お客様方も選択のスピードに追い付くのがやっとと言う程沢山の催しを行っています。

中でも先週から今週にかけて、先般行われたPERSONAL ORDERによるジャケットが仕上がりはじめ、一部の方々へのご納品も始まりました。

IMG_4427
仕事やプライベート、用途は様々ですが異なる趣に個性を感じさせる多様なジャケットの数々が仕上がっています。

IMG_4402
最近ではお客様方のお話の中に、「生地を選ぶ事から始まり、着心地を感じる事」で、他のものでは満足できなくなったと言うお話が増えました。

IMG_5422
バランスを重んじる当店にとって、全てのバランスが着る人のサイズにフィットする事は紛れもなく

「スタイル作りの基本」

でもあり、こうした傾向が強く感じられるシーズンにもなっています。

こうして装いに愉しみを見出して頂ける事が私達にとっても至極の喜びにも繋がっています。

さて、今日は沢山のウィメンズの新作は後日として、メンズアイテムのお勧めをピックアップして見ました。

IMG_4150
一つ目は、最近ドレスのラインナップに人気を移しつつあるGUY ROVERのダンガリーを使ったタブカラーのシャツ。

IMG_4151
ご存じの方も多いと思いますが、タブカラーはタイを締めた時の立体感を作る、衿と衿を繋ぐストラップ状の帯が付いた衿型を指します。

IMG_4152
通常スナップ等が使われるこの個所もループタブを採用する事によって、ボタンを外して着用の際にも

自然なこなし

が演出出来る物になります。

IMG_4758
タイを締める事によって、タイが平面的に寝てしまう事が無く、常にタイの結び目が立体的に見せられる点が最良のポイント。

IMG_4755
キチンと結ばれたタイは、常に前を向き、ジャケットの袷の中へと緩やかに落ちて行きます。

IMG_4757
タイの結び方や結び目ばかりに気を取られる方が多いのですが、こうした立体感を作る事はタイドアップにとって大切なポイント。

また今回は敢えてカジュアルダウンして使える様、ダンガリー素材を選び、あくまでも

ドレスシャツの仕様をカジュアルに

と言う当店ならではの演出を皆様に行って頂きたくオーダーしています。

相反するテイストは一つになった時、初めて洒脱に映るものです。

IMG_4157
他にもGUY ROVERではワイドスプレットのドレスシャツもご用意。

IMG_4160
当店が(生地がある時に)必ずオーダーする、ホワイト地にブラウンのストライプのシャツは、意外なほどどんな装いや色にも溶け込み、ブルーのストライプ同様、最も使えるシャツになります。

試された事の無い方にこそ是非ともトライして頂きたいカラーです。

そして、もう一つのお勧めはANGELO NARDELLIのウールジャージーを使ったコンフォートなダブルブレステッドのスーツ。

IMG_5289
非常に濃いダークネイビーにブラウンのチョークストライプをあしらった物ですが、このスーツに使われている素材は、手に触れた瞬間

「滑らかで柔らかく、そして軽い」

事が直ぐに伝わります。

IMG_5293
クラシックなダブルに、ストレッチ性のあるコンフォートな素材を組み合わせたハイブリッドなこのスーツは、

着心地はジャージー、見た目はクラシック

と言う二つのメリットを一つにしています。

IMG_5290
NARDELLIがこれまでケミカルな要素を取り入れ展開していた51(Cinquantuno)のラインを終え、新たに大人の男性に向けたクラシックとコンフォートを共存させた新たなラインナップがこの『Salento』です。

IMG_5291
ANGELO NARDELLIは過去にPITTIに於いて優秀賞を受賞したプーリア州のメーカー。

プーリアと言えば今を時めく人気の高いブランドが軒を連ねる地域として有名。

IMG_5294
このスーツのジャケットには、見た目の印象としてのクラシックではなく、ダブルの袷となる前のボタンのピッチ(ボタンとボタンの幅)が狭く作られており、近年クラシック回帰に伴い変わりつつある、袷の狭さによって

腰回り(腹部)にゆとりをつくる

元来のベーシックな装いを作り上げているのです。

IMG_5298
また組下にはノープリーツの細身のトラウザーズが合わせられており、ここにはクラシックとは反対のスリムでシャープな物を組み合わせる事によって、不必要に下半身だけにボリュームが出る事を防いでいます。
(非常にストレッチ性が高い素材)

IMG_5300
今回のスーツもまた当店にとって新しい切り口となる物になりますが、どんなサイズ感を選び、どんな装いを選択するかによって、大きく変わる男性の装い。

クラシックと言う基本を変えず、新しい物にチャレンジしたいと言う方には是非ともお試しいただきたい一着です。

※このスーツについての注意点・・・このスーツは非常にタイトで小さ目のフィッティングが用いられています。 その為普段お召のサイズより1サイズから2サイズ上のサイズをお選び頂く事をお勧め致します。
参考までに当店スタッフ(普段44サイズ着用)が試着した際の感想では、46サイズを着ると肩幅と脇幅に窮屈さがあり、袖丈のみジャスト。 48サイズを着ると肩幅や脇幅などはジャストですが袖丈のみやや長目でした。


ちなみに、このスーツにも相性の良いクラシックな仕立てのコートも在ります。

IMG_5334
なんとPIACENZAのウールを使用したANGELO NARDELLI製ポロコートです。
ポロコートの定義は(日本国内では)様々にされておりますが、このコートについては多くのディテールに元来の仕様がそのまま踏襲されています。
このコートについてはまた後日。

さて、ジャケットやスーツをそれ程お召にならないと言う方も少なくないはず。

しかし週末を若者の様な装いで過ごすには少々気が引けると言う方にお勧めしたいのが、こちらのテーラード型のコンバーチブルフロントのダウンジャケット。

IMG_5261
こちらもNARDELLIの物ですが、ここ最近のNARDELLIは前述の様にケミカルなテイストや素材の物を一掃し、クラシカルな趣きに回帰している事もあり、こうしたカジュアルなジャケットにも程よい落ち着きが戻っています。

IMG_5269
このジャケットはこれまでのテイストを維持しつつ、高額になってしまう事を避ける為、海外生産に依存し、高いコストパフォーマンスを生んでいます。

IMG_5266
基本的な仕様は段返りの3つボタンにフラップポケットといったテーラード型に、前部にファスナー着脱式のフェイクラップインナーを設けています。

IMG_5268
今となっては多くのブランドが輩出する形の一つとなっていますが、このブランドらしさは、素材のマットな質感や適度なゆとりを生むフィット感に在ります。

スーツもコートも、如何にもタイトでピチピチの状態は、もう卒業して欲しいと言う私達からの提案の一つでもありますが(もちろんピッタリフィットしていなければならない物もあります)、このジャケットが持つ独特な落ち着きは、素材から得る所が最も大きなところです。

IMG_5339
しなやかに見えて弱撥水性を持つアウトシェルは、ボトムがジーンズで在ろうと、ウールのトラウザーズで在ろうと、その佇まいを紳士的に見せてくれます。

IMG_5336
インナーを閉めると、タイトではない程良いフィット感に作られた心地良い感覚と、程よくスマートなシルエットが見えて来ます。

DBAF2674-C5AE-4778-9BDA-A0505170C4C2
インナーを外して、ジャケットとして着た時にも美しい形になるよう、ゴージラインを高めに作られている点や、後ろ姿からも衿が寝ない立体感など、一つのジャケットに齎された細部への配慮が窺える一着です。

これなら普段ジャケットを着る機会が無い方にとっても、大人として相応しい佇まいが演出出来そうですね。
その他にも、お勧めのジャケットやコートが揃っておりますので是非店頭にもお越しください。

またDell'gaの新作クラッチバッグも入荷以降沢山のお問合せを頂いております。

IMG_4398
男女共に使える程良い大きさは、ハンドルの有無に関わらずとても有効なサイズです。

IMG_4438
マチを薄くする事が可能な為、バッグインバッグとしても役立つこのサイズは、実用性を機能美に変えるDell'gaならではの秀逸な一作と言えます。

パートナーとのシェアやギフトなども含め、とてもお勧めです。

新たな装い探しと共に是非ご覧ください。

以上の他、現在多くの新作が店頭を埋めております。
これから冬の装いを検討される方も、補完アイテムをお探しの方も是非週末のお出掛けをお待ちしております。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月8日、15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_3260
暦の上でも、そして気候も徐々に秋らしさを増して来た今週。
日常の中にも、何か美味しい食事をしたくなったり、新しい洋服に身を包みたくなったり、そんな気持ちの変化が出る10月。

IMG_3608
店内では昨日から実施しているパーソナルオーダーへのお問合せやご来店に加え、秋冬の新作が大量に到着。

特に台風の影響によって海外からの荷物が遅れていたブランドに至っては大挙到着となりました。
気温に同調し、秋の装いが恋しい方は是非店頭へ遊びにいらして下さい。

さて、今日はパーソナルオーダーによるジャケットやスーツに相性の良い新作コートをご紹介したいと思います。

既に皆様ご周知Agnelli & Sonsの製品として新たに加わったモデルが

スプリットスリーブ

によるドライバーズコート。

IMG_3680
当店では予てから、車の運転に支障のない適度な丈の長さを持つコートをドライバーズコート(或いはカーコート)と呼んでまいりましたが、今回のコートはまさに実用性と共に機能美の光る一着。

ED7A85FF-5F25-4BDB-94CD-9A07A6C232EA
一見するとシンプルでベーシックなハーフコートですが、その襟の台は高く、衿腰からクラシカルな様相を見せ、シャープなラインによって美しいシルエットを生んでいます。

このコート、実は最近目にする機会が少なくなった『スプリットスリーブ』を採用して作られています。

スプリットスリーブとは、前身頃の袖付けがセットインスリーブで、後身頃の袖付けがラグランスリーブとなっている、独特な形状の肩回りを持っています。

33205921-AC01-48C5-BBC2-D4699F0C63DB
スプリットスリーブは、ワンサイドラグランとも呼ばれ、かつては紳士物のコートに見られた仕様ですが、最近は余り見る事が少なくなっていました。
それほど古典的な形状でもあり、少々面倒な袖付けだと言う事も在るでしょうが、このコートには非常に大きなメリットがあります。

それは

腕を動かしやすい

こと。

元々可動域の広いラグランスリーブは、手を上に挙げた場合、脇の下がつられる様な感覚になりますが、この袖付けの場合には、セットインスリーブの良い部分とラグランスリーブの良い部分を併せ持つ事によって、腕回りが充分に動き易くなっている点がメリットです。

更にこのコートではボタンを比翼仕立てにする事によって、よりシャープで無駄の無いディテールをデザイン上の魅力に変えています。

IMG_3636
一つ一つのボタンは、それぞれ分割されたホールへ丁寧に収められます。

IMG_3635
このコートでは、素材にウールメルトンを使用している為、生地にボタンのステッチが負けない様、チカラボタンを添えています。(もはや常識ですね)

これらの仕様によって秋から春の入りまで、車の乗り下りも苦労無く、また素材の堅牢性も相まって、実用性と機能性、そしてそれらから得る蘊蓄(?)とデザイン性により、また一つ着る愉しみが増えるコートになります。

IMG_3351
今回は、ダークネイビー、キャメル、チャコール、ダークグリーンの4色を揃え、またサイズも44サイズから52サイズまで(※一部サイズのご用意に数日頂く場合が御座います)と、フルラインナップで揃います。

IMG_3350
(※写真はダークグリーンの色見本です)

A7426E5F-E4E6-423E-9C7B-DEB4BD926D99
是非、この秋冬はドライバーズコートを纏い、クラシック気分を味わってみませんか?


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月11日、18日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ