IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Agnelli&Sons

IMG_1236
まさか?の積雪に目を疑った3月最後の日曜日。

関東地方を中心に季節外れの雪が降りました。
この春最後の荷下ろし?とばかりに深々と降り続ける雪。

長野地方では昼過ぎには雪も止み、路上はいつもの姿を取り戻しました。

今年は色々な出来事が次々と起こり、今まさに泣きっ面に蜂と言う方もいらっしゃると思います。
(私は今日免許更新5日目にして交通違反で捕まりました…まさに泣きっ面に蜂二匹の状態)

とは言え、徐々に春らしさを取り戻しつつある今月も後僅かで終わり。
少しずつ新年度に向けて、身も心も新たに挑みたいですね。

そこで今日取り上げるのは、新しい季節(年度)に向けた二つのアイテムです。

先ず一つ目は当店が作り出す様々な切り口によるブランド「Agnelli & Sons」の新作テーラードジャケットです。

149788564
今回から新たなディテールを加えたダブルブレステッドのジャケットを展開しています。
中でも拘りを詰め込んだ、このジャケットは、女性のテーラードジャケットにも男性と同じ拘りを取り入れ、比較的女性物のジャケットに多い「妥協」部分を限りなく排しています。

Libeco001
今回ジャケットに使用した生地は、ベルギー製の最高品質のリネン。

それも1858年から続く老舗の生地メーカー『LIBECO LAGAE』(リベコ・ラガエ)社の物を使用。

LIBECO LAGAE社のリネンはベルギー王室御用達としても知られ、ヨーロッパのリネン連盟認定「マスターズ・オブ・リネン」の称号を持ち、古くからリネン産業として知られているフランダース地方にルーツを持ち、さらにこのピュア・リネンは、独特の膨らみと柔らかさを持つ上質さが特徴で、リネン素材特有のゴワゴワした感触や硬さがなくシャリ感だけが残されています。

主にベルギーのリネンはインテリアやベッドリネンなどに見られますが、実はアパレルに向けた素材も作られている事を余り知られていません。

149788564_o10
今回はそのLIBECO社のブラックのリネンを使い「大人の女性に相応しい」一着を形にしました。

149788564_o7
主な仕様は6つボタンの4つ掛けのダブルブレステッド、胸のバルカポケット、脇のフラップポケット、袖の4つボタンの本切羽、深いサイドベンツなど、飽きる事の無いベーシックなディテールを用いています。

149788564_o1
また全体のステッチは縁から6ミリ位置に縫いを入れ、クラシカルな表情をより高めています。

149788564_o11
他にもフラワーホール裏にはチェーンステッチが二つ。
それぞれ生花を挿す事が出来る本格的な仕様になっています。

こうしたディテールは勿論男性の物にも共通する部分でもあり、また最近ではオーソドックスなディテールとして当たり前の様に施されている部分でもあります。

149788564_o9
しかしこうしたディテールではなく、当店がどうしても叶えたかった部分は全体をより女性的に見せる為の各パーツのバランスです。

その最たる部分がウエスト位置と腰から裾までの長さ

149788564_o3
一般的に女性のジャケットを仕立てる際、サイズが大きくなればなるほど、ポケット位置やベント位置は下がるものです。

逆に小さくなればなるほど短く、それは当たり前のことですが、当店が拘ったのは、身長の有無に関わらず、誰もが腰高で脚長に見えるための工夫です。

149788564_o5
このバランスについては、ここでは多くを語りませんが(ちょっとした視覚的な細工を生むように仕上げています)、その拘りによって、これまでダブルのジャケットを何かしらの理由で敬遠していた方や、或いは身長や体格によって敬遠していた方々にも、常に魅力的なシルエットで着て頂く事が出来るようになります。

149788564_o4
「美しく」見える事、「シャープ」に見える事は女性にとって大切な要素。
近年ではオーバーサイズのダブルブレステッドが主流を占めていますが、ここでの提案はあくまでもオーソドックスでクラシックが基本です。

149788564_o6
素材のLIBECO社製リネンは、キラキラとした輝きは在りませんが、非常に上質さを訴えるベルギー製リネン特有のマットな仕上がり(※特にベルギー製リネンはマットな仕上がりが特徴=フンワリ仕上がる為マットに映ります)が、全体を落ち着きと上品さで包みます。

149788564_o8
またラペルは男性の仕立てと同様、職人が丹念に時間をかけて、手でアイロンを使い「くせ付け」を行います

これによってラペルには立体的なカーブが生まれ、またシングルと同様にジャケットの顔とも言える、最も大切な返し部分に、一般的な既製品との違いを生み出しています。

こうして様々な技術と(割愛していますが)沢山の拘りを盛り込んだ、大人の女性の為の一着が仕上がりました。

今回の新作では、このLIBECO社製リネンの他にも、様々なファブリックを用いたジャケットを今後も展開していく予定です。

またこのジャケットの基本は、パーソナルオーダーでも御承りが可能になっておりますので、新しい季節に向けた一着、或いは自分にピッタリの一着を求める方は、是非お気軽に店頭までお問合せ下さい。

そして、このジャケットはビジネスなどでの活躍は勿論なのですが、当店が特にお勧めしたいのがジーンズとの組み合わせ。

魅力的なジャケット、ジーンズと組み合わせたら足元が気になりますよね。

そこでお勧めしたいのが、ジーンズは勿論ですが、今季特に当店がお勧めしているワイドパンツやバミューダなどの「ワイドレッグ」に相性の良い一足。

149791032
それがFABIO RUSCONIのポインテッドトゥ・ローパンプス。

149791032_o3
今回この形を使用してオーダーしたのはAmalfi(アマルフィ:イタリアの海岸名)と名付けられた独特なブルーのスウェード。

その特徴的な色のスウェードを低めのチャンキーヒールに組み合わせ、一般的なフラットパンプスや細いヒールのロ-パンプスとは違った印象を作り出しました。

149791032_o11
オフィスでの活躍は勿論、週末にはジーンズとの相性を考え、この色、この素材、そしてこの形にフォーカスしています。

149791032_o10
ジーンズにも、細身のシルエットから、今日のワイドなストレートシルエットまで、幅広く合わせ易くなっているのは、このシャープな爪先が作り出す特別な存在感。

149791032_o4
甲を浅くくり抜き、爪先は鋭角を作り出し、一般的なパンプスのイメージよりも更にシャープな印象を作っています。

149791032_o6
この些細な部分が全体の印象を変えてしまうのですから、女性にとって靴の存在は非常に大きなものである事が解ると思います。

149791032_o7
甘さを控え、辛口を引き出した今回のパンプス。

149791032_o5
履き易く使い易いヒールの高さや安定感をベースに、自立した女性を匂わせるこの形こそが何よりもの魅力です。

149791032_o9
シンプルな組み合わせにこそ、魅力を発揮してくれる今回のパンプス。
ジーンズだけではなく、ワイドパンツやスーツなど、常に多くのスタイルを魅力的に見せてくれる一足です。

149791032_o8
「普通のフラットパンプスやバレエシューズと何が違うの?」
と思われる方も居るかも知れませんが、恐らく足を入れてみると、その答えを実感していただけるはずです。

装いとは、シンプルになればなるほど、またオーソドックスなものになればなるほど、些細なディテールが大きな変化や魅力につながるものです。

今回ご紹介したテーラードジャケット、パンプス共に、新しい季節(年度)に相応しい選択です。

それは「見た目に違いが解りづらい」からこそ、周囲にはこれ見よがしにならず、敢えて自分自身の心持だけが新鮮で、「新しい価値観に身を包む事の贅沢」を感じられること。

今、世間を惑わせているネガティブなニュースも、いずれは晴れる日がやってきます。
来るその日の為に、是非皆様の心の栄養も忘れずに与えてあげて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

5D8C74C9-4A18-41CE-891B-AB7CEACDB3BA
早朝から目を疑うような景色で始まった今日の空。

目が覚めると窓の外は再び吹雪が・・・。
3月も下旬だというのに相変わらず景色は冬宛ら。

毎年の事ではありますが今年もジェットコースター並みの天候の上下動。
コロナウィルスも恐ろしいですが、気温差も体調管理に影響を及ぼします。
先ずは基本的な体調管理から気を付けたいですね。
(と言っている端から明日以降は19度まで気温が上がり始めるそうです)

さて、外の天候も気になるところですが、今日は一足先に初夏を視野に入れた"とある"新作をご紹介させて頂きたいと思います。

2014年、弊社の創業20周年を期して立ち上げたプロダクト『Agnelli & Sons』(アニエッリ・アンド・サンズ)は、一つのテーマのもと大人の男女に向けたトータルブランドとして展開しています。

その根底にはイタリアを席巻したファッショニスタたちを輩出したファミリーの存在があります。
それらからインスパイアされる様々な創造が形となって皆様にご覧いただいています。

今回当店がオーダーしたアイテムは『高品質で上品な一枚』がテーマ。

その一枚とはインナーとしても、一枚のトップスとしても存在感を放つシンプル且つベーシックな「スムース・カットソー」。

しかし単なるカットソーでは在りません。

素材にイタリアの三大シャツファブリックメーカーの一つである『ALBINI社』の『Corcoran』と言う非常に微細で細く長い糸を使ったスムースジャージーとでも表現すべきコットン素材です。

IMG_0937
その生地を使い表現したのは細い台衿を持つバンドカラーのカットソー。

149555176_o4
ALBINI社は1876年から続く長い歴史を持ち、英国のトーマス・メイソンやデイビット・ジョン・アンダーソンなどのメーカーを傘下に収め、現在も世界最高峰とされるシャツ生地を世界に提供するメーカーです。

このメーカーは歴史に裏付けられた技術に加え最新技術をも駆使し、細番手で滑らかな肌さわりを特徴とする上質な生地など、このメーカーならではの特別な生地を多く輩出しています。

149555176
この生地は、ALBINI社がエクスクルーシブした、アメリカ、カリフォルニア州のコーコラン(Corcoran)地域で収穫される"スーピマコットン"を使用しており、この『コーコラン』はスーピマコットンの中でも最も繊維が長く強度にも優れているのが特徴で、更に「スーピマコットンの中でも極々僅かしか取れない」

希少な糸

なのです。

149555176_o2
その感触はサラリとしたドライタッチと、とても艶やかで滑らかな触り心地を持ち、この生地独特の微光沢に優れるなど、一目見て上質と解る特別な生地なのです。

149555176_o1
それらに敢えてバンドカラーを取り入れたのは、ジャケットなど羽織物と合わせた際の衿元のおさまりの良さが一つの理由です。

149555176_o3
レイヤーする羽織り物の中に衿元が引っ張られてしまい衿が変形してしまう事を避け、またこの僅かな立体感のお陰で女性的な華奢な首元が作られると同時に、カットソーに有りがちなチープさが解消されます。
(カンヌキで留められた両脇裾のスリットもこのカットソーの魅力を作りだしています)

IMG_0938
同時に、タップリとした身頃と肩から袖までのボリュームによってカジュアルな用途にも適している他、ジーンズやショーツなどシンプルな組み合わせの際にも、カットソーとての見栄えより『一着のブラウス』の様な見栄えを与えてくれることが大きなメリットです。

149555194
この生地の魅力(微光沢や滑らかさなど)を写真でお伝え出来ないのが少々残念ですが、この生地を使い敢えてこのプルオーバーに仕上げた理由が、きっと着続けることによって解って頂けるかも知れません。

149555194_o1
今、イタリア目線によるアメリカンカジュアルは、少々ラギッドな香りのする物に焦点が集まっていますが、それらを大人の女性が身に着けるには違和感を感じます。

149555194_o2
しかしこうした上質で上品な素材を選択する事で、一般的にはチープに捉えられてしまうヘンリーネックの様なカットソーが、大きくステップアップし全く異なる存在に変化します。

149555194_o3
『素材は嘘を付かない』、当店が良く口にする言葉ですが、この素材もまた見る人の目に、触る人の手に、その素晴らしさを確かな物として伝わるでしょう。

何故当店がこの素材を選んだのか、何故この形になったのか、そこには「女性に身に着けて欲しい」からこその究極のデイリーであり、カジュアルであると解釈していただけると思っています。

今回の新作カットソーを是非その手で、その目で感じてみて下さい。

IMG_0943
またその他にもAgnelli & Sonsの新作シャツも入荷しています。
今回は過去のモデルから更にアップデイトしたブラッシュアップモデルを展開しています。

IMG_0939
生地は全5種(内3種は予約完売済)、前出のホワイトのヘリンボーン、この微細なロンドンストライプなど、オフィスは勿論、カジュアルダウンに相応しいコットン素材を中心に展開しています。

IMG_0965
今回はワイドスプレットの衿型や各ボタンピッチや着丈の変更など、より女性らしく美しく見せるディテールを多数取り入れています。

特に衿の開きは非常に女性的でしなやかさをより演出出来るものに仕上がっています。
(※衿に芯地を使用していない為、しなやかで自然な美しさが作られています)

当店が提案するベーシックには質の高さと「美しさ」を適える為の幾つかの拘りがあります。
今回のシャツ、そしてカットソーには、形は違えど、皆様にお伝えしたいものは共通しています。

是非今回の新作を実際に体感してみて下さいね。





1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6042
2月、3月、そして4月とせわしさが募る季節。
別れと出会いが交互にやって来る季節でもあり、また一年の切り替わりを付する季節でもあります。

現在当店ではPersonal Orderを開催中ですが、この季節にオーダーをするお客様の用途は大きく分けて二つ。

一つは仕事上ジャケットやコート、スーツを身に着ける機会が多い方、そしてもう一つがお子様をお持ちの女性方に於ける晴れの日の為の一着です。

日頃スーツやジャケットを着ない女性たちにとって、こうした機会に吊るしを購入する話をよく耳にするのですが、この季節のオケージョン対応のスーツは"想像以上に高額"。

とは言え、「誂えると高いのでは・・・?」とお思いの方も多いはず。
しかし実際デパートなどで売り場を覗くと驚くほどの価格が並んでいます。
勿論、価格の大小は在りますが、実際その時だけ身に着け、あとはクローゼットに収納では聊か勿体無い気がしますよね。

実は当店のお客様の中には、こうした機会に誂え、その後の装いにカジュアルダウンで楽しむ方が多くいらっしゃいます。

勿論、ブラックやホワイト等の生地を使った特別感のある物も、その後の装いに使い易く考えながらお客様と共に誂えるのも、Be Spoken(ビスポーク)たる所以。

会話ややり取りを介しながら、お客様の求める用途に応じて作る事がPersonal Orderの魅力でもある訳です。

しかし当店は「どんな物でも良い」というリクエストにはお応え致しません。

それはお客様が身に着ける事が、私達にとって多くの人々にアピール出来る機会。
つまりお客様が当店で誂えた物を身に着け、恥ずかしさを憶える様なものは誂えるつもりが無いからです。

いつでもお客様が「素敵」に見える事が私達の一番の望みであり、お客様が素敵に身に着けて下さる事が私達の小さな小さな誇りを満たしてくれるのです。

今日はそんな誂えに興味のある方、或いは過去にオーダーを頂いた事のあるお客様も含め、当店が考える『一着作るなら・・・』をテーマに、一つの選択肢をご提案します。

当店はトレンドを大きく反映するお店では在りませんが、要所要所に取り入れられる時代の潮目の様なアクセントを提案しています。

例えば昨秋冬にはブラックやオリーブ、ロングコート等がそうだったように、次なる1年のリコメンドをお客様方にお伝えしています。

その中で、今年の秋冬に皆様にお伝えしているのが、バミューダ丈のプリーツ入りパンツ(或いはガウチョパンツ)や、ミドルレングスのショートブーツ、更に

「ライトグレー」

による上下のセットアップです。

ここで言うセットアップとはジャケットとボトムスのセットアップではなく、ニットなどエアリーな素材を上下で組み合わせた

「ライトグレーのトップスとボトムス」

の組み合わせを指しています。

例えばアルパカやカシミアなどで作られたニットと、同じくニット素材で作られたラウンジパンツの組み合わせなど、一見コンフォータブルでルームウエアに見える様なセットアップにコート(それもトレンチやロングコート)を羽織ると言うスタイルです。

何故この話題に触れたかというと、春の機会に誂えるならば、これらのスタイルに合わせ易い物が良いと私達が考えているから。

そこでお勧めしたいのが、シャークスキンやシルク混ウール、モヘア混リネンなど、生地に表情があるもので誂える「グレー」のセットアップです。

IMG_7263
例えばこのロロ・ピアーナ社製Summer Timeの様に、ウール、シルク、リネンをブレンドした事によってシャークスキンの様に独特な表情が生まれる生地は、前述のグレーワントーンの組み合わせにもアクセントとなって生きて来ます。

IMG_7264
写真では非常に解り辛いのですが、立体的でシャリ感があり、また清涼感を感じる割にしっとりとした滑らかさも含まれるなど、ロロ・ピアーナのファブリックらしい独特な魅力が詰め込まれています。

IMG_7267
行事向けの方にはスカートとのセットアップを、またキャリア向けの方にはトラウザーズとのセットアップなど、ボトムを変えたり、或いは2ボトムス誂えるのも一つの選択肢になります。

IMG_7262
スカートをカジュアルダウンに使ったり、単体での出番が多い事は言うまでも無く、マルチに使えるグレーと言う色合いゆえのフレキシビリティを生みます。

IMG_7268
トラウザーズはジャケットやトップスの組み換え次第で使えるシーンがスカート以上に幅広くなります。
男性がグレーのトラウザーズを複数枚持つのには、こうした理由も多分に含まれています。

IMG_7265
もっとフレキシブルにマルチに使えるセットアップをと言う方には、リネンのベスト(ジレ)を「敢えて色を変えて」誂えておくと良いでしょう。

IMG_7266
単体での出番も多いベストはセットアップとは異なる色で作る事によって、Tシャツ等とのカジュアルダウンにも使える等、異なるシーンでの出番が多いアイテムでもあります。

この写真で使用したサンプルの他にも、グレーのトーンの中に収まる様々な生地が沢山揃っています。

IMG_7273
実は秋冬に比べ、凹凸感や味わいのある素材は、春夏の方が圧倒的に多く出て来ます。

IMG_7272
色の濃淡や微細な色の変化に及ぶ物も同様で、一見しただけでは単色にしか見えない物や、先日ご紹介させて頂いたソラーロの様な反射色の様な物まで、春夏は魅力的な生地が沢山出て来る季節でもあるのです。

IMG_7274
誂える事で伝わる、身に着ける人の表情や性格、職種が、選ぶ生地や形に顕れること。

昔、アメリカでは成功を目指すエクゼクティブは月収と同額のスーツやジャケットを身に着けると言われていましたが、こうした投資は人を判断するうえで大切な

ファーストインプレッション

を重視するからです。

とっても清潔な人が、洗濯のされていないヨレヨレの衣服を身に着けていても、それは周りにとって清潔には見えません。

とどのつまりは身に着ける物が相手に与える影響は多分に大きいと言う事です。

それらを加味しつつ、地味過ぎず、派手過ぎず、そしてフレキシブルに使えるグレートーン(それも表情のあるグレー)は、まさに誂えるのには打って付けの一着かも知れません。

IMG_7275
今回のPERSONAL ORDERで、何を選ぼうか、何を作ろうか、迷われている方がいらしたら、是非グレーの生地も選択の一つに加えて見て下さい。

想像とは違った仕上がりや表情が備わるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6044
2月だと言うのに小春日和を感じさせるような陽の光に、街中はいつもとは違い子供たちの賑わいが目立つ様に感じます。
この暖かさも今週いっぱいだそうですが、来週は再びニットの出番がやって来そうですね。

さて、季節は端境期を迎え、暦の上でも様々な行事が増える季節です。
特に当店のお客様方にとっては、キャリアの方々にとっては異動や新たな仕事、お子様をお持ちの方にとっては卒業や入学など、忙しい季節が始まりますね。

昨日もご紹介させて頂いたシャツのプレパック販売の様に、季節の始まりには複数備えておきたいものが増える訳ですが、今日ご紹介するのは、イタリアの老舗ファブリックメーカー「ALBINI」社のスーピマコットンを使用したカットソーです。

IMG_7198
今回当店が企画しているこのカットソーは、元々ポロシャツ様に作られた型紙を流用し、身体の丸みに合わせた立体的な形が特徴ですが、男性も女性も使えるカジュアルな一着として(ヘンリーネックではなく)バンドカラーの衿(と言っても極微なものですが)を持ったプルオーバー型。

実際入荷するのは少し先ですが、今回はこのモデルを女性に向けたサイズから男性に向けたサイズまで様々なサイズを作り、また色違いとしてホワイト、ミッドナイトブルー、ブラックの3色をご用意する予定です。

IMG_7202
このカットソーのおススメは何と言っても生地に採用したイタリア、ALBINI社(アルビニ)の作り出す

まるでシルクの様な光沢と柔らかさ

を持つ高品質の素材。

albini003
元々ALBINI(アルビニ)社は1876年に創業されたイタリアの三大生地メーカーの一つでもあり、イタリアの地名でもあるアルビニに住む人々は何かしらの形でアルビニの仕事に携わっていたとも言われるほど巨大な生地メーカーへと成長しました。

albini001
傘下にはTHOMAS MASON(トーマス・メイソン)社も抱える等、常に新しい挑戦と歴史に裏付けられ、長きに培われた技術や造詣を惜しみなく投じている生地メーカーでもあります。

albini002
このアルビニのスーピマコットンを使い非常に細かな目地によって作られた「滑らか」で「艶やか」なコットンは、このカットソーの表情を単なるカットソーと片付けるには惜しい素晴らしい魅力を放ちます。

写真では光沢が解り辛いのが残念ですが、今回のプルオーバーには男性、女性共に目から鱗の一着と成り得る魅力を持ち合わせています。

また着用時に感じて頂けるのが、この(極微ですが)衿を持つ事によって、ジャケットやカーディガン、ミリタリーなどカジュアルな羽織物でも、この小さな衿の存在によって見栄えが大きく変わってくれる事が皆様の期待を良い意味で裏切るものになってくれるでしょう。

IMG_6842
また今回のカットソーの他、夏頃には新たなディテールを取り入れたIL MAREらしい一着も検討しております。

毎日身に着けるシャツ、そしてカットソー、共に必要な時に買い足す事が出来る事の魅力を、改めて感じて頂けたら嬉しいですね。

この他、今年の当店は新しい企画が目白押しの一年となりますので是非楽しみにお待ちくださいね。


※今回のカットソーの生地を体感したい方は、明日16時まで店頭で触れて頂く事が出来ます。
ご興味のある方は是非お気軽にお問合せ下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7126
週末に合わせやってきた2月最初のイベント「St.Valentine's Day」。
街中を往くカップルを見ると、どこか意味有り気にストーリーを想像してしまう無粋な世代の私達ではありますが、今日は何処彼処このイベントを楽しみに変える姿が多い事でしょう。

今日はお客様からもヴァレンタインのお差し入れを頂きました。
嬉しい事にますます胃袋を成長させつつ更に仕事へ精進させて頂けそうです。(?)

さて、いよいよ今日からはパーソナルオーダーも始まり、既に店頭やメールなどで沢山のお問合せを頂く一日となりました。

今回は特徴的な生地が多い他、味わい深い玄人好みの生地も増え、男性、女性共にどの素材にしようか?と頭を悩ませる数日間となりそうです。

また今回のオーダー期間中は、直接パーソナルオーダーとは関係は在りませんが、日常的に使用機会の多いシャツやパンツなどの新たなご提案もさせて頂いています。

御洒落の中には「仕事上」どうしても外せない「考え方」があったりします。

それは日常的に半分は仕事着としての役割を担うもの。

そこには御洒落と着用頻度を天秤に掛けざるを得ない、とってもジレンマの働く時がありますよね。
男性も女性も仕事の上で欠かせないシャツの存在がその一つです。

中でも白のシャツを中心に、その日の中心を担う色があったりする訳ですが、仕事だけに限らず、日常的に白シャツとジーンズを自分の定番スタイルとする人もいます。

例えばTEEシャツを買うように、日常的に着ているとダメージの進み具合も早く、「あぁ、同じ物をもう一つ買っておけば良かった・・・」などと思う事、ありますよね。

当店スタッフもその一人で、昔から白のシャツや白のTEEシャツは、同じ物を複数買い揃える事が癖づいています。

それはどちらも「白」で、しかも「消耗品」として捉えているからです。

色んなブランドや誂えの白のシャツを購入しても、空気や肌、時間、その他色んな条件が重なり、衿や袖の汚れや擦れは、避けようのないものでもあります。

20021401
しかしこうした考え方は人それぞれで、割り切ってしまえば数千円のシャツを何枚も購入する人、常に同じオーダーが出来る誂えを使いリピート購入する人、或いは一着のお気に入りを念入りに手入れしながら、幾つかをローテーションしながら着る人、、、等々、その人の生活スタイルによって異なります。

当店スタッフの場合は、高品質のシャツ(或いは高価格のシャツ)も、低価格のシャツも、全て同じ扱いをします。

着なければ劣化し、着続けても劣化する、その結果、常に着続けながら手入れも行い、更に枚数を増やす事で何年も過ごしています。

実は当店のお客様の中には、同じ考え方をする人が意外と多くいらっしゃいます。
用途を分けるより、枚数を増やして一着当たりの劣化を防ぐのです。

そこで今回当店が企画しているのは、Agnelli & Sonsのシャツ(今回はウィメンズのみ)のリモデルに伴い、新型のシャツモデルを限りなくコストパフォーマンスが高く、更に2着セットにした「プレパッケージ」として販売しようと言うものです。

IMG_7213
前回のパターンから今回は細部に微調整を行い、ボタン間のピッチの拡大、袖丈の長さの延長

IMG_7215
更に衿型をセミワイドに変更し、より使い勝手の良いフレキシブルなシャツへと進化させました。

IMG_7216
特にボタンのピッチは、従来のシャツでは第1ボタンと第2ボタンとの間が少し狭目のピッチだったのですが、このピッチを変更し

IMG_7214
第2ボタン以下のピッチも変更する事によって、ボタンを開けた時のバランスを重視しました。
(従来のボタン位置はボタン間が覗く事が無くメリットも在りますが、今回はより女性らしさを優先)

この形を基本として、2枚セットにしてご購入頂こうと言う企画です。

IMG_7231
Aの生地はヘリンボーンの織り柄が美しい微光沢のあるコットンのホワイト。

D1ACC119-D7BB-41ED-8D92-A476512D1285
Bは同じくブルー、Cは立体的な微細な織目のグレー系、Dは艶やかさのある100番手双糸のカーキ、そしてEはオンオフに欠かせないホワイトとブルーのロンドンストライプです。

これらを予め2着のセットにプレパッケージするのですが、同色2着のセット、異色2着のセット、異素材2色のセットと、全て異なる組み合わせで販売をする予定です。

また、2月14日から18日までの期間のみ、ご希望のお客様にはお好きな組み合わせをお選び頂ける機会を設けました。

勿論、2枚セット+1枚でも結構ですし、仲の良い方や御家族と一着ずつ分けて頂いても良いですし、使い方は様々です。
(※同サイズ2着でのセット販売とさせていただきます為、異なるサイズの組み合わせはお断りさせて頂きます)

サイズ展開も、最小36、38、40、42、44(以降はご相談下さい)と幅広くご用意が出来ます。

価格については現在、生地や仕様などの最終打ち合わせを行っております為、現在予価ではありますが、1セットあたり3万円前半の価格に収まる様進めております。

仕事でシャツを着る機会が多い方、或いはジーンズに白シャツのスタイルが定番の方、是非今回の企画を有効利用して頂ければと思います。

※ご注文などご相談につきましては店頭までお気軽にご連絡下さい。
サイズの参考につきましてはオンラインストアのシャツの寸法をご参考下さい。
(袖丈は各サイズ2㎝長くなる予定です)

寸法の参考シャツはコチラから


更に今回ご提案の生地は(カーキを除く)後から買い足す事が出来ます。

つまり必要な時に買い足す事が出来る、一種の安心感があります。

(生地や作りの)コストをただ単に下げるのではなく、ディテールへの拘りや作りなどを変えず(衿の中に接着芯などを使ったりせず)、新たな定番提案の一つとして、今回のシャツがあります。

今回新型を作る為に、拘り続けた箇所が幾つもありますので、是非ご興味のある方は店頭まで。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ