IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:501®

IMG_9717
台風の迷走によって各地でおかしな天気が続いている今週。
私達の住む長野地方はフェーン現象の影響か、猛暑が続く毎日となっています。

深夜の涼しさは幾分秋のそれを感じさせるものになり始めましたが、日中の暑さとの気温差は広がるばかり。
その影響からか、店頭にも今シーズン最後のセールをご覧に訪れる方も少なく在りません。

そんな残暑と共に晩夏の進む装い充実に欠かせないアイテムが到着を始めています。

levi's_history001
かつて労働者の為に生まれた作業着をルーツに、世界の全てのジーンズの原点であり、世界で初めてジーンズを生んだブランド、『LEVI'S』。

今やジーンズは第二の皮膚と言っても過言ではない程、その存在を知らない人も、穿いた事の無い人もいないであろう『ジーンズ』。

IMG_0091
その全ての原点であるLEVI'Sは、これまでも様々な販売チャンネルやカテゴリーによって多くの人の目に触れて来ました。
然しLEVI'Sの新たな変革期を迎えようとしている今、それらは限定されたチャンネル、統一されたカテゴライズによって、古くも新しい姿へと変わりつつ在ります。
(※当店は正規代理店商品を販売しております)

世代の枠を超え、改めて再認識され始めているLEVI'Sは、その取り入れ方にも異なる装いがあり、またどんな装いの中心にも在る存在。

今年から新たに当店のラインナップに加わるLEVI'Sも定番を中心に様々な切り口を用意していますが、今回初めに到着したのが定番で名品である501®を基本に、レングスを短く仕上げた(ある意味日本人には丁度良い)モデルと、同じく定番的存在でもあるデニム素材のウエスタンシャツ。

IMG_0104
501®と言えども、そのディテールは年々変化を続け、様々な魅力を持つ物に進化を遂げて来ました。
世界大戦時代のそれから始まり、ジーンズフリークにとっては細分化された細かな品番で呼び合うなど、それらは最早マニアの世界に。

当店の女性にとって、それらは余り関係ないのですが、兎にも角にも今時をカッコよくスタイル出来るジーンズが最優先。

IMG_0089
このモデルもまたこれまで扱ったどんなジーンズとも似て非なるものであり、古き良き時代の「デニム」素材の感触やオンスを体感出来る物の一つである事は言うまでも在りません。

IMG_0106
今日ハイライズと称される呼び名も、元はと言えば501®の時代にはレギュラーポジションだったもの。
つまり、このジーンズもまたハイライズと取られる方も多いのかも知れませんが、それはサイズの選択次第で如何様にも成り得るのです。

IMG_0100
股上の下を余らせるように履けるサイズを選べば、それらはスラウチーなシルエットに、またフィット感を求めれば、それらはハイライズとして使える事になります。

これは最早どんなジーンズも同様の事が言えますね。
むしろ当店のお客様にとって、この説明は不要の定石。

IMG_0103
今回のモデルではクロップドレングスと共に、膝へのリップ(裂き)を与え、コットン100%のデニム生地で無ければ味わえない独特な重みのあるダメージと、丹念にストーンウォッシュされた生地の色合いが501®独特の味わいを作り出しています。

IMG_0099
先ずは現代に甦る501®が、どんなシルエットになるのか、またどんな生地に触れられるのかを確かめてみて頂きたい一本です。

IMG_0093
同じく古くからラインナップされているデニム素材のウエスタンシャツも、このモデルでは裾の三巻(タタキ部分)を解いた仕様を採用。

IMG_0096
何てこと無い仕様も、デニム生地独特の色や味わいは、他では感じる事の出来ない魅力と、この三巻解きによって作られる全体への軽快感やスタイルの愉しみ方はこのシャツならではと言えそうです。

IMG_0091
絞り過ぎる事の無い適度なシェイプはCLASSIC FITとして女性のシャツに適用されています。

IMG_0134
上下デニム素材のスタイルも、この揃った色合いならでは愉しめる組み合わせ。

IMG_0135
飾りもシンプルに、パンプスだけを加える事で昇華する

デニムのセットアップスタイル

当たり前の組み合わせにも、KING of JEANSの息遣いを感じさせる魅力が在りますね。

IMG_0090_1
これまで世に送り出されて来た多くのジーンズも、原点はLEVI'S。
ジーンズの象徴でもあるLEVI'S再考を是非この機会に味わってみては如何でしょうか。

我々世代にとって

"THE JEANS"

こそLEVI'Sです。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月・9月の店休日】
8月28日、9月6日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_8622
春の陽射しが眩しく感じられる今日14日、巷はWHITE DAY。
世の男性方が世話しくお返し探しに右往左往する一日。

と同時に、御子様をお持ちの方々にとっては卒業式などのセレモニーが、また確定申告も押し迫った一日と言う事も相まって、往来には、心なしかいつもに増して、時間を気にしながらの人々が多い様に感じられました。

IMG_8082
兎にも角にも、春の兆しと忙しさは今週を境に大きく舵を切りそうです。
皆様、くれぐれも体調を気遣いつつ、今週を乗り切って頂きたいと思います。

さて、店内では、セレモニーなどの需要がひと段落し、先般よりご紹介させて頂いております各ブランドのジーンズを中心に、カジュアルな装いに動きが集まってまいりました。

IMG_8481
春、そして夏が近づくと、自ずと増えてしまうジーンズと白いアイテムの組み合わせ。

IMG_8487
ジーンズが持つ独特な質感と好相性の白は、シャツやカットソー、様々な組み合わせが簡単に魅力的に見え、尚且つ誰もが素敵に見える第一歩的存在。

IMG_7959
今季も白のアイテムが数多く揃い始めておりますが、コンフォートなラグジュアリーウェアが求められる我々世代に在って、このBRAEZのメッシュ編みのニットは、海を連想させるテイストを持ち、尚且つラウンジウェアを得意とする点からも、この春夏にお勧めの一着。

IMG_7971
オーバーサイズフィットをディテールにしながら、袖回りや腰回りに大袈裟なボリュームを持たせない事によって、だらしなく見えてしまいがちな、この手のサイズ感を見事にクリアしています。

IMG_7964
また素材に凹凸のあるスラブコットンを撚り合わせた糸を使用している為、柔らかく心地良いだけではなく、素材から発する上質感も感じさせてくれます。

IMG_7973
夏を前に多くのスタイルに取り入れ、レイヤードを楽しめるこのニット、これから沢山活躍の場を広げてくれそうです。(白の他にも計4色が揃っています。)

IMG_8623
同じく白のアイテムで忘れてはならないのがクラシックなスニーカー。
当店にとってスタイルづくりに、切っても切り離せないのがSUPERGA。

IMG_8628
既にお持ちの方も多く、シーズンごとに購入するリピーターが大半の定番2750。
今季ご提案する2750は、一見したところでは何ら変わりない、いつもの形ですが、実は秘密が在ります。

IMG_8620
それは、このインソール。
通常使われるインソールに対し、約3㎝の厚みを増したヒールアップのインソールが仕込まれています。

10296601_7
その為、身長を高く、脚を長く見せる事が出来る、まさに女性にとって願ったり適ったりの一足なのです。
見た目からは解らない、その仕様も大切なファクター。
これ見よがしなヒール付きのスニーカーよりも、より自然で、さり気なく振る舞えるお勧めの一足です。

IMG_8233
その他にも、メンズ、ウィメンズ共に白のアイテムが沢山揃っている店内。

IMG_8235
この写真のDrumohrの様に、メンズアイテムにもサイズゲージを極端に小さく仕上げた事によって、女性にも着て頂ける様に作っている物も含めると、白のアイテムだけで沢山の選択肢が在ります。

IMG_8239
また男性にとっても重要な白のアイテムは、こシャツ、ポロシャツ、そしてニット、スニーカー、ボトムスと多くのアイテムで、今年も白を基本に始まっています。

IMG_8238
ご自分用、パートナー様用、さり気なく取り入れる色だからこそ、特徴的な素材、ディテールを選びたいもの。
今年の春を、これから始めると言う方は、是非最初の白を吟味しにいらして下さいね。

IMG_8587
シンプルに白を効果的に使う春夏の装いは、特に素材のバリエーションを沢山揃えておくと便利です。

今週末には更に白のアイテムが増える予定です。
是非皆様のご来店をお待ちしております。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_c2964d
春はオシャレが楽しい季節!
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
少しずつ春の装いを揃えて見ては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月15日(木)、29日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/3/14
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_8058
春の嵐が去り、ようやく穏やかな毎日へと加速を続ける今週。

店内の春物も矢継ぎ早に勢いを増し、実用性や魅力の高い物から次々と姿を消し始めています。

IMG_8557
中には完売の続いていた商品の再入荷や、或いはシーズン前からお待ちかねだった様々な新作に沢山のお問合せを頂いており、来る春の装い充実へ向け、皆様余念が在りません。

そんな新作ラッシュの今週ですが、今日は日常的、季節的に最も出番の多い素材『デニム』にフォーカスしてみました。

実は昨年の夏頃から、当店が頻りに口にしていた物、それは『原点回帰』なるファクター。

ある種の保守的偏重を見せる昨今のコンサバティブにとって、イタリア、フランス、アメリカ、国の垣根を越え、今再び「オーセンティック(本格的)」を求める風潮が顕れています。

その中に含まれるジーンズとしてのオーセンティックが当店が求める『王道リーバイス』。

今から遡る事約10年前、当店がデビュー後間もない小さなブランドだったRED CARDの取り扱いを始め、その時初めて『ボーイフレンドデニム』と言う言葉が産声を上げました。

その後、言葉が独り歩きを始め、今となっては「ボーイフレンドデニム」と言う言葉を何の疑いもなく口にし、耳にする事が当たり前となりました。

元々、ボーイフレンドデニムとは、女性が男性のジーンズを拝借して穿いている様なスタイル(サマ)を指し、つまり体にフィットしたジャストサイズのジーンズではなく、腰回りから裾までのゆとりがある物を、腰に掛けて穿く姿が、それでした。

これを更に紐解くと、RED CARDの創始者である本澤さんは、元々リーバイスに就職を希望しながら、当時のリーバイスでは募集が無かった事から、当時のEDWIN社へ入社。

その後、頭角を現し、数年後改めてリーバイスへ籍を置く事になった経緯が在ります。
(実際にはその他の様々なブランドのプロデュースに尽力をされています)

つまり、リーバイスの世界定番である501®にオマージュを抱き、それらが具現化された物が、当時のRED CARDの主力モデルVintage Straightでした。

メンズのジーンズを基本としたシルエットはまさに「ザ・ストレート」、更に腰裏には尾錠まで設けられる凝り様。
当時はまだプレミアムデニムが隆盛の時代であり、その中で異質にも感じられる面が多かった様に思えます。

然し、時を超え、今こそ当たり前のシルエットの一つとして数えられる様になった、このシルエットも、元を辿ればヴィンテージのリアルリーバイスを夢見た物が、コスト、仕様、それら全てを一つにした物である事が窺い知れます。

話は前後しますが、当店が考える、この着地点こそが『リーバイス 501®』でした。

IMG_8051
先日、これまで行われる事の無かったリーバイスの展示会(※それまでは展示会そのものが無かったそうです)へ伺い、長い時代の変遷の中で生まれ変わった、現代のリーバイスの何たるかを見て来ました。

その時代ごとにリファインを繰り返し、常に新しい年代の、新しいフィットへと移り変わる501®も、現在は日本のライセンスではなく、米国による企画(生産はアメリカ、アジア諸国など様々)によって、ジーンズ本来の魅力を高める物へと進化をしていました。

ジーンズブランドは数多在りますが、そのブランドごとに得意とするシルエットやディテールが異なり、またそれらを常に研究し、新しい物を作り出す、その連続がジーンズブランドには課せられています。

しかし、リーバイスには501®と言う、100年以上も変わらない世界で最も有名なブランドが在り、それはまさに当店が考える『原点回帰』で在るのだと言う事を、改めて感じたのです。

今回リーバイスのオーダーに際して、実際の入荷開始は秋(8月以降)ですが、その前にまず皆様に触れて頂く為、急遽ウィメンズの501®を2種仕入れてまいりました。

IMG_8470
全てのジーンズの基本でもある、ストレートシルエット、ボタンフライ、紙パッチ(革も在ります)、アーキュエイトステッチ(ヒップの弓形のステッチ)、これらに代表される501®、それもコットン100%の12オンスのデニムを使った2モデルが今回の入荷です。

IMG_8471
色や加工の違いは在る物の、今回仕入れている2モデルに共通するのは、共に(予め)裾がターンナップされている点。

IMG_8472
勿論、伸ばした状態で穿くのも良いのですが、敢えて太幅でターンナップされた状態をクロップドレングスとして愉しむ、そんな意思が受け取れるモデルです。

IMG_8474
もはや説明不要かも知れませんが、通常穿くサイズの1つ上のサイズを選ぶ事によって、腰回りが自然に落ち、股上長によるスラウチーな状態が作られます。

IMG_8475
コットン100ならではのラギッドな魅力は、色落ちだけではなく、加工痕にもストレッチのそれとは違ったリアルな表情が生まれます。

IMG_8479
何より501®の魅力は、この下がり目位置に来るヒップポケットの場所。
大きく、直線的なポケットの形状は、女性のヒップをタイトに見せるだけで無く、臀部と腿の境目を無くす、見えない効果も在ります。

元来ジーンズが好きなお客様が多い当店。
過去十年以上もの間、様々な国、ブランド、シルエット、素材に触れて来た方が多い分、「今何故リーバイスを?」と思われる方は多くないと思います。

常にいつの時代も主役であり、また様々なスタイルとの共存に不可欠であるジーンズの存在は、改めて王道(リーバイス501®)を知り、その他のブランドの持つ魅力を再発見する事が出来る、言わば検証の場。

これを機に是非一度、原点回帰を味わってみて下さい。


さて、デニムと言えば、季節的にもデニム素材が積極的に増える当店ですが、今季は様々なデニムアイテムが揃い踏み。

IMG_8495
このヘビーオンスのデニム生地(コットン100%)で作られたシングルトレンチは、その言葉からは想像出来ない程、重い印象は無く、むしろ女性的で新しい魅力を見出してくれる一着。

IMG_8503
大きく開くボリュームのある衿、立体的な首から肩回りを作る台衿、曲線的な袖回り、味わいを生むフリンジ処理など、その一つ一つが組み合わさる事によって、このコートが唯一無二に成っています。

IMG_8498
このコートはPranoia Paradisoによる物ですが、自立した強い女性像を感じさせるアイテムが多く、それらは素材やディテールにも表れており、このコートはまさにそれらを体現する一つ。

IMG_8497
丹念に洗いを繰り返されたデニム素材と強固な素材の仕様、そのどれもがこのコートでしか作られない魅力として養われています。

IMG_8539
全身をデニム素材で組み合わせても、それらからグランジ的な野暮ったさは無く、ここにも女性らしさが感じられる、何か不思議な魅力が在ります。
(写真使用商品:コート/Paranoia Paradiso、シャツ/AG、ジーンズ/RED CARD)

IMG_8540
ワイドに立つ衿は、台衿の確保による物と、緩やかにカーブを描くラペルのカットなど、良く考えられて作られている事が直ぐに解ります。

IMG_8542
統一感を『デニム』のみで作るのは、そう簡単ではないのですが、このコートの場合には、それがいとも簡単に行える程、全てをスポイルしてしまいます。

IMG_8543
新しい季節に向けた一着は、ダウンベストを組み合わせるなど、アイディア次第で通年使える物にも成り得ます。

デニムにフォーカスした今日のブログの中に登場する全てのアイテムが、そのブランドが得意とする魅力を発しており、またそれらに袖を通す楽しみも湧かせてくれます。

IMG_8509
その他にも、デニムと相性の良いバッグやカットソーなど、常に脇を固めてくれるアイテムも揃い始めています。

IMG_8512
バッグ一つにも、特徴のある物がシンプルな装いに変化を与えてくれる事は言うまでも在りません。

6DDD85BF-A961-4636-A181-2DF09BD47E37
このバッグもまたフィッシュネット風のメッシュと、キャンバス地の巾着を組み合わせた個性的な物。
シンプルな装いだからこそ活きる一点ですね。
(写真使用商品:バッグ/Paranoia Paradiso、シューズ/adidas)

IMG_8517
またトートバッグも先般ご紹介させて頂いたFinger Fox And Shirtsは、サイズを変える事で見た目の印象も変わります。

IMG_8533
この最大サイズは横幅が60㎝を超える大きさで、男性にとっても少々大き目なサイズですが、ショルダーストラップを使って斜め掛けしたり、或いはサイズ違いで揃えて遊びに、旅行に愉しむなど、こちらもまたアイディア次第。

973C03E9-10C2-47F2-8724-089BF0CCEDB7
その他にも、防水性の高いSutterheimのコート等、ジーンズとの相性、日常的な装いへの取り入れやすさなど、想像出来る多くのシーンで活躍するアイテムが、続々と揃っています。
(写真使用商品:コート/Stutterheim、ニット/Pringle×Nick Wooster、ジーンズ/Richard J.Brown、シューズ/Di Mella)

今週から気温は更に上昇傾向となり、気分も次なる休み、次なる遊び、そして次なる季節へと向かいます。
是非今週は、更なるスタイルアップ充実、そして新たなアイテムの出会いを探しに、店頭へいらして下さいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_c2964d
春はオシャレが楽しい季節!
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
少しずつ春の装いを揃えて見ては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月15日(木)、29日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/3/13
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ