IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:秋冬

PO_vol2_020
現在実施中のPERSONAL ORDER。
昨日は新しい形のジャケット等をピックアップしましたが、今日は同時開催のバッグのオーダーについてです。

IMG_2103
当店顧客様にとってはお馴染みとなったATELIER LAVAのオーダー。
その魅力はヤハリこのブランドの持つ技術や革質に裏付けられた様々な存在価値ですが、これまで従来のモデルを基本に行って来たオーダーに、新たに2つの新型を加えての開催となった今回。

IMG_2104
更に今回のバッグのオーダーの同時開催は、ジャケット等と共に合わせて作るという、組み合わせでの発想も提案しています。

昨日の新型のジャケットもそうですが、いつの時代も変わらない魅力を持つ形ってありますよね。
今回は同じように変わらない魅力を持つ形やサイズをお願いし、今回の開催へと結びついています。

IMG_2105
これまでにも存在していたオータクロワ型のバッグに加え、新たにお願いしたのが、この底辺35㎝のバーキン型。

IMG_2106
誰もがピンとくる、この形を選りすぐりの革で職人の手によって作り上げると、そこには使い易さと手に伝わる革のタッチが直に伝わる物に仕上がりました。

IMG_2107
もともと1968年以降、メゾンブランド等の革製品も手掛けて来たATELIER LAVAは、革製品の聖地と称されるボローニャに工房を構えています。

IMG_2108
そこには一つ一つの革やパーツへの拘りや品質は勿論のこと、職人の精緻な手作業が窺える箇所が幾つもあります。

IMG_2109
こうした手練の人々の手を借りて作られた35㎝のバーキン型、本家H社の中でも最も人気が高く扱い易いサイズとして常に人々の視線を集めている訳ですが、この手のバッグを模って作るブランドは数多あり、そのどれもが得意とする仕事を中心に作り上げていると思うのですが、ATELIER LAVAにはATELIER LAVAらしさを感じる仕上がりが確かにありました。

IMG_2110
そこには、もともと無駄を省いた機能美を表現するLAVAらしい細部や内部に至るまでの緻密な作りや、何よりこのブランドが最も重用している、この革質の恩恵があります。

IMG_2090
手に優しく、しっとりと手のひらに馴染む革の表面は、LAVA独特の感触を得ます。

IMG_2092
またこの形を柔らかな革質で作る事によって生まれる独特な質感や、少々の雨でも気にせず使える高いユーティリティも含め、日常のバッグとして実に申し分のない一つに仕上がっています。

IMG_2093
また今回はこのバッグの為に、革色を(指定部分)変えてオーダーする事が出来ます。
ハンドル、ストラップ、四隅のトリミング、本体、またケースによっては上蓋部分のみ色を変える事も可能に致しました。

IMG_2102
使える革色は実に数十色。
昨日のジャケット同様、このバッグのオーダーにも、お客様のセンスや個性が表現される物になっています。

IMG_2111
今回の新作の中で最も目を惹くこのバッグ、是非皆さんの個性を表現する物に仕上げて頂ければと思います。

IMG_2098
もう一つの新作が、こちらのショルダータイプのバッグ。

IMG_2099
本体には柔らかく高品質なシュリンクレザーを用い、ストラップパーツには堅牢性抜群の太幅グログランを採用し、革の迫力に負けない実に魅力的なストラップになっています。

IMG_2100
このバッグは背面部分のD管でストラップを繋ぐ方法を取っている為、ストラップを外した時にはクラッチバッグとして、或いはマザーバッグ(マザーズバッグではありません)の中に仕込むポーチ(バッグインバッグ)として等、用途も多岐に渡ります。

IMG_2101
財布などを中心に荷物が小型化している昨今、この手のバッグの需要は非常に高まりを見せています。
男性も女性も、『丁度良いサイズが中々無い…』と嘆いていらっしゃる方も多かったのですが、今回の新作はまさに痒い所に手が届く物になっていると思います。

IMG_2096
ストラップは長さの調節が出来るので、男性女性でシェアするのも良し、またバッグとしての機能性も申し分なく、実用性の高いバッグになりそうです。

IMG_2097
(着用写真:身長150㎝スタッフ)

IMG_2126
また従来のモデルでも同様の使い易さを持っているモデルがあります。
この2WAYタイプのショルダーは、まさに同様のユーティリティを持ちます。

IMG_2128
二つ折された本体に、隠されるように設けられたD管を介してストラップが付き、つけても外してもサマになるバッグ。

IMG_2129
何より荷室量が多く、ちょっとした小型のトートバッグ並みに荷物が収納されます。

IMG_2127
穏やかなペールトーンも良いですが、この秋冬はブラック等も魅力大ですね。

IMG_2130
同じく従来モデルで人気の高いのが、この2WAYトートの形。

IMG_2132
開口部を締める事が出来る為、形状が全く異なる二つの顔を持っているバッグです。

IMG_2131
バッグに硬さを求める方が少なくなっている今、こうしてフレキシブルに使える、柔らかなテイストのバッグは、まさに理に適った物と言えそうです。

男性のお客様にとっても、巾着の代わりに持ち歩くのに相応しいサイズで、大きさは大きすぎず、小さすぎず、丁度良い按配のサイズ感。

少し派手な色を使って存在感のある物に仕上げても良いですね。

IMG_2133
またビジネスを中心にお勧めしたいのが、このブリーフケースのモデル。
このバッグの魅力は中身の荷物を散乱しないよう作られている点、内部に低反発材を用いている点、更に外側(両表)に設けられたスリット状のポケットが非常に使い易い等、お仕事やショートトリップの多い方には、まさに打って付け。

IMG_2136
頑丈なストラップパーツ(金具)や、ショルダーパッドも肩への負担を軽減する等、お仕事を中心に機能性を発揮してくれる、またとないバッグです。(過去の記事もご参考ください)

IMG_2135
金融関係の方や書類の多い事務や行政関係の仕事、常に多くの書類やタブレットを持ち歩く方にもお勧めです。(※15インチサイズのノートPCが収まります)

IMG_2137
そして、今後コロナ禍が明けたのち、或いは現在もビジネストリップやショートトリップが多い方にお勧めしたいのが、この半円ボストンタイプ。

実は当店スタッフが最も惚れ込んでいる形の一つで、この半円状の形状によってファスナーが開け易く、中の荷物を取出し易いという実用的なメリットもあります。

IMG_2138
ハンドルの堅牢性に加えて、スライダー(引手)の作り、また前後に異なる形状のアウターポケットを持ち、異なる用途に対応する等、ATELIER LAVAが得意とする機能性が最も感じられる一作です。

IMG_2139
片方のポケットは本体の形状に沿った半円のファスナー式。
Wファスナーで非常に使い易い仕様に。

IMG_2141
反対側はシークレットマグネットを使ったスリット状ポケット。
実はこれが非常に使い易く、中央のファスナーを開けるまでもないという荷物を入れるのに相応しい箇所で、荷室量が大きいのが魅力。

二か所で留められたマグネットはシッカリ、カッチリと本体にフィットした状態を保ちます。

IMG_2140
実は男性のスタイルには、バッグにボストンバッグ(キャンバスボストンやレザーボストン)を、日常的に使うケースが増えており、海外スナップや海外の著名人のSNSでは、度々ボストンバッグを普段使いしている様子が見られます。

大きさは一般的なボストンバッグより一回りも二回りもコンパクトなので、お仕事での利用にも適している他、日々のバッグとして使うハードな用途にもお勧めです。

今回で4回目を迎えるATELIER LAVAのPERSONAL ORDER。
これまで様々なオーダーをくださったお客様にも、新たな提案が適えられる他、まだ試された事の無い方やご存じなかった方にとっても、改めてこのバッグたちの素晴らしさを知って頂く良い機会。

是非今回のオーダーを今後のスタイルアップに役立ててください。
(※納期はおよそ12月~1月初の予定です)


期間は9/16(木)から9/23(木)まで。(最終日は15時終了)
洋服のオーダーでのご来店の場合は予めアポイントの取得が必要となります。
(バッグのオーダーは不要)
詳細などについてはお気軽に店頭までお尋ね下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、14日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


PO_vol2_011
涼しい朝晩が増え、徐々に秋の兆しが強まってきている今週。
店内にはニットやアウターも増え、少しずつ秋冬の装いを手にする方が増えています。

そんな秋の兆しが進む今週は、この秋のPERSONAL ORDER第二弾がスタート。
(今回はウィメンズが中心です)

今回開催する第二弾では、新たな形や仕様を用いた物の他、同時開催でATELIER LAVAのオーダーも行います。

今日は先ず、Clothing(洋服)の方を取り上げて見ようと思います。

IMG_2176
90年代ファッションの再興が叫ばれて久しい昨今ですが、当店にご来店の方々の多くが、当時のそのままの装いを取り入れるのは如何な物か、と思いかと思います。

然し乍らいつも変わらない装いで在る物もしばしば存在する訳ですが、いつの時代も華やかさと味、更にはヴィンテージ感すら漂わせてくれるシャネルジャケットの形は、好き嫌いはあるものの、カットソーやニットにジーンズといった鉄板の組み合わせに於いて、廃れる事なく居続けています。

IMG_2177
しかし、現存する多くのシャネルジャケットには(表現としては良く在りませんが)粗悪な生地や縫い方によって、ただただ形だけが”そうある”と言うものが少なくありません。

そこで、”由緒正しい生地を使った由緒正しい形”を皆様にご提案するべく、英LINTON社のツィードを使った、シャネルジャケット(数型あります)を、オーダーサンプルとしてご用意。

これが今回の新型の一つです。

IMG_2183
LINTON社については、これまでもドレスやスカートなどで度々皆様にお伝えして来ましたので割愛させて頂きますが、やはりLINTONのツィードは独特な表情や色、ボリュームがあり、それらを使ったシャネルジャケットは、まさに適材適所とでも言うべき、適えられた素材。

IMG_2184
今回、LINTON社の生地約100数種の他、イタリアやイギリスのファブリックメーカーの生地、更にはThomas Mason等のコットン生地等、お客様の想像するテイストを一つのジャケットにするため、様々な生地を用意いたしました。

IMG_2165
今回、この新型では、生地の選択の他、縁を作る”ブレード”と呼ばれる、刺繍生地やグログラン生地などの他、フリンジ処理した縁など、多彩な仕様変更を可能にしています。

IMG_2166
勿論、着丈を変えたり、ポケット数を増やしたり、或いはボタン(数十種あります)を付けたり、付けなかったり、お客様が考えるシャネルジャケットに対する様々なディテールを取り入れる事が出来ます。

IMG_2168
ブレード部分は素材や色のバリエーションが在る為、使いたい生地に合わせた色や素材を用いることは勿論、全てを一色で統一する事も可能。

IMG_2167
この手のジャケットの魅力は、何と言ってもカジュアルダウンした時の見栄えや、長く着続ける事によって生まれるヴィンテージの様な風合いなど、長く着続ければ着続ける程、独特な風合いや魅力が増します。

IMG_2169
現在店頭にはサイズゲージ(サンプル)のバリエーションごとに異なるパーツや仕様を使った物がありますが、ただ採寸するのではなく、お客様の着たいシルエットや着心地を再現する事が出来る、新たな職人との取り組みになります。

IMG_2170
昨年皆様からご好評を頂いたスカートやドレスを誂えて下さった、あの職人さんの手によって作られます。

IMG_2172
特にこの写真のようにフリンジ処理をしたトリムは、全てを手作業で行う為、数日かけて一着の縁を作り上げて行きます。

IMG_2173
手作業でしかできない仕事を、パーソナルオーダーで表現するのは、ともすると一着の服を丸縫いするのと同じだけ時間も労力も費やすのですが、それらを(これまでと)同じ価格帯で提供できるのは、何より職人さんたちによる企業努力としか言いようが在りません。

IMG_2174
”良い”ものには、何かしら必ず理由があります。
そこにブランド至上主義は無く、良いファブリックを選定し、良い縫子さんたちの手によって、縫い上げて頂く、それこそが全てです。

IMG_2175
セレモニー様に、ではなく、ジーンズやドレス(ワンピース)のセットアップとして作り、長い人生を共に歩み、時間と共に風合いを作りだして行くものになるでしょう。

IMG_2180
今回は数あるボタンの中にLINTON社製のメタルボタンも用意し、オリジナリティに拘りたい方にとっても、ちょっとしたアクセントとして選択肢が増えています。(その他にもボタンの種類は沢山あります)

IMG_2182
またジャケットの形としては、前出のシャネルタイプ(ラウンドネック)の他にも、シャツ衿タイプの物や、フードを擁した物など、様々な形があります。

ブレードも刺繍(ロープ)やグログラン等々、組み合わせが、過去のテーラードジャケット以上に広がっています。

IMG_2158
また今回新たに加えた型には、ご覧のようなスリーブレストップもあります。
これはスカート(タイト、フレア)とのセットアップでも良いですし、ジャケットとのツーピースでも良いですし、単体インナーとして作るのも良いですし、こちらもまたお客様の想像に合わせたスタイルが可能になる一着です。

IMG_2159
サンプルはLINTONのツィードを使用していますが、これらをThomas Mason社のガーゼ質のコットンにしたり、ハリのあるウール素材やフランネル素材を使っても良いですし、お客様のセンスやスタイルに合わせたオーダーが可能になります。

IMG_2160
この形としては、衿型でラウンドネック、Vネック、ボートネック、クルーネックの4種類で作る事ができます。

IMG_2163
また春夏も意識してオーダーされる方には、裏地無しの仕様も選択が可能になります。
(※LINTON社のツィードには春夏秋冬の概念が在りませんので、どの季節にも色んな混紡生地が新着します)

IMG_2164
秋冬はボリュームのある素材を選んだり、春夏には軽めの素材を選んだり、はたまたインナーとしての利用を優先する方には、所謂スーツ地を用いる事で、よりインナーブラウス的な要素が強くなります。

IMG_2187
LINTON社のツィードにも写真のような爽やかな色合いや薄さがあり、存在感のある一着を作るのに最適な生地が沢山揃います。

IMG_2188
秋冬だけに限らず、春夏も意識される方ならば、シャネルジャケット同様にジーンズとの相性で生地や色を選ぶのもお勧め。

IMG_2185
この写真のような単色異素材のツィードならば、ジャケットとインナー両方を作るのも良いですね。

IMG_2186
今回のLINTON社の生地、そして常備する数百の生地を併せると、無数の組み合わせが適う他、ブレードやボタン、各部の処理など、多くのディテールに、お客様の意思、要望が取り入れられる物となります。

或る意味、お客様のセンスが顕れるオーダーと言っても過言では無いかも知れません。

決まった形を生地違いだけで誂える物と違い、色の表現だけでも個性が顕れるLINTON社の生地、そしてブレードやパーツとの組み合わせ。

その全てにお客様の拘りや表現が形になる機会です。

IMG_2162
今回、このスリーブレストップについて当店が最も皆様にお伝えさせて頂きたいのが、この背面のファスナーバックの部分。

通常背面首から肩甲骨付近までで終わるファスナーですが、今回のトップでは腰の上スレスレの位置まで開く様になっています。

これが何を意味するか?と言うと、ある種のコルセット効果もありますが、脱ぎ気がし易いだけではなく、身体を綺麗に補正してくれる役割や、身体に沿った物を作りたい方にとっても、実に必要不可欠なディテールです。

勿論、ピッタリしたくない方には、不要の部分ではありますが、誂える事の意味が、こうした些細な部分に生かされる事は、既製品や他では得られる物ではない一つの着目点です。

IMG_2178
今回、新たに加わるこれらの新型の他にも、今シーズン人気を博している新型ダブルブレステッドなど、これまで同様のオーダーも承ります。

いつもとは違った一着を、或いはセレモニーにも使える一着、ジーンズと共に歳を重ねて行けるジャケットを、などなど、思い思いの装いを愉しむ方へ、新たに提案するPERSONAL ORDERを是非お試し下さい。


尚、冒頭でもお伝えの通り、同時開催でATELIER LAVAの新型を含むバッグのオーダーも行っています。

IMG_2102
ジャケットと共に作るバッグ、色やテイストを揃えたり、全てを新調したり、色んな思いと共に始まる新しい秋冬シーズンに、是非ご利用下さい。

(バッグのオーダーについては明日のブログでご案内いたします)


期間は9/16(木)から9/23(木)まで。(最終日は15時終了)
オーダーでのご来店の場合は予めアポイントの取得が必要となります。
詳細などについてはお気軽に店頭までお尋ね下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、14日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0747
気温差の激しい今週。
9月に入り急激に気温が下がったかと思いつつ、雨の上がった今週は再び30度超えの毎日が続いています。

今シーズンは高品質なカットソーやTEEシャツで始まり、まさにこの気温差はタイムリー。
その多くがまるでシャツのような質感の物で占められており、夏のTEEシャツ姿とは違った、大人らしい装いが適えられます。

特にお勧めなのがLequalの各カットソー。(リンクあり)

30ゲージを超える、シャツでも高品質な糸を使って作られたカットソーは、触れた瞬間から直ぐに違いを感じさせます。

暑さ涼しさが交互にやって来る9月は、このカットソーは打って付け。(メンズ、ウィメンズ共用)
これらを中心にレイヤーを考えると、意外なほど簡単に毎日の装いが考えやすいかも知れませんね。

気温差がある今だからこそ、これらに加えて置きたいのが、やはり心地良いストールなどネックウェア。

C74CBA38-86E9-410D-8CF5-2853662507F7
説明不要Destinのバンダナは(ウィルス除去率99.99%)コロナ禍の今こそ欲しい一枚ですが、秋冬は特に襟元を飾る為に数色は揃えて置きたい存在。

特にタートルネックやクルーネックのトップスが増えれば増える程、衿元に色合いを取り入れたくなりますが、そんな時もっとも使い易いサイズがこのバンダナでもあります。

またDestinでは、今シーズン新たにオーダーしたシルク×カシミアのストールもあります。

IMG_0629
シンプルなTEEシャツやカットソー、更にはデニム素材のシャツ等、使い易いサイズのストール(スカーフサイズ)は、一枚持って置くと非常に便利な存在。

IMG_0633
シルク×カシミア特有のふんわりとエアリーな感触と、滑らかで柔らかなタッチは、長らくこれらを作り続けて来たDestinには一日の長を感じるほど上質。

IMG_0630
シンプルなカットソーには、上質なストールやスカーフを合わせると、全体が高品質に見えます。
こうした相反する洒脱さを利用して取り入れて置きたい筆頭株がこのストールかも知れません。

IMG_0631
90㎝×90㎝と言う最も使い易いサイズは、首元を二重巻したり一重巻したり、結び目をアレンジしたりと、男女問わず最も使えるサイズです。

コートやジャケットが増える季節にも使える便利な一枚です。

IMG_1134
より魅力的に全体を装いたい方にお勧めなのが、INOUI EDITIONの大判ストール。
INOUI EDITIONは、昨年までINOUITOOSHとして活動してきましたが、今季から名称新たにINOUI EDITIONとしてリスタートしています。

IMG_1135
このブランドの特徴と言えば、そのアートの様な描画と、魅力的な色使い。

IMG_1140
今回当店が選んだのは”Reve”(夢)と題されたモチーフで、一枚のストールの中に数十以上の動物たちが描かれており、まるでサファリを表現した一枚。

IMG_1148
片辺190㎝の大きさを使い、肩からスッポリと羽織る事が出来るサイズは、季節を越えて非常に便利な存在。

IMG_1149
特に半袖が多い今の季節には、このストールが持つ繊細且つ柔らかな肌触りが心地良く、素材の魅力をそのまま感じる事が出来ます。

IMG_1150
筒状に折ったり、二重に折ったり、アフガン巻やミラノ巻、実に様々な巻き方が出来ます。

IMG_1141
同じくINOUI EDITIONでオーダーしたこの”Hedwige”と題されたストールは、ブリティッシュなチェックパターンの中央にシロフクロウが刺繍で表現されています。

IMG_1142
何故、フクロウなのだろう? と思い、色々と考察を繰り返すと、そこには面白い表現アイディアがありました。(※オンラインストアをご参考ください)

IMG_1146
このストールでは英国的な印象を表現している為か、肉厚に感じる素材の混紡を施しており、そこに描かれる存在意義が感じられます(※オンラインストアをご参考ください…)

肩から巻くと、まるでシロフクロウが体を覆い守るように翼が現れ、ストールとしても、モチーフとしても実に楽しさを与えてくれる一枚です。

IMG_1147
穏やかな色、存在感、その全てが揃うINOUI EDITIONのストールたち。

Destinとはまた違ったインスピレーションやデザインソースを感じさせ、寒暖差のある今、そしてこれから寒さを帯びる秋冬には、より魅力的なパーツとして、装いを楽しくしてくれるに違いありません。

IMG_9950
先日のカーキやオリーブを使った装い、そしてパーツを使った今回のネックウェアたち、秋は使いたいアイテムが増える分、より楽しみも増えます。

67B18A97-0D5F-4400-989F-9843BBA61109
単色のコーディネートで物足りなさを感じる(上写真のような)スタイルにこそ、今回ご紹介させていただいたストールやスカーフたちが、きっと物足りなさを埋めてくれるでしょう。

スタイルアップの補完として、また寒暖差のある今の季節のパートナーとして、是非店頭のネックウェアを取り入れてみてはいかがでしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、14日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


PhotoRoom_20210902_233603
雨空と共に冷たい一日が増えて来た9月。
あっという間に秋物が気になり始める今週ですが、店頭の秋物も動きの速さが目立つようになってきました。

秋の色としてパッと浮かぶのがブラウンやベージュ、キャメルやカーキと言った、所謂アースカラー。
今日はそのアースカラーの中でも、特に利便性の高いオリーブやカーキにフォーカスして新作をピックアップしてみました。

今シーズンの秋物の多くにオリーブともカーキとも取れる、とても中庸な色合いの物を仕入れています。

162381963_o22
既に店頭に並んでいるVVBのコートもその一つですが、どこかトラディショナルでもあり、ミリタリーを感じさせる匂いもあり、その二つの表情が想像以上に”使える色”である事に気付かされるのも秋冬ならでは。

IMG_9518
この二つの表情を一つのスタイルにする緩衝材となるのが、このBARENAのコットンフランネルのシャツ。

IMG_9519
肩を大きく落とすドロップショルダーに身頃をタップリ持たせたオーバーサイズフィットのシルエットは、英国的な雰囲気の持つ硬さを消し、またオリーブやカーキ色一色の中にアクセントとして柔らかさを加えてくれるチェックが、実にマルチな一着として役立ってくれます。

IMG_9951
同じBARENAのカーキカラーのパンツを合わせても、硬くなり過ぎず、絶妙な柔らかさを全体に与えてくれます。

IMG_9952
オリーブ一色、カーキ一色の中で好相性を見せる色を想像すると、ホワイトやベージュ等を上げる方が少なく無いかと思いますが、柄や模様のある物を加えると、途端に洒脱さが顕れ、単調な御洒落から脱する事が出来ます。

IMG_9521
キモとなるシャツの色はカーキ系ブラウンにブラックやオレンジ、ベージュ、レッド等、ここにもまた英国を思わせる(バーバリーチェックの様な)色柄があり、さり気なくシンクロするのもポイントです。

IMG_9526
このシャツ、実は想像以上にマルチアイテムで、同じくBARENAのスリーブレスニットと組み合わせても、そのタップリとした身頃を”雰囲気”に化してしまいます。

IMG_9522
単なるシャツも、去れどシャツ、そのシルエットや色柄で、その時のスタイルを大きく変化してくれる重要な存在になるのですね。

IMG_9502
同じく注目したいのが前出の組み合わせ写真で使用したBARENAのパンツ(トラウザー)。

IMG_9505
シッカリとした厚みのある素材に使用されている、このカーキともオリーブとも呼べる中庸なカラーは、一見しただけでは気付かされない程、実は丁度カーキとオリーブの良い部分を持ち合わせた中間色。

IMG_9503
このカラーが作る雰囲気は、単なるオリーブやカーキでは作る事が出来ない絶妙な色合い。

IMG_9537
実は今回この素材、この色で、このシャツワンピースもオーダーしているのですが、ワンピースで試して頂くと、よりこの色の持つ魅力を体感する事が出来ます。

IMG_9538
オリーブやカーキそのものの色に比べて、やや赤みを帯びている為、顔の映りが良くなる他、単色でも尖った印象がなくなります。

形はオーバーサイズのシャツワンピースをベースに、ウエスト内部を通るベルトが両脇から表に出て、それを結ぶ事によってドレープを作るもの。

IMG_9539
しっかりとした素材の恩恵は衿や身頃のハリにも顕れており、素材が作る立体感は、まさにこの色、この素材ならではの物です。

IMG_9543
アームホールや袖筒もタップリ取られていることから、身体が泳ぎ、着る人の体形に関わらず、よりシルエットの魅力が出やすくなっています。

IMG_9542
カフは幅を広く取られており、そのままでもターンナップしても形として魅力的に見えます。

IMG_9541
またベルトを抜いてしまっても、シャツワンピースとしての他、丈長の羽織としても使えそうです。

163060637_o9
身長や体形の有無無く使えるこのワンピースは、当店スタッフ(身長150㎝)が着ても、スタイルし易く、言い方を変えれば、どんな体形、体格の人にも同じ様に見せてくれる魅力的な一着なのです。

163060637_o8
着丈を気にせず使えるワンピースですが、冬にはタイツやブーツを合わせたり、或いはパンツを合わせて使ったり、アイディア次第で様々なスタイルが楽しめます。

IMG_9614
いずれも、形あっての物ですが、それ以上に魅力的なのは、やはりこの色合いです。
同じ同系色のオリーブやカーキを並べて見たり、或いは手持ちのオリーブやカーキでは作れなかった雰囲気が、今回のBARENAでは多く作る事が出来ます。

IMG_9950
オリーブも、カーキも、色の濃淡で細かく捉えれば無数に色違いが存在すると思いますが、今回ご紹介した様々なオリーブ、カーキは、アースカラーの中でも独特で存在感もある、実に有効で魅力的なカラー。

是非気になる方々は店頭で実際の色、素材、形に触れてみて下さい。
きっと色の違いを感じるに違いないでしょう。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、14日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6968
まだまだ暑い毎日が続く8月も、終わりに近付くにつれ、日没が徐々に早まっている様に感じます。
日中の残暑を他所に、店内では既に多くのブランドから秋の新作が揃い始めています。

とは言え昼夜の気温差は広がりつつあり、日没と共に涼しい風が舞い込むようになってきました。
そんな夏の終わりを感じさせる今日は、既に到着している沢山の新作の中から”ブラック”を基調にした物をピックアップして見ました。

今シーズンは春夏に続きブラックを基調にした物を、いつもより多めにオーダーしているのですが、シンプルで無駄のないデザインやスタイルにこそ、拘りのディテールや失敗の無い物選びをしたいもの。

そこで、先ずお勧めしたいのがスペインのMARIANから到着した、ベーシックなブーツたち。

IMG_9860
MARIANと言えば、スペインで長らく靴づくりを行うブランドですが、その魅力は何と言っても、女性らしさや履き易さ、そしてフィッティングに至るまでを考えながら形にするデザイナーと、それらを見事なまでに”履き心地”として形作るパターンナー、そして更に一つ一つを熟練の職人たちが最新技術を交えて行う高い技術と、その全てが一つになり一足の”靴”としての完成形が作られています。

IMG_9862
今シーズン当店のフットウェア(靴)は、ベーシックであり王道である”期待を裏切らない”物、自分のベーシックアイテムを買い替えたり、買い足したり、更には沢山のスタイルにフレキシブルに使える物を、ブラッシュアップし手に入れるシーズンに位置付けています。

IMG_9863
このショートブーツも同様で、無駄のない美しいシルエットと、見るからに柔らかさが伝わる革質、そして何より特筆なのは、MARIANが得意としている”特徴的なポインテッドトゥ”。

一般的なポインテッドトゥは爪先に捨て寸(実際には足の先が入らない空間部分)が在るものですが、MARIANのポインテッドトゥには、しっかりと爪先が届き、更に縦(爪先の高さ部分)に足の逃げ場を作る事によって、無理のない履き心地、前後に足が動かないフィット感が生まれます。

IMG_9864
加えて活かされるのが、やや細身のラスト(木型)に対して、足に馴染んでくれる”柔らかい革質”が、より足に心地良いフィット感を生み出してくれます。

ブーツのフィット感はパンプス以上に感じる方も多く、よりホールド感のある物を選ぶ方が少なくありません。
MARIANのブーツは革質をそのまま肌で感じられるだけでなく、高いフィット感によって満足が得られます。

IMG_9865
同じくMARIANのロングブーツも革質は同じ物を使用し、つま先から踵までのシルエットはショートブーツと酷似しています。

IMG_9867
曲線を巧みに駆使し、女性らしい脚の形を作り出してくれるデザインは、昨今のロングブーツ復権と共に(ジョッキータイプではなく)シルエットの美しさが求められています。

IMG_9868
安定感のあるヒール形状、繊細過ぎないテーパー等、ブーツに求められる後からの美しさも見事です。

IMG_9869
女性が脚で最も気になる部分(ふくらはぎ付近)はゆとりを持ち、足首に向かって滑らかな曲線を描き、件のポインテッドトゥと相まって、非常にバランスの良いシルエットを作っています。

IMG_9944
特に今シーズンの当店はロングブーツと3/4レングスのパンツやウィンターバミューダなど、スカートとは違った印象作りを推しています。

IMG_9945
ボリューム感のあるトップスが増えたり、シャツとスリーブレスニットのレイヤー等、短めのレングスボトムは唯一無二の相性を作ってくれます。

IMG_9870
今回のMARIANのブーツは共に滑り止めになる合成ソールを採用し、秋冬の足元の悪い場所でも、しっかりとグリップしてくれそうです。
こうした些細な部分も、女性にとっては大切なファクターですね。

IMG_9677
次にお勧めしたいのが、INCOTEXの(当店エクスクルーシブ生地)新作トラウザー。

IMG_9678
今シーズンから全て現地イタリア生産となるINCOTEXのラインナップの中で、新たに加わったモデル”AYASHA”は、ベルトレスのモデルで、幅広のウエストバンドや深い1プリーツ、そして海外モデル特有のヒップ回りのゆとりに対して膝下をテーパーする、まさにイタリア女性が好みそうな美シルエット。

IMG_9679
素材には(F社と思われる)微細な微光沢を混ぜたツィーディーな生地を使用しています。
(この生地は日本では当店だけが採用している生地になります)

この生地は、見た目は一般的なツィード素材の様に見えるのですが、実際にはフワフワで柔らかな感触を持つ、とても上品且つ上質な素材です。

IMG_9682
日本企画のモデルに比べ、ヒップ回りと裾幅までの落差があり、より女性的で凛とした印象を作り出してくれる美シルエットが多い事もイタリアモデルの大きなメリット。

IMG_9710
コチラもまた前出のブーツ同様、ボリュームのあるニットなどトップスが増えれば増える程、その相性は抜群に良くなります。(レングスを短めにカットするのもポイントの一つです)

他では出会う事の無い特別な一本をお探しの方には、是非ともお勧めしたいモデルです。

IMG_9691
そしてもう一本INCOTEXのお勧めは、まさにブラックのパンツです。
このモデル”FOGLIA”は、過去にも展開されていたGILDAに近いモデルで、よりコンフォータブルなシルエットに進化し、更に細部にディテールチェンジを加えた秀逸な一本。

IMG_9707
素材にはウールサキソニーを用いており、微光沢に加え非常に柔らかく上質さを感じさせるこの生地特有の魅力が活かされています。

両サイドには側章よろしく同素材による切り替えを取り入れ、縦への視覚的効果を高め、脚を長く綺麗にスッキリと見せてくれます。

IMG_9694
またこのパンツで忘れてはならないのが、”前後”に設けられたエバークリース(クリースに沿ったステッチ)を与えており、多くの方が危惧するシワや扱いを気にすることなく、ビジネストリップや旅先でのワンマイルウェアに最適な一本となっています。

IMG_9696
また前出のモデル同様、イタリアモデルらしいゆとりのあるヒップ回りから裾へと向かう美しい直線的なテーパーは、ほぼストレートに近いラインを描き、これらの全ての要素が一つになり、素材の恩恵とブラックと言う無二のベーシックによって至極のブラック(ボトム)になっています。

IMG_9693
ウエスト部分はドローコードを携え(ゴムも同時使用)、ラウンジパンツとしての魅力も持ちながら、ジャケットやシャツ等を合わせる事で、オフィスユースも使える事から、常に万能な一本として、多くの女性の装いをスケールアップしてくれそうです。

この他にも様々なブラックを基調としたアイテムが揃っています。
是非この機会に新たなベーシック、そしてブラックを基本とした更なるスタイル探しをしてみては如何でしょうか。

※掲載商品についての詳細はオンラインストアをご覧下さい。



Top_Slideshow_ClearanceSale_SS_2021_Final_001
『この夏最後のファイナルクリアランスセール』開催中!





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月2日(木)、9日(木)、16日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ