IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:春夏

世界中を騒がせているコロナウィルス。
命は勿論、経済や生活にも影を落とし、人はみな不安ばかりを口にします。
この恐慌は人々が本来見るべき場所が見えないある種の盲目を作っている様にも思えます。

我々一般人が対処出来る事はたかが知れています。
しかしその対処にも『正しい情報』と『正しい知識』が在ればなお正確な判断や行動をとる事が出来ます。
錯綜する情報に右往左往するだけではなく、しっかりとした原則的な知識と情報を、今一度改めて確認しておく事も大切に思います。

政治家や著名人がテレビの向こうで「こっちが先だ」「あっちが先だ」と熱い議論を交わしています。
その議論の前に、私達が備えておくべきものを備えておく、それが正しい情報と知識を得る事。
デマや風の噂に翻弄される事の無い様、皆様も今一度自身を律して欲しいと願っています。

IMG_1490
と、、、知った風な話を挟みつつも、我々は装いと言うある種の夢を売る仕事。
今日も新しい話題を皆様に提供させて頂きたいと思います。

今日は生憎の雨空でしたが、徐々に春を匂わせる風景は広がりつつありますね。
とかくこの季節から気になるのはハッとする美しい色や、新しいスタイルの発見、そして何より欠かせないのは「心地良く過ごせる」こと。

149872699_o11
先日ご紹介させて頂いたNewtoneのTEEシャツやeleventyのベイカーズパンツも、心地良く過ごすには最適のアイテムたちですね。

少しずつ新しいものを加えながら毎日の装いをブラッシュアップして行きたい季節でもあります。

しかし、、、中にはお仕事を中心に洋服を選ばざるを得ない方もいらっしゃいます。
お仕事中心に選ぶ限り、或る程度振り幅を絞ったアイテムにフォーカスするのは致し方ないところ。

今日はそんなお仕事中心に選ぶ方、それもお仕事だけでなく週末や日常にも使えるトップスをピックアップしてみました。

donna_aw_2019_3
今日取り上げるのはイタリアのシャツメーカー『FIL NOIR』(フィル・ノワール)のトップス。

FIL NOIRはドイツのシーサー社などで20年以上にわたる経験を生かし、デザイナーであるHeiiiko Storzが手掛けるメンズシャツ中心のコレクション。

デザイナーの拘りは選りすぐりのイタリア製生地や、ボタンやアクセサリー類などの細部にまで至り、その拘りはウィメンズのコレクションにも脈々と受け継がれています。

このFIL NOIRと言う名の由来はスイスに存在していた実在の社名で、作り手(デザイン)と生産場所(メーカー)の3つの異なる国から作られるグローバルな魅力を持つブランドでもあります。

このFIL NOIR、シャツがメインコレクションである事は間違いないのですが、そのシャツのデザインにはメンズとは違った趣旨の物も多く、一般的なクラシックを基本とするシャツメーカーとはまた違った魅力を持っています。

(過去のFIL NOIRの商品を見る方はコチラから)

またそれと同時に、FIL NOIRはカットソーにも注力しており、その魅力はデザインと言うよりも、実用的で更に『生地へのこだわりの強さ』を感じさせます。

過去にもこんなカットソーが在りました。

127473016
カットソーとしての美しいシルエットとフィット感に加え、全ての最断面をレーザーカットし、更にそれらを好みの形にカットする事が出来ると言うもの。

127473016_o3
例えば衿を深くするのも、スリットを入れるのも、また袖をノースリーブにしたり、着丈をショート丈にしたりシャツカットにしたりと、まさに好き放題出来たカットソーでした。(笑)

これらは年々アップデイトを重ね、素材の進化と共に生地の選択の幅も広がり、常に多くのラインナップを持つまでになっています。

そのFIL NOIRのカットソーは当店ではリピーターが多い程「癖になる」存在で、兎にも角にも心地良さと女性らしさを感じさせるカットソーが多くあります。

今日はその中で最もお勧めな3種類のカットソーをご紹介させて頂きます。

149894968
一つ目がこの一見シンプルなV衿のカットソーにしか見えない一着。

多くのブランドが必ずと言って良い程ラインナップに据えるベーシックなカットソーだが、FIL NOIRのこれは一味違います。

149894968_o1
それは目を凝らして見なければ解らない程、細かな糸を編み合わせ作られたダンボールニットをベース(生地)にしているから。

149896109_o3
触れた瞬間『滑らかで、艶(つや)やかで、とても柔らかい』事にすぐに気づくはずです。

この素材は弾力性もあり、柔らかさもあり、撫でても滑らかで艶がある。

更に夏の大敵でもある湿度を逃がしてくれる独特の清涼感は糸の目地を見れば直ぐに直感出来るでしょう。

149895148
夏の素材を表現する際、近年『接触冷感』という言葉が使われますが、この素材はまさにそれらが実感できます。

149895148_o2
肌に触れた瞬間、ヒンヤリとした感覚に包まれます。

また衿の深さは海外ブランド独特の開きですが、透け感もあるので、インナーに一枚キャミソールやタンクトップ、或いはラウンドネックやVネックをレイヤーするのも良いと思います。

こうした感触の話題は実際に商品に触れてみて頂けない事にジレンマを感じますが、この独特なタッチはFIL NOIRの素材選択眼を改めて知らされる瞬間でもあります。
(Vネックはホワイト、ブラックの2カラーを用意しています)

149896109
またこの素材にはもう一つの形があります。
こちらはラウンドネックに肩線をドロップさせて着るオーバーサイズフィットのボックス型。

この形は両脇裾が長く作られている為(或いは中央が凹んでいる為)肩を落とした状態から裾へかけてのラインが緩やかなフレアを描く様なシルエットになります。

これは多くのブランドでも見られる仕様なので、想像し易いかと思いますが、このディテールはパンツであろうとスカートであろうと非常に合わせ易い形の為、常に人気の形でもありますね。

149896109_o2
この素材を表現するにあたり、カットソーと記しているのですが、実際にはブラウスのようでもあり、またニットのようでもあり(編地そのものは実はニットです)、その中庸な表現が、カットソーと呼ぶには想像以上に「上質」に映る理由でもあります。

糸はリヨセル(※日本では"指定外繊維"と記す決まりがあります)を使っている為、その柔らかさだけではなく耐久性もあり、まさに多くを適えてくれるカットソー。

特殊な存在価値を持つこのカットソーが多くのスタイルを一つ上のクラス感に仕上げてくれる事は想像に容易いですね。

そして最後にご紹介するのは、冒頭でも触れた「自在にカット出来る」素材の新型です。

149896824
今回当店がオーダーしたのは3/4スリーブのラウンドネックのモデルです。
裾はシャツの様にラウンドカットされ、衿はダブルステッチによりしっかりと衿枠が作られています。

149896824_o1
この素材はマイクロモダール(※日本では"レーヨン"と記される決まりがあります)とポリウレタンを混紡した微細な生地がベースになっており、その伸縮性の許容範囲は想像を超えるほど豊かです。

この素材独特の微光沢は、前出のリヨセルのダンボールニットよりさらに滑らかな表情で映し出され、美しい「白」の輝きが解る美素材。

149896824_o3
そして袖と裾は、予めカットして仕上げられていますが、好みの位置でカットする事が出来る為、3/4スリーブが苦手な方はハーフやフレンチに、ひょっとしたらノースリーブやタンクトップも適える事が出来ます。

また裾もスクエアカットにしてしまう事や、サイドにスリットを作ったり、或いは身長が低い方は丈を短くする技も適います。

こうして工夫を凝らすと一着のカットソーに沢山の可能性を見出す事が出来ます。

勿論、、、カットする際はセンスと技術(?)が試されますので、あくまでも自己責任でお願い致します(笑)

こうしてFIL NOIRの隠れた人気アイテムであるカットソーが今年も新しい提案と共に入荷しています。

ジャケットのインナー利用、ジーンズのトップス、幾重にもレイヤードして愉しめるこれらのカットソーは、春夏の御洒落を愉しくしてくれるだけでなく、シンプルさを表に出した上質さを肌で感じる事が出来る物になりました。

現在、外出が適わない自粛生活を余儀なくされている地域の方、或いは、御子様の手を離れずご自宅にいる時間が長い方、こうしてアイディアを必要とするカットソーをベースに、色んな御洒落のレパートリーを想像してみるのも良いかも知れませんね?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

今年は曇り空が多い春の始まり。
気温は少しずつ上がり始めていますが、まだまだ昼夜の気温差は開いていますね。

「COVID-19」(新型コロナウィルス)が広く騒がれる中、寒暖差からうっかり鼻風邪などひかぬよう気を付けなければなりません。

とかく敏感になっているくしゃみや咳への蔑視。

何かこれを機に経済的にも健康的にも、我々日本人は様々な備えと考え方を改められる良い機会になりそうな気がします。

自らを律すれば、自ずと取るべき行動は見えて来るもの。
これを契機に多くの人たちが社会や自分との向き合い方が変わると良いなと烏滸がましくも思ってしまいました。

さて、当店は海外のブランドを多く取り扱っている関係上、日本に到着しているブランド、未着のブランド様々入り乱れておりますが、今日は振り幅の多い当店の中でも「ジーンズ」好きな方、「ヴィンテージ」好きな方、そして何より50代の方々に是非ともご覧頂きたい商品を取り上げました。

newtone001
そのブランドはフランス人二人が作り出す70年代をオマージュしたブランド『Newtone』。

70年代と言えば、アメリカがベトナム戦争が激化した60年代~70年代にかけ、クラシックな60年代のファッションから、「自由」を求める若者たちから生まれた『HIPPIE』(ヒッピー)文化、ファッションが知られています。

hippie001
当時、アメリカではケネディ大統領暗殺や、ベトナム戦争など暗い話題も多く、ファッションも第二次世界大戦後続いた落ち着いたトーンのファッションから、派手な色合いやプリント、そしてベルボトムやチュニック、バンダナ、ネイティブアメリカンのアクセサリーなど当時としてはカラフルな色合いや個性的なファッションが生まれた時代。

実は私も70年代は好きな時代背景でもあり、アメリカが月面着陸して以降、音楽はSOULが盛り上がった時代、そして何より当時のヒッピースタイルが好きな一人です。

その後70年代半ばにはイギリスに「パンク」が生まれ、ジーンズは細くスリムに、そして(今となっては当たり前の様になりましたが)リップ(裂き)などダメージのあるジーンズも、この時代に生まれています。

また男性はアフロヘア、女性はセンターで分けたワンレングスにバンダナやネイティブが作るヘアバンドを付けるなど、ヘアスタイルにも変化が在りました。

当時の日本ではアメリカと共にフォークソングが全盛の時代。

加えて日本ではTシャツにフレアのジーンズ(当時はパンタロンなどと呼びましたが)に、プラットフォームシューズ、そしてサーフィンと文化的にもアメリカの影響を大きく受けた時代です。
この時代は多くの人たちがアコースティックギター片手に真似たものです。

このヒッピー文化、元々は自由や平和を求める若者たちが、一種のスピリチュアル(東洋やアフリカ的な)な物を取り入れるなどして、当時の政府や大衆に対して反骨心を表す一つとして、大きなムーブメントになりました。

第二次世界大戦後、徐々に生活に豊かさが戻ってきた事も、こうした心のゆとりや思想の自由を求める事につながって行ったのかも知れません。

実は70年代はファッションとしては豊作の年代で、ヒッピースタイルやパンクスタイル、その後は(日本ではニュートラと呼ばれる)トラッドやアイビーなど、現在も根強いスタイルの礎が、この時代に確立されていました。

こうした時代の中で切り離せないのが、ポップなフォントを使ったヴィンテージ風のTEEシャツ。

149872699_o1
Newtoneは、まさに当時の70年代文化(70’Sカルチャー)を愛するブランドゆえ、こうしたディテールを細部までこだわって作っています。

149872699_o2
何度も洗いを繰り返し作られた柔らかく、そして少しヤレた味わいのボディは、当時の古着の様なリアルな出来栄えに。

149872699_o3
ボディはボーイズフィットで、全体的にゆとりのあるシルエット。

149872699_o4
プリントも退色し、ペイントが剥がれ落ちたような加工まで緻密に再現されています。

149872699_o5
今回当店がオーダーしたプリントは「ROCKIN」プリント。

149872699_o6
色は前出のオートミール、そしてこのダークグレー

149872699_o7
更に洗いを加えたライトグレーの3色を作っています。

149872699_o8
どの色も、とても味わい深い雰囲気に仕上げられており、実際ジーンズとの組み合わせを考えると、どれも迷ってしまう程、魅力的な色になっています。

tee001
退色した色の雰囲気を生かしたヴィンテージ風の加工は、同じく加工を施したジーンズとの相性は抜群に良い事は言うまでも在りません。

ジーンズにもフレアやワイドなストレート、そして当店はこの他にもチノーズやベイカーパンツ、カーゴパンツの様なディテールに迫力のある物もお勧めしています。

149872699_o9
またこのTEEシャツには全てに専用のヘンプカバー(麻袋)と、専用のバッチ2個が付属しています。
(このバッチはTEEシャツに着けて使います)

149872699_o10
この袋がヘンプ(麻)で在る事、そしてバッチが在るという事が暗に70年代をより感じさせる要素になっています。(当時の文化的な物をご存じの方なら解ると思います)

こうして今回NewtoneのTEEシャツをご紹介させて頂いたのですが、時代が変わると古き良き時代のファッションは必ず見直され、当時とは違ったニュアンスで新たに提案される物が多くありますね。

不思議と90年代のバブル時代のファッションは、恐らくリバイバルする事はないだろう、、、と私的にも思っておりましたが、見事にリバイバルしましたし、また当時のグランジファッションも未だ根強い人気を持っています。

もし今回のブログをご覧いただいている方の中に、70年代ファッションや音楽がお好きな方がいらっしゃったとしたら、このNewtoneのロゴの雰囲気、そしてTEEシャツの仕上がり具合とプリントのポップなフォント、更にバッチやヘンプと言った時代背景を彷彿とさせる付属品など、このブランドが持つ深い意味合いを理解していただけると思います。

また現在30代から40代の方にとっては新鮮に映ったり、或いは単なるヴィンテージ風のTEEシャツとして映ったりと、感じ方は様々ですが、70年代当時のスタイルではなく、現代的にテーラードジャケットのインナーに合わせたり、或いはライダースやレザーのジャケットのインナーに合わせたりと、個性的なファッションを愉しむ上では欠かせないTEEシャツになりそうです。

ヴィンテージと一口に表現しても、そこには沢山のカテゴライズされたファッションスタイルが在ります。
今回のTEEシャツは

「たかがTEEシャツ、されどTEEシャツ」

とても趣ある一着と言っておきます。

受け取り方は様々です。

それがファッションを愉しむという事、そして素敵に生かすのが個性でありセンスです。
是非お試しを。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

まさかの天候から一転、明日以降は再び春を匂わせる日々に戻りそうな予感。
まだまだ風は冷たいものの、少しずつ春の訪れを感じながら、装いを新たにして行きたい今週です。

さて、そんな春の装いに於いて、昨年から(?)いつも(?)お勧めしている『女性のベイカーズパンツ』。

これまで似たような形は幾度となく仕入れて来た当店ですが、その何れも異なるブランド、異なる意匠のもと作られていたものばかり。

ことアメリカンな香りを感じさせるベイカーズパンツ(以降ベイカーパンツ)には相応のラギッドさが魅力で、シャープなベイカーパンツにはスリムなストレッチが魅力と、同じベイカーパンツにも様々なシルエットが有ります。

そんな中、今日お勧めするのはeleventyが作るベイカーパンツ。

そもそも「ベイカー(ズ)パンツって何?」と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、ベイカーズパンツとは呼んでその名の如く『Baker's=パン職人の』、ベイカーつまりパン屋さんが履いていた事がディテールの始まりと言われています。

似たようなパンツにはカーゴパンツやブッシュパンツなど、女性にとっては「一見どれも同じ?」と
思われるかも知れませんが、カーゴパンツやブッシュパンツはミリタリー(軍用)、つまりベイカーパンツはミリタリー系のパンツに比べ

泥臭さを感じさせない

点が女性にとって人気の理由でもあります。

更に今回eleventyでオーダーしたパンツは、元々カーゴパンツやワークパンツ系のボトムスを得意としているeleventyならではの魅力的なシルエットを持っています。

giacca_316397_15864
eleventyと言えばジャージー素材のテーラードジャケットやカジュアルなボトムスをスニーカーで愉しむようなコンフォートなスタイルが特徴の一つ。

pantaloni_316593_12914
中でもボトムスのディテールとして多く使われているのが「スラウチ(-)」なシルエット。

2
スラウチ(或いはスラウチー)とは、英語で「Slouch=前かがみの姿勢、だらしない様」を指す言葉ですが、ファッション用語としては「股上が深く裾へ向かってテーパードしている」物を総称しています。

21
大意では『リラックスしたシルエット』として受け入れられています。

この手のシルエットは腰を僅かに落として穿く事で、より魅力的に見せる事が出来るのですが、中にはスラウチーをウエスト目いっぱいに上げて穿いている人を見かけますが、これは特に年配にある行為(笑)
お知り合いで見かけたら是非注意してあげて欲しいと思います…(笑)

このeleventyが得意なシルエットで作られたベイカーパンツがコチラ。

149824937
パッと見には解らないスッキリとしたシルエットですが、腰回りから裾へ向かうテーパードは極々僅か。

149824937_o3
ベイカーパンツの特徴の一つであるポケットと同一化したフロントの充て布部分が大きく全体の印象を捉えています。

149824937_o1
さり気なく自然な股上の処理は穿いてみて初めて股上の深さを感じる程度で、更にこのウエスト(後)部分にゴムを仕込んでいる事によって、腰位置を好みの位置で留める事が出来る為、スタイル別に穿き方を変えて愉しむ事が出来ます。

149824937_o2
元々一つ一つのパーツや作りが丁寧な事でも知られるeleventyですが、今回の様なベイカーパンツには、よりボタンや縫製の一つ一つが際立って感じられる様に思います。

149824937_o6
近年、メンズ、ウィメンズ共に増えているウエストバックをゴムであしらう仕様は、こうしたベイカーパンツやカーゴパンツの様なディテールのものには、とっても適していて、適度な丸みを作り立体的なシワや表情を作りだしてくれるため、今回のパンツにも必然的なウエストバックになっています。

IMG_1331
「ベイカーパンツはどう合わせたらいいの?」と、良く店頭でも訊かれる事が在るのですが、実はベイカーパンツほど「どんなものでも合わせられる」パンツは無いのでは?と思うほど、実に色んなスタイルに合わせ易いのです。

IMG_1332
この写真の様にシンプルにニットと組み合わせるだけでもパンツの(フロントの)表情によって洒脱さを増し、その分足元で遊んだりインパクトを付けたりする事が出来ます。

勿論、TEEシャツやシャツ、上品なブラウスでも、どんなものでも合わせ易いのがベイカーパンツです。

IMG_1329
またテーラードジャケットでもそつなくこなしてくれるのもベイカーパンツの魅力。

IMG_1330
このジャケットもまたeleventyの物ですが、世界観を共有している分、eleventyのアイテムであれば尚魅力的に楽しめます。

また今回はこのライトオリーブの他にも、オフホワイトをオーダーしています。

149826508
ライトオリーブは言わずもがなの定番的存在ですが、当店のお勧めはこのオフホワイト。

149826508_o1
実はジーンズやトラウザーズ(またはチノーズ)にもオフホワイト人気が徐々に出始めており、今季はピュアホワイトではなく、敢えてのオフホワイトやアイボリーを特にお勧めしています。

149826508_o4
どちらも合わせ易さは同じですが、オフホワイトのベイカーパンツには、ホワイトジーンズやトラウザーズには無い独特の味わい深さが作られ、特に『イタリア人目線のアメリカンカジュアル』(※1)には必携の一本と言えます。

IMG_1333
少し綺麗目な装いでも合わせ易い為、お仕事での利用も適えてくれます。

また当店が今回のベイカーパンツにお勧めしたいアウターとして、ライダースジャケットがあります。
既に当店では様々なブランドのライダースジャケット(レザー)を展開してまいりましたが、一人一着はお持ちで在ろうライダースを、このベイカーパンツに合わせるだけで、即刻オシャレ度MAXに仕上がります。

Riders_JK002

最近はライダースジャケットは袖を通すよりも、肩に掛けて使うとより女性的でスタイリッシュな装いに見えます。

「袖を通す⇒袖を通さず肩に掛ける」だけの簡単スタイルですので、是非お手持ちのライダースで試してみて下さい。

以上、eleventyが作るベイカーパンツのご紹介でしたが、このパンツはヤハリ写真で見るよりも、実際に穿いて頂くと、よりその魅力が確かに伝わります。

ポイントはいつものサイズより一つ上のサイズをお選びいただくと、より魅力的なシルエットを手にする事が出来ます。

他にも丈のバランスなど、ベイカーパンツ一つとっても『バランス』には拘りたい当店ゆえ、是非ご心配な方、或いは組み合わせが解らないという方もお気軽に店頭でご相談下さいね。


【補足】
※1…イタリア人目線のアメリカンカジュアルについて
イタリアでは古き良き時代のアメリカへのオマージュから様々なブランドや著名人がアメリカンカジュアルを愉しんでいますが、なぜかその姿にアメリカ人のするカジュアルがオーバーラップしません。
その理由は、同じアイテム、同じ色を身に着けているのに、全てのサイズや丈のバランスが違ったり、或いは色の組み合わせが違ったり、とアメリカ人が好むラギッド(無骨さ)が無く、スッキリとクリーンな見せ方をするため。
したがってイタリア人が好むアメリカンカジュアルには色や存在感のしつこさが無く、贅肉の削がれたアメリカンカジュアルとでも言うべき、大人のお手本となるようなカジュアルが多くなっています。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_1236
まさか?の積雪に目を疑った3月最後の日曜日。

関東地方を中心に季節外れの雪が降りました。
この春最後の荷下ろし?とばかりに深々と降り続ける雪。

長野地方では昼過ぎには雪も止み、路上はいつもの姿を取り戻しました。

今年は色々な出来事が次々と起こり、今まさに泣きっ面に蜂と言う方もいらっしゃると思います。
(私は今日免許更新5日目にして交通違反で捕まりました…まさに泣きっ面に蜂二匹の状態)

とは言え、徐々に春らしさを取り戻しつつある今月も後僅かで終わり。
少しずつ新年度に向けて、身も心も新たに挑みたいですね。

そこで今日取り上げるのは、新しい季節(年度)に向けた二つのアイテムです。

先ず一つ目は当店が作り出す様々な切り口によるブランド「Agnelli & Sons」の新作テーラードジャケットです。

149788564
今回から新たなディテールを加えたダブルブレステッドのジャケットを展開しています。
中でも拘りを詰め込んだ、このジャケットは、女性のテーラードジャケットにも男性と同じ拘りを取り入れ、比較的女性物のジャケットに多い「妥協」部分を限りなく排しています。

Libeco001
今回ジャケットに使用した生地は、ベルギー製の最高品質のリネン。

それも1858年から続く老舗の生地メーカー『LIBECO LAGAE』(リベコ・ラガエ)社の物を使用。

LIBECO LAGAE社のリネンはベルギー王室御用達としても知られ、ヨーロッパのリネン連盟認定「マスターズ・オブ・リネン」の称号を持ち、古くからリネン産業として知られているフランダース地方にルーツを持ち、さらにこのピュア・リネンは、独特の膨らみと柔らかさを持つ上質さが特徴で、リネン素材特有のゴワゴワした感触や硬さがなくシャリ感だけが残されています。

主にベルギーのリネンはインテリアやベッドリネンなどに見られますが、実はアパレルに向けた素材も作られている事を余り知られていません。

149788564_o10
今回はそのLIBECO社のブラックのリネンを使い「大人の女性に相応しい」一着を形にしました。

149788564_o7
主な仕様は6つボタンの4つ掛けのダブルブレステッド、胸のバルカポケット、脇のフラップポケット、袖の4つボタンの本切羽、深いサイドベンツなど、飽きる事の無いベーシックなディテールを用いています。

149788564_o1
また全体のステッチは縁から6ミリ位置に縫いを入れ、クラシカルな表情をより高めています。

149788564_o11
他にもフラワーホール裏にはチェーンステッチが二つ。
それぞれ生花を挿す事が出来る本格的な仕様になっています。

こうしたディテールは勿論男性の物にも共通する部分でもあり、また最近ではオーソドックスなディテールとして当たり前の様に施されている部分でもあります。

149788564_o9
しかしこうしたディテールではなく、当店がどうしても叶えたかった部分は全体をより女性的に見せる為の各パーツのバランスです。

その最たる部分がウエスト位置と腰から裾までの長さ

149788564_o3
一般的に女性のジャケットを仕立てる際、サイズが大きくなればなるほど、ポケット位置やベント位置は下がるものです。

逆に小さくなればなるほど短く、それは当たり前のことですが、当店が拘ったのは、身長の有無に関わらず、誰もが腰高で脚長に見えるための工夫です。

149788564_o5
このバランスについては、ここでは多くを語りませんが(ちょっとした視覚的な細工を生むように仕上げています)、その拘りによって、これまでダブルのジャケットを何かしらの理由で敬遠していた方や、或いは身長や体格によって敬遠していた方々にも、常に魅力的なシルエットで着て頂く事が出来るようになります。

149788564_o4
「美しく」見える事、「シャープ」に見える事は女性にとって大切な要素。
近年ではオーバーサイズのダブルブレステッドが主流を占めていますが、ここでの提案はあくまでもオーソドックスでクラシックが基本です。

149788564_o6
素材のLIBECO社製リネンは、キラキラとした輝きは在りませんが、非常に上質さを訴えるベルギー製リネン特有のマットな仕上がり(※特にベルギー製リネンはマットな仕上がりが特徴=フンワリ仕上がる為マットに映ります)が、全体を落ち着きと上品さで包みます。

149788564_o8
またラペルは男性の仕立てと同様、職人が丹念に時間をかけて、手でアイロンを使い「くせ付け」を行います

これによってラペルには立体的なカーブが生まれ、またシングルと同様にジャケットの顔とも言える、最も大切な返し部分に、一般的な既製品との違いを生み出しています。

こうして様々な技術と(割愛していますが)沢山の拘りを盛り込んだ、大人の女性の為の一着が仕上がりました。

今回の新作では、このLIBECO社製リネンの他にも、様々なファブリックを用いたジャケットを今後も展開していく予定です。

またこのジャケットの基本は、パーソナルオーダーでも御承りが可能になっておりますので、新しい季節に向けた一着、或いは自分にピッタリの一着を求める方は、是非お気軽に店頭までお問合せ下さい。

そして、このジャケットはビジネスなどでの活躍は勿論なのですが、当店が特にお勧めしたいのがジーンズとの組み合わせ。

魅力的なジャケット、ジーンズと組み合わせたら足元が気になりますよね。

そこでお勧めしたいのが、ジーンズは勿論ですが、今季特に当店がお勧めしているワイドパンツやバミューダなどの「ワイドレッグ」に相性の良い一足。

149791032
それがFABIO RUSCONIのポインテッドトゥ・ローパンプス。

149791032_o3
今回この形を使用してオーダーしたのはAmalfi(アマルフィ:イタリアの海岸名)と名付けられた独特なブルーのスウェード。

その特徴的な色のスウェードを低めのチャンキーヒールに組み合わせ、一般的なフラットパンプスや細いヒールのロ-パンプスとは違った印象を作り出しました。

149791032_o11
オフィスでの活躍は勿論、週末にはジーンズとの相性を考え、この色、この素材、そしてこの形にフォーカスしています。

149791032_o10
ジーンズにも、細身のシルエットから、今日のワイドなストレートシルエットまで、幅広く合わせ易くなっているのは、このシャープな爪先が作り出す特別な存在感。

149791032_o4
甲を浅くくり抜き、爪先は鋭角を作り出し、一般的なパンプスのイメージよりも更にシャープな印象を作っています。

149791032_o6
この些細な部分が全体の印象を変えてしまうのですから、女性にとって靴の存在は非常に大きなものである事が解ると思います。

149791032_o7
甘さを控え、辛口を引き出した今回のパンプス。

149791032_o5
履き易く使い易いヒールの高さや安定感をベースに、自立した女性を匂わせるこの形こそが何よりもの魅力です。

149791032_o9
シンプルな組み合わせにこそ、魅力を発揮してくれる今回のパンプス。
ジーンズだけではなく、ワイドパンツやスーツなど、常に多くのスタイルを魅力的に見せてくれる一足です。

149791032_o8
「普通のフラットパンプスやバレエシューズと何が違うの?」
と思われる方も居るかも知れませんが、恐らく足を入れてみると、その答えを実感していただけるはずです。

装いとは、シンプルになればなるほど、またオーソドックスなものになればなるほど、些細なディテールが大きな変化や魅力につながるものです。

今回ご紹介したテーラードジャケット、パンプス共に、新しい季節(年度)に相応しい選択です。

それは「見た目に違いが解りづらい」からこそ、周囲にはこれ見よがしにならず、敢えて自分自身の心持だけが新鮮で、「新しい価値観に身を包む事の贅沢」を感じられること。

今、世間を惑わせているネガティブなニュースも、いずれは晴れる日がやってきます。
来るその日の為に、是非皆様の心の栄養も忘れずに与えてあげて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_9308
自宅で過ごされている方が多いと思われる今週。
思いがけず出来たこの時間を、どのように過ごすかはそれぞれのアイディアや考え方次第。

季節のものを入れ替えたり、掃除をしてみたり、或いは趣味に高じてみたり、どんな事でもポジティブに想像を働かせると、時間はいくらあっても足りないと思うものです。

既に時間が足りなくなりそう、と思われている方もいらっしゃるかも知れませんね。

私達の仕事はお店を営業し皆様をお待ちする事、様々なご提案をさせて頂く事が主ですが、こうして(一体どれだけの方がご覧下さっているのかは判りませんが…)ブログを通じて色々な話題を提供するのも一つの仕事。

今日3月29日は、今から遡ること46年前、アメリカのNASAが打ち上げた探査機「マリナー10号」が、金星の重力を利用して行う軌道法"スイングバイ"を行い水星へ到達した日なのだそう。

1974年の出来事です。

難しい話の様に聞こえますが、スイングバイと言うのは、それぞれの惑星が持つ引力(重力)に引き寄せられる力を利用して、その引き寄せられる加速度を上手に利用して次なる目的地へ向かう為の推進力に変える方法で、それを初めて実践し、実証したのがこの探査機なのだそうです。

昨年、人類史上初めて月面着陸を成功させたアポロ11号を題材にした映画「ファーストマン」をご覧になられた方はご存じだと思うのですが、月面着陸(航行)は実は沢山のトラブルが起こり、それらを乗り越えて行われた非常に素晴らしい計画だった訳ですが、この3月29日に行われた事も、天体が好きな方、或いは未来科学が好きな方にとっては夢を抱かせる大きな出来事だったはずです。

(実は当店には天体に興味を持つ方も多く、多趣味な当店にとっても関心事の一つ。)

そんな快挙の一日となった3月29日ですが、このマリナー10号の話の続きはチョッピリ寂しい部分があります。

当時、金星でのスイングバイを成功させ、水星へ接近したマリナー10号は軌道上で数回にわたる接近を繰り返し、水星まで僅か327㎞まで接近し沢山の写真を撮影。

その後、姿勢制御の為の燃料がなくなり、このマリナー10号は今も太陽の周囲を公転しているのだそうです。

マリナー10号は役目を終え、人知れず太陽の周りをまわり続けているのかと思うと、何か物寂しい気持ちにさせられます。

世界には様々な科学があり、常に進歩し未来が身近になり始めています。
この月面着陸や金星、水星探査も今から4、50年も前に行われたのかと思うと、人間が生み出した技術は本当に素晴らしいと思います。

(きっと今世界を脅かしているウィルスへの対策も人間の化学が滅してくれる事でしょう。)

このドラマチックな話も実際のお話。

週末に時間を持て余している方は、こうした天体や科学の話、或いは付随する映画などに嵩じてみるのも良いかも知れませんね。


さて、ここからは商品のお話です。

昨日もコンフォートアイテムのお話をさせていただきましたが、週末や休日には出来る限りストレスフリーな装いで過ごしたいものですよね。

今日お勧めするのは男性に向けたラクちんジャケットと、ラクちんパンツの組み合わせ。

私達の世代にとって、週末や休日でも崩し過ぎず、かといって硬くかしこまらず、の装いは欠かせないファクターですが、それらが仕事にも使えて、尚且つ休日にも使えるとなれば、それほど有り難い事はないですよね。

例えば出張時や旅行など、実際想像以上に出番が多いのがコンフォータブルなジャケットとパンツ。
特にそれらがシワにもなりづらく、持ち運びも簡単となれば、もう言う事無し。

そんなワガママを適えてくれる"ワンマイルウェア"があるんです。

149756091_o1
それがこのAT.P.COのジャケットと40WEFTのパンツです。

149753582
ジャケットはシンプルな2つボタンで2パッチ、パンツはドローコードを備えた2プリーツのキャロットフィットタイプ。

どちらも見るからに爽やかで、春夏が愉しくなりそうな2点ですが、先ずパンツ。
当店に長らくお越しの方にとっては懐かしい響きの40WEFT。

かつてはカーゴパンツをメインアイテムに、様々なボトムスを展開して来たイタリアのブランド。

このブランドが持つストレッチ素材やコットン素材のボトムスには、様々な形が用意され、またそれらがどれも履き心地、美しいシルエット、そして遊びのあるディテールで纏められていました。

149753582_o4
その後、エッセンシャルなラインナップが加わり、現在の40WEFTはビジネスユースに相応しいモデルから、休日に相応しいモデルまで、更に沢山のモデルが加わりました。

40W_1
その両方を適えてくれるものとして今回当店がオーダーしているのが、このパンツなのですが、ウエストには後ろ部分にのみゴムを仕込み、またプリーツを2つ擁する事によって、ウエストの動きと腰回りのゆとりが作られ、それらに対して裾へ向かう自然なテーパードは、丈を調節するだけで様々なスタイルに取り入れられるものになります。

40W_2
堅い職場は別として、プレミアムフライデー、カジュアルフライデー、SOHO(ソーホー:Small Office Home Office)、現在多くの職場に設けられているスタイルの自由に合わせ、このパンツもまた用途次第で沢山の出番を増やしてくれそうです。

しかもこのパンツの素材には(そうとは思えないほど)リネンが混紡されている為、涼しさは相当期待を持てます。
しかし触り心地はコットンストレッチの柔らかさしか感じません。

科学の進化もそうですが、素材の進化も素晴らしく飛躍していますね(・・・)

149756091
そして組み合わせるのはAT.P.COのジャケット。
このジャケットもまた、見た目では解らないほど「柔らかく伸縮する素材」を用いています。

149756091_o6
素材に柔らかなジャージー素材を用いているのですが、これが非常に心地良い素材で、どこまでも伸びてくれそうな伸縮性と、着ていてストレスを感じさせない着心地が、如何にもAT.P.COらしいパフォーマンス。

149756091_o9
ポロシャツやカットソーを合わせ、清涼感を更にプラスすると、それだけで充分愉しい気持ちにさせてくれます。

149756091_o10
またジャージー素材であるがゆえ、コットンやリネンなど春夏に多い特徴的な素材との相性が抜群に良く、凹凸のある素材ならば尚良し。

149753582_o6
これらを組み合わせる事で出来上がる爽やかでクリーンなスタイルは、見た目の綺麗さだけでなく、着ている本人が一番「心地良い」と感じるはずです。

それほど心地良い素材の二つです。

Blog20032801
他にも先日ご紹介させて頂いたLes Garcons Facilesのパイル素材も相性は抜群。
取り入れる色の合わせ方で、異なる印象を与えられます。

こうして週末や休日に相応しく、また旅行やビジネストリップでも使えそうなワンマイルウェアは、春夏らしい色合いや素材だからこそ、愉しめるものでもあります。

週末、時間を持て余している方、或いは衣類の入れ替えを目論んでいる方も、是非今回のコンフォートな二つを検討してみて下さい。

ちなみにこの二つ、どちらもコストパフォーマンスが高いブランドゆえ

『投資は少なく、満足は高く』

が叶えられますよ♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ