IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:南イタリア

IMG_6038
先週までの気温が嘘の様に、今日の日中は暖かく穏やかな陽射しに包まれました。
今日は最高気温も20度を超える小春日和に。

街中にはいつもに増して人の往来が多く感じられます。

こうして暖かくなってくると俄然高まるのが行楽に向けた装いの検討。
先日のBlogでも触れたように、ここから先の季節はアクティブな装いが優先される季節。

とかく仕事三昧の男性にとって、初夏、そして夏の連休は、愉しみを存分に味わっておきたい数少ない機会。

そこで、今日はそんな諸兄にお勧めの装いをピックアップして見ました。

IMG_9496
1954年以降、南イタリアのリゾート地、ヴィーコ・エクエンセに拠点を構え、カプリ島やイビザ島、マイアミ等、高級リゾート地に並ぶブティックに、リネン素材の高級シャツを卸す小さな工房「モンテックス社」は、長年培った『リネンに拘った』技術やディテールを、自社のオリジナルである『Massimo d'Augusto』として展開を始めました。

664A1770_01_f01-933x1400664A1720_01_f01-933x1400
恵まれた自然と独特な街並み、風景から得られる様々なインスピレーションと共に、同ブランドが持つ魅力は、「カプリシャツ」として発揮しています。

664A1612_01_f01
芸術家を先祖に持つアウグストの3代目であるマッシモは、高級リゾートのブティックのOEMを広く手掛け、その殆ど全てと言えるシャツの素材はリネンを使用しており、独特な風合いと雰囲気を醸し出し、昨夏日本に初めて上陸した際にも、瞬く間に拘りある紳士諸兄によって受け入れられました。

MG_8204_01_f01
現在も僅か12名の社員で作られているシャツは、全て女性の手によって作られ、またマシンメイドにも関わらず優れた技術により、独特な魅力を発揮しています。

IMG_9497
そのMassimo d'Augustoで、今回当店がオーダーしたのは2種類のカプリシャツ。

IMG_9501
カッタウェイの衿型に、キーネック状の胸元に2つのボタンと、Massimo d'Augustoが作り出す一つの定番的存在となるモデル「ALAMARI」。

IMG_9491
着易くする為のボックス型のシルエットに、ロングスリーブと絶妙なバランスの着丈は、このシャツが持つ存在感を一目で知ら占めてくれます。

IMG_9492
また台衿を持たない衿型はイタリアンカラーの様に、しなやかなシルエットを描き、ジャケットとの相性は勿論、夏のショーツによるカジュアルな装いにも、上品で質の高い装いを約束してくれます。

IMG_9490
かつて、カプリ島のヨットクラブ会長がこんな事を言ったそうです。

『大切なのは、水着姿で羽織っただけでも、そこにエレガンスがあるか、高級リストランテで絵になるか』

この言葉は、日本では余り想像に容易く在りませんが、高級リゾート地ならではの情景が浮かんできます。

つまり、シャツその物に上品さやエレガンスが在るかどうか、また着る人の美意識の高さが重要視されるものである事を読み取る事が出来ます。

Massimo d'Augustoのシャツは、まさにそんなエレガンスを持ったシャツと言えるかも知れません。

IMG_9482
前出のモデルの他にも、このブランドの特徴的なモデルの一つであるレースアップのモデル「STRING」があります。

IMG_9485
このシャツもまた上品でエレガンスを感じさせるディテールを持ち、また胸元にレースアップストリングスを採用した事によって、ディテールの美しさと共に脱ぎ着がし易いメリットも合わせもっています。

IMG_9483
ALAMARIと比べ、よりイタリアンカラーに近い、大き目の衿としなやかな衿先によって、シャツの美しさがより色濃く感じられる一着です。

IMG_9565
夏が恋しく、そして休日を待ちきれない気分にさせてくれるMassimo d'Augustoのシャツは、きっと大人の男性にとって、一つの嗜みを憶えさせてくれるものになるに違い在りません。

夏のトップスはポロシャツで充分等と、タカをくくっている貴方、、、絵になる男になるためにも、是非この機会にカプリシャツの魅力を味わってみて下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_SS2018_2
春、そして初夏に向けたリゾートアイテムも揃い始めています。
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
そろそろ連休に向けた春夏の装いを検討されてみては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月29日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/3/26
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7372
雨や風の吹く日が増え、まさに春を招く嵐の様に、連日の天気が変わりつつあります。
外は冷たい空気が充満したかと思えば、あくる日には暖かく穏やかな空、そんな繰り返しが毎日を確実に春へと向かわせています。

店内では春序盤の装いを求めてご来店下さる方々と、昨年のキャリー商品をお得に組み合わせてご購入下さる方々等、皆さん様々な楽しみ方をされています。

P2207773
月が替わると直ぐにやってくるのがお別れの季節とホワイトデー。
ご友人のお別れの品、或いはホワイトデーへのギフト等、様々な差し上げ物に頭を悩ませる方も少なくありませんが、今日は予てから人気のAubadeのボディローション(クリーム)が再び入荷を果たしました。

P2207774
昨年夏の日本での正規取り扱い以降、度々入荷を続けているのですが、その都度即時完売を繰り返す、人気の品。

P2207777
女性だけではなく男性にもご愛用下さる方の多いこのクリームは、非常に上品な香りと官能的な香りの2種類を揃え、共にパフュームとは別に毎日のお手入れにご利用下さる方が大半。

P2207776
実際、このクリームの伸びやかな感触と、嗅覚から癒される二つのヒーリング効果を受けて、当店顧客様の中には半年分のご購入を頂く方、或いはギフトへとご利用頂く方が非常に多くいらっしゃいます。

今回はギフトシーズン直前と言う事もあり、またしても早期完売が予想されます。
既に、オンラインストアへの掲載前に完売の兆しが出ていますので、まだ試された事の無い方も是非この週末にお試しいただけますと幸いです。

春本番を前に、今日もこの他に、AG、Uno de 50やErmannoなど新作が多数到着しております。

P2207778
AGからは女性的なシルエットで昨年から人気となっているストレッチデニムの素材を用いたペンシルタイトのスカートがピュアホワイトで入荷。

P2207782
コンフォータブルで在りつつ、女性的で魅力あるシルエットを作り出すモデルCARAは、昨年ご購入下さった方々にも非常に人気のシルエットで、今回も様々なスタイルに取り入れ易いホワイトだけに、リピート購入が予想される一着。

P2207810
AGからは他にも、今日的な定番として人気の高いNIKKI CROPも、ワンウォッシュのタイプやグレイカラーの物が入荷しています。

P2207815
特に、股上のバランスを変えずに、程良いゆとりを生むNIKKIのワンウォッシュは、適度な扱いのスタイルに最もふさわしく、トラディショナルな装いをはじめ、夏に向けたホワイトとインディゴのツートーンなスタイルに、その威力を発揮してくれそうです。

P2207816
物がシンプルになればなるほど、スタイルがシンプルになればなるほど、その質は問われる物。
AGの魅力は何といっても大人ぽさ、艶ぽさを演出出来る絶妙なシルエットに在るのです。

P2207791
全てのモデルが異なる魅力と、異なる体格や求めるスタイルに合わせて選べる、まさに微細なディテールやシルエットの違いによって、デニムブランドは数あれど、この微細なシルエットに合わせてお選び頂く事が、お客様にとっても非常にシルエット選びを楽にする一つの方法でもあります。

P2207784
同じゆとりを持つシルエットにも、このEX-Boyfriend Slimの様に、股上の寸法を変え、シルエットその物はストレートにと、今日求められるボーイフレンドシルエットを大人の切り口で演出する事が出来たり

P2207790
デニム本来の持つ魅力を、繊細に表現したりと、AGの持つ魅力は他と似て非なるモノである事は言うまでも在りません。

P2207799
また、最近では素材その物にもデニムらしさを求めはじめているAGは、Upper Hightsなどに代表される、『本来、生デニムを履き続けたら、こうなる』姿を、素材の加工に求めています。
つまり、このモデルDREWも、元々ゆとりのあるリラックスしたストレートシルエットですが、その魅力を最大限に引き出す為に、生デニムに加工を加え、言わば『作られた筋状の色落ち』ではなく、『元来得るはずの経年変化』を作り出しています。

これは非常に言葉では伝わりづらい物ですが、実際に店頭でご覧頂くと、より確かな物として皆様に伝わると思います。

現在のデニム事情には、「らしさ」で作る魅力は影を潜め、デニムにもお仕立て同様に「オーセンティック」(本物、本質、核心)を求められている事が、多くのデニムブランドによって解釈する事が出来ます。

ストレッチデニムにリアルな加工は出来ない、と言っていた数年前までの技術は、既に過去。
現在の技術には、多くの素材に、リアルな加工を表現する事が可能になっています。

ジーンズが主力となる春夏に向け、新たな切り口、目線で、各デニムをご覧頂くと意外な発見があるかも知れませんね。

さて、ここからはMen'sのご案内。

年々、様変わりする男性にとっての些細なトレンドの変化は、基本となるアイテムに変わりはなく、『加えるエッセンス』で全体の匂いを変えると言うスタイルも少なくありません。

IMG_7745
当店が皆様にご提案し続けている「Sportivo」(スポルティーボ)な装いは、まさに筆頭格。
日頃着用しているジャケットや細身のパンツ(或いはスウェットやラウンジパンツ)に、フーディー(パーカー)やスニーカー等を加え、チョッピリ、アクティブでスポーティーな装いへとカジュアルダウンする様。

そんなスタイルには時にカジュアルにナイロン素材を取り入れたり、よりアメカジ寄りなスタイルになる時も在りますが、ここでご提案しているのは、あくまでもベーシックなジャケットやパンツ、或いはスーツの着崩しによるカジュアルダウン。

その際、最も気になるのが汎用性の高いスニーカーで合わせた時、どうも質の差が目立ってしまったりもするものですが、今回当店のプロダクトの一つである『Agnelli & Sons』で製作したスニーカーは、まさにその気になる部分をフォローアップする為の一足。

P2207707
アッパーには質の高いスウェード素材を用い、ソールには分厚いスニーカー用の珍しいビブラムソールを採用し、履きやすさによるコンフォート性と、ドレスシューズの様なぴったりとハマるアッパーの形状が組み合わされたと言う表現がぴったりの一足です。

P2207709
通常、甲幅を広げてしまう事で全体のシルエットが失われてしまう部分、特にアッパーの形状をタイトに細身に作る事によってスタイリッシュに見せ、昨今のボトム事情からなる、丈の長さ(短さ)や裾幅の細さに対し、縦のボリュームを持たせる事によって、全体のバランス感を作り出す、まさに理に敵った形に仕上げられています。

P2207711
包み込まれる様なアッパー形状には、内側に当たる箇所に、柔らかく厚いパッディングを施す事で足を保護し、歩き易さにも加担しています。

P2207718
と同時に、アウトソールの厚みから、所謂脚長効果も生まれる等、私達日本人男性の弱点(?)でもある脚の長さを作るなど、良い事尽くめの一足が出来上がりました。

P2207719
カラーはダークネイビーとグレーの2色展開。

P2207728
共に、見た目以上にポッテリとしたボリュームを感じず、実際足を入れてみると、それらが不思議にもスリムに見えてしまうのですから、視覚的な効果も抜群に仕上がっています。

P2207727
私達の世代にとって、スポーツブランドのスニーカーは切り離せない一つの必須アイテムですが、時にはドレス顔をした足元を取り入れ、スタイルアップに違いを見せたいと思う節も無くはないはず。

P2207723
ベロへのレザーのパッチや、ゴールドに施された鳩目など、細部のディテールにこそ、大人然とした魅力があふれています。

P2207722
質を感じて頂ける方にこそ、この魅力を感じて頂きたい、今回のAgnelli & Sonsは、前回のローファーとは全く異なる切り口での展開となりました。

P2207720
今回のスニーカー入荷には、実は多くの方が楽しみに待っていらして下さっており、入荷のご案内と共に、既に数名の男性顧客様がご来店下さいました。

また、今回のスニーカーでは最小サイズ6をご用意しておりますが、このサイズは普段24㎝相当の靴を着用していらっしゃる女性のお客様にも難なくお召頂ける大きさとなっています。
パートナーとお色違いで楽しんだり、或いはギフト等を加味してもお勧めです。

IMG_7772
どちらも迷ってしまう程、色の雰囲気、見え方が異なる2色。

IMG_7770
無論、当店のプロダクト故、他ではご入手が適いませんので、この機会に是非試して頂く事をお勧め致します。

次なる秋冬には、更に切り口を変えてのご提案を用意しておりますので、今後のAgnelli & Sonsも是非楽しみにお待ちくださいね。

P2207768
その他にもMen'sではイタリアの老舗ファクトリーErmannoから、リアルクロコダイル、それも高価なミシシッピアリゲーターを一匹使用したベルトも到着しています。

P2207770
通常、ワニ革を用いる際、どれだけ名の知れたブランドでも、大抵はベルトの中心や端々に目立たない様、接ぎ目が在ります。

これはベルトの寸法全てを補い使うには、革に無駄が出てしまう為、要所要所で継接ぎ、コストを低くする一つの方法。

P2207765
しかし、このErmannoのベルトは、バックル付け根から剣先までに、接ぎ目は無く、一匹その物を使っている事が、その紋様からも解ります。

P2207766
整った紋様を使うには、限られた箇所を縦に使う事が求められますが、例えば100㎝のベルトならば100㎝以上のワニの皮を用いる訳ですから、それなりの無駄も出る事になります。

つまり、その接ぎ目の無い状態を贅沢に使い作られた、このErmannoのベルトは非常に貴重且つ、見る人が見ればすぐに解る程、そのクォリティは高い物である事が解ります。

今回、メーカー様の協力の元、通常あり得ない価格でのご提案をさせて頂いています。
このベルトは、革その物の価値である事しか感じられない程、お勧め度は高い物になっています。

オンラインストアへの掲載予定が御座いません為、是非気になる方は店頭までお問合せ下さいませ。
(もちろんご来店もお待ちしております)

※Ermanno(エルマンノ)は、1976年創業の南イタリアに拠点を構えるレザー製品のファクトリーブランドです。
大手メゾンブランドのOEM等も請け負い、その高いクォリティは、知る人ぞ知るファクトリーブランドとして、現在日本国内の流通も僅かとなっており、質の高さを見出す大人の男性に支えられるオーセンティックなブランドです。
創業から数十年、南イタリアでベルト生産における最も大きなファクトリーに成長しています。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】

いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
来週以降、2月、3月の店休日は非常に不規則となります為、BLOG或いはOnline Storeトップページにてご確認の上ご利用下さい。

【2月、3月の店休日】
2月24日(水)、3月3日(木)
※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo0002

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2016/2/20
---2016年春夏物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1282516&sort=n
---2015-2016年秋冬物 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1166756&sort=n
---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)
----------------------------------------------------------------------------------------
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

このページのトップヘ