IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ローファー

3連休初日の今日は「春分の日」ですが、国際的には

『International Day of Happiness』

日本語では"ハピネスデー"、或いは"幸福の日"と制定されている国際デー

2012年6月に開催された国連総会で提唱され、193か国の加盟国が満場一致で記念日とした日です。

この日は世界がより幸福であることを願う一日であり、「幸福とは何か?」を考える一日とされています。

物質的、経済的、人道的、精神的、どんなことでもそれぞれの立場から考える幸せへの理念を改めて考える日です。

当然(?)当店は経済的+精神的=お買い物で満足するを提案します(無理やりですね)。

今、日本および世界はかつてない状況に包まれていると言っても過言ではありません。
しかしこうした状況を消極的に捉えるのではなく、私達は積極的に前に進む発想を持たなくてはなりません。

人は何か嫌な出来事が起こると、心にネガティブな思いを抱き続けます。
そんな時、その人の精神的な強さ弱さを露呈するものなのですが、当店は常に積極的に皆様と盛り上がってまいります。

何故なら、身の回りの物が新調されると、少なからず「心が喜ぶ」からです。

身体的な健康は勿論大切ですが、もっと大切に思うのは『精神的な健康』です。

愉しい事、嬉しい事、満たされる何かの感情を持つ事は心をポジティブにします。
当店は(むりやり)心を健康にするもの(⇦洋服です)を持っています。

こんな世界だからこそ、皆様に笑顔が増えると良いな~と思います。

と、今日も蛇足を踏みながら、新作のご紹介です♪

今日は当店がお勧めしたい2つのブランドを取り上げます。

一つ目のブランドは当店でも長らく続けているイタリアのシューメーカー『LUCA GROSSI』。

slideshow_img_LG_20200920_SS001

女性のシューメーカーとしては珍しい本格的な靴づくりを行うLUCA GROSSIは、1970年に創業された老舗。

その靴づくりには一切の妥協が無く、靴を構成する全ての素材を厳選された最高品質の物を使用し、更に履き心地を重視した「伝統的」な一足である事を約束してくれます。

今や財産とも言えるLUCA GROSSIの靴たちは素材の選択、裁断、縫製、組み立て、仕上げ、その全てのオペレーションをイタリア国内で行い、そこには職人たちの熟練した伝統と技が込められています。

当店でも人気の高いLUCA GROSSIは、こうした背景だけではなく、何より「履き心地」を口にする方が多く、優れた物作りを肌で感じさせてくれる点も人気の理由になっています。

もっとも、女性にとって靴づくりの背景や内容は二の次

大切なのは「見た目」と「履き心地」である事が第一です。

しかしそんな女性の気持ちを掴むブランドこそがLUCA GROSSIなのです。

そんなLUCA GROSSIで今回オーダーしたのは、これまでも人気だった木型を使った特別なローファーと、コンフォートをスタイリッシュにしたスリップオンの2つです。

149483292
一つ目のローファーがこのチェーンを使ったローファー。

149483292_o2
某ブランドも採用したチェーンモチーフのローファーは、80年代や90年代を懐古させるものでしたが、当店がオーダーしたのはチェーンをウッドで仕上げたもの。

149483292_o4
軽さはもとより、持前の履き心地と相まって、今日的な仕上がりを見せるこのローファー。
仮にウッドではなく金属であったとしたら、少し難易度の高い一足になった事でしょう。

149483292_o5
加えてホワイトのスムースレザーを用いた事で、ある種カジュアル感が増し、トラディショナルな印象よりもシャープで先鋭的な魅力を携えたと言っても過言では在りません。

またソールはレザーソールを採用し、元々LUCA GROSSIが持つソール(反りが良い)への拘りを、より感じて頂けるものに仕上げています。

コバの張り出しも少なく、ソール厚も薄くする事によって、履き心地の良さに加え、ドレッシーな印象が増しています。

149477335_o9
これによってカットソーとストレッチの利いたパンツ、そんな簡素な組み合わせでも、どこか個性的でモード感のあるスタイルに昇華してくれる、そんな一足になっています。

クラシックやトラディショナルなディテールを得意とするLUCA GROSSIにとって、新しい魅力を与えてくれるお勧めの一足に仕上がりました。

そしてLUCA GROSSIと言えば、クラシックなシューズと共に近年人気を牽引しているのが「コンフォート」なモデル。

しかしながら、それらコンフォートなラインナップには、「どこか馴染めないぽってり感」があり、当店では度々オーダーを見送ってきた経緯があります。

そこで今回新たにオーダーしたのがこの

149483452
クラシックとコンフォートを両立させた一足です。

149483452_o2
このモデルはアッパーにトラディショナルなフルブローグ(穴飾り)をあしらった形状を、ソールにはウレタンの積層をあしらい、クラシックな表情とコンフォートなソールの組み合わせから成される今日的な一足が完成しました。

149483452_o8
ソールには過去一度だけ採用した事のあるエクストラライトを使用し、腰高に脚長に(4㎝高)に見せています。

149483452_o5
このソール材は驚くほど軽く仕上がるのと同時に、非常に優れたクッション性を持ち、履き心地が全く変わったものになります。

149483452_o7
またアッパーに使用している木型がLUCA GROSSIらしい細身の美しい木型の為、これほどボリュームのあるソールにも関わらず、一般的に見られるボリューム感だけのシューズとは違った美しいシルエットが魅力の一つになっています。

149483452_o3
アッパーには柔らかくしなやかなシュリンクレザーをベース(白い部分)に、爪先とヒールカップにミッドナイトカラー(非常に濃いダークネイビー)のパテントレザーをあしらい、色のコントラストの美しさと共に、爽やかな軽さを齎しています。

149483452_o4
この仕上がりにもまたLUCA GROSSIの技術の高さや美意識が生かされているのですが、一般的には

「靴は小さくなればなるほど、バランスは崩れて行く」

と言う概念を覆すほど、細部のディテールやバランスが美しい状態を保っています。

149483452_o10
普段なかなかピッタリのサイズを見つける事が難しいスタッフの足元にも、この写真から、フィット感が高く、またバランスよく合わせられているのが解ると思います。

149483452_o11
ボリュームソールのシューズには細身のボトムスやスカートなど足首コンシャスとでも言うべきバランスで合わせると、よりスタイリッシュに見せやすくなります。

149477335_o8
このシューズもまたシンプルなカットソーとパンツだけの組み合わせにも、一味違いを作り出す独特な存在感が在ります。

美しさと履き心地、この二つを両立する事は、女性靴にとって中々難しいことですが、LUCA GROSSIにはそれらを解消する術があると言う事を今回のオーダーで感じて頂けると思います。

既にお持ちの方も、まだLUCA GROSSIを試した事の無い方も是非この機会にお試し下さいね。

そして二つ目のブランドはコチラ

Rawtus002
『Rawtus』(ロゥタス)。

日本が誇るゴートレザーを使った(特許取得)布地の様なレザー製品によって、一躍トップに躍り出たドメスティックブランド。

Rawtus001
特にフランスでは絶大な人気を誇り、そのシンプルでしなやかな物作りは美意識が万国共通である事を証明しています。

そのRawtusの中でも今春当店がフォーカスしているのが、レザー製品への補完的役割を担う『Rawtus +Foundation』のラインナップです。

既に春の第一弾としてスウェットシャツが入荷後間もなく完売しているこのラインナップ。
当店では主にカットソーを中心にピックアップしています。

149476782
今日入荷しているのはレギュラータイプと、シャツカットを施したビッグサイズのタイプの2型。

149476782_o5
レギュラータイプのカットソーは常に多くのスタイルの中心になるシンプルなインナーとしての作りを踏襲しています。

149476782_o6
美しいクルーネックと程よいショートスリーブ、そして適度な肉厚感を感じさせる、しっかりとしたコットン素材。

149476782_o8
当たり前の物を当たり前に提供する事が出来るのは、もはや日本人の仕事の基本であり、意外にも他国では"ないがしろ"にされている部分かも知れません。

このレギュラータイプのフィット感は一般的に想像されるほっそりとしたフィットではなく、身体に適度な緩みを持たせ、程よい着丈を持つもの。

149476782_o9
ジーンズ、スカート、トラウザーズ、ショーツ、どんなボトムにも合わせ易く、またテーラードジャケットからミリタリーなどのジャケットまで、様々なニュアンスのスタイルに取り入れやすい抜群のバランスを持っています。

もう一つの形がコチラ

149477335_o4
大き目でゆったりとしたサイズ感で作られたビッグサイズ。

149477335_o5
ドロップする肩やゆとりのある袖、更に身頃のゆとりと共に裾には前後の長さを変えスリットを入れたシャツカットを採用しています。

この着丈はレギングやスパッツ、スキニーなど細身のボトムスとの相性が良く、アスレティックな装いを愉しむならまさにお勧めのカットソー。

149477335_o8
149477335_o9
シンプルな装いに合わせたくなる派手さを控えたプリントと特徴的な着丈は、間違いなく春夏の装いを愉しい物にしてくれそうです。

149477335_o7
レギュラータイプの物とは違い、より日常に適したトップスとしての魅力を発揮するビッグサイズのタイプは、パンツを好む人にこそお勧めしたい一着です。

149477335
レギュラータイプは全4色、そしてビッグサイズは全3色、それぞれ異なる魅力を携えたカラーラインナップとなります。

今日ご紹介したLUCA GROSSI同様、共に一着の存在価値が高め合う「シンプル」と「クラッシック」は、『コンフォート』と言う心地良さが加わって初めて新しい装いに変わります。

奇しくも今日は"幸福の日"。
皆様の心を満たす装いの幸福を考えてみてはいかがですか?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_9671
春を迎える前の最後の冬の悪あがきとも言えるのでしょうか、とても寒さに包まれる週末となりました。
気温に反して、街には沢山の往来が目立つ様になり、春直前、多くの方々が思い思いの過ごし方を愉しんでいる様に思います。

さて、今週は店頭に多くの春夏物が揃い始め、今日も沢山の新作が到着しています。
中でも先日から多くの方が関心を寄せている「足元」の充実。

春が近づき、洋服が揃い始めると足元も途端に気になります。

今日はそんな足元を彩るのに相応しい、ウィメンズの新作2種をピックアップしてみました。

IMG_9793
一つ目は「想像以上にマルチ」な一足、ミラー効果のあるシャイニーシルバーのフラットパンプス。

IMG_9795
Fabio Rusconiのこちらはポインテッドトゥの流麗なラインが魅力的な一足で、輝きも落ち着きのある輝きを持ち、シーズンレスに欲しくなるとても綺麗な色合い、仕上がりです。

IMG_9797
近年、シーズンを問わず必携の色に数えられるシルバーカラーのパンプスは、その輝きに反して、ジーンズやトラウザーズ、スカートにワンピースに至るまで、殆どの装いに取り入れやすく、またこの色合いが作り出す独特の洒脱感は、他では得られない魅力的な表情を作り出してくれる存在です。

IMG_9861
シンプルな装いにはモノトーンとしての落ち着きを、またポップな色合いが楽しい春夏には、色合いやデコラティブなディテールを、程よく調和してくれる重要な役割を担ってくれる一足です。
(写真使用商品:スカート/ESSENTIEL、カーディガン/otto d'Ame)

当店にもシルバーカラーを好まれる方は多いのですが、まだ抵抗のある方も、合わせてみると、それ程違和感なく使える事に気付かされると思います。

これからの季節、そして秋冬の装いにも欠かせないシルバーカラーの一足を是非この機会に試して頂きたいと思います。

IMG_9800
そしてもう一足は、既に当店の御客様には御馴染のイタリアのシューメーカー、Luca Grossiのビットローファー、それも新型です。

IMG_9805
これまでにも幾度となくオーダーを繰り返しているLuca Grossiのビットローファーですが、その都度ラスト(木型)の違いや、ソール、アッパー、細部のディテール等、常に変化を加えて来た一足です。

今回はここ数シーズン継続したヴィブラムソールではなく、敢えて「軽快」な印象を与えてくれるナチュラルなレザーソールを選択しました。

IMG_9802
アッパーにはリザードのエンボス(型押し)レザーを用い、どこかヴィンテージ感を思わせる様な、独特な味わいを増した一足に仕上がっています。

IMG_9862
特にモノトーンのスタイルに取り入れる事によって、このローファーの魅力は更に昇華します。
当店が提案する一つの「リバイバル」や「時代感」が伝わる今回のローファーは、色そのものにも表れているのですが、何よりレザーソールとのコントラストカラーが、それらを更に助長しています。
(写真使用商品:シャツ/ROSSOPURO)

IMG_9863
アッパーのレザーも、単なるブラックのリザードエンボスと言うよりは、少し色のトーンダウンを施した様な絶妙な古びた感じを醸し出している為、履きこむごとに、この革質の魅力は増して行きそうです。

ソールのライトな印象が全体に軽さをもたらし、極々一般的なブラックのビットローファーを感じさせる印象は皆無。

こうして些細なディテールの変化だけで全体の印象が変わって見える事も、靴のオーダーの魅力であり、スタイルを愉しむ醍醐味の一つと言えますね。

この他にも、現在様々なシューズやバッグ、洋服が出揃って来ている今月。

春夏のスタイルを占う大切な季節でもある3月は、皆様のクローゼットの整理の季節でも在ります。

しばらく身に着けていない洋服は処分し、是非これを機に新鮮な装いを揃え直す新たな機会にしてみては如何でしょうか。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_9306
春の足音が聞こえて来そうな今週の空。
街にも徐々に賑わいが目立つ様になり、春は着実に人々の動きを活発にさせているようです。

暖かくなると服装も、どこか軽やかに装いたくなるもの。

IMG_9310
今日はそんな足元を軽くしてくれる数々の新作が入荷。
その中でも男性にお勧めしたいのが当店では初となるイタリアのモカシン(ローファー)専門ブランド『Il Mocassino』(イル・モカシーノ)の靴たち。

エルネストの企画に携わるヴィンチェンツォ氏がディレクションするこのブランドは、その名の通り、モカシンばかりを作り続ける稀有なブランド。

元々イタリア、リミニのセレクトショップがコストパフォーマンスを求めた結果、たどり着いたのがトスカーナの老舗靴メーカーでした。
その後、両者の取り組みによって生まれたIl Mocassinoは、2017年に設立された若きブランドです。
このブランドが日本に紹介されたのも翌年。

徐々にその名を広めて来たIl Mocassinoですが、何より特筆すべきは『柔らかな革質』と『反りの良いソール』です。

今回当店がオーダーしたのはパテントレザーとスウェードの二つのビットローファー。

IMG_9311
どんな装いもシャープで艶やかな印象を与えてくれるパテントは、もはや疑いようのない足元の武器。

IMG_9313
柔らかさを存分に生かした、その履き心地はモカシン(ローファー)としての魅力を最大限に生かしています。

IMG_9317
アウトソールもレザーをあしらい、一つの靴の存在感を高めつつ尚、どんなスタイルにも対応してくれる魅力こそが、Il Mocassino。

IMG_9314
クラシックな顔立ちとディテールからは、長年愛され続けるであろう匂いをプンプン感じさせます。

IMG_9379
今シーズン多くのスタイルにオリーブとブラックを共に提案し続ける当店ゆえ、このビットローファーもまた、足元を締める一つの武器になりそうです。

IMG_9378
春と秋はトラディショナルな装いを愉しみ、夏にはショーツとの組み合わせを楽しむなど、ビットローファーが持つ魅力、威力は春夏にこそより強く感じるのは私達だけではないはず。

IMG_9377
今回のローファーは日常的な装いにこそ取り入れて欲しい一足でもあり、また某メゾンとは異なる構えずに履ける一足として揃えたくなります。

IMG_9318
パテントの他にも、スウェードにはまた違った表情が生まれます。

IMG_9321
コンサバティブでクラシック、そしてトラディショナルとカジュアルな装いを締めてくれるタバコカラーのスウェードは、一足持っておくと非常に便利な存在。

IMG_9380
敢えて攻めの装いに取り入れ、全体に脱無難を進める存在にしたいカラー(素材)。

モード、クラシック、トラディショナル、ジーニングカジュアル、アスレティック、どんなカテゴリーの装いにも、合わせ方次第で溶け込んでしまうビットローファーの存在は、履く人の個性がそのままスタイルに表現される不思議な魅力が在ります。

今回のIl Mocassinoは、33,000円(スウェード)と34,000円(パテント)と言うリーズナブルなプライス。
高いコストパフォーマンスも魅力の一つとなっているIl Mocassino。

今春夏の一足をビットローファーから始めてみては如何でしょうか。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月14日(木)、20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



日中は春の訪れを感じさせる陽射しが射す様になり、少しずつ装いにも変化が欲しくなる季節になりましたね。

風はまだまだ冷たいものの色や形等、装いの中に何か春らしさを感じたいこの頃です。

春らしさを得るには先ず足元を固めたい、そんな思いに駆られた男性顧客様が続いていた昨今。
丁度今日、男性諸兄がお待ちかねだったENZO BONAFEの新作が到着いたしました。

IMG_8062
毎シーズン新しい提案を検討する度、欠かさずオーダーする物、そして顧客様方からの要望も多いのが「ローファー」。

木型を変え、革を変え、色を変え、様々なモデルを試してきたのですが、今春の新作は”顧客様方のご意見”を元にオーダーをしています。

IMG_8051
それが、この趣のあるミュージアムカーフを使った一足です。

元々木型に使用しているLUNAは、ご購入下さった御客様の多くが「履き易さ」と「形の綺麗さ」に惚れ、次なるモデルのベースへとご要望が多かったモデルです。

IMG_8052
その流麗なラインは丸みとエッジが程よいバランスで描かれている為、一見しただけでは魅力の全てが伝わり辛い程、シンプルでベーシック。

IMG_8057
然し乍ら、幾度と履いているうちに気付かされる、その細部のディテールには、一口では言い表せられない「艶やか」な魅力が放たれているのです。

今回このモデルに使用した革(ミュージアムカーフ)と共に、顧客様方のご要望により誂えたのが、ボロネーゼ製法による仕上がり。

IMG_8056
アウトソールをボロネーゼ製法によって仕上げる事により、コバの張り出しは最小限になり、既に見た目からエレガントに。

IMG_8053
またこの製法はENZO BONAFEが拠点を構えるボローニャ地方に由来する製法ゆえボロネーゼ製法と呼ばれる訳ですが、この製法による特徴は、何と言っても、

『反りが良く、履き心地が良い』

事です。

確かに正面から見ると通常行われるブレイク製法(土踏まずのみをマッケイで仕上げ、その他はグッドイヤーで仕上げる方法)に比べ、アウトソールが緩やかにカーブ(膨らみ)を作る等、如何にも履き心地に寄与しそうな形状を窺い知る事が出来ます。

IMG_8059
このボロネーゼ製法、特徴的な縫い方として、アッパー全体を袋の様に足を包み込むような縫い方(仕上げ方)を行う為、足に心地良い感触を得る事が出来ます。

「反りが良く、履き心地が良い」

イコール、雨天時の扱いには注意が必要ですが、やはりローファーの様にスマートで綺麗さを演出したい靴には、全天候対応を求めるのは無粋。

綺麗な靴、お気に入りの靴だからこそ雨天時には別の靴を履く事は言わずもがなの定石。

今回のローファーは当店主導ではなく、あくまでも顧客様方のご意見を取り入れ、皆様方と共に作り出した一足。
仕上がりは勿論、素敵の一言です。

是非この春夏、履き易さと魅力ある綺麗な形の一足を、ENZO BONAFEで選んでみませんか?


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月7日(木)、14日(木)、20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_6536
秋風が冷たい風に変わりつつあり、徐々に冬の様相を迎えている甲信越地方。

装いにも変化が始まる季節ですが、まだまだ秋と冬の両方の装いを愉しみたいと思いたい微妙な季節ですね。
何故なら冬の装い一辺倒になってしまうと、コートやダウンばかりが主役になってしまい、中身を愉しむ余裕がなくなってしまうから。

とは言え寒さは日に日に増して行くことを考えれば、今のうちに沢山の装いを愉しんでおきたいですね。

さて、女性の御洒落への関心は常に男性の一歩先を行き、とかく男性に於いては後発で動き始める事が少なく在りません。

しかし、今季は多くの商品到着が遅れ気味と言う事もあり、今がまさに丁度良い頃合いと言わんばかりの到着ラッシュ。

IMG_6532
秋の御洒落を愉しむ上で、足元の存在は天候に左右されがちな地域ゆえ、今がまさに愉しみ時。

IMG_6530
程よい主張と存在感、どんな装いにも想像以上にマッチするMac Baren'sのキルトタッセルは、永久に色褪せない魅力を持つ一足。
今季到着した靴では在りませんが、男性の靴には変わらず魅力を発する物が常にある事が、心揺さぶる一つですよね。

IMG_6534
他にも今シーズン合わせて楽しみたいチルデンセーター(William Lockie)とコンビネーション・ローファー(Enzo Bonafe)も、ブレザー等と合わせてプレッピーを愉しむ良い材料。
こちらも今まさに選び時。

そんな足元注視の今週、ようやくお待ちかねのEnzo Bonafe(per IL MARE)が到着しました。

今回は2種類のオーダーが叶いました。

IMG_7236
一つは名木型Edwardをベースに、日本人に合わせたフィッティングを、仄かなシボを活かした表革とスーパーバック(牡鹿革)をコンビネーションした同系異素材の組み合わせ。

IMG_7255
鋭さを緩和した緩やかな甲のカーブと、適度なシャープさを併せ持ち、それらをブレイク製法(前半分をグッドイヤー、後半分をマッケイで縫い上げた製法)で仕上げ、軽さと反りの柔らかさ、そして何よりスーパーバック部分のソフトな質感から得る穏やかな色合いを醸し出したかった一足。

IMG_7238
単に同系色ではなく、凹凸面や素材が変わる事で、更に味わいが増す独特な魅力。

IMG_7244
この革質は履き始めると直ぐに馴染んでくれる育て甲斐のあるもの。

IMG_7242
Enzo Bonafeの靴には特別な温もりがあり、それは手描きの文字だけではなく、履き続ける事によって分かる「人の手を介した感覚」。

IMG_7245
もう一つがアノネイのカーフを使った端正な顔立ちと重厚な趣きを持つダブルモンクストラップ。

IMG_7250
流麗且つ迫力のある立体感は、Sydneyと言う木型の持ち味。

IMG_7248
今回求めたのは、このバックルに使用するゴールドの金具と、

IMG_7254
ダイナイトソール。

オンスタイルだけではなく、カジュアルな装いにこそ生きる色や迫力は勿論、この靴を全天候対応する事によって、更に魅力を増しています。

お気に入りの靴は着用頻度が増えるもの。
だからこそ日常を想定した仕様を取り入れたいと言うのも私達の考え方の一つです。

男性にとって靴はその日の装いに迫力と存在感を仕上げる『締め』の役割。
派手さを控える我々世代の中で、唯一求められるクォリティや存在感は、こうした存在あってこそと言えるかも知れませんね。

IMG_7259_1
また足元と共にニットウェアにも多数お問合せを頂いており、今回再入荷を果たしたVandoriのケーブル編みのタートルネックは、男女共にお勧めの一着。

前出の各靴とも好相性を作り、そのケーブルの立体的な迫力は足元の存在感に特別な調和を作り出してくれます。

IMG_6634
特に先日もご紹介させて頂きましたが、タートルネック部分の衿腰の高さが適度に仕上げられている為、シャツをインナーに取り入れた装いも実にし易いバランスを持っています。

IMG_6635
そのままでも充分素敵ですが、シャツによる色挿しによって更なる魅力を与えてくれる一着です。

IMG_6636_1
カラーも全4色が現在揃っています。
これから足元と共にニットでも同様の存在感、趣を作り出すべく、是非店頭で実際にご覧頂きたいと思います。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月・12月の店休日】
11月22日、12月31日~翌年1月2日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ