IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:リネン

IMG_1236
まさか?の積雪に目を疑った3月最後の日曜日。

関東地方を中心に季節外れの雪が降りました。
この春最後の荷下ろし?とばかりに深々と降り続ける雪。

長野地方では昼過ぎには雪も止み、路上はいつもの姿を取り戻しました。

今年は色々な出来事が次々と起こり、今まさに泣きっ面に蜂と言う方もいらっしゃると思います。
(私は今日免許更新5日目にして交通違反で捕まりました…まさに泣きっ面に蜂二匹の状態)

とは言え、徐々に春らしさを取り戻しつつある今月も後僅かで終わり。
少しずつ新年度に向けて、身も心も新たに挑みたいですね。

そこで今日取り上げるのは、新しい季節(年度)に向けた二つのアイテムです。

先ず一つ目は当店が作り出す様々な切り口によるブランド「Agnelli & Sons」の新作テーラードジャケットです。

149788564
今回から新たなディテールを加えたダブルブレステッドのジャケットを展開しています。
中でも拘りを詰め込んだ、このジャケットは、女性のテーラードジャケットにも男性と同じ拘りを取り入れ、比較的女性物のジャケットに多い「妥協」部分を限りなく排しています。

Libeco001
今回ジャケットに使用した生地は、ベルギー製の最高品質のリネン。

それも1858年から続く老舗の生地メーカー『LIBECO LAGAE』(リベコ・ラガエ)社の物を使用。

LIBECO LAGAE社のリネンはベルギー王室御用達としても知られ、ヨーロッパのリネン連盟認定「マスターズ・オブ・リネン」の称号を持ち、古くからリネン産業として知られているフランダース地方にルーツを持ち、さらにこのピュア・リネンは、独特の膨らみと柔らかさを持つ上質さが特徴で、リネン素材特有のゴワゴワした感触や硬さがなくシャリ感だけが残されています。

主にベルギーのリネンはインテリアやベッドリネンなどに見られますが、実はアパレルに向けた素材も作られている事を余り知られていません。

149788564_o10
今回はそのLIBECO社のブラックのリネンを使い「大人の女性に相応しい」一着を形にしました。

149788564_o7
主な仕様は6つボタンの4つ掛けのダブルブレステッド、胸のバルカポケット、脇のフラップポケット、袖の4つボタンの本切羽、深いサイドベンツなど、飽きる事の無いベーシックなディテールを用いています。

149788564_o1
また全体のステッチは縁から6ミリ位置に縫いを入れ、クラシカルな表情をより高めています。

149788564_o11
他にもフラワーホール裏にはチェーンステッチが二つ。
それぞれ生花を挿す事が出来る本格的な仕様になっています。

こうしたディテールは勿論男性の物にも共通する部分でもあり、また最近ではオーソドックスなディテールとして当たり前の様に施されている部分でもあります。

149788564_o9
しかしこうしたディテールではなく、当店がどうしても叶えたかった部分は全体をより女性的に見せる為の各パーツのバランスです。

その最たる部分がウエスト位置と腰から裾までの長さ

149788564_o3
一般的に女性のジャケットを仕立てる際、サイズが大きくなればなるほど、ポケット位置やベント位置は下がるものです。

逆に小さくなればなるほど短く、それは当たり前のことですが、当店が拘ったのは、身長の有無に関わらず、誰もが腰高で脚長に見えるための工夫です。

149788564_o5
このバランスについては、ここでは多くを語りませんが(ちょっとした視覚的な細工を生むように仕上げています)、その拘りによって、これまでダブルのジャケットを何かしらの理由で敬遠していた方や、或いは身長や体格によって敬遠していた方々にも、常に魅力的なシルエットで着て頂く事が出来るようになります。

149788564_o4
「美しく」見える事、「シャープ」に見える事は女性にとって大切な要素。
近年ではオーバーサイズのダブルブレステッドが主流を占めていますが、ここでの提案はあくまでもオーソドックスでクラシックが基本です。

149788564_o6
素材のLIBECO社製リネンは、キラキラとした輝きは在りませんが、非常に上質さを訴えるベルギー製リネン特有のマットな仕上がり(※特にベルギー製リネンはマットな仕上がりが特徴=フンワリ仕上がる為マットに映ります)が、全体を落ち着きと上品さで包みます。

149788564_o8
またラペルは男性の仕立てと同様、職人が丹念に時間をかけて、手でアイロンを使い「くせ付け」を行います

これによってラペルには立体的なカーブが生まれ、またシングルと同様にジャケットの顔とも言える、最も大切な返し部分に、一般的な既製品との違いを生み出しています。

こうして様々な技術と(割愛していますが)沢山の拘りを盛り込んだ、大人の女性の為の一着が仕上がりました。

今回の新作では、このLIBECO社製リネンの他にも、様々なファブリックを用いたジャケットを今後も展開していく予定です。

またこのジャケットの基本は、パーソナルオーダーでも御承りが可能になっておりますので、新しい季節に向けた一着、或いは自分にピッタリの一着を求める方は、是非お気軽に店頭までお問合せ下さい。

そして、このジャケットはビジネスなどでの活躍は勿論なのですが、当店が特にお勧めしたいのがジーンズとの組み合わせ。

魅力的なジャケット、ジーンズと組み合わせたら足元が気になりますよね。

そこでお勧めしたいのが、ジーンズは勿論ですが、今季特に当店がお勧めしているワイドパンツやバミューダなどの「ワイドレッグ」に相性の良い一足。

149791032
それがFABIO RUSCONIのポインテッドトゥ・ローパンプス。

149791032_o3
今回この形を使用してオーダーしたのはAmalfi(アマルフィ:イタリアの海岸名)と名付けられた独特なブルーのスウェード。

その特徴的な色のスウェードを低めのチャンキーヒールに組み合わせ、一般的なフラットパンプスや細いヒールのロ-パンプスとは違った印象を作り出しました。

149791032_o11
オフィスでの活躍は勿論、週末にはジーンズとの相性を考え、この色、この素材、そしてこの形にフォーカスしています。

149791032_o10
ジーンズにも、細身のシルエットから、今日のワイドなストレートシルエットまで、幅広く合わせ易くなっているのは、このシャープな爪先が作り出す特別な存在感。

149791032_o4
甲を浅くくり抜き、爪先は鋭角を作り出し、一般的なパンプスのイメージよりも更にシャープな印象を作っています。

149791032_o6
この些細な部分が全体の印象を変えてしまうのですから、女性にとって靴の存在は非常に大きなものである事が解ると思います。

149791032_o7
甘さを控え、辛口を引き出した今回のパンプス。

149791032_o5
履き易く使い易いヒールの高さや安定感をベースに、自立した女性を匂わせるこの形こそが何よりもの魅力です。

149791032_o9
シンプルな組み合わせにこそ、魅力を発揮してくれる今回のパンプス。
ジーンズだけではなく、ワイドパンツやスーツなど、常に多くのスタイルを魅力的に見せてくれる一足です。

149791032_o8
「普通のフラットパンプスやバレエシューズと何が違うの?」
と思われる方も居るかも知れませんが、恐らく足を入れてみると、その答えを実感していただけるはずです。

装いとは、シンプルになればなるほど、またオーソドックスなものになればなるほど、些細なディテールが大きな変化や魅力につながるものです。

今回ご紹介したテーラードジャケット、パンプス共に、新しい季節(年度)に相応しい選択です。

それは「見た目に違いが解りづらい」からこそ、周囲にはこれ見よがしにならず、敢えて自分自身の心持だけが新鮮で、「新しい価値観に身を包む事の贅沢」を感じられること。

今、世間を惑わせているネガティブなニュースも、いずれは晴れる日がやってきます。
来るその日の為に、是非皆様の心の栄養も忘れずに与えてあげて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6038
3連休も半ばを迎えた今日は各幹線道路には県外ナンバーの車が非常に目立つ一日になりました。
外出を控える風潮の中、交通機関ではなく自家用車ならば、と思われる人々が多いのでしょうか。
現在の状況を象徴するかのような風景に色々と考えさせられる瞬間でも在りました。

また地元の学生たちにとっても、卒業式が終わり、これから新生活の為の準備に勤しむ時期になりますね。
各々の正確な状況判断が必要な時期だけに、先ずは何をするにも深呼吸してから臨んで欲しいと願ってしまいます。

今日3月21日は国際的な「人種差別撤廃デー」の日。
今から60年前、南アフリカで起こったアパルトヘイト(人種隔離政策)に反対するデモ行進で警察が出動し発砲。
その際70人近くが死亡する事件が起き、この時を境に国連が人種差別の問題に取り組む契機となった事が始まりとされているそうです。

と同時に今日は「世界ダウン症の日」でもあります。
21日に制定された理由には医学的な側面があるようです。
通常は2本であるはずの21番の染色体が3本ある事(異常)によって発症するのがダウン症なのだそう。
この数字に与り21日となったそうです。

ダウン症の日が、この人種差別撤廃デーと同じ日に制定されている事は、何か因果を感じますが、私の親族にもダウン症の身内が居り、何一つ人と変わらない日常生活を送れていても、この症状(様々ですが)の為に、哀しいかな周囲から奇特の目を感じざるを得ない時が在ります。

とてもジレンマを感じる事ですが、ダウン症だけでなく先天性によって持って生まれた症状を持つ子供たちにとって、この世に生まれて来る環境は選べる訳ではない事、そして誰にでも起こり得る遺伝子上の悪戯が、人々の妙な関心を寄せてしまう事への不快さは、ある種の人種差別だと私は思っています。

この世から人種差別がなくなる事を願う一人として、環境、性別、年齢、疾病、嗜好、どんな事にも『正確な知識』を以て接する事、そして奇異の目を向けない事、常に相手の気持ちになる事、人として恥ずべき事の無い行動をとれる人が一人でも増えてくれる事を願っています。

人と人とが譲り合い、支え合う事が小さな社会を、そしてそれらが大きな社会、終には世界を作る事で在る事を改めて感じて欲しいと思います。

世界的に流行している感染症の「今」も含めて。


と、今日も雑談から始まりましたが(最近毎回こんな始まりですね)、
冒頭に挙げた(食事の)写真、少しずつ気温が上がると食事も力の付くものが摂りたくなりますよね。
暖かくなると代謝も上がり、身体は力の出る物を欲する様な気がします。

お肉を食べて、動いて、寒い冬の間に滞った血の巡りを良くする。
とっても大切な事だと思います。

ウィルス蔓延によって外出を控える風潮が強まってからというもの、街中の飲食店は非常に苦しい状況を余儀なくされているお店も多いと聞きます。
中には97%もの売り上げ減少と言う破滅的な状況のお店もあるのだとか。

決して「食べに出てはいけない」訳では無いんです。

むしろ、こんな時こそ「食べに出て経済的に活性化する」ことは必要なのではないでしょうか?

何かを食べに出掛けたら、ウィルスに感染するのでしょうか?
答えは「ノー」です。

感染を気にするならば、手洗いやうがいの励行を促すべきで、自宅にこもりっきりが必ずしも良い事だとは(私的には)思いません。

しっかりとした予防策を以て、また正しい知識のもと行動することが大切なのであって、軍隊の様に上官の命令の様に聞き入る様は、どうもいただけません。

ティッシュペーパーが巷から姿を消した時の様に、正しい知識さえあれば、なにも不安に感じることは無いのですから。

昨年の台風以降、今、私達の生活の中には様々な問題が起こっています。
しかし、一人一人が正確な情報と正しい知識をもとに行動すれば、いつもと変わらぬ毎日を送る事が出来るはずです。

いつでも冷静に、そして何をする事が正しい事なのかを自問自答しながら行動したいですね。

(いつになったら本題に移るんだろう・・・)と思っていらっしゃる方、ここからが本題です。(やっと)

春から夏にかけて、この上下動する気温に対処してくれる一着のトップス。

涼しい日も、暑い日も、使い方で長い春夏を賄えるものがあったら願ったり適ったり、と思いますよね。

それが、、、あるんです。

bafy_blog001
先日も魅力的なポロシャツでご紹介させて頂いたイタリアのニット専業ブランド『BAFY』。

149507960
この何気ないシンプルでベーシックな形のクルーネックのニット、実は使用する糸に非常に細い糸を使って編まれており、風通しの良い適度なピッチによって夏まで使える一着に仕上がっているのです。

149507960_o1
元々大手ブランドのOEMを手掛けるファクトリーブランドゆえ、糸のクォリティコントロールはお手の物。

それどころか季節や仕様にあった最適な素材の選択や凝った編み方が出来る事も、BAFYの最たる魅力の一つです。


このニットには表面にバスケットを模った編地を用いており、立体感のある豊かな表情に加え、触り心地に

リネンの様なシャリ感

があり、コットン100%素材とは思えないほど、清涼感に優れています。

149507972
涼しい日にはシャツやカットソーとのレイヤードや、ジャケットのインナーとして、また暑い日には一枚で着るなど、この『素材』だからこそ、幅広い季節を愉しむ事が出来ます。


149507972_o1
触れた瞬間の触り心地はまさにリネンのようで、真夏にも間違いなく活躍してくれる一着になります。
カラーは前出のホワイトとこちらのライトブラウンの2色をオーダー。

IMG_9387
夏にはショーツとの組み合わせで、クルーズ感も増し、まさに大人の夏の装いにピッタリのクォリティスタイルが叶えられます。

IMG_9380
ミドルゲージのニット(プルオーバー)では暑かった夏も、今年はこのハイゲージで快適に過ごせそうです。(※写真はミドルゲージ)

これから始まる春、そして真夏までの長い季節を存分に楽しめるニットです。

「夏に長袖のニットなんて着ていられないよ!」

と言う方、、、ショートスリーブのお勧めも有ります!

それがコチラ

149508006
こちらもまたシンプルでベーシックそのものですが、実はよ~く見てみると、素材がまた凝っています。

149508006_o1
このニットはスラブ風の凹凸を表情に生かした、「リネン」を主成分にした

まるで半袖Tシャツ

の様なリネンニットなのです。

しかし言葉通りに受け取ると、リネン=ガサガサしていそう、と思われる方も少なくないと思うのですが、実は触れると直ぐにそれらが間違った概念だと察します。

このニット、どう考えても『コットンかシルク』にしか感じられないほど、

滑らかで艶やか、そして何よりフワフワに柔らかい

のです。

形そのものはTシャツのようですが、触れても袖を通しても未だ、それらがリネンで在る事が疑わしい程、このニットは柔らかいのです。

"夏=コットンのTシャツ"の概念は最早過去のもの。

男性、それも大人紳士たるもの、夏は上質なニットを身に着け、ゆとりある出で立ちで居たいものです。

今日ご紹介したBAFYのニットたちは、このブランドの本当の素晴らしさが「素材の選択」で在る事を、つくづく感じさせてくれます。

是非今年の春夏は、美味しい物を食べて身体を健康にして、そして新しい洋服を着て心も健康にして、最終的には世の中の経済の為に寄与する、そんな循環の一端を担う春夏にしてみませんか?

(今日もかなり無理やりな新作紹介でしたね・・・多謝)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7129
夏の三連休が始まり、各幹線道路は混雑を始めています。

暑い日差しを期待していた方にとってはあいにくの曇天ですが、長野は過ごし易い心地良い空気に満たされています。
(写真は六本木ですが)

さて、昨日もウィメンズの新作シャツに触れさせて頂きましたが、今回のプロダクトは男性に向けてもスタートしています。

IMG_8940
女ウィメンズのモデルと比較し、衿腰を高く、そしてしっかりとした芯地(とは言ってもソフトな芯地を選択しています)を採用し、各部のディテールにも様々な要素を取り入れました。

IMG_8941
衿型は、素材によって異なる衿型を採用し、全てにバランスを優先したディテールを取り入れました。

IMG_8942
ウィメンズでは見合わせたホワイトのシアサッカーも、男性ならば清潔感と軽やかさ、そして涼しい肌感触を手に入れられます。

IMG_8943
リネンはウィメンズ同様、非常にクォリティの高いモノを使用している為、リネン素材の表情に有りがちな、ネップの様な織目は見当たりません。

IMG_8944
仕上げはプレスを掛けてあるため、ハリが際立ちますが、やはりリネンは洗いざらしで着るのが一番気持ち良いものです。
シワの凹凸を活かし、味わい深さを表情に出来るのがリネンの最も楽しいところ。

これからの季節、ビジネスシーンは勿論、週末のカジュアルな装いにもピッタリな今回のラインナップ。
是非、まだ試されていない方も、今後の展開にご注目下さい。
(メンズはパーソナルオーダーを中心に仕上げている為、この他にも様々な色や素材が選べます。)

そんなメンズの仕上げの中、当店が製品として皆様にお届けするのが、この上質なリネンを使ったプルオーバーの仕様。

IMG_8934
リネン特有の光沢が分かり易いオリーブカラーは、その色の持ち味であるカジュアルな要素を遥かに超え、上品さを醸し出し、特に大人の男性にとっては、夏の装いに不可欠な物に仕上がっています。

IMG_8935
衿は胸元を開けた際にも自然な開きを作るべく、敢えてワイドスプレットにし、更にビジネスシーンで使える方にとっては在りがたい、しっかりとした衿腰(芯地による)を作っています。

IMG_8936
前立ては敢えて設ける事によって、週末の男性によりカジュアルな見た目を提案すべく、しっかりとした表情を作り出しています。

IMG_8937
またガジェットについても、飾りとして付けられる多くのシャツとは異なり、本来の補強の意味合いが大きい、元来設けるべき場所に、相応のガジェットによって補強しています。

今回のこのシャツは、裾を外に出しても、中に入れてもサマになるよう、適度なバランスをもとに仕上げている為、その日の気分や用途に合わせて使える一着として提案しています。

何より今回採用したリネンの心地良い肌触りは、中々得られる事の少ないもの。
蒸し暑さに程遠い今週ですが、真夏の暑さにこそ、その威力を発揮してくれそうです。

この他にもシャツのラインナップはメンズ、ウィメンズ共、今後さらに広がって行く予定です。
単なるシャツだけではなく、その他のアイテムとしてもAgnelli & Sonsの世界観と共にバリエーションを増やし続けて行きます。

「気が付いたら手に取っていた」

忙しい朝、そんな思いと共に手に取る事が増えるであろう、今後のシャツのラインナップを是非お見逃しなくご覧くださいね。

※メンズ、ウィメンズ共にシャツのディテールやパーソナルオーダーなど、詳細について知りたい方はお気軽に店頭までお問合せ下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5805
例年に増して涼しい日が多い今年の夏は、まだ梅雨明けもせず、多くの人に夏の到来を待ち遠しくさせています。

とは言うものの、日中はヤハリ暑さも感じる蒸し暑さに包まれ、昼夜の気温差は広がるばかり。

この季節最も女性の頭を悩ませるのは「程よい体温調節」ですが、陽射しは勿論、暑さから身を守るべく活躍してくれるのが夏に向いた素材たち。

今シーズン序盤、女性のお客様に向けて作り出したAgnelli & Sonsのシャツは、仕事を持つ方にとって最も活躍の場を広げる一着となり、それらは週末の装いにもクリーンな印象を作り出し、多くのスタイルに取り入れやすい一着二なりました。

そしてご購入いただいたお客様の声に呼応し、この度当店が新たにご提案するのが、冒頭でも触れている体温調節に相応しい素材を用いた新作です。

IMG_8915
夏にはリネンと言うシャツの想像が多くを占めると思いますが、同様に涼しさや肌に触れる体感温度を最も軽減してくれる素材がシアサッカー素材です。

IMG_8917
シアサッカーは持ち味でもある凹凸によって軽さと肌に触れる面積を軽減し、また風が通る事によって肌の体感温度を下げてくれる、まさに夏にとって相応しい素材です。

IMG_8918
今回は前回のモデルで好評だったカッタウェイ(ホリゾンタル)のカラーを再び採用し、丈のバランスを女性らしく、そして仕事にも週末にも使えるベストなバランスで提案。

男性にとっては当たり前の夏の素材も、女性のシャツとしての提案としてはまだまだ少ないシアサッカー。
この素材の心地良さを是非体感していただきたい一着です。

IMG_8924
そして夏の素材として抜群の存在感を誇るリネン素材も新たにオーダーしました。

IMG_8926
通常リネン素材に見られる粗野感が影をひそめる程、その整った面(目地)は、まるでリネンで在る事を忘れさせてしまうかの様に、綺麗に整えられています。

IMG_8928
今回は非常に薄いライトピンクのリネンを夏の色として提案。
まるでホワイトかアイボリーの様に薄く仕上げられた上品なライトピンクは、光の加減によっては全く別の色に見える程、その色の儚さは独特。

敢えてジーンズと共に上品な大人の女性を気取るのに相応しい「甘さの無い」ピンクに仕上がりました。

IMG_8922
色違いには同じく非常に薄いライトブルー(或いはサックス)をご用意。

IMG_8923
こちらもまた整えられた目地によって、フラットな表面に加え、リネン特有の微光沢が判るほど、この素材のクォリティの高さを感じさせています。

IMG_8919
単なる清涼感のある色と言うだけではなく、その中庸な色合いは最も使い易く、そしてビジネスシーンに偏る事の無い、適度なフレキシビリティを持ち合わせています。

これも独特の色の薄さ、微妙な按配によって作られる一つの最適解です。

IMG_8929
そして最後にお勧めするのが、『意外なほど少ない』と思われるオリーブカラーのリネン素材です。

IMG_8932
既に平置きの状態でも解るほど、この素材にはリネン特有の光沢が伝わって来ます。
ブラックやネイビーなど、特に色の濃い素材に表情として現れるリネンの光沢は、オリーブ色と言う特殊なカラーによって、改めて上品で上質な輝きを生み出し、他では得られる事の無い特殊な味わいを生み出してくれます。

IMG_8933
カーキやオリーブを夏の色として取り入れるのは言わずもがな、これらの色によって作られる適度な味わい深さと、オリーブ色から生まれるミリタリーなテイストは、「シャツとして」仕上げられ、「リネンで作られる」事によって、更に洒脱さを増し、女性のシャツとしては余り見かける事の無い独特な一着が仕上がる事になりました。

こうして夏の女性の体温調節に一役買い、また服装に悩んだ時にも「この一着」で全てが解決してしまう、そんな痒い所に手が届く一着が仕上がった訳ですが、シーズン前、ご予約を受け付けた事によって、店頭在庫は非常に少なくなっておりまして、現在在庫も僅かと言う状況に。

この週末お時間の許す方は是非実際の商品をご覧頂き、是非パーソナルなご注文として、ご相談頂ければと思っております。(※場合によってパーソナルオーダーをお承りする事が可能になります。⇒詳細は店頭までお問合せ下さい。)

夏が間近に迫った今、是非夏の一着として、新たな感触を手に入れて下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5675_1
昨日から続く暖かな日中と、時折降る霧雨の様な降雨によって、街中は涼しい風が戦ぎ始めています。

流石に昨日の様な熱暑は暫く無いとは言え、これから真夏に向け心地良い陽気が続きそうです。

IMG_5676
こうして毎日、気温と共に服装が左右されるとなると、是非とも手元に置いておきたいのがリネンのシャツ。

IMG_5677
真夏にはショーツとの組み合わせが鉄板のリネンですが、今位の気温に最も適している素材でもあります。
(写真使用商品:シャツ/Altemflower、ショーツ/AT.P.CO)

IMG_5684
気温の変化によって急激に汗ばむ時間帯には汗を吸収し、更に早く乾いてくれるリネン素材。

IMG_5682
風が通る涼しいリネン素材は内側にカットソーをレイヤーする事で涼しさを過度に感じる事無く過ごせます。

IMG_5683
このOGNUNOLASUAのリネン素材は密度を細かくせず通気性を良くしている為、朝晩には寒く?感じるかも知れません。

IMG_5680
同じOGNUNOLASUAのリネン(スターフィッシュをモチーフにした)シャツでも、このモデルにはコードレーン上のヘアラインストライプをあしらう事で、立体的且つ密度の細かなリネン生地になっています。

IMG_5681
一つのモチーフ、似たような生地にも、こうして目地の細かさによって、涼しさが変わる事もあり、強ち同じ素材と片付けるには難い物も在ります。

最も、こうした細部への拘りこそ着心地へと感じ伝わって行く分けですが、一つ一つの生地や色等にも意味が在ったりするのですね。

IMG_5678
同じくリネンを使ったi Drumohrのシャツは、刺繍ではなくプリントで世界観を作っています。

IMG_5679
このシャツはリネン特有のシャリシャリとした質感と、風が通りやすい涼しい素材とが相まって、夏のショーツスタイルにも非常にお勧めの素材。

IMG_2749
ボタンの全てがシリコンで作られている等、海やビーチ、プールなど水辺を前提に作られるラインナップだけあって、Drumohrのラグジュアリーなリゾート感が感じられます。

IMG_2667
ニットで心地良さを作り出し、他では得られる事の無いリュクス感を、こうしてトータルルックとしても持ち出して来るあたりもDrumohrらしさと言えるかも知れません。

IMG_2751
このi Drumohrには他のプリントもご用意が御座います。

IMG_2673
夏が近づくと、ほぼ毎日の様に出番が増えるリネン素材ゆえ、こうした色や素材のバリエーションを増やしておきたいですね。

IMG_5685
他にもリネンでは在りませんが、Altemflowerのポップなリゾートプリントもまた夏らしさを体感出来る一着です。

男性にとって数少ない遊びのポイントとも言えるシャツは、夏こそ威力、魅力を発揮する機会。

是非、これから来る夏に向けて、リネンシャツのバリエーションを増やしてみませんか?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
6月、13日、20日、27日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ