IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ミリタリージャケット

IMG_4333
極寒とコロナという二つの対策を強いられながら、思い思いの過ごし方で始まった今年最初の連休。

北陸地方にお住まいのお客様も多く、風景を拝見すると尋常ではない雪深さに目を覆いたくなってしまいます。
各地にそれぞれの困難を強いている今年の冬。
これも今後に向けての試練の一つとして、私達が試されているのかも知れません。
この状況を正しい知識と対処を以て、皆さんで乗り越えたいですね。

現在店頭ではクリアランスセール第2弾が始まっており、これまで気になっていた物や価格で思い切りが付かなかった方々からのご依頼を多くいただいています。

今年は少し長い冬になりそうですので「お洒落が好き」と言う方は、様々なバリエーションを増やすチャンスです。
是非ご利用ください。

さて、最近SNSや雑誌などを見ていて再び増えてきているのがミリタリーエッセンスを取り入れた装い。

PhotoRoom_20210109_161559
常にトレンドとは関係なく継続している一つのスタイルとして確立されているのですが、中でも目立つのがカモフラ。

IMG_5736
コテコテのカモフラもタイを締めてジャケットを着てレイヤードする、そんなスタイルが目立っています。

IMG_5740
当店ではユーズドを中心に時折仕入ているこれらのアイテム。
一般的にフランスのF2やアメリカのM64等、組み合わせる色はオリーブやカーキですが、そこにあえてウッドランドカモやデザートカモなど、特徴的なカモフラを合わせる姿が海外でも目立ちます。

キモはサイズを大きく選ぶ事で、ジャストサイズでは雰囲気を楽しめず、これらに大きなサイズを(袖や着丈など細部をリメイクして)合わせるのがポイントです。
(当店ではこれらのアイテムを仕入れる際、予めバランス良くリメイクする事も行っています)

IMG_5741
中はタイを締めてジャケットを着て、が男性の場合はバランスも取り易く、また武骨になり過ぎず良い塩梅に仕上がります。

PhotoRoom_20210109_165201
女性の場合にもカモフラなどを取り入れる方もいると思いますが、派手さや武骨さが目立ってしまう事を避けたい方には、ウールを使用した物もお勧めの一つです。

PhotoRoom_20210109_165149
シャツを合わせたいところですが、女性の場合にはフェミニンさをパンプスで作る事が出来ますので、あえてレタード入りのニットやスウェットを合わせるのも良いと思います。

IMG_5757
中間にテーラードジャケットを合わせ、少しキリっとしたバランスを与えると、より不偏になります。

PhotoRoom_20210109_165052
ミリタリーを加える前のスタイルでも充分日常的には魅力的な組み合わせになるのですが、これらにミリタリーエッセンスを加えることがプラスアルファになります。

PhotoRoom_20210109_165138
全体がコテコテになり過ぎないよう、ジーンズにもクォリティの高いものを取り入れると全体的にチープな印象がなくなります。

IMG_5758
ここではRichard J.Brownの物を使用しているのですが、”ミリタリー”アイテムの印象が非常にワイルドでラギッドな印象な事から、その他のアイテムに女性らしいものや、きちんとした印象のあるブランドやテイストの物を合わせると、全体のバランスが整い易くなります。

PhotoRoom_20210109_165213
オリーブ色との相性にライトグレーやミディアムグレーも合わせ易くお勧めです。
ウールの梳毛感や立体的な印象が全体に奥行のある印象を作ってくれます。

手持ちの洋服に、ちょっぴり武骨さを取り入れる事で雰囲気が違ったお洒落が楽しめるこれらのアイテム。

基本的にベーシックでプレーンなアイテムが多い海外の男性、女性たちはちょっとしたエッセンスの取り入れ方がとても上手。

今や雑誌ではなくSNSなどインターネットを中心にグローバルに発信されるストリートやデイリースタイルは、より多くの情報に触れている人ほど、それらのアンテナも感度も敏感です。

まだお洒落の取り入れ方に疑問のある方は、一度世界の男性、女性の装いを覗いてみると良いかも知れませんね。

参考になるデイリースタイルが沢山見つかるかもしれませんよ?



《CLEARANCE SALE 開催中》
オンラインストア、店頭共に冬のクリアランスセールを開催中です。
是非この機会をお見逃しなくご利用ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月・2月の店休予定日】
1月14日、21日、28日、2月4日、18日、24日
1月3日、4日18時閉店とさせていただきます。 お間違えのないようお願い申し上げます。
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

600341405.394986
今年の冬は寒いのですが、どこかいつもと違う寒さになっています。
それと同調するかのように、洋服や食べ物の動きも不思議な動きになっている様子。
年末年始の行事物が今になって食べられていたり、コートが急激に動き始めたりと、この動きは全国的なようです。

昨年の台風以降、どこか何かが違う毎日が続いている日本。
いつも通りの毎日がやって来ると良いのですが。

と、そんな中、先日顧客様が旅土産にと、とあるものを私達に下さいました。

600355983.040375
中身はコレ、美味しいヤツです(笑)
早速美味しくいただきました。
(ご馳走様です!)

さてさて話は戻り今冬の様な「寒いけれどものすごく寒くはない」と言った陽気には、コートやブルゾン、何を羽織ったら良いのか迷ってしまいそうですよね。

特に男性にとっては仕事上はコートとお決まりですが、週末や日頃カジュアルに過ごされる方にとっての羽織り物事情はこの上なく迷いがちな陽気が続いています。

然し、こんな冬を迎えている時にはブルゾンのように軽く羽織れて、尚且つ季節的にも秋から春まで、中身を薄くしたり厚くしたりする事で補えるものが最も重宝します。

そこで今日取り上げたいのはNICWAVEのヴァルスタージャケットとMichelacci Danilo(M.I.D.A)のカシミアダウンのA2ジャケットの2着。

4A8EA2AE-06A4-4600-B0D8-607021D60CF1
日中はニットだけで動ける時間もあり、羽織り物は軽めで充分と言う日に、まさにピッタリなのがNICWAVEのジャケット。

IMG_4084
NICWAVEは、元々この写真のタイプのヴァルスター型ジャケット、そしてベスト、パンツ(或いはジーンズ)の3種類を主として作られる、一種特殊なブランド。

サーフィンが好きな兄(から由来するWAVE)と創業者である弟(愛称のNIC)の二人から生み出される完全Made in Italyのオリジナルブランドですが、この由来とは無関係に思われる『ものづくり』には、実は緻密な拘りが詰め込まれながら作られています。

NICWAVE001
このブランドの3つのアイテム全てに共通するのは、一つの服を作る為に使われる生地は同じ一枚の生地から裁断され作られる事、また使われるボタンやステッチの色、パッチや刺繍など、そのどれもが一つ一つの製品にとって『調和』しているかどうかが判断材料となり、一着の洋服が生み出されているのです。

それゆえ、一見しても他と何が違うのか解らないのに、なぜか"心惹かれる"魅力があるのは、この『調和』が作り出す特別感(雰囲気)からなのかも知れません。

その証拠に、来店されたお客様の多くが必ずこのブランドの製品を手に取ります。

IMG_4085
つまりこのブランドの作る洋服にはすべて色や素材の調和、そしてそれらがアソビになっているとすれば、それは『計算されたもの』で在る事が窺えるのです。

このヴァルスタージャケットも、形は古くから在るものですが、素材にPrincipe di Galles(Prince of Wales=グレンチェック)のツィード素材を用い、それらが作り出す立体的な模様と、凹凸が作り出す独特な味わいによって、何か特別感を感じさせる物に仕上げています。

IMG_4086
実はこのジャケットの暖かさは袖を通してみて初めて解る、ツィードのテーラードジャケットとはまた違った暖かさ(生地の選択による恩恵もあり)で、冷たい空気の下へ出ても、風の侵入を妨げ暖かさを実感するほど。
この一着がインナーを変える事で過ごせてしまう魅力を持っているのです。

IMG_4081
ジーンズやローファーとセオリー通りの着方をしても、そこに違う魅力を与えてくれるのも生地の立体感。
(写真使用商品:ジーンズ/Levi’s Made & Crafted、ローファー/Agnelli & Sons)

IMG_4083
同じカジュアルな装いでもスニーカーを取り入れても尚、そこに上品さを感じさせるのも、この生地の恩恵。
(写真使用商品:ニット/MQJ、スニーカー/Jim Rickey)

勿論、ボトムスがウールのトラウザーズなどに変わっても、その魅力は紳士的に映り、よりクラシックな雰囲気を感じさせてくれます。

IMG_4082
またこの色柄をベースにインパクトのある挿し色を取り入れるのも容易く、意外なほどマルチに使えるジャケットである事を実感していただけます。
(写真使用商品:ニットカーディガン/William Lockie)

コート主導で始まる冬の季節の中で(私達が暮らす地域では)少々意外な発見でもあるヴァルスタージャケットは、今冬にはまさに最適な一着になりそうです。

是非とも店頭で実際の感触を味わって頂きたい一着です。

そしてもう一つがMichelacci DaniloのA2タイプのジャケット。

IMG_4088
ボマータイプのジャケットとして古くから見る事の多い形ですが、元々ミリタリーアイテムを好み作り続けているMichelacci Daniloにとって、そのスペックは欠かせないファクターの一つになっています。

このジャケットの中綿は(以前も取り上げておりますので詳細は過去ログにて)ダウンジャケットで言うところの羽毛の代わりに、リサイクルカシミアを使う事により、更なる保温性と吸湿発水性を備えています。

146526992_o12
この中綿素材は言うまでも無く、とても暖かく、そして中綿そのものを触る機会は恐らく無いと思うのですが、実際触った感触としては「中綿の中に手のひらを入れただけで暖かくなる」ほどその高い保温性を実感します。
そしてとにかく柔らかく、弾力性に富んでいるのです。

IMG_4087
更に衿とライニングの上半分にはメリノウールで作られたボアが用いられており、この部分に身体が触れているだけでも暖かさを感じる程。

IMG_4091
このジャケットの特徴は、とにかく『実用性の高いスペック』である事ですが、それこそが「Michelacci Danilo」が求めている本格的な仕様なのですね。

IMG_4090
もはやアウトドアブランドやスポーツブランドでも比べられない程のハイスペックを搭載しているこのジャケットですが、アウトシェルの撥水性も非常に高く、過去にグラスいっぱいの水をジャケットに流し続けたところ、その全てが球のようになって流れ落ちて行くなど、全方位敵無しのスペックなのです。

146526992_o13
一般的にフライトジャケットやボマージャケットのディテールを求めつつも、ここまでハイスペックな仕様のものは他に類を見ないのでは無いでしょうか。

IMG_4089
更にポケットにも袋状を採用している為、水や雨の侵入を防ぐ他、中にはハンドウォーマーとしてポケット専用のライニングが施されており、もはや向かうところ敵無しです。(本当に素晴らしい拘りようなのです)

IMG_4093
こうして充分暖かさと撥水性能など実用性が伝わったところで、このジャケットを映画トップガンの様に使ってしまうのは聊か勿体ないので(勿論それだけでも充分素敵です)、敢えてホワイトのボトムスを合わせ、クリーンな印象を以ったスタイルもお勧めしています。
(写真使用商品:トラウザーズ/Germano)

他にもウールのトラウザーズやスウェット素材のボトムスなど、このタイプのジャケットの形状には、もはや合わない形が無いのでは?と思わせる程、どんなボトムスもスポイルしてしまいます。

IMG_4094
またスウェットシャツやスニーカーと合わせても、一般的なナイロン素材のジャケットやウール素材の物とは違い、このジャケットが持つ特殊な素材によるマットな質感と、全体から醸し出される独特なボリューム感によって、日常の服装が一段上のランクへ昇華して見えてくれます。
(写真使用商品:スウェットシャツ/Roy Roger's、スニーカー/Jim Rickey)

IMG_4092
このジャケットもまた(一着で相当暖かい為)インナーをカットソーにしたり、ニットに変えたりと厚みや薄さを極端に変える事も適えらえる、相当な実力を持っています。

ブルゾンタイプの形には、それなりの見た目の魅力、そして実際に備わっているスペック(性能)など、何を優先するかによっても異なりますが、今回取り上げた2着は確実に今冬のアウターとしての役割を"マルチ"に担ってくれるものになります。

少し寒さが進みそうな今週末、ジャケットの新調を検討されている方は是非これら2つのジャケットを試してみて下さい。

きっとそれまでの印象と何かが変わります。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

徐々に暖かさを感じられる日中が増え、春の装いへの関心も高まりつつある今週末。

暦の上では春間近の3月を迎え、今後多くの装いに春らしさを取り入れて行きたい季節になりました。

今日は数ブランドから新作が到着し、既に数名のお客様よりいち早くご依頼を頂くなど、新作へのご興味は足早に進み始めています。

その新作の中で”有りそうで無かった”ものが在ります。

IMG_7937
それがHERNOのウィメンズのジャケット、それもミリタリージャケットのM43タイプを模ったモデルです。

IMG_7938
これまで様々なディテール、先進素材、そして古いアーカイブを取り込みながら、常に新しいデザインを提案し続けてきたHERNOですが、ウィメンズのアイテムとして、ここまで顕著にミリタリーテイストを感じさせる物はなかった様に思います。

男性にとっては、もはや不可欠な要素の一つでもあるミリタリー、そしてM65タイプを筆頭に細分化された拘りのあるジャケット類が増える中、こうしたディテールを女性に向けて『HERNO』が作る事は在りませんでした。

IMG_7945
テーラードジャケットとのレイヤー、ワンピースやスカートとのカジュアルダウンなど、ミリタリージャケットの存在は女性のスタイルにも深く広く浸透していますが、それを高品質、高技術で作り出すHERNOが展開する所に着目しています。

既に他のコートやジャケット、ダウンなどでも証明されているHERNOのしっかりとした作りと、整えられたオペレーションによって、このジャケットが一味違ったものに見えてしまうのですから不思議な魅力です。
(先入観もあるでしょうが)これもまたHERNOならではと言う魅力の一つと言えば、そうなのです。

IMG_7943
既にお持ちの方も、またお持ちでない方にとっても、HERNOのM43タイプは新たな一着として目に新鮮に映る事と思います。

定番的存在であるミリタリージャケットで在る事、それがHERNOで在る事以外に、疑いの余地がないのが今回の一着なのです。

IMG_7948
女性らしさを作り出すにはラギッドな着こなしに終始せず、女性らしさやフェミニンさを織り交ぜる事によって、ミリタリージャケットは独特な女性観を作り出します。

ウエストに備えられた内側のスピンドルや、取り外し可能なフード、アジャスタブルな袖口、そしてアイコン的なマチ付きの大きなフラップポケット等、この手のジャケットに必要なディテールは全て備わっています。

これから始まる春に向けて、大きく装いの中心となり、またその後の装いの愉しみの幅を広げてくれる今回のM43タイプのジャケット。

是非この週末を利用して、実際に触れてみて頂きたい一着です。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月7日(木)、14日(木)、20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ