IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ミリタリー

IMG_0917
週末から急激に気温が10度以上も上がり、日中は車内や屋内では汗ばむ陽気となりましたね。
春への足音が俄かに聞こえ始めている今週。
昼夜の気温差が激しくなる季節でもありますので、くれぐれも体調管理に努めたいですね。

IMG_1188_PhotoRoom_20210222_164146
昨年の丁度今頃、弊社のパーソナルオーダーを手掛けている企業が手作りしたスーツ地を使ったマスク(ボランティア販売)が、今年になって再び「もう一度作っていただきたい」と言うお声を何度か頂き、企業様へご無理をお願いし十数枚分を店頭にご用意させていただきました。

IMG_1189_PhotoRoom_20210222_164125
今回は全てダークネイビーのトロピカルウールのみで作られています。
裏側にはガーゼ質の生地を貼り、暑くなるこれからの季節には快適です。

IMG_1187_PhotoRoom_20210222_164114
既に店頭で動き始めておりますので、ご興味のある方は是非店頭或いはお電話などにてお問い合わせ下さいませ。(※オンラインストアへの掲載予定は御座いません)


さて、週末から連続休暇と言う方もいらっしゃると思いますが、明日は再び祝日となり、ご自宅やご近所で過ごされるという方も多いと思います。

今日はそんな方々にお勧めのデイリーウェアをピックアップしてみました。

IMG_1190_PhotoRoom_20210222_164159
ミリタリーがアイデンティティの一つになっているイタリア、Michelacci Daniloが手掛けるMD11VDC(エムディー・ウンディチ・ヴィディチ)。

2020年の夏からブランドロゴと名前が変わり、これまで以上にクォリティの高い、そして拘りの強いアイテムを展開している同ブランド。

IMG_0940
先ずお勧めしたいこのTEEシャツ。
一目見て分かる衿の形状は、一般的に輪状にリブになる衿部分に、袷を持たせる事で、衿の窮屈さを回避したり、袷があるお陰で衿を引っ張り過ぎて傷める事が無く、理に適いつつもアクセントとなっています。

IMG_0941_PhotoRoom_20210219_174213
たっぷりとしたシルエットはMD11VDCが持つラギッドな印象を際立たせますが、実際には使用するコットンは非常に繊細で上質な物を使用しており、相反する魅力を見事に形にしています。

IMG_0944
胸のレタードは染み込みプリントを模しており、着用ごとに味わいを増していきます。
と同時にポケットにもMD11VDCらしさが顕れています。
ポケットの入り口に充てられたテーピングは補強を担うものになっており、ポケットが原因で裂けてしまったりする事を防いでくれます。

IMG_0945_PhotoRoom_20210219_174523
裾はスクエアカットにスリットを設け、どんな装いにも取り入れ易い形状に仕上げられています。
MD11VDCのアイテムには、いつも”実用性”と言う大きなキーワードを見つける事が出来ます。
通常ならば付けないポケットのテーピングや衿の形状も、このブランドならではの”生きた”ディテールと言ってよいでしょうね。

IMG_0950_PhotoRoom_20210219_174842
もう一つが強撚のコットンを使用したフレンチテリーのスウェットシャツ。
古いChampionなどに代表される逆台形の様な形状のスウェットシャツは、その糸のしっかりとした感触に、先ずは安心感を覚えます。

IMG_0953_PhotoRoom_20210219_175511
フレンチテリー(表面は平滑、裏面がループ状)は、パイルなどに比べ軽量に仕上がり、また吸湿性が高い為、特にアスレチックブランドやスポーツブランドに多い鉄板の仕様。

それらを更にしっかりとした感触に感じさせてくれるこのスウェットの感触は、MD11VDCの目に見えない拘りを、”着て”初めて感じます。

IMG_0952
不要なディテールは排し、襟元のガゼットのみのボディに、染み込みプリントが相当年経ったかの様なヴィンテージ風のプリントは、このスウェットの魅力をさらに増しています。

IMG_1140_PhotoRoom_20210222_014859
MD11VDCのアイテムは泥臭さを感じさせそうなテイスト、雰囲気を持っているのに、実際合わせてみると、とてもクリーンな印象に映ります。

こうした洗練された見栄えもMD11VDCの特徴の一つですね。

IMG_0966_PhotoRoom_20210219_191512
MD11VDCの他にもARANから新作のベストが届いています。
軽量ナイロンの裏と表の間にメッシュ素材をサンドイッチする事によって、通気性が増し、ナイロンだけで作られた物に比べ、しっかりとしたハリを生んでいます。

IMG_0967_PhotoRoom_20210219_191525
襟はARAN拘りのディテールの一つで、ラウンドネックをしっかり作り込んでいる事が判る、袷のアール(曲線)は、前を閉じた時にしっかりと円を描く、まさに計算されたディテールの一つです。

と同時に衿の両サイドから後に回り込む僅かな充て布も補強の一つとして加えられています。

IMG_0970_PhotoRoom_20210219_191602
少し寒さを感じるときにはジャケット類のインナーとして、暖かな時にはTEEシャツやニットの上に羽織るだけで装いが完成する、こちらもやはりミリタリーが源流に据えられている為、実に機能性の高い一着になっています。

と、他にもデイリーに相応しい新作はありますが、男性、女性問わずシェア出来るこれらのアイテムは、季節も問わず、年代や性別も不問で使える、まさにフレキシブルアイテムたちです。

ご自宅で過ごされる方も、ちょっぴり近くへお出かけする方も、質の高いデイリーウェアで”落ち着きのある”大人のスタイルを楽しんでみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月24日、3月4日、11日、18日、25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4333
極寒とコロナという二つの対策を強いられながら、思い思いの過ごし方で始まった今年最初の連休。

北陸地方にお住まいのお客様も多く、風景を拝見すると尋常ではない雪深さに目を覆いたくなってしまいます。
各地にそれぞれの困難を強いている今年の冬。
これも今後に向けての試練の一つとして、私達が試されているのかも知れません。
この状況を正しい知識と対処を以て、皆さんで乗り越えたいですね。

現在店頭ではクリアランスセール第2弾が始まっており、これまで気になっていた物や価格で思い切りが付かなかった方々からのご依頼を多くいただいています。

今年は少し長い冬になりそうですので「お洒落が好き」と言う方は、様々なバリエーションを増やすチャンスです。
是非ご利用ください。

さて、最近SNSや雑誌などを見ていて再び増えてきているのがミリタリーエッセンスを取り入れた装い。

PhotoRoom_20210109_161559
常にトレンドとは関係なく継続している一つのスタイルとして確立されているのですが、中でも目立つのがカモフラ。

IMG_5736
コテコテのカモフラもタイを締めてジャケットを着てレイヤードする、そんなスタイルが目立っています。

IMG_5740
当店ではユーズドを中心に時折仕入ているこれらのアイテム。
一般的にフランスのF2やアメリカのM64等、組み合わせる色はオリーブやカーキですが、そこにあえてウッドランドカモやデザートカモなど、特徴的なカモフラを合わせる姿が海外でも目立ちます。

キモはサイズを大きく選ぶ事で、ジャストサイズでは雰囲気を楽しめず、これらに大きなサイズを(袖や着丈など細部をリメイクして)合わせるのがポイントです。
(当店ではこれらのアイテムを仕入れる際、予めバランス良くリメイクする事も行っています)

IMG_5741
中はタイを締めてジャケットを着て、が男性の場合はバランスも取り易く、また武骨になり過ぎず良い塩梅に仕上がります。

PhotoRoom_20210109_165201
女性の場合にもカモフラなどを取り入れる方もいると思いますが、派手さや武骨さが目立ってしまう事を避けたい方には、ウールを使用した物もお勧めの一つです。

PhotoRoom_20210109_165149
シャツを合わせたいところですが、女性の場合にはフェミニンさをパンプスで作る事が出来ますので、あえてレタード入りのニットやスウェットを合わせるのも良いと思います。

IMG_5757
中間にテーラードジャケットを合わせ、少しキリっとしたバランスを与えると、より不偏になります。

PhotoRoom_20210109_165052
ミリタリーを加える前のスタイルでも充分日常的には魅力的な組み合わせになるのですが、これらにミリタリーエッセンスを加えることがプラスアルファになります。

PhotoRoom_20210109_165138
全体がコテコテになり過ぎないよう、ジーンズにもクォリティの高いものを取り入れると全体的にチープな印象がなくなります。

IMG_5758
ここではRichard J.Brownの物を使用しているのですが、”ミリタリー”アイテムの印象が非常にワイルドでラギッドな印象な事から、その他のアイテムに女性らしいものや、きちんとした印象のあるブランドやテイストの物を合わせると、全体のバランスが整い易くなります。

PhotoRoom_20210109_165213
オリーブ色との相性にライトグレーやミディアムグレーも合わせ易くお勧めです。
ウールの梳毛感や立体的な印象が全体に奥行のある印象を作ってくれます。

手持ちの洋服に、ちょっぴり武骨さを取り入れる事で雰囲気が違ったお洒落が楽しめるこれらのアイテム。

基本的にベーシックでプレーンなアイテムが多い海外の男性、女性たちはちょっとしたエッセンスの取り入れ方がとても上手。

今や雑誌ではなくSNSなどインターネットを中心にグローバルに発信されるストリートやデイリースタイルは、より多くの情報に触れている人ほど、それらのアンテナも感度も敏感です。

まだお洒落の取り入れ方に疑問のある方は、一度世界の男性、女性の装いを覗いてみると良いかも知れませんね。

参考になるデイリースタイルが沢山見つかるかもしれませんよ?



《CLEARANCE SALE 開催中》
オンラインストア、店頭共に冬のクリアランスセールを開催中です。
是非この機会をお見逃しなくご利用ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月・2月の店休予定日】
1月14日、21日、28日、2月4日、18日、24日
1月3日、4日18時閉店とさせていただきます。 お間違えのないようお願い申し上げます。
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

olive01
夏が近づくとオリーブ色が増えて行く当店。
オリーブ色にも様々な色があり、とても濃いダークオリーブやカーキ、ベージュに近いオリーブや褪せたようなライトオリーブ、グリーンに近いミディアムなオリーブなど、実はオリーブ色と一口に捉えても、その色の趣は様々です。

これはベージュにも同様の事が言えるのですが、特にホワイトとの相性を考えると最もフレキシブルに使えるのがライトオリーブ。

春夏に必ずと言って良い程取り入れる人が多いホワイトに、ライトオリーブを組み合わせるだけで、特別な味わい深さを得る事が出来ます。

IMG_2586
それはボトムスに取り入れたり、トップスに取り入れたり、常にホワイトを組み合わせながら取り入れると、爽やかさが得られるのも春夏のオリーブカラーの特徴。
(使用写真商品:ニット/Daniele Fiesoli、スカート/European Culture、サンダル/Corso Roma.9、バッグ/Laura di Maggio)

IMG_2587
その爽やかさを生み出すのがライトオリーブなのですね。
逆にコントラストをはっきりさせてオリーブを取り入れるなら秋冬が効果的ですが、特に女性の場合にはクリーンさが求められる事もあり、当店では長らく春夏の色にライトオリーブを多く取り入れています。
(使用写真商品:ジャケット/eleventy、ブラウス/Fil Noir、トラウザー/Vigano、パンプス/Fabio Rusconi

IMG_2589
オリーブカラーと同様にホワイトと相性の良いブラウンも、ホワイトの分量を多くすると、ライトグレーやチャコールグレーの様な落ち着きのある色が、より爽やかに映る効果を生みます。
(使用写真商品:ニット/Daniele Fiesoli、ジャケット/eleventy、ジーンズ/haikure、パンプス/Fabio Rusconi

年々増えている春夏のオリーブ贔屓のお客様。
当店には数年前には考えられなかった程、春夏にオリーブやブラウンを求める方が非常に増えています。

但し、まだオリーブ色を取り入れるのに抵抗がある、と言う方にお勧めしたいのが、今日お勧めするEuropean Cultureの一着。

150429736
パンツでは当たり前のカーゴパンツも、スカートになると印象が変わります。
但し、そのディテールにはミリタリーの好き嫌いもあるのですが、このスカートは「オリーブ色」をより魅力的に見せる為のディテールとして、それほど押しの強さの無い「ミリタリー」感を付けています。

150429736_o2
実は素材にその秘密が在ります。
一般的にカーゴパンツのディテールをスカートに取り入れると、どこか泥臭さを感じる様な独特の「重さ」が在るのですが、このスカートに使っている素材は、非常に軽いポプリンのストレッチ素材。

手に持った瞬間「軽さ」を感じる程の仕上がりで、更にウエストのドローストリングスを使ったベルトラインは、背面に(European Cultureが得意としている)エラスティックを組み合わせ、どんな腰位置で穿いても、またどんなヒップ形状でも、尻上が背中に沿う様にフィットするフレキシビリティを持っています。

150429736_o5
ディテール面では両サイドのフラップ付きポケットやウエスト回り、そして裾のスリットがあるのですが、この軽さを匂わせるのは、この素材とこのライトな味わいのライトオリーブのお陰なんですね。

150429736_o3
裾のディテールもまたカーゴパンツ由来の物としてアジャスタブルのボタンが設けられたり、全体のシルエットにもふんわりとした立体的なシルエットが作られたり、スカートのようでいてパンツのように見える(使える)一種独特なテイストのスカートでもあります。

何故このスカートが、オリーブを初めて取り入れる人にお勧めかと言うと、それは色の薄さ(退色したような淡いオリーブ色)や、生地の軽快感もさることながら、多くのアイテム(Tシャツ、カットソー、ニット、テーラードジャケット、ブルゾン、ダウン、ベスト、デニムジャケット…)に組み合わせし易く、またこのスカートが持つミリタリーのテイストが全てをスポイルしてくれる為、とても簡単に合わせる事が出来るからなのです。

似たような形のスカートは、目にする事があっても、色の濃さや生地の重さを比べて見ると、きっとこのスカートの魅力が「感覚的」でも感じられると思います。

長年、春夏の装いにオリーブをお勧めしている当店。
その色の選択には、必ず意図するところが在ってオーダーをしておりますので、是非今年はオリーブを取り入れてみようかな?と言う方、或いは新しいオリーブのアイテムを入手しようかな、と言う方は、この新作のスカートを検討の一つに加えてみて下さい。

きっと出番が増えると思いますよ♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月7日、14日、21日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_3399
暦の上では大寒を迎え、一年のうちで最も寒い季節がやって来ました。
これから約1か月間をどの様に過ごそうか、そんな思いも脳裏に描きつつ、今日は機能的で最もマルチに使える一着を取り上げて見ました。

IMG_3420
それがASPESIのフィールドコートです。

IMG_3421
実はあまり知られていないのですが、ASPESIは古くはダウンジャケットを作り続けていたイタリアのメーカーでもあり、当時まだスポーツやアウトドア用品だったダウンジャケットをタウンユースとして作り始めた過去があります。

その為、現在に至るまでの間、多くの造詣や社会的目線を加味し、最適な立ち位置を作り上げ、多くの人々が知るASPESI像とは全く異なる「今」が在ります。

そのASPESIが何年も「サーモア」を中綿に採用する理由も、そこには環境への配慮を窺う事が出来ます。

このサーモアについは既に過去ログでも触れている様に、別名ECO DOWN(エコダウン)と呼ばれる程、その暖かさは一定の体温を保つ先進素材の一つ。

つまりダウンを避けサーモアを採用しながら、更にアウトシェル(外側)には通称ロクヨン素材(コットンとナイロン等化繊の混紡生地)を使い、撥水性を高め、これらの機能性に対しASPESIらしいディテール(ミリタリーを出自とする)を取り入れる事により、多くの装いへの互換性や、日常的に最も使い易い存在が作り出されているのです。
(このコートの場合には更にライニングにファーを用いている為、暖かさは更に増しています)

IMG_3424_1
さり気ないコートだからこそ、装いもシンプルに質の高い物だけでまとめると、それらは恰も素材の相性をシンクロしたかの様な親和性を持ちます。

例えば、このコートとジーンズ、それにトロ味のあるブラウスとブーツ、たったそれだけで十分なほど存在感は作り出されます。

IMG_3425
このアウトシェルによるマットな質感も、装いの魅力を引き出しているのですが、ASPESIが素晴らしいのは、

ミリタリーやアウトドアに女性らしさを感じさせる

事なのです。

元々ミリタリーやアウトドアテイストは、フェミニンなテイストとの相性が良く、これらを効果的に組み合わせに使うだけで、装いは格段にスタイリッシュになります。

IMG_3429_1
これらの相性はコートの中がワンピースだとしても、その魅力は変わる事が在りません。

IMG_3430
ASPESIとはそういうブランドなのです、そう言ってしまえば終わりですが、多くの人達が最も最後に選ぶとされる

『シンプルで機能的』

な物ほど、毎日の登場回数が増えると言うもの。

実はこの流れは当店では毎シーズン恒例で、ニットではWilliam Lockieが同様の動きを見せます。
(なんだかんだ言っても暖かく使い易いベーシックが基本だからかも知れません)

この他にもこれからの季節に最適なニットやコート等のご提案が御座いますので、是非この機会に試してみて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月16日、23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_0887
寒さが一段と増し、冬への序章が始まる今週。
新しい週の始まるとなる今日(月曜日)は、どこか夏の終わりを思わせる穏やかな暖かさに包まれています。
時折降る小雨空も秋の最後を告げる雨となるのかも知れませんね。

さて連日訪れるお客様の中に、コート等羽織物に求める物が厚い物ではなく薄め(?)の物を欲する傾向が強まっています。

恐らくは車の乗り下りがし易い等の他、扱いが楽な物(軽い物)を必要とするがゆえなのかも知れません。

然し、男性にとってコートはその日の装いを完成する大切な存在でもあり、秋冬のコート事情は多くのそれとは異なります。

丈が長ければ良いと言う物でもなく、将又スーパーなブランドであれば良いと言う物でもなく、そこには期待する装いへの補完的役割を求めている方が多いのですが、今日取り上げるのはミリタリーに出自を持つトレンチコート。

今でこそ皆様ご存じのトレンチコートも、元々は第一次世界大戦時に、将校が塹壕内で身に着けていたものが始まりです。

塹壕とは陸上戦で銃撃などから身を守る為に掘られた大きな溝の事ですが、この溝は当然の事ながら雨が降れば水もたまり易くなるわけで、そこに求められたのが防水性のあるコートである事から、トレンチコートが生まれたのは防水性を備えるべくして当然の結果でした。

皆さんが口にしているトレンチ(Trench)とは、この塹壕を指しています。

更に現在の姿である、二列に並んだボタンや、ベルトを用いて留める仕様はその後の進化過程に於いて生まれました。

最近ではトレンチコートの原型となる「タイロッケンコート」を作るメーカーも増えて来ましたが、現在のトレンチコートの様なディテールではなく、ベルトと留め具だけの仕様で、Tie(結ぶ)、Lock(留める)の名前からタイロッケンと呼ばれていました。

それらから進化した現在のトレンチコートの姿は、「さらに使い易く実用的」にベルトループやバックル付きのベルト、肩にはエポーレット、背面への水などの侵入を防ぎ下へ向かって落とすアンブレラヨーク、ガンパッチ、スロートラッチ(チンストラップ)、動き易いインバーテッドプリーツ等、現在のトレンチコートに至るまでには様々な仕様が進化して行きました。

話は戻り、元々綾に織られたコットン生地を使って作られていたこれらのコートですが、ミリタリーを得意とするASPESIにはこうしたディテールを独自の解釈によってスポイルし、あくまでも雰囲気を醸し出す為に作られた一着があります。

IMG_9567
それがこのトレンチコートです。

IMG_9568
現在の定番的な仕様はそのままに、限りなく無駄を省き、その分肩から袖までの筒幅や素材となっている厚みのあるコットン素材に味わいのある加工を行う事によって、非常に味わい深いトレンチコートが出来上がりました。

98137A96-E454-42B8-B354-A12C5FB36BDD
これまで様々なミリタリーアイテムを、様々な素材で作り続けて来たASPESIですが、今シーズン当店がオーダーした全てのアウターはコットン素材だけのものをオーダーしています。

それによって作り出される独特な表情は、まるでヴィンテージの衣料の様に味わい深く、ミリタリーを出自とするコートゆえの見栄えを感じさせてくれる物になりました。

1E0BEDDE-8FDF-4145-821C-D85354960E03
この素材は洗いと適度な加工によって、色ムラや色落ちが見られる仕様で、身に着けたその日から男らしいトレンチコートの姿が感じられる物になっています。

IMG_9570
また裏地には、Thermore®(サーモア)のライニングを、ウールをシェルに使用した物で取り付ける等、ASPESIが予てから得意としている防寒も備えています。

実はトレンチコートの歴史上、大戦時のトレンチコートにも、こうしたボタンで脱着出来るライニングが用意されていたのだそうです。
当時は羊毛や革を用いられていたようですが、その仕様も赴く戦地によってなのか、それぞれのオプションなのだそうです。

IMG_9571
Thermore®(サーモア)はEcodown®(エコダウン)としても名前を商標登録している程、その暖かさは多くの防寒中綿同様、非常に優れた保温力を発揮します。

IMG_9501
また今回のASPESIのトレンチコートでは、限りなく無駄を省きながらもディテール上、欲しい仕様はしっかりと残されています。

IMG_9569
チンストラップは衿の本体に留められ、実際に生きた使い方が叶えられる衿元の作り(ゆとり)もあり、ASPESIにはミリタリーアイテムに一日の長を感じます。

IMG_9574
その他にもトレンチコートに求められるディテールは必要最低限備わっています。

IMG_9504
今回、このコートで感じる最たる魅力は、素材に使用したコットン素材の表情と、その素材の恩恵でもある適度なハリによって作られる「立体感」が光っています。

コートなど羽織物に柔らかく、軽い物を求めたいと思う気持ちの反面、男性の中には、「ミリタリーアイテムはミリタリーらしさが欲しい」と思う、男らしいディテールや素材の選択も期待されます。

今回のASPESIのトレンチコートには、まさに後者の様な「男が身に着けるトレンチコート」として限りなく男臭く、男らしい一着で在る事を約束してくれそうです。

軽くしなやかなコートも勿論素敵ですが、男らしい素材や表情を持ったこのASPESIのコートも他では得られる事の無い魅力が満載です。

是非秋冬のお伴に検討してみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月21日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ