IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:パーソナルオーダー

IMG_2338_1
気温差が広がり、今週は夜は少し「寒い」と口走る程、気温が低下しています。

いよいよ本格的な秋の到来を感じずにいられない訳ですが、装いは常に先へと向かい備えが常となる訳ですが、今週多くの入荷の中でも取り分け光る存在なのがストールやマフラーなどのネックウェアたち。

取り入れるだけで簡単に装いの向きを変えられる鮮やかな色のネックウェアは、女性にとっての必携。

IMG_2656_1
現在レッキスファーを使った様々な色合いのネックウェアが揃い、サッと首に巻くだけで、ニットやジャケット、コートの装いが180度変わって見えます。

IMG_2663
レッキスと言っても善し悪しですが、今回入荷しているこちらで使用されているのは、柔らかさは勿論、光沢を生み出す豊かな毛質が魅力で、乾燥し切っている乾いた毛質ではなく、まだ油分がシッカリ残っている事を窺わせます。

IMG_2667
ブラックに至っては、もはやミンクの様に(大袈裟ですが)光沢が見えるほど、その毛質は豊かその物。
異なる色を合わせるのも挿し色として素敵ですが、今年はトップスの色に合わせて同一トーンをさり気なく取り入れて見るのもお勧めですね。

さて、、、もう一つ、お勧めのネックウェアをご紹介する前に、先般から到着を始めているお客様のパーソナルオーダーの一品を一つご紹介させて頂きます。

IMG_2788
良いモノと言うのは、表面に顕れる物であり、特にパーソナルオーダーの様に、

生地によって選ばれる

物には、必ずそれらの恩恵を窺う事が出来るものです。

IMG_2781
今回のお客様にお仕立て頂いたのが、ピークドラペルのシングルに、Ermenegildo ZegnaのTrofeo Denimを使った逸品。

IMG_2783
このZegna社のTrofeo Denimは、ウール糸で作られているのにも関わらず、見た目はデニム素材その物と言う非常に凝ったファブリックです。

IMG_2786
この生地が何故良いのかと言うのは、選ばれる方の(したい)装いにもよりますが、先ずデニム生地では在り得ない

柔らかさ

が一つの特徴です。

通常デニム生地の場合には厚みやハリを趣き(或いは特徴)とするだけに、生地の厚みによって全体に仄かな硬さが出ます。

硬さその物にはこだわらなくても良いのですが、肩の作りやその他の丸みを帯びて欲しい箇所に、尖ったシルエットを描く事が少なく在りません。

IMG_2781_1
それらが緩和され、むしろ普通のウール素材の様に滑らかに落ちる生地感や、全体に帯びる「ラギッドさ」が無い、上質で穏やかな印象がこのジャケットの全てのディテールを模ります。

IMG_2785
更に、この素材のメリットには、

退色しない

と言う、デニム本来が持つ特徴且つデメリットを回避している事も大きなポイントです。

まるでリジッドカラーの様に蒼く綺麗な藍を出しているこの素材が、そのままの状態を保ってくれる幸せ(?)は、ジーンズ好きな方ならば誰もが感じる想いである事でしょう。

IMG_2787
こうして一人一人違う嗜好を求めて作られるパーソナルオーダーには、それぞれに込められた拘りや想いが形として顕れるだけでなく、仕上がりまでの待つ時間、そして仕上がった時、袖を通す瞬間に

「豊かな気持ちになる」

それこそが心地良さに変わる瞬間です。

既にお試しいただいている方にとっては、新たなディテールやファブリックを、またお試しいただいた事の無い方には、生地やサンプルなどに触れて頂くなど、インスピレーションを感じるのも先ず一歩です。

是非来月開催のコート受注会なども含め、お試し頂ければと思います。

さて、、、良い仕立てには、良い仕上げ、良い品質を取り入れたくなるもの。

それが最適解で在ると同時に、余り買い替える機会を持たないネックウェアにとっては、至極の逸品を加える事をお勧めします。

今日もう一つお勧めしたいネックウェアが

PIACENZA_pic002
イタリアの高級ファブリックメーカーとして名高い『Piacenza Cashmere』。

当店で行うパーソナルオーダーではお馴染みとも言えるPIACENZAは、その名を聞いた事は在っても、その実何を行っているかを知る由が無い方が多いと思います。

元々PIACENZAは、イタリアに初めてカシミアを持ち込んだと言われている最古のファブリックメーカーで、その名残となっているのが、ブランドアイコンにも使用されているアザミのモチーフ。

古くは1600年代に遡り、当時中国遠征をしていたピアチェンツァ一族が、ネパールの現地シェルパたちが足元にカシミアの原毛を巻いている事に着眼し、それらから非常に暖かく心地良い糸を撚り出したのが始まりとされています。

前述のアザミは、カシミアの原毛を毛羽立たせる為に使ったと言われています。

その後、服地生産の拠点として世界各国へ輸出を行い、国内外で

「世界最古にして最高」

のファブリックメーカーへと成長しました。

これらの所縁からカシミア糸の使用に一日の長があり、多くの高級ブランドやテーラーへと服地を届けるのと同時に、1990年代からはニットウェアを展開するなど、その実力とクォリティを更に披露しています。

と、長くお付き合い頂きましたが、これらの理由も含め、当店が長らく愛したPIACENZAは、服地での品質と同様に、ストールやマフラーなどのネックウェアにも同様の価値を見出しています。

そこで今回当店がオーダーしたのは、非常に細かなカシミア繊維を使った極上のストールと、程よい毛足に柔らかく心地良い感触を持つダブルフェイスのマフラーの2種類。

IMG_2688
ストールには(普段写真では伝わり辛い)光沢も見える程、その品質の高さは折り紙付き。
服地に使用する様な細いカシミア繊維を丹念に撚り上げ作られたストールは

糸の耀き

だけではなく、カシミアだけで作られたとは思えない程

フワフワ、トロトロ

そして艶やかさを持っています。

IMG_2689
もし、皆様がストールに求めるファクターが、色や柄だとしたら、それらとは相反する位置に立つ、ソリッドなストール。

それはつまり

誤魔化しが効かない

事を指します。

IMG_2687
柄で解り辛くなる糸その物の作りが、ソリッドな物では、より陰影によって解りやすくなる分、誤魔化しが効かないものになります。

つまり品質をその目で確かめられる、言わば究極のカシミアと言う事になります。

品質を謳い、感触や芸術的価値観を持つPIACENZAは、当店が愛するファブリックであると同時に、こうした品質に触れて頂く事によって、より多くの方々が造詣を増やして頂ける事への恩恵が非常に多い物です。

IMG_2695
今回ストールサイズでは、ライトグレー、ミッドナイトブルー、ダークブラウンの3種類をご用意しています。

IMG_2682
どの色も、それぞれ独特な趣きと、高貴な香りが漂う素晴らしい出来栄えです。

IMG_2683
ご自分用は勿論、ギフトでのご検討もお勧めですね。

IMG_2670
そしてもう一つが、このダブルフェイスのマフラー。

一般的に雑に使われるマフラーも、素材が変わったからと大切に巻くのではなく、このPIACENZAも同様に酷使(?)して頂きたい一品。

IMG_2672
素材には前出のストールとは異なる毛足の長い糸を用い、更にカシミアとシルクを混紡した事によって生まれる、独特の

艶やかさと柔らかさ

を持った極上の付け心地を持つマフラーです。

IMG_2676
ダブルフェイスで作られる事により、両表で考えられるため、その分スタイルに幅が広がり、シャツ、ニット、ジャケット、コート、ブルゾンと、より多くのアイテムに合わせ易く、また色も組み合わせ易くなります。

IMG_2677
流れる様な糸の毛先や、色の穏やかな味わいは、この素材ならではの演出。

IMG_2674
このマフラーもまた、ストール同様、極上の付け心地を叶える逸品で在る事は間違い在りません。

何れも安価では在りませんが、かつて当店で展開したビキューナを考えれば格安。(当たり前ですが・・・)

とは言え、良い装いを嗜むには、良い服飾雑貨も必要です。

PIACENZAのネックウェアは、間違いなく大人の装いを完璧な形で

補完

してくれます。

これからの季節に向けた極上、そして更に装いに深い味わいを持たせる為にも、是非一度PIACENZAを感じて下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月11日、18日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_2295
徐々に気温が下がり、昼夜の気温差も更に広がり始めました。
先々週、そして先週末と巷は3連休が続き、街にも多くの賑わいが目立つ週末の連続に。

昼間は行楽の往来、夜には食事に湧く人々が目立ちました。

IMG_2002
店内には連日新たな商品が到着し、ご来店の皆様の目を迷わせておりますが、実は今シーズンは先般関西地方を襲った豪雨の影響もあり、海外からの荷物の未着や遅れが多数発生しています。

IMG_2004
その中でもボトムスやバッグの様な季節の序盤を飾るアイテムには、既に多くのお問合せを頂いており、今後の装いに向け沢山の方々が備えていらっしゃいます。

IMG_2003
このブランドのバッグもまた低価格ながら、この手の素材を得意とするイタリア、フィレンツェのブランドゆえ、独特な魅力(それも冬に人気の高まる)を持っています。

その他にも、明日以降はPIACENZAのダブルフェイスのストールやマフラーなども到着予定とあり、既にお客様方の視線の向こうには冬の装いが完成され始めている様です。

さて、先日行ったPERSONAL ORDERに先駆け、既に早期にオーダーを下さったお客様方の一部の製品が仕上がっており、丁度気温が下がったタイミングでの到着に、オーダー下さった御客様の胸躍る瞬間が続いています。

IMG_2530_1
コチラのジャケットをオーダー下さった県外からお越しの男性顧客様は、今季最も推すキャメルカラーのフランネルを使った段返りの3つボタンと言う仕上がりこそベーシックですが、ナチュラルなフィット感や肩回りに柔らかさを与え、英国的とイタリア的な両方を匂わす独特な雰囲気を醸し出す一着になりました。

IMG_2526
使用したのはVitale Barberis Canonicoのフランネル。

IMG_2525
一枚仕立ての軽さに、このキャメルカラーを採用した事で、後にメタルボタンに変更し、プレッピーなテイストも楽しめる、まさに旬な一着になりました。

IMG_2528
PERSONAL ORDERは、選ぶ愉しみは勿論ですが、何より仕上がりに袖を通す瞬間、それに触れる自身の感覚が歓びの一つです。

IMG_2530_2
ジャケットだけでなく、コートやトラウザーズもまた、オーダーによって誂えた物には、お客様自身の歓び以上に、我々も共感出来る

一つの作品が完成した歓び

が在ります。

またその後の装い作りも、我々が楽しみにしている一つでもあり、このジャケットをオーダー下さった御客様には、キャメルと非常に相性の良いチャコールグレーのトラウザーズをGermanoでお勧めさせて頂きました。(その後ご購入頂きました。)

IMG_2376
このGermanoのトラウザーズは、TRAVEL EDITIONと名付けられたラインナップで、その名の通りワンマイルウェアとしても使える、シワになり辛いウールを使った(ウォッシャブルウール)、全ての理想が叶った一本なのです。

IMG_2374
SUPER100'Sとは思えない程、光沢が上質で艶やか、それでいてシワになり辛く、ホームクリーニングが出来るとあれば、ビジネスを始め、ウィークエンドカジュアルにも最適な一本である事が解ります。

IMG_2379
キャメルとチャコールグレーの組み合わせは、昨シーズンから当店がお勧めする、秋冬スタイルの

最適解。

それゆえ、このジャケットをオーダー下さった御客様には是が非でも合わせて頂きたい一本だったのですね。

こうして『パーソナル』にお客様のスタイルを提案する事は、我々の最も時間を割くべき仕事であり、またそのお客様がお持ちになる様々なアイテムを我々も出来る限り把握し、組み合わせの提案、世界観の提案に努める作業は、お客様にとっての『パーソナル・オーダー』の付加価値の一つでもあります。

IMG_2538
コチラのお写真は当店の女性の御客様よりお借りした物ですが、こちらのお客様にもまた昨年お仕立て頂いたFOXのウェールズを使ったジャケットに、ブラックのボトム(今回はレギングパンツを提案させて頂きましたが)を組み合わせ、『ジョッキースタイル』を楽しんで頂く世界観として提案させて頂きました。

元々乗馬を趣味でされていたお客様ゆえ、ジョッキースタイルのご提案には、直ぐに想像を頂く事が出来ました。

こうしてお客様の誂えた物を使った様々な世界観や、スタイルの提案は、我々の造詣を脱しない限り、とても楽しい時間となります。

IMG_2440
少しずつ変わり行く、季節と装いは、いつまでも(この写真の様に)同じスタイルで居ては愉しめません。
常に新しい素材や色、細かなディテールに目を向け、大きくサイドチェンジするのではなく、小さな拘りを変えて楽しむ事も、秋冬、否、我々世代の想像する装いの愉しみ方と言えます。

世代を超えて浸透したPERSONAL ORDERも、実は「どこも同じ」では在りません。

そのお店が得意とするカテゴリーや作りへの拘り、更にはセンシティブな部分を、お客様自身の求める物とシンクロするか否かが大切な要素です。

価格だけでモノ作りを行うのではなく、それらに付随した『見えない価値』は、お客様自身がお店やブランドから感じる物。

先日のPERSONAL ORDERから数週後、次は10月4日から開催するコートを中心としたPERSONAL ORDERが待っています。

これから冬の装いに求める「何か」を探しに、是非店頭へ足を運んでいただければと思います。

目から鱗は、目で見る物では無く、身体で感じる物(感覚)です。

是非皆様の拘りを形にして下さいね。

※詳細については店頭まで。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月11日、18日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



Personal_Order_201808AW_F1
秋風が舞い込み、徐々に秋の装いが愉しい季節になって来ました。

今日も沢山の新作が到着し、既に多くの御来店を頂いておりますが、同時に皆様の関心を集めているのが、今年最初のオーダーイベント。

PO01
今回は、コートでのお勧めディテール数種と、ジャケットでのお勧めディテール数種を、当店独自の切り口でご提案中です。

中には凝った素材や、非常に魅力のある色合いなど、この季節ならではの素材が多数集まっています。

PO02
また、今回のイベント期間中限定で、ご提案させて頂く生地も多く、店頭に様々な趣きのバンチをご用意しております。

PO03
また、女性物と共に男性物の新たなディテールをご用意。
それと共に、生地その物の心地良さを感じられる、ライトな質感の作りもお勧めしています。

PO04
期間は本日9月14日から18日(15時)までになります。

期間中は新しいディテールや、新しい素材を使ったコートやジャケット、スカート等を実際目で見る事が出来る又とない機会でもあります。

生地のご相談、ご注文のご相談など、是非店頭までお問合せ下さい。
(※オーダー希望の場合はお一人様約1時間ほどのアポイントを頂戴しております。 予め、空き時間などのご確認をお願い致します。)


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休日】
9月20日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_6268
抜ける様な青空と共にやってきた少し早めの「今年の夏」。
暑ささえ心地良く感じさせる夏の青空は、一年を通じて最も心を愉しませてくれる季節。

IMG_6189_1
連日の暑さに、ほぼ毎日がリネン、そしてショーツ、二つのキーワードで終始してしまいます。
アクティブな季節には「楽して洒脱」が重要なファクター。
それこそが『シャツとショーツ』かも知れませんね。

特に日頃、スーツ姿やネクタイ姿が多い男性諸兄は、現在実施中のセールを利用して、夏の「楽して洒脱」を実践してみて下さい。

さて、先般ご紹介させて頂いたAgnelli & Sonsのトラウザーズには、大変多くのお問合せを頂く事となり、一部の方々にとっては詳細を知る間もなく完売を喫してしまったのですが、この魅力的な素材を使い、トラウザーズと共に、『ジャケットを作りたい』とお申し付け頂いたお客様がいらっしゃいます。

0A35FD67-8F7E-4282-8BF1-BBA8E0D6B09A
この素材は、日常的に余り使われる事が少ない素材で、誂える際、非常に神経を使う生地の為、職人さんたちも苦手意識が在ると言われておりました。(それほど扱いに神経を使う素材で在ると言う事なのですが)

実は今回このジャケットをご注文下さった女性顧客様は、日頃それほどテーラードジャケットをお召になる機会が多くは在りませんでした。

然し、過去に一度誂えを試して頂いて以降、自分だけの一着に求められる存在価値、造形美や美しさ等、至極の一着と言う存在に、それまでとは違う新たな価値を見出して下さいました。

IMG_6179_1
誤解を恐れずに言えば、着用機会云々よりも、美しい一着を手にする事への意識の高さ、或いは年齢から成る「長く愛する事の出来る存在」を求めての御依頼だった事を窺い知るのに容易かった訳です。

IMG_6180_1
シッカリとした技術に裏付けられて作り出された立体感と着心地は、既製品では得られる事の出来ない、まさに自分だけの充足を与えてくれるもの。

0A35FD67-8F7E-4282-8BF1-BBA8E0D6B09A2_1
装いを愉しむ上で、「どんな物と組み合わせようか」、或いは「どんなシーンで使おうか」など、袖を通す日を楽しみに考える作業も醍醐味と言えます。

0A35FD67-8F7E-4282-8BF1-BBA8E0D6B09A1_1
特に今回ご注文頂いた生地は、仕立てる事によって、その特徴的な生地の魅力が顕れやすく、一般的な生地で表現される物とは違った雰囲気を醸し出す物でもありました。

御注文頂いたお客様の背中を押した物が何だったのかは知る由も在りませんが、長年様々なスタイルを試し、多くの物に触れてきた結果

『何がオーセンティックなのか?』

が、理屈ではなく、感覚的に宿されていたのだと想像出来ます。

「着用機会」ではなく『センス』(感覚)で選ぶことの出来る、その決定こそが、このお客様の最も研ぎ澄まされたセンスだと思うのです。

これから夏が来て、やがて秋がやって来る時、再び誂えにご興味を以ていただける方が増えると思いますが、誂え(オーダー)に対して、余り多くを考えたり、背伸びの感覚を持つよりも

『自分だけの一着』

を欲する、その気持ちが私達の仕事を動かしてくれます。

お客様と『どんな形で、どんな生地で、どんなシーンで作るのか』を、会話を持ちながら共に作り上げていく作業が『ビスポーク』(Be Spoke)の語源とも言われています。

この夏は、これまで以上に多くのお客様との間に、このBespoke(Be Spoke)を作り上げて行きたいと我々は考えています。

次なる秋には新たなコートの形等も準備し、より魅力ある素材やディテールをご提案させて頂く予定です。

『暑い夏がやって来る』

今だからこそ、次なるシーズンへの想像が楽しく、そして欠かせない支度です。

是非ご興味のある方も、試された事の無い方も、この夏は『誂え』(Bespoke)への関心もお寄せ下さい。

きっと違った価値観を手に、新たなスタイルの一つが確立出来るに違いありません。
-


オンラインストア春夏物特集


top_side_All_Summer_Items_20180621_001

INFORMATION


top_slide_Sale_20180622_02

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月12日(木)、19日(木)、26日(木)
(※展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店



ONLINE STORE INFORMATION


【ONLINE STORE Last up date -- 2018/7/3
Banner_OnlineStore001Banner_Ilmare_HP001

ABOUT US


IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6548
再び寒波が舞い戻った今週末。
余りの寒さに私達の住む地域には低温注意報が。
しかし今回の寒さは、これまでと違って風がとても強く、いよいよ春前の嵐を思わせる、最後の寒波の様にも思えます。

こんな寒さが続く日には、防寒もしたいけれど、雨雪に濡れるのも嫌だ、そんな思いが先行しますね。
そんな時お勧めなのがSTUTTERHEIMのラバーコーティングのコート。

IMG_6693
先日もご紹介させて頂いた、防水性能と北欧らしいソリッドな魅力によって多くのラブコールを得るSTUTTERHEIMのコートは、その佇まいに惹かれる程、無駄のないデザイン。

IMG_6697
雨風の時だけではなく、夏に向けたアウトドアなカジュアルにも取り入れたい、まさにデイリーウェアとしての利用価値を高めてくれる一着ですね。

冬の間はダウンやニットを取り入れ防寒し、春からはその魅力を活かし、カジュアルな装いを愉しみたくなるコートです。

IMG_6790
カジュアルと言えば、毎シーズン様々なコラボレーションによって人気を高めるベルギー、アントワープ発信のESSENTIELからも、新作のTシャツが到着。

IMG_6791
シンプルなボディに一か所(胸)だけプリントを施したベーシックなものですが、今回のTシャツは『WEEK TEE』と名付けられ、ウィットに富んだメッセージプリントが、その名の通り曜日(WEEK)に合わせプリントされています。

IMG_6798
意味や内容はともかく、色で選びたくなる今回のTシャツは、どの色も期待通りの綺麗な発色。

01_10
前出のSTUTTERHEIMとの相性も良さそうな色合いが揃い、春を楽しみにさせてくれるバリエーションです。

02_2
当店にとってのESSENTIELは、春夏シーズンにこそ、魅力を発揮する位置付けでもあり、その理由は秋冬とは違った匂い(装い)の品揃えをする当店だからなのですが、今季のESSENTIELは過去のシーズンと似て非なる装いが増えている様に感じられます。

昨年の様に大人のガーリーなイメージのカジュアルから一転、どこかフェミニンでベーシックな物が増えている様な雰囲気を感じさせます。

02_1
先日ご紹介したPEANUTSとのコラボレーションも、スポーティーな装いとの組み合わせや、コートとの組み合わせ、更にフェミニンなボトムとの組み合わせ等、ここにもESSENTIELらしさが存在しています。

しかし私達のお勧めする春夏にはジーンズが欠かせません。

これまでは多くのバリエーションやシルエットの中から、好みのシルエット(ジーンズ)をお選び頂くシーズンが続いて来ましたが、今季からは当店が取り入れて頂きたい「パーツ」としてのシルエットを軸としてご提案させて頂こうと思います。

その気になるシルエットですが、いつの時代も、どの世代も欠かせない基本となる2つをピックアップしています。
シーズンを隔て、またスタイルの垣根を超えて持つべきは、「スリム」と「ストレート」の2種。
(日本ではスキニーの語彙が少々違った捉え方をされているので、敢えて当店ではスリムと呼ぶ事にします)

スリムも、サイズの選び方で、腰回りや腿、膝等にゆとりを生み出せる為、小さな違いのあるシルエットを幾つも揃えるより、自分がしたいと思うスタイルに合わせたサイズ選びによってシルエットを生み変えるのが当店の予てからのリコメンド。

既にブラックやワンウォッシュ等が入荷済みですので、スリムはさておき、もう一つのストレートでは、大きくワイドなストレートを希望される方は、より大きなサイズを選び、腰に合わせて履く事をお勧めします。

しかし、適度なストレートのシルエットを「キチンと、綺麗に」履くとなると、膝下にテーパードが欲しくなります。

そんな痒い所に手が届くのが、AGの「EX Boyfriend Slim」。

IMG_6744
既にお持ちの方も多いと思われる、このモデルは、ジャストサイズで選ぶと(写真の様に)適度な緩みと、適度なフィットから美脚なシルエットを作り出すのが特徴。

またこのモデルは、元々9分丈に仕上げられている事から(アメリカなのでクロップドレングスが、我々日本人にはちょうど良いのですよね)、カット要らずで履く事が出来るのも魅力。

IMG_6738
AGは、同じ名前のモデルでも、毎シーズン、アップデイトされている為、微妙に異なるディテールが加わったり、修正箇所が在ったりと、常にリファインされている事は、余り知られていないかも知れません。

このモデルも長らく扱ってまいりましたが、ほんの僅かな違いを見逃さない当店ゆえ、幾つかの違いによって新たになっています。

IMG_6741
このジーンズもまた、前出の2ブランドとの相性が良く、これからの春夏シーズンを楽しみにさせてくれる一本。

こうして日常の装いが増える春夏シーズンは、季節の変わり目にこそ揃えて置く事も大切です。
サイズや色の在るうちに入手するのは言わずもがなですが、その後の装い選びの軸になる物として揃えておくことで、今後のスタイルづくりが更に楽になります。

益々楽しい色使いや、心地良さが増える春夏に向けて、是非今週は新しいプラスアルファを探しにいらして下さいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

top_slide_banner_2017_Winter_Sale_003
FINAL CLEARANCE SALE!
決算前の最終セール実施中

これから着られる様々な冬の商品がお得に入手可能です。
店頭、オンラインストア平行して実施致しておりますので、是非この機会をご利用下さい。
2/17よりHERNOも一斉プライスダウン実施中!

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休日】
2月22日(木)、3月1日(木)
(※2月から3月中旬までの期間は店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/2/18
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ