IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ニット

IMG_6038
3連休も半ばを迎えた今日は各幹線道路には県外ナンバーの車が非常に目立つ一日になりました。
外出を控える風潮の中、交通機関ではなく自家用車ならば、と思われる人々が多いのでしょうか。
現在の状況を象徴するかのような風景に色々と考えさせられる瞬間でも在りました。

また地元の学生たちにとっても、卒業式が終わり、これから新生活の為の準備に勤しむ時期になりますね。
各々の正確な状況判断が必要な時期だけに、先ずは何をするにも深呼吸してから臨んで欲しいと願ってしまいます。

今日3月21日は国際的な「人種差別撤廃デー」の日。
今から60年前、南アフリカで起こったアパルトヘイト(人種隔離政策)に反対するデモ行進で警察が出動し発砲。
その際70人近くが死亡する事件が起き、この時を境に国連が人種差別の問題に取り組む契機となった事が始まりとされているそうです。

と同時に今日は「世界ダウン症の日」でもあります。
21日に制定された理由には医学的な側面があるようです。
通常は2本であるはずの21番の染色体が3本ある事(異常)によって発症するのがダウン症なのだそう。
この数字に与り21日となったそうです。

ダウン症の日が、この人種差別撤廃デーと同じ日に制定されている事は、何か因果を感じますが、私の親族にもダウン症の身内が居り、何一つ人と変わらない日常生活を送れていても、この症状(様々ですが)の為に、哀しいかな周囲から奇特の目を感じざるを得ない時が在ります。

とてもジレンマを感じる事ですが、ダウン症だけでなく先天性によって持って生まれた症状を持つ子供たちにとって、この世に生まれて来る環境は選べる訳ではない事、そして誰にでも起こり得る遺伝子上の悪戯が、人々の妙な関心を寄せてしまう事への不快さは、ある種の人種差別だと私は思っています。

この世から人種差別がなくなる事を願う一人として、環境、性別、年齢、疾病、嗜好、どんな事にも『正確な知識』を以て接する事、そして奇異の目を向けない事、常に相手の気持ちになる事、人として恥ずべき事の無い行動をとれる人が一人でも増えてくれる事を願っています。

人と人とが譲り合い、支え合う事が小さな社会を、そしてそれらが大きな社会、終には世界を作る事で在る事を改めて感じて欲しいと思います。

世界的に流行している感染症の「今」も含めて。


と、今日も雑談から始まりましたが(最近毎回こんな始まりですね)、
冒頭に挙げた(食事の)写真、少しずつ気温が上がると食事も力の付くものが摂りたくなりますよね。
暖かくなると代謝も上がり、身体は力の出る物を欲する様な気がします。

お肉を食べて、動いて、寒い冬の間に滞った血の巡りを良くする。
とっても大切な事だと思います。

ウィルス蔓延によって外出を控える風潮が強まってからというもの、街中の飲食店は非常に苦しい状況を余儀なくされているお店も多いと聞きます。
中には97%もの売り上げ減少と言う破滅的な状況のお店もあるのだとか。

決して「食べに出てはいけない」訳では無いんです。

むしろ、こんな時こそ「食べに出て経済的に活性化する」ことは必要なのではないでしょうか?

何かを食べに出掛けたら、ウィルスに感染するのでしょうか?
答えは「ノー」です。

感染を気にするならば、手洗いやうがいの励行を促すべきで、自宅にこもりっきりが必ずしも良い事だとは(私的には)思いません。

しっかりとした予防策を以て、また正しい知識のもと行動することが大切なのであって、軍隊の様に上官の命令の様に聞き入る様は、どうもいただけません。

ティッシュペーパーが巷から姿を消した時の様に、正しい知識さえあれば、なにも不安に感じることは無いのですから。

昨年の台風以降、今、私達の生活の中には様々な問題が起こっています。
しかし、一人一人が正確な情報と正しい知識をもとに行動すれば、いつもと変わらぬ毎日を送る事が出来るはずです。

いつでも冷静に、そして何をする事が正しい事なのかを自問自答しながら行動したいですね。

(いつになったら本題に移るんだろう・・・)と思っていらっしゃる方、ここからが本題です。(やっと)

春から夏にかけて、この上下動する気温に対処してくれる一着のトップス。

涼しい日も、暑い日も、使い方で長い春夏を賄えるものがあったら願ったり適ったり、と思いますよね。

それが、、、あるんです。

bafy_blog001
先日も魅力的なポロシャツでご紹介させて頂いたイタリアのニット専業ブランド『BAFY』。

149507960
この何気ないシンプルでベーシックな形のクルーネックのニット、実は使用する糸に非常に細い糸を使って編まれており、風通しの良い適度なピッチによって夏まで使える一着に仕上がっているのです。

149507960_o1
元々大手ブランドのOEMを手掛けるファクトリーブランドゆえ、糸のクォリティコントロールはお手の物。

それどころか季節や仕様にあった最適な素材の選択や凝った編み方が出来る事も、BAFYの最たる魅力の一つです。


このニットには表面にバスケットを模った編地を用いており、立体感のある豊かな表情に加え、触り心地に

リネンの様なシャリ感

があり、コットン100%素材とは思えないほど、清涼感に優れています。

149507972
涼しい日にはシャツやカットソーとのレイヤードや、ジャケットのインナーとして、また暑い日には一枚で着るなど、この『素材』だからこそ、幅広い季節を愉しむ事が出来ます。


149507972_o1
触れた瞬間の触り心地はまさにリネンのようで、真夏にも間違いなく活躍してくれる一着になります。
カラーは前出のホワイトとこちらのライトブラウンの2色をオーダー。

IMG_9387
夏にはショーツとの組み合わせで、クルーズ感も増し、まさに大人の夏の装いにピッタリのクォリティスタイルが叶えられます。

IMG_9380
ミドルゲージのニット(プルオーバー)では暑かった夏も、今年はこのハイゲージで快適に過ごせそうです。(※写真はミドルゲージ)

これから始まる春、そして真夏までの長い季節を存分に楽しめるニットです。

「夏に長袖のニットなんて着ていられないよ!」

と言う方、、、ショートスリーブのお勧めも有ります!

それがコチラ

149508006
こちらもまたシンプルでベーシックそのものですが、実はよ~く見てみると、素材がまた凝っています。

149508006_o1
このニットはスラブ風の凹凸を表情に生かした、「リネン」を主成分にした

まるで半袖Tシャツ

の様なリネンニットなのです。

しかし言葉通りに受け取ると、リネン=ガサガサしていそう、と思われる方も少なくないと思うのですが、実は触れると直ぐにそれらが間違った概念だと察します。

このニット、どう考えても『コットンかシルク』にしか感じられないほど、

滑らかで艶やか、そして何よりフワフワに柔らかい

のです。

形そのものはTシャツのようですが、触れても袖を通しても未だ、それらがリネンで在る事が疑わしい程、このニットは柔らかいのです。

"夏=コットンのTシャツ"の概念は最早過去のもの。

男性、それも大人紳士たるもの、夏は上質なニットを身に着け、ゆとりある出で立ちで居たいものです。

今日ご紹介したBAFYのニットたちは、このブランドの本当の素晴らしさが「素材の選択」で在る事を、つくづく感じさせてくれます。

是非今年の春夏は、美味しい物を食べて身体を健康にして、そして新しい洋服を着て心も健康にして、最終的には世の中の経済の為に寄与する、そんな循環の一端を担う春夏にしてみませんか?

(今日もかなり無理やりな新作紹介でしたね・・・多謝)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

爽やかな青空で始まった今日。

街には卒業式を迎えた学生たちが、文字通り晴れ姿で希望に満ちた表情を浮かべています。

卒業生たちにとって今年はチョッピリ寂しい気も致しますが、新しい世界への期待と一つを成し遂げた達成感が表情からも窺えた気がします。

ともあれ今日の空の様に晴れやかな一日を迎える事が出来て良かったですね。
卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

新しい学校、始めての職場、それぞれ想いは違えど皆様にとって大きな節目の一日となります様私達も祈っております。

さて、御子様をお持ちの方々にとって今日は一つの節目でもあり、また少しほっとしたひと時でも在ったのではないかと思います。

来る新生活へ向けて皆様方にとっても新しい一年の始まりとなりますね。

勿論、お勤めの方の中には異動を命じられた方々もお出でになり、再び環境を変えて新しいスタートを切る方もいらっしゃる事と思います。

そんな節目を迎えた人たちにとっても、装いを新たに気分一新を考えるのも一つの発奮材料。

今日は女性の皆様に当店が推すお勧めのニットをピックアップしてみました。

zanone_blog001
当店で2シーズン目を迎えたイタリア、ヴェネツィアのブランドZANONE。

ZANONEはINCOTEXやMONTEDORO、GLANSHIRTなどのブランドを傘下に持つトータル企業SLOWEARブランドの一つ。

特にニットを中心としたラインナップを担うZANONEは、メンズでは広く知られるブランドですが、ウィメンズとしての認知度は、それほど大きくは在りません。

然し乍ら、その作りやディテールにはメンズ同様、シンプルでベーシックを基本に、妥協のない質の高い物作りが成されており、既に一部の女性にとって欠かす事の出来ないブランドとして愛されています。

そんなニットブランドZANONEの中で、当店が今シーズン最もお勧めしたいのが

アイスコットン

を使用したニットラインナップです。

昨日のBLOGでは男性に向けたドライタッチのニットを提案させて頂きましたが、毎シーズン、女性のお客様に「(メンズの)あのニットの様な物が女性にあったら良いのに・・・」という声を沢山いただいていました。

このアイスコットンはZANONEでは既に人気の素材であり、また他ブランドでは同じくニットを専業とするDrumohrなどでも度々見られる独特な触り心地と特性を持つ素材。

その特徴は

・サラリとした感触
・吸湿発汗性が高い
・汗ばむ季節でも肌にくっつかない
・軽く柔らかい


とメリットが沢山あります。

「やはり夏は気持ちよく過ごしたい、でも冷房はイヤ、でもベタベタするのはもっとイヤ」

女性の要望・願望は常に高いところに在るのが御洒落の基本。

そんなワガママを形にしてくれるのが、このアイスコットンのニットなのです。

今回当店がZANONEでオーダーしている二つの形は、何れもアイスコットンを使用した高品質なニット。

149449732
誰もがインナー利用だけでなく、多くの装いの中心として使う事の多いラウンドネックのショートスリーブ。

衿回りが開き過ぎず、閉じ過ぎず、女性の首を綺麗に、そして華奢に見せてくれるこの形は、インナーとしても最適なバランス。

149449732_o1
まるでTシャツの様なディテールに、この高性能で高品質なアイスコットンを用いた事により

普遍なラグジュアリー

を体感出来る二つと無い物に仕上がっています。

149449732_o2
加えて素材のニットが女性の要望を全て適えた糸を用いている事、そして一本一本の糸は極微で繊細、しかしそれでいてしっかりとした作りを実感出来るなど、このニットには特別な存在感を感じる事が出来ます。

またこのニットをより活かしてスタイルする為に、テーラードジャケット型のカーディガンをオーダーしています。

149449732_o3
レイヤードする事によってアンサンブルの様に使う事が出来る他、衿無しのVネックカーディガンでは満足する事の無かった衿回りの存在感や立体感が叶えられます。

149449764_o2
当店はあくまでもジャケットとしての捉え方ではなく、衿をもったカーディガンの様に「羽織ること」を前提にお勧めしています。

それはニットの組成上や、軽い着心地、そしてテーラードジャケットとは程遠いコンフォートな雰囲気によって、カーディガンよりはキチンと、でもテーラードよりは柔らかく、そんな両者を併せ持った存在感を、このニットに求めています。

149449764_o3
更にこのニットはバランスのとり方が絶妙で、ボタンの位置が中央付近に集まっていること、Vゾーンが深く取られていること、ポケット位置が下方向に在ること、この「なんてことの無い」事が備わっているだけで、レイヤードがワンピースだろうと、Tシャツだろうと、シャツだろうと、その全てがバランスよく合わせ易い絶妙のバランス感に仕上がるからです。

149449764_o4
季節的にも幅広く、春から秋の終わりまでインナーの種類を変えながら、長く楽しむ事が出来る今回の2つの形。

汗ばむ季節を迎える頃では時すでに遅し、今だからこそ備えておくべきは、このZANONEの2つの様に質実剛健、ある種コストパフォーマンスが高いと言えるニットにこそ投資をすべきです。

女性にとって、夏の冷房や日焼けは勿論、トップスへの拘りは秋冬以上に神経を使うものです。

未だ感じた事の無いこの特別な肌触りや着心地を、是非ZANONEの新作で体感してみて下さい。
きっと『質とは何か』を考えさせられるはずです。

IMG_0449
同じSLOWEARのINCOTEXのスカートにも合わせられそうですね♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

急激な暖かさに小さな虫たちも舞い始めた今日の気温。
私達の住む長野地方では最高気温21度を記録し4月下旬の気温になりました。

とても過ごし易い一日でしたが、街に目を配ると、賑やかであるはずの公園に姿は乏しく、目下感染症対策によって待機を強いられる子供たちを残念に思います。

何か良い対策方法が見つかり、この状況が収束してくれると同時に、街中への経済的な負担も解消される事を願って止みません。

とは言え、何れ終わりを迎える事は必至。
来る平穏な毎日に向けて、今は限られた生活エリアの中、或いは楽しめる事を探しながら毎日を充実させて送りたいですね。

さてさて、今年の当店は催しが多く、ブログ更新がやや遅れ気味となっておりますが、実は今年は例年以上にオンラインストアのご利用が多く、遠く県外からのご利用やお問合せが非常に増えています。
(これは本当に嬉しい事です!)

遠くから関心を持って下さる皆様に、一つでも二つでも、新しい情報をお届けしたいと思っておりますので、今後は些細な記事でも掲載させて頂こうと思っております。

そんな今日のピックアップは「日常を華やかにしてくれるシンプルなアイテム」たち。

当店のラインナップの中で、最もコストパフォーマンスが高く、そして魅力あるラインナップを毎シーズン見せてくれるのが、フランスのブランドSUNCOO(サンクー)。

Suncoo010
SUNCOOはデザイナーStellaとパートナーであるThomasが2007年に始めたブランドですが、雑誌ELLEを始めとする各モード誌に多数掲載され、あのフランス最大級のデパートである「Galeries Lafayette」(ギャラリー・ラファイエット)を始め多くのセレクトショップなどでも展開されるブランドへと成長しました。

GL001
ギャラリー・ラファイエットと言えば、フランスへ行くなら是非寄りたいと誰もが思う超有名店。
その品揃えやサービス規模はヨーロッパ随一とも言われている名店。

Suncoo011
その他にもアメリカでも人気となっているSUNCOOは、SNSなどでフランスとは別にUSAのアカウントも持つほどの人気ぶり。

Suncoo012
かつてフランスのテレビ局に「近年最も成長したブランド」として取り上げられるほど、急成長を遂げたブランドでもあります。

その理由が身近な価格帯で在りながら凝ったデザインやディテール、日常的で多くのシーンに使える様々なテイストを揃える、女性にとって想像される多くの用途に応じられる「ラインナップの多さ」。

当店は沢山のラインナップの中から、当店の最も多いお客様の年齢層である大人の女性にとって、「日常的に使える御洒落」をコンセプトに選択しています。

実はデザインコンシャスな物が先行する様に思えるSUNCOOも、その基本はフランスらしくベーシック。

Suncoo02
但し当たり前のベーシックをチョイスするのではSUNCOOにフォーカスする理由が在りません。
その中でも「光る何か」を持つ物を中心に毎シーズン選んでいます。

このシャイニーなカーディガンもベーシックな形と日常的に使い易い色合いの中に、極微なスリット糸(ラメ糸)を織り交ぜる事で、上品な輝きを纏い、またお出掛けのワンピースやスカートから、オフィス、更にはジーンズなどのカジュアルまで幅広く使える物に仕上がっています。

こうしたユーティリティは如何にもフランス人らしい合理的さを窺えますね。

Suncoo01
同じシャイニーなアイテムでも、こちらのメッシュに仕上げたフーディーでは、むしろリゾートやアクティブにオシャレを楽しむ人たちに向けてお勧めしたい一点。

春の間はミドルインナーとしてレイヤードで愉しみ、夏にはキャミソールの上に一枚で着たり、或いは水着の上から着てしまいたくなるほど魅力的。

大人の女性が春夏の御洒落を愉しむ上で欠かせない「上品さ」は、セオリーから外れた所に在るのが海外のブランド。

このニットもまた新しい発見の一つになる事間違いなしです。

その他にもSUNCOOからは新作が多数到着しています。
今後徐々にご紹介させて頂きますので是非楽しみにお待ちください。

また本来メンズのTシャツやニットも、最近では女性の購入が目立つ当店。

crossley01
今回メンズとして仕入れているシンプルでベーシックなスムースのコットンのTシャツ。
元々男性に向けた質の高いオーガニックを使用したインナーをと提案している物ですが、このTシャツもまた少し大き目のサイズを敢えて選んで、女性に着て頂く事も在ります。

タップリとしたシルエットはスリムなボトムスに最も合わせ易く、また女性にとっては見えて欲しくない所は見せない、細く見えて欲しい所は細く見せたい、そんなワガママを叶えられるものでも在ります。

crossley02
CROSSLEYは、元々カットソー中心のラインナップから始まり、秋冬にはニットも多数展開するブランドですが、その多くにオーガニック素材を取り入れ、また洗いを加える事によって着慣れた表情を始めから与えます。

今回のTシャツは、そんなCROSSLEYにしては珍しく、リンスのみ(ワンウォッシュ)の綺麗な仕上げになっている為、余りカジュアルに度が過ぎない物を希望する人にとってもお勧めの一着。

男性へのインナーとしては勿論、女性のカジュアルウェアの一つとしてもお勧めの一着です。
(勿論、ご夫婦、パートナーとの仲が良ければシェアして頂いても・・・)

この他にも沢山の新作が到着している今週。

春が近づくと新しい洋服に心が躍ります。
外出制限(これもどうかと思いますが)も然る事ながら、私達は出来る限りBLOGや各SNS、ONLINEを通じて、皆様に沢山のご提案(情報)をお届けできるようにしたいと思っておりますので、是非ご在宅の際は暇つぶしにご覧くださいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_1361
昨晩から今日にかけて、関東甲信地方に降雪・大雪注意報が出されましたが、幸い私達の地域に雪害は無く、降雪量も雨混じりのほんの僅かに済みました。
異常な天候が続いている最近は昨年の台風が記憶に新しいですが、「まさか自分のところには」の油断が大きな被害を呼びます。
天候に左右されがちな日本は、これまでとは違った注意や備えが必要と言えるかも知れませんね。

気温は10度まで上昇した今日でしたが、外吹く風はまるで春一番の様な強さに冷たさが混じっている様な突風に覆われました。

気温とは裏腹に寒さを感じずにいられない一日です。

こんな天候には、やはりニット、それもローゲージの暖かさが身に沁みます。
そこで今日はローゲージのニットを取り上げて見たのですが、ローゲージのニットもイタリアならではのクラシコ感たっぷりでは聊か食傷気味と言う方も多く、今年特に当店が注力していた「イタリアらしいアメリカン」を呈する事が出来るMQJのニットカーディガンをピックアップして見ました。

IMG_4991
店頭にお越しの方はお気づきの方も多いと思うのですが、昨秋冬は意図的にアメリカンテイストを用いたディテールや品物を多く揃えていたシーズンでもあります。

MQJのニットたちは、どれもプレッピーやトラディショナルなデザインソースが多く、中でも80年代から90年代を彷彿とさせる、どこか懐かしさを感じさせるディテールや色、柄の物が多く揃っています。

その中でも適度にそれらの色を出しているのが、このショールカラーカーディガンです。

IMG_4992
タップリとした身頃とボリューム感たっぷりの糸、更に純粋なアメリカンカジュアルに傾倒しないよう、程よいバランス(着丈や袖筒、身幅など)を持っている為

スッキリとしたカジュアル

にしか見えない優れたディテールが特徴です。

IMG_4993
またかつての流行を感じさせるクレイジーなカラーパターンは、現在50代前後の方ならば誰もが一度は試されたで在ろう懐かしいディテール。

このカーディガンでは背面をライトイエロー、袖口をダークネイビーに施し、恰も昔の様なクレイジーパターンにならないように作られています。

IMG_4990
このカーディガンにジーンズ、そしてデニムシャツを合わせるだけでアメリカンな気分が宿りますが、前述の様に細部のバランスの良さの恩恵もあり、泥臭さや大きさを意識する様な装いにはならないのが、MQJの素晴らしさです。

IMG_4994
またポケットを持たない事も、全身をスッキリと魅せる一つの特徴です。
ショールカラーのボリュームを活かしながら、糸の太さやメランジの色によって作り出される穏やかで暖かな雰囲気は(着ている暖かさを上回る)独特な魅力を放ちます。

IMG_4996
最近イタリア本国でアメリカンカジュアルを牽引している著名人の多くがホワイトジーンズやチノーズを、アメリカンテイストに積極的に取り入れています。

これも全体をスッキリと魅せる一つの方法であり、イタリア人がバランス感覚に優れているからこそ作り出される「スッキリとしたアメリカン」なのですね。

IMG_4995
誰もが持っているで在ろうデニムのシャツやジーンズをベースに、このカーディガンを投入するだけで、洒脱さが感じられるMQJのカーディガン。

日本人やアメリカ人が描くアメリカンスタイルと大きく異なるのは、イタリア人が「バランス感覚に優れている」から。

全てにおいて調和を大切にするイタリア人らしい特徴的なアメカジとも言えるこのニットを是非一度試してみて下さい。

そこには思いの外、奥深さを感じられるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_1516
先週までの穏やかな陽射しは何処へやら、今週の始まりは凍てる様な冷たい空気に包まれています。
今日から明日にかけて関東地方を中心に降雪が予想される等、寒さは再び冬を思わせる物になりました。

この寒さに対処すべく暖かな服装を、、、と再び思われた方に朗報です。
丁度頃合いを同じくして、今日から店頭、オンラインストア共に今季最後のセール

Final_Clearance_Sale_20190127
FINAL CLEARANCE SALE

がスタート致しました。

暖冬が叫ばれいつもよりも薄目の装いを揃えていた方にとって、今から冬の厚みを手にするには少々勇気が要るというもの。
本日から始まる今季最後のセールでは、今日から春先、そして再び秋からの楽しみの為にご購入頂く事のもお勧めです。

そんなお得なセール商品が再び気になる今週ですが、今日の様な寒い日には何と言ってもニットの暖かさは最重要課題。

寒いのに薄着で無理をする服装?は最早ナンセンスです。
しっかりと防寒もしつつ期待を裏切らない質の高い物を揃えて置きたいものですよね。

そこで今日お勧めするのは今日の様な寒さにピッタリの暖かな一着。
Settefili Cashmereのローゲージニットたちです。

IMG_4929_1
実はこの商品は昨年以前の品物ですが、未だひっそりと棚に並ぶ逸品。
このシリーズは当店にとってローゲージのアンサンブルを前提にオーダーしたラインナップで、ハイゲージなどのニットアンサンブルは見かけても、ローゲージのニットアンサンブルは草々在るものではないはず。

F71_1
もともとジャケット代わりとしてローゲージのカーディガンを多用する当店スタッフは、このローゲージのカーディガンやショールカラーのカーディガンはインナーをニットやTシャツなどに変えつつ、季節を長く愛用しています。

組み合わせを考えるのも簡単で、尚且つ、とにかく「暖かい」のがこのニットの特徴です。

IMG_4927_1
糸にはアルパカとウールを採用し、ユル編みが特徴のSettefili Cashmereの中では異質と言えるほど、非常にタイトな撚りで作られている為、とてもしっかりとしています。

IMG_4928_1
これによって作られる肉厚感と高い保温性によって、例えばタートルネック一枚でも暖かいのですが、更に同素材のカーディガンをレイヤードする事によって暖かさは二倍に!

IMG_4930_1
カーディガンはリブの仕上げになっているのですが、着て見ると意外なほどスクエアな裾になるのが分かると思います。
つまりリブが邪魔をせず、羽織(ジャケット的に)として使える形と言えます。

IMG_4931
またポケット位置も高く、この位置のバランスも全体に腰高効果を生んだりと良い事尽くめのカーディガン。

IMG_4932_1
女性にとっては当たり前のアンサンブルも男性のアンサンブルは中々見かける事が少なくなりましたよね。

更に、このシリーズは女性に向けたサイズをご用意しています。
(※詳しくはオンラインストアへ)

展開サイズ42は、女性の為のゲージになっておりますので、非常にコンパクトに仕上がっています。
特に女性のお客様が気にする袖の長さも長すぎず短すぎず、丁度使い易いバランスに仕上がっていますので、是非男性だけではなく女性もトライして頂きたいニットたちです。

今日ちょうどスタッフが着用出勤しておりますが、上半身が暖かすぎる為、下半身が寒く感じる程。
ニットの暖かさは厚みではなく質(糸)が左右する物ですが、このニットはその両方が叶えられた一着なのですね。(本当に足だけ寒いです!)

冬はニットとのレイヤードで楽しみ、春が近づいたらインナーをTシャツで過ごす、そんな装いこそSettefili Cashmereが持つコンフォータブルなスタイルです。

多くのスタイルに取り入れ易いSettefili。
男性、女性共に是非ともトライして頂きたい今回のニットです。

その他にも、この冬の寒さに対処する一着を、是非『FINAL CLEARANCE SALE』で見つけて下さいね。

※Settefili Cashmere一覧はコチラから




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

このページのトップヘ