IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ニット

IMG_8576
今週は風の強い日が多く、徐々に春の足音が近づいて来ていることを知らされます。

冬から春への移り変わりは、いつも突然やって来ます。

「ついこの前まで寒かったはずなのに」と思った矢先、日中がポカポカ陽気に包まれる日が、いつの間にかやって来るのです。

そんな突然の春の訪れに慌てないよう、今から少しずつオシャレも変えていきたいもの。

今日はベーシックでコンフォート、そんな使い勝手と心地良さを両立した2種類のアイテムをご紹介します。

一つ目は、当店では御馴染のINCOTEXの新作。

IMG_1296_PhotoRoom_20210223_131703
このモデル”ANITA”は、ディテールチェンジを繰り返し、一つの完成形とも言える(当店の主観ですが)一本で、背面エラスティックのウエストに、1プリーツ(インタック)とゆとりのある腰回りから股上、そしてそこから裾へ向かってシャープに流れるテーパード、と、どの切り口も魅力タップリで、美しいシルエットを作ります。

IMG_1297_PhotoRoom_20210223_131730
INCOTEXのボトムスには、”変わっていないようで、変わっている”、そんな細かな手入れが行われ、常に新しい=美しいシルエットが作り出されています。

このモデルもまさにその一つで、オフィス、週末、デイリーとシーンを問わずに使える形、そして素材のナチュラルストレッチの心地良さと、全てに於いてマルチな存在価値を作ります。

IMG_1300_PhotoRoom_20210223_131807
また色が特にお勧めで、当店が拘る微妙な色の差異(特にネイビーやホワイト、ベージュ)に気を配った、ほんのり赤味がかった美しいベージュが、皆さんの思っている以上に”使える色”で在る事を、のちに知る事でしょう。

ニット、ジャケット、カットソー、シャツ、全てのトップスにマルチに使える素材や形。
そして、ホワイト、ブラック、ネイビー、ライトグレー、サックス、そしてストライプなど、色の選択も迷う事無く使える一本。

ベージュ系を敬遠していた方も、ベージュは持っているから、と言う方も、是非一度店頭で、その色、素材を確かめてみて下さい。

きっと思いを良い意味で裏切りますよ。

000100001
そしてもう一つが、ZANONEの新作ニットです。

実は今回、男性と女性に向けてお勧めするこのニット。

IMG_1315_PhotoRoom_20210223_134941
”敢えて”メンズでオーダーした、シンプルで王道ベーシックなクルーネックなのですが、よ~く目を凝らすと(写真では解りづらいかも知れません)、このニットはとても細かなパイル素材で作られている事が判ります。

IMG_1316_PhotoRoom_20210223_134950
元々糸の選択、素材の取り込み方に拘りを持つZANONEですが、このマイクロコットンパイルは、過去に当店が取り扱っていた、あのブランドの物と(とっても人気の高かった)酷似しています。

IMG_1318_PhotoRoom_20210223_135013
スウェットシャツの様に首元にガゼット風のディテールと、袖と裾のスクエアカット等、形はとても使い易く、またコンフォートそのものと言える一着。

IMG_1305_PhotoRoom_20210223_133240
ラグランスリーブと言う事もあり、この素材の高い伸縮性や弾力性が、より活かされ、またインナー利用から、一着での存在感まで、常に多くのスタイルに取り入れ易い形に仕上がっています。

IMG_1307_PhotoRoom_20210223_133305
今回、メランジ調のネイビーとメランジ調のグレーの二つをオーダーしているのですが、このニットには女性に向けた提案で在る事も大きな理由です。

IMG_1258_PhotoRoom_20210223_125754
Regular Fitを選択した事により、身幅に適度なゆとりが生まれ、またラグランスリーブの恩恵もあり、女性が(最小サイズ42)を着ると、まさにコンフォートなフィット感になります。

IMG_1260_PhotoRoom_20210223_125828
衿回りが窮屈ではない事、裾のスリット等、女性にとっても嬉しいディテールが備わっている事も、今回オーダーした理由の一つ。

IMG_1270_PhotoRoom_20210223_130217
また袖と裾にはリブは使われていませんが、袖には絞りがあり、袖先でしっかり止まってくれる点も嬉しいところです。

IMG_1272_PhotoRoom_20210223_130239
今やジェンダーレスのアイテムが当たり前となっているファッションの世界で、こうしたコンサバティブなアイテムこそ、女性が多くを愉しめる時代となった事を考えると、ある種、女性のファッションとしては選択肢の幅が非常に多くなった事は、メリット以外の何物でも在りませんね。

IMG_1430_PhotoRoom_20210224_192957
このコットンパイル、ご存じじゃない方にもお勧めしておきたいのが、その高い伸縮性と吸湿性、そして何より柔らかくて軽いこと。

IMG_1431_PhotoRoom_20210224_193010
一般的なパイル素材とは比べものにならない程、その柔らかさや細かさは群を抜いています。

IMG_1428_PhotoRoom_20210224_192933
男性も女性も、春にはレイヤーで、夏にはショーツ等と合わせてなど、その用途は、しっかり真夏までカバーします。

IMG_1429_PhotoRoom_20210224_192944
この手のマイクロパイルは、意外とお気に入りに出会う機会が少なく、今回はメンズのZANONEで見つけてしまったと言う顛末です。

セットインスリーブではなく、ラグランスリーブならではのメリット、そして試した事の無い方にとっては目から鱗の素材、心地良さ、勿論お持ちの方にとっては病みつきの素材でもある今回のニット。

是非、男性も女性も、一度この素材に触れてみて下さい。

きっと、喉の奥から「買います」と言いたくなるはずです(笑)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月4日、11日、18日、25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_8214
2月になると同時に、人々のせわしさが一層増している様に感じられる今週。
春は様々なイベント事が多く、また企業にとっても決算期を迎えるところも多い為でしょうか。

気温もまだまだ寒い毎日ですが、ひどく雪に見舞われると言った雰囲気は無くなり、1月とは違った凍てる様な乾いた寒さが始まっています。

今日はそんな寒い毎日の為に、一つお勧めしたい色をピックアップして見ました。
その色とは、誰もが一度は身に着けているであろう『グレー』です。

C5CC9845-1E04-4C53-A261-BC830F42EEFC
グレーにも濃いチャコールや明るいライトグレー等、その色の濃さによって雰囲気もだいぶ変わりますが、このグレーと言う色のニュアンスから食わず嫌いの方も居れば、意外と似合わないかも?なんて先入観に追われている方も居るかも知れません。

意外なことですが、良く耳にするパーソナルカラーなどの診断結果を鵜呑みにして、指定されたその色を徹底的に拒むという話があります。

然し、ご存じのように色には数百、数千の濃淡があり、一口に括る事は出来ません。

私達は職業柄、このカラー診断的なものを正直あまり信じていません。
何故なら、そこには『組み合わせる色』、『挿す色』、『魅せ方』で如何様にも変わるからなのです。

何を隠そうブログを書いている私も、もともとグレーを得意としている人間では在りませんでした。(ただし若いころの話です)

6D42C95B-9E4C-4B1E-8101-E96964521B2D
グレーが似合う為には何をしたら似合うようになるのか? どうしたら違和感が無くなるのか? そんなことを考えた日も過去には在りました。

然し、意外なことに、それらは髪の色(髪は色を変えられますし)や肌の色(日焼けも出来ます)によっても、違った見え方になると言うこと。

また、この写真の様に、常にホワイトを取り入れる事によって、軽快な印象が先行し、グレーも一つのパーツとしてしか映らなくなる等、実はカラー診断などよりも、『組み合わせるセンスやアイディア』が大切だという結論になるのです。

私達は店頭で良くお客様にお伝えさせて頂くのですが、オシャレに教科書は無く、またオシャレはロジック(理論)では作れないものであるということ。

算数の様に、積み上げたものがオシャレとするならば、そのオシャレは恐らく右にも左にも同じオシャレの人々であふれる事でしょう。

しかし、オシャレはそうでは在りません。
個人に会った雰囲気や”らしさ”を感じさせてこそ、その人だけの個性あふれるオシャレが作られるのだと思うのです。

冒頭からお話が長くなりましたが、今日はあえてグレーばかりを取り上げ、そこから一つのヒントを皆様に感じて頂けたらと思います。

PhotoRoom_20210203_184126
最も簡単で最もシンプル、そして一つ一つが際立つグレーの魅せ方としたら、この写真の様にグレーのトップ、ホワイトのボトム、そしてブラウンのシューズ、この3色が揃うと見た目もスッキリ軽やかに見えると思います。(ニットはスタッフ着用写真の物と同じDrumohrのラムズウールです)

PhotoRoom_20210203_184854
ボトムがホワイトより、やや濁りのあるオフホワイトになっても雰囲気は変わりません。
むしろ、色の軽さに趣が加わり、より味わいのある、温かみを感じさせる組み合わせに見えます。

PhotoRoom_20210203_191536
全身グレーで纏めた場合はどうでしょう。
写真ではコートやジャケットを加えていませんが、上下の色を同じ暗さ(或いは明るさ)のグレーにする事で、足元の色が際立つようになります。

こんな組み合わせの時には、コートだけをネイビーにしてみたり、ベージュやホワイトにして見たり、穏やかな色を合わせると、また雰囲気も変わり、上下グレーの見え方が一段と味わい深く変わります。

PhotoRoom_20210203_184633
また最も簡単なのはスニーカー(ホワイト)を合わせる事。
グレーと言う色そのものが灰色と言うだけあって、灰=燃え尽きた色、だけに明るい色合いを合わせる事で、互いが明暗相反する引き立て役になります。

PhotoRoom_20210203_191351
前出の様な装いは男性も女性も同じ様に楽しめますが、女性の場合はパンプスと言う武器が在る分、よりグレーを効果的に見せやすくなります。

それはパンプスの肌色を見せたり、或いは同色のタイツを履いて統一したり、実は女性のグレーの楽しみ方は男性の何倍も楽しめる物が多いんですね。

また女性の場合には、グレーの分量によっても見え方が変わる事があります。
写真の様にワイドレッグのパンツ(ライトグレー)を合わせたい時には腰位置までの長さに留める事によって、よりバランスが整い易くなります。(トップはチャコールグレーを使用しています)

PhotoRoom_20210203_191336
またジーンズでも同じ様に愉しむ事が出来ます。
スキニーなフィット感のジーンズには、トップにボリューム感を合わせるのは必然ですが、グレーの統一感が楽しめやすいのも、洗いのかかったブラックデニムやライトな色落ちのグレーデニム等、色の濃淡を愉しむ上で欠かせないのも、グレーと言う色の魅力。

IMG_8269
ブルーデニムには無いシャープでクールな印象が在るのも特徴的ですよね。
ブラックやホワイトは当たり前として、やはりグレーデニムやブラックデニムを、同じグレートーンで合わせて愉しむと、一つクラスアップした気分のオシャレにまとまります。

PhotoRoom_20210203_190458
トップをライトグレーにしたり、チャコールにしたり、同系色で統一感を愉しむと、自然にパンプスなどシューズ類にも色の遊びが加わって来ます。

シンプルな色の楽しみ方だからこそ、生かされるシューズの存在感なのですね。

PhotoRoom_20210203_191449
これから春夏に向けても同様に、TEEシャツとジーンズの色の関係性をグレーのグラデーションで愉しむ事も出来ます。

むしろ、肌を露出する分、肌色と言う第三の色が加わり、秋冬よりも簡素なのに素敵に見えるメリットも在ります。

PhotoRoom_20210203_191438
しかし気を付けなくてはならないのが、一つ一つのアイテムにしっかりとした作りが在る物を選ぶ事です。
比較的チープに見えがちな素材や色の組み合わせに於いて、最もそれらを違って見せてくれるのが一つ一つのアイテムの”しっかりとした物作りから見える存在価値”です。

PhotoRoom_20210203_191514
前出の写真の組み合わせと同じ組み合わせでも、TEEシャツとジーンズの色の濃淡を反転させるだけでも、随分雰囲気が変わります。

PhotoRoom_20210203_191501
ライトグレーのトップ+ダークグレーのジーンズ、そしてこのミディアムグレーのトップ+ライトグレーのジーンズ、どちらも同じ色を使ってるのに雰囲気が変わって見えます。

その分、足元(靴)で色を加えたり、遊びを加える楽しみ方が増えます。
同じグレーの取り入れ方や統一感でも、素材の雰囲気やアイテムが変わるだけで、様々な見え方があるのですね。

特に大人を自負する年齢の方々には、よりグレーを積極的に取り入れて頂く事をお勧めします。
大抵の方々(男女共)が、グレーを着るとボンヤリする、或いは、グレーを着ると落ち着いてしまう、など、それぞれに悩みを持っています。

しかし、それは一つ何かを加えるだけで劇的に変わると言う事を知ってしまうと、こんなに使えるものだったのか、と意識も変わる事が在ります。

今お手持ちのグレーを上手に使えないと言う方は、衿元にバンダナやスカーフを小さく挿してみたり、或いはホワイトを多く取り入れてみたりと、それぞれのお持ちのアイテムに対して、ちょっとしたエッセンスやアイディア(色)を取り入れるだけで劇的に変わります。

是非グレーを苦手としている方々にも、改めてトライしていただきたいと思います。
何より、苦手を好きに変えてしまえたら、ある種の達人になれる訳ですから、是非とも皆さんに達人的スタイルを身に着けて頂きたいと思います(笑)

勿論、組み合わせや取り入れ方に悩む方は、店頭にお越しいただければ色んな組み合わせをお勧めさせて頂きますので、是非遠慮なくお声かけ下さいね。

PhotoRoom_20210203_191419
また現在店頭ではメンズウェアの女性利用を改めてお勧めしております。
このチルデンセーター(春夏物)もメンズのニットウェアですが、女性が身に着ける為の”あるバランス”を元にお勧めしています。

IMG_8266
男性的にならず、女性らしい見え方で揃う為の一つの法則を、店頭でお伝えさせて頂いておりますので、是非ご興味のある方は店頭へ。

今日はしつこいくらいに、グレーを取り上げて見ましたが、いかがだったでしょうか。
女性だけではなく、男性にとってもグレーの(特にトップス)取り入れ方を悩む方が非常に多い当店。

今年は苦手色を、得意色に変える、変化の年にしてみませんか?

歳を重ねた今だからこそ愉しめるグレーがきっとありますよ♪





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月4日、18日、24日、3月4日、11日、18日、25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4908
年末年始から寒気が続く今週末。
今日も(ある意味上質?な)粉雪が吹雪く冬空となっている長野地方。

暖を取らずにいられないほど気温が下がり、日中でも零下を推移しています。
寒さ続く冬空、感染が広がる今とあって、こんな日は”楽しいもの”や”楽しいこと”に現(うつつ)を抜かすのが最も幸せな過ごし方ですね(笑)

先日よりクリアランスセールも第二弾に突入し、これまでセール対象外だった商品のお値引きや、更なるセール商品のお値引きを実施し、更にお買い得な商品が増えております。

この週末(三連休)はオンラインストアを眺めつつ、また息抜きに店頭へいらっしゃる等、気分転換しながら過ごして頂きたいと思います。

お洒落は人に憚るものではありませんので、思い切り楽しんでまいりましょう♪

さて、今日は先日のブログに続いて、お手持ちの色、物を使って”効く色”を模索するお客様のご相談を頂きましたので、最も皆さんがお手元にあるだろうブラックとブラウン系を用いた”チョッピリ効かせられる”組み合わせを取り上げて見ました。

IMG_5330
一着はお持ちであろう色がブラックとベージュやライトブラウンなどの基本色。
それら”当たり前”の色を生かすのは、生地の表情であったり、細部に光るパーツや、細かな色の挿しだったりします。

IMG_5341
この日のスタッフの装いは、極々一般的なブラックのニットとジャケット、そしてベージュのチノーズを合わせているのですが、上半身をブラック一色で統一している為、”効かせる”為のブラウンのスクエア(チーフ)が、意外と”キ”いています。

IMG_5347
写真を近くで見ると分かるのですが、色の挿しとしてのブラウンが適えられているのは、ボトムにベージュがあるから。

とかく敬遠されがちなブラック×ブラウンの組み合わせは、一歩間違えると行き過ぎ感満載の失敗作?に終わってしまいます。

シンプルな色を楽しむには可能な限り3色程度の色を取り入れると、タブー視されるような色の組み合わせも難なく取り入れやすくなります。

IMG_5348
また素材にフォーカスすると、ブラックの素材がそれぞれ似た趣を持っているものを合わせている事も、全体をよりボリューミーに見せています。

コーデュロイの艶やかさや毛質、エクストラファインメリノの微光沢がシンクロする事によって生まれる存在感です。
(写真使用商品:ジャケット/Balzo、ニット/Drumohr)

PhotoRoom_20210108_175124_1
同じようにブラックのジーンズやジャケットを使った組み合わせがコチラ。
素材感こそ違えど、ジーンズのカジュアル感を消してくれるのがタイを締める事によって生まれるドレス感です。
(写真使用商品:ジャケット/Agnona社製ウール使用パーソナルオーダー、シャツ/Fralbo、ジーンズ/TELA GENOVA)

当店では以前からジーンズとの相性を作り易い一つとして、ドレス感のある生地を使ったジャケットの存在を上げていますが、春夏秋冬全てに於いて共通するのは、不変のアイテムをアップデイトする着方です。

男性、女性共にブラックのジャケットやジーンズの可能性は、組み合わせる”生地”だけで全てが変わって見えるほど、沢山の見せ方、組み合わせ方があります。

お手持ちのアイテムをどんな使い方をすると、より魅力的に見えるか、そんな事を考えてみる週末にしてみるのも良いですね。

PhotoRoom_20210108_175658_1
この組み合わせもブラックのニットとライトグレーのトラウザーズを組み合わせただけのスタイルです。
ラムズウールの毛質や立体感、トラウザーズのフランネルが作り出す毛質、立体感がシンクロし、シンプルな装いもボリュームたっぷりに見えます。
(写真使用商品:ニット/Alessandro Luppi、トラウザーズ/VIGANO、シューズ/Mac Baren's)

PhotoRoom_20210108_175714_1
こうしたシンプルな装いを玄人的に魅せてくれるのが、特徴あるシューズの存在。
立体的で存在感のある装飾や色の特徴によって、シンプルなスタイルを一段アップグレードします。

実は足元にベーシックな存在を求める傾向が多いのが男性。
シンプルな装いが増えれば増える程、足元には存在感のある物が全体を決めると言っても過言ではありません。

お手持ちのブラック、グレーを組み合わせて「何かしっくり来ないな」と感じた方は、次の機会には是非足元を変えてみるのも良いですね。

PhotoRoom_20210108_175059_1
最後にブラウンなどをお持ちの方に、最も簡単で洒脱に見せてくれる色として、オフホワイトやエクリュ(生成り)をお勧めします。

意外にも男性の中には、ホワイトのボトムスを苦手とする方も多く、その点オフホワイトやエクリュなど仄かに濁り(良い意味です)のある色合いは、冬の装いに於いても暖かな(色の)組み合わせになり易く、また軽快感も作る事が出来、最適なバランスを作り易いのですね。
(写真使用商品:ジャケット/Santaniello、ニット/Alessandro Luppi、ジーンズ/TELA GENOVA)

IMG_5671
ブラウンの素材にも立体感、ボリュームのある物を選ぶと、よりボトムスの色が生きてきます。
誰もが持っているであろう色やアイテムを使う装いをする事によって、次に買う時に選ぶ素材や形を再考する機会も生まれます。

「合わせてみたけれど、素材が合わない」
「色が似ているけれど、合う気がしない」

したい服装や色合いと、自分たちが感じる色の加減や差は、意外と大きな違いに感じられる事があります。
今日取り上げた色やアイテムは、極々一般的に多くの方々がお持ちであろう素材や色ばかりです。
毎日の中に取り入れて見たり試してみたり、そんな繰り返しが、いつしか

”普通だけれどかっこよく感じる”

そんな意識に変わるかも知れません。

是非皆様もクローゼットを整理しながら、様々な組み合わせをしてみて下さいね。



《CLEARANCE SALE 開催中》
オンラインストア、店頭共に冬のクリアランスセールを開催中です。
是非この機会をお見逃しなくご利用ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月・2月の店休予定日】
1月14日、21日、28日、2月4日、18日、24日
1月3日、4日18時閉店とさせていただきます。 お間違えのないようお願い申し上げます。
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

7E4444FC-501D-4254-A61B-835F8F150F97
今日から仕事はじめと言う方も多く、街にはいつもとは違った風景が広がっています。

それは、例年とは違う静かな過ごし方によるもので、参拝に訪れる方々の良識ある行動や街中への出かけ方など、想像以上に多くの方々のモラルを感じるものでした。

まだまだお休みが続く方も明日からお仕事脳に切り替える方も、今年は新しい暮らし方を実践する年になりそうですね。

さて、今日は昨日のブログに続いて、お客様による(休日の)「ニットの違った見え方を簡単に」と言うご相談が在りましたので、本当に簡単な見え方を一つピックアップして見ました。

PhotoRoom_20210104_204024
その前に、簡単に見せるニットとして、当店がお勧めするのは、”ミドルゲージ”のニット。
その理由は、ハイゲージのニットでは迫力不足、ローゲージのニットではこれからお勧めする装いがし辛いなどから、ミドルゲージが最も扱いやすいという事が挙げられます。

PhotoRoom_20210104_204014
シンプルな表情(色)のものでも、ミドルゲージ、それもラムズウールは、フンワリとした空気感が作り易く、同じ簡素な装いでも、ほんのり存在感を盛ってくれる特徴があります。
(写真使用商品:ニット/MQJ、ジーンズ/TELA GENOVA)

それらのニットをベースに厚みのあるシャツを羽織るだけで、充分装いとして完成し易くなります。

PhotoRoom_20210104_204043
中でもCPOシャツの様に適度に厚みと迫力がある物はミドルゲージのニットとの相性も抜群に良く、とても便利な存在です。

IMG_5253
あとはニットとシャツの色を同系色にしてボトムの色だけを変えたり、或いは上下の相性の良い色にするだけで、休日の装いに薄っぺらい印象がなくなり、どこか趣を持つようになります。
(写真使用商品:CPO/GUY ROVER、ニット/Drumohr、ジーンズ/TELA GENOVA

PhotoRoom_20210104_203942
この組み合わせではニットとシャツの色を統一して、ボトムの色だけを爽やかなオフホワイトに変えています。

IMG_5259
ラムズウールの糸の質感は独特で(このドルモアのニットはジーロンラムズウール)、その毛羽立ちの凹凸感が、”厚みのある”シャツの素材感とシンクロする為、ボトムにどんな色や素材が来ても、想像以上に簡単にスタイルする事が出来るんですね。
(写真使用商品:ファティーグ/GUY ROVER、ニット/Drumohr、ジーンズ/TELA GENOVA

PhotoRoom_20210104_204003
この写真の様に、トラッカージャケットでも同じことが出来ます。
コーデュロイ素材を使用している事も一つのポイントですが、ウールのシャツやベロアなど、シャツそのものにも起毛感を感じられる物を選ぶと、より完成度が高くなります。

IMG_5257
この写真ではブラウンで統一し、ニットキャップ等の小物類にも色をシンクロさせる事で、より奥深さのある装いが完成します。
(写真使用商品:トラッカージャケット/LEVI'S MADE & CRAFTED、ニット/Alessandro Luppi、ジーンズ/TELA GENOVA、ニットキャップ/Highland2000

決して難しい組み合わせをしていませんが、生地(素材)選びと色を決めるだけで、その日の装いが洒脱感に溢れる好例です。

こうした組み合わせは男性女性問わず出来る一つのセオリーとして、当店ではご依頼が在ると必ずと言って良い程お勧めする”簡単なセット”です。

一つ一つに拘り過ぎたり、凝り過ぎたディテールを選びすぎる事で失敗してしまう、と言う方も少なくないと思います。

肝心なのは”物”ではなく、”アイディア”と”センス”なのです。

仕事上の装いは端正なのに、週末や休日になると”アレ??”なんていう方、稀に見かけますよね?
そんな残念なことの無いように、休日の装い作りに迷う方、或いはスーツやジャケット+パンツスタイルが多い方は、是非お気軽にお尋ねくださいね。

特にリモート勤務が増えた今は、尚の事重要な要素ですので…。

いつまでもカッコいいお父さん、お母さんで居ましょうね。



《CLEARANCE SALE 開催中》
オンラインストア、店頭共に冬のクリアランスセールを開催中です。
是非この機会をお見逃しなくご利用ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月2日、14日、21日、28日
1月3日、4日18時閉店とさせていただきます。 お間違えのないようお願い申し上げます。
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_9542
気温差が広がり、ますます初冬の様相が強まって来ました。

今日は秋晴れに恵まれ、過ごしやすい週末となりましたね。
食欲も加速する秋、少しずつ心の幸せを増やしたい季節です。

今週は期間限定でのイベントも複数開催しており、連日様々なお客様よりお問い合わせを頂いております。

この機会を利用して更なる秋冬のお洒落を楽しみたいですね。
そんなお洒落を楽しむ気分を高めてくれる貴重な新作を今日は取り上げてみたいと思います。

日本では珍しいDrumohrのウィメンズ。
元々メンズは広く認知されており、当店でもDrumohrのメンズニットを最小サイズでオーダーし、それらを女性の皆様にご提案させていただいておりましたが、この秋冬は純粋なウィメンズの入荷が叶う事になり、先日から度々ご紹介させていただいております。

今回の入荷は今季最後の到着となりますが、そのいずれもが細部に凝ったディテールのものばかりとなっています。

PhotoRoom_20201031_165610
先ず一つ目がメンズでも定番として人気の高い30ゲージの極細糸を使ったクルーネックのプルオーバーです。

昨今、メンズを中心に広がるカットソーやTシャツではなく、ハイゲージニットとしてのインナー需要。

その理由は上質な洋服たちとの組み合わせに、聊か素材負けを感じる人々が増えている事、また素材感のシンクロがしやすい事から、カットソーではなく、ニットでのインナーを求める方々が増えている為です。

PhotoRoom_20201031_165620
この30ゲージの糸はエクストラファインメリノウールを使用している為、伸縮性や弾力性に富み、また洗濯への耐用も高く、優れた存在価値を持ちます。

PhotoRoom_20201031_165630
季節を幅広く使える理由は、まさにその糸の細さであり、厚み(薄さ)です。

艶やかで滑らかな肌さわりは、上質なスタイル作りに欠かせない存在でもあり、またその高いユーティリティから、常に多くの方々が重用しています。

PhotoRoom_20201031_165649
衿の広がりもまたメンズとは若干異なる、仄かにゆとりを持たせた女性らしいネックライン。
インナーとしての要素を多分に持ちながら、上質且つラグジュアリーなDrumohrの魅力を最も感じさせてくれる一着です。

IMG_9562
またウィメンズのDrumohrには専用の織りネームが使用されており、色合い等も落ち着きがありラグジュアリーさを感じさせてくれます。

PhotoRoom_20201031_165427
二つ目はこのジーロンラムズウールを使用したミドルゲージのニットです。
一見するとただのクルーネックの様にも見えるのですが、このニットのディテールは細部にこだわっています。

PhotoRoom_20201031_165437
袖と裾にリブ編みを用いており(デザイン上での編地ですが)、この編み替えによって女性らしい華奢さを作り出しています。

PhotoRoom_20201031_165501
また衿はフェネルネックの様に仄かに衿の立ち上がりを持つクルーネックの形状で、この衿の塩梅が衿元を女性らしい雰囲気に仕上げてくれます。(衿その物もきつく絞られていない為、緩やかな衿回りになります)

PhotoRoom_20201031_165447
糸はメンズでも人気のジーロンラムズウールで、この糸は一般的に認知されているラムズウールとは異なり、柔らかくエアリーな感触で、更に弾力性にも富んでいます。
ジーロンラムズウールはオーストラリアのジーロン地方でのみ紡がれる純血種のみを指します。
その品質はトップブランドも採用するなど、素材のクォリティはお墨付き。

PhotoRoom_20201031_165513
色はベージュ系とホワイトの2色をご用意しています。
全体が丸みを帯びたシルエットに対し、フィットさせる為のリブではなく、デザイン上のリブである事が全体写真からも伝わります。

IMG_9578
ハイネックではなく太目のリブで仕上げられたフェネルネック風の衿は、シャツをインナーに合わせても、ボリューム感たっぷりに衿元を作ります。

IMG_9579
シャツ以外にもスカーフを取り入れたり、襟元にプラスアルファを加える事で生かされる立体的なディテールは、女性のニットに無くてはならないもの。

PhotoRoom_20201031_165559
シンプル過ぎても簡素になり、またデザインが凝り過ぎていてもナンセンス。
Drumohrらしいモダンクラシックは、こうした細部にこそ息衝いています。

更にメンズ同様、このジーロンラムズウールのシリーズは全てホールガーメント(丸胴編み)を採用しており、縫い目が無い事によって糸その物に引っ張られる感覚が無く、着心地や動き易さも助けています。

今回入荷しているDrumohrのウィメンズは(一部生産中止が発生しております)、日本国内では取り扱いが限られており、少なくとも当店を含む2店舗程でしか扱われていません。

この貴重なDrumohrのウィメンズ、是非この機会に試して頂き、メンズとはまた異なるテイスト、シルエットを体感して頂きたいと思います。

IMG_9580
またその他にも、現在店頭ではデンマークで100年以上続く老舗ニットブランド、「S.N.S HERLING」(エスエヌエス・ハーリング)を期間限定で展開中です。

IMG_9581
このブランドはバブル編みと呼ばれる独自の編地を備え、古くから漁師の為のフィッシャーマンズセーターを作り続けているブランドです。

オーソドックススタイルを貫く、いわゆる職人的物づくりのブランドとして、多くの英国ブランドなどと同様、優れた機能性を発揮します。

このブランドアイテムはメンズ、ウィメンズがクロスオーバーしております為、店頭で好みのスタイルに合ったサイズをお選びいただく等、装いにも他とは違ったオーソドックススタイルを楽しむ事が出来ます。

形は全10モデルをご用意しております。
是非Drumohrと合わせてご覧ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ