IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ナポリ

a934d46e
店の花壇の中に咲く小さく黄色い花。
今月に入ってから数回咲いているこの花。
昼は花を広げ太陽の光をタップリ取り込み、夕暮れ時には花びらを小さく畳んでいます。

秋に色鮮やかな花が見られるなんて、自然の命の強さ、大きさを感じさせますね。
今週もずっと咲いていますので、ご来店の際には目を向けて見て下さいね。

さて、昼夜の気温差が広がり、益々秋を感じずにはいられない毎日が続いておりますが、現在店頭には連日秋の装いを求めてのご来店を多くいただいております。

新たに届く、ニット、コート、そしてジャケット等、いよいよ本格的な秋の身支度を感じさせますね。

今日はこれまで揃えたニットやジャケット、そしてボトムスに是非とも取り入れて頂きたい”シャツ”を取り上げて見ました。

当店で数シーズンお休みしていたイタリア、ナポリのシャツメーカー「Fralbo」は、かつてのFinamoreを始め、ラグジュアリーではKITONやLuigi Borrelliなど、常に多くのブランドのシャツを手掛けて来たファクトリーですが、その魅力は(前述のブランドでもお分かりの様に)仕上げの段階を細分化し、全てがハンドメイドから、12か所~4か所まで、手仕事を加える工程に応じた様々な仕上げのシャツを作る事が出来る事。

勿論、その高い技術は各ブランドのOEMからもお分かりの様に、優れた技術と知識を自社ブランドとして存分に生かしているのが「Fralbo」です。

fralbo_rake01
世界で最もラグジュアリーな媒体として知られるTHE RAKEでも度々取り上げられているFralboですが理由は多々あります。

しかし最たるものは、手掛けて来た全てのブランドのシャツが妥協を許さないシャツばかりだと言う事からも推測できるように、立体的なディテール、そしてそれらを作る職人達、その全てに

「目の肥えた紳士を満足させる」

魅力が備わっているからでしょう。

前述の言葉は日本版THE RAKEで謳われているものですが、Fralboが1933年以降、ナポリの工房で常にハイエンドなシャツを作り続けて来たからこそ、養われた造詣であり、また技術や知識でもあり、それらが本来シャツに求められる『妙味』を持ち続けているからかも知れません。

然し、そのFralboもいよいよ今季が日本でのラストシーズンとなりそうです。
今や多くのブランドがコロナ禍の影響を受け、苦汁を飲む事になっていますが、Fralboにとっても同じことのようです。

今回到着しているFralboは予てから当店が希望していたボリュームのあるワイドスプレットを使用した(メンズ、ウィメンズ共)ものになります。

155159134_o8
実は多くのシャツメーカーがそうである様に、衿型や胴、袖、着丈、その多くが各お店によって選択され組み合わせられ作られるのですが、Fralboもまた十数型の衿型を持ち、その中でも

”羽織り物の中に相応しい”

衿型を求めた結果、この衿型が最適解になりました。

155159134
ウィメンズは、しっかりとしたハリと厚みを持つポプリンを使用し、このワイドスプレットを合わせ、オフィスユースなどは勿論のこと、(当店らしい)ジーンズとのカジュアルダウンに相応しいクリーンな一着を作りました。

155159134_o1
ボディはホワイトベースに淡いミディアムブルーのロンドンストライプを、衿・袖にはホワイトを合わせたトラディショナルなクレリックシャツです。

衿の形状を見ても解る様に、まるで男性のシャツの様に外へ剣先が広がり、軽い芯地の入った衿は凛とした印象を作りつつ、動きのある立体感を作っています。

155159134_o8_1
またFralboはハンドメイドの箇所を指定できるのですが、今回は4HAND、重要な4か所を手縫いで縫い上げています。(※衿の付け根、剣ポロ、アームホール、ガゼットなど)

155159134_o2
チカラの加わる箇所を中心に手縫いで仕上げる事は、もはやイタリアのシャツとしては定石。
とは言うものの、今やマシンメイドでも相当な仕上がりを作る事が出来るファクトリーも多く、こうして手縫いを設ける事自体が少なくなって来ています。(在ってもそれなりの価格になります)

155159134_o4
また今回のウィメンズでは過去のオーダーとは違う決定的な部分が在ります。
それは”前後ダーツを省いた”こと。

バスト部分やヒップ部分へのカーブはそのままに、腰回りや背中回りのダーツを無くした事によって、これまでとは違った着心地が得られるようになりました。

どんな装いにもピッタリハマるクレリックシャツは、その魅力で購入される方、中々自分の好きなクレリックシャツに出会えず躊躇している方、更には当店が推すカジュアルダウンの一つとして選ぶ方、嗜好は様々です。

女性のシャツをしっかりと女性らしく作るシャツメーカーは現在それ程多くは在りません。
既にお持ちの方も、これから試される方も、是非一度新作のFralboに触れてみて下さい。

155160201
メンズは2モデルが仕上がっています。

155160201_o2
このモデルは前出のウィメンズ同様、迫力のあるワイドスプレットを用い、生地には柔らかいのにハリがあるコットンヘリンボーンを使った、オンオフ使いたくなる至極の一着です。

155160201_o1
仕上げはコチラも4HAND。 手縫いの箇所は同様で、ウィメンズに比べメンズのシャツ型には迫力が備わります。

この長さのあるワイドスプレットの衿は、タイを締めた時には収まりが良く、またカジュアルに衿を開けて着た時には、剣先が自然な曲線を描き、恰も計算され尽くされた”遊び”が見え隠れします。

勿論、それらを狙っての衿型でも在ります。

155160201_o2_1
特にニットカーディガン、ウールのパンツなど、秋冬の装いには迫力のある素材が増える分、シャツの素材感は大切な要素の一つです。

この素材には休日の紳士的な姿が直ぐに連想出来る独特な魅力が備わっています。

155160233
そしてもう一つ、このモデルには衿にボタンダウンを採用し、こちらもまた衿のロールを愉しむべく一着で、素材にはコットンフランネルを採用しました。

155160233_o4
フンワリとしたエアリーな雰囲気は、コットンフランネルの特徴でもあり、また真冬の素肌に着ても、ヒヤッとする事が無いなど、コットンフランネルには沢山の魅力があります。

155160233_o1
衿のボタンは留めたままでも良いし、敢えて外して着るのも良し、もはやボタンダウンの着方は多様になりましたね。

155160233_o2
このシャツに求めたのは、落ち着きと温か味ある存在感。
その結果たどり着いたのが、このモス(苔)グリーンのギンガムチェックです。

色の濃淡の塩梅がとても穏やかで落ち着きがあり、ニットやジャケットのインナーとして申し分のない紳士的カラーを醸し出してくれそうです。

155160233_o8
今季、当店はオリーブカラーのコンビネーションをお勧めしているのですが、既に多くの方々がオリーブ色やグリーンを基調とした同系色の装いを実践下さっています。

オリーブの濃淡を使ったグラデーションは、ホワイトを取り入れたり、ライトグレーを取り入れる事で、スッキリとした印象に作る事が出来ます。

まだまだこれからが本番の秋冬の御洒落。
既に揃えて頂いた各アイテムのインナー、或いはトップスとして、是非今回のFralboを取り入れて見ては如何でしょうか。

このちょっとしたエッセンスが、その日の全身を変えてくれる存在になってくれるかも知れませんよ?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

8a0ff0f1
連休もあっという間に過ぎ、各地で渋滞が在るなど、この春には想像もできなかった(良い意味での)賑わいが見られた秋序盤。

私達の街にも秋風を思わせる穏やかな陽射しと心地良いそよ風が、どこか情緒を感じさせる瞬間を作りだしています。

現在、DRESSのパーソナルオーダーを行っておりますが、多くの方々が秋冬を想像した物を仕立てると思いきや、春夏への想いを色、形に起こす方もいらっしゃる等、改めてパーソナルオーダーの愉しさ、歓びを感じさせて頂いています。

仕上がりがとっても楽しみな今回の初開催。
既にご依頼が終了している方も、これからの方も、愉しみを胸に毎日が送れそうですね。

さて、今日はチョッピリ早いのですが、秋冬の装いに欠かせないファッションアイテムとしての『グローブ』をピックアップ。

男性にとって必需品でもあり、コートやジャケットのポケットに無造作に差し込まれたその様は、もはやストールやスカーフ、ポケットスクエアと同じ、一つの存在意義も作り出す存在。

数多あるグローブブランドの中で、今日取り上げるのは、イタリア、ナポリの老舗メーカー『Labonia Groves』(ラボニア)のもの。

labonia001
Laboniaは、1960年にエピファニオ・ラボニアによって、イタリアのナポリに設立されたLAB srlが始まり。

ナポリの中心に位置するマテルディ地区に、歴史と伝統を守り、今も尚質の高いレザーグローブを作り続ける家族経営のファクトリーです。

その魅力は先ず質の高い素材選びから始まります。
彼らは使用可能なレザー、それも高級なレザー、毛皮を駆使してそれらを作り出します。

ディアスキン(鹿革)、ラム(子羊)、ペッカリー(ユーゴ産猪)、ナッパ、スウェード、他にもラパン(ウサギ)など、高級なグローブを作る為に必要、且つ適した最高品質の物を使用します。

ライニングにはカシミアやウール、シルク、フリース、毛皮などを使用し、レザーグローブに求められる多くの要素を形にしています。

labonia009
中には欧州のウェディングなどで使用されるセレモニー用のホワイトナッパのグローブなども手掛け、その魅力は、プラダやアイグナー、ジェラール・ダレル、高級デパートであるサックス・フィフス・アヴェニューやブルーミング・デールズなどのOEMも行うなど、その高い技術と魅力はお墨付きです。

IMG_4700
その中で今回当店がオーダーしたのは、ラムスウェードを使用したカシミアライニングのグローブです。

IMG_4701
きめ細かな毛足は丹念に整えられた上質な物で在ることが直ぐに伝わります。

また全ての縫い目が綺麗に整えられており、一般的に使用されるステッチのピッチよりも細かく、また綺麗に揃った幅で縫われていることが、直ぐに解ります。

IMG_4704
今回当店がラムスウェードに拘った理由は二つあります。

それは多くの秋冬の装いの中で、毛足の長い物や梳毛感のある服装が増える秋冬スタイルに、最もシンクロした表情である事、またそれらに自然にフィットする柔らかさである事。

IMG_4703
ポケットや胸に挿しこんだ時の雰囲気は表革のそれとは違い、落ち着きと味わい深さを作りだしてくれる事が、スウェードの魅力です。

IMG_4709
そしてもう一つが高いフィット感。
ラムレザー特有の”非常に柔らかくしなやか”な質感と、手に沿って馴染んで行くラム革の特徴は、他の素材では中々味わえない物です。

IMG_4710
それらに、このエスプレッソカラーとでも言うべき、味わい深いダークブラウンをあしらった事によって、秋冬のどんな装いにも自然に溶け込み、また無造作に差し込まれた様は、実に魅力的に映る物です。

実際の着用感も、表示サイズ(S⇒7-1/2、M⇒8-1/2)より若干コンパクトなフィット感で、この状態を少しずつ手のひらに添わせ伸ばしながら、合わせて行くと言った感じが受け取れます。

表革ではなく、裏革を使った今回のグローブ。
勿論、ライニングのカシミアにも混じり気の無いピュアカシミアを使用し、保温性と共に手のひらにもしなやかな感触を味合わせてくれる物になります。

手を温める物から、スタイルを補完してくれる物へと変わりつつあるグローブの存在意義は、その素材の作り出す価値と、作りの丁寧さから窺える高い技術や製品によって、より装いを昇華する一つへと変わります。

審美眼を持ち合わせ、名前ではなく物を”目で見る”事を改めて教えてくれる今回のLaboniaのグローブ。

ギフトには勿論、女性とのシェアも含め、ちょっぴり早いファッションアイテムとして、今から手に入れておきませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2447
12月に入ると、足早に過ぎて行く年末。
街は賑わいよりも、世話しさに見舞われる方々で一杯に。

早い方の中には今週末が仕事納めと言う方もいらっしゃる為、皆様今週は例年以上に忙しい毎日を送っている様です。

日頃、家族の為にお仕事を頑張っている御父様、或いは常に真摯に仕事と向き合うパートナー様へ、クリスマスを機会に感謝の念を込めると言うのも良いですね。

そんな感謝の気持ちを込めて、いつもより背伸びをして頂くシャツのギフトは如何でしょうか。

6151019D-7EA8-4157-9A3D-D854241C46B0
丁度現在、期間限定で展開中のイタリア、ナポリのカミチェリアFralboならば、そんな気持ちを形に変えて贈る事が出来ます。

今回男性用のシャツは全10モデルをご用意しておりますが、中でも「使える」4着をピックアップして見ました。
(今後のギフトの検討材料になればと思います)

IMG_2484
先ずお勧めしたいのがダブルカフスのクレリックシャツです。

出来る男性を演出するダブルカフス、クリーンなイメージを作り出してくれるクレリックは、男性の見た目を3割はアップしてくれるのでは無いか?と思わせる必携の武器です。

IMG_2488
今回のクレリックシャツは手縫い個所が多数在ります。

IMG_2487_1
お馴染みのアームホールや肩線。

IMG_2489
ヨーク。

IMG_2490_1
袖、剣ポロ部分のカンヌキ。

IMG_2491_1
前立て裏の仕上げ。

IMG_2486
ガゼット。

IMG_2485_1
そして手縫いのボタンホール等、その他にも数か所を手縫いで仕上げています。

クレリックシャツを食わず嫌いの方も多いのですが、クレリックシャツはスーツやジャケットに合わせるだけでなく、ジーンズとのカジュアルダウンを以前からお勧めしている当店にとって、男性のクリーンなイメージを作り出す最適解のシャツと言えます。

いつもと表情が変わって見えるであろうクレリックを是非取り入れて見て下さい。

IMG_2494
二つ目はロイヤルオックスフォードを使用したボタンダウンのシャツ。

IMG_2495
Fralboのシャツの魅力の一つに衿の芯地があります。
それはどんなシャツでも硬く仕上げると言うものではなく、ディテールや仕様に応じた柔らかさ、硬さを用いる事により、衿のしなやかさ、立体的な仕上がりなどが自然に作られている事です。

IMG_2497
このボタンダウンでは衿の芯地にややしっかり目の物が使われている為、ボタンを外してのタイを締めた際、或いは首元のボタンを開けて着た際にも、衿が立体的なロールやハネを作ります。

IMG_2496
そしてボタンは勿論、鳥の足掛け。
最近では厚みのあるボタンの仕様が珍しくなってしまいましたが、Fralboは仕様によってボタンの厚みを変えています。

オン・オフ問わず使えるオックスフォードのボタンダウンは最早必携の一着ですね。

IMG_2503
同じオックスフォードでも効かせ色のライトパープルもお勧めです。

IMG_2506
このシャツでは衿型にセミワイドスプレットを採用。

IMG_2504
衿腰や衿のハリなど、ビジネスにはもちろん適しているのですが、やはり週末のインナーの一つとして、派手過ぎない程良い明るさを合わせる事で、男らしさの中に優しく穏やかな雰囲気を作ってくれます。

IMG_2505
ノータイでも本蝶貝の煌びやかさは、そのシャツの持つ小さな顔。
Fralboの本蝶貝は、その独特な虹色を華やかに輝かせます。

IMG_2499
そして三つ目は当店スタッフお勧めのマイクロヘリンボーンのフランネル素材のシャツ。

IMG_2500
ネイビーをベースに極微なヘリンボーンが独特な風合いを作り出し、また毛足の短なコットンフランネルによって、優し気な印象を作り出してくれます。

IMG_2502
ネイビーのシャツは、ともすると意図せぬ厳つさが立ってしまう事がありますが、それらは素材の柔らかな表情によって消されます。

IMG_2501
そしてこのシャツにも程よいしっかりさを保った芯地を使用しています。
素材の柔らかな着心地を損なわぬ様、芯地の選択も重要です。

流石にこちらのシャツはビジネスでは許される職場が少ないとは思うのですが、カジュアルフライデー、或いは職場に服装の制限がない方にとっては非常にお勧めの一着です。

IMG_2508
そして最後にお勧めするのは、1人数着は揃えて置きたい、鉄板のロンドンストライプです。

IMG_2509
衿型はワイドスプレットを採用し、芯地も台衿もシッカリとしています。

IMG_2510
ロンドンストライプを見て、ビジネス的と感じる方は恐らく「大きな食わず嫌い」です。

IMG_2511
実のところ、当店スタッフの着用率が非常に高いのがストライプ。(ホワイトはもっと着ますが)

何が優れているかと言うと、衿元にストライプが有るだけで挿し色的な役割が担われ、たったそれだけでクリーンさと洒脱さを得られるのです。

IMG_2514
ビジネスではタイを締めても、休日にスカーフをという方もそれ程多くは無いかも知れませんが、御洒落は楽しんでこそ魅力に変わるもの。

ご自分で購入されても、仮に(?)ギフトとして頂いたとしても、ストライプを週末に是非とも楽しんで頂きたいのです。

IMG_2515
また今日的なフレンチアイビーな装いにとっても必須。
ストライプはマルチアイテムの一つなのですね。

IMG_2513_1
以上の他にも様々なシャツが揃っている今週。

是非今回の企画を利用して、様々なシャツを試してみて下さいね。


21E83B0F-DE3B-4B2F-8953-CF7BA051F60A
『Fralbo Special Offer』
期間限定販売開催中!
期間は2020年1月5日まで!
是非お見逃しなくご利用下さい!




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月31日、1月1日、2日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

当店に馴染の深い「シャツ」との出会い。
過去十数年の間、多くのカミチェリアを扱って来ました。
中にはハンドメイドの物からマシンメイドの物、ハーフハンドの物などシャツに求められる様々な可能性を見出しオーダーをしてきました。

その後、近年ではシャツに求められるものが細分化され、シャツメーカーにとっても単にクラシックなシャツ、カジュアルなシャツだけではなく、ジャケットやブルゾン、トータルルックに至るまで、カミチェリアを出自に持つメーカーが、より多くの可能性を求め、それぞれの展開を進めています。

その中でも当店にとって最もバランスの良いシャツの一つがFralboでした。

Fralbo_001
それはコストや手作業の箇所、ディテールなどのバランスが程よく、また基本となるクラシックがその後のトレンドや年齢によって左右されない事などが挙げられます。

Fralbo_002
元々大手ブランドのOEMを手掛けていたFralboは、現在全てをマシンメイドで生産するのではなく、要となる4か所から12か所を手作業で縫い上げる既製品を展開しています。

かつてKITONやBORRELLIのシャツを手掛けていた事からも解る様に、その作りには工房の大小にかかわらず、高い志によって成されるシャツへの愛情が窺えます。

過去に当店が扱ったFralboのシャツ(メンズ、ウィメンズ共)で、お客様が最も関心された部分が衿裏のスリット。

136622780_o16
重要となる手縫いの箇所は勿論ですが、ご自宅で仕上げる事が多いシャツへの取り扱いの上で、この衿裏のスリットは多くの方に新鮮な発見となりました。

元々シャツへの立体的な仕上げや拘りは言うまでも無く(イタリアには特徴を持ち、拘りと高い技術を持つカミチェリアが数多あります)、こうして自宅で仕上げる事への自然な配慮こそが、職人や人の手によって作られている事への心持ち、そして温もりを感じられるのがFralboです。

136622780
そんな物作りへの表現を大切にするFralbo。

既に女性、男性共にファンの多いFralboのシャツを、この度年末年始の期間限定(2019年12月22日から2020年1月5日まで)にて、特別販売を実施する事になりました。

期間中は、これまであまり目にする事の無かった非常に珍しい衿型や肩回りのディテールのシャツや、クラシックな衿型、或いは特別な生地など、様々なシャツを見る事が出来ます。

お仕事以外でも着る事の多い男性にとって、シャツは第二の皮膚の様な物。

この機会に新たなシャツとの出会いを、そして未だFralboを試された事の無い方も、是非一度試してみて下さい。
(今回は4か所のハンドメイドの物が中心となっています)


※ス・ミズーラ・・・メイド・トゥ・メジャー=体を計測して一から作る仕立て
※カミチェリア・・・シャツを作る仕立屋(職人達)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月31日、1月1日、2日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_1502
穏やかな昼の空気に、冷たい夜の空気と、日々違う気温差が訪れている今週。
朝晩のコートや羽織物は必須ですが、日中は春夏らしい装いに包まれていたいと思わせる日が続いていますね。

既に女性の御客様を中心に夏の装いを揃え始めているお客様が増えておりますが、男性の御客様にとって、多くの方が仕事上使う機会が多いテーラードやシャツ等のアイテムは別として、ウィークエンドやホリディシーズンに向けた装いは、まだまだ序盤と言った様子。

とは言えゴールデンウィークも直ぐそこまで近付いている以上、少しずつカジュアルな装いも増やしたいところですね。

そんな方々にこそお勧めしたいアイテムが様々に揃ってきている店内。

IMG_1515
今日も老舗が作るTEEシャツや、ポップなプリントが魅力のTEEシャツ等、志向も異なるブランドたちから新作が到着しています。

IMG_1516
右はDrumohr、左はfiver、共に捉えるスタイルは異なるものの、春夏の御洒落は、やっぱり心に響いた物を身に着けるのが最も楽しいと感じさせるもの。

IMG_1511
特にfiverの場合には、元来カジュアルな装い得意なブランドと言う事もあり、春夏には秋冬とは違った側面を見せてくれます。

IMG_1512
夏だから愉しめるプリントのTEEシャツも、私達が身に着けるならば少々ウィットの効いた物が良いですよね。
単にポップであるだけではなく、何か面白おかしく考えさせてくれる物に惹かれてしまいます。

IMG_1504
またfiverに反して、Drumohrはヤッパリ、クラシックが魅力です。
ディテールはクラシックでベーシック、それでいて着心地にはコンフォートを感じさせてくれるのも、老舗が現代に名を打つ魅力でもあり、私達にとっての自然体。

IMG_1507
今日入荷したのは、先日既に到着済のポロシャツの色違いになる、ダークブラウン。

IMG_1509
ナチュラルなストレッチ性とDrumohrが作り出すコットンピケの柔らかく高いフィット感によって、オジサン臭さはなく、そこには変わらぬクラシックとベーシックが存在しています。

IMG_1510
ダークブラウンのトップスは、夏の装いを一気に落ち着きのある男性へと昇華してくれるアイテム。
ショーツとのカジュアルな組み合わせにも、その色の恩恵によって、佇まいまでも変えて魅せてくれそうですね。

こうした様々なトップスのバリエーション、そして夏の装いにとって欠かせない存在なのが『ホワイト』のボトムス。

IMG_1407
今回当店初となるイタリア、ナポリの老舗ファクトリーである「Barbati」(バルバッティ)は、元々大手有名ブランドのボトムスを専門にOEMしていた実力派の専業ブランド。

home_barbati_ss18
その世界観の中には、長い間培われて来た確かな技術と造詣によって、独自の世界観を持ち、その魅力に共通するのは、『コストパフォーマンス』と『優れた製品作り』の2つの要素。

barbati-ss18-021-791x1024barbati-ss18-022-791x1024
紳士的で飾り過ぎの無いBarbatiの装いは、その作りの確かさに裏付けされた、目に見えない安心感が支えています。

IMG_1400
例えば、今回当店がオーダーしたボトムスには、各部の緻密な作りにも見る事が出来、このベルトループにも一手間掛けて縫い込みをしている事が解ります。
(当店はボトムを選ぶ際、ベルトループの作りを確認する事がしばしば在ります。)

IMG_1402
フロントの縫い目に補強の為のカンヌキを施したり、或いはベルトループの位置や数等、余り気にする事が少ない箇所にも、丁寧に計算を重ねている事がわかるのも、このブランドの特徴です。

IMG_1404
世の中には魅力あるボトムス専業ブランドが沢山在りますが、それらを自社生産、『メイド・イン・イタリー』に拘り、また『作りに反した低価格』で提供するブランドは、そうそう多くは在りません。

IMG_1399
このブランドは多くの人の期待を『当たり前』にやっている事が、最たる魅力でもあるのです。

barbati-ss18-026-791x1024barbati-ss18-027-791x1024
ブランドが持つイメージは、色や素材の特徴だけではなく、こうして目に映る事のない独自の持ち味を持ち続けるスタイルも在ると言う事ですね。

barbati-ss18-014-791x1024
シーズンを通じて、履かないシーズンが無いと言える程、当店顧客様にとって、ホワイトのボトムスは欠かせないベーシックアイテム。

IMG_1396
既に沢山お持ちの方も多いと思いますが、ホワイトのボトムスは幾つあっても足りすぎる事が在りません。

稀に、「ホワイトは汚れるから」と敬遠する方がいらっしゃいますが、汚れたら洗えば良いのです!(当たり前ですが・・・笑)
ホワイトこそ、複数本持ってローテーションしましょう!と言うのが当店のスタンスです。

是非これから始まる連休、そしてウィークエンドスタイルにも、是非Barbatiを試してみて下さい。
きっとその素材の魅力と作りの確かさに惹かれるはずです。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_SS2018_2
初夏に向けたリゾートアイテムも揃い始めています。
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
そろそろ連休に向けた春夏の装いを検討されてみては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月19日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/4/20
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ