IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ドルモア

IMG_0777
陽射しは穏やかでも、風は冷たい、そんな毎日が続いている長野地方。
毎年、春が近づくと強い風と昼夜の気温差が広がり、この春の嵐?が過ぎると、途端にポカポカとした陽気に包まれます。

夏から秋への移ろいは徐々にですが、冬から春への移り変わりは、いつも急にやって来ます。
体調を崩し易い時季でもありますが、心の栄養を与える為に、せめて服装だけでも少しずつ備えて行きたいものです。

さて、今日は男性に向けて、沢山の新作の中から当店がお勧めする二つのアイテムをピックアップしてみました。

先ず一つ目は当店のプロダクトとして認知頂いているAgnelli & Sonsの新作ローファーです。

IMG_2168_PhotoRoom_20210302_142100
2014年から始まったこのプロダクト。
あっという間に7年もの月日が経ち、その間、様々なアイテムを提案してまいりましたが、その中でも特に効果を実感出来るのが、このローファーのラインナップ。

IMG_2173_PhotoRoom_20210302_142240
幾つかの段階を経て作り上げられるこのローファーには(※詳細はオンラインストアにて)、様々な技術と”疲れ辛い”特徴があります。

IMG_2175_PhotoRoom_20210302_142307
そのうちの一つを担うのが、ベベルドウェストに見せるグッドイヤーとマッケイの組み合わせや、フィドルバックに寄るものですが、元々土踏まずのシェイプを作る為に生まれた技術でもあり、また現代ではビスポークシューズに見られる代表的なディテールで、”靴を美しく”見せるものでもあります。

IMG_2176
とにかく手間と時間が掛かる仕様の為、既成靴では余り見る事の無いディテールの一つ。
(※英国のガジアーノ&ガーリングはフィドルバックの代名詞の様になっています)

さらにこのウエスト部分だけをマッケイ製法(他はグッドイヤーウェルト)で作られている為、靴全体の反りも良く、足への付きが良い事から、長時間履いていても中々疲れる事が無いと言うのが今回の靴です。

IMG_2177_PhotoRoom_20210302_142345
ヒールは裾へ向かう緩やかなテーパー、僅かに高めのヒール設定によって、美しく綺麗な立ち姿を生んでくれます。

このフィドルバックやベベルドウェストだけでも、靴が美しく綺麗に見え、どこか艶やかさを感じさせてくれるのも、このローファーの特徴です。

IMG_2172_PhotoRoom_20210302_142226
今回の新作ではアッパーにイタリア、OPERA社の”LONDON”を採用しています。
このLONDON、毛足が長く、水に強いスウェードとして知られ、これから雨季を迎える季節にも最適。

IMG_2169_PhotoRoom_20210302_142115
こうして一般的には10万超えの靴で見られるような、様々な拘りやディテールを取り入れているのがAgnelli & Sonsのローファーです。

IMG_2260_PhotoRoom_20210302_135713
これまでの表革の物に比べ、幾分柔らかさを感じる今回のスウェード。
木型に某EBで使用するものを使っている為、ワイズは細目ですが、数回履いて頂くと自分の足に馴染みながら、ゆっくり伸びて行きます。

IMG_2262_PhotoRoom_20210302_135737
実は当店スタッフが一年を通じて最も着用回数が多いのがこのシリーズのローファーなのですが、普段から立っている時間が多く、また時には出張に出る事もあり、その使用頻度の中でも”一番疲れを感じない”のが、この靴。(決して大袈裟ではありません)

ECEFA4B5-7BAD-459A-9EC2-90B93BA60EF5
また今回のスウェードはオンオフ共に利用価値が高く、更に多くの色との相性が良い事から、今回の新作もまた着用回数が増えそうな予感。
(写真使用商品:左上から時計回りに、ジーンズ/TELA GENOVA、ベスト/Agnelli & Sons、中に着たシャツ/Drumohr、ローファー/Agnelli & Sons、シャツ/GUY ROVER)

245FFAE8-E1A9-4087-A809-013FD2C559CB
素足でもソックスを履いても、この色、この素材ならば素敵に見えてくれる、そんなメリットもありますね。
(写真使用商品:左上から時計回りに、シャツ/GUY ROVER、ジャケット/BARBATI、ローファー/Agnelli & Sons、ジーンズ/TELA GENOVA)

IMG_2228_PhotoRoom_20210302_143031
意外と靴が後回し、と言う方が少なくない男性。
服装がキマっていても足元が残念、と言う人を見る事もしばしば。

IMG_2229_PhotoRoom_20210302_143045
実際、10万円以上の作りの靴を半額近くで手に入れ、それらから得る様々な発見や履き心地は、それまでの考えを変えてくれるものになると、私達は信じています。

この春、新しいものにチャレンジしたいと言う方、或いは靴の新調を検討していらっしゃる方に、是非ともお試しいただきたい一足です。

そしてもう一つのアイテムが、このDrumohrのチルデンセーターです。

IMG_3020_PhotoRoom_20210306_182010
当店取り扱いブランドの中でも比較的古くから続けているDrumohr。
既に多くの人たちが、その魅力を体感し、またそれらから多くの発見や糸や編地への造詣を積むなど、常に品質と確実な製品づくりに魅入られています。

その中で当店が何年も(毎シーズン)オーダーを続けているのがチルデンセーター。

IMG_3021_PhotoRoom_20210306_182021
これまでもDrumohrをはじめ他ブランドでも提案させて頂いているチルデンセーターですが、今回のものでは緩編みのニット地に加え、ただでさえ柔らかなコットンにカシミアがブレンドされています。

更に付け加えておきたいのが今回の色。

IMG_3022_PhotoRoom_20210306_182035
まるでミルクを含んだカフェラテのように穏やかで綺麗なラテカラーをベースにオフホワイトのライン、そしてケーブルを編み合わせ、大人の休日に相応しい佇まいを生んでいます。

14903AFD-8D59-40A7-BA63-6767FA8655BE
緩編みによって、平置き時の寸法(オンラインストア参照)より、着用時の方が若干ゆとりを生む為、よりコンフォートな着心地になり、春夏にとって申し分のない良い緩みを作ります。
(※スタッフ着用サイズ46・・・他ブランドも含め普段は46でピッタリ)

ジーンズやチノーズ、ウールのトラウザーズ、果ては初夏のショーツまで、多くのスタイルを昇華してくれるチルデンセーターは、奇しくもプレッピーな装いが増えている今の風潮にもピッタリ。

ホワイトやネイビーがベースの物に比べ、一段と大人らしさが加わる今回のラテカラー。
これからの季節にピッタリの一着です。

今日ご紹介した何れも、クローゼットを長く暖めてくれるものたち。
安価に入手した物を雑に使い寿命を早めるより、良い物を適正に入手し大切に扱う方が、今日の言葉で言う”サステナビリティ”にフィットします。

これから春夏の装いを選ぶと言う方は、是非一度お試し下さい。

以上の他にも、現在店頭では沢山の新作が揃っています。
まだまだ冷たさ残る今のうちに、是非とも春夏の御洒落を揃えて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4962
生憎の雨空で始まった今週末。
ここまで急激に気温が下がり始めると、途端に暖かな装いが恋しくなって来ますね。

寒さを感じ始めると欠かせないのがニットウェア。
秋冬はニット無しでは語れない、そんな季節の装いに軸を捉えるのが、やっぱり『Drumohr』です。

Drumohr_001
新しさを優先するよりも、変わらない質の高さを維持し、よりラグジュアリーを体感させるために何が必要かを感じさせる世界最古のニットウェアブランドがDrumohrです。

そのDrumohrの中で、常に基本の一着としてラインナップされる事の多い3つのモデルを今日はピックアップしてみました。

IMG_5008
一つ目はミドルゲージのエクストラファインメリノを使用したタートルネックです。
Drumohrのエクストラファインメリノは、既にお試しの方も多いと思うのですが、あの30ゲージのニットで味わった艶やかで、柔らかく、そして極上の肌触りを持つ糸を、更にボリュームアップして編まれているのが、このニットです。

IMG_5010
ハイゲージの様にインナー先行と言うよりは、中にシャツを着たり、スカーフやバンダナを挿したり、またジャケットやコート等、常に多くのスタイルとのレイヤードの中心になるのが、ミドルゲージの良い所。

IMG_5007
ハイゲージのニットでは迫力不足となる装いにも、このボリューム感はシンプルな組み合わせにこそ、その威力を発揮してくれます。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、パンツ/Barbati)

IMG_5011
今回は基本となるブラックとホワイトをオーダーし、これまでハイゲージで愉しんで来た装いに、更なる迫力を与えるべく、これらのラインナップになっています。

IMG_5012
太さのあるリブとプレーンな編地は、エクストラファインメリノの艶やかさをより際立たせ、Drumohrがニットに使われる糸に厳選を重ねていることが直ぐに伝わって来ます。

IMG_5013
近年、ローゲージやミドルゲージのニットをボトムにナイロンやヴィスコースの様なテクスチャーを組み合わせたアクティブなスタイルが増え、再びミドルゲージのユーティリティが求められています。

クラシックな装い、そしてアクティブな装いにも適したミドルゲージが、エクストラファインメリノによって、より心地よい物に仕上がり、再び秋冬の先発登板筆頭となりそうです。

IMG_5014
二つ目は、ジーロンラムズウールを使ったミドルゲージのクルーネックです。
ラムズウールと聞いて、粗雑なイメージを持たれている方が居るとしたら、それは乱暴な言い方をすれば、決して良質なラムズウールとは言えないかも知れません。

ジーロンラムズウールは、オーストラリアのヴィクトリア州、ジーロン地方でのみ育まれた仔羊の毛を用いています。
中でもスーパージーロンラムとなると、非常に希少な糸として、既にメゾンブランドでも採用される程、高品質な糸になっています。

IMG_5015
Drumohrが使用するジーロンラムズウールは、その滑らかで柔らかな毛質と、ラム特有の発色の綺麗さが特徴で、多くの方が想像する”肌への毛のアタリ”は皆無。

柔らかさは独特、そして下手なカシミアやアルパカを凌ぐ高い保温性は、他では味わえない特別な糸で在ることも、身に着けて初めて解ります。

IMG_5017
今回のクルーネックはDrumohrの基本形の一つでもあり、ジーロンラムを使用したミドルゲージのニットでは、袖先もターンナップの仕様が与えられています。

IMG_5019
カラーは前出のオリーブカラーと、このヘザーグレーの2色を用意。

IMG_5020
ジーロンラムで特徴視される色の鮮やかさや綺麗さとは別に、落ち着きのある色合いにも、ジーロンラムは奥行きのある味わい深さを醸し出してくれます。

また今回は同素材、同モデルに、メランジのモデルを加えてオーダーしています。

IMG_5023
ボルドー系パープルとブルーの糸が小気味良く絡み合い、如何にもDrumohrらしい魅力的な色合いを作りだしています。

IMG_5024
Drumohrの魅力の一つに、色のブレンドが在りますが、その色の織り交ぜ方には、他ブランドでは見かけない独特の好配色が用いられ、今回のニットにも、その意表を突く色の綺麗さ、魅力が感じられます。

IMG_5027
スコットランドでの長い歴史と、イタリア企業となった事による洗練された色の美しさには、Drumohrの歴史とセンスがギッシリ詰まった魅力が発せられています。

IMG_5028

そして最後にお勧めするのは、やはり、この糸無くしては語れない、Drumohr Modernによる、30ゲージのエクストラファインメリノウールです。

毎シーズン必ずと言って良い程、色を買い足したり、ストック購入をされる方が多い、このモデルは、何とSuper 140'sと言う高番手の糸が使用されている為、まるでシルクに触れているかのような滑らかさ、艶やかさを持ち、反面メリノ特有の弾力性や伸縮性、そしてフィット感と、インナー利用としての多くが詰め込まれた、まさにマストハブの一つです。

IMG_5031
ベーシックな形に、高いクォリティの糸を厳選して使用されるこれらのニットたちには、一つの共通事項があります。

IMG_5030
それは、多くが天然素材である事、不変で変わることのない旧来の形で在ること、また着る者の装いを一つ昇華して見せてくれる事など、実にDrumohrの作り出すニットウェアには、サステナブルと言う言葉が浮かび上がるのです。

継続可能、永続的、そんな言葉を古くから今に続けられているDrumohrのニットは、紛れもなくベーシックウェアの中心に位置し、またそれらから作られる上品で上質な装いは、男性のスタイルに”紳士的”要素を与えてくれる物です。

ニットが無くては始まらない

秋冬。

是非この秋のスタートをDrumohrから始めてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

気付けば日没が早くなり、日中との気温差が広がり始めている今日。
晴れの日には放射冷却?を思わせる様な寒さに包まれ、昨晩も震える様な冷たさが広がっていました。

こうして季節は徐々に冬へと姿を変え、装いも秋から冬へと変わりつつあるのですね。

店頭では暖かさを求めてニットやコートを探しに見える方が続いておりますが、今日は当店顧客様には欠かせないブランドの一つ『Drumohr』の新作にフォーカスしてみました。

皆様ご存じの様に、Drumohrはスコットランドで生まれた老舗ニットメーカーであり、イタリア企業となった今も、変わらぬオーセンティックを貫く専業ブランド。

昨今はトータルルックを揃えるまでに至るDrumohrですが、当店は最も長けているニットのみをピックアップ、オーダーしています。

更に当店は元々作りがコンパクトなDrumohrのサイズゲージを利用して、この数年間は最小サイズを女性のお客様にも併せてお勧めをしている為、男性はもとより女性の御客様のご購入が多い特徴を持っています。

そんなDrumohrですが、これまでもお勧めが数多く到着しているのですが、今日お勧めしたいのは3モデル。

IMG_5641
一つ目は7Gのファインメリノを使ったベーシックなVネックプルオーバー。
最早シンプルで使い易い事は言うまでもなく、私達がDrumohrに求めるのは、色合いや素材そのものです。

IMG_5643
多くの糸のバリエーションを持つDrumohrですが、今回このモデルに使用しているのはハイゲージのニットに使われる事の多いメリノウールで、これにより触り心地は勿論、艶やかさを増し、滑らかさを更に良くしてくれます。

IMG_5637
若い頃とは違い、物の形やデザインを選ぶのではなく、素材そのものの魅力に捉われる事が増える私達世代。
ミドルゲージのニットにも、ハイゲージの様な艶やかで滑らかな心地良さを求めるのは必然で、今回晴れてその希望が適う事になった一着です。

IMG_5646
次にお勧めしたいのがこちらのニット。
一見、ただのケーブル編みのニット?と思わせんばかりの見た目ですが、素材表記を見ても大筋は「Lambs Wool」(ラム)。

では何故このニットを選んだのかと言うと、このニットに使われているラムは、素材表記(タグに記載されている)にSuperの文字が付されています。

このSuper、ピンと来た方もいらっしゃるかも知れません。
そうなんです、スーツやジャケット等の服地に使われるSuperと同じ表現です。

IMG_5649
糸と言うのは獣毛も草木花も、元々は極々細いもの。
それらを『撚り合わせ』て糸へと変えていくのですが、この撚り合わせの作業によって糸の太さを作り上げて行きます。

このニットでは5Gの編地に編み上げられているのですが、かつてWilliam Lockieのニットでも触れた事のあるように、ラムズウールは皆様賛否両論あろうかと思います。

しかし意外と皆様が良くご存じのラムウールは、どちらかと言うと毛先が硬く、チクチクとする感覚が多い印象では無いでしょうか。

その実、ラムは、仔羊をはじめ初刈りしたウールは柔らかく心地良いものです。

それらを生かして作られる物には、それまでとは全く異質な心地良さが在る事を知る事になります。
(William Lockieの物がそうであったように)

このニットは

糸の魅力を再確認

するべく存在する一着です。
最も店頭で確かめて頂きたい糸の一つですね。

そして最後にご紹介したいのが、こちら。

IMG_5650
ファインメリノを使った5Gのショールカラーカーディガンです。
実はこれまでも同様のカーディガンをオーダーして来たのですが、女性に来ていただけるサイズのご用意が無く、中々実感していただく機会が無かったもの。

IMG_5653
最小サイズのゲージをご用意させて頂いて以降、この手のカーディガンは女性の希望者が多かった一つですが、今回の物ではメリノの滑らかさ、艶やかさに加え、太幅のリブ編みによって、よりフィット感が増し、更にDrumohrのショールカラーの特徴でもある衿の厚みやボリュームが非常に生きているのです。

とかく混紡糸によってニットそのもののボリュームを持たせる事が多い中、このニットはメリノのみで作られたボリュームの為、心地良さも暖かさも存在感も倍。

ジーンズやウールのトラウザーズがより魅力的に見えるだけでなく、男性にとってはタイドアップのレイヤードを楽しめる等、スタイルを愉しめる振り幅はとても広い一着です。

以上の3モデルは、いずれも最小サイズ42から揃えておりますので、女性も愉しんで頂ける物になります。

当店は、男性にとってのDrumohrは鉄板であり欠かせない重要なブランドですが、女性にとってのDrumohrは意外なほど簡単な物で終始してしまいがちなベーシックアイテムを、より中身を濃く、そして質を感じて頂きたい為に、敢えてオーダーしています。

是非より多くの皆様に試して頂ける事を期待しています。

IMG_5253
今回のDrumohrの素材や色にも合わせ易いLuca Grossiの新作ビットローファーも、とても相性の良い一点です。

IMG_5255
女性のお客様の中に、Drumohrを試してみたいと言う方がいらっしゃいましたら、是非このローファーも合わせてご覧くださいね。

当店ならではの色合いが、より味わい深い装いを作り出してくれますよ。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月8日、15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



日中の穏やかな陽射しと、時折注ぐ涼しい風とが交互に街を包む6月初。
夏の装いを揃えたかと思えば、また春の羽織物が必要になって見たり、非常に世話しい毎日が続いています。

現在実施中のプレセールでは、羽織物やニット等、この涼しさを凌ぐための物が相次いで動きを見せており、いずれ来る夏の冷房対策にも向けた備えともなりそうです。

さて、女性のスタイルに比べ、男性のスタイルアップに不可欠な「心地良さ」への追及。

IMG_0235
それらは秋冬と同じく「心地良さ」を求められるものですが、特に春夏には肌に滑らかで、涼しさを感じられる物が多くを占めます。

IMG_0236
一目見ただけでは、中々伝わり辛い素材の魅力。
色や組成を見るだけでは、如何ともし難い「体感」の感触が在ります。

それらは春と夏の季節によっても変わり、何れも「肌に触れた時の感触」を繊細に求めるのは、四季を通じて共通するものでもあります。

IMG_0234
現在、ニットを素材としたプルオーバーや、ポロシャツ等が揃う店内。
それぞれのブランドが得意とする素材や味わいの演出を行う訳ですが、その中でも突出して心地良さを感じさせてくれるのが、老舗Drumohrの30G(ゲージ)のニット。

IMG_0227
ポロシャツは直接肌に触れる物だけに、よりその感触を体感して頂けるのですが、カーディガンにも同様にレイヤードした時の「軽い心地良さ」と、「糸の細さを感じる」緻密な表情によって、同じカーディガンでも一味違いを見せてくれる一着です。

IMG_0229
このDrumohrの30Gは、某有名ニットメーカーのそれを凌ぐ細かさで、秋冬だけではなく、春夏にもその糸の魅力や心地よさの魅力を、多くの人々に知ら占めています。

また、このカーディガンには「意外」な工夫が一か所あります。
それは多くの人達が見過ごしてしまうであろう、最下段のボタン位置。

通常底辺に沿ってボタン位置が設けられるものですが、このカーディガンは少し上の位置に最下段のボタンが施されています。

これによってカーディガンの着用時、最下段のボタンを外して(X字のシルエットになるよう)いた物が、そのままボタンを締めた状態でも、自然な広がりを作ってくれるのですね。

勿論、ベルトを避けてくれるメリットもあるため、傷みも減る可能性があります。

こうして、中々気付く事の少ない些細なディテールにも拘りを見せるDrumohrのニットには、多くの人々に支持される理由が、確実に備わっています。

これからの季節に向け、是非Drumohrの心地良さを体感して頂ければと思います。

「父の日」も近い事ですし、ギフトにも良いですね。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日は非常に不規則となります為、BLOG或いはOnline Storeトップページにてご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
IL MARE 6月22日(木)
La Spiaggia (La Spiaggiaは、IL MAREのサテライトスペース兼オフィスとなりました)
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2017/6/4
---2017年春夏物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1521772&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n

---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---ギフト向商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=297854&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo_1001
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
TEL:026-219-3750
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

LaSpiaggia_Pre_Logo0001
■La Spiaggia■
長野県長野市南千歳1-3-3-1F-B
TEL:026-219-4447
Blog:
http://laspiaggia.blog.jp/

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ