IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:スコットランド

IMG_7191
ようやく今日を境に秋らしい涼風が戻って来そうな気配。
街には秋晴れに誘われ、沢山の賑わいが目立つ週末となりました。

連日の新作入荷に、私達スタッフも新作のご案内が追い付かない程、この季節は新作が集中して到着します。

少し早めの入荷の女性物に遅れる事、約1か月、今月は男性物の新作が連日押し寄せています。

今日のブログはまたしても(?)男性物のピックアップですが、決して女性物の入荷が無い訳ではありません…。
(女性物の新作も沢山到着しておりますので、くれぐれも誤解の御座いませんように…)

夜が近づくと共に、まるでクーラーでも効いているかの様な涼しさに覆われ、少し肌寒さを感じ始めています。

こうなると男性諸兄もニットの存在を意識し始めますね。

今日ピックアップしたのは沢山到着しているニットの中から、当店が特にお勧めする数型。

IMG_6003
一つ目は、当店では御馴染のブランド、スコットランドの老舗『William Lockie』の新作。

William Lockieと言えば、純度の高い糸を用い、人のぬくもりを感じさせる作りが身上のブランドですが、今回の新作もまた抜きん出た糸のクォリティと、糸の持つ精緻さを感じさせる一着です。

IMG_6005
見た目はベーシックなクルーネックなのに、良く見るとハイゲージのエクストラファインメリノウールを撚り合わせたバスケット編みの模様が目に止まります。

William Lockieのエクストラファインメリノは、既に説明不要の心地良さですが、これらを使い立体的な凹凸を与える事によって、軽さとしなやかさ、そして着心地とは裏腹な見た目の奥深い編地を持ち合わせています。

IMG_6006
元々、手入れがしやすく、また糸の復元力にも長けたメリノウールを、まるでシルクカシミアやアルパカの様に、暖かさと糸の艶やかさ、そして肌に触れた時の滑らかな質感が、William Lockieのニットを更に上質に、上品に見せてくれています。

IMG_6008
今回は純白のピュアホワイトと、イタリアの都市名を色名に使った漆黒のブラックの2色をオーダー。
以前もお伝えした事が在りますが、William Lockieの色数(色糸)は数十色の中から選ぶのですが、同じ色のトーンの中にも濃淡や杢調など何種類もの糸が在り、その中から私達の装いに合う色だけを抽出しています。

それがゆえ、今回のホワイトもブラックも、写真で見るよりもはるかに色の奥深さを感じて頂けると思います。

IMG_5957
そして二つ目はDrumohrの新作です。
当店のニットウェアはDrumohr無しでは謳えない程、当店のラインナップに切っても切れない不可欠な存在。

そのDrumohrでオーダーしたのは、前出と同じくエクストラファインメリノを使った"ガーメントダイ"を加えた一着です。

IMG_5960
8Gの糸を丹念に編み上げ、前述の様に、復元力に長けた糸の習性を利用し、凝った色の加工が叶えられています。

メリノ種の糸がホームクリーニングなどにも適している理由は、こうした復元力の恩恵が多分にあるかと思いますが、当店に於いてメリノウールもまた切っても切り離せないマストな存在になっています。

IMG_5958
ガーメントダイを施す事によって生まれる、どことなくメランジの様にも映る色の濃淡が、このニットの味わいをより深いものに仕上げています。

一着でも、シャツなどとのレイヤードでも、その魅力は紳士的なカジュアルにアップデイトしてくれそうです。

IMG_5921
そして最後にお勧めするのも、同じくDrumohrのニット。

昨今、英国的な装いや米国的な装いに加え、どこかフレンチアイビーの様なテイストも目立ち始めています。

そんな懐古的な潮流の中、当店がフォーカスしているのが、このショールカラーのプルオーバーです。

IMG_5922
糸は4Gのジーロンラムズウールを用いており、このニットもまた素朴な中にイタリア的感覚、要素が多分に含まれています。

IMG_5924
その理由の一つが伸縮性に優れた糸の性質と共にフィット感を高めている事、また着丈を長く作り過ぎない事など、イタリア目線によるカジュアルの条件が、見事に消化されている事が解ります。

また素材のラムズウールも、ごく一般的な想像であれば「チクチクしそう」とか「ごわごわしそう」など、日本に於けるラムズウールの誤認が先行してしまうと思うのですが、かつて80年代から90年代、純度の高い、正確な収穫をされたラムズウールには、このような質感は余り多くは在りませんでした。

勿論、皆無とは言い難いのですが、本来初刈りの毛や幼羊の毛には、柔らかさ、適度な油分、心地良さは言うまでも無く備わっているものです。

それらを使用する事で生まれる、"多くの人たちの想像を覆す感触"は、ラムズウールの本当の質感。

IMG_5925
この柔らかさや艶やかさは、実際触れてみない事には伝わり辛いのかも知れませんが、老舗でもありイタリア企業(現在)でもあるDrumohrらしい、糸の厳選、作りのディテールは、確実に時代と共に進化し、加えて大切な要素を外す事無く、常に質の高いニットウェアを提供すると言った点では、前出のWilliam Lockie同様、高い審美眼と拘りのある両者のアイデンティティを窺い知れるところです。

こうしてニットウェアは、それぞれのブランドや企業が持つ、背景や得意とする技術など、その魅力の発見は多岐にわたる訳ですが、それらを程よい価格に抑えつつ、妥協のない品物作りをするブランドは、それ程多くは無いでしょう。

今季、当店に到着しているニットウェアの大半が、長い歴史のもと培って来た知識や技術などを駆使し、お客様となる皆様方へ、より魅力的な物を提供する事が前提となっています。

涼しさも明日以降、徐々に増して行きそうですが、この週末を機会に、是非新たなニットウェアの魅力に触れてみて下さい。

きっと発見がありますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1148
東日本全域を覆う寒気によって、今日は真冬の寒さに包まれました。
北陸を中心とする一部の地域では初雪、降雪が観測される所もあり、今日の寒さがどれほどの物かを知らされます。

街には俄かにイルミネーションが増え始め、傍らの木々も赤く色づき始めています。
いよいよ冬の到来を感じさせますね。

さて、店内は先般からご案内させて頂いているニットウェアに関心を持たれている方が続いています。

William Lockieは、そのニットの優れた糸の魅力も然る事ながら(※詳細は昨日のBlogをご覧ください)、一つの糸につき数十色以上の色を選択肢として揃え、また柄やライン入りの物に至っては、その組み合わせが全てお店ごとに行われるなど、実に凝ったオーダーを求められます。

IMG_1153
例えば、この色糸、ジーロン(ラムの一種)の色見本なのですが、これだけでも数十色在ります。

IMG_1155
同系色の中に、微細な色の違いや織り交ぜられる色の差が在り、そのお店が求めるピッタリの色の選択や、似た色にも関わらず、違った色の選択が在るなど、これもまたWilliam Lockieのニットの持つ魅力でありオーダーする側(私達)にとっても、センスが求められる部分です。

IMG_1156
ソリッドな色、メランジの色、その全てが穏やかであったり、鮮やかであったり、魅力たっぷりの色ばかりが揃う糸サンプル。

IMG_1152
来年の秋冬に向け、現在鋭意検討中でございますので、是非皆様楽しみにお待ちいただければと思います。

IMG_0814
また昨日の女性物に続き、男性物もラインナップが揃いました。
男性には敢えてメリノ(エクストラファインメリノ)のバリエーションをご用意いたしました。

IMG_0817
艶やかで滑らかな表面は、まるでコットンかシルクの様に見える程、その糸の質感は統一されています。

IMG_0819
紳士的な装いの基本であり、バリエーションを欲してしまうケーブル編のクルーネックは、幾つあっても損が在りません。

IMG_0823
色の微細な変化を求めてオーダーした各色には、それぞれ色名がつけられているのですが、例えば冒頭のグレーなどはArgentと記されており、フランス語でシルバー(銀)を意味します。
或いは、この杢ネイビーなどには、イタリアの地名であるGubbioと言う名が名付けられており、イタリア=アッズーリ(蒼)の意味する所を暗に示しているかの様な色名も、中々感心させられます。

IMG_0826
同じく、エクストラファインメリノを使ったVネックカーディガンも、紳士の装いとして必要不可欠な存在。
特にWilliamの場合には、袖先をターンナップされていたり、前立て裏にナイロンの裏打ちが成されていたりと、「基本がしっかりと成されている」事が前提。

IMG_0829
特にこの前立て裏は、裏打ちが無いと、ボタンを留めた際、ボタンとボタンの間が開いてしまうなどのデメリットが在ります。
つまりピッタリのサイズが選べなくなってしまう事になります。

こうした部分は、御客様方が見たり気付いたりすることが少ない分、我々お店のチョイスや、メーカーによる先行が絶対となります。

IMG_0831
杢調の色合いや、ソリッドで綺麗な色合いなど、William Lockieのニットには、多彩な魅力が在ります。

IMG_0836
これからの季節へ向け、ギフトは勿論、ご自身の更なるスタイルアップ、それも紳士的な装いを正統なブリティッシュで選ぶのも良い機会となりそうです。

IMG_0840
その他にもAlphaの新作ニットカーディガンなど、男性のニットウェアは前回入荷時が、ご紹介前に完売を喫した分、今月は徐々にバリエーションが揃ってまいりました。

IMG_0841
それぞれのブランド、メーカーに得意な分野があり、またそれらが歴史や技術と共に演出を成す各ニットたち。
冬の装いを、より確かな物にするためにも、是非今月は新作ニットを見にいらして下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

【オンラインストアをご利用の御客様へお知らせ】
いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
この度、9月1日より、オンラインストアご利用の場合、(5000円以上を対象に)送料無料とさせて頂く事となりました。
是非引き続き当店がご検討の一つに加えて頂けます様、スタッフ一同心より願っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月24日(金)は店内工事の為、開店から夕方まで、一時的に休業させて頂きます。 
ご来店予定の方は前日までにご確認をお願い申し上げます。

※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2017/11/19
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0921
寒い毎日が続く今週は、多くの方がコートやニットを中心にお選び下さっています。
当店にご来店下さる大半の方々が、既に多くのスタイルやブランドを長く試されてきた方々ばかり。
しかし、そんな方々にとっても、目から鱗が零れ落ちる事が在るのが、当店の存在意義です。

多くの装いやブランドを試してきた世代だからこそ、何かヒストリカルな物を求めるのも我々世代の心情。
ただただ名前や見た目に捉われる事なく、その品物に込められた「何か」を知って尚、その品物に惹かれる理由が在ったりするものです。

そんな私達の心を動かすのが、今季より展開を始めた英国、スコットランドの老舗「William Lockie」(ウィリアム・ロッキー)のニットウェアです。

Top_br_William_Lockie_001
世界的に知られるニットの産地、そして聖地とも評される、ホーウィック地方に在り、ブランド創設は1874年と非常に古くから糸を紡いでいます。

そのニットは、全て手で作られ、自然に囲まれた豊かな水の流れを用い、自然の水を使い洗われる等、その多くが自然と共に歴史を紡いで来たニットウェアたちです。

先般、スコットランドから、ウィリアムロッキーの社長、娘であり女性物のデザインを担当するレイチェルさんが共に訪日し、時を同じくして、来年(2018年~19年)のプレ展示会に赴きました。

IMG_0893
仕事に対して、とても真摯な姿勢を感じさせる彼等。
お会いする事で、仕様の変更や可能な作り等、多くを商談させて頂く事が出来ました。

来年はロロ・ピアーナ社の30Gを使ったハイゲージニットやキャメルヘアなど、これまで以上に多くの糸のバリエーションを見る事が出来、当店にもその中から幾つかのモデル、糸、色によって「当店だけ」の組み合わせを現在検討中です。

さて、このウィリアム・ロッキー、何が素晴らしいのか。

皆さんに、ここで一つお話をさせて頂きたいのですが、ニット製品の品質表示に「カシミア100%」と表示されていたとしたら、それらは言葉通り「カシミアが100%」使われているとお考えでしょうか?

答えは「NO」です。

実は、古くから先進7か国の間では、表示の中に数パーセントの異物(その他の糸、或いは塵など)が含まれていても、表示上は100%と謳って良い事とされています。

つまり、どんなに優れたメーカー、どんなに心地良いと感じられた素材でも、それらが本当に100%使われているのかどうかは、実際疑わしい所が在ると言う事です。

では、どんな物が純度の高い素材となっているのか。

IMG_1127
その答えはウィリアム・ロッキーが持っています。

IMG_1125
ウィリアム・ロッキーの製品には全て「100% PURE ・・・・・・」の文字が付きます。

IMG_1126
この表示は、「純粋な表示の毛質のみを100%使用している」事を指しています。

つまり、この表示はメーカーの持つプライドであり、純度を証明する証の様なもの。

こうして老舗は「紛れもない」純粋な糸を真摯に作り続けるメーカーとして、世界の知る人ぞ知る玄人好みのニットウェアとなったのです。

IMG_1076
その高い純度を示すのは、勿論、商品その物。
このカシミアを100%使ったニットには、カシミア独特の柔らかさや風合いは勿論のこと、毛の切れ屑なども無く、しなやかで上質その物を見せています。

IMG_1077
通常、この手のカシミアの上質なニットであれば、他社で10万は愚か、ブランドバリューに乗れば30万近くに上る物も沢山在ります。

IMG_0788
ウィリアム・ロッキーのカシミア素材は(編み方にもよりますが)、6万円での購入が可能。

これは少々高めのブランドのストールやスカーフが買える程度の価格、と言えば、その価値が伝わりやすいでしょうか。

IMG_0791
また、ウィリアム・ロッキーの糸(色)は、ジーロン、ラムズ、カシミア、メリノ、その他の全てが数十色以上あり、また柄やライン入りの物に至っては、その色の組み合わせの全てを、我々お店が指定して作るため、まさに同じ様に見えても、全く違った品物が出来上がる可能性が高くなります。

IMG_1078
今回女性物と男性物をそれぞれオーダーし、今回が初の入荷となりましたが、既にその素材の心地良さ、触り心地、そして、今日Blogでお伝えさせて頂いている内容によって、多くの方々が検討、ご購入を始めています。

IMG_1079
良いモノには、理由があり、更に奥深く知る事によって、それらに付加価値と、満足を手に入れる事が出来ます。

IMG_1080
ニットは、今や素材の組み合わせやブランドによって、多くのバリエーションが存在しています。

IMG_1081
ライフスタイルに沿った物を手に入れる事が勿論の絶対ですが、こうして我々の世代にとって、「変わる事の無いもの」には、古くから培われた歴史と、生産への取り組みによって、長らく守られて来た「不変」があります。

単に、「価格で物を見る」、買い物から、「物と質に対価を求める」買い物へと変わる、良い切っ掛けを与えてくれるメーカーでもあります。

IMG_1082
女性物でオーダーしているカシミアなどのニットと共に、当店がどうしてもラインナップしたかったのが、この「フェアアイル」セーター。

IMG_1083
ご存じの方も多いと思いますが、スコットランドと言えば「フェアアイル」です。

IMG_1084
素朴でカントリーな装いを連想される方が多いと思うのですが、そんな野暮な想像は、もはやナンセンス。

IMG_1085
ウィリアム・ロッキーの様な老舗にも、(娘である)レイチェルの様に現代的な創造を取り入れる事によって、それらの田舎臭さは皆無。

IMG_1086
むしろ、こうしたディテールを積極的に取り入れる事が増えている、昨今の英国回帰に在って、フェアアイルで差をつける、と言う方が増えているのも事実です。

IMG_1087
今回当店がオーダーしたのは、一般的にクルーネックやラウンドネックカーディガンではなく、敢えて衿の立った、スタンドカラーのタイプ(メーカーではタートルネックと称されています)。

IMG_1099
その見た目は、シルエット、ディテール共に現代的で、今まさに英国エッセンスを愉しむのに最適なバランスに仕上がられています。

IMG_1102
何十年も変わらないフェアアイルは、英国だけではなく、米国、引いては他の欧州諸国にも定番的存在として取り入れられる、言わば鉄板的存在。

フェアアイルなら、何でも良い、、、そんな言葉は聞きたくありませんが、歴史に沿って作り続けて来た、元来の魅力を持つウィリアム・ロッキーには、こうした全ての要素が集まり、至極の一着を作り上げている事が、伝わって来ます。

この他にも、男性に向けたエクストラファインメリノのカーディガンやケーブル編みのクルーネックなど、今回はニットと言う一つのアイテムに、多くの切り口を用意したシーズンとなっています。

オーセンティック(本質的、本格的、本物)を知る上で欠かせない存在のニットウェア「William Lockie」。
是非、この機会に店頭で確かな存在を肌で感じて見て下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

【オンラインストアをご利用の御客様へお知らせ】
いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
この度、9月1日より、オンラインストアご利用の場合、(5000円以上を対象に)送料無料とさせて頂く事となりました。
是非引き続き当店がご検討の一つに加えて頂けます様、スタッフ一同心より願っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月24日(金)は店内工事の為、開店から夕方まで、一時的に休業させて頂きます。 
ご来店予定の方は前日までにご確認をお願い申し上げます。

※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2017/11/19
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ