IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:スカーフ

IMG_9937
穏やかな陽射しに包まれた今週末。
昨日には大きな地震があり、東北地方の人々の安否が心配されるところですが、自然災害がある度に、様々な備えを痛感させられます。

幸い私達の住む地域では大きな揺れもありませんでしたが、一昨年の大型の台風以降、人間の手ではどうにもならない脅威を心の何処かに忘れずに据えておかなければなりませんね。

ともあれ今後新たな地震が起こらない事を願うばかりです。

さて、コロナウィルスへの対処も1年が経とうとしている今、マスクのファッション化を含め、様々なアイディア商品が世に出回り始めています。

真偽は定かでは無いものの、不織布マスク以外のマスクに効果がそれ程見られないと言う方も在れば、二重にマスクをつける方等々、常に身近にある対コロナウィルスとしての対策は必須。

そんな時、「本当に必要な機能とファッション性が両立された物が在れば良いのに」と思っていた方、実はあったんです。

それも今季から新たに当店に仲間入りするイタリア、ビエラ地方のブランド『destin』(デスティン)に。

Top_Slideshow_destin_SS2021_002
destinは、イタリアで古くから繊維の街として知られるビエラ地方に拠を構えるブランドで、デザイナーであるジュゼッペ・ガルバッチョが高級カシミアメーカーとして知られるコロンボ社などで長年腕を磨き、その後立ち上げたブランドです。

そのコレクションはストールやスカーフに始まり、素材には生地にする事が困難な超極細番手の糸を使ったり、素材の表面に凹凸が在る物など、非常に難しい素材を自社の熟練の職人達の手で”ハンドメイド”で作られています。

その高い技術力は、セリーヌやトム・フォードなどメゾンのOEMを請け負う事で証明されており、一目では解らない高い技術が結集されているのがdestinのネックウェアなのです。

そのdestinのラインナップの中で、今回当店が選んだ物の中に”或る特別な素材”を用いた物が在ります。

PhotoRoom_20210213_190403
それが、このバンダナたちです。

元々destinはブランドアイコンにもバンダナモチーフを使用しており、そこには”相反する存在価値”を見出し、それらを読み取る事が出来るのですが(これについては後程記させて頂きます)、注目すべきは、このバンダナに使用されている”素材”です。

PhotoRoom_20210213_190004
生地そのものはコットンですが、見た目の印象と”バンダナ”と言う言葉のイメージからは想像つかない程、ふんわりと柔らかな感触を持ち、まるでガーゼ質の様な素材。

PhotoRoom_20210213_185819
触れると、それがバンダナと呼ぶには烏滸がましい程、とても柔らかく、ブランドのアイデンティティの一つである”高品質”さを、あえてチープでカジュアルな”バンダナ”に仕上げる、相反するラグジュアリーを感じさせる仕上がりなのです。

PhotoRoom_20210213_190137
そして、このバンダナにはもっと素晴らしい機能が備わっています。

それは、表面に特殊な加工を施されている事によって、今まさに世界を蔓延しているコロナウィルスを始めとする様々なウィルスを除去すると言うもの。

PhotoRoom_20210213_185325
この素材には、スイスの企業が開発した『HeiQ Viroblock』(ヘイク・ヴァイロブロック)という技術が使われています。

この技術は、簡単に言ってしまうと、素材に菌が付着しても、30分間に有効な99.99%のウィルスが除菌されると言う画期的な加工なのです。

PhotoRoom_20210213_185339
何故、その加工が必要なのか? それはこのバンダナが必要に迫られた時、マスクとして機能する大きさ、使い勝手として考えられ作られているからなのです。

海外でも稀に目にするバンダナやスカーフをマスク代りにする姿、それを本当の機能性と共に作ってしまおうと言うのがdestinの素晴らしいところ。

PhotoRoom_20210213_185544
基本的にはユニセックスで作られているこのバンダナ、大きさも60㎝×60㎝と、一般的なバンダナよりも大き目のサイズで作られていることから、口回りを覆うには必要にして充分。

FAD5BFA4-9284-467D-A461-F998D70E4585
また肌に触れても前述の様に、非常に柔らかな感触で、一般的に想像されるようなバンダナのゴワゴワとした感触は皆無。

それゆえ、バッグ等に備えたり、勿論、通常のバンダナとしてネックウェアとして愉しんだり、様々な用途を考える事が出来る優れモノ。

219829EF-683F-4822-B1B6-AD42E43CCFDF
destinの魅力を一言で表現するのは中々難しいのですが、当店に長年お付き合いくださっている方々なら察しが付くであろう、まさに当店がこの地に降り立って以降謳っているテーマ『ステルスウェルス』こそが、まさにそれ。

1980FFFE-FBF0-4A1F-965C-53B5FDD6F9D3
誰もが一度は手にした事があるだろう日常的なアイテムを、極上の素材で作り上げ、表現すると言う、その相反する魅力こそが、destinの最大の特徴でもあります。

PhotoRoom_20210213_192256
またこの技術を使っているバンダナは、単色だけではなく、このダブルフェイスも同様に作られています。

PhotoRoom_20210213_192021
極細番手の糸で作られたバンダナを表裏合わせて縫い上げ、リバーシブルとして使えるように作られています。

PhotoRoom_20210213_191953
魅せる色合い、使える色合い、衿元の色の魅せ方は個性として顕れます。

PhotoRoom_20210213_191631
柔らかく上質な糸ですが、二重になっている事から、一枚物に比べ少々のハリが在ります。

PhotoRoom_20210213_191643
気分によって使い分けたり、或いは簡素な装いに奥行きを作ったり、ここにもdestinらしいアイディアが高い品質と高い技術によって表現されています。

760A159C-27C6-464F-8736-6C6FFA598DA4
バンダナと言う言葉によって、それらがネックウェアとしての選択肢が限られていると思っている方が多いと思いますが、ここまで品質を高めると、それらは”バンダナの顔をした上質なスカーフ”として受け止められそうです。

上質で、使い易く、そして今まさに必要とする抗ウィルス耐性を持つネックウェアは、恐らくそれ程見る事が無いでしょう。

ギフトとしても良し、勿論、自分自身のファッションアイテムとして、或いは心の安心として、是非とも手に入れて頂きたい逸品です。

※HeiQ Viroblockについてはコチラから
(海外サイト)

そして、最後にお勧めするのは、ここまでの抗ウィルス製品ではなく、destinが本来提案する上質なスカーフ(或いはストール)です。

PhotoRoom_20210213_183923
シルクとウールを丁度半分ずつブレンドして作られた極細糸によって作られた、エアリーで心地良い肌触りの一枚。

PhotoRoom_20210213_183934
ブランドアイコンとしても使われるバンダナモチーフ(柄)は、前述の様に、日常的な存在であるバンダナをラグジュアリーな素材で表現するといった、相反する魅力を体現している訳ですが、当店は今回のコレクションからブラックとオリーブグレーの2つのカラーをオーダー。

PhotoRoom_20210213_183947
コレクションのシーズンごとに絵柄が変わるのも、このブランドの緻密さを見せる所ですが、何よりソリッドな色の魅力と上質な糸の見事なまでの美しさや柔らかさは、このブランドならではの魅力を存分に感じさせてくれます。

PhotoRoom_20210213_184057
大きさは90㎝×90㎝と、ちょうど多くのブランドが採用する最も一般的なスカーフサイズの大きさ(少し大き目)です。

7C27E541-1DBB-451E-8D2D-D4CAF2369A15
ウールとシルクが50%ずつ使われる事によって、春から秋まで、季節を問わず使えるユーティリティアイテムとして威力を発揮します。

4747500B-A499-4D43-9DD1-DB34DAD3F4C0
特に初夏から真夏の陽射しにも必須な大判のスカーフは、冷房対策としても女性にとって大きな役割を担っています。

PhotoRoom_20210213_184539
肌に触れた感触の自然な柔らかさ、心地良さは、一目でそれらが上質で在る事を理解させてくれます。

PhotoRoom_20210213_184550
またソリッドカラーにホワイトの柄をあしらっている事から、シンプルな装いの時には存在感を、また凝った装いの中では邪魔をしない等、実に多くのスタイルに(意外なほど)取り入れ易いのも特徴です。

88590972-0E74-4888-93D4-1EBE422CD315
大人の持ち物として、女性も男性も幾つかは手にしておきたい、これらのスカーフたち。

4357A1EB-54B1-46CA-BF0D-90F49AFF13C0
この一年間、多くの人々を苦しめているコロナウィルス、そして必ずやって来る春の紫外線など、実に多くのメリットを与えてくれるdestinのネックウェアたち。

これからの季節を、より楽しみと共に過ごさせてくれるdestinを、是非この機会に試してみては如何でしょうか。

勿論、ギフトとしてもお勧めです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月18日、24日、3月4日、11日、18日、25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7989
先月末まで実施しておりましたFINAL CLEARANCE SALE。
過去に類を見ない早期のプライスダウンに、大変多くのご来店を頂きました。

一時的に寒さが落ち着いたと思った途端、再び冷たい風が充満する寒い週の始まり。
早速お買い上げいただいた商品の出番がやって来ました。
まだまだ1か月は楽しめる各セール商品を是非毎日の楽しみ、喜びへとつなげたいですね。

IMG_7855
この端境期を楽しく過ごす為に必要なのが毎日の中でチョッピリ楽しめるロープライスアクセサリーたち。
日々の装いに足すだけで気分も変わります。

PhotoRoom_20210202_135221_1
実はオンラインストアへの掲載が無いのですが、店頭には様々なアクセサリーやスカーフなどが入荷をしています。

PhotoRoom_20210202_135259
ニットやシャツの衿元を飾るのに相応しいシルク素材のプリントスカーフは、何枚あっても足りないもの。

PhotoRoom_20210202_135326_1
寒さが長引く冬から春にかけては、最も登場回数が増えることもあり、一年を通じて最もスカーフやストールが動く時期でもあります。

PhotoRoom_20210202_135341
タートルネックやクルーネックのニットの衿元、春にはシャツ等、その使い道が豊富にあるのもシルクスカーフのメリット。

PhotoRoom_20210202_135355
またスカーフを上手に結んだりアレンジが苦手な方には、”通すだけ”で使える三又のスカーフリングもご用意。

PhotoRoom_20210202_135415
ピンクゴールドの鍍金処理によって、穏やかな輝きのあるリングは、シンプルな円形をつなげた三又の物ですが、これが意外なほど滑り落ちる事が無く、とても便利に使えるのです。

結び方や衿元のバランスを作り辛かったり、苦手な方には是非ともお勧めしたいアクセサリーです。

pierce001
その他にも様々なピアスが入荷をしています。
写真の様なパウズ(肉球)型の可愛らしいピアスから、チェーンタイプの様々な物が揃っています。

PhotoRoom_20210202_135555
とても安価で入手できる事もあり、毎回入荷時には早期完売しているこれらのアクセサリー。
先月に続いて、今月も様々な新作アクセサリーが到着予定となっておりますので、是非ご興味のある方は楽しみにお待ちくださいね。

※アクセサリーは他にも種類が御座います。
新作アクセサリーについてはオンラインストアへの掲載予定が御座いません。
予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月4日、18日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0347
蒸し暑い日中の空から一転、夕立が地面を一気に冷やす、まさに夏の空模様。

これからは屋内は涼しく(人によっては寒く)、屋外は暑く(人によっては日焼けが気になる)、厄介な夏の毎日になりますね。

ただでさえ、お化粧にお手入れと仕事の多い女性にとって、こんな夏の毎日に心強いのが、大判のスカーフ。

IMG_0539
ハッとする色鮮やかな大判のスカーフは、何気ない毎日の装いを一気に華やかに見せてくれます。
特にミニマリズムを体現している人たちにとって、色を足すのは中々のハードル。
洋服で色を足すのではなく、バッグや靴、スカーフで色を足すのであれば、それほど頭を悩ませる事もありません。

IMG_0540
当店がお勧めするスペイン、バルセロナのブランドNICE THINGSのスカーフは艶やかさと色の綺麗さ、そして何より大きさがとても便利な一点。

オフィスからデイリーまで、その日の気分を華やかで明るい物にしてくれるNICE THINGSのスカーフは、夏の肌寒さや日焼けを防いでくれるだけでなく、秋以降の装いにもプラスアルファのアイテムとして、大きく役立ってくれそうです。

夏の暑さだけにゲンナリしてしまいそうですが、スカーフやストールを使って積極的に楽しい物に変えていくことも大切な要素です。

日々大変ごとの多い女性ですが、是非今回ピックアップしているNICE THINGSのスカーフを取り入れて、面倒な毎日にも楽しみのあるものにして頂けたら幸いです。

勿論、パートナーが毎日苦労しているのを傍目に見ている男性陣からのプレゼントも良いと思います。
その際は必ずパートナー様へ『一声かけて』くださいね。

日々の労いと感謝もお忘れなく。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月の店休予定日】
8月6日、13日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6359
久しぶりに爽やかな一日となった今日。
暑くて外を出歩くのも嫌、雨でジメジメして嫌、そんな事を思う事なく、心地良い日差しに身体をあてながら外を歩きたくなる、そんな一日でした。

人間の身体は適度に日光を浴びる事で栄養を生成するものですが、コロナ禍で屋内に篭りがちだった方、或いは日頃外を出歩かない方なども、今週は積極的に身体に日光を浴びて健康を取り戻したいですね。

連日ご紹介させて頂いている新作のTシャツも、この心地良さに誘われ、既に沢山のご注文を頂いています。

IMG_6883
先日ご紹介させていただいた「The Outsiders」プリントのTシャツはスタッフも着用して出勤。

IMG_6906
程よくしっかりとしたコットンは洗いざらしでもシワを気にする事無く使える為、これからの季節には最適。
更にジャケットを一枚羽織れば、それだけで充分になります。
スタッフと同じく横着な方にはモッテコイの一着ですね。

今回の新作の中でも特に高い人気を誇るのがコルノロッソを刺繍したプレミアムコットンのモデル。

IMG_6925
Mサイズは男性に、Sサイズは女性にとフィッティングを設定しておりますので、サイズが一つしか違わないのに、寸法の差は歴然です。

IMG_6926
コルノロッソをご存じの方からもご依頼頂いているのですが、中にはこのモチーフを「ニンジン」と思われた方もいらっしゃったようです。
(そんな勘違いも可愛らしいですが)

IMG_6927
このTシャツも6オンスを超えるしっかりとした生地を使っている為、羽織一つで装いが様変わりします。
ストレッチナイロンを使ったシャツジャケット一枚で、軽やかに見え、Tシャツの肉厚さからチープさは皆無。

IMG_6928
このシャツジャケットはAQUARAMAの別名によるブランドの物ですが(オンラインストア未掲載)、薄くて軽くて、シワにもならず、そして常に手元に置いておきたくなる優れモノ。

IMG_6929
前立て部分と裾にはエラスティックを採用し、その絶妙な按配のストレッチ性が、一般的なシャツジャケットとは違う表情を作りだしてくれる物に。

AQUARAMAと言えば、英国の超超有名コートも手掛けるメーカーゆえ、それらを纏う事でカジュアルも一段のクラス感を上げてくれそうです。
このジャケットは少々コンパクトな作りの為、最小サイズの44ならば女性でも違和感なく着る事が出来ます。
ご興味のある方は是非店頭まで。

そして、これから夏に向けて、女性にとって最も気になるのが日焼けや冷房による対策です。

今日はこれらに対処するべくスペイン、バルセロナのブランドから大判のストールやスカーフをピックアップしてみました。

image_nc01
スペイン、バルセロナのブランド『nice things』(ナイス・シングス)は、1995年スタートと比較的若いブランドですが、その魅力は何と言っても

潮風を感じさせるものづくり

です。

多くのアイテムに、アトリエがあるバルセロナから眺める沢山の風景や海などにインスピレーションされた潮の香り漂うモチーフが沢山使われています。

ブランドコンセプトには『毎日の生活が”nice things”で満たされますように…』との思いが込められています。

世界中の女性を中心にエイジレス、ボーダーレス、そして時にはジェンダーレスに支持されるスパニッシュブランドです。

151787054
そのブランドからピックアップしたのは先ずこちらの海のモチーフ(主に魚)をプリントした100㎝サイズのスカーフ。

当店の店名の由来をご存じの方は、「あぁ、イル・マーレらしいな」と思われた事でしょう。
当店にとって切っても切り離せない海のモチーフ、それもコーラル(サンゴ)まで同居した愛らしいプリントです。

151787054_o1
このスカーフはパネル式に4か所、異なる色をベースに作られている為、スカーフのもっとも楽しめる四隅を、それぞれ見せ方、結び方で楽しめる物になっています。(ここが大きなポイントです)

151787054_o4
素材は適度なハリがあり、まるでシルクツィルの様な艶やかさとしっかりとした感触があります。

151787566
コチラは色違い。
どちらもとても綺麗な配色で、眺めているだけでもうっとりする、色数とモチーフの配置が、スカーフのアレンジを愉しく想像させてくれます。

151787566_o1
日焼け防止や冷房対策にとって、この大きさが在れば、肩から掛ける事も出来たり、膝に掛ける事も出来ます。

151787566_o4
そしてもちろんファッションアイテムとしての役割も、この独特な色のお陰で一つ違ったスタイルに昇華してくれそうですね。

151787566_o5
nice thingsは、トータルブランドでありながら、バッグやネックウェアなど全てのアイテムに手抜きが見当たりません。

むしろアクセサリー(バッグやストール等)に、このブランドの真骨頂を見る様な気がします。

151788596
そして同じくこちらも大判のスカーフです。
こちらは一見するとジョーゼットの様に見えるのですが、触れるとウールシルクの様な質感に驚かされます。

柔らかく、肌に優しい、そんな印象を受ける素材感。

151788596_o3
このスカーフにはLOST PARADISEと言う名前が付けられています。
まるで人里離れた奥地に、動物たちの楽園が在るかの様な情景をモザイク風のプリントで表現しています。(Hand made paint)

草木の生い茂る中、動物の姿もチラホラ見えます。

151788596_o4
このスカーフもまた全体にバランス良く沢山の色が散りばめられている為、スカーフとしての利用価値も大きく、その色数から多くのスタイルに取り入れ易い物に仕上がっています。

151793055
そして最後にご紹介するコチラのストールは、非常に大判(長方形)のコットンストール。

151793055_o6
今シーズンのnice thingsが展開するモチーフの中で最も目を引くのが、このコーラルプリントです。

151793055_o8
穏やかな色合いの中に茂るコーラルと、縁をフリンジ処理する事によって、この素材の魅力を活かし、ナチュラルな魅力を醸し出す独特な魅力を表現しています。

151793055_o13
前出の2つより長さがある分、より沢山のアレンジが楽しめるサイズです。

151793055_o2
ライトコーラルの色と、こちらのネイビーの2色が用意されています。

151793055_o4
ストールやスカーフは、特に使い方だけに終始する方が多いと思います。

しかし私達はスカーフやストール、それも特に春夏の物に関しては、「素材」が用途や雰囲気を左右する為、その素材に見合った雰囲気作りも提案しています。

151793055_o11
また色のコントラストを楽しめるのも、この大きさがあるから。
例えばホワイトやネイビーのTシャツを着て、その上からこのストールを覆うように纏う。
たったそれだけで洒脱な印象を作る事が出来るのは、やはりこの大きさ、この素材だからでしょう。

151793055_o12
時にはビスチェやバンドゥ、ベアトップの様にインナー使いして愉しむのも良いですね。

151793055_o10
こうしてnice thingsのネックウェアたちは、他のブランドでは感じる事が少ない独特な魅力を持ち、更にブランドとしての企業努力によって、価格もリーズナブルに抑えられています。

常にバッグに忍ばせておくのも良し、旅先へ持ち歩くのも良し、時には家族でシェアするのも良し、と春夏のスカーフ、ストールには楽しみの数だけ、喜びも増やしてくれます。

来る猛暑に向けて、是非今のうちから日焼け、冷房対策のスカーフをご入手してくださいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

9F632D13-B55E-49B4-B2A6-374FE9C1DD9B
今年のクリスマスは週のど真ん中と言う事も在って、待ちゆく人の姿も少ないように感じます。
昨週末にイベント事を済ませ、今週は今年の総決算となる仕事をやりぬく、そんな方々も多いかも知れません。

ともあれ、皆様にとってのクリスマスも無事終えられたかと思います。
今年も終わりの足音が聞こえ始め、いよいよ来年に向けた新たな心持を備えなければなりませんね。

今年は台風や国策など色々な出来事の多い一年(秋)でしたが、皆様にとってより良い年末を迎えられるよう我々も願っています。

さて、昨日そして今日と、衿元を温めつつ華を添えたいとスカーフやストールをご購入下さったお客様が続きました。

実はニットをより生かした見せ方をする為にはスカーフやバンダナなど衿元に華やかさを齎してくれるものが、とても有効。

FFDCDBD8-5B5C-4872-85FF-02F0A5989CC6
男性も女性も、衿元に華やかさが在って、初めてその人の色を認識してもらえる事も少なくないと思います。

例え仕事でなくても、ちょっぴり色を見せるだけで、それが違いを作れるのなら、やはり補っておきたいものですよね。

実は当店がアレンジする巻き方や挿し方は多岐にわたるのですが、今日はとっても"簡単"且つ"とりあえずしておけば安心"な二つの挿し方を記しておきます。

Scarves01
最も簡単な一重縛りの巻き方は、誰もが自然に行っているもの。

要は『見せる分量や色』を間違えさえしなければ、極々自然にさり気なく見せられるものなのです。

特に多いのが、御洒落をロジックとして捉えるきらい。
御洒落は感覚、つまりセンスが生かされるものであり、ロジック(論理)で終始するものではありません。

例えばクルーネックのニットにスカーフを挿したい場合。

IMG_2705
衿の締まり(首の詰まり具合)によっても変える事が前提です。

多くの場合首に縛っておけば、或いは分量や幅を考えずに無造作に巻かれている様子を多く目にします。

しかしそれはただの無頓着。
巻いていればそれで御洒落に見える、的な誤認です。

IMG_2706
大抵のスカーフは色柄を様々な箇所に使ってプリントされています。

それらのどの部分の色を衿元に見せたいかと考えながら折りたたむ事が始まりです。

IMG_2707
例えばクルーネックの場合には、衿から覗く分量が多すぎると、御年輩の衿元になりかねません。

見せたい色の部分を決めたら、そこに合わせた折り目を、「出来るだけ細幅に」畳んで行きます。

IMG_2708
今回使用したスカーフは70㎝程度の物の為、4つ折りが程よい幅に当たる為、正方形のスカーフを斜めに、中央に重ね合わせるように折ります。(上の写真は2回折った状態)

IMG_2709
更に中央に合わせるように半分の幅に畳、幅を細めます。

IMG_2711
こうして出来上がった帯を首に巻きます。

IMG_2712
一重に結び、前で再び結びます。

IMG_2714
IMG_2715
こうして出来た結び目の凹凸を衿の中に収めるように入れます。

IMG_2716
衿から覗き過ぎず、且つ解け辛い衿元が出来上がります。
(写真ではオレンジの縁を使わずベージュ部分を見せています)

ポイントは見せたい色が出るように折りたたむ事と、衿の開きに合わせて丁寧に(出過ぎない様)入れる事です。

同時にタートルネックにも同じ様な色挿しをお勧めしている当店ですが、クルーネックよりももっと簡単な方法です。

IMG_2717
タートルネックの場合にもスカーフの幅は首の幅に合わせて折る事がポイントです。

IMG_2719
タートルネックの場合にはスカーフをちょっぴり覗かせる事が前提なので、タートルの襟幅よりも少しだけ太目の幅に折ります。

IMG_2720
(写真では3回折った幅で使っています)

IMG_2721
こうして出来た帯を、ただ首にぐるぐると巻き付けるだけ。

IMG_2718
首に巻いてからニットを被ると、崩れずに作る事が出来ます。

IMG_2722
首に巻いた後スカーフの縁の先(剣先)はスカーフの隙間に差し込み留めます。

IMG_2723
最後にスカーフの上部分がほんの少し覗く様に引っ張り出して出来上がりです。

IMG_2724
この時、スカーフが余りにも大きすぎると、首が太く仕上がってしまうので、女性は特に注意した方が良いですね。

こうしてたった一手間で華やかさが加わるだけでなく、暖かさも得られる冬のスカーフ利用は、実に理に適った装いです。

大切なのは『魅せる折り方』、そして色を出す為に折り方をアレンジする『センス』です。

IMG_2698
また更に大判のスカーフの場合にはストール同様の巻き方のアレンジが沢山あります。

Scarves00
スカーフと言えども、サイズや色、柄など、そのバリエーションは様々。

どんな装いに仕上げたいか、どんな色を挿したいか、どんな結び目や巻き方でアレンジを加えたいか、等々、たった一枚のスカーフにもアイディアとセンス次第で多くの演出が可能になります。

もっともっと色々な巻き方を覚えたいと言う方は、是非店頭にてお尋ねください。


そして日付変わってクリスマスギフトを用意していなかった方から頂いてしまった、、、と言う方が毎年いらっしゃいます。

とは言え、大それたものをお返しするのは気が引けると言う方は、Fragrance Cafeのミストが良いかも知れません。

IMG_2612
差し上げた方にとっても、それ程気を遣わずに済みますし、特別なギフト感もなく、自然にお渡しする事が出来ます。

また空気の乾燥は、香りにも大きな影響を与えます。

エチケットとしても人前に出る前にスプレーしてから出かける、そんな習慣も必要な季節です。

是非お返しに悩んでいらっしゃる方はコチラもご検討下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月31日、1月1日、2日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

このページのトップヘ