IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:スウェット

IMG_8363
生憎の雨空で始まった今日の長野地方。
小雨混じりの一日は、どこか秋の情緒を感じさせています。

少しずつ秋が深まり、これから来る冬への序章が始まります。
最近は冬の本格的な到来が少しずつ遅れている様に感じられますが、例年通りの寒さを想像すると、まだ2か月ほどは秋の御洒落を存分に楽しめそうです。

真冬の御洒落と違った秋の御洒落を、この機会に愉しんでおきたいですね。

さて、今週も連日新作が多数到着しておりますが、その中から女性のお客様にお勧めしたい、日々のカジュアルダウンの一着として、メンズのChampion、それもリバースウィーブをピックアップしてみました。

PhotoRoom_20201022_172222_2
今回当店がオーダーしているリバースウィーブは、オートミールとダークネイビーの2色。
そのリバースウィーブを”雰囲気良く”女性に着て頂く為、メンズのSサイズを女性向けに充ててオーダーしています。

そもそもリバースウィーブは昔からアスリートの為に、動き易さを追求して作られた両脇のアクションリブが特徴ですが、それ以上に肉厚でしっかりとした質感のコットン、横編みの生地など、縦ではなく横方向に生地の強度を持たせている為、一般的に目にするスウェットと違った心地良さ、良い意味での重みを感じる、いわば現代に息衝くヴィンテージとも言えます。

そのリバースウィーブを現代的にアップデイトさせ、更に裏起毛に仕上げているのが今回のスウェットです。

IMG_8386
オートミールのプリントは染み込みプリントに、ダークネイビーのプリントはラバープリントにと、それぞれのフォントの味わいだけではなく、プリント方法も変える事によって、それぞれが異なる味わいでの経年変化を愉しめるようにしています。

IMG_8390
また今回のリバースウィーブは、旧来の青タグと呼ばれる昔Championが使用していたタグ(織ネーム)を採用しており、ヴィンテージ感は作りだけではなく細部にもこだわっている点もポイントです。

PhotoRoom_20201022_172132
この今回のリバースウィーブを女性が着ると、幾つかのメリットがあります。

一つはしっかりと目の詰まった生地の採用により、更に裏起毛を施した事によって生まれる暖かさ。
もう一つは、日本の企画で作られている為、本国アメリカのリバースウィーブに比べて、(日本の)女性が着た時の大きさのバランスが(大きすぎない)とても良い事です。

ヴィンテージ(古着)などでも比較的高値でやり取りされる本国生産のリバースウィーブは、肩回りが非常に大きく作られている為、女性が着るにはある程度の身長と体格が必要になりますが、今回のリバースウィーブは、その必要が在りません。

PhotoRoom_20201022_193550
それらをジーンズやチノーズなどで”セオリー通り”に合わせるのではなく、敢えてウールのトラウザーズなどで合わせ、スニーカーで纏めるアクティブなスタイルを、今回のカジュアルダウンではお勧めしています。
(写真使用商品:スウェット/Champion、トラウザーズ/European Culture、スニーカー/VICTORIA)

スウェットやこの手のフーディーにスカートを合わせるのは、もはや通例となりましたが、トラウザーズで組み合わせる事によって生まれる「大人らしさ」は、”解っている感”が無ければ装いにも迷いが出てしまうもの。

IMG_8463
(写真使用商品:スウェット/Champion、トラウザーズ/INCOTEX、スニーカー/VICTORIA)

男性にも言える事ですが、洋服を”ブランド視”している人ほど、「○○は子供っぽい」とか「××は私には合わない」などと発してしまいがちですが、装いを知れば知るほど、それらに求められるのは

「組み合わせの極意」

とも言えるセンスであったり、バランス感覚であったりするものが大半を占めます。

特にスウェットは、そんな対象に上がりがちなアイテムですが、”だからこそ”素敵にカジュアルダウンする事の意義があるのですね。

コドモっぽく思えるアイテムを”大人だからこそ”嗜めることが出来る、それこそがセンスであり御洒落を愉しむ骨頂と言えるのでは無いかと思います。

これからの季節に必要な防寒と動き易いアクティブな要素の二つを持つデイリーウェアの頂点スウェットを是非今回のリバースウィーブで試してみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

February01
忙しくなると自分の時間を失いがちになります。
そんな時は何も考えずに歩いてみたり、好きな音楽を聴いてみたり、理由無く没頭する時間を作る事が大切です。

人間身体を動かす事で血流が盛んになったり、血行が良くなると体調がよくなったりするもの。
寒さに後ろ向きになり動きが乏しくなるこの季節は、少しずつアクティブに体を動かし始めておくことも大切ですね。

今日はアクティブな装いにも相応しい「KING OF SWEAT」(キング・オブ・スウェット)の名を欲しいままにしている『Champion』のREVERSE WEAVE®(リバース・ウィーブ)をピックアップしてみました。

現在50代の方々にとっては懐かしい響きですらあるリバース・ウィーブですが、未だヴィンテージ市場ではかつてのUSA製は高値で取引されている代物。

そのリバース・ウィーブも最近ではUSA製が生産されるようになり(※リバース・ウィーブの復刻モデルは定価22,000円~24,000円)、各国のライセンスとは別にラインナップに加えられています。

今回当店がピックアップしているのはウィメンズのリバース・ウィーブで、更に現代のスタイルにフィットすべくアップデイトを重ねたもの。

IMG_7269
遡ること80余年、1934年に誕生した"リバース・ウィーブ"は、当時のスウェットシャツに多かった「縮みやすさ」を解消するため開発されたサイドのアクションリブによって、アスリートを中心に着用頻度の多さや洗濯の回数に耐えられる堅牢性を持たせたことが始まりでした。

激しい動きの多いアスリートにとって、縮む事によって動きを制限されたり、破損し易かったりがデメリットだったスウェットシャツに、通常縦向きで編まれるスウェット地に対し、両脇の部分だけ横向きに縫い付ける事で、一方向への縮みを解消しつつ、更に激しい動きに付いてくる伸縮性も齎しました。

IMG_7249
こうして作られたリバース・ウィーブはその後何十年も人々の生活に寄り添い、頑丈で安心感のある優れたスウェットシャツとなり、やがてそれはスウェットシャツ=Championと言う代名詞となる存在へとなったのです。

このリバース・ウィーブをベースに、今日の女性のスタイルに合わせ易い着丈や身幅などのバランスを現代的なスタイルへとアップデイトしたのが今回のスウェットです。

IMG_7257
見た目のディテールは古くから変わらぬリバース・ウィーブそのもので、拘りの強い男性に比べ、着心地の良さやシルエット、使い易さが優先される女性にとって、もはやヴィンテージの様な拘りは不要。

IMG_7259
むしろ、それらの背景を持つChampionと言うメーカーが作り出す現代的なアップデイトによって、魅力的なスウェットに新化していることの方が大切なのですよね。

IMG_7261
かつてはジーンズやチノーズなどとのカジュアルな組み合わせが定番的だったスウェットも、今日の装いではスカートからトラウザーズなどとカジュアルダウンを愉しむアイテムへと、その存在意義は変わりつつ在ります。

IMG_7247
そんな装いに相応しく今回当店がオーダーしたのはドロップショルダーのディテールを持つクルーネックとプルオーバーのパーカの2種。

特にクルーネックは、まるで男性のスウェットが着過ぎて伸びてしまったかの様な肩幅や身幅に対し、絶妙な着丈に仕上げるなど、Championならではのコンテンポラリーなヴィンテージ感が表現されています。

IMG_7248
またプルオーバーは言わずもがな必携のアイテムでもあり、このパーカを軸に様々なスタイルが作られる事から、今回は3色のお勧めカラーを用意しています。

IMG_7251
特に新色となるこのライトブラウンは、穏やかで優し気な色合いによって、これまでスウェットでは作り得なかった色合いの組み合わせが適う他、女性らしさもより演出出来る物になっています。

IMG_7253
またブラックには、通常のブラックではなくミッドナイトブラックと名付けられた仄かな色の変化を(見た目だけでは殆ど判りませんが)持った味わいのあるブラックを採用しています。

IMG_7254
このカラーはウールのボトムスと合わせると、その威力が解ります。
これまでスウェットの持つマットで(良い意味での)チープな質感がウール素材との色の差を微妙に出してしまっていたのですが、自然な色の調和が成される独特な色に仕上がっています。

これはガーメントダイの為、洗いを繰り返す事によって更に色の味わいが変わって行くようです。
(※メーカータグの注意書きに書いてありました・・・)

ともあれカジュアルなスタイルが多い方にとっても、スカートなどをカジュアルダウンして愉しむ方にとっても、日常のアクティブな装いには不可欠なスウェットシャツの存在。

ロゴの無いシンプルなボディによって作り出される自然な装いは、動き易さだけではなく気分までもアクティブにしてくれそうです。

休日や日常の装いとして欠かせないスウェットシャツを是非今回のChampionで愉しんで下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

1672d245
一月も下旬を迎え、冬の天候とは思えない日が続いていますが、この週末はチョッピリ寒さが先行しそうな気配。
雪が降らなくても寒さは冬のまま。
気を緩ませる事なく防寒だけはしておきたいですね。

さて世の中の傾向は二極化が進み、多くの物事に二つの局面が在ります。
単純に言ってしまえばYESかNOか、東か西か、大きくざっくりと言ってしまえば、中途半端な存在が徐々に減り始めている様な傾向を受けます。

実はファッションの世界にもこうした波は、やって来ています。
先日海外の機関紙が発表した企業(ブランド)の総合価値を示す物では、総合での一位がAmazon社、ファッション関連での一位はNIKE社、GUCCI社と続いていました。

少し前までは高位置を確保していた海外のファストファッションは徐々に序列を下げ、こうした背景にも二極化を感じさせるものが見え隠れしています。

と言っても、これは肯定否定を示すものではなく、あくまでも企業的価値の話。
この二極化の話題は少々センシティブなお話なので、また別の機会にもう一つのブログ(IL MARE LIFE)の方で触れたいと思いますが、そもそも「選択肢」と言う能動的な行動に気遅れ気味な人が多い日本に於いて、海外の人達の様に自己主張を自分への自信として持ち合わせる人が少ない為、多くの事に於いて誤解やすれ違いが起きやすい私達の国民性。

これは悪い事ではなく良い意味合いとしては、お淑やかであったり、控えめであったりと海外の人々が日本人を見て感じるポジティブな感情を指すものでもあります。

話は戻り、それまでのファストファッションは、大手ブランドなどに先行されるトレンドに敏感な物作りや、コストパフォーマンスを優先した物作りなど、ファッションとしての一つの世界観として確立されていたものでも在りましたが、徐々にオーセンティック(本格的、本質的)な物への欲求が、羨望や憧れから、手にして感じる事が出来る充足に変わり、それらによってある種の二極化が進み、中途半端な物作りやブランドへの興味が薄れて来ている事も一つの原因になっているかも知れません。

とは言っても、私達の考え方は少し違っています。

全てはシーンによって使い分ける

事が前提であり、そのシーンとは「長く愛し続けたい物」には相応の品物を、そして「今を愉しんでおきたい物」にはファストファッションで、と積極的に使い分ける事が御洒落を愉しむ為の真髄の様に思うからです。

当店の女性スタッフが世の女性の声を代弁して、たまにこんな事を言っています。

「女性にはブランドや物云々とは別に、色んな御洒落を愉しむ為に"量"を欲しい時があるんです」

と。

まさに言い得て妙で、これは女性にとって心の声でもある訳で、どんなに断捨離を繰り返し、ミニマルを目指しても、人にはストレスがつきものです。

そのストレス解消法の一つにショッピングと言うファクターがあるので在れば、こうした心の声はまさに核心でもある訳ですね。

これを無駄として一喝してしまう人もいるかも知れませんが、無駄が無駄で終わる事は無く、無駄が心の充足を埋めてくれる事は精神衛生上理に適っています。

ともあれ、世の男性にとっては少々解り辛いポイントかも知れませんが、このブログをご覧になられている男性諸兄には、世の女性の心の声をしっかと認識しておいていただくのも良いかと思います(笑)


さて再び話は戻り、前述の様に二極化がどんなに進んでも、心呼ばれるアイテムがあります。
それは高価な物では勿体ない気持ちが先行し、チープな物では満足できない、そんなアイテム。

それは

「スウェット」


です。

実は当店にとってのスウェットの存在意義は二つあります。(二通り仕入れています)

一つはカジュアルでデイリーなジーニングの為のスウェット、もう一つはウールのボトムスやスカートなどと合わせて愉しみたいスウェットです。

今日、皆様にご紹介するのは後者の方。

ef8ebe37
それが躍進目覚ましいドメスティックブランド「RAWTUS」(ロゥタス)の新作スウェットです。

IMG_4732
元々特許を取得した鞣しのレザーをアイデンティティに持つRAWTUSにとって、カットソーやトップス、ボトムスの存在はあくまでも補完的な役割でも在ります。

しかし当店での取り扱いの中で、隠れた人気を誇っているのが、このブランドの補完アイテムと言うナンセンス。

それは、RAWTUSの世界観に通ずる多くを持ち合わせているからで在って、レザー同様完成度の高い物が多いからなのですね。

IMG_4733
数あるカットソーの中で、今日ピックアップするのは、このレタードのルーズフィットのスウェットです。

IMG_4735
このスウェットはドロップショルダーやワイドな身幅に対し、裾をシャツカットする事によって生まれる絶妙なバランスが魅力で、それらは着丈に対しても緻密に生かされています。

IMG_4737
パンツ、スカート、どんな物にも合わせ易いシャツカットの裾は前後アシンメトリーに仕上げられており、衿、袖、裾のリブパーツは、とてもしっかりとした肉厚で安心感のある物になっています。

IMG_4739
元々スウェットをニットの様に使う装いをお勧めして来た当店ですが、今回のスウェットはまさにそんな装いに相応しい様々なレイヤーが楽しめる一着ですね。

IMG_4740_1
ウールのボトムスと組み合わせパンプスからスニーカーまで、今日的な要素を多分に含むスタイルが楽しめる他、カラーバリエーションがRAWTUSの作り出すレザーにリンクしたペールトーン中心と言う事もあり、もれなくレザーとの相性も良く仕上がります。

d3a2b5c6
上質なレザー、そしてスウェットによるカジュアルダウンは、RAWTUSがフランスで人気が高いのも頷ける、まさに絶妙なチープアンドシック(実際にはハイクォリティですが)。

IMG_4765
RAWTUSのレザートレンチともバッチリ相性が良く、色の微妙な変化や素材の表情も、一際光る物に仕上がりますね。

IMG_4766
異質な物同士がシンクロすると、人の目には特別な存在に見えたりするものですが、レザーのトレンチとスウェットはまさにそんな存在なのかも知れませんね。

IMG_4738
他にも写真の様な穏やかで綺麗なライトベージュなど、どれも世界観に則した色合いが揃っています。
高価すぎてもチープ過ぎてもシックリ来ないスウェットは、RAWTUSの様に適度にバランスが揃ったものだけにフォーカスしたくなりますね。

たかがスウェット、されどスウェットです。
ジーンズ同様、当たり前のアイテムにこそ洒脱さを光らせる物が備わっていますね。
是非お試しを。

また前出の写真でも登場し、過去ログでも取り上げたVIGANOのBERLINO。
「意外なマルチ」としてお勧めした一本でしたが、スタッフも購入し、その整ったバランスに改めて感服しております。

bea11edd
身長差や体格差を差し引いても、誰もが素敵に穿けてしまうこの一本。
それは先日もお伝えさせて頂いたのですが、優れたバランスのもと生まれているもの。

IMG_4709
身長150㎝のスタッフが丈を詰めずに履いてもパンプスやブーツで少し余裕があるレングス。
逆に身長のある方にとっては踝丈の洗練されたレングスで楽しめたり、このパンツの持つ魅力は多岐にわたります。

IMG_4710
穿く人のしたいスタイルに合わせてレングスやサイズ選びをすると良いと思いますが、どのサイズでも変わらないのはウエストからヒップまでの緩やかな台形線。

この角度がウエストの痩身効果を生み、また腰幅から裾へとシャープに落ちるシルエットによって腰高効果も生みだします。

348793c3
パンプスやブーツ以外にもスニーカー(RAWTUSとの組み合わせでも触れていますが)での組み合わせにも、存分に威力を発揮してくれるこのパンツ。

実際、スタッフが購入後改めて感じたのは、柄を柄として感じさせない穏やかな色目と、写真では伝わり辛いのですが、動く度に見せる微光沢の表情は、このパンツのフレキシブルさと同時に、素材の品質を一目に伝える独特な魅力を持っている事。

緻密な計算のもと生まれるボトム専業ブランドが作り出す各ボトムスには、それ相応の時間と造詣が詰め込まれており、見るだけでは伝わる事の無い「本質的発見」があるに違い在りません。

今回のスウェットと共に是非とも試して頂きたいお勧めの一本です。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_7685
春の足音が聞こえて来たかと思われた矢先、冷たい空気に包まれ始まった今週。
今年の春はいつも以上に洋服の入れ替えをされているお客様が多い様子。

「一年間着なかった洋服は、きっとその後も着ないはず」、そう思いながら泣く泣く着なくなった洋服を処分する方が多い春になっています。

その日の気分によって洋服を楽しむ方が多いと思うのですが、毎日の装いに欠かせない物でもあり、尚且つリラックスできて、洒脱に見せてくれるアイテムが『スウェット』の存在。

今日は女性物のスウェットをピックアップして見ました。

IMG_7344
代表格とも言えるChampionのスウェットは、近年様々な形を展開シルエットており、一般的な定番的シルエットとは一味違うものも増えて来ました。

IMG_7345
このカレッジ風のレタードが施されたスウェットは、全体的にタップリとゆとりを持たせたオーバーサイズフィットで在りながら、着丈は長すぎず非常に使い易い一着。

IMG_7791
特に女性にとってのスウェットはニットやカットソーと同様、スカートとの相性も良く、スポーティーなトータルルックを作るのに最も簡単で、最も洒脱さを現してくれる一着です。

IMG_7790
胸にプリントの無いスウェットでは、少々物足りなさを感じるスウェットを使ったスタイルも、一たび加えるだけで、全体に色や味わいが生まれます。

IMG_7338
また同じChampionでも、このモデルの様に更に袖回りにボリュームを持たせ、恰も長く着続け、伸びきってしまったかの様な形を表現している物も在ります。

IMG_7339
このスウェットはインディゴ染料を使っている為、更に洗いを加える加工を施している為、今後着続けたり洗いを繰り返す事によって、更に味わいを深めてくれる一着。

IMG_7343_1
ボーイズともエックスボーイフレンド(※1)とも違う、独自のシルエットは、女性が身に着ける事を前提とした絶妙なバランスの元作られている事が直ぐに判ります。

IMG_7342
同じインディゴを使ったアイテムにはLEVI'SのBBキャップが在りますが、色のトーンが揃う事が余りない他ブランド同士ゆえ、こうした色の一致でリンクするのはとてもお勧め。

IMG_7343
このキャップもまた特許(110 FLEX FIT TECH®)を使ったキャップの為、色んな頭の形、頭周の人にも合わせ易いアジャスタブルな物になっています。

IMG_7382
BBキャップはカジュアルだけの物と思われがちですが、近年、コンフォートなセットアップ(ジャケットとパンツ)にも合わせるスタイルが増える等、キャップの存在も徐々に年代やカテゴリーの垣根を越えつつ在ります。

IMG_7378
今日ご紹介したアイテムは、どれも「当たり前」で「一般的」なアイテムばかりですが、こうした当たり前のアイテムを魅力的に見せられることが御洒落の腕の見せ所でもあり、「センス」でもあります。

これからの季節、出番が徐々に増えるであろうスウェットも、キャップも、是非これまでとは違った装いに取り入れて見ては如何でしょうか。


※1・・・エックスボーイフレンド(EX-BOYFRIEND)の語意は、アメリカのスラングから来ています。
EX(エックス)とは、『前の~』を指します。
つまり「EX-BOYFRIEND」は、『前の彼』と言う事になりますね。
英語のスラングは汚い言葉使いと勘違いされる方が多いと思いますが、日本人には無いウィットな表現が沢山在ります。
英語が苦手と言う方も、お子様に英語に興味を持たせようと言う方も、意外とこんな切り口から興味を持つのも悪くないかも知れませんね。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月7日(木)、14日(木)、20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_0205
夏を感じる一日も一休みと言わんばかり、久しぶりに"寒さ"を感じる程、夜の冷え込みが進んだ今日。
羽織物を探し、再び春の装いを取り出す朝を迎えた方が多いのでは無いでしょうか。

そんな一日も、今後は梅雨空と共に日ごと繰り返される毎日となりそうです。

IMG_7072
そんな寒さを覚える日にこそ、持っておきたい「ハイクォリティ」なスウェットシャツ。
仕事場への不向きはさておき、日ごと変わる寒さに、スウェットシャツはまさにピッタリの存在。

IMG_7075
既に皆さんご存知の通り、ROSSIGNOL Apparelは、メゾンブランドのCEOや素晴らしい経歴の持ち主たちを集め立ち上げられた、フランス最後の大物。
「スポーツ」をテーマの一つとして掲げられる事の多い、現代ファッションの中で、切り離せないファクターとなっている、テニスやゴルフ、スキーと言った、コンテンポラリー且つクラシックなスポーツファッションは、日常のスタイルに於いても、欠かせないスタイルアイテムとなりました。

IMG_7079
この春夏のROSSIGNOLのテーマにも、その中からテニスをフォーカスした物が多く存在しており、このスウェットシャツにも、凝ったディテールを持つ「不偏」で「高品質」が直ぐに解る様に作られています。

通常裏毛(裏地のループ状の毛足)を持つスウェットシャツに対し、このスウェットは裏表共にスムースなストレッチ素材を使用しており、伸縮性は勿論のこと、着心地の上でも艶やかさと滑らかさを持ち、非常に着心地と共にハリを生み出し、優れた一着に作られています。

IMG_7070
表面には、3Dに表現されたピンドット(ゴム質)の集合体によって、ROSSIGNOLのアイコンでもあるルースターを模っています。
まるでコットンのニットの様に使える、この質の高いスウェットシャツは、経年と共に味わいを楽しむと言うよりも、その質の高さを生かした贅沢でシンプルな使い方によって、その価値を高める様に思います。
このモデルはスウェットシャツの他にも、Tシャツがラインナップされておりますので、是非これからの季節、新たに加えて見て頂きたい一点です。

ROSS0000001
ROSSIGNOLが持つオールドスタイルを体現するには、現在40代~50代にとって懐かしさと共に古いアーカイブを楽しめるまたとない機会。
堂に入った着こなしで、若い子たちに差をつけて頂きたいと思います。

IMG_0204
そして季節の狭間になると、急に気になり始めるのがバッグの存在。
季節の変わり目に合わせ、バッグを着替えたいという方も多い5月、6月。

IMG_0203
ここに来て当店スタッフにとって急浮上(再浮上)しているORCIANIのSOFTシリーズによるトートバッグは、その収納力だけではなく、柔らかさと軽さ、そして何より雨天の撥水(使い始めは撥水します)性能によって、これからの季節に役立つ存在。

IMG_0197
このバッグは、男女共に使えるサイズの為、シェアしての利用が可能な他、ビジネスユースにもお勧めな一点。

IMG_0193
ベーシックでシンプルなバッグ(革)の主張し過ぎず、さり気ない魅力は、持つ人の形(なり)を表します。

IMG_0195
このバッグが持つ最大の魅力である、柔らかさから生まれる「革のドレープ」は、シルキーな艶やかさを持つ表面と、撓みが作る丸みによって、革その物が持つ「嘘のない」革質を確かめる事が出来ます。

IMG_0194
一枚革で作られているとは思えない程、裏側の処理も完璧な、このトートバッグ。
シーズン、スタイル、多くの出番を難なくこなしてくれるバッグは、男性、女性問わず、自ずと使い勝手を感じてしまうでしょう。
ORCIANIの定番的素材であるSOFT(或いはSOFT DOUBLE)は、是非一度試して頂きたい革質です。

IMG_0206
更に夏に焦点を合わせて検討するなら、ESSENTIEL Antwarpのトートバッグがお勧めです。

IMG_0207
表地に配されたノスタルジックなフラワープリント、裏地にはメタリックシルバーと、異なる色鮮やかな組み合わせと共に、全天候型に相応しいエコレザー(フェイクレザー)を使用し、雨、水、飛沫、そのどれもが敵いません。
特に水辺へ出かける機会の多い方にとっても、濡れた物を入れたり、或いはバッグが濡れてしまったりと言った心配に駆られる事無く、思う存分遊びに呆けられる、それほどの幸せを与えてくれるバッグです。

IMG_0210
そして、今日の様な天候に最適なレイヤード、CROSSLEYのレーサーバックのタンクトップと、スリットバックのニットプルオーバー。
暑くなればニットを脱いでタンクトップ姿になれば良いだけの、極々簡単なレイヤードですが、こうしてディテールの変化が背面に集中した、この2点の組み合わせは、組み合わせる事によって生きる好例。
普通のアイテム同士のレイヤードでは、こうも存在感は得られません。
日常だからこそ欲しい、ささやかなディテールへの拘り。

この組み合わせも、ニットのカラー4色、タンクトップのカラー3色の、それぞれ組み合わせの数だけ楽しめます。
本日ご紹介させて頂いた商品は、全てオンラインストアに掲載済みとなっておりますので、是非ご参考下さい。

また、本日より一部の新作についてお値引きを実施させて頂き、夏本番前のPRE SALEを開催中です。
(オンラインストア並行実施中)
是非こちらも合わせてご利用下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日は非常に不規則となります為、BLOG或いはOnline Storeトップページにてご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
IL MARE 6月22日(木)
La Spiaggia (La Spiaggiaは、IL MAREのサテライトスペース兼オフィスとなりました)
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2017/6/2
---2017年春夏物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1521772&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n

---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---ギフト向商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=297854&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo_1001
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
TEL:026-219-3750
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

LaSpiaggia_Pre_Logo0001
■La Spiaggia■
長野県長野市南千歳1-3-3-1F-B
TEL:026-219-4447
Blog:
http://laspiaggia.blog.jp/

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ