IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ジーンズ

IMG_6645_1
あっという間に1月が過ぎ、暦は2月へと変わりつつあります。

しかしこれからが一年のうちで最も寒さを帯びる季節。
心の中では春が待ち遠しくも、身体はヤハリ正直です。
寒さに凍えながらの毎日には、ちょっぴりアイディアが必要な季節にもなりますね。

今日は当店スタッフが着用し続け、最も重宝し、更にこれからの季節にとってもメリットの多い一着を取り上げてみました。(メンズ)

IMG_5210
その一着とは、ずばり『GUY ROVER』のシャツジャケット。

実はこのシャツジャケットを取り上げるのは二度目になるのですが、やはりと言うか、これが一番使えると言うか、1月から3月までのこの中途半端な季節には最も心強い一着二なると言うのが実感です。

74637AB7-4513-4C25-8ECA-1126EA3469F8
今日の様な寒い一日はインナーにタートルネックなどニットをレイヤーすると、このジャケットが持つハリのある厚い生地と薄いパッディングのお陰もあり、とても暖かく過ごす事が出来ます。

全体をふっくらさせる事無く自然なシルエットを作り出すのは、カミチェリア出自ゆえの得意とする所でしょうか。

IMG_5211
元々ジャケット前提の作りの為、裏地も備え、ポケットは表地に上下合わせて4か所と、裏地に1か所。

IMG_5212
スカーフを忍ばせ衿元に巻く為の備えを得るのも良し、モバイルを収めるのも良し、ちいさな事ですが、シャツメーカーがこうした小さなディテールに気を配るのは、意外といえば意外かも知れません。
(多くの場合、コスト面から排除されそうですから・・・)

IMG_5215
基本的にはインナーはTシャツからニットまで、どんな物でも合わせ易く、またシャツ地そのものにシッカリとしたハリの在る物を採用している為、形を崩すような心配が在りません。

IMG_5216
ダウンベストなどと同じく、中間に合わせる為のミドルアウターとしての役割を担う冬は、コートを合わせても何の違和感もなくスタイル出来ます。

F76
職場の事情さえ許せば、テーラード以外で最も簡単で、最もラクチンなジャケットと言えるかも知れません。

IMG_5213
季節が進み始めたら、インナーをスウェットやカットソーに変えて行くだけで、季節の変遷にもついて行けます。

IMG_5214
こうしてインナーを変えて行くと改めて気付かされる、素材の『ハリ』。
とてもコシが在り、しっかりと形を整えてくれる素材は、インナーがどんなものでも見栄えに干渉する事が無く、柔らかさを売り物にするシャツジャケットとは相反する位置に在るかも知れません。

しかしスウェットやカットソーがどんな物でも、きちんと見えてしまう、そんなボリューム感を与えてくれるのも、このシャツ地の恩恵の一つです。

シャツジャケットの様に、多くのブランドが輩出するアイテムの場合、意外とある落とし穴が、インナーや組み合わせる物次第で

途端にチープに見えてしまう事

なのです。

それらを無縁に感じさせてくれるこの素材は、まさにこのジャケットの為の生地と言えると思います。

145982041_o10
以前もお伝えさせて頂いたように、この素材が持つ魅力は実際身に着けると、より確かな実感へと変わります。

145982041_o7
またウールのトラウザーズなどとの組み合わせにも難なくシンクロするフレキシブルさは、これもまた単なるカジュアルなアイテムとして片づけられない魅力を持っています。

IMG_5217
今、当店ではリジッド(洗いの無い生デニム)や、リンス(ワンウォッシュ)のジーンズとの「ワントーン」をお勧めしています。

統一感が作り易く、また色のイメージからクリーンさとシャープな印象を与えてくれる組み合わせです。

IMG_5219
そんなシンプルな装いに何か一つ加えたいと言う方には、色や柄のあるホーズ(ソックス)がお勧め。

IMG_5218
やり過ぎを作らない為にも、ワントーンの中にホーズだけで色や挿しを取り入れる事が全体のイメージを変えずに済みます。

実は近頃、男性の足元事情の中に色付きのソックスやホワイトのソックスを積極的に取り入れる傾向が増えていますが、我々年代にとって冷や汗をかく様な装いはナンセンスです。

節度を越えない程度に愉しんでおくことも歳を重ねながら培う嗜みの一つと言えましょう。

こうして今日も再びGUY ROVERのシャツジャケットをリコメンドしておりますが、真冬から春の始まりを迎えるまでには、数字的な日数よりも長く感じるのが「この季節」です。

寒さを乗り越える2月、春を仄めかしたくなる3月

いつも季節の変わり目にはアイディアとセンスがスタイルの心強い味方となります。

これから始まる1年で最も寒いと言われる2月を機に是非このGUY ROVERのシャツジャケットを試して頂きたいと思います。
(※素材違い在り)

きっと目から鱗が剥がれます・・・。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_4461
陽が短くなり夕方を迎えた途端、夜闇が足早にやって来る冬。
この寒い冬の日、それもひと時の短い時間しか味わえないのが、冬独特の夕焼け。

寒い日は空気が澄んでいる為、太陽の光もそのまま美しい色を空に投影します。
その時間、約30分も無いでしょうか。

今なら16時半頃から17時頃までの短い間に空を見上げると、他の季節では見る事の無い美しく澄んだ夕焼けが見えます。
皆様もお仕事の手を休めて、ひと時の美しさを味わってみてはいかがでしょう。

さて、この季節にとって最もマンネリ感を感じる事が多い狭間の季節は、最もニットのバリエーションが役立ってくれる季節でもあります。

コートやダウンは決まったもの、でも内側に着る物には色や素材や、組み合わせや、様々な楽しみが得られなければ、冬の装いは楽しく過ごせません。

そこで今日取り上げたのはニット、ではなく、衿元に一手間掛ける事。
つまりマフラーやスカーフ等のネックウェアです。

ベーシック主体の装いが多い人にとって最も簡単且つ最も季節感、ボリューム感を作れるマフラーやストール、スカーフ等の存在は、欠かせない重要なファクター。

それゆえ、不思議とシンプルな装いが多い人ほどネックウェアのバリエーションが豊富なのも頷けます。

しかしそこには柄や色のバリエーションを持つ人は少なく、今日はそんなシンプルな装いにこそ効果大の「色のリンク」を楽しめるネックウェアを取り上げました。

IMG_4484
誰もが持っていて、誰もが組み合わせの想像をし易い、ホワイトのニットやジーンズ。
加えてネイビーのパンプスを合わせるところまではシンプルな装い作りにとっては定石。

そこに敢えて同系色であるライトブルーを基調にしたチェックのマフラーを加えると、上品且つベーシックが強調される爽やかな組み合わせが生まれます。
(マフラーはErfurt)

IMG_4485
肝はジーンズの色、パンプスの色、そしてマフラーの色に統一感があり、そのどれもが色の濃さが異なる事。
更にマフラーに適当な太さ(ボリューム)がある事が前提です。
そしてカットソーやハイゲージではなくミドルゲージなどのニットである事も重要です。
ボリューム感はバランス良く合わせて、初めて活きて来ます。

IMG_4486
同じ色のニットとジーンズを使いマフラーの色を変えても、パンプスの色にリンクすると、更にそれぞれが活きて来ます。

IMG_4487
毎日の事だからこそ、小さな変化を加え、そこには緻密に計算された「色」が在る事がとても重要。
さり気なさをカッコよさに変えるには、「何気なく着て来ました感」を出しながら、緻密な色のチョイスがある事を悟られない事です。

IMG_4488
ニットの色を変えても、日常のシンプルな装いの中で色の選択を楽しむと日々の小さな楽しみにも変わりそうです。
たった二つのアイテムに色をシンクロさせる、その一手間だけで十分日々の装いが変わります。

IMG_4489
男性も女性も同じ部分を見落としがちですが、シンプルな装いにはこうした小さなポイントに大きな変化が隠れていたりするものです。

「あの人の服装はシンプルなのに何か違って見える」

そんな事を思った事が在る方は、改めてこうした小さなポイントを見返してみると良いかも知れません。
きっと同じ様に感じさせる機会が増えるかも知れませんね。

IMG_4490
他にも似た色を探す事が難しい大判のスカーフの様な場合には、ニットと似た色合いをパンプスに選んだり、或いはニットにボーイズニット(男性用のニットの最小サイズ)を取り入れたりすることで、全体にボリューム感と色の自然な迫力を持つ事が出来ます。

IMG_4491
特にこの写真で使用している山吹色の様な絶妙な色は、何か他のアイテムとの色のリンクを探す事が難しい色でもあります。
そんな時はイメージした同系色を見つけたら、「即買」です。

色の出会い、柄の出会い、果ては素材の出会いなど、お買い物に常に付きまとう『出会い』の瞬間は、いつも突然やって来ます。

シンプルで身近な装いは、想像以上に緻密に色を選んだり、考えた組み合わせだったりすると、確実に装い全体に顕れます。

是非皆様も日常の装いを昇華するネックウェア、そして色のリンクを楽しむ毎日を、この冬に試してみて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_2792
ここ数日ミストの様な雨空が続いたり、小雨空に見舞われる事が増えている9月中旬。
少しの雨が空気を途端に冷やして、街中は少し肌寒さを帯びるようになりました。

徐々に秋の序章を感じる今週は、一気に秋冬支度が進みそうですね。

店頭は日に日に秋冬物が充実し始め、今日も一部のブランドから新作が到着するなど、多くの方々にとって悩ましい日々が続いています。

immagini74-1
そんな新作入荷の中、今日はメンズのとあるアイテムにフォーカスしてみました。

世界中の人誰もが口にする名詞『ジーンズ』
この語源をご存じの方は恐らくあまりいないのでは無いでしょうか。

ジーンズの語源は、その生地に端を発します。

実はこの生地は、その昔、北イタリアで生産され、ジェノヴァ港(GENOVA)から世界に輸出されていました。
その際、荷物の札には出航地である『GENOVA』(ジェノヴァ)を、フランス語で『Genes』と記していたため、それらを英語読みされ、やがて『Jeans』と呼ばれるようになったと言われています。


そして、その名を冠した古いジーンズブランドが在ります。

それが今回入荷した『TELA GENOVA』(テラ・ジェノバ)です。

IMG_4244
このブランドは古くからジーンズを作り続け、その拘りは製品を見る事で直ぐに伝わって来ます。

拘りを極めるが余り、近年では日本のデニム生地メーカーであるKUROKIの生地も採用するなど(日本のデニム生地は世界で認められる優れた生地です)、一つのジーンズを作り上げる為に費やされる探求心は、群を抜いています。

IMG_4245
数あるTELA GENOVAのラインナップ中で、当店が今回選んだモデルが、レギュラーフィットのストレートモデル。

4FCD35DC-CEE1-45CF-BD63-AA7C7959124C
多くのジーンズの参考になっているリーバイスの501などに比べ、スッキリとしたストレートシルエットが魅力の一つとなっているこのモデル。

無駄のないジーンズにとって、生命線となるのが生地やディテール、そして細部のパーツなどです。

IMG_4246
今回のモデルではKUROKI製のセルビッジデニムを使用し、予めターンナップされた状態で製品化されています。

IMG_4248
優れた高品質のデニム生地に、TELA GENOVAの卓越した技術を用いて作られた色落ちや味だしの加工は、他ブランドと似て非なる、まさに拘りが形となり、表情となっている事が直ぐに伝わります。

IMG_4252
色落ちの風合いはまさに絶妙で、その加工に対しリベットやドーナツボタン等のクォリティはTELA GENOVAの高い技術力と拘りの大きさが窺い知れる部分でも在ります。

IMG_4250
また今回のモデルではブレイシーズ(サスペンダー)を付けられるボタンが備わっており、これもまた古き時代のアメリカンジーンズへのオマージュを表現した物と受け取る事が出来ます。
(勿論実際に着ける事も出来ます)

近年、ジーンズの多様化、細分化は進む一方ですが、ことストレートジーンズに関して言えば、王道ブランド数社の名モデルが頭を過るくらいでした。

そこに新たに加わろうとしているのがTELA GENOVA。

ジーンズ好きを公言される方も納得されるであろう、各部への拘りは、一目見てそれと伝わるほど、このジーンズの魅力を大きなオーラに変えてしまいそうです。

季節を通じて最も出番が多いアイテムでもあるジーンズ。

是非今年の秋はTELA GENOVAのジーンズで、新たなジーンズの魅力を体感してみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月19日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2005
先週末から涼しい一日のスタートとなり、今日も街中は陽射しの強さに反して心地良いそよ風に包まれています。
とても過ごし易い日が続くと、何故か食にも欲が出て来ます。
季節の変わり目は何かと欲が深まるものですね。

さて、先週から新作が徐々に到着し、週末は「今すぐ使いたい」と思うものを中心にご紹介してまいりましたが、今日も引き続き『今から使える』ものをチョイスしてみました。

先週末はシューズやバッグ中心のご案内でしたが、今日は洋服です。

一年を通してジーンズを穿く機会が多いと言う方もいらっしゃると思いますが、とかく季節の変わり目には、楽で簡単な装いに傾倒しがち。

つまり「楽してもそれなりに見える装い」が求められる訳ですが、その中でもジーンズは筆頭格。
誰もが1着はお持ちで、その1着を日ごと異なる装いに見せたいと言う方も居れば、ジーンズの装いを更に魅力的にしたいと言う方も多いはず。

そんな方にお勧めしたいのがフランスのリアルクローズとも言えるSUNCOO paris(サンクー)のブラウスたちです。

元々フランスと言うお国柄(語弊がありますが)、レーヨンやポリエステルなど、化繊を使った「しなやか」で「女性らしい」シルエットを生む生地の使い方に長けており、それらはフランス人女性たちの日常に、女性らしい魅力を与え続けています。

そこで今回SUNCOOから届いた新作の中から『ジーンズと相性の良いブラウス』を幾つかピックアップしてみました。

IMG_2114
一つ目は化繊ではなくコットンを使ったラッフルカラー(衿)のブラウス。
(最初から裏切る素材で申し訳ございません)

IMG_2117
このブラウスはクラシカルな立ち襟のヘムにラッフルを与え、たっぷりとした身頃や袖筒は女性らしいシルエットを生み出す格好のディテールを用いています。

そのクラシカルな印象を変えてくれるのが生地に用いたシルバーの糸を散りばめた事によるシャープな印象。

IMG_2366
これによってクラシックを纏った単なるコットンのブラウスが、現代的な華やかさへとアップデイト。
勿論、ジーンズとの相性は言うまでも無く、ジーンズの他にもタイトスカートやフレアスカート、更にはジャケット等とのレイヤーにも適しているなど、意外とフレキシブルなブラウスに仕上がっています。

IMG_2367
ジーンズ中心のスタイルには足元の存在感は不可欠。
シンプルになればなるほど、一つ一つのパーツに求められる存在は大きくなりますが、この組み合わせではストライプの爽やかさを崩さない様、ライトベージュで穏やかに組み合わせています。

IMG_2123
そしてこちらのブラウス。
一見すると前出のブラウスに酷似したデザインですが、実際にはラッフルを与えた衿型の他にも、ポケットやプルオーバーに仕上げるなどの他、たっぷりと取られた身頃に対し、袖は華奢さを訴えるなど、似て非なるディテールになっています。

IMG_2124
また生地には、先日のパンプスと同じ様に、アニマルパターンが苦手な方にこそ取り入れて頂きたい、同色のレオパードパターンが施されており(この写真は敢えてパターンが解り易く撮影しています)、ミッドナイトブルーの生地に同一色のパターンは、良く見なければそれがパターンとは気づかない程です。

IMG_2368
通常、ミッドナイトブルー一色のソリッドなブラウスをジーンズと合わせた場合、どこか物足りなさを覚える組み合わせになってしまいますが、こうしてパターンが有ると無いとでは、見た目の印象も大きく変わります。

更にこのブラウスは、女性的な印象の中にも、ポケットを設けたり、プルオーバーに仕上げる事によって、単なる女性ぽさを抜け出し、聊かカジュアルダウンがし易い様なディテールを与えた事によって、よりこのブラウスとジーンズとの相性が良く感じられます。

IMG_2369
復権しているアニマルモチーフも、『選び方』、『組み合わせ次第』で如何様にも変わる今回の秋冬。
普段苦手としている方が多ければ多い程、苦手意識を取り除くアイテムが多いシーズンにもなっています。

IMG_2131
そしてこちらのブラウスは、見て直ぐに『使えそう』と思わざるを得ない、キーネックとベルスリーブの袖を持った一着ですが、このブラウスもまた、フェミニンさだけが独り歩きしないよう、同一色でのパターンが施されています。

IMG_2134
近付かなくては全く解らない程微細で極微なドットの様なラインが無数に散らばっています。

IMG_2364
ディテールそのものは非常に女性的で、ベルスリーブのボリュームをカフ(袖先)で一気にまとめ、それらから生まれる沢山のギャザーが女性らしく、フェミニンな印象を表現し、それらの勢いを殺すかのような同一色のパターン、そしてベースカラーのブラックが、ジーンズとの好相性を約束してくれます。

IMG_2365
勿論ジーンズ以外でのユーティリティも抜群で、どんな装いにも女性らしさ、華やかさを与えてくれるこのブラウスは、まさにフランスらしさと言うべき、『女性の魅せ方』を知っているお国柄を窺えます。

IMG_2370
その他にも、レーシーなパール編み模様を使ったブラウスなど、ジーンズを中心にオシャレを楽しむ方にとっては、幾つも手に入れたくなるブラウスが沢山揃っています。

IMG_2371
同じブラウス、同じジーンズでも、シューズのバリエーションで数通りもの魅せ方を演じてくれる今秋の新作。

季節の始まりには、とかく迷いが生じるものですが、これまでの装いでは満足出来ないと言う方も、ジーンズが多くを占めると言う方も、この秋の新作は心動かす物が沢山揃っています。

そして最後にお勧めしたいブラウスをもう一点。

IMG_2127
マルチパターンのストライプを使ったバンドカラーの一着です。

IMG_2129
このブラウスもまたフレンチエッセンスが生きており、ブラックを中心とした様々なカラーのストライプによって、一着の落ち着き在るブラウスが"想像以上"にフレキシブルなブラウスになるのです。

IMG_2373
ブラックを合わせてしまえば、単なるストライプのブラウスで終わってしまいますが、このブラウス、実は異なる柄やチェックとの相性も抜群に良いのです。

皆さんの中に「柄と柄」を合わせる事に抵抗がある方、或いは「柄をどう組み合わせて良いのか解らない」と言う方がいらっしゃったとしたら、このストライプは、そんな方のイメージを大きく変えてくれる物になるかも知れません。

IMG_2372
また組み合わせで使っているテーラードジャケットも同じくSUNCOOの物ですが、このジャケットは当店が古くから提案している「身体のラインに沿ったジャケット」ではなく、敢えて『身体を泳がせて使うジャケット』。

オーバーサイズフィットと言っても、そこにあるのは単なる大きなジャケットと言ったイメージ先行が強いと思いますが、このジャケットは肩幅に対して身頃や着丈だけを泳がせる事が出来ます。

まるでシャツかカーディガンを羽織る様に、軽い気持ちで羽織る事が出来るこの手のジャケットは、女性のジーンズスタイルには不可欠な要素にもなりつつ在りますね。

こうして日常的に使われる機会が多いジーンズスタイルも、

一つ一つのアイテムが持つ理由

を深堀していくと、それらとの簡単な組み合わせだけで、日常が変わって行くのです。

先週のシューズ、バッグに続き、是非今週はブラウスも、この秋の選択肢の一つに加えてみては如何でしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月、9月の店休予定日】
8月29日、9月5日、12日、19日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7838
先日届いた一通のハガキ。
イタリア、フィレンツェから送られたエアメールは、いつも仲良くして頂いている取引先担当者からの物でした。

IMG_7839
いつも電話やメールでのやり取りがある彼からのハガキは、彼の心遣いが込められた「気持ち」の表れ。

「いつもやり取りをしているのですが、何となく送りたくなりまして」

と、優しさの伝わる言葉を紡ぎながら、イタリア出張に向かう度、当店に送って下さいます。

全てが電子化された現代、こうした心温まる厚意は人の心を心地よくしてくれますね。

さて、涼しさが日本全国を包む異例の夏を迎えている今年。
もう1週間ほどはこの気候が続きそうですが、急激に暑さに見舞われると体調を崩しかねません。

昨日から突入したクリアランスセール第二弾で、より過ごし易い夏のアイテムをご入手頂き、今後の対策にご利用頂ければと思います。

そして、今日は新作が入荷しています。

IMG_8680
ACNEのボトムスも手掛けるブランドHAIKUREの数あるラインナップの中でも、その履き心地とシルエットの美しさ、更に補正性も期待できる特殊なストレッチ性を持っている定番型VICTORIA。

過去にも幾度と無くオーダーしているものの、その何れもが入荷と共に姿を消している人気のジーンズです。

IMG_8681_1
HAIKUREだけではなく、多くのジーンズブランドが、同じモデル、同じ仕様でも、常に細かな変更を加え、アップデイトを行っているのですが、HAIKUREのジーンズも同様に、細部に様々な変更点が在ります。

然しながら、何より抜きん出ているのは、その『素材』から得られる独特の履き心地で、平置き時にはとてもコンパクトに見えるこのジーンズも、実際足を入れて穿き続けると、あっという間に体に馴染んでしまう(とにかく優れた伸縮性を持っています)特徴を持っています。

IMG_8689
いつの時代も、いつの季節も、必ずと言って良い程出番を迎えるリンスカラー(ワンウォッシュ)は、このVICTORIAのようにスリムで綺麗なシルエットにこそ、その魅力をより確かな物にしてくれます。

クリーンな装いも、デイリーカジュアルな装いも、ブラックのジーンズ同様、優れた利便性を発揮してくれる一本です。

IMG_8688
今回は最小サイズ24インチから28インチまでをご用意し、これまで試された事の無い方、或いは既にお持ちの方にとってもリピートの一本として、お勧めさせて頂いています。

コットン100%のリジッドは「色は良いのだけれど、履き心地が・・・」と言う方や、「ジャケットを着ても、Tシャツを着ても素敵に見えるジーンズが欲しい」と言う方、他にも様々なスタイルへの要望があると思いますが、恐らくその大半を満足させてくれるジーンズになります。

是非今回(秋の立ち上がりとしての入荷になります)の入荷をお見逃しなくご利用下さい。

今すぐ買いたい!と言う方はコチラから


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月11日、18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ