IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:シュナイダー

IMG_8332
今日、日曜日は生憎の小雨空で始まりました。
どこか降る雨も春を超える穏やかさを感じる”暖かい雨”に感じられます。
徐々に春も半ばに、そして初夏に向けて緑が青々と茂る季節へと向かい始めていますね。

今日の様な中途半端な空模様には、装いに困ってしまいがち。
涼しくもあり、かと言って屋内や車内は暑くもあり、そんな上下動する春の気候には軽くて薄く、そして実用的なアウターが欠かせません。

そんな都合の良い物、、、

あるんです、、、Schneider'sに。

BFAB6F99-59D0-480C-94D6-2448C9EC2320
Schneider'sの春夏アウターは、秋冬に比べ(秋冬でも他ブランドに比べてクォリティが高く価格も低い)グッと身近な価格になることは、当店のお客様方にとっては既知。

軽く、柔らかく、レディライクで、雨風を寄せ付けない、そんな実用性もバッチリなコートが今日ご紹介するトレンチです。

IMG_4255_PhotoRoom_20210316_125241
フランスのBCBGにも必須と記されるオーストリアの老舗にして王室御用達、そして社交界では”コットンのコート”でも失礼に当たらないとされている唯一のコートであるSchneider's。

その格式高い古豪ブランドが作り出すコートは「然も硬いイメージのものなんでしょう・・・」と想像されている方、それは間違いです。

実はSchneider'sは毎シーズン数十、百数十に上るラインナップを有しており、それらから日本の代理店が抽出しているのですが(※これについては面白い逸話がありますので是非続きは店頭で)、中にはクラシックを貫くモデルもあれば、先鋭的なディテールを持つ物もあります。

比較的当店では春夏のラインナップに後者に近いモデルをオーダーする事が多いのですが、今日ご紹介するトレンチは、”見た目はクラシカル、でも中身はテクニック満載”と言う相反する一作なのです。

IMG_4258_PhotoRoom_20210316_131605
主な仕様として、一般的なトレンチと違う点が幾つかあり、それは肩のエポーレットの有無や、ベルトのバックルの有無がありますが、これはトレンチコートのディテールから現代的なディテールとして不要な部分を省いた、ミニマルなトレンチとでも言うべき、価値ある一着。

IMG_4267_PhotoRoom_20210316_131731
袖裏以外の全てにライニングを排し、軽さと気軽さを齎し、使用する素材には”撥水加工”を施したコットンを採用しています。

IMG_4260
またボタンにはSchneider'sの魅力の一つであるコイン型メダルをスナップ式で採用。
この穏やかに輝くゴールドが全体に上品さと上質さをより感じさせる存在でもあります。

IMG_4264_PhotoRoom_20210316_131708
袖のストラップも一般的なベルト式では絞るのに苦労するものですが、このトレンチでは同じくスナップ式によって袖口を素早く、そして簡単に仕上げる事が出来ます。

IMG_4261
撥水されたファブリックが活きる、このアンブレラヨークは、むしろミニマルデザインでも欠かしてはならないディテール。

雨滴はこのヨークを伝って下へと落ちて行くのですね。

IMG_4262
とにかく袖を通してみると解る、その在り得ない程の軽さ。
そして堅苦しさを感じさせない生地の柔らかさは、このコートの最たる魅力でもあり、またSchneider'sの技術の高さを知らしめるところでもあります。

それでいて衿腰はしっかりと在り、ステッチにより衿腰のハリや高さ、立体感を維持します。
勿論、補強の為でも在ります。

IMG_4263_PhotoRoom_20210316_131647
そしてSchneider'sのコート全般に共通している嬉しいディテールが、このベルトステイのパーツ。

Schneider01
ベルトループに留める為のストラップパーツが設けられる事により、うっかりベルトだけを落としてしまったり、コートとバラバラになったりする事がありません。

IMG_4257
常に結んでいる訳では無いのがコートなので、このディテールは実際に使ってみると、その在り難さを大きく感じられます。(当店スタッフもこのディテールにはとても助けられています)

Schneider02
カジュアルなジャケット(フィールドジャケットやミリタリー等)ではマッチしないスタイルも、このトレンチならば、お仕事から週末のお出かけまで、常にオンオフ使えるフレキシビリティが在ります。

ミニマリズムの捉え方は、その人のライフスタイルによっても変わりますが、とかく複数のアウターを必要としないと言う方や、春夏にアウターを着る機会が少ないと言う方にとっては、きっとヘビーローテーション入り間違いなしのコートになりそうです。

IMG_4268
Schneider'sを知らないアジア人にとって、アウターとは?コートとは?と言う愚問は不要でしょう。
然しながら、私達日本人にとって、四季のある季節、それも寒暖差の激しい春から初夏にかけては、インナーを薄くするか厚くするかの選択肢しかなかったように思えます。

勿論このコートもインナーを変えるだけでしのげるものですが、コートのインナーにTEEシャツを着てサマになるコートが、世の中にどれだけ在るでしょうか?

よ~く考えてみると、意外なメリットが沢山あるのが今回のコートです。

605668CE-D01F-4DF8-9046-52EC239A486E_PhotoRoom_20210324_225238
軽さ、薄さだけでは無く、そこには歴史と誕生に裏付けられた様々な造詣が込められています。

Schneider'sを知らない方も、ご存じの方も、今回のトレンチは再び目から鱗を落としてくれる至極の一着になると思います。

是非この春のパートナーとしてSchneider'sのトレンチを一度試してみて下さい。
きっと、その魅力が伝わるはずです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_8329
ポカポカとした穏やかな陽射しが射しこむ木曜日。
夕方になればあっという間に寒さを感じますが、少しずつ日中の暖かさを感じる事が出来るようになってきました。

肌寒さを感じる今の季節に最も重宝する物と言えば、軽く羽織れるナイロン系アウター。

寒ければ内側にダウンベストやニットを重ね、暑ければ中はTEEシャツで居られる、勿論真夏には脱いで腰でも首でも巻いておく事が出来る、そんな存在が最も重宝します。

そんな便利な一着がSchneider'sの新作として入荷。

IMG_4243_PhotoRoom_20210316_131801
これまで多くのブランドのアウターを皆さんにご紹介して来た当店にとって、その存在価値と価格の(良い意味での)アンバランスが在ると言えば、やっぱりSchneider's。

特に冬の高品質な物から想像される良心的で安定した価格は、”モノを知る人”にこそお得に映る物でしたが、Schneider'sは春夏になると、更にそれらを加速するのだから不思議です。

IMG_4395_PhotoRoom_20210317_192436
今回当店がオーダーしているジャケットは、Water Repellent、つまり撥水性の在るファブリックを使用しているもので、カラーは当店拘りの”Lobster”(ロブスター)🦞カラー。

赤でもなく、オレンジでもなく、その中庸な色合いは、出会いこそ全て。
中々出会える色ではない事は皆様もご存じの通り。

IMG_4245_PhotoRoom_20210316_131834
今回オーダーしているジャケットは、フーディータイプのダブルジップタイプ。
最も利用価値が高く、どんな装いにも合わせ易いディテールに加え、着丈が僅かに長目に(それほど長い訳ではありませんが、他社のこの手のタイプに比べて長目と言う程度)設定されている為、女性にとって気になる腰回りや尻部を綺麗に見せてくれる着丈になっています。

IMG_4246
またSchneider'sの魅力の一つであるファスナーやスライダー、その他の金属製部品に使われる、高級感と上品さに富んだパーツは、このジャケットにも採用されています。

IMG_4251_PhotoRoom_20210316_132352
以前入荷した際にもお伝えしたように、Schneider'sの素晴らしいところは、”当たり前で在って欲しい事を当たり前に行う”と言うところ。

「こうあって欲しい」とか「こうなっていたら良いのに」と言う、痒い所に手が届く配慮を、初めから備えていることが、最も優れている所。

IMG_4250
またSchneider'sの新作が入荷する度、お伝えしているのが”素材に妥協を見せない”のに”価格に反映されづらい”と言う、非常に良心的且つ、老舗らしい創造。

北欧ブランドの様に、当たり前の物を、当たり前の高品質で作り、市場に適正に卸される、その実に真摯な考え方や社風がSchneider'sには、しっかりと根付いているのですね。

IMG_4248
今回の新作は、当店が皆様にお勧めする二つの理由があり、一つは前述の様な”物作り”。

そしてもう一つが、この得も言われぬ特別な”色合い”です。

IMG_4252
形やディテールに四の五の言う程、デザインコンシャスでは無い、そのシンプルで高い品質を維持したジャケットだからこそ、このロブスターカラーが生かされているのです。

そしてライニングカラーに上品なサンドベージュをあしらい、表裏の色のコントラストを大人のラグジュアリーとして、またリゾートや海辺、クルーズ感すら感じさせる上品で上質なジャケットの存在意義を、作りと色から表現しているものです。

意外なほど、どんな色とも組み合わせがし易く、またこの色の(赤でもなくオレンジでもない)特別な趣が、きっと袖を通した瞬間に心を揺さぶるものになるでしょう。

これから春夏のジャケットを探そうと言う方は、是非オーストリアの老舗にして王室御用達、Schneider'sの一着をお試しになってみて下さい。

IMG_5766_PhotoRoom_20210317_191957
今季は他にもロブスターカラーやオリーブ、ゴールド、ブロンズ、と春夏のアースな色合いが沢山揃っています。

今年の夏はいつもと違う色合いで迎えて見ませんか?

IMG_5766_PhotoRoom_20210317_191754
Would you like to explorer fashion with the theme of jungle and safari?
(ジャングルとサファリをテーマにファッションの探検をしてみませんか?)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

PhotoRoom_20201110_191028_1
(写真着用商品:トラウザーズ/INCOTEX)

秋から冬への移ろいを感じさせる今週。
少しずつ風は冷たく冬の寒さを帯びて来ましたね。

レイヤードを愉しんだり、色々な御洒落を考えたり、そんな何気ない時間が楽しいと感じられる季節でもある秋冬。

ただ寒いだけは終わらせず、少し愉しみを含んだ季節の始まりにしたいですね。

今日は楽しい季節にしてくれる暖かく、心地良く、そして気分を上げてくれる新作をご紹介させて頂こうと思います。

それが先日ご紹介させて頂いたSCHNEIDERSのダウンジャケットたちです。

PhotoRoom_20201106_154747
好きか嫌いかがハッキリと分かれるプリントダウン。
どちらかと言うとシンプルカラーが好まれるダウンジャケットですが、とかくシンプルカラーの場合、インナーに色を着たり、アクセントを考えたりする事が増えるのですが、アウターに存在感が在る物の場合には、それらが不要になり、より一層御洒落を考えるのがラクになります。

PhotoRoom_20201106_154623
このジャケットはまるでシルクのスカーフの様に美しく色鮮やかなペイズリーをプリントしたアウトシェルが魅力なのですが、ネイビーベースに落ち着きとアクセントカラーとが共存した実に優雅でラグジュアリーを感じさせる一着。

全体にボリュームを持つ事もなく、比較的スッキリした仕上がりになっているのですが、何より美しい生地と共に光るのが、SCHNEIDERSが採用する金属製のメダル風ボタン。

PhotoRoom_20201106_154611
袖は切羽の様に開かれ、スナップにはゴールドの輝くメダルタイプのボタンが付けられています。
春のコートにも使われていたこのゴールドのボタン、とても上品で上質な雰囲気を作り上げてくれる大切な脇役。

PhotoRoom_20201106_154701
ベースカラーのネイビーとコントラストも抜群で、メゾンブランドの様な存在価値を作りだしてくれます。

柔らかく、マットな色出しがより上品さを増しているのですが、SCHNEIDERSの魅力は

当たり前の事を当たり前にする

ことで、そこに何の衒いもなく、SCHNEIDERSが上質な素材を使う事は”周知”と言わんばかりの存在意義を、ブランドそのもののアイデンティティが謳っている為、他ブランドのように「〇〇を使用しているから上質です」などと触込むことが在りません。

そう、SCHNEIDERSが常に上質な生地を使用し、職人の手を使って上品に作り上げる事は当然の仕事なのです。

それが日常のブランドなのですね。

PhotoRoom_20201106_154538
中綿には東欧産の高品質なダウンを使用しパッディングされ、暖かさや通気性なども加味された実用性と美しさを常に両立しています。
そこにも蛇足な説明は不要、それこそがSCHNEIDERSです。

またこのジャケットはリバーシブルに仕上げられている為、裏面の赤銅色も実に上品で落ち着いた色合いを放っています。

PhotoRoom_20201106_154600
このコントラストカラーのお陰で、袖や衿、更には前部から反対の色や柄が見えた時のハッとする様なアクセントが効いています。

好き嫌いは別として、SCHNEIDERSのコートやジャケットは、小娘には中々理解の届かない雲上殿に位置する、まさに大人の女性の為のアウターでもあります。

美しさや上品さがどこに顕れているのか、或いは上品さを纏う女性として、或る程度歳を重ねる事が大切である事も教えてくれる存在です。

このダウンジャケットもまた、ジーンズからドレスまで、様々な装いに合わせたくなるラグジュアリー感あふれる一着です。

PhotoRoom_20201106_155007
もう一つお勧めしておきたいのがこのダウンジャケット。

一目見ただけでは、その全てが伝わり辛い、良くも悪くも落ち着きと穏やかさを雰囲気として伝えるジャケットですが、その実、前述のように『当たり前の仕事で当たり前に作り上げる』一つの選択でもあのがこのジャケットです。

PhotoRoom_20201106_154912
このジャケットには二つの目に見えない素晴らしさがあります。
その一つが衿に設けられた着脱可能なブルーフォックスファーです。

「確かにブルーフォックスは高価だけれど、それの何が特別なの?」
とお思いの方も居ると思います。

IMG_0452
このブルーフォックスファーは、メゾンブランドも採用する世界に誇る品質SAGA furs®(サガ・ファー)の物を使用しています。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、サガ・ファーは、フィンランドが設立したミンクとフォックスの毛皮養殖団体であり、そこには厳格な検査機関があり、この団体によって品質検査に合格した最上質なミンクやフォックスのみに与えられるブランドネームです。

一般的にサガ・ミンク、サガ・フォックスなどと呼ばれる事も在り、その品質はメゾンブランドが指名するほど、上質な物である事に裏付けられています。

IMG_0234
そのサガ・ファーに対して身頃に使用しているアウトシェルの生地(素材)は、ファーと色をシンクロしたとても上品さ溢れる穏やかな色合いのウール生地で、色名はBirke=白樺と名付けられ、自然の色合いを表現した特別な物で在る事が窺えます。

この素材もまたメゾンブランドが挙って使用するイタリア、ビエラ地方のファブリックメーカーBottogiuseppe(ボットジュゼッペ)のヴァージンウールを使用した素材です。

1%のナイロンと1%の金属繊維をブレンドした98%がヴァージンウールと言う非常に贅沢な生地。

IMG_0238
写真では写り辛いのですが、極細で軽く柔らかな繊維の集合体とも言えるこの生地には極微な金属ん繊維が織り込まれている為、俄かに光沢を(光の加減によって)見せます。

冬の寒空にも美しいその姿を雄々しく見せる、まさにBirke(白樺)の様な表現にピッタリの美しさです。

IMG_0242
Bottogiuseppeはイタリアに1876年から続く老舗企業で、イタリア国内のテキスタイル産業のメッカであるビエラ地方で長年糸の生産を行っています。

当店で展開しているPin1876のストールで、その名を耳にした方もいらっしゃると思いますが、あのフワフワで空気の様な軽さと、優し気な暖かさを帯びる独特な糸が、このジャケットのアウトシェルに使われているのです。

実際にはハリがあり、ダウンジャケットのアウトシェルとして相応しい仕上がりですが、糸の細さを見ると、それらが如実に伝わって来ます。

Bottogiuseppeもまた各国の有名ブランドやデザイナーに好まれ、ルイ・ヴィトンやエルメス、最近ではファリエロ・サルティなど高級メゾンからトップブランドまで、多くのブランドにその品質が認められています。

PhotoRoom_20201106_154844
中綿には(近年一般的になって来ましたが)マイクロファイバーによるハイテクダウンを使用している為、羽毛の偏りや匂いなどを吸収する事が無く、また弾力性や復元力を計るフィルパワーに於いても自然羽毛を凌ぐ暖かさや弾力性を持っています。

上質な生地、毛皮に相反したハイテク素材の中綿、その組み合わせがSCHNEIDERSの伝統の中で生まれた先進性でも在ると知る事が出来ますね。

それ程長年社交界の中で上質な物を作り続け提供して来たブランドだからこそ、クラシックやトラディショナルを崩す事無く、常に同じベクトルを向いた物作りを目指す姿勢が老舗企業・ブランドの使命でも在り崩す事の無いアイデンティティです。

毎シーズン、SCHNEIDERSの製品には玄人的なディテールや仕様が散見される為、言葉少なに終わる事が在りません。

それほどSCHNEIDERSと言うブランドは、当たり前を当たり前にするブランドなのですね。

上質とは何なのか? 上品であることとは? 品位ある女性を作ることとは?

こうして世のオトナの女性に対する答えを常に持ち続けているSCHNEIDERSは、大人を自負する方ならば一度は袖を通しておきたいブランドです。

この冬、ダウンジャケットやコートをお探しの方は、是非オーセンティックとは何なのか?をSCHNEIDERSで感じて頂けたらと思います。

手に入れた次の瞬間から、きっと物を見る目が変わります。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月19日、26日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

急な寒さに再び冬物を引っ張り出して来る、そんな週末を迎えました。

今週は全国各地で寒気が覆うようで、全国的に冷え込む数日となりそうですね。

先日伺った展示会で、某ブランド担当者と会話していたところ、私達と同じことを仰っていらした方が居ました。

E247E96A-76FF-48BA-808C-7A4F4BFD85EE
『ハイゲージのニットは真夏以外は殆ど着ています』

ここで言うハイゲージは30G以上の物を指していたのですが、カシミアと同じくメリノのハイゲージは、イタリアでは年間を通じて着られる人気素材。

それもそのはず、弾力性に富み、シワにならず、通気性発湿性も高いメリノやカシミアは、同じくイタリアで好まれるリネン同様、年間問わず愛される素材の一つなのですね。

私達も春の終わりまでハイゲージメリノやカシミアはご提案し続けているのですが、この週末には丁度良い心地良さで過ごす事が出来ました。

年間を通じて使いたくなる素材は、何処の国も同じなのですね。

さて、冒頭からニットの話になってしまいましたが、今日は

「世界が認めた社交界の雄」

SCHNEIDER'SのWomen's新作コートをご紹介致します。

SCH02
オーストリア、ザルツブルクでコート作りを営む老舗ブランド「SCHNEIDER'S」。

その歴史は1890年にまで遡ります。

元々ウィーンでゴム製品を販売する会社を創業したSCHNEIDER'S社は、ザルツブルクに生産工場を映し、モーターサイクリストの為の防水トレンチコートを開発しました。

その際モデルとなったヨーロッパチャンピオンが着ていた事も加わり、一躍世界にその名を知ら占める事になりました。

SCH01

その後、本格的な洋服作りに取り掛かり、チロル地方の伝統的な生地である「ローデンクロス」を使った格式高いコートを作り、世界中の紳士淑女を魅了しました。

ヨーロッパではトラディショナル(伝統的)で、ノーブル(高貴)なスタイルとされているローデンコートは、貴族階級の冬の必携スタイルとされ、また同時に

『シュナイダーのコートはステイタスの証である』

と称されています。

フランスの(上流階級)BCBGについて纏められた書籍でもSCHNEIDER'Sのコートは必需品と記され、今も尚多くの国々に伝統と歴史を伝え続けているブランドです。

そのブランドを当店で紹介させて頂いたファーストシーズンには、MooRERをはじめHERNOやASPESIなど多くのアウターブランドがあり、一部のお客様を除き、その素晴らしさに気付く人は少なかったように思います。

しかし年々歳を重ね、質の高さに見合うものの見方、装いの仕方を選ぶようになった方が増え、SCHNEIDER'Sは少しずつその魅力を皆様の中に浸透し始めて行ったのです。

いつもSCHNEIDER'Sのコートを見て思うのは、例えピアチェンツァやコロンボ、アニオナなどの高品質なファブリックを使ったとしても、一般的な価格に比べ遥かに安い価格設定であること。

これは何かをコストダウンしている訳ではなく、単にSCHNEIDER'Sの企業努力による物で在る事が直ぐに判ります。

勿論、日本に輸入するインポーターの企業努力も然る事ながら、このブランドがこれ以上認知度を広めて欲しくないと、心の底では思っている私達なのです。(理由はお分かりかと思います)

秋冬のコートの魅力は既に皆様にも充分伝わっているSCHNEIDER'Sですが、春夏のコートにはまだまだ見いだせていないと言う方もいらっしゃると思います。

しかし秋冬同様、春夏のSCHNEIDER'Sには相応しい魅力がシッカリと備わっています。

IMG_0195_1
数あるラインナップの中で今回当店がオーダーしたのは、ローデンコートに由来するAラインのシルエットを持った非常にシンプルな形。

しかしこの形を作るのは撥水性のある特別な素材を使った微光沢あるポプリンの様な生地です。

IMG_0196
伝統的で裏切る事の無い細部の作りや機能性は勿論、SCHNEIDER'Sのウィメンズには女性らしさ(淑女)を薫らせる変わらないトラディションが在ります。

IMG_0197_1
美しく無駄の無いシルエットと今回の素材の組み合わせは、写真で見るだけでは想像出来ない程、軽く、柔らかく、その着心地はストレスを感じさせません

IMG_0199_1
SCHNEIDER'Sの素晴らしさは沢山在るのですが、今回のコートでは旧き時代のディテールである、スプリットラグランが採用されています。

IMG_0198_1
前身頃の縫い付けはセットインスリーブ、後身頃の縫い付けはラグランスリーブと、前後が異なる縫い方を持ち、肩回りの動かし易さは勿論ですが、前方から見たシャープな表情も子のディテールによる物です。

IMG_0200
肩幅から緩やかに伸びるシルエットは、ボックスプリーツによって更に動き易さを作られ(このディテールもローデンコートに由来しています)、軽やかな動きを演出してくれます。

IMG_0210
伝統は常にアップデイトされながら次世代へと受け継がれていく物ですが、SCHNEIDER'Sはまさにそれらを体現している様に思います。

IMG_0211
とにかく軽さが目立つ今回のコートは、まるでパッカブルの様に感じられる程、非常に軽い着心地を持ち、裏地も(袖裏はキュプラ)サラリとした素材とメッシュを組み合わせた物を採用している為、春夏のコートとしてはかなり長い季節を楽しむ事が出来そうです。

IMG_0214
左内側にはシームレスファスナーを使ったポケットも備えられ、こうした小さな仕様にこそSCHNEIDER'Sの拘りを感じます。

IMG_0215
春夏のコートの中で、新たな選択肢となる今回のSCHNEIDER'Sは、それまでのナイロン一辺倒、コットン一辺倒の春夏コートの中に、新しい魅力と存在価値を見出しています。

軽さを持ち、ストレスを感じない着心地、そして伝統を持つ老舗であること、そのどれもが我々大人に欠かせないファクターですね。

まだSCHNEIDER'Sを試した事の無い方も、既にお持ちの方も、今回の新しい心地良さを是非身体で感じて見て下さい。

「伝統と歴史、その着心地が、この価格で手に入れられるなんて?」

と思わず口にしてしまいますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

冷たい空気が混ざりながらも春真っ盛りを迎え始めている3月下旬。

CAD8C8E4-9A46-4AD5-B0F7-C00202107CDE
程よい軽さと、程よい厚み、そしてこれから初夏を迎えるにあたって、今の季節の羽織物は一年を通じて最も出番が多い事を皆様ご存じのはず。

春の羽織物、それもコートやブルゾン類は真夏を除き秋まで使える事を考えると、実は最も手に入れておくべきアイテムの一つです。

IMG_0289
先般のHERNOのミリタリーや、StuttelheimやASPESIなど、この季節の羽織物は実は豊富にそろっている当店。

IMG_0286
今季のHERNOは多くのお客様が殺到する程、魅力的な仕上がりになり、現在も色違い2色が追納され、思案されている方も多くいらっしゃいます。

IMG_0280
このジャケットもまたシーズンを越えて使える他、さり気なく羽織るだけでサマになる特別を以ています。

そんな春の羽織物が揃う中で、当店がお勧めしたいコートが在ります。

IMG_9071
それが『SCHNEIDERS』(シュナイダー)のフィールドコートです。

IMG_9074
このコートはとにかく「軽く」、「しなやか」、そして何より「上品」な点が魅力。

IMG_9076
それこそがSCHNEIDERSたる所以でもありますが、昨年も触れている通り、欧州の社交界に於いて、コットンのコートが唯一、失礼に当たらないブランドが、このSCHNEIDERSと言われています。

IMG_9070
その上質で上品、そしてクラシックを根底に持つ「オーセンティック」なSCHNEIDERSが作るフィールドコートですから、疑いの余地がないのも頷けます。

IMG_9073
実用性の高いフラップ付きの大きなマチ付きポケットや、ドローコード、そして何よりこのコートの魅力は、全体のバランスが非常に取れている事です。

通常この手のコートの場合ウエスト(絞り位置)より下の面積が短めに作られる事が多いのですが、このコートではほんのり長さを確保する事によって、腰から裾までの長さ、全体のバランスの良さが際立っているのです。

IMG_0640
また素材には撥水加工を施したウォータープルーフの為、当然ながら機能的にも満足の行く物に仕上がっています。

「何処にでもあるブランドはもう充分」

そんな声が聞こえ始めている昨今、SCHNEIDERSは持つ人の心を満たしてくれる、まさにステルスウェルスと言えるかも知れません。

IMG_9107
またスタッフ着用の際(身長約150㎝)にも、ウエスト位置の高さ、そしてウエストから裾までの長さが確保されている事が分かります。

身長の有無に関わらず、優れたバランスを見せてくれるSCHNEIDERSのフィールドコートは、間違いなく新たな羽織として、皆さんのクローゼットを長く暖めてくれそうです。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月28日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ