IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:シャツ

IMG_6040
2月に入ってから雪ではなく雨の日が増え、徐々に冬の終わりを感じさせる毎日が続いています。
しかし相変わらず冷たい空気は肌を刺し、まだまだ春を感じるには少し早いようです。

店頭では最後のクリアランスセールに様々なお問合せやご来店を頂いており、当店にとっても決算期となる今月は皆様にとってもお得な提案の数々をご用意しています。

また同時にイベントも行っている為、お客様方にとっては色々な催しに少々頭を混乱させてしまっているかも知れません。

今年の当店は催しが沢山在りますので、どうぞ頭を整理しながら?お問合せ頂ければと思います。(笑)

さて、今日は先日入荷したMax Maraの新作の中から当店がイチオシの一着をピックアップさせて頂きました。

春を待たずに冬の間からタートルネックやニットとのレイヤードで楽しめるもの、それはたっぷりとした身頃を持ったビッグシルエットのシャツ。

IMG_6358
店頭でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、このシャツは単なる大きなシルエットと言うだけではなく、とても考えられた立体的なシルエットを持った一着なのです。

IMG_6359
素材その物には程良いハリのあるコットン、しかも艶やかで滑らかさのあるコットンポプリンを採用し、写真や見た目だけでは伝わらない心地良い肌触りを持っています。

IMG_6360
衿のしなやかさやサイドのガジェット、剣ポロなどシャツとしての基本は勿論、このシャツの魅力は何と言っても、緩やかさが活かす全体の『エアリー感』です。

IMG_6531
ただ大きなシルエットと言うだけではなく自然に滑り落ちる肩から袖へのゆとりや、身幅から裾へかけて過度の広がりがなく、あくまでも自然で緩やかなラインを描き、軽やかでしなやかな動きを作り出します。

IMG_6527
ややワイドに広がった衿型や、上段のボタンを排し自然な開きが作り出される前立て部分など、このシャツには『さり気なさ』が多分に含まれているのです。

IMG_6361
ジーンズやレギングなどのすっきりとした細身のボトムから、ワイドなボトムまで多くのボトムスをスポイルしてしまう絶妙なバランスは、このシャツのユーティリティを更に広く大きな物にしています。

エアリーな雰囲気を作り出す立体的なシャツは、女性をより女性らしく繊細に見せる大きな武器になります。

春を待たずに今からタートルネックの上から着てしまいたい、そんなお勧めの一着です。

IMG_6362
他にもウエルトポケットを胸に配したプルオーバータイプのシャツや、軽さを魅力に持つAラインのコート等、「軽やかさ」を存分に発揮してくれる新作が揃っています。

45086F96-0D01-40BB-81AD-030157714493
コットンやリネンの様な春夏の素材は、今すぐに着れなくても、何か心をくすぐる独特な魅力を持っています。

実際に着るには少しだけ早いですが、是非春夏の装い検討にMax Maraの新作も加えて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7126
週末に合わせやってきた2月最初のイベント「St.Valentine's Day」。
街中を往くカップルを見ると、どこか意味有り気にストーリーを想像してしまう無粋な世代の私達ではありますが、今日は何処彼処このイベントを楽しみに変える姿が多い事でしょう。

今日はお客様からもヴァレンタインのお差し入れを頂きました。
嬉しい事にますます胃袋を成長させつつ更に仕事へ精進させて頂けそうです。(?)

さて、いよいよ今日からはパーソナルオーダーも始まり、既に店頭やメールなどで沢山のお問合せを頂く一日となりました。

今回は特徴的な生地が多い他、味わい深い玄人好みの生地も増え、男性、女性共にどの素材にしようか?と頭を悩ませる数日間となりそうです。

また今回のオーダー期間中は、直接パーソナルオーダーとは関係は在りませんが、日常的に使用機会の多いシャツやパンツなどの新たなご提案もさせて頂いています。

御洒落の中には「仕事上」どうしても外せない「考え方」があったりします。

それは日常的に半分は仕事着としての役割を担うもの。

そこには御洒落と着用頻度を天秤に掛けざるを得ない、とってもジレンマの働く時がありますよね。
男性も女性も仕事の上で欠かせないシャツの存在がその一つです。

中でも白のシャツを中心に、その日の中心を担う色があったりする訳ですが、仕事だけに限らず、日常的に白シャツとジーンズを自分の定番スタイルとする人もいます。

例えばTEEシャツを買うように、日常的に着ているとダメージの進み具合も早く、「あぁ、同じ物をもう一つ買っておけば良かった・・・」などと思う事、ありますよね。

当店スタッフもその一人で、昔から白のシャツや白のTEEシャツは、同じ物を複数買い揃える事が癖づいています。

それはどちらも「白」で、しかも「消耗品」として捉えているからです。

色んなブランドや誂えの白のシャツを購入しても、空気や肌、時間、その他色んな条件が重なり、衿や袖の汚れや擦れは、避けようのないものでもあります。

20021401
しかしこうした考え方は人それぞれで、割り切ってしまえば数千円のシャツを何枚も購入する人、常に同じオーダーが出来る誂えを使いリピート購入する人、或いは一着のお気に入りを念入りに手入れしながら、幾つかをローテーションしながら着る人、、、等々、その人の生活スタイルによって異なります。

当店スタッフの場合は、高品質のシャツ(或いは高価格のシャツ)も、低価格のシャツも、全て同じ扱いをします。

着なければ劣化し、着続けても劣化する、その結果、常に着続けながら手入れも行い、更に枚数を増やす事で何年も過ごしています。

実は当店のお客様の中には、同じ考え方をする人が意外と多くいらっしゃいます。
用途を分けるより、枚数を増やして一着当たりの劣化を防ぐのです。

そこで今回当店が企画しているのは、Agnelli & Sonsのシャツ(今回はウィメンズのみ)のリモデルに伴い、新型のシャツモデルを限りなくコストパフォーマンスが高く、更に2着セットにした「プレパッケージ」として販売しようと言うものです。

IMG_7213
前回のパターンから今回は細部に微調整を行い、ボタン間のピッチの拡大、袖丈の長さの延長

IMG_7215
更に衿型をセミワイドに変更し、より使い勝手の良いフレキシブルなシャツへと進化させました。

IMG_7216
特にボタンのピッチは、従来のシャツでは第1ボタンと第2ボタンとの間が少し狭目のピッチだったのですが、このピッチを変更し

IMG_7214
第2ボタン以下のピッチも変更する事によって、ボタンを開けた時のバランスを重視しました。
(従来のボタン位置はボタン間が覗く事が無くメリットも在りますが、今回はより女性らしさを優先)

この形を基本として、2枚セットにしてご購入頂こうと言う企画です。

IMG_7231
Aの生地はヘリンボーンの織り柄が美しい微光沢のあるコットンのホワイト。

D1ACC119-D7BB-41ED-8D92-A476512D1285
Bは同じくブルー、Cは立体的な微細な織目のグレー系、Dは艶やかさのある100番手双糸のカーキ、そしてEはオンオフに欠かせないホワイトとブルーのロンドンストライプです。

これらを予め2着のセットにプレパッケージするのですが、同色2着のセット、異色2着のセット、異素材2色のセットと、全て異なる組み合わせで販売をする予定です。

また、2月14日から18日までの期間のみ、ご希望のお客様にはお好きな組み合わせをお選び頂ける機会を設けました。

勿論、2枚セット+1枚でも結構ですし、仲の良い方や御家族と一着ずつ分けて頂いても良いですし、使い方は様々です。
(※同サイズ2着でのセット販売とさせていただきます為、異なるサイズの組み合わせはお断りさせて頂きます)

サイズ展開も、最小36、38、40、42、44(以降はご相談下さい)と幅広くご用意が出来ます。

価格については現在、生地や仕様などの最終打ち合わせを行っております為、現在予価ではありますが、1セットあたり3万円前半の価格に収まる様進めております。

仕事でシャツを着る機会が多い方、或いはジーンズに白シャツのスタイルが定番の方、是非今回の企画を有効利用して頂ければと思います。

※ご注文などご相談につきましては店頭までお気軽にご連絡下さい。
サイズの参考につきましてはオンラインストアのシャツの寸法をご参考下さい。
(袖丈は各サイズ2㎝長くなる予定です)

寸法の参考シャツはコチラから


更に今回ご提案の生地は(カーキを除く)後から買い足す事が出来ます。

つまり必要な時に買い足す事が出来る、一種の安心感があります。

(生地や作りの)コストをただ単に下げるのではなく、ディテールへの拘りや作りなどを変えず(衿の中に接着芯などを使ったりせず)、新たな定番提案の一つとして、今回のシャツがあります。

今回新型を作る為に、拘り続けた箇所が幾つもありますので、是非ご興味のある方は店頭まで。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_9170
寒さが一際厳しくなってきた今週。
空は天高く晴れ渡るも、風は凍てる冷たさを含んでいます。

徐々に冬の到来を感じる11月は、実は(春の)3月がそうで在る様に、沢山の装いを愉しめる季節でもあります。
そして、室内の暖房が効き始めるこれからは、実は意外なほど厚みの無いニットやシャツ、ジャケットを欲される方も増えるのが毎年の恒例。
今年も同様の推移を始めています。

そこで今日取り上げたいのが男性にお勧めしたいGuy Roverの一着。

IMG_5912
コットンフランネルを生地に使用したフラップ付きポケットを持つミリタリーテイストのシャツです。

IMG_5915
当店はこのシャツに2つの要素を求めています。
一つはシャツとしての魅力を味わうべく、セオリー通りでの着方。

IMG_9428
通常身に着ける白いシャツと同様に、シンプルな装いに取り入れるだけでも、そのポケットをはじめとする各ディテールによって、いつもとは違った雰囲気を作れるものになります。

IMG_9429
いつもよりサイズをアップして、たっぷりとした着用感を楽しみたくなる、そんな一枚です。
(写真使用商品:シャツ/Guy Rover、トラウザーズ/Piatto、シューズ/Enzo Bonafe)

かつてコットンフランネルのシャツを良くオーダーしていた当店。
お買い上げ頂く皆様の好評を頂いた理由は、ずばり

「肌に身に着けても、ヒヤッとしない」

と言う体感的な物でした。

そう、コットンブロードやレーヨン、ポリエステルなどが身に着けた瞬間にヒンヤリするのに対し、コットンフランネルは身に着けた瞬間から、穏やかな暖かさを感じるのですよね。
(これは試してみると直ぐに伝わりますので是非お試し頂きたい)

そしてもう一つの選択肢としては、羽織としての用途です。

F4E096C1-7F3A-4931-8273-EDD324245432
このシャツはフランネルを用いた事で、見た目が仄かにCPOジャケット(或いはシャツ)の様にも見えて来ます。
それを逆手に、羽織としての役割も担うべくオーダーしたと言うのが実のところです。

34756AA8-2CE4-40F4-A3FB-ED1CFB71801B
Tシャツと合わせて着るだけでなく、今ならタートルネックと共に羽織感を楽しむのもお勧め。

F9F8D752-79E1-43B7-8A30-86B2CD90DFE4
普段使いだからこそ生きるこのシャツの魅力は、ミドルアウターとしての役割と、ミリタリー感のあるインナーとしての役割、共に今の季節に持って来いの一着です。

暖かい日にはシャツとして、寒い日にはミドルアウターとして、シャツを羽織として使う為には、相応の素材選びやディテール選びも重要ですね。

4FA525FC-B26E-47D7-A369-674FF547E5E6
今後の一着として是非ピックアップして見ては如何でしょうか。
勿論、女性にとっても羽織物として最適ですよ。
(写真着用商品:タートルネック/Drumohr、シャツ/Guy Rover、ジャケット/M.I.D.A、シューズ/Enzo Bonafe)



1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月21日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7129
夏の三連休が始まり、各幹線道路は混雑を始めています。

暑い日差しを期待していた方にとってはあいにくの曇天ですが、長野は過ごし易い心地良い空気に満たされています。
(写真は六本木ですが)

さて、昨日もウィメンズの新作シャツに触れさせて頂きましたが、今回のプロダクトは男性に向けてもスタートしています。

IMG_8940
女ウィメンズのモデルと比較し、衿腰を高く、そしてしっかりとした芯地(とは言ってもソフトな芯地を選択しています)を採用し、各部のディテールにも様々な要素を取り入れました。

IMG_8941
衿型は、素材によって異なる衿型を採用し、全てにバランスを優先したディテールを取り入れました。

IMG_8942
ウィメンズでは見合わせたホワイトのシアサッカーも、男性ならば清潔感と軽やかさ、そして涼しい肌感触を手に入れられます。

IMG_8943
リネンはウィメンズ同様、非常にクォリティの高いモノを使用している為、リネン素材の表情に有りがちな、ネップの様な織目は見当たりません。

IMG_8944
仕上げはプレスを掛けてあるため、ハリが際立ちますが、やはりリネンは洗いざらしで着るのが一番気持ち良いものです。
シワの凹凸を活かし、味わい深さを表情に出来るのがリネンの最も楽しいところ。

これからの季節、ビジネスシーンは勿論、週末のカジュアルな装いにもピッタリな今回のラインナップ。
是非、まだ試されていない方も、今後の展開にご注目下さい。
(メンズはパーソナルオーダーを中心に仕上げている為、この他にも様々な色や素材が選べます。)

そんなメンズの仕上げの中、当店が製品として皆様にお届けするのが、この上質なリネンを使ったプルオーバーの仕様。

IMG_8934
リネン特有の光沢が分かり易いオリーブカラーは、その色の持ち味であるカジュアルな要素を遥かに超え、上品さを醸し出し、特に大人の男性にとっては、夏の装いに不可欠な物に仕上がっています。

IMG_8935
衿は胸元を開けた際にも自然な開きを作るべく、敢えてワイドスプレットにし、更にビジネスシーンで使える方にとっては在りがたい、しっかりとした衿腰(芯地による)を作っています。

IMG_8936
前立ては敢えて設ける事によって、週末の男性によりカジュアルな見た目を提案すべく、しっかりとした表情を作り出しています。

IMG_8937
またガジェットについても、飾りとして付けられる多くのシャツとは異なり、本来の補強の意味合いが大きい、元来設けるべき場所に、相応のガジェットによって補強しています。

今回のこのシャツは、裾を外に出しても、中に入れてもサマになるよう、適度なバランスをもとに仕上げている為、その日の気分や用途に合わせて使える一着として提案しています。

何より今回採用したリネンの心地良い肌触りは、中々得られる事の少ないもの。
蒸し暑さに程遠い今週ですが、真夏の暑さにこそ、その威力を発揮してくれそうです。

この他にもシャツのラインナップはメンズ、ウィメンズ共、今後さらに広がって行く予定です。
単なるシャツだけではなく、その他のアイテムとしてもAgnelli & Sonsの世界観と共にバリエーションを増やし続けて行きます。

「気が付いたら手に取っていた」

忙しい朝、そんな思いと共に手に取る事が増えるであろう、今後のシャツのラインナップを是非お見逃しなくご覧くださいね。

※メンズ、ウィメンズ共にシャツのディテールやパーソナルオーダーなど、詳細について知りたい方はお気軽に店頭までお問合せ下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5805
例年に増して涼しい日が多い今年の夏は、まだ梅雨明けもせず、多くの人に夏の到来を待ち遠しくさせています。

とは言うものの、日中はヤハリ暑さも感じる蒸し暑さに包まれ、昼夜の気温差は広がるばかり。

この季節最も女性の頭を悩ませるのは「程よい体温調節」ですが、陽射しは勿論、暑さから身を守るべく活躍してくれるのが夏に向いた素材たち。

今シーズン序盤、女性のお客様に向けて作り出したAgnelli & Sonsのシャツは、仕事を持つ方にとって最も活躍の場を広げる一着となり、それらは週末の装いにもクリーンな印象を作り出し、多くのスタイルに取り入れやすい一着二なりました。

そしてご購入いただいたお客様の声に呼応し、この度当店が新たにご提案するのが、冒頭でも触れている体温調節に相応しい素材を用いた新作です。

IMG_8915
夏にはリネンと言うシャツの想像が多くを占めると思いますが、同様に涼しさや肌に触れる体感温度を最も軽減してくれる素材がシアサッカー素材です。

IMG_8917
シアサッカーは持ち味でもある凹凸によって軽さと肌に触れる面積を軽減し、また風が通る事によって肌の体感温度を下げてくれる、まさに夏にとって相応しい素材です。

IMG_8918
今回は前回のモデルで好評だったカッタウェイ(ホリゾンタル)のカラーを再び採用し、丈のバランスを女性らしく、そして仕事にも週末にも使えるベストなバランスで提案。

男性にとっては当たり前の夏の素材も、女性のシャツとしての提案としてはまだまだ少ないシアサッカー。
この素材の心地良さを是非体感していただきたい一着です。

IMG_8924
そして夏の素材として抜群の存在感を誇るリネン素材も新たにオーダーしました。

IMG_8926
通常リネン素材に見られる粗野感が影をひそめる程、その整った面(目地)は、まるでリネンで在る事を忘れさせてしまうかの様に、綺麗に整えられています。

IMG_8928
今回は非常に薄いライトピンクのリネンを夏の色として提案。
まるでホワイトかアイボリーの様に薄く仕上げられた上品なライトピンクは、光の加減によっては全く別の色に見える程、その色の儚さは独特。

敢えてジーンズと共に上品な大人の女性を気取るのに相応しい「甘さの無い」ピンクに仕上がりました。

IMG_8922
色違いには同じく非常に薄いライトブルー(或いはサックス)をご用意。

IMG_8923
こちらもまた整えられた目地によって、フラットな表面に加え、リネン特有の微光沢が判るほど、この素材のクォリティの高さを感じさせています。

IMG_8919
単なる清涼感のある色と言うだけではなく、その中庸な色合いは最も使い易く、そしてビジネスシーンに偏る事の無い、適度なフレキシビリティを持ち合わせています。

これも独特の色の薄さ、微妙な按配によって作られる一つの最適解です。

IMG_8929
そして最後にお勧めするのが、『意外なほど少ない』と思われるオリーブカラーのリネン素材です。

IMG_8932
既に平置きの状態でも解るほど、この素材にはリネン特有の光沢が伝わって来ます。
ブラックやネイビーなど、特に色の濃い素材に表情として現れるリネンの光沢は、オリーブ色と言う特殊なカラーによって、改めて上品で上質な輝きを生み出し、他では得られる事の無い特殊な味わいを生み出してくれます。

IMG_8933
カーキやオリーブを夏の色として取り入れるのは言わずもがな、これらの色によって作られる適度な味わい深さと、オリーブ色から生まれるミリタリーなテイストは、「シャツとして」仕上げられ、「リネンで作られる」事によって、更に洒脱さを増し、女性のシャツとしては余り見かける事の無い独特な一着が仕上がる事になりました。

こうして夏の女性の体温調節に一役買い、また服装に悩んだ時にも「この一着」で全てが解決してしまう、そんな痒い所に手が届く一着が仕上がった訳ですが、シーズン前、ご予約を受け付けた事によって、店頭在庫は非常に少なくなっておりまして、現在在庫も僅かと言う状況に。

この週末お時間の許す方は是非実際の商品をご覧頂き、是非パーソナルなご注文として、ご相談頂ければと思っております。(※場合によってパーソナルオーダーをお承りする事が可能になります。⇒詳細は店頭までお問合せ下さい。)

夏が間近に迫った今、是非夏の一着として、新たな感触を手に入れて下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ