IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:シャツ

IMG_7129
夏の三連休が始まり、各幹線道路は混雑を始めています。

暑い日差しを期待していた方にとってはあいにくの曇天ですが、長野は過ごし易い心地良い空気に満たされています。
(写真は六本木ですが)

さて、昨日もウィメンズの新作シャツに触れさせて頂きましたが、今回のプロダクトは男性に向けてもスタートしています。

IMG_8940
女ウィメンズのモデルと比較し、衿腰を高く、そしてしっかりとした芯地(とは言ってもソフトな芯地を選択しています)を採用し、各部のディテールにも様々な要素を取り入れました。

IMG_8941
衿型は、素材によって異なる衿型を採用し、全てにバランスを優先したディテールを取り入れました。

IMG_8942
ウィメンズでは見合わせたホワイトのシアサッカーも、男性ならば清潔感と軽やかさ、そして涼しい肌感触を手に入れられます。

IMG_8943
リネンはウィメンズ同様、非常にクォリティの高いモノを使用している為、リネン素材の表情に有りがちな、ネップの様な織目は見当たりません。

IMG_8944
仕上げはプレスを掛けてあるため、ハリが際立ちますが、やはりリネンは洗いざらしで着るのが一番気持ち良いものです。
シワの凹凸を活かし、味わい深さを表情に出来るのがリネンの最も楽しいところ。

これからの季節、ビジネスシーンは勿論、週末のカジュアルな装いにもピッタリな今回のラインナップ。
是非、まだ試されていない方も、今後の展開にご注目下さい。
(メンズはパーソナルオーダーを中心に仕上げている為、この他にも様々な色や素材が選べます。)

そんなメンズの仕上げの中、当店が製品として皆様にお届けするのが、この上質なリネンを使ったプルオーバーの仕様。

IMG_8934
リネン特有の光沢が分かり易いオリーブカラーは、その色の持ち味であるカジュアルな要素を遥かに超え、上品さを醸し出し、特に大人の男性にとっては、夏の装いに不可欠な物に仕上がっています。

IMG_8935
衿は胸元を開けた際にも自然な開きを作るべく、敢えてワイドスプレットにし、更にビジネスシーンで使える方にとっては在りがたい、しっかりとした衿腰(芯地による)を作っています。

IMG_8936
前立ては敢えて設ける事によって、週末の男性によりカジュアルな見た目を提案すべく、しっかりとした表情を作り出しています。

IMG_8937
またガジェットについても、飾りとして付けられる多くのシャツとは異なり、本来の補強の意味合いが大きい、元来設けるべき場所に、相応のガジェットによって補強しています。

今回のこのシャツは、裾を外に出しても、中に入れてもサマになるよう、適度なバランスをもとに仕上げている為、その日の気分や用途に合わせて使える一着として提案しています。

何より今回採用したリネンの心地良い肌触りは、中々得られる事の少ないもの。
蒸し暑さに程遠い今週ですが、真夏の暑さにこそ、その威力を発揮してくれそうです。

この他にもシャツのラインナップはメンズ、ウィメンズ共、今後さらに広がって行く予定です。
単なるシャツだけではなく、その他のアイテムとしてもAgnelli & Sonsの世界観と共にバリエーションを増やし続けて行きます。

「気が付いたら手に取っていた」

忙しい朝、そんな思いと共に手に取る事が増えるであろう、今後のシャツのラインナップを是非お見逃しなくご覧くださいね。

※メンズ、ウィメンズ共にシャツのディテールやパーソナルオーダーなど、詳細について知りたい方はお気軽に店頭までお問合せ下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5805
例年に増して涼しい日が多い今年の夏は、まだ梅雨明けもせず、多くの人に夏の到来を待ち遠しくさせています。

とは言うものの、日中はヤハリ暑さも感じる蒸し暑さに包まれ、昼夜の気温差は広がるばかり。

この季節最も女性の頭を悩ませるのは「程よい体温調節」ですが、陽射しは勿論、暑さから身を守るべく活躍してくれるのが夏に向いた素材たち。

今シーズン序盤、女性のお客様に向けて作り出したAgnelli & Sonsのシャツは、仕事を持つ方にとって最も活躍の場を広げる一着となり、それらは週末の装いにもクリーンな印象を作り出し、多くのスタイルに取り入れやすい一着二なりました。

そしてご購入いただいたお客様の声に呼応し、この度当店が新たにご提案するのが、冒頭でも触れている体温調節に相応しい素材を用いた新作です。

IMG_8915
夏にはリネンと言うシャツの想像が多くを占めると思いますが、同様に涼しさや肌に触れる体感温度を最も軽減してくれる素材がシアサッカー素材です。

IMG_8917
シアサッカーは持ち味でもある凹凸によって軽さと肌に触れる面積を軽減し、また風が通る事によって肌の体感温度を下げてくれる、まさに夏にとって相応しい素材です。

IMG_8918
今回は前回のモデルで好評だったカッタウェイ(ホリゾンタル)のカラーを再び採用し、丈のバランスを女性らしく、そして仕事にも週末にも使えるベストなバランスで提案。

男性にとっては当たり前の夏の素材も、女性のシャツとしての提案としてはまだまだ少ないシアサッカー。
この素材の心地良さを是非体感していただきたい一着です。

IMG_8924
そして夏の素材として抜群の存在感を誇るリネン素材も新たにオーダーしました。

IMG_8926
通常リネン素材に見られる粗野感が影をひそめる程、その整った面(目地)は、まるでリネンで在る事を忘れさせてしまうかの様に、綺麗に整えられています。

IMG_8928
今回は非常に薄いライトピンクのリネンを夏の色として提案。
まるでホワイトかアイボリーの様に薄く仕上げられた上品なライトピンクは、光の加減によっては全く別の色に見える程、その色の儚さは独特。

敢えてジーンズと共に上品な大人の女性を気取るのに相応しい「甘さの無い」ピンクに仕上がりました。

IMG_8922
色違いには同じく非常に薄いライトブルー(或いはサックス)をご用意。

IMG_8923
こちらもまた整えられた目地によって、フラットな表面に加え、リネン特有の微光沢が判るほど、この素材のクォリティの高さを感じさせています。

IMG_8919
単なる清涼感のある色と言うだけではなく、その中庸な色合いは最も使い易く、そしてビジネスシーンに偏る事の無い、適度なフレキシビリティを持ち合わせています。

これも独特の色の薄さ、微妙な按配によって作られる一つの最適解です。

IMG_8929
そして最後にお勧めするのが、『意外なほど少ない』と思われるオリーブカラーのリネン素材です。

IMG_8932
既に平置きの状態でも解るほど、この素材にはリネン特有の光沢が伝わって来ます。
ブラックやネイビーなど、特に色の濃い素材に表情として現れるリネンの光沢は、オリーブ色と言う特殊なカラーによって、改めて上品で上質な輝きを生み出し、他では得られる事の無い特殊な味わいを生み出してくれます。

IMG_8933
カーキやオリーブを夏の色として取り入れるのは言わずもがな、これらの色によって作られる適度な味わい深さと、オリーブ色から生まれるミリタリーなテイストは、「シャツとして」仕上げられ、「リネンで作られる」事によって、更に洒脱さを増し、女性のシャツとしては余り見かける事の無い独特な一着が仕上がる事になりました。

こうして夏の女性の体温調節に一役買い、また服装に悩んだ時にも「この一着」で全てが解決してしまう、そんな痒い所に手が届く一着が仕上がった訳ですが、シーズン前、ご予約を受け付けた事によって、店頭在庫は非常に少なくなっておりまして、現在在庫も僅かと言う状況に。

この週末お時間の許す方は是非実際の商品をご覧頂き、是非パーソナルなご注文として、ご相談頂ければと思っております。(※場合によってパーソナルオーダーをお承りする事が可能になります。⇒詳細は店頭までお問合せ下さい。)

夏が間近に迫った今、是非夏の一着として、新たな感触を手に入れて下さい。


top_slide_Clearance_Sale_20190708_02




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



蒸し暑さを感じさせる日中と、爽やかな空気に包まれる朝晩。

この季節は心地良さを満喫する、一年の中で最も快適な季節。

当然心地良さを求めるがゆえに、暑さを回避出来て、夏まで使える物を揃えたくなりますね。

そんな今の季節にピッタリなウィメンズの新作がASPESIから入荷。

IMG_6416
リネンは吸湿発汗性もあり、春夏の素材としては最適な事は言うまでもなく、それらリネンの質は肌への感触で判断される方も少なくないと思います。

色が乗っており固く感じる物も在れば、柔らかくしなやかに仕上げている物もあり、リネンはその加工次第で感触が変わる物。

IMG_6420
ASPESIが使うリネンは染色の有無に関わらず、とても柔らかさを感じる物で、肌に直接触れる機会が多い夏には最適と言える物が使われています。

IMG_6422
このシャツではキャップスリーブ気味の肩回りと、バストから裾へと向かい緩やかにフレアする女性らしいシルエットによって、ふんわりとしたエアリーなテイストを作り出してくれる一着。

風が体を通る心地良さと、リネンその物の質感、そして立体的且つ優れたデザインによって、広いシーズン、幅広いスタイルに取り入れ易くなっています。

裾を出しても、入れてもサマになるお勧めの一着です。

IMG_6425
そして同じ感触を持ったプリーツによるロングスカートも非常にお勧めの一着です。
ロングレングスは既に定着した向きもあり、多くの皆さんが求めるのは素材の質やフレキシブルな取り入れ易さ。

IMG_6424
このスカートはストレートに腰から裾へと落ちるシャープなラインと共に、ウエストにドローコードとゴムを採用した一着です。
このコードを使っている事によって、その日の装いに最も合う腰位置を決める事が出来ます。

そして何よりお勧めなのが、この味わい深いテラコッタの色合い。

リネンゆえ、汗ばむと洗濯を繰り返す事になる訳ですが、テラコッタの色合いは少々退色しても、その味わい深さが良い味へと変わってくれる為、この色合いこそがまさにお勧めの一色。

コットンや化繊では表現できないリネン特有の風合いが作られています。

IMG_6413
そして日常的に増えるジーンズやショーツ姿に合わせたいカジュアルスタイルの筆頭格、TEEシャツも、上質な素材を使えば使う程、日々の装いはクラス感が作られるもの。

IMG_6415
新作のTEEシャツは、箔プリントを押したシンプルな物ですが、このシンプルさゆえに、ジーンズやショーツ、ひいてはテーラードジャケットのインナーとしても、スタイルに上質感を加えてくれます。

日々のアイテムだからこそ、上質さを得て置く事は我々世代にとって不可欠な要素。
春夏の装いはチープさが先行すると、どうしても子供っぽく見えたり、チープに見えすぎてしまいがちです。

是非これらのアイテムを加えて、新しい夏の装い作りをお勧め致します。

そしてもう一つ欠かせない日々のスタイルアップアイテムと言えば、やはりバッグの存在です。

IMG_6389
先月入荷後間もなく完売してしまった強撚のキャンバスを使ったFELISIのバッグが新作を携えて、ついに再入荷致しました。

サイズ違いも揃い、夏の装いに再び楽しさを与えてくれるFELISIの新作たち。

IMG_6397
特に人気の中心となっていたハンドルに平のレザーを用いたトートバッグは、その自然な持ち味と、想像以上の内容量から多くの方々からお問合せを頂いていたモデル。

IMG_6398
今回この新色の他、その他の2色、サイズ違いを含め、ラインナップが揃っています。
前回逃してしまった方は、是非とも今回の入荷をお見逃しなくご利用下さい。

IMG_6404
そして今回の新作で当店がお勧めするのが、このナイロンにシアサッカーのプリントを施したバッグ。

形は以前入荷した物と同じ形ですが、素材が違うと、ここまで見栄えも変わるものか?と思わせる程、別物に見えるこのバッグ。

IMG_6406
ハンドルは各ループを通じて一つの輪になっているレザーの為、開口部を絞って形作ると、その形は小さな巾着の様な形に姿を変えます。

IMG_6405
そして何より爽やかさを持つ、このナイロン素材は、色(グリーン)の相性は勿論、意外な程、どんなスタイルにも合わせ易いのです。

IMG_6408
ライニングにも同系色のパステルグリーンを使う事によって、チラリと中が覗いた時にも洒脱な印象を与えてくれそうです。

7B970274-4CB9-4C61-95D1-D5698D1D0711
このシリーズは見た目以上に内容量があり、日常に必要な荷物の殆どが収まってしまいます。

IMG_6410
当店スタッフが最もお勧めする最適なサイズがこのモデル。
FELISIにはFELISIにしか醸し出せない独特の魅力と、長年培われた堅牢性を感じさせる物作りが、どんな形にも、どんな素材にも息づいている事を感じさせてくれます。

夏が近づき、装いも少しずつ変えて行きたい今月は、こうした新作を上手に取り入れながら、手持ちの洋服と色や組み合わせを考えるのも楽しい時季。

まだ夏は先だから、、、と楽観している方がいらっしゃったとしたら、きっと実シーズンに慌てる事になりそうですよ?

是非今週は夏のスタイルアップにお出掛け下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
6月、13日、20日、27日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5675_1
昨日から続く暖かな日中と、時折降る霧雨の様な降雨によって、街中は涼しい風が戦ぎ始めています。

流石に昨日の様な熱暑は暫く無いとは言え、これから真夏に向け心地良い陽気が続きそうです。

IMG_5676
こうして毎日、気温と共に服装が左右されるとなると、是非とも手元に置いておきたいのがリネンのシャツ。

IMG_5677
真夏にはショーツとの組み合わせが鉄板のリネンですが、今位の気温に最も適している素材でもあります。
(写真使用商品:シャツ/Altemflower、ショーツ/AT.P.CO)

IMG_5684
気温の変化によって急激に汗ばむ時間帯には汗を吸収し、更に早く乾いてくれるリネン素材。

IMG_5682
風が通る涼しいリネン素材は内側にカットソーをレイヤーする事で涼しさを過度に感じる事無く過ごせます。

IMG_5683
このOGNUNOLASUAのリネン素材は密度を細かくせず通気性を良くしている為、朝晩には寒く?感じるかも知れません。

IMG_5680
同じOGNUNOLASUAのリネン(スターフィッシュをモチーフにした)シャツでも、このモデルにはコードレーン上のヘアラインストライプをあしらう事で、立体的且つ密度の細かなリネン生地になっています。

IMG_5681
一つのモチーフ、似たような生地にも、こうして目地の細かさによって、涼しさが変わる事もあり、強ち同じ素材と片付けるには難い物も在ります。

最も、こうした細部への拘りこそ着心地へと感じ伝わって行く分けですが、一つ一つの生地や色等にも意味が在ったりするのですね。

IMG_5678
同じくリネンを使ったi Drumohrのシャツは、刺繍ではなくプリントで世界観を作っています。

IMG_5679
このシャツはリネン特有のシャリシャリとした質感と、風が通りやすい涼しい素材とが相まって、夏のショーツスタイルにも非常にお勧めの素材。

IMG_2749
ボタンの全てがシリコンで作られている等、海やビーチ、プールなど水辺を前提に作られるラインナップだけあって、Drumohrのラグジュアリーなリゾート感が感じられます。

IMG_2667
ニットで心地良さを作り出し、他では得られる事の無いリュクス感を、こうしてトータルルックとしても持ち出して来るあたりもDrumohrらしさと言えるかも知れません。

IMG_2751
このi Drumohrには他のプリントもご用意が御座います。

IMG_2673
夏が近づくと、ほぼ毎日の様に出番が増えるリネン素材ゆえ、こうした色や素材のバリエーションを増やしておきたいですね。

IMG_5685
他にもリネンでは在りませんが、Altemflowerのポップなリゾートプリントもまた夏らしさを体感出来る一着です。

男性にとって数少ない遊びのポイントとも言えるシャツは、夏こそ威力、魅力を発揮する機会。

是非、これから来る夏に向けて、リネンシャツのバリエーションを増やしてみませんか?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
6月、13日、20日、27日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_1599
遅咲きの梅がようやく蕾を開き始め、街中にも春の足音が聞こえ始めました。

そんな春の陽気に誘われながら、今週も先週に引き続き沢山の新作が到着を進めています。

今日は予てから顧客様方に口頭でアナウンスさせて頂いておりました『Agnelli & Sons』の新プロダクトがスタート。

これまでジャケットやコート、スーツ、パンツ、スカートと重衣料を中心に、様々なアイテムを作り続けて来た弊社のプロダクト「Agnelli & Sons」ですが、いよいよ今シーズンからはシャツに着手。

これまでも様々なカミチェリア(シャツの仕立て屋)に別注を繰り返して来た当店ですが、それらには魅力ある物が作られるのと同時に弊害も少なく在りませんでした。

そんな中辿り着いたのが、今回取り組みをさせて頂いている企業様です。

「シャツ」と一口に言っても、その種類は様々です。

長らく当店にお越し下さっているお客様の中には、耳が痛い程聞かされている(多々)お話も在ろうかと思いますが、その作り一つ、生地選び一つによって、大きく左右されるのもシャツです。

そんな細分化されたシャツというカテゴリーの中で、今回当店がオーダーしたのは

フレキシブルに使えるシャツ

です。

当たり前の様に聞こえるフレーズですが、実際、どんな物にも合わせようと思うと難しかったりするのが女性のシャツ。

そこで、今回のAgnelli & Sonsとしてファーストデリバリーに選んだのは、オンスタイルに使えつつも、ジーンズを中心としたスタイルに「ぴったりマッチすること」がテーマのシャツです。

そんな中で生まれたのが今回の2種類。

IMG_1704
一つ目はホワイトのフレスコ(バスケット)コットン素材を使用した、カッタウェイカラーのもの。

IMG_1705
今回ベースとして採用しているカッタウェイカラーは、大きくサイドへ逃げるように広がる衿型の為、その呼び名となっているのですが、実際女性の装いの中で、タイを締める訳でもなく、また衿を開けて着る機会が多い分、この衿型が使い易い事は、もう言わずもがなですね。

それらの衿型に、芯地を排する事で生まれた、とても軽やかに弧を描く衿先、そして衿腰を感じさせない柔らかな感触が、今回のフレキシブルに使えるシャツとしてのテーマ(の一つ)。

IMG_1707
光沢が生み出される高品質なコットンは、この織目によって更に凹凸と共に増し、日常の装いに上品且つ高級感を与えてくれる物に仕上がっています。

その他にもこだわったディテールは数あれど、『先ずは「白」を持たずして始まらない』と言う一枚に仕上げています。

そして、もう一つが、英国の高級シャツファブリックメーカーである『THOMAS MASON』社の生地を採用したクレリックシャツです。

IMG_1697
通常クレリックシャツと言えば、衿と袖に白の部分を連想するのですが、敢えて衿のみに施す事によって、より多様性を生み出す一着として提案しています。

IMG_1698
こちらも同じくカッタウェイカラーに仕上げ、芯地を排した柔らかな仕上がりになっています。

IMG_1699
またボタンにも色の統一感を齎すべく、ダークネイビーのボタンを採用し、全体のトーンの邪魔をしないよう、細部にも手を入れています。

更にこの写真でもお分かりの様に、通常女性物のシャツには剣ポロが短い(或いは付かない)物も多いのですが、私達はシャツにはシャツとしてのディテールやメリットが、きちんと生まれる様、剣ポロも長さを指定して誂えています。

IMG_1691
クレリックシャツもオンスタイルへの用途は勿論ですが、ジーンズとの組み合わせは、古くから当店が皆様にお勧めしている、ある種の定番スタイル。

今回のTHOMAS MASONの高品質な生地、そしてそこに含まれた、独特なブルーのストライプから生まれる上品な色合いは、なかなか写真ではお伝えし切れない程、綺麗な仕上がりです。

IMG_1701
ところで、皆様一度は耳にしたことのあるTHOMAS MASONの名前、実際はどんなファブリックメーカーなのかご存じでしたでしょうか。

THOMAS MASON(トーマス・メイソン)は、1796年に英国のランカシャー地方で生まれたファブリックメーカーです。

「シャツ生地の起源」とまで称されるTHOMAS MASONですが、元々羊毛の紡績を主に行っていました。

その後作り出す生地のクォリティの高さから、1850年代にはヴィクトリア朝時代の英国王室など上流社会に広まり、紳士服地としての確固たる地位を築きました。
(ロイヤルワラント=英国王室御用達、の称号も授かっています)

以降、最新設備が整ったイタリアの三大紡績企業である『Albini』(アルビニ)社によって買収され、長年培われたTHOMAS MASONの技術はそのまま今も受け継がれ、世界最高品質と呼ばれるエジプト産の超長糸綿を使用した糸など、高密度で肌触りに優れた生地を作り続ける等、今も尚、世界最高品質としてその名を轟かせている企業です。

そのクオリティの高さは1850年代ヴィクトリア朝時代の英国王室をはじめとする上流社会に広まり、紳士服のエレガンスとして確固たる地位を築きあげ、ロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授かるようになりました。
現代では最新鋭設備が整ったイタリア3大紡績企業 Albini社に買収されましたが、長年培ってきたThomas Masonとしてのクラフツマンシップは受け継がれ、世界屈指のエジプト産超長綿を使用した糸を、高密度に打ち込んだ肌触りとコシに優れたその生地は、紛れもなく世界最高品質と言えるでしょう。

世の中には細い番手の糸を得意としている同じく高級ファブリックメーカーの「CARLO RIVA」や「ALUMO」などが在りますが、実用的で現実的な生地として、平均100番から140番手双糸の糸を主に作るTHOMAS MASONは、シャツ作りに於いて欠かせないファブリックメーカーの一つになっています。

今回使用したストライプの生地も、非常に艶やかで滑らかで在りながら、しっかりとしたハリも持っている等、実際に触れてみると、その素晴らしさが伝わります。

今回新たにスタートした当店Agnelli & Sonsのプロダクトを是非その目で確かめてみて下さい。

きっとそこには新たなステルス・ウェルスが感じられるはずです。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月11日(木)、18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ