IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:カミチェリア

a934d46e
店の花壇の中に咲く小さく黄色い花。
今月に入ってから数回咲いているこの花。
昼は花を広げ太陽の光をタップリ取り込み、夕暮れ時には花びらを小さく畳んでいます。

秋に色鮮やかな花が見られるなんて、自然の命の強さ、大きさを感じさせますね。
今週もずっと咲いていますので、ご来店の際には目を向けて見て下さいね。

さて、昼夜の気温差が広がり、益々秋を感じずにはいられない毎日が続いておりますが、現在店頭には連日秋の装いを求めてのご来店を多くいただいております。

新たに届く、ニット、コート、そしてジャケット等、いよいよ本格的な秋の身支度を感じさせますね。

今日はこれまで揃えたニットやジャケット、そしてボトムスに是非とも取り入れて頂きたい”シャツ”を取り上げて見ました。

当店で数シーズンお休みしていたイタリア、ナポリのシャツメーカー「Fralbo」は、かつてのFinamoreを始め、ラグジュアリーではKITONやLuigi Borrelliなど、常に多くのブランドのシャツを手掛けて来たファクトリーですが、その魅力は(前述のブランドでもお分かりの様に)仕上げの段階を細分化し、全てがハンドメイドから、12か所~4か所まで、手仕事を加える工程に応じた様々な仕上げのシャツを作る事が出来る事。

勿論、その高い技術は各ブランドのOEMからもお分かりの様に、優れた技術と知識を自社ブランドとして存分に生かしているのが「Fralbo」です。

fralbo_rake01
世界で最もラグジュアリーな媒体として知られるTHE RAKEでも度々取り上げられているFralboですが理由は多々あります。

しかし最たるものは、手掛けて来た全てのブランドのシャツが妥協を許さないシャツばかりだと言う事からも推測できるように、立体的なディテール、そしてそれらを作る職人達、その全てに

「目の肥えた紳士を満足させる」

魅力が備わっているからでしょう。

前述の言葉は日本版THE RAKEで謳われているものですが、Fralboが1933年以降、ナポリの工房で常にハイエンドなシャツを作り続けて来たからこそ、養われた造詣であり、また技術や知識でもあり、それらが本来シャツに求められる『妙味』を持ち続けているからかも知れません。

然し、そのFralboもいよいよ今季が日本でのラストシーズンとなりそうです。
今や多くのブランドがコロナ禍の影響を受け、苦汁を飲む事になっていますが、Fralboにとっても同じことのようです。

今回到着しているFralboは予てから当店が希望していたボリュームのあるワイドスプレットを使用した(メンズ、ウィメンズ共)ものになります。

155159134_o8
実は多くのシャツメーカーがそうである様に、衿型や胴、袖、着丈、その多くが各お店によって選択され組み合わせられ作られるのですが、Fralboもまた十数型の衿型を持ち、その中でも

”羽織り物の中に相応しい”

衿型を求めた結果、この衿型が最適解になりました。

155159134
ウィメンズは、しっかりとしたハリと厚みを持つポプリンを使用し、このワイドスプレットを合わせ、オフィスユースなどは勿論のこと、(当店らしい)ジーンズとのカジュアルダウンに相応しいクリーンな一着を作りました。

155159134_o1
ボディはホワイトベースに淡いミディアムブルーのロンドンストライプを、衿・袖にはホワイトを合わせたトラディショナルなクレリックシャツです。

衿の形状を見ても解る様に、まるで男性のシャツの様に外へ剣先が広がり、軽い芯地の入った衿は凛とした印象を作りつつ、動きのある立体感を作っています。

155159134_o8_1
またFralboはハンドメイドの箇所を指定できるのですが、今回は4HAND、重要な4か所を手縫いで縫い上げています。(※衿の付け根、剣ポロ、アームホール、ガゼットなど)

155159134_o2
チカラの加わる箇所を中心に手縫いで仕上げる事は、もはやイタリアのシャツとしては定石。
とは言うものの、今やマシンメイドでも相当な仕上がりを作る事が出来るファクトリーも多く、こうして手縫いを設ける事自体が少なくなって来ています。(在ってもそれなりの価格になります)

155159134_o4
また今回のウィメンズでは過去のオーダーとは違う決定的な部分が在ります。
それは”前後ダーツを省いた”こと。

バスト部分やヒップ部分へのカーブはそのままに、腰回りや背中回りのダーツを無くした事によって、これまでとは違った着心地が得られるようになりました。

どんな装いにもピッタリハマるクレリックシャツは、その魅力で購入される方、中々自分の好きなクレリックシャツに出会えず躊躇している方、更には当店が推すカジュアルダウンの一つとして選ぶ方、嗜好は様々です。

女性のシャツをしっかりと女性らしく作るシャツメーカーは現在それ程多くは在りません。
既にお持ちの方も、これから試される方も、是非一度新作のFralboに触れてみて下さい。

155160201
メンズは2モデルが仕上がっています。

155160201_o2
このモデルは前出のウィメンズ同様、迫力のあるワイドスプレットを用い、生地には柔らかいのにハリがあるコットンヘリンボーンを使った、オンオフ使いたくなる至極の一着です。

155160201_o1
仕上げはコチラも4HAND。 手縫いの箇所は同様で、ウィメンズに比べメンズのシャツ型には迫力が備わります。

この長さのあるワイドスプレットの衿は、タイを締めた時には収まりが良く、またカジュアルに衿を開けて着た時には、剣先が自然な曲線を描き、恰も計算され尽くされた”遊び”が見え隠れします。

勿論、それらを狙っての衿型でも在ります。

155160201_o2_1
特にニットカーディガン、ウールのパンツなど、秋冬の装いには迫力のある素材が増える分、シャツの素材感は大切な要素の一つです。

この素材には休日の紳士的な姿が直ぐに連想出来る独特な魅力が備わっています。

155160233
そしてもう一つ、このモデルには衿にボタンダウンを採用し、こちらもまた衿のロールを愉しむべく一着で、素材にはコットンフランネルを採用しました。

155160233_o4
フンワリとしたエアリーな雰囲気は、コットンフランネルの特徴でもあり、また真冬の素肌に着ても、ヒヤッとする事が無いなど、コットンフランネルには沢山の魅力があります。

155160233_o1
衿のボタンは留めたままでも良いし、敢えて外して着るのも良し、もはやボタンダウンの着方は多様になりましたね。

155160233_o2
このシャツに求めたのは、落ち着きと温か味ある存在感。
その結果たどり着いたのが、このモス(苔)グリーンのギンガムチェックです。

色の濃淡の塩梅がとても穏やかで落ち着きがあり、ニットやジャケットのインナーとして申し分のない紳士的カラーを醸し出してくれそうです。

155160233_o8
今季、当店はオリーブカラーのコンビネーションをお勧めしているのですが、既に多くの方々がオリーブ色やグリーンを基調とした同系色の装いを実践下さっています。

オリーブの濃淡を使ったグラデーションは、ホワイトを取り入れたり、ライトグレーを取り入れる事で、スッキリとした印象に作る事が出来ます。

まだまだこれからが本番の秋冬の御洒落。
既に揃えて頂いた各アイテムのインナー、或いはトップスとして、是非今回のFralboを取り入れて見ては如何でしょうか。

このちょっとしたエッセンスが、その日の全身を変えてくれる存在になってくれるかも知れませんよ?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_3763
しばらく心地良い毎日が続いていたと思った途端、蒸し暑さに包まれる事に。
いよいよ夏が本格的に近付いてきている事を感じさせる真夏の様相を感じる一日でした。

暑さが増すと少しずつ装いに『心地良さ』を求める機会も増えると思うのですが、男性にとってただただ心地良さを求めるだけでは御洒落は置き去りになりますよね。

特に夏はショーツを多用する方も多い我々世代にとって、トップスはバランスを考えてもロングスリーブ(ニットやシャツ、プルオーバー)を取り入れる方も多いと思います。

そこで今日取り上げるのは、イタリアの老舗カミチェリアの一つCORDONE1956(コルドネ)の高品質なプルオーバー。

CORDONE-1956-001
CORDONE1956は、イタリア、ミラノに拠点を置き、常に顧客の為の一着を、無数にある衿型やパーツのディテールを組み合わせ、更にハンドメイドによって作りだす至極のシャツメーカー。

CORDONE-1956-002
彼らのシャツは、世界各国に顧客を持ち、世界で最もハイクォリティーな男性誌THE RAKEでも度々取り上げられています。

151976692_o7
そのCORDONEの魅力は何と言っても妥協のない素材への拘りと、手縫いを駆使した様々なディテールと作り。

151976692
このプルオーバーもその一つで、ベースとなるのはセミワイドの衿を使ったシンプルなプルオーバー型ですが、何より素晴らしいのは、その素材。

151976692_o6
マーセライズ加工された綿糸をフレスコ(メッシュ)状に編み上げた物を使っており、その素材特性によって、まるで化繊が混紡されているかの様に、高い伸縮性を持っています。

151976692_o5
それらを熟練の職人たちが丁寧に縫い上げる事によって、非常に優れた着心地を作りだしています。

151976692_o1
衿とカフ(袖)には軽い芯地を用い(衿はカラーステイもあります)、紳士的な装いに必要な凛とした姿が保たれます。

151977156
今回は前出のセミワイドのモデルと、この幅広のワイドスプレットの2種類が揃っています。
(他にもリネン素材のシャツも店頭にご用意があります)

151977156_o1
何れも素材の心地良さは極上で、コットン100%で在る事が信じられないような心地良さ。
更に素材の特性の一つとして、吸湿速乾性が高く、まさに夏の装いとして二つと無い仕上がりを適えてくれる一着です。

151977156_o4
細部のディテールは紐解く事に魅力を発見する事が出来ますが、今回のプルオーバーでは、特に前立ての縫製と袖内側、袖の剣ポロのカンヌキなどに手縫いを施しています。

151977156_o2
前立て部分の手縫いは、対面する人の目に「手仕事」を訴える無言のディテールとして、このシャツの持つ魅力の一つを「モノ言わぬ言葉」として顕してくれます。

151977156_o3
シャツの魅力の感じ方は人それぞれですが、それらすべてに共通するのは、どれだけ職人の手によって丹念に縫い上げられたかと言う、所謂人の温もりを感じる事が出来るかどうかが含まれていると思います。

151977156_o9
袖のいせ込みもご覧の通り、実に丁寧に行われています。

まだまだイタリアには数えきれない程、人知れず作られているカミチェリアが存在しています。
CORDONEもまた得意分野を武器に、世界中の人々に高品質なシャツを提供し続けています。
(実際にはCORDONEが持つ各パーツには寸法単位で設定できる緻密なオーダーが在ります)

こうしてCORDONEのプルオーバーは、品質も最高、作りも丁寧、そして何より大人を自負する我々世代が求める全ての要素を適えてくれる類稀な存在で在る事が窺えると思います。

心地良く、そして作りも良く、この上ない着心地を是非CORDONEで味わってみて下さい。

きっと「気付けばCORDONEばかりを着ていた」なんて言う日が来るかも知れませんね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月9日、16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

まるで夏のような暑さに包まれている今日の長野地方。
湿気がなく今の陽射しは、どこか健康的で心地良ささえ感じます。

一年を通じて他の季節にはない心地良さは日本の5月ならでは。
この心地良さを十分に感じておきたいですね。

b01
初夏の陽気になると女性にとって不可欠なのが心地良いニットや長袖のトップスたち。
陽射しを避ける方は勿論なのですが、冷房対策として今のうちに揃えておきたいアイテムでもあります。

今、当店のスタッフが絶賛しているのがCrucianiのキッコデリーゾシリーズのニット。
このニットはCrucianiらしい高いクォリティはそのままに価格を抑えて作られているラインナップでもあり、魅力は何といっても、その「米粒大の大きさで編まれた編地」です。

b02
滑らかで柔らかく、そして通気性の良いコットンが心地良い至極のニットです。
クルーネック、Vネック、ロングカーディガンと当店では3モデルをラインナップしております。
これからの季節に向けて、是非一度お試しいただきたいニットです。

そして先日のピックアップに続いてBARBAのシャツも、これからの季節にピッタリのアイテム。

barba01
BARBAの中で最も人気の高いスキッパータイプのシャツモデル。

barba02
ふんわりとした身頃に台衿ごと寝かされた衿回りは、女性らしさと同時にカットソーなどで目にするスキッパーやオープンカラーとは違った雰囲気に。

barba03
そして背面中央にはたくさんのプリーツを寄せ集め、立体的な仕上がりを作り出しています。

barba06
今回当店が用意したのはリネンが2種類とコットンが1種類。
そのどれもが素材や色が違うだけで異なる雰囲気を作り出しています。

barba05
前後長が異なる裾、たっぷりとした身頃、そして若干短めに仕上げられた袖は、そのままでも十分サマになりますが、ロールアップをするなどして更に短く袖丈で着ると、また異なる雰囲気が作られます。

barba04
パンツでもスカートでも意外なほど合わせやすく、また女性らしさが作りやすい事から、このシャツが人気であることがすぐに分かります。

リネンはライトブラウンと、このチャコールの2種類をご用意しています。

barba07
コットンは安定のホワイトのポプリンでオーダーし、オフィスユースから日常まで多くのシーンをカバーしています。

barba08
季節的にも幅広く、春から秋冬までレイヤード次第では多くのシーズンを楽しめるのもコットン素材の魅力です。

barba09
BARBAのシャツは色んなブランドのボトムスやジャケット、ニットなどとの親和性の高いデザインが多く、常に多くの人々に試していただきたいブランドでもあります。

b03
仕事、休日を問わず、常に女性の味方であり続けるBARBAのシャツは、歴史に裏付けられた様々な造詣と知識、そして高い技術力によって支えられる女性のシャツナンバーワンとしてもお勧めです。

是非お試しください。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月11日、18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

春らしい穏やかな一日になり、街には新生活の準備を進める人々の姿が目立ちます。

春の陽気に誘われ様々なご来店を頂くと共に、店頭にも春、初夏を思わせる商品も到着が進み始めています。

今日ピックアップするのは当店では初めての取り扱いとなる南イタリアのシャツメーカー『Altemflower』(アルテムフラワー)のシャツたち。

イタリアには手練れの職人が数多いる他、様々なテイストや得意な技術を活かしたカミチェリア(シャツの仕立て屋)が星の数ほど在ります。

拘れば拘る程、その緻密さは多岐にわたり、ただ単にシャツ作りと一言で片付けられない多くの造詣が随所に求められるイタリアのシャツ。

今日ご紹介するAltemflowerは、中でもマシンメイドを中心に数十年もの間、シャツメーカーとして南イタリアを中心に営み続けるブランド。

IMG_9093
南イタリアらしい色や素材は勿論なのですが、Altemflowerは元々、リゾート地や海の多い南イタリアらしい、「上質なリネンやコットン」を使ってシャツ作りをする事に重きを置いています。

IMG_9095
今回当店がオーダーしたシャツはワイドスプレットに適度な着丈を持つ形を共通して使用し、それぞれに異なる素材を載せています。

IMG_9096
この色鮮やかな色も、リネンの特徴を活かし艶やかさと共に洗いによって醸し出されるリネン特有のシャリ感と、柔らかさを併せ持ち、夏のショーツとのスタイルや、ジャケットのインナーとして、装いに味わいを加えてくれる一着です。

IMG_9099
リネンは日本では夏だけのものとして認知されていますが、イタリア(特に南イタリア)では、年間を通じて好んで着る人が多い事でも知られています。

コットン同様、洗いを重ね着続ける事によって顕れる、『着馴れた感』、『ヤレ感』の味わいを楽しむもの。

ともすると、日本人の中にはジャケットやシャツにシワがよる事を嫌ったり、或いはそれらを気にして選ばない等の人も多いかも知れません。

しかし、着続けて尚味わいを増すのがリネンなのですね。

IMG_9089
その他にも、イタリアらしいリゾート感たっぷりのプリントを施したコットン素材もオーダーしています。

IMG_9091
プリント生地を嫌う人も多いと思いますが、これらを素敵に魅せるには、ヤハリ夏のショーツスタイルがベスト。

IMG_9092
リゾート地の多い南イタリアならではの特別感と、ポップで綺麗な色合いは、大人の男性にこそ

『茶目っ気たっぷり』

に着て欲しい、そんな私達の想いが込められています。

ビジネス優先で選ばれる事が無い、これらのシャツですが、休日や週末にこそ日常の装いとは違った趣きを楽しんで頂きたいがゆえのおススメが理由でもあります。

まだまだ夏には早いですが、早る気持ちを楽しみに変えて、是非新しいエッセンスを加えて見て下さい。

Altemflowerはコストパフォーマンスも高く、きっと満足度の高い一着になると思いますよ。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月14日(木)、20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_2079
長期計画の方にとっては、いよいよゴールデンウィークが始まる週末を迎えました。
街中にはいつもより県外ナンバーの車や駅前の往来も違った風景が広がっています。

毎年この週末を境に夏の装い充実へと加速するお客様も多く、店頭の春夏物は一気にピークを迎えそうです。
この連休中、当店顧客様の中には、お仕事と言う方も少なくないのですが、今日はそんな方々にもお勧めな、コンフォートなアイテムをピックアップして見ました。

collezione-donna-matteo-rota-02
先ずお勧めしたいのがオフィスでもカジュアルでも利用価値の高い、イタリアの真摯なカミチェリア『MATTEO ROTA』のブラウス。

このブランドは女性がデザインし、女性の職人たちによって丹念に手作業で作り出される至極の作りが特徴のシャツ専業ブランド。

その作りは緻密にして繊細、且つ女性ならではの魅力を表に出した立体的なディテールを持ち味にしています。

IMG_0824
今回当店がオーダーしたこのブラウスは、ふっくらとした立体感のあるキャンディスリーブに、ウエストのドローストリングスと、女性らしいブラウスを象徴するかのようなフェミニンな一着。

IMG_0827
本来、前出写真の様に前のスリット部分は立てている状態で着る物ですが、衿の様に寝かせての着用も可能な作りになっています。

IMG_0826
その立体感は、まさに計算され尽されたディテールに終始し、このブラウスの魅力を一際素晴らしい物に仕立てています。

IMG_0828
特徴の一つになっているキャンディスリーブ部分も、しっかりと縫い白を確保した事によって、ストレスなく自然に形作られています。

IMG_0831
巷に溢れる事の少ないMATTEO ROTAのブラウスは、女性にとって多くのトラディショナルやクラシックを経験されて来た方にこそ、その魅力が直ぐに伝わるでしょう。

今回のコットンポプリン素材にも、ブランドのアイデンティティーを感じさせる『Camiceria due emme sartrialita』(無二のカミチェリア)を目指す姿勢が窺える高品質な物。

これからの季節に間違いなく使える一着として、オフィス、そして休日にリコメンドしたい一着です。

IMG_1977
オフィス、休日、共にコンフォートが基本になる私達にとって、欠かせないのがボトムスの着心地。

IMG_1981
新作のeleventyのトラウザーズは、最も得意としているスラウチーフィットの腰回りと裾へ向かうテーパードシルエットによって、春夏シーズンのスタイルを(eleventyらしい)個性的な物へと作り上げてくれます。

IMG_1982
クロップドレングスに仕上げられ、更にそれらはこのボトムスの魅力を最大限に発揮し、多くのシーン、多くの世代にとって「使える一着」になっています。

IMG_1980
素材に使用するのは、同じくeleventyが得意とするウールサージのストレッチ。
この素材は試された方はご存じの様に、見た目とは全く違った伸縮性を生みます。

IMG_1984
同じ素材を使ったこのトラウザーズも、シルエットやディテールは異なるものの、オフィス、週末共に使える一着。

IMG_1985
前出のトラウザーズがスラウチーフィットなのに対し、こちらはレギュラーフィットの作り。

IMG_1987
深めのプリーツもこのモデルでは少し下の位置に施す事によって、ウエスト周りのフィットに対し、ヒップ回りの立体感を作り出す為、eleventyらしさ、eleventyならではのシルエットを生み出します。

IMG_1988
このディテール、シルエットが苦手と言う方もいらっしゃると思うのですが、このシルエットは他では得られない物。
一度このシルエットに魅入られると、次なる一着も欲する方が多いモデルです。

IMG_1990
オフィスは勿論ですが、ウィークエンドカジュアルに相応しいeleventyのボトムスは是非一度試して頂きたいラインナップです。

また週末の装いでも、カジュアルになり過ぎない物を期待するケースも増えるのが夏。

クラシックを基本に、コンサバティブな装いが多くを占める我々世代にとって、最低限の遊びに留めておきたいと言うスタイルを好まれる方も多いはず。

そんな方々にお勧めしたいのがこちらのワンピースたち。

IMG_1351
ウエストから裾へ向かう緩やかなフレアのラインは、付属のベルトを用いる事によってウエストコンシャスなシルエットを作る事が出来ます。

IMG_1352
まるでサンドレスの様に、美しいシルエットが作られるこのワンピースは、コストパフォーマンスが高いFEMINDの物。

素材のコットンポプリンも、しっかりとしたハリのある物を使用している為、全体のラインがボリューム感たっぷりに描けます。

IMG_1360
シンプルでベーシックなアイテムだからこそ、色を揃えたり、アクセントをつけて遊びたい物ですが、このワンピースのプライスから考えると、色違いでの購入はまさにお勧め。

IMG_1355
日常から、フライデーカジュアル(許される範囲ですが)でのオフィス利用等、このワンピースはお勧め以外見当たらない程、有効度が高い一着です。

IMG_1367
適度なプラスアルファだけで、それらしくスタイルアップ出来る簡単なアイテム「ワンピース」。

IMG_1366
女性だけの特権的アイテムだからこそ、その魅力を感じ、多くの装い、多くの季節で愉しんでおきたいですね。

IMG_2061
その他にも、現在店頭ではオフィス、お出掛けの両方に使えるお勧めの新作をコーディネート提案させて頂いております。

IMG_2062
春夏にしか味わえない色や素材、ディテールを、是非この連休を使って、試しにいらして下さいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_SS2018_2
初夏に向けたリゾートアイテムも揃い始めています。
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
そろそろ連休に向けた春夏の装いを検討されてみては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休日】
5月17日(木)、24日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/4/28
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ