IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:オーダー

IMG_6042
2月、3月、そして4月とせわしさが募る季節。
別れと出会いが交互にやって来る季節でもあり、また一年の切り替わりを付する季節でもあります。

現在当店ではPersonal Orderを開催中ですが、この季節にオーダーをするお客様の用途は大きく分けて二つ。

一つは仕事上ジャケットやコート、スーツを身に着ける機会が多い方、そしてもう一つがお子様をお持ちの女性方に於ける晴れの日の為の一着です。

日頃スーツやジャケットを着ない女性たちにとって、こうした機会に吊るしを購入する話をよく耳にするのですが、この季節のオケージョン対応のスーツは"想像以上に高額"。

とは言え、「誂えると高いのでは・・・?」とお思いの方も多いはず。
しかし実際デパートなどで売り場を覗くと驚くほどの価格が並んでいます。
勿論、価格の大小は在りますが、実際その時だけ身に着け、あとはクローゼットに収納では聊か勿体無い気がしますよね。

実は当店のお客様の中には、こうした機会に誂え、その後の装いにカジュアルダウンで楽しむ方が多くいらっしゃいます。

勿論、ブラックやホワイト等の生地を使った特別感のある物も、その後の装いに使い易く考えながらお客様と共に誂えるのも、Be Spoken(ビスポーク)たる所以。

会話ややり取りを介しながら、お客様の求める用途に応じて作る事がPersonal Orderの魅力でもある訳です。

しかし当店は「どんな物でも良い」というリクエストにはお応え致しません。

それはお客様が身に着ける事が、私達にとって多くの人々にアピール出来る機会。
つまりお客様が当店で誂えた物を身に着け、恥ずかしさを憶える様なものは誂えるつもりが無いからです。

いつでもお客様が「素敵」に見える事が私達の一番の望みであり、お客様が素敵に身に着けて下さる事が私達の小さな小さな誇りを満たしてくれるのです。

今日はそんな誂えに興味のある方、或いは過去にオーダーを頂いた事のあるお客様も含め、当店が考える『一着作るなら・・・』をテーマに、一つの選択肢をご提案します。

当店はトレンドを大きく反映するお店では在りませんが、要所要所に取り入れられる時代の潮目の様なアクセントを提案しています。

例えば昨秋冬にはブラックやオリーブ、ロングコート等がそうだったように、次なる1年のリコメンドをお客様方にお伝えしています。

その中で、今年の秋冬に皆様にお伝えしているのが、バミューダ丈のプリーツ入りパンツ(或いはガウチョパンツ)や、ミドルレングスのショートブーツ、更に

「ライトグレー」

による上下のセットアップです。

ここで言うセットアップとはジャケットとボトムスのセットアップではなく、ニットなどエアリーな素材を上下で組み合わせた

「ライトグレーのトップスとボトムス」

の組み合わせを指しています。

例えばアルパカやカシミアなどで作られたニットと、同じくニット素材で作られたラウンジパンツの組み合わせなど、一見コンフォータブルでルームウエアに見える様なセットアップにコート(それもトレンチやロングコート)を羽織ると言うスタイルです。

何故この話題に触れたかというと、春の機会に誂えるならば、これらのスタイルに合わせ易い物が良いと私達が考えているから。

そこでお勧めしたいのが、シャークスキンやシルク混ウール、モヘア混リネンなど、生地に表情があるもので誂える「グレー」のセットアップです。

IMG_7263
例えばこのロロ・ピアーナ社製Summer Timeの様に、ウール、シルク、リネンをブレンドした事によってシャークスキンの様に独特な表情が生まれる生地は、前述のグレーワントーンの組み合わせにもアクセントとなって生きて来ます。

IMG_7264
写真では非常に解り辛いのですが、立体的でシャリ感があり、また清涼感を感じる割にしっとりとした滑らかさも含まれるなど、ロロ・ピアーナのファブリックらしい独特な魅力が詰め込まれています。

IMG_7267
行事向けの方にはスカートとのセットアップを、またキャリア向けの方にはトラウザーズとのセットアップなど、ボトムを変えたり、或いは2ボトムス誂えるのも一つの選択肢になります。

IMG_7262
スカートをカジュアルダウンに使ったり、単体での出番が多い事は言うまでも無く、マルチに使えるグレーと言う色合いゆえのフレキシビリティを生みます。

IMG_7268
トラウザーズはジャケットやトップスの組み換え次第で使えるシーンがスカート以上に幅広くなります。
男性がグレーのトラウザーズを複数枚持つのには、こうした理由も多分に含まれています。

IMG_7265
もっとフレキシブルにマルチに使えるセットアップをと言う方には、リネンのベスト(ジレ)を「敢えて色を変えて」誂えておくと良いでしょう。

IMG_7266
単体での出番も多いベストはセットアップとは異なる色で作る事によって、Tシャツ等とのカジュアルダウンにも使える等、異なるシーンでの出番が多いアイテムでもあります。

この写真で使用したサンプルの他にも、グレーのトーンの中に収まる様々な生地が沢山揃っています。

IMG_7273
実は秋冬に比べ、凹凸感や味わいのある素材は、春夏の方が圧倒的に多く出て来ます。

IMG_7272
色の濃淡や微細な色の変化に及ぶ物も同様で、一見しただけでは単色にしか見えない物や、先日ご紹介させて頂いたソラーロの様な反射色の様な物まで、春夏は魅力的な生地が沢山出て来る季節でもあるのです。

IMG_7274
誂える事で伝わる、身に着ける人の表情や性格、職種が、選ぶ生地や形に顕れること。

昔、アメリカでは成功を目指すエクゼクティブは月収と同額のスーツやジャケットを身に着けると言われていましたが、こうした投資は人を判断するうえで大切な

ファーストインプレッション

を重視するからです。

とっても清潔な人が、洗濯のされていないヨレヨレの衣服を身に着けていても、それは周りにとって清潔には見えません。

とどのつまりは身に着ける物が相手に与える影響は多分に大きいと言う事です。

それらを加味しつつ、地味過ぎず、派手過ぎず、そしてフレキシブルに使えるグレートーン(それも表情のあるグレー)は、まさに誂えるのには打って付けの一着かも知れません。

IMG_7275
今回のPERSONAL ORDERで、何を選ぼうか、何を作ろうか、迷われている方がいらしたら、是非グレーの生地も選択の一つに加えて見て下さい。

想像とは違った仕上がりや表情が備わるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6044
2月だと言うのに小春日和を感じさせるような陽の光に、街中はいつもとは違い子供たちの賑わいが目立つ様に感じます。
この暖かさも今週いっぱいだそうですが、来週は再びニットの出番がやって来そうですね。

さて、季節は端境期を迎え、暦の上でも様々な行事が増える季節です。
特に当店のお客様方にとっては、キャリアの方々にとっては異動や新たな仕事、お子様をお持ちの方にとっては卒業や入学など、忙しい季節が始まりますね。

昨日もご紹介させて頂いたシャツのプレパック販売の様に、季節の始まりには複数備えておきたいものが増える訳ですが、今日ご紹介するのは、イタリアの老舗ファブリックメーカー「ALBINI」社のスーピマコットンを使用したカットソーです。

IMG_7198
今回当店が企画しているこのカットソーは、元々ポロシャツ様に作られた型紙を流用し、身体の丸みに合わせた立体的な形が特徴ですが、男性も女性も使えるカジュアルな一着として(ヘンリーネックではなく)バンドカラーの衿(と言っても極微なものですが)を持ったプルオーバー型。

実際入荷するのは少し先ですが、今回はこのモデルを女性に向けたサイズから男性に向けたサイズまで様々なサイズを作り、また色違いとしてホワイト、ミッドナイトブルー、ブラックの3色をご用意する予定です。

IMG_7202
このカットソーのおススメは何と言っても生地に採用したイタリア、ALBINI社(アルビニ)の作り出す

まるでシルクの様な光沢と柔らかさ

を持つ高品質の素材。

albini003
元々ALBINI(アルビニ)社は1876年に創業されたイタリアの三大生地メーカーの一つでもあり、イタリアの地名でもあるアルビニに住む人々は何かしらの形でアルビニの仕事に携わっていたとも言われるほど巨大な生地メーカーへと成長しました。

albini001
傘下にはTHOMAS MASON(トーマス・メイソン)社も抱える等、常に新しい挑戦と歴史に裏付けられ、長きに培われた技術や造詣を惜しみなく投じている生地メーカーでもあります。

albini002
このアルビニのスーピマコットンを使い非常に細かな目地によって作られた「滑らか」で「艶やか」なコットンは、このカットソーの表情を単なるカットソーと片付けるには惜しい素晴らしい魅力を放ちます。

写真では光沢が解り辛いのが残念ですが、今回のプルオーバーには男性、女性共に目から鱗の一着と成り得る魅力を持ち合わせています。

また着用時に感じて頂けるのが、この(極微ですが)衿を持つ事によって、ジャケットやカーディガン、ミリタリーなどカジュアルな羽織物でも、この小さな衿の存在によって見栄えが大きく変わってくれる事が皆様の期待を良い意味で裏切るものになってくれるでしょう。

IMG_6842
また今回のカットソーの他、夏頃には新たなディテールを取り入れたIL MAREらしい一着も検討しております。

毎日身に着けるシャツ、そしてカットソー、共に必要な時に買い足す事が出来る事の魅力を、改めて感じて頂けたら嬉しいですね。

この他、今年の当店は新しい企画が目白押しの一年となりますので是非楽しみにお待ちくださいね。


※今回のカットソーの生地を体感したい方は、明日16時まで店頭で触れて頂く事が出来ます。
ご興味のある方は是非お気軽にお問合せ下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7126
週末に合わせやってきた2月最初のイベント「St.Valentine's Day」。
街中を往くカップルを見ると、どこか意味有り気にストーリーを想像してしまう無粋な世代の私達ではありますが、今日は何処彼処このイベントを楽しみに変える姿が多い事でしょう。

今日はお客様からもヴァレンタインのお差し入れを頂きました。
嬉しい事にますます胃袋を成長させつつ更に仕事へ精進させて頂けそうです。(?)

さて、いよいよ今日からはパーソナルオーダーも始まり、既に店頭やメールなどで沢山のお問合せを頂く一日となりました。

今回は特徴的な生地が多い他、味わい深い玄人好みの生地も増え、男性、女性共にどの素材にしようか?と頭を悩ませる数日間となりそうです。

また今回のオーダー期間中は、直接パーソナルオーダーとは関係は在りませんが、日常的に使用機会の多いシャツやパンツなどの新たなご提案もさせて頂いています。

御洒落の中には「仕事上」どうしても外せない「考え方」があったりします。

それは日常的に半分は仕事着としての役割を担うもの。

そこには御洒落と着用頻度を天秤に掛けざるを得ない、とってもジレンマの働く時がありますよね。
男性も女性も仕事の上で欠かせないシャツの存在がその一つです。

中でも白のシャツを中心に、その日の中心を担う色があったりする訳ですが、仕事だけに限らず、日常的に白シャツとジーンズを自分の定番スタイルとする人もいます。

例えばTEEシャツを買うように、日常的に着ているとダメージの進み具合も早く、「あぁ、同じ物をもう一つ買っておけば良かった・・・」などと思う事、ありますよね。

当店スタッフもその一人で、昔から白のシャツや白のTEEシャツは、同じ物を複数買い揃える事が癖づいています。

それはどちらも「白」で、しかも「消耗品」として捉えているからです。

色んなブランドや誂えの白のシャツを購入しても、空気や肌、時間、その他色んな条件が重なり、衿や袖の汚れや擦れは、避けようのないものでもあります。

20021401
しかしこうした考え方は人それぞれで、割り切ってしまえば数千円のシャツを何枚も購入する人、常に同じオーダーが出来る誂えを使いリピート購入する人、或いは一着のお気に入りを念入りに手入れしながら、幾つかをローテーションしながら着る人、、、等々、その人の生活スタイルによって異なります。

当店スタッフの場合は、高品質のシャツ(或いは高価格のシャツ)も、低価格のシャツも、全て同じ扱いをします。

着なければ劣化し、着続けても劣化する、その結果、常に着続けながら手入れも行い、更に枚数を増やす事で何年も過ごしています。

実は当店のお客様の中には、同じ考え方をする人が意外と多くいらっしゃいます。
用途を分けるより、枚数を増やして一着当たりの劣化を防ぐのです。

そこで今回当店が企画しているのは、Agnelli & Sonsのシャツ(今回はウィメンズのみ)のリモデルに伴い、新型のシャツモデルを限りなくコストパフォーマンスが高く、更に2着セットにした「プレパッケージ」として販売しようと言うものです。

IMG_7213
前回のパターンから今回は細部に微調整を行い、ボタン間のピッチの拡大、袖丈の長さの延長

IMG_7215
更に衿型をセミワイドに変更し、より使い勝手の良いフレキシブルなシャツへと進化させました。

IMG_7216
特にボタンのピッチは、従来のシャツでは第1ボタンと第2ボタンとの間が少し狭目のピッチだったのですが、このピッチを変更し

IMG_7214
第2ボタン以下のピッチも変更する事によって、ボタンを開けた時のバランスを重視しました。
(従来のボタン位置はボタン間が覗く事が無くメリットも在りますが、今回はより女性らしさを優先)

この形を基本として、2枚セットにしてご購入頂こうと言う企画です。

IMG_7231
Aの生地はヘリンボーンの織り柄が美しい微光沢のあるコットンのホワイト。

D1ACC119-D7BB-41ED-8D92-A476512D1285
Bは同じくブルー、Cは立体的な微細な織目のグレー系、Dは艶やかさのある100番手双糸のカーキ、そしてEはオンオフに欠かせないホワイトとブルーのロンドンストライプです。

これらを予め2着のセットにプレパッケージするのですが、同色2着のセット、異色2着のセット、異素材2色のセットと、全て異なる組み合わせで販売をする予定です。

また、2月14日から18日までの期間のみ、ご希望のお客様にはお好きな組み合わせをお選び頂ける機会を設けました。

勿論、2枚セット+1枚でも結構ですし、仲の良い方や御家族と一着ずつ分けて頂いても良いですし、使い方は様々です。
(※同サイズ2着でのセット販売とさせていただきます為、異なるサイズの組み合わせはお断りさせて頂きます)

サイズ展開も、最小36、38、40、42、44(以降はご相談下さい)と幅広くご用意が出来ます。

価格については現在、生地や仕様などの最終打ち合わせを行っております為、現在予価ではありますが、1セットあたり3万円前半の価格に収まる様進めております。

仕事でシャツを着る機会が多い方、或いはジーンズに白シャツのスタイルが定番の方、是非今回の企画を有効利用して頂ければと思います。

※ご注文などご相談につきましては店頭までお気軽にご連絡下さい。
サイズの参考につきましてはオンラインストアのシャツの寸法をご参考下さい。
(袖丈は各サイズ2㎝長くなる予定です)

寸法の参考シャツはコチラから


更に今回ご提案の生地は(カーキを除く)後から買い足す事が出来ます。

つまり必要な時に買い足す事が出来る、一種の安心感があります。

(生地や作りの)コストをただ単に下げるのではなく、ディテールへの拘りや作りなどを変えず(衿の中に接着芯などを使ったりせず)、新たな定番提案の一つとして、今回のシャツがあります。

今回新型を作る為に、拘り続けた箇所が幾つもありますので、是非ご興味のある方は店頭まで。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6478
昨晩の降雪が嘘の様に晴れ渡り、街中は爽やかな陽射しに包まれた祝日の今日。
穏やかな陽射しと日陰の冷たい空気とが入り混じり冬ならばこその天候に。

今週はバレンタインデーのプレゼント探しなど往来の混雑が目立っています。

同時に季節の節目でもある2月は装いを新たに検討する時期でもあります。
今日はパーソナルオーダー用の新作生地が到着し、またお客様オーダーのコートも仕上がってまいりましたので、ご紹介を兼ねてお得なトピックをご案内させて頂きます。

A78A87FD-AE23-4534-8C93-22CDA7B3FBA1
先ずはお客様からご注文頂きましたフルサイズのレングスを用いたダブルブレステッドのロングコート。
昨年から当店がお勧めして来たブラックの上下に対しオリーブ色のコートだけを合わせるシンプル且つスタイリッシュな提案にご賛同いただき、そのスタイルを体現すべくご注文下さったお客様のもの。

1B4DFFCE-8029-4F17-A18A-2BDDBD2735BC
素材にはカノニコ社のスーパー100’Sのフランネルを使用し、丁度今位の季節にも相応しい、風にたなびく様なしなやかさと柔らかさ、そして美しい微光沢を帯びた実に洒脱な雰囲気に仕上がりました。

真冬に身に着けるコート、そして秋から春まで身に着けるコートと、素材の扱い方や仕様で多くのアイディアやバリエーションを盛り込む事が出来るのもオーダーの魅力。

今回のオーダーでは、ミドルインナーにダウンベストなどを合わせる事で真冬を越え、またそれ以外のシーズンには風にたなびく美しさを求めて作り上げています。

ミリタリーの筆頭格を思わせるオリーブカラーも実は濃淡や織り柄、凹凸と、その表情だけで多くの雰囲気を齎します。

今回の素材には仄かにラギッドさを感じさせるメランジ風の表情がミリタリーを、また相反する様に全体のディテールを誂え、その二つを一つにした、まさに女性の為の一着として成し得られています。

EC586C52-313E-455B-93EB-2FC6F71CF972
今回お客様の体形を加味し幾つかのアイディアを取り入れているのですが、一つだけ言える事は、このコートを着る事によって、ウエストから裾まで、或いは足元までの綺麗なフレアがより美しく、そして長身、痩身を生み出すメリットをも持っていると言う事です。

実は店頭に到着するや否や数名のお客様から「素敵!」と言うお声を頂いており、こうして形になる事によって人の目に訴える魅力は、まさにパーソナルオーダーならではの最大の魅力であると言えます。

今週末からは新たな生地を使用し、新シーズンへのオーダーがスタートいたします。
ご興味のある方、そして次なる一作を検討されている方も、どうぞお気軽に店頭或いはスタッフまでご相談下さい。
(※まだまだアポイントに余裕が御座います。 連日アポイントが埋まってしまいます為、出来るだけ早めのご相談、ご依頼をお勧め致します。)


そして、今週末からのパーソナルオーダーに先立ち、今日は200数種以上の中から、当店スタッフが選り抜いた幾つかのファブリックをご紹介いたします。

そして更に!

今回ご紹介させて頂くお勧めの生地をお選びいただく方の中で、

「まだ何を作るかは決めていないけれど、先ずは生地を確保したい!」

と言うお客様には、当店より

<お仕立て代10,000円のお値引きサービス>


を進呈致します!

尚、このサービスについては本日のブログ後述にてご案内させて頂きます。

先ず今回のオーダーに際しては、当店から幾つかの(仕様や形の)ご提案が在るのですが、中でもジャケット単体として非常にお勧めしたい生地が以下の物たち。

IMG_6601
一つ目はトラウザーズ、スカート、そしてジーンズなどボトムスを選ばず使いたくなる「意外」なフレキシビリティを持つ生地たち。
左上から時計回りに、ブラウンの艶やかな素材、メランジ調のグレー系を使った爽やかな織素材、非常に優れたストレッチ性を持つコットンストレッチ素材、しなやかさとユーティリティを備えたグレーのストライプの4種。

IMG_6602
またこちらも同じくシンプルで落ち着きのある中に、趣を持った生地たち。
シャリ感と共に光の加減によって色合いが異なって見えるカノニコ社の各素材。
冬を除いた3シーズンとしてもお勧め。

IMG_6604
同じくカノニコ社製のうっすらとシャドーチェックを取り入れた、こちらもまた独特な趣を持ちながらも、身に着けると単色に見える大人ならではの選択と言える4種。
薄く柄を取り入れる事により、日頃のシンプルが奥深いものに変わる生地たちです。

IMG_6606
拡大するとその目地や柄の細かさ、同一トーンによる見栄えが良く解ります。

IMG_6603
同じくこちらもカノニコ社製ですが、左上から今季最も持っていたい淡いライトオリーブ(或いはグリーン)、ブラウンとネイビーを仄かに織り交ぜたチェック、ネイビーベースにレッドのチェックを取り入れたプレッピーなチェック、グレーにブラウンのシャドーが大人ぽさを際立たせるチェックと、チェックの中でも異なる魅力の4種。

IMG_6605
春夏の素材ならばこその軽い見栄えと、色のコントラストが多くのスタイルに取り入れやすさを作ってくれる4種です。

IMG_6613
そしてこちらは特徴的且つ当店スタッフが「テーマ」ごとに誂えて欲しいと願う4種類です。
左上から時計回りに、DRAGO社のブラウンのストライプ、フェルラ社のフレスコ素材、カノニコ社のライトピンクのホップサック、トレーニョ社のシャドーチェックと、こちらは金属ボタンを使いブレザー然として誂える事によって、フレンチアイビーを気取る現代的プレッピーを表現出来るお勧めの4種。

IMG_6614
特にフェルラ社のフレスコは隙間が判るほどの編地で、まるでフレスコタイ(メッシュの様なネクタイ)やニットの様な仕上がりです。

IMG_6615
更にカノニコのライトピンクのホップサックは、ゴールドの金属ボタンを合わせ、ホワイトのボトムスやライトグレーのボトムスと合わせたリゾート感あふれる装いが想像出来ます。

IMG_6616
更に初夏に目を向けるとこちらの3種もお勧め。
左上から時計回りに、アンジェリコ社のブラウンとホワイトを組み合わせた粗目のマドラスチェック、昨年も非常に人気の高かったハリのあるシアサッカー、そして微光沢をもつストレッチコットン。

IMG_6617
アンジェリコ社のチェックは織地の粗さがジャケットに迫力を作り、こちらもまた金属製のボタンを使ってトラディショナルな雰囲気を作ったり、或いは本蝶貝のボタンを使いノーブルな雰囲気を作り出したりとアイディア次第で様々な表情を作る事が出来ます。

IMG_6618
また、このストレッチコットンは拡大すると、より光沢感や伸縮性の素晴らしさが伝わりますが、こうした素材には製品いした時の立体感が、他素材に比べてより露わになる特徴も在ります。

コンフォートなスーツとして、或いはカジュアルにも使えるジャケットとして、更には春のコートとしてもお勧めの生地ですね。

そして今回最もお勧めしたいのが、各社が挙って輩出しているウール基調のソラーロ。

IMG_6607
中でも当店がイチオシしたいのがDRAGO社製のソラーロです。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7
昨年当店スタッフが着用したスーツを見て、その生地で作りたい、その雰囲気を作りたいと言うお客様が多数いらっしゃったのですが、この素材がソラーロ(スタッフ着用のソラーロはウールとコットンのブレンド)です。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7_2
ソラーロは元々サンクロスとも呼ばれ、夏の生地として古くから人気の高い、玉虫調に色の変化をもたらす素材。

古くは20世紀初頭から在るソラーロ(サンクロス)は、亜熱帯の地域における強い日差しから肌を守る為、縦糸と横糸が2:1の配分で異なる色を織り合わせることによって作られる素材の総称でもあり、元々はオリーブ、オレンジの2色を組み合わせた、英国のスミスウーレンズ社製の物が元祖と言われています。(オリジナルは同社の物に使われている名前と言う事になります)

近年では色の組み合わせが様々な物に変化し、ブルーとグレー、ブラウンとオレンジなど、様々な色の変化を愉しむ夏の素材として重用されています。

IMG_6610
中でも当店が推すDRAGO社製のソラーロは実に上品で在りながら統一感のある色の変化、そして高級感を作り出すものばかり。

IMG_6611
スーツやジャケットは勿論、春用のコートとして一枚仕立てを作るなどもお勧めの使用法。

IMG_6608
生地の表情は写真で見るよりも、ずっと豊かな表情を作り、色の変化もファブリックメーカーごとに魅力が異なります。

IMG_6609
今回お勧めするソラーロは、海外は勿論、日本国内でも昨年同様非常に人気の高い素材で、新素材が到着すると完売速度が他の素材に比べて早い為、今回皆様へご提案させて頂くと同時に、先述の通り「先に生地を確保したい!」と言う方に、当店よりお仕立て代を10,000円分サービスさせて頂く経緯に至った訳です。

つまり、皆様に確保を急かすほど、それほど早く無くなってしまう生地と言う事です。

ここまでご紹介させて頂いた生地について、ご興味のある方、或いは「先に生地だけ確保したい」と言うお客様につきましては、当店オンラインストア(トップページ)のお問合せメール、或いはお電話、ご来店などにて、その旨(生地を指定していただきます)をお伝えください。

※先に生地を確保させて頂き、第二回パーソナルオーダー開催時での正式なオーダーでも構いません。
生地確保が先と言う条件をご理解下さい。

また今週末から開催させて頂きます第一回パーソナルオーダーの会期中でも同様のサービスを行わせて頂きます。

先ずはご来店のアポイント、もしくは詳細などについて店頭、または各スタッフまでお問合せ下さいます様お願い申し上げます。

※解りづらい点についてもお気軽に店頭へお問合せ下さい。


以上の他にも今回の新作生地にはお勧めが盛りだくさんです。
是非今週末からのパーソナルオーダーで、ご自分だけの新たな一着を誂えて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6476
この冬、最も冬らしい景色が広がる一日となった今日。
路上に久しぶりの雪面を見る事になりました。

先週から続く冷たい風と凍てる空気に、心も萎れそうですが、冬の御洒落を愉しむ方々にとっては「やっと出番が・・・」と思う方もいらっしゃるかも知れません。

それ程今年の冬はダウンジャケットの出番に乏しく、むしろウールのコートの出番が多く、未だお問合せを頂く事が多々あります。

コートと言えば、一昨年Personal Orderでお誂え下さったお客様が、それらに袖を通し現れると我々もハッとさせられる事があります。

それは生地の魅力が存分に伝わり、何より目に強く訴えかけて来るからなのですが、それほど生地の魅力と言うのは嘘を付かないもので在ると言う事を、我々がお仕立てしているにも関わらず、改めてハッとさせられてしまいます。(それも何度もです)

昨年は個々のオーダー以外、Personal Orderの催しの機会を改めて設けなかった秋冬でしたが、今年は3月までの間に2度の開催を予定しています。

TEST01
今年は2月14日(金)から18日(火)まで、そして更に3月6日(金)から10日(火)までの2回に分けて開催いたします。

秋冬のPersonal Orderを何故開催しなかったのか?とお客様から訊ねられる事が在るのですが、個別にご注文頂くオーダーはこれまで通りお承りしておりました。

元々、Personal Orderはお客様からの御依頼に応じて行う為、開催期間を設けずとも、お客様のご都合でお申し付け頂けるものです。

然し乍ら、当店の顧客様には「新しいディテールや形」、「新しいスタイルの為に必要な形、生地」など、むしろ我々お店から提案してほしいと言う方が多く、これまで新しい何かを加えたり、提案する時にPersonal Orderの機会を設けて来ました。

そして今回行うPersonal Orderでは、前述に漏れず、当店が新たに皆様にご提案させて頂く「ダブルブレステッド」の新作サンプルが仕上がったため、それらのお披露目を兼ねて開催となりました。

また2度に分かれてのご案内には、それぞれ理由が在ります。

先ず一回目となる2月14日からの開催では、これまでのコート、ジャケット、スーツ、スカート、トラウザーズ、ベストなどに加えて、週末の2日間(2/15、16)のみ限定の特別サンプルをご覧頂くなどを予定しています。

これは今回初となる「カットソー」のお披露目。
形などの詳細は店頭でお伝えさせて頂くとして、単なるカットソーではなく、非常に上質且つ優れたコットン素材を使ったハーフスリーブ、カフ付きのロングスリーブ(袖先がシャツの様になっている)など、新しい展開を取り入れる物になります。

また別途、4月以降に展開予定のシャツの素材として(生地の用意が間に合えばご覧いただけますが)イタリアのファブリックメーカー「Canclini」社の新素材、コットンストレッチ、プリントコットンストレッチなどを事前に皆様にお披露目させて頂ける予定です。
(※現在調整中)

IMG_5806
このコットンストレッチも、言葉通りから想像する様な単なるコットンストレッチではなく、まるでそのものが別の素材の様に見える物(サンプル写真参照)だったり、触れた瞬間に全く別の物を感じさせる不思議な素材です。

IMG_5807
この写真に写っている素材も、見た目はリネンにしか見えないのですが、この細かく立体的な目地は、何と「プリント」。
そして素材自体が非常に高い伸縮性を持っていることからストレスフリーの素材になっています。

こうした新しい試みのご提案もこの週末のみ開催となる為、事前にアポイントを頂きますと、より確かな情報やご説明をさせていただけます。

IMG_4693
また二回目ではウィメンズのダブルのテーラードの最終サンプルをご覧いただき、オーダーを承ります。
一回目の段階ではファーストサンプルをご覧頂く事が出来ますが、ファーストサンプルに更に改善点を加え、細部のディテールが変更になります。
(着丈やボタン位置、ポケット位置など多々変更点が在ります)

image
県外からお越しのお客様や長らく店頭へ足を運んで下さるお客様からの強い希望であったダブルブレステッドをようやく皆様にご提案出来るようになります。

また今回は、ダブルのテーラードでお勧めとなる生地、ボタン、ディテールとの組み合わせ提案が御座います。
女性、男性共に是非ともご検討いただきたい提案となりますので、是非ご興味のある方は店頭までお気軽にお尋ねください。

今回のPersonal Orderはこれまでのオーダーとは違った趣向を取り入れた複合的なイベントになります。

尚、今回のイベントでは女性を対象に第一回を行う予定ですが、男性のお客様のご注文も勿論お承りいたします。
男性のお客様のご依頼につきましては、ご来店予定日の3日前までに店頭までアポイントのご確認をお願いいたします。(対象サイズや生地の選択などの準備時間を頂きます)

女性のお客様も基本的にはアポイント制となります。(約1時間程度)
※過去に採寸済の方、生地をお選び頂く方などに尽きましてはアポイント不要の場合が御座います。
また初めてご注文いただく方、或いは初めてお試し頂く製品(ジャケット、トラウザーズ、スカートなど)につきましては予めアポイントを頂けますようお願い申し上げます。

新たな魅力に触れる今回のPersonal Orderを是非皆様の装い作りにご活用下さい。


【オーダーをご検討頂くお客様へ】
各イベント期間中、ご希望のご来店時間を各スタッフまでご相談下さい。
時間帯によりアポイントが重なったり集中する場合はご予約順にてお承りさせていただきます。

また初めてのお客様、初めてオーダーする製品の場合、大半の方がご予約の時間内では決めかねてしまうケースが多い為、事前にイメージする形や色などをご相談頂くか、予めゆとりの持てる時間帯をスタッフへご相談下さい。

リピートオーダーのお客様につきましても、春夏用の採寸、秋冬用の採寸と分けて採寸を行っている場合、該当する季節物の採寸がお済で無い方は春夏物を想定した薄着での採寸をさせていただきます。
3シーズンなど合い物の場合にはそれらに限りません。

その他、解らない点につきましては店頭、または担当スタッフまでお気軽にご相談下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

このページのトップヘ