IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:イルマーレ

A7A4F6E4-13C6-4DC3-9EEA-3E72987CB5E2
予てから当店で俄かにリピーターが多かったイタリア、ミラノのブランドMARCO MASI。
その特徴的なデザインはラフィアと革をコンビネーションした物に代表され、日本ではとかくラフィア素材の物が人々の目に知られて来ました。

4fc0373d
当店でMARCO MASIと言えば、この持ち易いハンドルと形、そして軽さが魅力のトート型バッグ。
加えてシッカリ編み込まれたラフィア素材の形。

そしてもう一つが

MMASI001
この縦長タイプのバッグ。

MMASI000
MARCO MASI(マルコ・マージ)は、1987年以降、MASI家が受け継いできた革職人としての知識と技術、そして研究熱心な彼らによって数々のブランドのOEMを手掛けてきた、2010年に自社ブランドとして立ち上げた歴史の若いブランドです。

そのMARCO MASIの製品を世界で最も目にする事が出来るのが実は日本。
その魅力を早くから取り上げ、数々のショップによって異なる趣きや形を表現して来た事が、このブランドの(日本での)認知度を上げています。

当店でもシーズンごとに度々オーダーして来たMARCO MASIですが、今季は特にこのブランドが特徴としているパイソンの型押し(Pitone Stampata)を中心に展開。

IMG_6068_PhotoRoom_20210329_225910
MARCO MASI自身も推しているこのバケットバックの形状と、特徴的な色合いRocciaで仕上げたバッグは、MARCO MASIの作りだすパイソン型押しが他とは異なる穏やかさを持っている事に気付かされるはずです。

158519848
当店がオーダーしたこの色合いはブラウン系トーンが中心のパイソンで、一派的に想像される物に比べ、尖り過ぎた印象がありません。

158519848_o5
むしろ落ち着きすら感じさせる色合いに、パイソンを苦手としている方にこそお勧めしたい魅力的なカラー。(柄そのものが苦手と言う方には無理かも知れませんけれど…)

158519848_o2
この繊細なタッチで作られた型押しは、カーフスキンに押されたもので、革そのものにも品質を求めるMARCO MASIらしい柔らかさとしなやかさが、まるで本当のパイソンレザーの様にコンフォータブルな存在感を作りだしています。

158519848_o1
MARCO MASIも語っておりますが、このバッグは春から冬まで、つまり一年中使えるバッグとしてブランドとしても推しているレザー(ラインナップ)なのですね。

IMG_6067_PhotoRoom_20210329_225943
同じくこのバッグもラインナップの一つで、前出の物より少しコンパクトな大きさ。

158519611
余程荷物が多い方でない限り、日常的に出歩く荷物は(多少は少なくして頂きますが)大抵の物が収まる大きさです。
ロングウォレット、モバイル、小さな化粧ポーチ等、不可欠な物は収納出来ます。

158519611_o2
このバッグ(サイズ)の特徴はホールを通じてハンドルになっている点は前出と変わらないのですが、一点異なるのが、この絞りの在る部分。

158519611_o3
ハンドルの長さを変えたり、或いはバッグインバッグとして持ち歩く際には入口をギュッと絞る事で荷物の散乱を防ぐなど、アイディア次第で使い方が変えられます。

158519611_o4
どちらも二つの持ち手でハンドバッグとして持ったり、或いは片方だけを伸ばしてワンショルダーにしたり、フレキシブルに使える点はMARCO MASIが求めているコンフォータブルなバッグで在るべきと言う所につながっています。

158519611_o5
MARCO MASIのバッグのラインナップは決して多くは在りません。
然し、ここまで人気となっているのには何かしらの理由があります。

158519611_o6
それは、恐らくがMARCO MASIのバッグのバリエーションを各ショップがアイディアとして作りだしたり(組み合わせ等)、またブランドが掲げる、コンフォータブルなバッグである事や軽さ、そして日常的に使えるもので在る事など、その全ての要素が今の日本女性たちにシンクロしているからかも知れません。

バッグを選ぶ、或いはバッグブランドを選ぶ、それは女性にとって一つの楽しみでもあり、また必要に応じて選ぶものでもあります。

MARCO MASIは決して高額なバッグを作る為、生み出しているのではなく、それまでの多くのブランドのOEMで裏付けされた高い技術やバッグへ求める様々な欲求を、身近なバッグに転化している、数少ないブランドの一つだと私達は考えています。

特にお出掛けが制限されて来た(或いは今)生活環境の中で、最も実用的で、理に適っていて、そして御洒落としてのインパクトを持っている最適なバッグかも知れませんね。

MARCO MASIのバッグは他にもご用意が御座いますので、是非ご来店の際に手に取ってみて下さいね。

あなたにとってのバッグ選びに、MARCO MASIと言う選択肢が新たに加わるかも知れませんよ。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2553
黄砂を含んだ小雨空。
春は花粉や黄砂が雨に交じり、雨が上がった次の日がある種闘いです。
明日はくしゃみをする人が増えそうな長野地方です。

さて、先週から沢山の新作が到着し、いよいよ装いもトータルで揃えたくなる時期に差し掛かっています。

今年は昨年のコロナ禍の影響を避け、シューズ類が久しぶりに充実を計っているのですが、今日は洗練されたシャープさが魅力のFABIO RUSCONIの新作を幾つかピックアップしたいと思います。

158504895
一つ目は先日のブログでも触れたセレモニーにも使える春らしい一足、短く整えられた毛足が美しいスウェードのバックストラップです。

スーツやワンピース等、華やかさを表現する春のセレモニーにピッタリの形、そして色合いと、セレモニーデビューで、その後デイリーに使うと言う一つの(言い訳)使い方を思うと、このパンプスは必要不可欠(?)な一足に。

158504895_o3
今回このパンプスをオーダーする際、穏やかで中庸な色合いを求めていました。
その時、メーカーの素材サンプルから選んだのが、この(写真では解りづらいのですが)穏やかで落ち着きのあるハニーカラー。

はちみつのような綺麗さと、素材に使用した非常に柔らかなスウェードがマッチして、このパンプスのテイストにピッタリ合っています。

ホールド性の高いアッパーの周りこみ、そしてエラスティックを採用したストラップと、フラットパンプスとしては申し分のない作りの一足。

158504895_o7
相性の良い色が多く、また素材を選ばず、実に使える一足となっているこの新作。
オフィスユースからウィークエンドまで、そしてパンツ、スカートを選ばず使える、意外性の高いフレキシブルな一足です。

158505201
春夏は様々なボトムスのバリエーションを愉しみたい季節。
ジーンズばかりじゃなく、クロップドレングスやスカート、ショーツ、そしてワイドパンツ等、ボリュームの有無だけでも様々なタイプがあります。

そんなバリエーション豊富なボトムスに比較的多く合わせられるのが、このサンダル。

158505201_o5
用途は嗜好するスタイルの数だけ在りますが、特に当店がお勧めしたいのがブラックやホワイト、ベージュ等のワイドパンツ等、丈が長く裾幅の広いボトムス。

勿論、ロングのワンピースなどにも好相性を見せますが、このH型のストラップに配されたブロンズゴールド(写真ではイエローに見えますが、実際にはブロンズ系のゴールドになります)が、重みのあるボトムスに覗くと、肌のヌードカラーと相まって、実に魅力的に見せてくれるのです。

158505201_o2
ベースは柔らかなブラックのスウェード、それらにアクセントとして入るゴールドカラーが、全体に軽快感を齎してくれます。

158505201_o6
シューズとバッグのシンクロは、もはや当たり前の決まり事。
この春はイエローのアイテムを効果的に使って、より磨きのかかった大人の女性を振る舞ってみては如何でしょうか。

このサンダルがカジュアルなサンダルとは違った魅力があることを、より知る事と思います。

158505419
そして最後にお勧めするのが、このスクエアトゥのクロスストラップのサンダルです。

158505419_o2
昨シーズン以降、スクエアトゥの様々なシューズが世に出回っておりますが、大抵の物の場合はトレンドを加味した”過剰な”ディテールが占めています。

しかしこのスクエアトゥは、爪先のトップ部分から小指側に掛けて、斜めにカットされている事により、パンプスなどで言うところのポインテッドトゥの様に、足を綺麗にほっそりと見せてくれる効果も持っています。

158505419_o3
トレンド感を最小限に、そして美しさやシャープな印象を、より解り易く形にしているこのサンダル。
ヌーディーな足の肌色と、ベースカラーのライトブラウン、そしてアッパー(ストラップ)に使用したパイソンのカラーリングを含め、その全てが統一感に溢れています。

158505419_o5
また、やや後方にセットバックしたヒールや、クロスストラップのエラスティックの採用によって、足はしっかりとホールドされ、また適度なカーブによって脚を美しく見せてくれます。

158505419_o9
今回当店のテーマの一つに”パイソン”が含まれており、先般から度々出番を見せているMARCO MASIのバッグを中心に、バッグと足元をリンクした御洒落が愉しめるようになっています。

158505419_o8
上品な趣き、適度なトレンド感、そして何より大人の女性にこそ相応しいシャープなシルエットから、このサンダルもまたスッキリとシンプルな装いにこそ、その威力を発揮してくれます。

158505419_o10
他にもビビットな色とも相性が良いこのサンダル。
いつもならばブラックやブラウン、ベージュ等、ペールトーンで揃えそうなところを、今年は少し色の傾向を変えて愉しんで頂くのもお勧めです。

以上の他にも、現在新作シューズが続々と到着しています。
徐々に暖かさも増してきている今週は、春夏の御洒落を完成するのに相応しい一週間となりそうです。

是非この機会に、新しいスタイルを探しにいらして下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

A7A4F6E4-13C6-4DC3-9EEA-3E72987CB5E2
春らしい暖かな陽気に包まれた週末。
今日はいつもに増して街中に人影が多いように感じられます。

陽気もそうですが、この時季は異動や新入学・入社などによる引越しなども含め、とかく世話しい人たちが多いのでは無いでしょうか。

とは言え、寒いより暖かな毎日の方が心地よく過ごせるというもの。

そしてこれから4月を迎えようと言う時に、例年需要が急激に増えるのが”セレモニー”を含めた様々な装い。

勿論それだけで終えてしまうのは勿体ないので、当店にとっては、普段から御洒落の一つとして愉しめるアイテムを提案する事が多い時季でも在ります。

そこで今日ピックアップするのは、それらセレモニー等にも使え、尚且つ日常的にファッションアイテムとして存在価値の高い物を幾つか挙げて見ました。

158473160
先ず一つ目は「これさえあれば何とかなる」的な代表格、ミドルレングスのペンシルタイト。
ブラックで、しかもシルエットが美しい膝下丈であれば、大抵の装いがビシッと締まることは言わずもがな。

これがボックスタイトの様にゆとりが在り過ぎると、セレモニー以外での出番では、どこか制服的に見えてしまう物です。
(或いは少々所帯染みて見えてしまうとか・・・)

158473160_o3
美しさのポイントは、”レディスタイル”を作る上で欠かせないシルエットです。

このLARDINIのタイトは、素材に復元力と弾力性に富んだストレッチジャージーを使用している為、程よく綺麗に補正し、また動き易さも助けてくれる、まさに願ったり適ったりの一着。

そのうえ、ハイウエストに加えて着丈が長すぎず、短過ぎずの実に非の打ちどころがない物になっています。

SOLP1775
セレモニーにはジャケットやブラウスなどを併せて使い、その他のシーンでは実はかなり多くのスタイルに取り入れ易いスカートなのです。

モノトーンで愉しむのも良し、デニムジャケット等とカジュアルダウンを愉しむのも良し、勿論お仕事にも使えて、シーズンレスアイテムとして必携の一着なんですね。

UZKVE2731
こうした美しいシルエットを作る為には、素材の選択は不可欠。
高いユーティリティ、スタイリッシュに、そしてクリーンな印象を作るLARDINIのタイトスカートは、持っていて損無しの一着です。

IMG_5585_PhotoRoom_20210326_150843_PhotoRoom_20210326_151644
そして華やかさと軽さで”カッコいい”や”素敵”を演出出来るホワイトのリネンジャケットもお勧めの一つ。

このジャケットはBARBAによるもので、素材にリネンのヘリンボーンを採用しています。
カミチェリアであるBARBAらしい、軽やかさと美しいシルエットが魅力のジャケットは、ダブルの袷にノッチドラペルを合わせた、ライトな感覚の物。

IMG_5588_PhotoRoom_20210326_150938
着丈や全体のバランスがとても使い易く、スカート、ワンピース、パンツ、どんなボトムスでも好相性を約束してくれる一着です。

IMG_5589_PhotoRoom_20210326_151248
華やいだ雰囲気だけではなく、元々当店ではジーンズとのカジュアルダウンにお勧めしているホワイトのジャケットは、セレモニーデビュー以降の用途の方が、実はメイン。

TEEシャツやカットソー、ニット等、インナー次第でカジュアルダウンの仕方も様々。

IMG_5587
またボタンにゴールドのメタルボタンを使った事で、全体をトラディショナルな雰囲気に仕上げ、ナポリらしい軽やかさと、どこか英国的で育ちのよい雰囲気も合わせ持っています。

ジーンズの他にもワイドパンツやショーツ、ワンピースと、このジャケットもまたユーティリティに優れた一着です。

IMG_5602_PhotoRoom_20210326_152044
そして最後にお勧めするのは、同じくBARBAが作り出すサファリジャケットです。

アースカラーを愉しむ季節でもある春夏は、とかくオリーブやベージュ、ブラウン等、土や緑の香がする色合いが多いのも特徴。

ほんのり焼けた肌に似合うライトブラウンは欧州欧米女性の大好物色でもありますね。

IMG_5603_PhotoRoom_20210326_152146
このジャケットもまた非常に整ったバランスで作られている為、全体のパーツや細部のディテールに拘り抜いて作られているにも関わらず、全体が間延びする事無く、シッカリとコンパクトにまとめられているのが特徴です。

IMG_5604_PhotoRoom_20210326_152201
大きく象ったフラップポケットやダーツ、そして膨らみの大きなラペルと胸回りのボリュームは、イタリア女性が好みそうな実に魅力的なディテール。

IMG_5605_PhotoRoom_20210326_152215
素材は前出のホワイトのジャケットと同じ素材の色違いをオーダーし、ここにも前出の物とは違った趣が顕れ、このジャケットだけの特別な魅力を発しています。

IMG_5606_PhotoRoom_20210326_152247
比較的着丈が長く重たいイメージのあるサファリジャケットも、BARBAの物は関しません。
優れた着丈バランスは、やはりボトムを選ばず、どんなものでも組み合わせのしやすい特別なシルエットを持っています。
(※4月上旬同素材の組下=パンツが入荷予定)

IMG_5608_PhotoRoom_20210326_152543
セレモニーで使うにはチョッピリカジュアル感も在りますが、肩肘の張らないセレモニーであれば、ワンピースかロングスカートに、このジャケットだけで充分華やかになります。

またそれ以降はズバリ”サファリ”テイストを愉しんで頂くべく、今後入荷する様々なベルトを加えて、どっぷりサファリスタイルを愉しむのも良いですね。

以上の他にも、ちょうど時を同じくして迎えるセレモニー対応としてのアイテムが幾つか揃っています。
これから迎える大切な時期、そしてその後の御洒落としての愉しみも踏まえた、新しい”レディスタイル”を、この機会に試してみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0709
春らしいポカポカした陽気に包まれ、街中の木々にも緑の芽がチラホラ目立つ様になりました。
今日は彼方此方に梅の花が見られ、春らしいほのぼのとした空気を感じます。

現在店頭で新作が続々到着を進めており、既に多くの方々からのお問合せを頂いております。

その中でも今日お勧めするのは、現在世界中にファンを持つAlessandro Squarzi(アレッサンドロ・スクァルツィ)が自身のコレクションして来たアメリカのヴィンテージやミリタリーを現代に生かして作り上げるブランド「FORTELA」と、シャツ作りを長年続けるGUY ROVERとのコラボレーションによるシャツたち。

AS002
世界的なファッショニスタとしても知られるアレッサンドロ・スクァルツィは、FORTELAを始めとする多くのブランドに関わるプロデューサーでもあり、また現在のイタリアファッション界に最も影響力を持つ人物。

彼は幼少から1930年代から40年代のヴィンテージアイテムやミリタリーアイテムを収集し、またイタリアの老舗サルトなどに存在するアーカイブを基本に、ヴィンテージやワークを中心としたスタイルを提案しており、またFORTELAに至っては、第二次世界大戦のオリジナルミリタリーや日本製の高級ファブリックを使用し、それらを融合した現代的コレクションになっています。

AS001
彼が考えるワークウェアやドレスウェアは、ヴィンテージへの愛情が一つになり、それらが融合されて表現される独自の世界観は、アメリカンカジュアルで在りながら、イタリア人らしい彼ならではのエッセンスが加えられ、どこか土臭さだけでなく洗練された印象を持っているのも特徴です。

Top_Slideshow_Guy_Fortela_SS2021_001
そのFORTELAとのコラボレーションとして生まれた今回のGUY ROVERは、限定的なコレクションでもあり、またGUY ROVERにとっても新たな切っ掛けを作る契機となっています。

IMG_5246_PhotoRoom_20210324_141835_1
そのコレクションの中から、当店がオーダーしたのは、全3種のシャツ。

一つ目は粗目のオックスフォードを使用したゆとりあるシルエットが魅力のワークシャツ。

IMG_5247_PhotoRoom_20210324_141859
それまでのGUY ROVERのシャツでは見られないような、非常に凝ったディテールで固められたこのシャツ。
恰もタイムスリップしたような気分にさせてくれる独特な香りのする一着で、全体的な形こそワークシャツそのものですが、良く見ると袖の形状やヨークの形状、前立裏、ガゼット、猫目ボタン、トリプルステッチ等、様々な部分に独自のディテールを与えています。

IMG_5250_PhotoRoom_20210324_143034
詳細はオンラインストアでご覧頂くとして、セルビッジ生地を使用している事によって、前立ての裏やガゼットにその名残を見る事が出来ます。(勿論効果的に見せているのですが)

IMG_5271_PhotoRoom_20210324_144137
特徴的なアール(弧)を描く裾のカットや、ステッチの余り糸等、随所に雰囲気を上げてくれる部位が在ります。

IMG_5253_PhotoRoom_20210324_143311
またFORTELAのコラボレーションと言う事で、FORTELAの代表的なディテールの一つである織ネームや革パッチのステッチ糸を垂らす、この仕様も踏襲。

IMG_5242_PhotoRoom_20210324_141408
この仕様は今回の全ての製品に共通しています。

IMG_5244_PhotoRoom_20210324_141716
勿論、スクァルツィを知る人ならば、一目見て”それ”と解るものです。

IMG_5256_PhotoRoom_20210324_143354_1
そして二つ目が端正な顔をしたヒッコリー素材のボタンダウンシャツです。

IMG_5257_PhotoRoom_20210324_143415
絞りの無いゆったりとした身頃や袖筒に、かつてのブルックスブラザーズを彷彿とさせる匂いがプンプンと漂って来るシャツです。

IMG_5258_PhotoRoom_20210324_143430
衿越しがしっかりとられている為、衿の形状はヤハリと言うべきかイタリアらしさを感じます。

IMG_5260_PhotoRoom_20210324_143458
前述のカーブのかかった裾の形状もヒッコリーのように縦にストライプが走ると、よりアールが際立って見えます。

IMG_5261_PhotoRoom_20210324_143605
細部への拘りはスクァルツィらしい妥協の無さが生む、一つの完成形。

IMG_5269_PhotoRoom_20210324_144049
衿裏から前立て裏までの補強や作りは、堅牢性を感じさせる細かな仕事。

IMG_5266_PhotoRoom_20210324_143911
どこからどこまでも拘りを貫き、アメリカ製シャツよりアメリカらしいと思わせる様な優れたディテールが、イタリアのカミチェリア(シャツ屋)によって作られると言う、何か新しい物が生まれる一つの流れとなっているのかも知れません。(勿論、アメリカ製以外は許せない!と言う方も居ると思います)

IMG_5263_PhotoRoom_20210324_143704
当店に長らくお越しの御客様は、幾度と無く聞かされていると思うのですが、「イタリアから見たアメリカらしさ」だから洗練されたカジュアルが作られると言うのは、かつて取り扱って来たブランドにも共通するものだと思うのです。

これまでイタリア製のアメリカンカジュアルを提案し続けて来たブランドには、共通してこれらの魅力が在りました。

つまりは”アメリカ=大量生産”から、大量生産の物を”じっくり、しっかり作りこむ”と言うイタリアの職人的発想が、そうさせているのかも知れません。

物としての魅力は何処に潜んでいても不思議はなく、またどこからインスパイアされるのかも、今の時代判りません。

然し乍ら、全てに共通するのは

妥協をせずにとことん作ること

が、製品としてのクォリティや存在価値を上げることである事を、イタリア人たちは知っているのかも知れませんね。

IMG_5274_PhotoRoom_20210324_145505_1
そして最後、3つ目は如何にもイタリアらしい選択肢、コットンジャージーを使用したシャツプルオーバー。

IMG_5275_PhotoRoom_20210324_145533
こうしたプルオーバーも、遡れば企業のユニフォームに出自を想像するのに容易く、昨今の”当たり前”となったロングスリーブのプルオーバーは、ともするとオジサン臭い物で終わっていたのかも知れません。

それらを素敵な一着に祀り上げたのも、イタリア人たちの装いであり、ブランドたち。
今となってはオンオフ使われるユーティリティの高い一着として成り得ていますが、ルーツは調べて見たら意外なのかも知れませんよね。

IMG_5279_PhotoRoom_20210324_150056
このジャージー素材も伸縮性と柔らかさを併せ持つ特別な生地を使用し、また細部への拘りは勿論、シャツの作りてとしてのGUY ROVERらしさは衿越しや衿の形状にも顕れています。

IMG_5277_PhotoRoom_20210324_145728
GUY ROVERのマシンメイドも、こうして拘りを詰め込む事で、かつてのアメリカの様なシャツ作り(いや、それ以上だとは思いますが)が、成されている様な錯覚に陥りますが、いずれにせよ、見た目は印象全体の8割以上を占めると思いますので、こうした四の五の言うよりも、実際に袖を通して感じる事の方が多いかも知れません。

IMG_5282_PhotoRoom_20210324_150223
今回、縁あってオーダーにたどり着いたGUY ROVER×FORTELAのコラボレーション。
代理店様曰く、限られた店舗で販売されるとの事ですので、FORTELAをご存じの方も、もちろん知らずにアメリカらしいカジュアルが好きな方も、是非一度ご覧頂くと良いかも知れません。

見れば見る程、発見が多いシャツたちで在る事を、実感していただけるに違い在りません。

現在、オンラインストアにて絶賛販売中です♪





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2545
春らしい穏やかな陽射しに包まれた今日の長野地方。
日中はシャツでもいられるほど、ポカポカとした陽気に包まれています。

少しずつ春を実感する日が増え、ここから御洒落もより楽しい季節を迎えますね。

そこで今日ピックアップするのは、誰もが一度は身に着けているだろうジーンズ、それも女性にとって欠かせない美脚を作るジーンズを取り上げて見ました。

IMG_4815_PhotoRoom_20210322_001635
当店は過去十数年間、とても多くのジーンズブランドを取り扱って来ました。
そこには時代やトレンド、嗜好と、様々な思いが絡み合いながら、その時のベストを皆様にご提案させて頂いて来ました。

昨今のジーンズ事情は、過去とは違って”穿く人が選ぶ”傾向が大きく、それぞれに好むスタイルやジーンズのシルエット、ブランドに至るまで、その嗜好は様々。

今日取り上げるhaikureは、当店に展開を始めて数年、ACNE StudiosやG-STAR等のジーンズを手掛けるメーカーが作り出すジーンズ中心のブランドです。

当店に長らくお越しの方はご存じの様に、このブランドが作るジーンズは様々なシルエットが在り、その中でも当店が数シーズン続けてオーダーしているのが、この”VICTORIA”のシリーズ。

IMG_4787_PhotoRoom_20210321_194416
スリムなテーパードシルエットを”とにかく伸びる”特別なストレッチ素材によって作られた真のスキニー。

IMG_4788_PhotoRoom_20210321_194432
初めて履く人の大半が、サイズを上げて選ぶことが多いのですが、実際身に着けて頂くと、その伸び率が如何に大きいのかを実感します。

大雑把な提案をすれば、25~27、26~28、27~29、と各サイズの上下1サイズずつを含めた3サイズであれば、ウエスト以外の着用感は数時間もすれば、ほぼ同じになるほどとにかく伸びるのです。

IMG_4795_PhotoRoom_20210321_195017
女性のスタイルで綺麗に、シャープに、そしてより女性らしく見せてくれるスタイルには必ずと言って良い程、パンプス等ヒールのある靴を選ぶことが多いと思いますが、そこには美しく見せる為のセオリーがあり、またそれらに合わせる物は必然的に決まって来る事も多いもの。

IMG_4797_PhotoRoom_20210321_195050
またジャケットやブルゾン、コート、シャツ、ニット、オーバーサイズのフィット等、常に沢山のバリエーションが在る女性のアイテムの中で、最も共通項を持つのがスリム等細身のシルエットのジーンズに違い在りません。

IMG_4796_PhotoRoom_20210321_195036
それらを日常的に穿く事で、ジーンズの存在意義は自ずと増す訳ですが、このVICTORIAの購入者の大半がリピーターと言うのも事実。

ファーストインプレッションで避ける方も居れば、セカンドオピニオンよろしく試される方も居て、そこには先入観では語れない魅力があるのが、このジーンズなのです。

IMG_4806_PhotoRoom_20210321_195530
今回はイタリア本国より、アジア人のレングスに最もピッタリなモデルを3種類オーダーし、まさに今届いたばかりの状態。

今回は前出のブラックのシェイド、そして二番目のリップド、そしてこの三巻解きの3種をご用意。

IMG_4805_PhotoRoom_20210321_195516
また、このジーンズにリピーターが多いのには、もう一つ理由があります。

実はhaikureの日本での展開は数年前から”当店のみ”となっていること。

IMG_4807_PhotoRoom_20210321_195543
当初のインポーター様のご協力のもと、毎シーズン、このシリーズを現地から輸入していただいていると言う経緯もあり、店頭のお客様を筆頭に、このジーンズを知っている方も、知らない方も、これらの素晴らしい履き心地に”次”を求めていらっしゃる訳です。

日本ではスキニーと言う言葉が独り歩きし、その語意を少し間違った捉えられ方をする人も居るようですが(当店のブログでは何度か触れて来ていますので、敢えて触れませんが)、何れにせよ、”スキニー=肌の様”と形容する様に、もはや現代人にとって、ジーンズは第二の肌でもあります。

IMG_4806_PhotoRoom_20210321_195530_PhotoRoom_20210322_002205
今回も現地イタリアから、非常に沢山の数をご用意させて頂いております。

ジーンズに拘りのある方、或いは女性として美しくジーンズを穿きたいと言う方、更には大人の女性としてのジーンズを選びたいと言う方、などなど、先入観を持たずにトライしていただければ、きっとそこには履き心地と美しいシルエットの二つの魅力が手に入る事になります。

Top_Slideshow_haikure_SS2021_001
生活に密着したジーンズの存在は、色んなものを試してみると、意外なメリットやデメリットが見えて来るものです。

とは言え必要不可欠な”ジーンズ”、是非この機会に改めてお試しになってみては如何でしょう。
勿論、お持ちの方も!

IMG_4852_PhotoRoom_20210322_132025
またジーンズに相性の良い3㎝幅のベルトも少しずつ到着し始めています。
今回はイタリア、トスカーナのベルト専業ブランド”POST&CO”(ポストアンドコー)のベルトが入荷。

IMG_4853_PhotoRoom_20210322_132041
トスカーナと言えばサンタクローチェに代表される革の鞣しでも知られる街。

昔からフィレンツェとピサの中間にあるサンタクローチェは、革の鞣し業=タンナーが多い事でも知られています。

その町で長らくメゾンブランド等のベルトを手掛けて来たPOST&COは、ラギッドな存在感のベルトがラインナップに多いのですが、今回当店がオーダーしたのは繊細な仕事が垣間見えるメッシュベルト。

IMG_4855
それも一つ一つの革やエラスティックの素材(紐状)が、非常にしっかりと硬さを以て作られている為、一般的なメッシュベルトの印象を覆してしまう程。

まさにPOST&COらしい堅牢性を感じさせる、しっかりとした編地や、この緻密な編み目にスムーズに入るベルトのピン、何より高い伸縮性が加わっている事によって、全ての点でメリットを見出せるお勧めの一本なのです。

トラウザーズ、ジーンズ、スカート、ワンピース、全てのアイテムに同じベルトをしている方がいらっしゃるとしたら、そこには大きな落とし穴が在ると思って下さい。

全てが同じベルトであるがゆえに見える妥協や御洒落の完成度が欠けること、或いは(特に女性にとって)ベルトを着替える事が、見る者の目に”どのように映っているか”までは想像する事が無いでしょう。

御洒落は自分の楽しみでもあり嗜好、それと同時に一種の自己啓発でもあります。
御洒落に関心のある人は、同じ様に御洒落に関心のある人の”あらゆる”所に目が届いてしまいます。

どんな洋服でも”いつも同じベルト”ではなく、御洒落に合ったベルト、或いはその日のボトムスに合った太さや色、素材を選ぶこと、意外と大切です。

特に腰回りが露出し始めるこれからの季節、ベルトの新調も是非視野に入れて下さいね♪

以上の他にも、現在春夏物の新作が大量に到着しています。
是非お時間に都合の付く方は店頭へお出かけ下さいね♪





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ