IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:イタリア

IMG_7105
気温差が開き、夕方以降は寒さを感じる程にまで気温が下がり始めています。
台風後の復旧活動にも影響を及ぼしそうな気温差ですが、くれぐれも暖かい身支度をなさっていただける事を願うばかりです。

街中には人影は少ないものの、徐々に職務に戻られる方も増え始めて来ました。
各地で露わになる被害の大きさ、そして非情にも務めを果たさざるを得ない現実との狭間に、多くの方が揺れ動きつつ毎日を送られている事でしょう。

とは言え、より多くの皆様が元気を取り戻し、いち早く日常を取り戻す為にも、これまで同様に振る舞い、生活を手にすることは大切な事も在ります。

悼む気持ちは心の中に抑えつつ(どの様な状況の方も)毎日に尽力し続けたいものです。


さて、駅前を闊歩するサラリーマン男性の姿にも気温低下と共に変化が表れ始めました。
元々寒さへの耐性が強く、本当に凍てる様な寒さを感じるまで、中々コート等の防寒をし始めることが少ない長野の人々。

我々の職業柄を除いても、昨日からの気温は暖かな服装無くしてはいられない程の気温になり、それは街行く人々にとっても同じだったようです。(それ程急激に寒くなり始めたと言う事でしょう)

前出のサラリーマン方の変化はスーツに表れ始めました。
これまでよりも暖かな素材を身に着ける人々が増えています。

近年、ローカルエリアでも男性の仕事着としての立ち位置は徐々に変化し、スーツだけのものから、少しずつセットアップやカジュアルを取り入れた服装も増えて来ています。

そこで今日お勧めしたいのが、ビジネスから週末まで多くのシーンで使えるお勧めボトムス2点です。

germano01
当店でも人気の高いボトムス専業ブランド『GERMANO』は、イタリア、ナポリ近郊の街、サレルノで創業された老舗中の老舗。

1952年と創業は古く、それでいて有名ボトムメーカーに引けを取らない高い技術とセンス、何より優れたコストパフォーマンスによって他の追随を許さないブランドです。

germano02
GERMANOはサルトリアーレの手法を活かして仕立てられるパンツの為、アイロンワークも非常に優れており、その作りの丁寧さや細部のディテールに至るまで、その魅力は常に今を走り続ける現代人にとって不可欠な物になっています。

今回当店がGERMANOにオーダーしたのは、中でも持ち運びや手入れが簡単な仕様(生地)の『TRAVEL EDITION』のラインです。

IMG_5551
手入れが簡単で、シワになり辛い素材を採用したラインナップのTRAVEL EDITIONには、全てに収納用の布製袋が付属しています。

IMG_5549
先ず一つ目は定番的に多くのシーズン、シーンを選ばず使えるグレー系トーンの一本。

IMG_5552
このトラウザーズは微細なバーズアイを織地とした素材でオーダー。
真夏を除く、ほぼ全てのシーズンで使える素材と言う事、また織りから成る立体的な表情によって、より多くのスタイルに取り入れ易く、ソリッドカラーのグレーに比べて奥深い見た目に見える事もメリットになっています。

また今回トンネル式アジャスターを用いる事によって、ベルトレスの際もパンツの魅力が変わる事無く活かせるなど、近年増え続けているベルトレスのボトムス同様、洒脱な印象を与えるものでもあります。

IMG_5554
GERMANOのパンツには、スレキをはじめとする多くの内部パーツが丁寧に配されています。
多くの場合手を抜かれてしまう部分でもありますが(腰裏内部以外)、ここにもGERMANOたる拘りの一つが見える様な気がします。

CFCE704F-2EFB-47D9-AFA1-0B9AD5A105BC
シルエットは2プリーツによって作られる仄かな腰回りのゆとりに対し、膝下テーパードの緩やかな直線が全体をクラシックながらもシャープな印象に作り上げてくれるシルエットです。

45313186-AF9D-4E10-AA8D-F34DA698088A
ビジネスシーンは勿論、週末にはニットとの組み合わせも含め、より多くのスタイル、シーンで活躍の場を広げてくれる一本です。

IMG_5550
お仕事柄グレーの着用率が多い方も、日頃スーツやトラウザーズを着る機会が少ない方も、このパンツが「使える一本」で在る事を感じて頂けると思います
是非お試し下さい。

IMG_5544
そしてもう一つは、同じくクラシックなディテールでオーダーした「ソリッドブラック」の一本です。

実は近年増え続けているブラック中心のスタイルは、徐々に進化を進め様々な素材や形によって世に広まり続けています。

それはコートやジャケットの色合いにキャメルやライトベージュ、オリーブなど、ブラックと合わせたくなる色合いが潮流として増えている事も理由の一つですが、当店がオーダーしたのは

「ウール100%なのにホームクリーニングが可能な一本」

です。

IMG_5542
素材にSUPER 100'Sを使ったブラックの表情は、独特な色艶を発し、単なるシャープなブラックボトムではなく、少し色気のあるクラシックを気取るのに相応しい素材。

ブラックのボトムで連想されがちなモード性のそれとは一線を画すクラシックなディテールによって、このパンツの存在意義は、「敢えてのブラック」に辿りつきます。

IMG_5547
至ってシンプルな1プリーツ、ほんのりゆとりのある腰回り、そしてGERMANOが最も得意とする美しい膝下テーパードによって、このブラックのパンツはそれまでとは異なる選択肢の一つとなり得ます。

衣替えを始めた往来のサラリーマンの姿、そして季節と共にスタイルを変えようとお考えの方にとって、比較的「冒険の少ない」この2本。

これを機に(古くも)新しいGERMANOの2本を是非試してみては如何でしょうか。

何れもホームクリーニングが可能なうえ、持ち運びに気を使わずに済む生地を採用しています。
出張が多い方も、お仕事での登板回数が多い方も、そして週末子供と戯れる方も、チョッピリ違ったエッセンスが生まれそうですよ。



【オンラインストアよりご注文のお客様へ】
この度の台風被害の影響により、商品の受注、発送は予定通り行わせて頂きますが、交通事情の回復までお時間を要する場合が御座います。
予めご容赦下さいます様お願い申し上げます。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_8834
再び勢いを増している秋の台風。
今回も連休前に猛威を振るいそうな気配を見せています。

既にお出掛け中の方、これからお出掛け予定の方、或いは台風進路にお住まいの方は、くれぐれもご注意、対処の準備を心がけて頂きたいと思います。

さて、今にも雨の降りそうな曇天が続いている長野地方ですが、雨ごとに涼しさが増し、今日も陽が陰り始めてからは少し寒さを憶える気温になって来ました。

今週はニットを中心に沢山の方が新作を手にご覧くださっています。

そして今日もお待ちかねの方が多かったクラシックな2つのニットが到着しています。

sf002

当店では馴染みの深いイタリアのニット専業ファクトリーであるSettefili Cashmere。

その生業は2009年、ミケーレ・パリエーロがイタリアのフェラーラに、従業員7人と共に始めた小さな工房がスタート地点。

sf001

その小さな工房で生み出される『最高級』のイタリアンニットは、熟練の職人たちの手や、稀有なスイス製のヴィンテージ織機によって生み出されています。

長年ファッションエージェントとしてファッションに関わって来たミケーレは、物作りにかける情熱と高い感性、鋭い審美眼を持ち合わせ、それらは「良い製品を適正な価格で提供したい」という基本理念となっています。

そのSettefiliから作り出されるのはカシミアを中心に厳選した上質で上等な糸ばかりで、原糸の選択から仕上がり、加工まで、ニット作りの全てのコントロールを行う稀なブランドでもあります。

それだけに、彼等が作り出すニットの魅力は「独特な色合い」や「独特な風合い」によって、他のどれとも違ったSettefiliのみが作り出す

ニットの白眉


と言えるでしょう。

当店では長らく、メンズだけでは飽き足らず、ウィメンズサイズとして、元のサイズゲージを限り無くゲージダウンしての生産をお願いして来ました。

今回入荷している2型も、ミケーレが来日している際、再び三度お願いをした物になります。

IMG_6844
今回から新たなラインナップに加わった、ハイゲージのエクストラファインメリノを使ったシリーズ『GERMOGLIO COLLECTION』は、使用している糸の全てをニュージーランドの厳選された上質糸のみを使ったコレクションで、それらによる恩恵は「触れて直ぐに判る」程です。

IMG_6845
意外とSettefiliに見る事が無かったハイゲージのニットですが、今回初めてオーダーして分かった事は、この30ゲージの極細糸でさえも、ミケーレが大切にするスモーキーで独特な味わいの色を、メランジ調に表現している事。

IMG_6847
例えベーシックなタートルネックだとしても、そこにはミケーレの情熱や妥協の無さが垣間見える、まさにSettefiliの仕事の素晴らしさが感じられるのです。

今回のタートルには赤味掛かった色糸を織り交ぜたブラウン系をオーダー。
得も言われぬ特殊な色合いに、写真だけでは伝わらない素晴らしい色の演出が感じられると思います。

IMG_6848
そしてもう一つが、男性にとって、クルーネック、タートルネック、Vネックなどと共に、既に定番化したロングスリーブのポロシャツ。

クラシックな香りと、ニットならではの上質さが最も伝わる立体的なディテールがポロにとっての最大の魅力なのですが、このモデルでは敢えてのホワイトをオーダーしています。

IMG_6851
このニットもまた、よく見ると衿だけをミラノリブに編み変えており、補強性は勿論ですが、他で見かけるニットポロの衿が「ダラリとやれている」、その状態が無くなるのです。

IMG_6852
まるで正確に仕立てられた一着のシャツの様に端正な衿は、この編地を以て更に素晴らしさを備えたと言えます。

Settefiliの全てのニットに共通する、ミケーレが思い描くエレガンスやクラシカルは、妥協の無い物作りという確固な土台の元、「素晴らしい製品が適正な価格で提供」されている事によって、着心地や製品としてのバランス、そして「ハイクオリティ」をも備えた、他の追随を許さない地位を確立しています。

まだSettefiliを試した事の無い方にとっては初めての体験を、また既にお持ちの方にとっては新たな魅力を感じさせる今回のニューコレクション。

IMG_6855
是非この機会にミケーレの求める真髄を体感してみて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7191
ようやく今日を境に秋らしい涼風が戻って来そうな気配。
街には秋晴れに誘われ、沢山の賑わいが目立つ週末となりました。

連日の新作入荷に、私達スタッフも新作のご案内が追い付かない程、この季節は新作が集中して到着します。

少し早めの入荷の女性物に遅れる事、約1か月、今月は男性物の新作が連日押し寄せています。

今日のブログはまたしても(?)男性物のピックアップですが、決して女性物の入荷が無い訳ではありません…。
(女性物の新作も沢山到着しておりますので、くれぐれも誤解の御座いませんように…)

夜が近づくと共に、まるでクーラーでも効いているかの様な涼しさに覆われ、少し肌寒さを感じ始めています。

こうなると男性諸兄もニットの存在を意識し始めますね。

今日ピックアップしたのは沢山到着しているニットの中から、当店が特にお勧めする数型。

IMG_6003
一つ目は、当店では御馴染のブランド、スコットランドの老舗『William Lockie』の新作。

William Lockieと言えば、純度の高い糸を用い、人のぬくもりを感じさせる作りが身上のブランドですが、今回の新作もまた抜きん出た糸のクォリティと、糸の持つ精緻さを感じさせる一着です。

IMG_6005
見た目はベーシックなクルーネックなのに、良く見るとハイゲージのエクストラファインメリノウールを撚り合わせたバスケット編みの模様が目に止まります。

William Lockieのエクストラファインメリノは、既に説明不要の心地良さですが、これらを使い立体的な凹凸を与える事によって、軽さとしなやかさ、そして着心地とは裏腹な見た目の奥深い編地を持ち合わせています。

IMG_6006
元々、手入れがしやすく、また糸の復元力にも長けたメリノウールを、まるでシルクカシミアやアルパカの様に、暖かさと糸の艶やかさ、そして肌に触れた時の滑らかな質感が、William Lockieのニットを更に上質に、上品に見せてくれています。

IMG_6008
今回は純白のピュアホワイトと、イタリアの都市名を色名に使った漆黒のブラックの2色をオーダー。
以前もお伝えした事が在りますが、William Lockieの色数(色糸)は数十色の中から選ぶのですが、同じ色のトーンの中にも濃淡や杢調など何種類もの糸が在り、その中から私達の装いに合う色だけを抽出しています。

それがゆえ、今回のホワイトもブラックも、写真で見るよりもはるかに色の奥深さを感じて頂けると思います。

IMG_5957
そして二つ目はDrumohrの新作です。
当店のニットウェアはDrumohr無しでは謳えない程、当店のラインナップに切っても切れない不可欠な存在。

そのDrumohrでオーダーしたのは、前出と同じくエクストラファインメリノを使った"ガーメントダイ"を加えた一着です。

IMG_5960
8Gの糸を丹念に編み上げ、前述の様に、復元力に長けた糸の習性を利用し、凝った色の加工が叶えられています。

メリノ種の糸がホームクリーニングなどにも適している理由は、こうした復元力の恩恵が多分にあるかと思いますが、当店に於いてメリノウールもまた切っても切り離せないマストな存在になっています。

IMG_5958
ガーメントダイを施す事によって生まれる、どことなくメランジの様にも映る色の濃淡が、このニットの味わいをより深いものに仕上げています。

一着でも、シャツなどとのレイヤードでも、その魅力は紳士的なカジュアルにアップデイトしてくれそうです。

IMG_5921
そして最後にお勧めするのも、同じくDrumohrのニット。

昨今、英国的な装いや米国的な装いに加え、どこかフレンチアイビーの様なテイストも目立ち始めています。

そんな懐古的な潮流の中、当店がフォーカスしているのが、このショールカラーのプルオーバーです。

IMG_5922
糸は4Gのジーロンラムズウールを用いており、このニットもまた素朴な中にイタリア的感覚、要素が多分に含まれています。

IMG_5924
その理由の一つが伸縮性に優れた糸の性質と共にフィット感を高めている事、また着丈を長く作り過ぎない事など、イタリア目線によるカジュアルの条件が、見事に消化されている事が解ります。

また素材のラムズウールも、ごく一般的な想像であれば「チクチクしそう」とか「ごわごわしそう」など、日本に於けるラムズウールの誤認が先行してしまうと思うのですが、かつて80年代から90年代、純度の高い、正確な収穫をされたラムズウールには、このような質感は余り多くは在りませんでした。

勿論、皆無とは言い難いのですが、本来初刈りの毛や幼羊の毛には、柔らかさ、適度な油分、心地良さは言うまでも無く備わっているものです。

それらを使用する事で生まれる、"多くの人たちの想像を覆す感触"は、ラムズウールの本当の質感。

IMG_5925
この柔らかさや艶やかさは、実際触れてみない事には伝わり辛いのかも知れませんが、老舗でもありイタリア企業(現在)でもあるDrumohrらしい、糸の厳選、作りのディテールは、確実に時代と共に進化し、加えて大切な要素を外す事無く、常に質の高いニットウェアを提供すると言った点では、前出のWilliam Lockie同様、高い審美眼と拘りのある両者のアイデンティティを窺い知れるところです。

こうしてニットウェアは、それぞれのブランドや企業が持つ、背景や得意とする技術など、その魅力の発見は多岐にわたる訳ですが、それらを程よい価格に抑えつつ、妥協のない品物作りをするブランドは、それ程多くは無いでしょう。

今季、当店に到着しているニットウェアの大半が、長い歴史のもと培って来た知識や技術などを駆使し、お客様となる皆様方へ、より魅力的な物を提供する事が前提となっています。

涼しさも明日以降、徐々に増して行きそうですが、この週末を機会に、是非新たなニットウェアの魅力に触れてみて下さい。

きっと発見がありますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4396
夕方からの雨が深夜まで続いた今日の空は、「秋の空と女性の心は移ろいやすく・・・」と言わんばかりの変わり様。

ここ数日は写真の様な秋の空(雲)が広がり、本格的に秋を感じる風景が増えてきたように思えます。

連日お伝えしている男性物の新入荷ですが、今年の秋冬はほんの少し米国的な(カジュアル)雰囲気を強めている当店。

古き良き時代の米国ではなく、ほんの少し前(我々世代にとっての80年代から90年代)の装いは、どこか素朴で、普通で、見る人が見なければ「カッコワルイ」のレッテルを貼られてしまいそうですが、そんな微妙な按配の服装こそが、我々世代のすべき(狙うべき)天秤どころでもあります。

そして今日ピックアップするブランドは、どこか微妙で絶妙、そんなニュアンスを上手く作り出すブランドです。

Top_br_MQJ_001
イタリアのブランドMQJがそれです。

元々ニットを主とした様々な製品を「アソビを加えて」作る事が上手なブランドでもあり、特に我々世代にとって、小物不要で楽しめる自然な装いに向いたアイテムが揃います。

IMG_4375
このスウェットライクなクルーネックのニット、一見して直ぐにハートのキャッチが目に止まりますが、ただこれだけのニュアンスで充分楽しめるのがMQJ。

IMG_4727
奇をてらう事なく、いつもの服装に、いつもの様に取り入れるだけで、大人ゆえの愛らしさと変化が加わります。
衿元にスウェットの様にガゼットを設ける事によって、敢えてニットで作るスウェットの様に作っているこのニットは、無用なアレンジをせず、ただただ普通に着る事が最も正しい選択の様に感じさせてくれます。

IMG_4728
スニーカーとジーンズと言った、いつもの「日常」にニットを一つ加えるだけ。
ただそれだけで日常をアップデイト出来るのがMQJです。

IMG_4386
他にも、こんなVネックがあります。
正面はシンプルでベーシックなVネックのニット。

IMG_4389
然し、背面を見ると、エルボーパッチの様に肘の部分だけを色挿しされています。

IMG_4729
このニットもまた奇をてらう事無く、普通に合わせるだけで充分アップデイト出来る、普通であり不偏のニットなのです。
かつてイタリアのアルテアが同じ様に、大人ならではの遊びを取り入れたニットづくりを行っていましたが、最近では遊びを意図的に取り入れるブランドが少なくなった事もあり、こうしたニットの存在も稀有になって来た様な気がしますね。

IMG_4381
そしてもっと80年代や90年代らしさを愉しみたい方には、このクレイジーパターンのニットがお勧めです。
かつて(現在50代前後の方は懐かしいと思いますが)、某アウトドアブランドが袖と身頃、背面と、全てのパーツの色を変えて作るフィールドパーカが在りました。

他にもニットやシャツにも、同様にパーツごとに色を変え、そのパターンを愉しむと言った時代が在りましたが、まさにこのニットも同じ様な匂いを、敢えて加えた物として当店は捉えています。

このニット、前面と背面ではパターンが変わり、何と背面には

IMG_4385
アーガイルが用いられているのです。

更に衿元や袖口など、全てのパーツ部分が色分けされると言った、とても凝った作りを持った一着なのです。

IMG_4726
そんな某アウトドアブランドの配色を彷彿とさせるディテールには、敢えてチノーズの様なコットンのボトムスが気分を盛り上げてくれそうです。

懐かしさだけではなく、ニットをしっかりと作る事を前提にしたMQJは、素材(糸)の柔らかさや、着用感(シルエット)のモダナイズ、そして何よりMQJはMade in Italyを謳う数少ないブランド。

ただただ遊びだけを取り沙汰するブランドではない事を証明してくれます。

また他にもパターンで遊びを取り入れたニットはローゲージでも作っています。

IMG_4391
肉厚でボリューム感たっぷりのクルーネックニット。
メランジの糸の絶妙な色合いや、英国的、米国的とも受け取れる、とてもウォーミーで素朴な雰囲気作りのニットは、背面に部分配色を行っています。

IMG_4394
一見、派手さを感じる人も、このニットを間近で見ると、徐々にこのブランドが成す世界観が伝わり、在り来たりなニットでは満足できなくなる衝動に駆られて行きます。

IMG_4392
海外生産に頼らず、100%自社で行うニットづくりに、これだけの複雑な仕様を取り入れる事は、一般的には価格的反映が危惧される所ですが、MQJは価格面に於いても企業努力を行っています。

IMG_4397
この他にも、ローゲージではこちらの様なボリュームこそ命でもあるショールカラーのカーディガンも揃っています。

IMG_4399
暖かく、ふんわりとした糸の質感や存在感(グレー)に、ライトイエローの配色が実に計算された配色で、いつの間にか心奪われる一着になってしまいます。

ファーストインプレッションよりも、ジワジワと味わいを感じさせるニットたちです。

ニットを主に作るMQJゆえ、他にも「一見普通に見えて、その実凝った」ニットが沢山揃っています。

IMG_4402
滑らかで、艶やか、それでいてまるでシェットランドウールの様な表情を持つ、独特なメランジの糸を使ったクルーネックのラインナップ。

IMG_4403
袖先と衿裏だけに色がシンクロしたチップカラーを設けたシンプルな一着。

IMG_4406
マスタード、ブラウン、ブルーグリーンと3色をオーダーしています。

IMG_4409
このニットもまた、見た目と触れた感触が異なるMQJらしさを存分に感じられるニットたちです。

気温が下がり始めると、途端に御洒落がしたくなりますよね。

この他にも、今季のメンズニットは未到着も含め、沢山のバリエーションが揃う予定です。

是非今年の秋はニットのバリエーションを増やすシーズンに位置付けて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4534
三連休が明け、再びいつもの風景が街中に広がっています。
昨日の猛暑が嘘の様に、今日は涼しさに包まれた一日となりました。

先週は男性物の到着が多く、それもカジュアルで日常の装いに相応しいアイテムが多数揃いました。

D4A43004-703F-45C2-9598-07B39071C4E6
NICWAVEのベストは、単体利用での装いに非常にお勧めで、特にジーンズやカットソーの着用率が多い方には是非とも取り入れて頂きたい一点です。

C41A1DC0-8317-4144-AE2E-E016A95045D7
ツィーディーな素材から得られる素朴な印象とは裏腹にシャープな見栄えのするベスト。
バランスが良く、そしてジャケットとの相性も良く、更にカジュアルに使えると言う点が最もお勧めのポイントです。

IMG_4523
他にもNICWAVEからはヘリンボーンのトラウザーズも到着しています。

IMG_4527
しっかりとしたヘリンボーンウールにインプリーツを与え、素朴さを活かした英国的ディテールに、シルエットはイタリア的と、ここにもイタリアのブランドらしい巧みなエッセンスとシルエットへの拘りが宿っています。

IMG_4525
このブランドは非常に物作りが丁寧で、ベルトループの処理や各部の仕上げまで、手抜きなく行われています。

IMG_4530
ローゲージのニットやカーディガンと合わせ、秋冬のスタイルに迫力と大人ならではの落ち着いた魅力を発揮してくれるボトムスです。

IMG_4532
NICWAVEをまだご覧になられていない方は是非今週はお出掛け下さい。

06B63B26-DF87-4E73-918C-A42B3AE7DDE1
またその他にも、現在店頭にて実施中のイベント、『IOpelle | PERSONAL ORDER』(イオペレ受注会)では、男性、女性共に既に沢山のご注文を頂いています。

先日ご紹介させて頂いたサコッシュやバックパックの他にも、この2WAYのトートバッグも人気の一つ。
ハンドルが2種類設けられており(着脱可能)、肩掛けとしての利用時、トートバッグとしての利用時など、用途に合わせたハンドル選びが出来ます。

勿論、両方付けた状態で持つ事も出来ますが、無駄の無いシンプルな魅力を楽しむには、ハンドルを一つにして使った方が魅力的です。

こちらも期間は今週土曜日(28日)までとなっておりますので、是非併せてご覧ください。

以上の他にも、現在男性物の入荷がラッシュを迎えています。
これを機に秋冬の装い充実を検討されている方は、是非今週は店頭へお出掛け下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ