IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ:STYLE UP > PERSONAL ORDER

IMG_6042
2月、3月、そして4月とせわしさが募る季節。
別れと出会いが交互にやって来る季節でもあり、また一年の切り替わりを付する季節でもあります。

現在当店ではPersonal Orderを開催中ですが、この季節にオーダーをするお客様の用途は大きく分けて二つ。

一つは仕事上ジャケットやコート、スーツを身に着ける機会が多い方、そしてもう一つがお子様をお持ちの女性方に於ける晴れの日の為の一着です。

日頃スーツやジャケットを着ない女性たちにとって、こうした機会に吊るしを購入する話をよく耳にするのですが、この季節のオケージョン対応のスーツは"想像以上に高額"。

とは言え、「誂えると高いのでは・・・?」とお思いの方も多いはず。
しかし実際デパートなどで売り場を覗くと驚くほどの価格が並んでいます。
勿論、価格の大小は在りますが、実際その時だけ身に着け、あとはクローゼットに収納では聊か勿体無い気がしますよね。

実は当店のお客様の中には、こうした機会に誂え、その後の装いにカジュアルダウンで楽しむ方が多くいらっしゃいます。

勿論、ブラックやホワイト等の生地を使った特別感のある物も、その後の装いに使い易く考えながらお客様と共に誂えるのも、Be Spoken(ビスポーク)たる所以。

会話ややり取りを介しながら、お客様の求める用途に応じて作る事がPersonal Orderの魅力でもある訳です。

しかし当店は「どんな物でも良い」というリクエストにはお応え致しません。

それはお客様が身に着ける事が、私達にとって多くの人々にアピール出来る機会。
つまりお客様が当店で誂えた物を身に着け、恥ずかしさを憶える様なものは誂えるつもりが無いからです。

いつでもお客様が「素敵」に見える事が私達の一番の望みであり、お客様が素敵に身に着けて下さる事が私達の小さな小さな誇りを満たしてくれるのです。

今日はそんな誂えに興味のある方、或いは過去にオーダーを頂いた事のあるお客様も含め、当店が考える『一着作るなら・・・』をテーマに、一つの選択肢をご提案します。

当店はトレンドを大きく反映するお店では在りませんが、要所要所に取り入れられる時代の潮目の様なアクセントを提案しています。

例えば昨秋冬にはブラックやオリーブ、ロングコート等がそうだったように、次なる1年のリコメンドをお客様方にお伝えしています。

その中で、今年の秋冬に皆様にお伝えしているのが、バミューダ丈のプリーツ入りパンツ(或いはガウチョパンツ)や、ミドルレングスのショートブーツ、更に

「ライトグレー」

による上下のセットアップです。

ここで言うセットアップとはジャケットとボトムスのセットアップではなく、ニットなどエアリーな素材を上下で組み合わせた

「ライトグレーのトップスとボトムス」

の組み合わせを指しています。

例えばアルパカやカシミアなどで作られたニットと、同じくニット素材で作られたラウンジパンツの組み合わせなど、一見コンフォータブルでルームウエアに見える様なセットアップにコート(それもトレンチやロングコート)を羽織ると言うスタイルです。

何故この話題に触れたかというと、春の機会に誂えるならば、これらのスタイルに合わせ易い物が良いと私達が考えているから。

そこでお勧めしたいのが、シャークスキンやシルク混ウール、モヘア混リネンなど、生地に表情があるもので誂える「グレー」のセットアップです。

IMG_7263
例えばこのロロ・ピアーナ社製Summer Timeの様に、ウール、シルク、リネンをブレンドした事によってシャークスキンの様に独特な表情が生まれる生地は、前述のグレーワントーンの組み合わせにもアクセントとなって生きて来ます。

IMG_7264
写真では非常に解り辛いのですが、立体的でシャリ感があり、また清涼感を感じる割にしっとりとした滑らかさも含まれるなど、ロロ・ピアーナのファブリックらしい独特な魅力が詰め込まれています。

IMG_7267
行事向けの方にはスカートとのセットアップを、またキャリア向けの方にはトラウザーズとのセットアップなど、ボトムを変えたり、或いは2ボトムス誂えるのも一つの選択肢になります。

IMG_7262
スカートをカジュアルダウンに使ったり、単体での出番が多い事は言うまでも無く、マルチに使えるグレーと言う色合いゆえのフレキシビリティを生みます。

IMG_7268
トラウザーズはジャケットやトップスの組み換え次第で使えるシーンがスカート以上に幅広くなります。
男性がグレーのトラウザーズを複数枚持つのには、こうした理由も多分に含まれています。

IMG_7265
もっとフレキシブルにマルチに使えるセットアップをと言う方には、リネンのベスト(ジレ)を「敢えて色を変えて」誂えておくと良いでしょう。

IMG_7266
単体での出番も多いベストはセットアップとは異なる色で作る事によって、Tシャツ等とのカジュアルダウンにも使える等、異なるシーンでの出番が多いアイテムでもあります。

この写真で使用したサンプルの他にも、グレーのトーンの中に収まる様々な生地が沢山揃っています。

IMG_7273
実は秋冬に比べ、凹凸感や味わいのある素材は、春夏の方が圧倒的に多く出て来ます。

IMG_7272
色の濃淡や微細な色の変化に及ぶ物も同様で、一見しただけでは単色にしか見えない物や、先日ご紹介させて頂いたソラーロの様な反射色の様な物まで、春夏は魅力的な生地が沢山出て来る季節でもあるのです。

IMG_7274
誂える事で伝わる、身に着ける人の表情や性格、職種が、選ぶ生地や形に顕れること。

昔、アメリカでは成功を目指すエクゼクティブは月収と同額のスーツやジャケットを身に着けると言われていましたが、こうした投資は人を判断するうえで大切な

ファーストインプレッション

を重視するからです。

とっても清潔な人が、洗濯のされていないヨレヨレの衣服を身に着けていても、それは周りにとって清潔には見えません。

とどのつまりは身に着ける物が相手に与える影響は多分に大きいと言う事です。

それらを加味しつつ、地味過ぎず、派手過ぎず、そしてフレキシブルに使えるグレートーン(それも表情のあるグレー)は、まさに誂えるのには打って付けの一着かも知れません。

IMG_7275
今回のPERSONAL ORDERで、何を選ぼうか、何を作ろうか、迷われている方がいらしたら、是非グレーの生地も選択の一つに加えて見て下さい。

想像とは違った仕上がりや表情が備わるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6478
昨晩の降雪が嘘の様に晴れ渡り、街中は爽やかな陽射しに包まれた祝日の今日。
穏やかな陽射しと日陰の冷たい空気とが入り混じり冬ならばこその天候に。

今週はバレンタインデーのプレゼント探しなど往来の混雑が目立っています。

同時に季節の節目でもある2月は装いを新たに検討する時期でもあります。
今日はパーソナルオーダー用の新作生地が到着し、またお客様オーダーのコートも仕上がってまいりましたので、ご紹介を兼ねてお得なトピックをご案内させて頂きます。

A78A87FD-AE23-4534-8C93-22CDA7B3FBA1
先ずはお客様からご注文頂きましたフルサイズのレングスを用いたダブルブレステッドのロングコート。
昨年から当店がお勧めして来たブラックの上下に対しオリーブ色のコートだけを合わせるシンプル且つスタイリッシュな提案にご賛同いただき、そのスタイルを体現すべくご注文下さったお客様のもの。

1B4DFFCE-8029-4F17-A18A-2BDDBD2735BC
素材にはカノニコ社のスーパー100’Sのフランネルを使用し、丁度今位の季節にも相応しい、風にたなびく様なしなやかさと柔らかさ、そして美しい微光沢を帯びた実に洒脱な雰囲気に仕上がりました。

真冬に身に着けるコート、そして秋から春まで身に着けるコートと、素材の扱い方や仕様で多くのアイディアやバリエーションを盛り込む事が出来るのもオーダーの魅力。

今回のオーダーでは、ミドルインナーにダウンベストなどを合わせる事で真冬を越え、またそれ以外のシーズンには風にたなびく美しさを求めて作り上げています。

ミリタリーの筆頭格を思わせるオリーブカラーも実は濃淡や織り柄、凹凸と、その表情だけで多くの雰囲気を齎します。

今回の素材には仄かにラギッドさを感じさせるメランジ風の表情がミリタリーを、また相反する様に全体のディテールを誂え、その二つを一つにした、まさに女性の為の一着として成し得られています。

EC586C52-313E-455B-93EB-2FC6F71CF972
今回お客様の体形を加味し幾つかのアイディアを取り入れているのですが、一つだけ言える事は、このコートを着る事によって、ウエストから裾まで、或いは足元までの綺麗なフレアがより美しく、そして長身、痩身を生み出すメリットをも持っていると言う事です。

実は店頭に到着するや否や数名のお客様から「素敵!」と言うお声を頂いており、こうして形になる事によって人の目に訴える魅力は、まさにパーソナルオーダーならではの最大の魅力であると言えます。

今週末からは新たな生地を使用し、新シーズンへのオーダーがスタートいたします。
ご興味のある方、そして次なる一作を検討されている方も、どうぞお気軽に店頭或いはスタッフまでご相談下さい。
(※まだまだアポイントに余裕が御座います。 連日アポイントが埋まってしまいます為、出来るだけ早めのご相談、ご依頼をお勧め致します。)


そして、今週末からのパーソナルオーダーに先立ち、今日は200数種以上の中から、当店スタッフが選り抜いた幾つかのファブリックをご紹介いたします。

そして更に!

今回ご紹介させて頂くお勧めの生地をお選びいただく方の中で、

「まだ何を作るかは決めていないけれど、先ずは生地を確保したい!」

と言うお客様には、当店より

<お仕立て代10,000円のお値引きサービス>


を進呈致します!

尚、このサービスについては本日のブログ後述にてご案内させて頂きます。

先ず今回のオーダーに際しては、当店から幾つかの(仕様や形の)ご提案が在るのですが、中でもジャケット単体として非常にお勧めしたい生地が以下の物たち。

IMG_6601
一つ目はトラウザーズ、スカート、そしてジーンズなどボトムスを選ばず使いたくなる「意外」なフレキシビリティを持つ生地たち。
左上から時計回りに、ブラウンの艶やかな素材、メランジ調のグレー系を使った爽やかな織素材、非常に優れたストレッチ性を持つコットンストレッチ素材、しなやかさとユーティリティを備えたグレーのストライプの4種。

IMG_6602
またこちらも同じくシンプルで落ち着きのある中に、趣を持った生地たち。
シャリ感と共に光の加減によって色合いが異なって見えるカノニコ社の各素材。
冬を除いた3シーズンとしてもお勧め。

IMG_6604
同じくカノニコ社製のうっすらとシャドーチェックを取り入れた、こちらもまた独特な趣を持ちながらも、身に着けると単色に見える大人ならではの選択と言える4種。
薄く柄を取り入れる事により、日頃のシンプルが奥深いものに変わる生地たちです。

IMG_6606
拡大するとその目地や柄の細かさ、同一トーンによる見栄えが良く解ります。

IMG_6603
同じくこちらもカノニコ社製ですが、左上から今季最も持っていたい淡いライトオリーブ(或いはグリーン)、ブラウンとネイビーを仄かに織り交ぜたチェック、ネイビーベースにレッドのチェックを取り入れたプレッピーなチェック、グレーにブラウンのシャドーが大人ぽさを際立たせるチェックと、チェックの中でも異なる魅力の4種。

IMG_6605
春夏の素材ならばこその軽い見栄えと、色のコントラストが多くのスタイルに取り入れやすさを作ってくれる4種です。

IMG_6613
そしてこちらは特徴的且つ当店スタッフが「テーマ」ごとに誂えて欲しいと願う4種類です。
左上から時計回りに、DRAGO社のブラウンのストライプ、フェルラ社のフレスコ素材、カノニコ社のライトピンクのホップサック、トレーニョ社のシャドーチェックと、こちらは金属ボタンを使いブレザー然として誂える事によって、フレンチアイビーを気取る現代的プレッピーを表現出来るお勧めの4種。

IMG_6614
特にフェルラ社のフレスコは隙間が判るほどの編地で、まるでフレスコタイ(メッシュの様なネクタイ)やニットの様な仕上がりです。

IMG_6615
更にカノニコのライトピンクのホップサックは、ゴールドの金属ボタンを合わせ、ホワイトのボトムスやライトグレーのボトムスと合わせたリゾート感あふれる装いが想像出来ます。

IMG_6616
更に初夏に目を向けるとこちらの3種もお勧め。
左上から時計回りに、アンジェリコ社のブラウンとホワイトを組み合わせた粗目のマドラスチェック、昨年も非常に人気の高かったハリのあるシアサッカー、そして微光沢をもつストレッチコットン。

IMG_6617
アンジェリコ社のチェックは織地の粗さがジャケットに迫力を作り、こちらもまた金属製のボタンを使ってトラディショナルな雰囲気を作ったり、或いは本蝶貝のボタンを使いノーブルな雰囲気を作り出したりとアイディア次第で様々な表情を作る事が出来ます。

IMG_6618
また、このストレッチコットンは拡大すると、より光沢感や伸縮性の素晴らしさが伝わりますが、こうした素材には製品いした時の立体感が、他素材に比べてより露わになる特徴も在ります。

コンフォートなスーツとして、或いはカジュアルにも使えるジャケットとして、更には春のコートとしてもお勧めの生地ですね。

そして今回最もお勧めしたいのが、各社が挙って輩出しているウール基調のソラーロ。

IMG_6607
中でも当店がイチオシしたいのがDRAGO社製のソラーロです。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7
昨年当店スタッフが着用したスーツを見て、その生地で作りたい、その雰囲気を作りたいと言うお客様が多数いらっしゃったのですが、この素材がソラーロ(スタッフ着用のソラーロはウールとコットンのブレンド)です。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7_2
ソラーロは元々サンクロスとも呼ばれ、夏の生地として古くから人気の高い、玉虫調に色の変化をもたらす素材。

古くは20世紀初頭から在るソラーロ(サンクロス)は、亜熱帯の地域における強い日差しから肌を守る為、縦糸と横糸が2:1の配分で異なる色を織り合わせることによって作られる素材の総称でもあり、元々はオリーブ、オレンジの2色を組み合わせた、英国のスミスウーレンズ社製の物が元祖と言われています。(オリジナルは同社の物に使われている名前と言う事になります)

近年では色の組み合わせが様々な物に変化し、ブルーとグレー、ブラウンとオレンジなど、様々な色の変化を愉しむ夏の素材として重用されています。

IMG_6610
中でも当店が推すDRAGO社製のソラーロは実に上品で在りながら統一感のある色の変化、そして高級感を作り出すものばかり。

IMG_6611
スーツやジャケットは勿論、春用のコートとして一枚仕立てを作るなどもお勧めの使用法。

IMG_6608
生地の表情は写真で見るよりも、ずっと豊かな表情を作り、色の変化もファブリックメーカーごとに魅力が異なります。

IMG_6609
今回お勧めするソラーロは、海外は勿論、日本国内でも昨年同様非常に人気の高い素材で、新素材が到着すると完売速度が他の素材に比べて早い為、今回皆様へご提案させて頂くと同時に、先述の通り「先に生地を確保したい!」と言う方に、当店よりお仕立て代を10,000円分サービスさせて頂く経緯に至った訳です。

つまり、皆様に確保を急かすほど、それほど早く無くなってしまう生地と言う事です。

ここまでご紹介させて頂いた生地について、ご興味のある方、或いは「先に生地だけ確保したい」と言うお客様につきましては、当店オンラインストア(トップページ)のお問合せメール、或いはお電話、ご来店などにて、その旨(生地を指定していただきます)をお伝えください。

※先に生地を確保させて頂き、第二回パーソナルオーダー開催時での正式なオーダーでも構いません。
生地確保が先と言う条件をご理解下さい。

また今週末から開催させて頂きます第一回パーソナルオーダーの会期中でも同様のサービスを行わせて頂きます。

先ずはご来店のアポイント、もしくは詳細などについて店頭、または各スタッフまでお問合せ下さいます様お願い申し上げます。

※解りづらい点についてもお気軽に店頭へお問合せ下さい。


以上の他にも今回の新作生地にはお勧めが盛りだくさんです。
是非今週末からのパーソナルオーダーで、ご自分だけの新たな一着を誂えて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IOpelle_info001

今年の秋二度目の三連休が始まり、各幹線道路は他県からの車など混雑が進んでいる長野地方。
行楽に最適な気温と言う事もあり、いつも以上に往来が増えている様な気がします。

今日は連休に合わせ各ブランドからも新作が大量に入荷。
既にご予約のお品物のお受け取りも含め、ご来店が増え始めています。

さて、そんな秋物ラッシュの最中ですが、今日は来年春夏に向けたブランドバッグの受注会を開催。

今回ご用意させて頂いたのはイタリア、ナポリのレザーブランド『IOpelle』(イオペレ)のバッグ。

これまで女性のバッグとしては日本の市場に既に存在していた同ブランドですが、今回は男性に向けての物も含めてのご提案になります。

本日21日(土)から、28日(土)までの1週間、店頭にご用意している各サンプルを、お好きな色(又は革質)でオーダーする事が出来ます。

今回は様々な形をご用意しているのですが、中でも当店がお勧めする2モデルをピックアップして見ました。
(※店頭には他の形も在ります)

IMG_4572
先ず一つ目は、男性も女性も共に使えるバックパック。
インポーターのオーダー集計では最も沢山の受注が集まったと言うこの形。

IMG_4573
とてもしなやかで柔らかく、大きさも、大き過ぎず、小さ過ぎず、とても良いサイズに収まっています。

元々、IOpelleは、デザイナーであるAntonio Cristianoが様々な物からインスパイアされデザインに転化し、それらに使うのは、非常に優れた高品質のレザーのみを使用し、100%ハンドメイドで行うと言う拘りがあり、その全てが特別な質感に仕上がっています。

またこのブランドの特徴は価格面にも顕れており、このバッグも48,000円(税別)と言うベストプライス。

最近ではスーツ(或いはジャケット)にレザーのバックパックと言った組み合わせをする女性も増えており、このバッグはまさに大きさや柔らかさも含め、お勧めです。

IMG_4566
そして二つ目は、レザーのサコッシュタイプのショルダー。

脇に収まる様な大きさとストラップの長さによって、サコッシュの利用価値は高い事は言うまでも在りませんが、それらがレザーで作られる事で醸される大人向のバッグとして仕上がっている点がポイントです。

IMG_4567
内容量は必要にして充分、更にストラップを取り外す事によって、バッグインポーチとしてや、クラッチとして使う事も可能で、優れたユーティリティを発揮してくれそうです。

実は潜在的にサコッシュタイプのショルダーを欲する大人の男女が多いのですが、「ナイロンでは・・・ちょっと・・・」と若者と同じくしてしまうのを嫌う方が多かったのです。

今回のこの形も、バックパック同様、22,000円(税別)と言う非常にお得感を感じる価格設定。

IMG_4569
これら(その他のバッグも含め)のバッグを、革質、革色を変え、ご自身の好みの色で作る事が出来ます。

来季最も盛り上がりを見せるであろう、グリーン系パステルや、コバルトブルーなど、取り入れたい色も揃っています。

IMG_4568
他にもベーシック且つ味わい深い色(革)も揃い、今回の受注会は、『実用的』なバッグ選びに最適です。

いつもとは違ったバッグ選びを、今回のIOpelleで試してみては如何でしょうか。

きっと春夏の装いにピッタリの物が作れますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0487
いよいよ早い方の中には今日から長期連休と言う方が多いのでは無いでしょうか?

関東や東海地方を除き、好天が続くとされている今週末から来週にかけて、澄み渡る青空と心地良い陽射しによって愉しい夏休みを送れそうな予感。

勿論、お盆中の休みは無縁の方も多い今年の夏休みは、少なくともこの週末からの連休は楽しい時間を送れそうです。

IMG_0488
気温がここまで上ると水分だけでは満足せず、炭酸水を欲する気分にさせられますが、気付いてみると、自動販売機の炭酸飲料は完売ばかり。

気温に比例して炭酸を欲しいと思うのは私達だけではないようですね。

ともあれ、水分補給はまめに、そしてくれぐれも熱中症など暑さ対策もなさって下さいね。

さて、今日から15日までの6日間は、男性のお客様を対象にAubade Menの2020年春夏ボクサーショーツの受注会を開催致します。

aubade00001_l1

今回の受注会は取扱店舗を対象にした展示会前の受注会。

つまり全国で最も早い受注会を、メーカー強力のもと開催させて頂いております。

今回のAubade Menは、マスキュリンとフェミニンの強調、愉しく創造的で、互いに魅せ、魅せられる、オーバドゥカップルの男女のきずなを大切にすると言うテーマのラインナップ。

毎シーズン、女性のランジェリーのモチーフにリンクしたボクサーショーツを展開しているのですが、今回は今シーズン限定でのラインナップも含まれています。

主なラインナップは以下の通りになります。

IMG_1044
毎シーズン人気の高いDuoは、異なる柄を2枚組セットにしたプリパッケージの商品。

IMG_1045
このセットは木の葉柄のブルーとカーキによるカモフラージュ地と、無地のマリンブルーのセット。

IMG_1046
同じくこちらのセットはBahia(女性のランジェリーの定番型)のコレクションによる色彩を組み合わせた、白地にマルチカラーのフラワーモチーフと、プレーンのヘザーグレーのセット。

IMG_1047
ウエストのゴム部分がシルバーグレーになっている点もポイントが高いですね。

IMG_1048
Duo最後の一組は、Reine Des PresコレクションのReglisseカラーと無地のカーキによるセット。

IMG_1049
大人な色合い、組み合わせの2種類が、魅力をよりアップさせてくれそうな組み合わせです。

そして、ここからは1枚ずつのラインナップになります。
(※写真は2種類同時に写しておりますが、セットでは在りません。 ご注意下さい。

IMG_1038
左のMnottes(メノット)は、手錠をモチーフにした人気のプリント。
今回はライトなヘザーグレーにブラックのプリントです。

IMG_1039
そして右のClin D'Ceil(グラン・ドイユ)は、ヘザーライトオリーブをベースにウィンクの目をモチーフにしたプリント。

IMG_1040
左のParlez-Vous Aubade?(パレ・ヴ・オーバドゥ?)は、ブランドのメッセージをそのままプリントに施したもので、昨シーズン以降Aubadeのカタログなどにも記されているメッセージがプリントとして使われています。

IMG_1041
右のConstellation(コンステラシオン)は、「あなたの夢をかきたてる星座の旅」と言うテーマに基づき、夜空に輝く星座をモチーフにプリントしています。

IMG_1042
そして最後の一枚は、過去にもラインナップされた最も人気の高いプリントKamasutra(カーマスートラ)。

IMG_1043
プリントの中身については割愛させて頂きますが、世界で人気の高かったモチーフプリントとして今回復活しています。

今回の受注会は15日終了となりますが、翌日16日までご注文はお承り致します。
(※詳細については店頭まで)

Aubadeのボクサーショーツは、男性はもとより、女性によるルームウェアとして使われる方も多く、当店では男性女性問わずご注文(ご購入)頂く方が非常に多くいらっしゃいます。

日々の装いに於ける大切なアンダーウェアの存在。

次なるシーズンの内なるオシャレを是非この機会に完成して下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月の店休予定日】
8月14日、15日、22日、29日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


Aubade_PO_19071924_001

Aubade | Personal Order -AW2-

JULY.19-JULY.24


女性の装いを内側から支えるフランス、Aubadeのランジェリー。

上記日程にて『秋冬コレクション第二弾』の受注会を開催致します。

今回は秋冬コレクションの第2弾となるラインナップ。

より女性らしさと上品さがアップデイトされた魅力的なコレクションに仕上がっています。

(※今回のオーダーについては10月終盤以降から12月までの納品予定となります。)

日頃、ご入手が適わないサイズなどの他、定番の色違い購入など、この機会をご利用頂く方も多くいらっしゃいます。
まだ試された事の無い方も、既にお持ちの方も、是非皆様お誘いあわせの上ご来店をお待ち申し上げております。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ