IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ:NEWS > TOPICS

map001
全国的に市街地に静かな風景が広がり、私達の住む地域にも物音一つしない静けさが広がっています。
世界に目を向けて見ると、アメリカやロシア、中国の様に国土が広い国に比べ、国土が小さく人口が密集した国は、より多くの生活改善を強いられる事になるのですが、世の中が動かない事が生活に直結する今の状況は、色々な面で考えさせられる機会となっているに違い在りません。

より多くの人々が集中して今を耐える事が、きっと終息を早める事になるのでしょう。
今はネガティブな話題が多いと思いますが、心を空っぽに、時には愉しい事を考えたり、常にポジティブで居る事が大切だと私達は思っています。

さて、私達のお店は普段海外の商品が大半を占めますが、この秋以降、新たなラインナップが加わる事になります。

それは『ワンピース』です。

世の中にワンピースと区切っても、様々な物が在りますが、当店が展開するのはベーシック且つクラシカルな趣のあるもので、さらにパーソナルオーダーでお承りする事が可能になります。

59048606
これまでもテーラードジャケットや、トラウザーズ、スカート、ベストやコート等、様々な物を仕立てて来ましたが、女性のワンピースへのパーソナルオーダーは、『あったらいいな』を形にしたものです。

人によって体形は様々な上、ワンピースの場合には特に、バストが大きな人、ヒップが大きな人、肩幅が狭い人、腰回りが小さな人、身長が高い人、低い人、胴長な人、華奢な人、ふくよかな人、と、男性以上に体格の違いが露骨に顕れるものです。

そんなナイーブな問題を解決するのがパーソナルオーダーによるワンピースです。

今日そのベースとなるファーストサンプルが到着しました。

IMG_2964
(現段階では)形のバリエーションは、衿型で3種類、袖で2~3種類、ボディで2種類で、それらを組み合わせ、更に各部の寸法を測りながら、お客様の理想に近い形に仕上げていくものになります。

このサンプルはラウンドネック+3/4スリーブ+フレアの組み合わせ。

IMG_2965
今回のパターンを担当した方はイタリア帰りの女性。
女性の身体を知り尽くしている事が良く解る、ウエストの始まり部分(絞りの位置)や、二の腕、アームホールの大きさ、丸みのある背中など、ファーストサンプルとしては非常に完成度の高い物になっていました。

IMG_2966
これらが好みの生地やお客様の想定する用途に応じて誂えられる事によって、幾つかの異なるテイストを作り出す事が出来る様になります。

IMG_2967
袖付きのパターンはかしこまった場所や、祝い事やお別れの時などに使えるセレモニー(サンプルがブラックのウール地の為、よりその印象が強いのですが・・・)にも使えるようになります。

まだまだ細部に手入れは必要としますが、今回のワンピースの最も気になった(良い意味で)部分が、ファスナー(背面)の長さです。

一般的に腰上あたりで止まる長さが多いのですが、今回のサンプルでは腰中央くらいまで伸びる長さのあるシームレスファスナーを採用しています。

この長さは脱ぎ着をするのに、とてもスムーズになる為、パターンを作った方の緻密さに天晴です。

IMG_2968
コチラはVネック+スリーブレス+タイトのボディの組み合わせです。

IMG_2969
元々ジャケットとの相性を前提にしている所もあるので、タイトのボディにはより精密なディテールを想定していたのですが、こちらのファーストサンプルも非常に高い完成度。

IMG_2970
フレアのボディと同じくウエストの絞り位置の高さが抜群に良い事と、それに加えて目を見張ったのが、バスト部分の作り。

無理のない、とても自然な緩やかなカーブで作られた立体的な造形は、このボディのパターンの秀逸さを窺えるものでした。

IMG_2971
また腰から下のテーパーも美しく直線的なラインの中に柔らかな印象を与える丸みを帯びるなど、ワンピースとしてのタイトラインが綺麗に顕れています。

IMG_2972
これらのボディやパーツの組み合わせを基本に、様々な補正や寸法を宛てて行く事で、ワンピースのよりパーソナルな一着が仕上がる事になります。

IMG_2973
女性にとって、ジャケットやスカート、パンツ以上にシルエットの美しさが求められるワンピースは、既製品としての完成度は勿論ですが、パーソナルオーダーとして誂えて行く上でも、一つの指標として完成されていなければなりません。

IMG_2974
(※裏地には高品質なキュプラを基本に、季節ごとに異なる提案を予定しています)

表地には今後100を超える多くの生地の選択に加えて、ワンピース専用の生地の選択も適う事になる予定。

IMG_2975
アイディア次第で夏はサンドレスを作る事が出来たり、お仕事の方にはロロ・ピアーナの様な3シーズン対応のウール素材や、それ以外にもリネン、フランネル、ウールシャギーなど、季節に応じた特徴的な一着を誂える事が出来る様になります。

IMG_2976
冒頭でお伝えしたように、ジャケットとの相性が前提の方にも、この写真からバランスの良さがお分かりいただけると思います。
(※ジャケットはeleventy)

IMG_2977
自然で美しい佇まいは、ワンピースとしての完成度無くして顕れるものでは在りません。

IMG_2978
意外な盲点として、テーラードジャケットがウエストのシェイプ(ドロップ)が強めの物に対して、既製品のワンピースのウエスト(絞り部分)位置が合わず、ジャケットの中からワンピースの生地だけが浮いて泳いでいるのを見る事がありますが、今回のサンプルで実証したように、ウエスト位置が合う事が、ジャケットとの組み合わせにも高い相互性を生み出すものになります。

IMG_2979
似たテイストを持つブランドの、それぞれのアイテムを組み合わせても、それぞれの意匠が違う事から親和性が保てないのが原因だったりしますが、そんな些細なディテールの盲点も、100%カバーできるものになります。

いつも皆様にお伝えするのですが、こうして見落とされがちな小さなポイントの完成度を高める事、つまり『バランス』が、自然で綺麗に素敵を作り出す事への第一歩です。

IMG_2980
恐らくは当店が求める物、箇所、仕上がりの条件は、他様が求めるものとは違う所に在るかも知れません。

然し、そこに拘りを求める理由はいとも簡単で、

「お客様が自然に着て、美しく、格好良く見える」

こと、それが全てです。

お客様にとってお店は信頼で在り続けなければなりません。

信頼のもと美しい形を作り、それを安心のもと着て頂く、それ以上は必要ありません。

どこかに妥協があるままに誂えてしまう事は、お客様の信頼に楯を突く事になります。
お客様が目を向ける場所で無くとも、私達が長年拘る「バランス」だけは、しっかりと作り続けなくてはなりません。

今回のファーストサンプルは、これまで幾つかサンプルを見て来た中でも1、2を争う出来栄え。
細部に手入れを加え、次なるセカンドサンプルの時には、更に完成度の高い一着になっている事でしょう。

予定では9月頃、皆様に新しいご提案と共に、店頭用のワンピースを幾つかご用意させて頂く予定です。(既製品)

どうぞコロナ禍にめげず、次なる楽しみに向けてポジティブに参りましょう。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月7日、14日、21日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

全国的に緊急事態宣言が発せられ、私達の住む地域でも街中から人の姿が消えました。
百貨店も臨時休業に入り、昨日までの駅前の人口密度は平常時の6割を欠くまでに減少。
8割減を求める国の目標値には届かないものの、既に多くの人たちが自覚を持ち始めている事が解ります。

今私達の地域を含め全国的に多くの企業が悲鳴を上げています。
国難とも言える今回の新型ウィルスには全国民が力を合わせるべき時でもあり、またこうした時にこそ人の人間力も試されている様に感じます。

色々な立場や色々な見方によって様々な意見が交わされる今、大切なのは「人がするからする」のではなく、今「自分だったら何が出来るか、何をするべきか」を考える事。

今、一人一人の人間力が試されています。

現在、私達は近隣で頑張っておられる飲食店様方のテイクアウトをお客様方を中心に広めています。
どの業種も非常に大変な状況ですが、特に飲食店様方は死活問題に直面しています。

一つでも、一人でも多くの物が動いたり、人の手に渡ったりする事が流通も促すでしょうし、街中にも俄かな動きを生みだすと思います。

今、我々のお店ではボランティアとして、お仕立てをお願いしている取引先様にスーツやジャケットに使用する生地を使用したマスクの製作をお願いしています。

e2c52721
これらを取引先様の提示する価格のまま、お客様方へ提供させて頂き、お客様自身は必要とするマスクを手にして頂き、取引先様には僅かでも売上として頂く為の一種のボランティアが繋げる輪を作っています。

IMG_2835
お仕立てに使われるスーツ地を使う事で、ちょっぴり違った趣がもたらされているこれらのマスクですが、衛生面では医療用とは違いますので、実際ご利用の際には内側にガーゼを充てて頂くのが良いと思います。

IMG_2834
あくまでもボランティアの一環ですので、多くは記しませんが、現在、既に第一弾、第二弾の入荷分は予約完売となっており、次回第三弾の入荷分でのご予約を受け付けている所です。
(※出来る限り費用の掛からない往復のやり取りを勧めさせていただいております。 ご興味のある方、また大量に必要な方など、合わせて、詳細を店頭までお問合せ下さい。)

IMG_2833
世の中の人たちが窮地に立たされている時こそ、皆が支え合ったり協力しあったりする事の大切さは、昨年の台風の被害で、我々は既に体験しています。

今は人と人が罵り合ったり嫌悪しあったり、足の引っ張り合いをするのではなく、少しでも誰かの為に役に立ったり、人の為に動く事を考える時でもあります。

どうか皆様の周りでも、ネガティブなニュースが話題とならない事を祈っています。


さて、今年は毎月、毎週、数多くのイベントを行っておりますが、今週は新たにナイロンアウターとシャツの期間限定販売を行っております。
(ブランドはMAX MARAの各ライン)

今回のラインアップではMAX MARAとしては異例の4万円台のウィンドブレーカーがあったり(MAX MARA LEISURE)、非常に魅力的なアウターやシャツが揃っています。

是非ご興味のある方は店頭でご覧ください。

また先週より行っておりますイタリアンファブリックを使ったショーツの期間限定販売も、いよいよ最終日が近づいています。(24日まで)
夏に向けてショーツの新調を検討されている方は是非この機会にご入手ください。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月7日、14日、21日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6044
2月だと言うのに小春日和を感じさせるような陽の光に、街中はいつもとは違い子供たちの賑わいが目立つ様に感じます。
この暖かさも今週いっぱいだそうですが、来週は再びニットの出番がやって来そうですね。

さて、季節は端境期を迎え、暦の上でも様々な行事が増える季節です。
特に当店のお客様方にとっては、キャリアの方々にとっては異動や新たな仕事、お子様をお持ちの方にとっては卒業や入学など、忙しい季節が始まりますね。

昨日もご紹介させて頂いたシャツのプレパック販売の様に、季節の始まりには複数備えておきたいものが増える訳ですが、今日ご紹介するのは、イタリアの老舗ファブリックメーカー「ALBINI」社のスーピマコットンを使用したカットソーです。

IMG_7198
今回当店が企画しているこのカットソーは、元々ポロシャツ様に作られた型紙を流用し、身体の丸みに合わせた立体的な形が特徴ですが、男性も女性も使えるカジュアルな一着として(ヘンリーネックではなく)バンドカラーの衿(と言っても極微なものですが)を持ったプルオーバー型。

実際入荷するのは少し先ですが、今回はこのモデルを女性に向けたサイズから男性に向けたサイズまで様々なサイズを作り、また色違いとしてホワイト、ミッドナイトブルー、ブラックの3色をご用意する予定です。

IMG_7202
このカットソーのおススメは何と言っても生地に採用したイタリア、ALBINI社(アルビニ)の作り出す

まるでシルクの様な光沢と柔らかさ

を持つ高品質の素材。

albini003
元々ALBINI(アルビニ)社は1876年に創業されたイタリアの三大生地メーカーの一つでもあり、イタリアの地名でもあるアルビニに住む人々は何かしらの形でアルビニの仕事に携わっていたとも言われるほど巨大な生地メーカーへと成長しました。

albini001
傘下にはTHOMAS MASON(トーマス・メイソン)社も抱える等、常に新しい挑戦と歴史に裏付けられ、長きに培われた技術や造詣を惜しみなく投じている生地メーカーでもあります。

albini002
このアルビニのスーピマコットンを使い非常に細かな目地によって作られた「滑らか」で「艶やか」なコットンは、このカットソーの表情を単なるカットソーと片付けるには惜しい素晴らしい魅力を放ちます。

写真では光沢が解り辛いのが残念ですが、今回のプルオーバーには男性、女性共に目から鱗の一着と成り得る魅力を持ち合わせています。

また着用時に感じて頂けるのが、この(極微ですが)衿を持つ事によって、ジャケットやカーディガン、ミリタリーなどカジュアルな羽織物でも、この小さな衿の存在によって見栄えが大きく変わってくれる事が皆様の期待を良い意味で裏切るものになってくれるでしょう。

IMG_6842
また今回のカットソーの他、夏頃には新たなディテールを取り入れたIL MAREらしい一着も検討しております。

毎日身に着けるシャツ、そしてカットソー、共に必要な時に買い足す事が出来る事の魅力を、改めて感じて頂けたら嬉しいですね。

この他、今年の当店は新しい企画が目白押しの一年となりますので是非楽しみにお待ちくださいね。


※今回のカットソーの生地を体感したい方は、明日16時まで店頭で触れて頂く事が出来ます。
ご興味のある方は是非お気軽にお問合せ下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_7126
週末に合わせやってきた2月最初のイベント「St.Valentine's Day」。
街中を往くカップルを見ると、どこか意味有り気にストーリーを想像してしまう無粋な世代の私達ではありますが、今日は何処彼処このイベントを楽しみに変える姿が多い事でしょう。

今日はお客様からもヴァレンタインのお差し入れを頂きました。
嬉しい事にますます胃袋を成長させつつ更に仕事へ精進させて頂けそうです。(?)

さて、いよいよ今日からはパーソナルオーダーも始まり、既に店頭やメールなどで沢山のお問合せを頂く一日となりました。

今回は特徴的な生地が多い他、味わい深い玄人好みの生地も増え、男性、女性共にどの素材にしようか?と頭を悩ませる数日間となりそうです。

また今回のオーダー期間中は、直接パーソナルオーダーとは関係は在りませんが、日常的に使用機会の多いシャツやパンツなどの新たなご提案もさせて頂いています。

御洒落の中には「仕事上」どうしても外せない「考え方」があったりします。

それは日常的に半分は仕事着としての役割を担うもの。

そこには御洒落と着用頻度を天秤に掛けざるを得ない、とってもジレンマの働く時がありますよね。
男性も女性も仕事の上で欠かせないシャツの存在がその一つです。

中でも白のシャツを中心に、その日の中心を担う色があったりする訳ですが、仕事だけに限らず、日常的に白シャツとジーンズを自分の定番スタイルとする人もいます。

例えばTEEシャツを買うように、日常的に着ているとダメージの進み具合も早く、「あぁ、同じ物をもう一つ買っておけば良かった・・・」などと思う事、ありますよね。

当店スタッフもその一人で、昔から白のシャツや白のTEEシャツは、同じ物を複数買い揃える事が癖づいています。

それはどちらも「白」で、しかも「消耗品」として捉えているからです。

色んなブランドや誂えの白のシャツを購入しても、空気や肌、時間、その他色んな条件が重なり、衿や袖の汚れや擦れは、避けようのないものでもあります。

20021401
しかしこうした考え方は人それぞれで、割り切ってしまえば数千円のシャツを何枚も購入する人、常に同じオーダーが出来る誂えを使いリピート購入する人、或いは一着のお気に入りを念入りに手入れしながら、幾つかをローテーションしながら着る人、、、等々、その人の生活スタイルによって異なります。

当店スタッフの場合は、高品質のシャツ(或いは高価格のシャツ)も、低価格のシャツも、全て同じ扱いをします。

着なければ劣化し、着続けても劣化する、その結果、常に着続けながら手入れも行い、更に枚数を増やす事で何年も過ごしています。

実は当店のお客様の中には、同じ考え方をする人が意外と多くいらっしゃいます。
用途を分けるより、枚数を増やして一着当たりの劣化を防ぐのです。

そこで今回当店が企画しているのは、Agnelli & Sonsのシャツ(今回はウィメンズのみ)のリモデルに伴い、新型のシャツモデルを限りなくコストパフォーマンスが高く、更に2着セットにした「プレパッケージ」として販売しようと言うものです。

IMG_7213
前回のパターンから今回は細部に微調整を行い、ボタン間のピッチの拡大、袖丈の長さの延長

IMG_7215
更に衿型をセミワイドに変更し、より使い勝手の良いフレキシブルなシャツへと進化させました。

IMG_7216
特にボタンのピッチは、従来のシャツでは第1ボタンと第2ボタンとの間が少し狭目のピッチだったのですが、このピッチを変更し

IMG_7214
第2ボタン以下のピッチも変更する事によって、ボタンを開けた時のバランスを重視しました。
(従来のボタン位置はボタン間が覗く事が無くメリットも在りますが、今回はより女性らしさを優先)

この形を基本として、2枚セットにしてご購入頂こうと言う企画です。

IMG_7231
Aの生地はヘリンボーンの織り柄が美しい微光沢のあるコットンのホワイト。

D1ACC119-D7BB-41ED-8D92-A476512D1285
Bは同じくブルー、Cは立体的な微細な織目のグレー系、Dは艶やかさのある100番手双糸のカーキ、そしてEはオンオフに欠かせないホワイトとブルーのロンドンストライプです。

これらを予め2着のセットにプレパッケージするのですが、同色2着のセット、異色2着のセット、異素材2色のセットと、全て異なる組み合わせで販売をする予定です。

また、2月14日から18日までの期間のみ、ご希望のお客様にはお好きな組み合わせをお選び頂ける機会を設けました。

勿論、2枚セット+1枚でも結構ですし、仲の良い方や御家族と一着ずつ分けて頂いても良いですし、使い方は様々です。
(※同サイズ2着でのセット販売とさせていただきます為、異なるサイズの組み合わせはお断りさせて頂きます)

サイズ展開も、最小36、38、40、42、44(以降はご相談下さい)と幅広くご用意が出来ます。

価格については現在、生地や仕様などの最終打ち合わせを行っております為、現在予価ではありますが、1セットあたり3万円前半の価格に収まる様進めております。

仕事でシャツを着る機会が多い方、或いはジーンズに白シャツのスタイルが定番の方、是非今回の企画を有効利用して頂ければと思います。

※ご注文などご相談につきましては店頭までお気軽にご連絡下さい。
サイズの参考につきましてはオンラインストアのシャツの寸法をご参考下さい。
(袖丈は各サイズ2㎝長くなる予定です)

寸法の参考シャツはコチラから


更に今回ご提案の生地は(カーキを除く)後から買い足す事が出来ます。

つまり必要な時に買い足す事が出来る、一種の安心感があります。

(生地や作りの)コストをただ単に下げるのではなく、ディテールへの拘りや作りなどを変えず(衿の中に接着芯などを使ったりせず)、新たな定番提案の一つとして、今回のシャツがあります。

今回新型を作る為に、拘り続けた箇所が幾つもありますので、是非ご興味のある方は店頭まで。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6478
昨晩の降雪が嘘の様に晴れ渡り、街中は爽やかな陽射しに包まれた祝日の今日。
穏やかな陽射しと日陰の冷たい空気とが入り混じり冬ならばこその天候に。

今週はバレンタインデーのプレゼント探しなど往来の混雑が目立っています。

同時に季節の節目でもある2月は装いを新たに検討する時期でもあります。
今日はパーソナルオーダー用の新作生地が到着し、またお客様オーダーのコートも仕上がってまいりましたので、ご紹介を兼ねてお得なトピックをご案内させて頂きます。

A78A87FD-AE23-4534-8C93-22CDA7B3FBA1
先ずはお客様からご注文頂きましたフルサイズのレングスを用いたダブルブレステッドのロングコート。
昨年から当店がお勧めして来たブラックの上下に対しオリーブ色のコートだけを合わせるシンプル且つスタイリッシュな提案にご賛同いただき、そのスタイルを体現すべくご注文下さったお客様のもの。

1B4DFFCE-8029-4F17-A18A-2BDDBD2735BC
素材にはカノニコ社のスーパー100’Sのフランネルを使用し、丁度今位の季節にも相応しい、風にたなびく様なしなやかさと柔らかさ、そして美しい微光沢を帯びた実に洒脱な雰囲気に仕上がりました。

真冬に身に着けるコート、そして秋から春まで身に着けるコートと、素材の扱い方や仕様で多くのアイディアやバリエーションを盛り込む事が出来るのもオーダーの魅力。

今回のオーダーでは、ミドルインナーにダウンベストなどを合わせる事で真冬を越え、またそれ以外のシーズンには風にたなびく美しさを求めて作り上げています。

ミリタリーの筆頭格を思わせるオリーブカラーも実は濃淡や織り柄、凹凸と、その表情だけで多くの雰囲気を齎します。

今回の素材には仄かにラギッドさを感じさせるメランジ風の表情がミリタリーを、また相反する様に全体のディテールを誂え、その二つを一つにした、まさに女性の為の一着として成し得られています。

EC586C52-313E-455B-93EB-2FC6F71CF972
今回お客様の体形を加味し幾つかのアイディアを取り入れているのですが、一つだけ言える事は、このコートを着る事によって、ウエストから裾まで、或いは足元までの綺麗なフレアがより美しく、そして長身、痩身を生み出すメリットをも持っていると言う事です。

実は店頭に到着するや否や数名のお客様から「素敵!」と言うお声を頂いており、こうして形になる事によって人の目に訴える魅力は、まさにパーソナルオーダーならではの最大の魅力であると言えます。

今週末からは新たな生地を使用し、新シーズンへのオーダーがスタートいたします。
ご興味のある方、そして次なる一作を検討されている方も、どうぞお気軽に店頭或いはスタッフまでご相談下さい。
(※まだまだアポイントに余裕が御座います。 連日アポイントが埋まってしまいます為、出来るだけ早めのご相談、ご依頼をお勧め致します。)


そして、今週末からのパーソナルオーダーに先立ち、今日は200数種以上の中から、当店スタッフが選り抜いた幾つかのファブリックをご紹介いたします。

そして更に!

今回ご紹介させて頂くお勧めの生地をお選びいただく方の中で、

「まだ何を作るかは決めていないけれど、先ずは生地を確保したい!」

と言うお客様には、当店より

<お仕立て代10,000円のお値引きサービス>


を進呈致します!

尚、このサービスについては本日のブログ後述にてご案内させて頂きます。

先ず今回のオーダーに際しては、当店から幾つかの(仕様や形の)ご提案が在るのですが、中でもジャケット単体として非常にお勧めしたい生地が以下の物たち。

IMG_6601
一つ目はトラウザーズ、スカート、そしてジーンズなどボトムスを選ばず使いたくなる「意外」なフレキシビリティを持つ生地たち。
左上から時計回りに、ブラウンの艶やかな素材、メランジ調のグレー系を使った爽やかな織素材、非常に優れたストレッチ性を持つコットンストレッチ素材、しなやかさとユーティリティを備えたグレーのストライプの4種。

IMG_6602
またこちらも同じくシンプルで落ち着きのある中に、趣を持った生地たち。
シャリ感と共に光の加減によって色合いが異なって見えるカノニコ社の各素材。
冬を除いた3シーズンとしてもお勧め。

IMG_6604
同じくカノニコ社製のうっすらとシャドーチェックを取り入れた、こちらもまた独特な趣を持ちながらも、身に着けると単色に見える大人ならではの選択と言える4種。
薄く柄を取り入れる事により、日頃のシンプルが奥深いものに変わる生地たちです。

IMG_6606
拡大するとその目地や柄の細かさ、同一トーンによる見栄えが良く解ります。

IMG_6603
同じくこちらもカノニコ社製ですが、左上から今季最も持っていたい淡いライトオリーブ(或いはグリーン)、ブラウンとネイビーを仄かに織り交ぜたチェック、ネイビーベースにレッドのチェックを取り入れたプレッピーなチェック、グレーにブラウンのシャドーが大人ぽさを際立たせるチェックと、チェックの中でも異なる魅力の4種。

IMG_6605
春夏の素材ならばこその軽い見栄えと、色のコントラストが多くのスタイルに取り入れやすさを作ってくれる4種です。

IMG_6613
そしてこちらは特徴的且つ当店スタッフが「テーマ」ごとに誂えて欲しいと願う4種類です。
左上から時計回りに、DRAGO社のブラウンのストライプ、フェルラ社のフレスコ素材、カノニコ社のライトピンクのホップサック、トレーニョ社のシャドーチェックと、こちらは金属ボタンを使いブレザー然として誂える事によって、フレンチアイビーを気取る現代的プレッピーを表現出来るお勧めの4種。

IMG_6614
特にフェルラ社のフレスコは隙間が判るほどの編地で、まるでフレスコタイ(メッシュの様なネクタイ)やニットの様な仕上がりです。

IMG_6615
更にカノニコのライトピンクのホップサックは、ゴールドの金属ボタンを合わせ、ホワイトのボトムスやライトグレーのボトムスと合わせたリゾート感あふれる装いが想像出来ます。

IMG_6616
更に初夏に目を向けるとこちらの3種もお勧め。
左上から時計回りに、アンジェリコ社のブラウンとホワイトを組み合わせた粗目のマドラスチェック、昨年も非常に人気の高かったハリのあるシアサッカー、そして微光沢をもつストレッチコットン。

IMG_6617
アンジェリコ社のチェックは織地の粗さがジャケットに迫力を作り、こちらもまた金属製のボタンを使ってトラディショナルな雰囲気を作ったり、或いは本蝶貝のボタンを使いノーブルな雰囲気を作り出したりとアイディア次第で様々な表情を作る事が出来ます。

IMG_6618
また、このストレッチコットンは拡大すると、より光沢感や伸縮性の素晴らしさが伝わりますが、こうした素材には製品いした時の立体感が、他素材に比べてより露わになる特徴も在ります。

コンフォートなスーツとして、或いはカジュアルにも使えるジャケットとして、更には春のコートとしてもお勧めの生地ですね。

そして今回最もお勧めしたいのが、各社が挙って輩出しているウール基調のソラーロ。

IMG_6607
中でも当店がイチオシしたいのがDRAGO社製のソラーロです。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7
昨年当店スタッフが着用したスーツを見て、その生地で作りたい、その雰囲気を作りたいと言うお客様が多数いらっしゃったのですが、この素材がソラーロ(スタッフ着用のソラーロはウールとコットンのブレンド)です。

C12FB146-63B4-49D9-ABD2-5BEEAF7AAFA7_2
ソラーロは元々サンクロスとも呼ばれ、夏の生地として古くから人気の高い、玉虫調に色の変化をもたらす素材。

古くは20世紀初頭から在るソラーロ(サンクロス)は、亜熱帯の地域における強い日差しから肌を守る為、縦糸と横糸が2:1の配分で異なる色を織り合わせることによって作られる素材の総称でもあり、元々はオリーブ、オレンジの2色を組み合わせた、英国のスミスウーレンズ社製の物が元祖と言われています。(オリジナルは同社の物に使われている名前と言う事になります)

近年では色の組み合わせが様々な物に変化し、ブルーとグレー、ブラウンとオレンジなど、様々な色の変化を愉しむ夏の素材として重用されています。

IMG_6610
中でも当店が推すDRAGO社製のソラーロは実に上品で在りながら統一感のある色の変化、そして高級感を作り出すものばかり。

IMG_6611
スーツやジャケットは勿論、春用のコートとして一枚仕立てを作るなどもお勧めの使用法。

IMG_6608
生地の表情は写真で見るよりも、ずっと豊かな表情を作り、色の変化もファブリックメーカーごとに魅力が異なります。

IMG_6609
今回お勧めするソラーロは、海外は勿論、日本国内でも昨年同様非常に人気の高い素材で、新素材が到着すると完売速度が他の素材に比べて早い為、今回皆様へご提案させて頂くと同時に、先述の通り「先に生地を確保したい!」と言う方に、当店よりお仕立て代を10,000円分サービスさせて頂く経緯に至った訳です。

つまり、皆様に確保を急かすほど、それほど早く無くなってしまう生地と言う事です。

ここまでご紹介させて頂いた生地について、ご興味のある方、或いは「先に生地だけ確保したい」と言うお客様につきましては、当店オンラインストア(トップページ)のお問合せメール、或いはお電話、ご来店などにて、その旨(生地を指定していただきます)をお伝えください。

※先に生地を確保させて頂き、第二回パーソナルオーダー開催時での正式なオーダーでも構いません。
生地確保が先と言う条件をご理解下さい。

また今週末から開催させて頂きます第一回パーソナルオーダーの会期中でも同様のサービスを行わせて頂きます。

先ずはご来店のアポイント、もしくは詳細などについて店頭、または各スタッフまでお問合せ下さいます様お願い申し上げます。

※解りづらい点についてもお気軽に店頭へお問合せ下さい。


以上の他にも今回の新作生地にはお勧めが盛りだくさんです。
是非今週末からのパーソナルオーダーで、ご自分だけの新たな一着を誂えて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ