IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ: NEWS

いよいよ始まった秋の連休。
街中へ向かう各幹線道路は混雑を始め、規制緩和が為された街の一部には歩行者天国が設けられるなど、徐々に人の動きは賑わいを作り始めて来ました。

気温も秋めいて来た週末は、お客様の装いも俄かに秋らしさが見え隠れする様になりました。

こうして気温が変わり始めると装いも少し変えてみたくなりますね。

IMG_4561
今日は比較的ブラウスやシャツ類を見にいらっしゃる方が多く、特にお仕事から日常まで幅広く使えるFIL NOIRのシャツが関心を集めています。

ドロップショルダーのゆとりある肩回りと理想的な着丈がオフィスから週末まで様々なスタイルに使い易く、また羽織ったり、インナーにしたりと、気温の変化にも対応し易い点が魅力です。

IMG_4562
ただタップリしただけのボリュームシャツとは違った、鮮度ある装いが作られます。
これから秋の装い作りを考えていらっしゃる方は是非ご参考に。

そして、今日は高品質でラグジュアリーな存在感を作り出すニットウェア専業ブランド「Cruciani」からも新作が到着。

top_side_Cruciani_2002aw_001
既にご存じの方も多いCrucianiのニットは、その高い品質と大人の女性を満足させてくれる高い次元での製品作りが魅力。

当然の事ながら春夏のニットに比べ、秋冬のニットは少し価格が変わりますが、今日皆様にお勧めしたいニットは、Crucianiとしては安価と捉えざるを得ない至極の一着です。

IMG_4560_1
ズバリ、そのアイテムとは、、、

『カシミア』

のクルーネックプルオーバー。

春夏に抜群のコストパフォーマンスを見せたキッコデリーゾシリーズが4万円弱だったのに対し、当店がオーダーした『カシミア100%』のニットは、何と52,000円と言うプライス。

Crucianiを良く知る方ならば、この価格(それもカシミアで)が如何にバーゲンプライスか、が解るかと思います。

IMG_4555
その魅力的となるカシミアのニットは、シンプルでベーシックなクルーネックをベースに、微細なカシミア糸を使って編まれた、ケーブル編みのニットです。

IMG_4557
世界中の高品質なニット専業ブランドが挙って使用するイタリアのカリアッジ社のカシミア糸を使って編まれており、その心地良さは群を抜いています。
(このカリアッジ社は現在Crucianiの親企業傘下に在ります)

過去、カリアッジ社の糸を使ったニット製品を(他ブランドで)何度か仕入れておりますが、その何れもが心地良さと柔らかさ、そして軽さと温かさと言う全てを適えてくれる夢の糸でも在ります。
(※エルメスやシャネルなどがニットやストール等に使用する糸としても知られています)

IMG_4559
その軽くて、暖かく、そして柔らかなカシミア糸を緩編みに仕上げた結果、想像を超えた軽さが実現され、まるで軽いガーゼの様な物を羽織っているかのような錯覚に陥るほど、ニットそのものの重みを感じさせません。

IMG_4550
軽さだけではなく、このハイゲージの編地は毛糸同士が絡み合い、空気が留まる事によって暖かさを生み、カシミアの特徴である高い保温性も当然ながら備えています。

IMG_4552
この糸によって綺麗に編み目を彩るのは極微なケーブル編みです。
写真からも伝わる様に、非常に女性的で大人らしい繊細かつ上品、上質さを醸し出します。

IMG_4554
フィット感、着丈や身幅のバランスも良く、スタイルの中心として、インナー利用、ミドルインナー利用、レイヤードに最適なバランスを作ります。

IMG_4546
今回当店がオーダーしたのは、ご覧の3色。

その全てが使い易く合わせ易いカラーで構成され、どの色もカリアッジ社の糸独特の中庸且つ味わいのある色合いを作りだしています。

IMG_4547
カシミアと聞いて、秋冬だけの物として捉える方も多いと思いますが、編地や軽さ次第では春夏にも着られる事が多いヨーロッパ。

過去にもブログで触れた事がありますが(※ウィリアムロッキーのカシミアについて過去ログ参照)、今回のCrucianiのカシミアは、まさにそんなラグジュアリーなクルーズ感、リゾート感を感じさせてくれる無二の存在でもあります。

IMG_4548
糸の品質、形の基本、編地、そして高いコストパフォーマンス、その全てが適えられたニットは、数多あるブランドアイテムの中でも、早々出会えません。

今回のCrucianiのニットは、まさにそんな多くを適えてくれる必携の一着になっています。

少しずつ下がり始めている気温。
秋の装いを始めようと言う方は、是非今回のCrucianiのカシミアを一度手に取ってご覧ください。

極上の心地良さに包まれる事間違いなしです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4078
涼しさが続く毎日ですが、今日は急激な蒸し暑さが街中を覆っています。
小雨空も交じり、これもまた9月の風情として季節を感じさせるものでもありますね。

さて、既に店頭には秋の新作が続々と揃い始めている中、いよいよ明日から始まるDRESSのパーソナルオーダーも、生地の内見や早速アポイントを頂くなど、少しずつ皆様の視線は秋へと向かい始めています。

一足早く秋の装いづくりを進める女性たちですが、今日は負けじと秋の装いづくりを進める男性の皆様へ、”ベーシック”を基本とした新作を幾つかお勧めしてみたいと思います。

先ず揃えておきたいのが”シャツ”。

男性にとってシャツは第二の肌。
カットソーやニットで楽しむ秋もありますが、やはりどの季節にも欠かせないのがシャツですよね。

IMG_3832
今日お勧めするシャツは全てGUY ROVERのシャツたちですが、先ず一つ目は、このシャンブレー素材のシャツです。

IMG_3835
デニムやダンガリーのシャツは重すぎてインナーになり辛い時、稀にあると思います。
そんな時取り入れて欲しいのが、味出しをしたこのシャンブレーです。

一般的にデニムとは織り方が異なる為、表情が異なるのですが、その多くが”綺麗”な仕上がりの物を占めると思います。

そこで今回当店がオーダーしたのは仄かな加工を施した仕上がりで、非常に味わい深い色合いを醸し出している生地物。

IMG_3836
シャンブレーの厚みだと、ネクタイを締めても窮屈になり辛く、またドレスシャツを得意としているGUY ROVERらしいソリッドな美しさにこの素材を載せることによって、大人らしい洗練されたカジュアルダウンが楽しめそうです。

IMG_3843
そして二つ目は、このタブカラーのシャツです。

IMG_3844
素材には厚みのあるしっかりとしたヘリンボーンを採用し、長目のレギュラーカラーにボタン式のタブカラーの組み合わせです。

IMG_3845
タブカラーと聞いて、ネクタイ必須と考える方が多いと思うのですが、このタブカラーのディテールを飾りに見立て、カジュアルダウンして日常に着る楽しさというのも、予てから当店ではお勧めをしています。

IMG_3851
特にジャケットとの組み合わせやニットカーディガンなど、衿回りにボリューム感が欲しい時の”ハズシ”の一手として、実はとても有効です。

実は昨年はデニム素材のタブカラーのシャツを作ったのですが、その際の用途も今回同様、カジュアルダウンをより楽しんでいただく為の小さな遊びでした。

IMG_3852
衿越しをしっかりと持ち、また衿の長さも相まって、ジャケットとの相性は抜群です。
お仕事でのタイドアップ、また日常でのカジュアルダウンと、共に楽しんで欲しい一着になります。

IMG_3853
そしてシャツ最後のお勧めは、このベーシックなロンドンストライプのシャツです。
「ストライプ」と聞いて全てを一緒くたに想像してしまう方も多いと思います。

然し長年当店にお越しの方は恐らく見る箇所であると思いますが、ストライプのピッチ(幅)や、ベースカラーがホワイトなのか、他色なのか、と言うポイントで、見栄えは大きく変わります。

IMG_3855
今回の素材ではブルーにホワイトのストライプ。
つまりブルーがベースカラーになり、ホワイトがストライプのラインとなるケース。

たったこの反転の組み合わせだけなのに、見た目は清涼感に溢れます。

IMG_3860
ホワイトに他色のストライプの場合、良く感じられるのがオフィスユースぽさが残るというケース。
ホワイト地にストライプを重ねると、やはり凛とした表情が強くなり、お仕事向きでの印象が強く残る場合が多いと思います。

IMG_3861
勿論、お仕事にも使えるこのストライプは、やはりジーンズなどと合わせてカジュアルダウンを楽しんでいただく為の一着でもあります。

と、以上3モデルは、基本として持って置きたい3着で、色、形、共に是非ともクローゼットに加えて頂きたい3種になります。

そしてシャツと共にベーシックとして揃えておいて欲しいのが、やはりベーシックなニットです。

IMG_4406
ベーシックなニットを作らせたら大抵の物が綺麗に、そして美しく、更にコストパフォーマンスの高さに満足してしまうのが、イタリアのニット専業メーカー「Alessandro Luppi」(アレッサンドロ・ルッピ)のニットたち。

今回はケーブル編みのクルーネックと、ジャケットや羽織物等と相性の良いハイネックの2種類をオーダーしています。

IMG_4408
もはや色や形で幾つも揃えて置きたい鉄板中の鉄板が、ケーブル編みのニットたち。

今回Alessandro Luppiでオーダーしたニットたちは何れも、トスカーナの老舗紡績メーカーの糸を使った物ですが、全てがピュア・エクストラファイン・メリノウールをベースに、カシミアをブレンドしたものになっています。

IMG_4444
この非常に淡いライトベージュも一着は揃えて置きたいカラーですが、ライトグレーなど同じペールトーンで組み合わせることによって生かされる大人の佇まいが、極々自然に醸し出せる色気のある一着です。

IMG_4409
もう一つがエスプレッソカラーとでもいうべき、味わい深いダークブラウン。

IMG_4410
仄かな赤みを帯びた味わい深いブラウンは、その存在感だけで装いを一変させてくれる独特な魅力があります。

IMG_4442
先ほどと同じようにライトグレーと組み合わせても、その佇まいは、やはり紳士的。

IMG_4443
期待を裏切らないこの色の力は、ブラウンとグレーと言う、たった2色だけでスタイルを完成させてしまう魅力があります。

IMG_4415
そしてもう一つ揃えて置きたいのがハイネックです。
近年タートルネックと共に人気が高くなっているハイネックは、中にシャツを着たり、或いはスカーフやバンダナを入れたりと、内側で遊ぶことが出来たり、逆にジャケットのインナーとして立体感を作りやすかったりと、その存在価値は年々高まっています。

IMG_4416
何れも、衿の開き加減の丁度良い塩梅が求められるわけですが、Alessandro Luppiの場合には窮屈過ぎず、開き過ぎず、とてもベストな状態で衿回りが作られています。

IMG_4445
少し色を加えたり、シャツで色を見せたり、秋はミドルインナーとしての役割も担うハイネックは、タートルネックだけでは補えない装いの楽しみを、更に増やしてくれる存在になります。

IMG_4412
またカラーは前出のライトブラウンの他にもブラックを用意しています。

IMG_4413
想像以上に使えるブラックのハイネックは、内側、外側、どちらの組み合わせにも、その威力を発揮してくれます。

IMG_4446
シンプルにブラックとグレーだけで色を作り、襟元にあえて見せる色を少しだけ、そんな些細なエッセンスが効くのもブラックならではですね。

こうして、秋の立ち上がりはベーシックを基本に揃え始めていただくと、その後の組み合わせが非常にし易くなり、また更に遊びを加える楽しみも増えてきます。

スタイル難民の方、トップス難民の方、迷われている方がいらっしゃいましたら、是非今回のシャツやニットを中心に揃え始めてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4028
少しずつ夜が涼しくなり始め、秋の足音が俄かに早まって来た今週。
日中の暑さも夕方にはそよ風が心地良い空気に代わり、夏の終わりを告げる帳が始まっています。

連日新作が到着を進めている店内。
既に秋の装い完成間近と言う方もいらっしゃる他、これまで足りなかったアイテムを補完する方も増え、今年の秋は「軸」となるアイテムをお探しの方や誂えを希望される方が多い始まりになりました。

そこで今日取り上げるのは、女性に向けた秋の装いの軸として使える物を中心に選んでみました。

IMG_3112 (1)
先ずお勧めしたいのが、こちらのボウタイブラウスです。

IMG_3113 (1)
フェミニンな雰囲気をより優し気に、そして大人の女性らしさを作ってくれるレーシーな一着です。
このブラウスの魅力は、何といっても素材。

IMG_3115 (2)
まるで金属繊維を使っているかのような、とても上品な煌めきが、ヘアライン状の織りから放たれています。
素材はポリエステル繊維を使っている為、一般的に想像されるような金属繊維特有のチクチクとした感触はありません。

むしろ、柔らかさを作り、このブラウスの持つ女性らしいディテールを、より昇華して見せてくれます。

IMG_3114 (1)
ニットやジャケット、スカートなどセオリー通りの女性らしいスタイルの他、当店では(毎回ですが)ジーンズとのカジュアルダウンを特に勧めています。

女性らしさと辛口バランスを上手に組み合わせて、初めて作られる大人の女性らしさ。
このボウタイブラウスは間違いなく大人の女性像を作り出してくれる一着になりそうです。

IMG_2890
次にお勧めしたいのが、こちらのタキシード調の拝剣仕上げを取り入れたダブルブレステッドのジャケットです。

IMG_2892
前出のボウタイブラウスとの相性も良いこのジャケットは、広く下目に位置されたVゾーンのお陰で、着丈の長さが、女性らしいシルエット作りを助けてくれます。

IMG_2893
また太幅のラペルの拝剣(ラペルのサテン地を合わせている部分)の他、各ボタンにも同素材による包みボタンを採用。

IMG_2895
全体的にドレッシーと言うよりも、カジュアルダウン先行でお勧めしたいこのジャケット。

IMG_2919
勿論当店ではジーンズとの組み合わせを楽しんでいただく他、ブラックやグレーのスキニー、更にはグレーのウールのトラウザーズなどを合わせたりして、少し変化の加えられたスタイルにお勧めしています。

この手のジャケットは一着あるだけで、シンプルな装いが大きく変化して見えます。
是非とも日々のスタイルに取り入れていただきたい一着です。

IMG_3107 (1)
そしてこちらのニットのロングタイトスカートは当店のお客様の多くに強くお勧めしたい一着。
(※こちらはMax Maraの商品です。 Max Maraの商品はWEB販売や媒体利用が禁じられております為、詳細等は店頭までお問い合わせ下さい。)

IMG_3108 (1)
秋冬のスタイルに間違いなく使えるニットのスカートは、大人の女性らしさを助長する筆頭格。

IMG_3110 (1)
ぴちぴちとしたフィット感ではなく、ウエスト回りから裾へと延びる緩やかな直線が、ニット素材によって丸みを帯び、極自然なボトムラインを作り出してくれる為、日常の装いにピッタリなのです。

IMG_3111 (1)
太幅のウエスト部分はトップスを出しても、入れても、腰回りが作り易く、カットソーから真冬のニットやダウンジャケットまで、多くのアイテムとの組み合わせがし易い一着です。

このスカートもまた、日々の装いに取り入れるだけで、全く違った表情を作り出してくれる存在。
この秋の装いに是非とも取り入れていただきたい一着です。

IMG_2898
車の移動が多い方にとって、ロングコートは不要の存在でもあります。
そんな方々にジャケット+コートのイイトコ取りの一着がコチラのハーフコート(ジャケット)です。

IMG_2899
柔らかく厚みのある素材は、車での移動に最適な素材で、ヒップを覆う程の丈があれば充分、という方も多いはず。

IMG_2901
ゆとりのある身頃と理想的な着丈に加え、金属ボタンとウィンドウペーンによって色のコトンラストも抜群の雰囲気に。

IMG_2921
日々の羽織として申し分のない条件が揃うこのコートは、インナーの種類を変えていくだけで、長く使える一着になります。
秋から春先まで、幅広いスタイルの中心になってくれそうですね。

そして最後にお勧めするのは、上下バラバラでの用途が嬉しいセットアップ。

IMG_2918
もともと、カッチリとした硬いスーツスタイルを持たないブランド(SKILLS & GENES)ゆえ、このセットアップもカジュアルダウンが前提の物である事が伝わってきます。

IMG_2906
お仕事の方も、日々のお洒落を楽しむ方も、セットアップ(或いはスーツ)を崩して遊ぶという方がまだまだ少ないように思われますが、男性がスーツスタイルをスニーカーや異素材で着崩して遊ぶのと同様に、女性にもこうした遊びを楽しんでいただく為オーダーした物になります。

IMG_2909
ジャケットはウエスト下が長く設定されたダブルのテーラード。
ボトムスにはスキニーの様に細身の物からワイドの物まで、ボトムスのボリューム感にとらわれず使い易いバランスになっています。

IMG_2908
素材のサージの様な質感は、仄かにストレッチ性を帯びている為、少しヤンチャな着方をしても全く問題なく楽しめます。

IMG_2911
組下としてオーダーしたのはウエスト部分のマーベルト幅が太目なワイドパンツ。

IMG_2915
ワイドと言っても、太さはストレートなシルエットに少し幅が加わった程度。
美しい直線的なシルエットを使い、パンプスやサンダルでスタイリッシュに合わせて楽しんだり、或いはレングスを短くしてスニーカーやフラットパンプスなどで楽しんだり、と様々なスタイルが楽しめるパンツです。

IMG_2913
また前股上に対してヒップを覆うよう作られた後股上によって、ベルトレスのパンツとしては、とても綺麗なシルエットを生み易くなっています。

カットソーやニット、そしてシャツなど、常にウエスト回りをすっきりさせ、またボトムスの存在感を作り出せるこのパンツは、既にご購入いただいたお客様からも

「脚長効果がとても高い」

と言わしめている程。

IMG_2966
単体利用の多い方も、セットアップで揃えるグレーの上下は、シーズンを通じて非常に出番が増える物(色・素材共に)になるでしょう。

これを機会にカジュアルダウンを楽しんだり、それぞれのアイテムを個別に合わせて楽しんだり、シーズンをより幅広く楽しめる一着にして頂けたらと思います。

以上の他にも、現在店頭では様々なリコメンドスタイルをご提案させていただいています。

IMG_4051_1
先日のGUY ROVERのCPOジャケットも、既に沢山のお問い合わせを頂いております。

IMG_4050_1
女性らしいスタイルとしてカジュアルを楽しむ為には、ある『決まったセオリー』を守る事が重要です。

そのセオリーについては店頭?にて触れるとして、まだまだこれから始まる秋冬を、少しでも早く楽しんでいただきたいと思います。

この他にも9月、10月は新作が目白押しです。

是非今週、そしてこれからの新作チェックにご来店を。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4021
台風の影響から日中は湿度が高く在るも、夜は少しずつ穏やかな秋の気配を感じさせ始めています。

今週は夜の寝苦しさが、これまでとはチョッピリ変わって来ています。
夜の虫の声も聞こえ始め、日々夜ごとに秋は近づき始めているのでしょうね。

さて、現在店内には秋の新作が連日到着を進めており(※現在新入荷商品の全てがご案内出来ておりません)、既に敏感なアンテナを張っていらっしゃる方々の中には、秋の装いの一部が揃い始めている方も出始めています。

今日取り上げたいのは、当店がGUY ROVERへオーダーした二つのモデルです。
この二つのモデルは、男性にはもちろんのこと、女性にも試して頂くべく、コンパクトなサイズを製作。

153925487
一つ目はこのCPOジャケットです。
既に当店にお越しの方々にはお馴染みのCPOジャケットの形状を、よりスッキリと洗練された印象で作られているのが、このベースモデルです。

それらに”CPO=メルトン”と判り易く王道的に仕上げたものが今回のジャケットです。

153925487_o2
とはいっても、一般的なメルトンでは、硬く、重く、着づらさだけが目立ってしまいますが、今回当店がオーダーした生地は、非常に柔らかさと軽さを持つソフトなメルトン素材です。

153925487_o6
目地にはヘリンボーンの地模様が見える魅力的な素材。

この季節最も使えるものと言えば、こうしたライトな羽織物が重宝するのですが、単なるありきたりの物では中々納得がいかない、と言う方も多いことでしょう。

男性にはTEEシャツやニットをインナーに、そしてジーンズやチノーズ、カーゴなどの鉄板ではなく、あえてウールのトラウザーズを合わせて楽しんで頂きたい一着です。

153925487_o7
また女性にとっても、ミリタリーと一括りにすると、それらに武骨な印象を持たれる方も多いと思います。
それらを敬遠している方々にとっては、「試してみたいけれど、カジュアルすぎる」と言った声もあろうかと思いますが、そんな方々にこそ試して頂きたいのが、今回のジャケットなのです。

153925487_o8
素材のボリューム感から、ニット、カットソー、ボトムス、その全てに女性のアイテムは素材負け、迫力負けせず、あえてこれらの素材が加わる事によって作られる「女性らしさ」も一つのメリットです。

今回のオーダーではXSとSを女性に、SとMを男性にお勧めしています。
季節の端境期に相応しい今回のCPOジャケットを是非試してみてください。

153928236
そしてもう一つが、こちらのファティーグタイプのシャツ(或いはジャケット)です。
こちらも当店が考える意匠は前出のジャケット同様、泥臭さを回避し、洗練された美しいミリタリー(或いはワーク)を感じていただくべくオーダーした一着です。

153928236_o1
もともとこの形に用意されていた素材を避け、今回特別に採用したこの素材は、写真では判り辛いのですが、とても滑らかな質感を持つツィル素材、それもダブルフェイスという珍しい素材。

153928236_o9
表面にはオリーブ、裏面にはエマージェンシーカラーでもあるオレンジを合わせた一枚生地で、この素材の特徴は何といっても、その素材の滑らかさと、糸が作り出す微細な光沢感です。

153928236_o7
光の加減によって、裏面のオレンジが、まるでソラーロ生地の様に表面に現れ、特別な存在感を放つ素材です。

153928236_o11
男性には羽織として、シャツとしての用途を、そしてこちらも女性に試して頂くため、コンパクトなサイズをオーダーしています。

153928236_o12
前出のCPOジャケット同様、このシャツもまた女性が敬遠しがちな”過度なカジュアル”を脱し、極々自然な組み合わせで、色や形を楽しむ事が出来ます。

153928236_o13
GUY ROVERは、数多くのカミチェリアの中でも、非常に柔軟性を持つメーカーでもあり、各国の大手ストアなどに合わせた展開を持つなど、フレキシブルな対応力は抜きんでています。

既にスウェットやカットソー、ジャケット等様々なアイテムをラインナップに揃えるGUY ROVERですが、今回当店がオーダーしている”シャツの延長線上”に位置する物には、一日の長があります。

夏の終わり、秋の始まりは、多くの方々が装いに頭を悩ませる季節。
簡単且つ楽に羽織れる一着として、是非ともGUY ROVERの新作を試して頂きたいと思います。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

slwr_01
9月だと言うのに、蒸し暑い日は増える一方。
夕立もひと時の風を涼しく感じさせてくれる恵みの雨になり、夜は再び過ごし易くなりそうです。

しかし暦の上では秋を間近に控え、今日も気温とは裏腹に秋の装いを見にご来店頂く姿が目立ちました。

今日も新たに新作が到着し、徐々にこれまでに入荷した新作との組み合わせが楽しい時期に入って来ました。

今日ご紹介したいのは、既に御馴染のLARDINIですが、今回はジャケットではなく、何と『ニット』です。

IMG_3487
LARDINIがニット?とお思いの方も多いと思いますが、最近はパンツの専業ブランドがトップスやジャケットを作ったり、或いはシャツメーカーがその他のアイテムを作ったりと、そのブランドが持つ世界観を完成する為に、必要なアイテムを展開する事が少なくありません。

逆を返せば、そのブランドが作るアイテムだから、好相性が作られると言う事でもありますが、何故他のお店で見かける事が少ないのか?と言うと、一般的にパーツによってMDを組むお店にとって、餅は餅屋の様に、ニットはニット屋、と言うのが自然の流れだからなのでしょう。

当店は(元々変わっていますが)変化球をストライクに持っていくようなアイテムが元々好きなお店です。

今回のニットたちも、つまりは変化球ですが、結果的にはジャケットとの相性や、その他のコートや羽織り物のインナーとして役立つ”ストライク”になる訳ですね。

IMG_3489
LARDINIの中でも当店はハイゲージのメリノウールのニットをオーダーしました。

IMG_3494
丁寧に編まれた編地、女性の装いの中心として、また(悪い言い方をすれば)変わり映えの無い定番的存在であるタートルネックは、色を幾つか揃えておくだけで、充分装いに変化が作れます。

夏のTEEシャツやカットソーの様に、秋冬はハイゲージのニットをバリエーションしておくと、想像以上に毎日が簡単にスタイル出来る大きなメリットもあります。

ハイゲージを選択する事によって、ジャケットに素材負けし無かったり(勿論糸の質は求められますが)、その日の装いが昇華して見える事も大きな違いです。

IMG_3495
元々ジャケットを中心に手掛けるLARDINIゆえ、テーラードとの相性は勿論抜群。
ボトムスをどんな物で合わせても、全てスポイルしてくれるメリットは、我々世代にとって大きな材料になりますね。
(写真使用商品:ジャケット/MAX MARA、ニット/LARDINI、バッグ/FELISI)

IMG_3491
LARDINIのアイコンでもあるブートニエールは、ニットにもそれぞれ付属します。
お好きなジャケットのラペルに挿して楽しむのも良いですし、袖のホールに挿しても楽しめそうです。

IMG_3493
女性のニット選びの中で、ハイゲージのニットと言う選択は、恐らく最後の最後になる事が多いと思います。
それは、目に新しいもの、或いは変化を取り入れたい物から手に入れたいと思うのが普通で、ベーシックは一番後、と言うのは多くの方々の共通意識の様に思えます。

IMG_3497
逆を言えば、ベーシックで、装いの中心になる物を幾つか揃えて置けば、その他のアイテムは思い切って遊びを取り入れる事が出来る訳です。

IMG_3500
チョッピリ男性的な発想では在りますが、特にお仕事をされている方、装いをミニマルにしたい方にとっては、取り入れておきたいファクターの一つです。

IMG_3502
今回はヘザーブラウン(杢調のライトブラウン)、ホワイト(純白)、ブラックの中心3色をオーダーしています。
(写真使用商品:ジャケット/SKILLS & GENES、ニット/LARDINI)

IMG_3503
どれも使い易い色ばかりで、装いの質が大きく変わって見えるのも、ローゲージではなくハイゲージの特徴です。

IMG_3504
付属するブートニエールの色はそれぞれの色によって異なる物が付属しています。

IMG_3505
LARDINIのニットを見て気付かされるのは、小さな変化で在りながら、実は大きな違い。
それは裾のリブはしっかりと、袖のリブはまるでシャツの様に緩やかな絞りで在る事です。

TEEシャツやカットソーの様に、スッキリとした袖先が作られ、ジャケットの袖先からもチラリと覗かせてくれるなど、バランスも取り易い仕上がりになっています。

IMG_3507
元々メリノウールは吸湿性、発汗性、保温性、洗濯の際の水切れの良さなど、実はメリットが多いのも特徴です。

IMG_3509
当店ではメリノウールを好まれる方が、男女共に非常に多いのですが、まだハイゲージ、メリノウールなどの魅力に触れていない方には、是非とも試して頂きたい素材です。

IMG_3510
季節の始まりを、何で揃えるか?を決めていない方、もしくはお仕事中心で装いを考えると言う方は、秋冬のインナーとして、今回のニットも是非検討の一つに加えて頂きたいと思います。
(写真使用商品:ジャケット/SKILLS & GENES、ニット/LARDINI)

想像以上に登場回数が増え、色違いやブランド違いでも揃えたくなる、そんな使い勝手の良さと、手入れのし易さ、そして何より忙しい朝を簡単にしてくれるハイゲージのニットは、きっと今後のウィッシュリスト入り間違い無しです。

先日のパーソナルオーダーをご利用頂いた方も、是非今回のLARDINIをインナーとして検討してみて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ