IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ:NEWS > NEW ARRIVAL

IMG_7939
あっという間に今年も半分が終わり、いよいよ本格的な夏を前に、装いを新たにと言う方も増えてまいりました。

特別な夏になりそうな今年の夏。
どんな過ごし方をするのか、ご家庭や地域によっても大きく違いがあると思いますが、欠かせないのがアクティブな装いの為の「スニーカー」の存在。

今日は当店では初となるイタリアのスニーカー専業のブランド『HIDE & JACK』をピックアップ。

HideandJack01
当店に長らくお越し頂いている方々にとってはスニーカー=安価という発想は無いと思いますが、特にイタリアなどでは専門のファクトリーが少ない事や、一般的な革靴と同じような作業(緻密に)を行う事によって、その価格は革靴と大差がありません。

HideandJack02
今日ご紹介する『HIDE & JACK』は、2014年にイタリアのヴェネト州の中央に位置するトレヴィーゾで、AlbertoとNicolaのFranceschi兄弟によって創業されました。

HideandJack03
ブランド名の「HIDE & JACK」は、R.L.Stevensonの小説「ジキル博士とハイド氏」に由来し、多重人格というテーマを現代的かつ遊び心ある形で捉え、スニーカーのアッパーとソールの素材やカラーなどを組み合わせて表現しています。

今回ご用意しているのはクラシックなテニスシューズの形をモディファイした5種類のスニーカー。

IMG_8142
その中でも特に目を引くのが、このクロコダイルエンボス(型押し)を施したモデルで、しなやかでありながらしっかりとした厚みもある革を採用し、存在感のあるエンボスで仕上げたモデル。

IMG_8143
ブランドロゴはメタルパーツによってタンに打ち込まれており、密かに存在感を作っています。

IMG_8146
このブランドのスニーカーに足を入れて、直ぐに感じるのが「包まれるような心地良さ」です。

タンの内側を見るとわかる袋縫いされた各パーツは、一般的に一枚革を使ったり、二枚を併せて縫い上げるだけのものとは違う、ふんわりとした独特の感触を得る事が出来ます。

IMG_8145
この些細な仕事が足の敏感な感触を心地良く感じさせてくれるものになっています。

またイタリアのブランドらしい甲部分を長目にとり、スマートなシルエットを作る事によって、ぽってりとした印象が無く、常にシャープな印象を作ってくれます。

IMG_8144
もう一つ加えておきたいのが、ヒールカップの程よいアール(弧)です。

IMG_8147
踵がしっかりとしている人にとっては靴擦れが無く、踵が細い人にとってはシューレースをきつく縛る事によって足が後ろへ動く際、踵への負担が軽減されます。(実際に履いてみた主観です)

IMG_8149
このモデルは色違いでブラックがあります。

シンプルなテニスシューズのディテールは、全体をすっきり見せてくれるメリットの反面、その日の装いがあまりにもシンプルすぎると足元にインパクトがなく軽薄に見えてしまう事がありますが、このエンボス仕様のモデルならば、そんな心配がありません。

IMG_8151
ブラックはアウトソールだけがホワイトアウトされ、モノトーンの装いやシンプルな装いにも使い易いディテールに。

IMG_8150
いずれもブランドアイコンとなるロゴパーツはゴールドで小さく存在感高く輝いています。

IMG_8160
同じテニスシューズのベースにした、よりシンプルなモデルがコチラのヒール上部だけをクロコダイルのエンボスにしたもの。

IMG_8163
無駄な装飾を省き、すっきりとした表情、佇まいにヒール上部だけに色を添えているのは、多くのブランドが行う仕様ですが、この部分にもさり気なく型押しがあるだけで、随分表情が変わります。

IMG_8162
スニーカーのラインナップをこれまで幾つも扱ってきた当店ですが、これだけ似た様な形があっても、どれ一つとして似て来ないのは、やはりブランドのアイデンティティがデザインとして投影されているからでしょうね。

IMG_8161
HIDE & JACKは、それらに『包み込まれる』心地良さを、「クラシック」なスニーカーによって再現しています。

当たり前で普通の事の様に思えますが、実際にはデザイン先行で履き心地を犠牲にするものが多い中、こうして細部を求めて作る事によってコストが加わるのは、とても理に適っています。

IMG_8156
このモデルはヒール上部の色がブラックと、こちらのプラチナホワイトの2色をご用意しています。

IMG_8157
仄かにメタリックな光沢を帯びたプラチナカラーのクロコダイルエンボスが加わり、女性的な印象も与えています。

IMG_8158
些細な変化ですが全体から得る印象も若干変わります。

IMG_8159
数あるスニーカーの中に在って、HIDE & JACKもまた個性を持つスニーカーブランドの一つとして日々の装いにさり気ないアクセントを作ってくれそうです。

IMG_8164
そして最後にご紹介するのは、ベースは同じですが、全く違った一足に見えるクロコダイルエンボスのモデル。

IMG_8165
アッパー全体を前出のヒール上部にも使われていた煌びやかなエンボスを使い、ラグジュアリー感のある見た目に。

IMG_8166
更にアウトソールには(写真では判り辛いですが)ブロンズカラーを併せ、プラチナ+ブロンズのHIDE & JACKならではの配色の一足に仕上げられています。

IMG_8167
コントラストを微光沢のあるものによって作られると、ここまでモード性が感じられるという好例。

IMG_8168
有り型を使うのではなく、一から作られるHIDE & JACKの全てのパーツは、一つ一つの作り込みによって表現されています。

今回のラインナップはジーンズ、トラウザーズ、ショーツ、スカート、ワンピースと言った女性なら誰しもが身に着けるだろうアイテムに使い易さを求めテニスシューズのディテールを選択しています。

夏間近となり、そろそろスタイルのどこかにアクセント、インパクトを取り入れたいという方には是非ともお試しいただきたい一足です。

尚、今回はサイズ35から39までをご用意(※メンズは来季までお待ちください)しています。
サイズのフィット感は少し小さ目の作りの為、通常サイズより1サイズ上げても良いくらいです。
(踵が細い方、足が細めの方は通常サイズで良いと思います)
価格は34,000円(税別)から。

また今回の入荷分はオンラインストアへの掲載予定が御座いませんので、サイズや在庫等の詳細、照会などにつきましては店頭までお電話またはメールにてお問い合わせください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

再び初夏の心地良い陽気が戻ってきた今週。
今日も心地良い日差しの中、少しずつ日常を取り戻そうと言う方々の姿が目立ち始めて来ました。

夏本番を直前に控え、人々の装いはすっかり夏の装いに。
しかしバッグだけは”いつも通り”と言う方が少なく在りません。

そこで今日は手の出し易い価格で夏の御洒落を昇華してくれる『夏のバッグ三種』をピックアップ。

これまでも度々バッグの新作をご案内してまいりましたが、今日お勧めするのは全てアンダー1万円。
それも「え?この価格で買えるの?」と言ってしまいそうなほど、満足を与えてくれる物たちです。

一つ目は我々世代にとってバッグと言えど、”崩し過ぎる”事が許されず、適度に大人らしさや女性らしさを保たなくてはなりません。

そんな思いを満たしてくれるのが、ラフィアを使ったフリル(ラッフル)ハンドルのバッグ。

151928790
ボディの凹凸面が夏らしい粗野感や爽やかさを作りだし、ハンドルはベースとなるハンドルの上に布地によるラッフルがあしらわれた、まさに女性だけの特権的ディテール。

151928790_o2
近年では一般的となったペーパーラフィアは、その想像とは裏腹に非常に堅牢性があり、軽さと丈夫さを兼ね備えたエコ素材でもあります。(某有名ブランドや大手ストアの製品も半数以上がペーパーラフィアで作られています)

151928790_o6
比較的多くの店頭などで見かける、この手のバッグもほんの僅かな仕様の違いで全く違ったテイストが演出されます。

151928790_o5
今回のバッグは本体の凹みの部分が備わる事によって、肩掛けが出来るように作られています。

151928790_o7
収納量も充分で尚且つ(ファスナー天が付きます)荷物の散乱やプライバシーも守れるこのバッグは、女性らしい大人の嫋やかさを身に着ける名脇役になってくれそうですね。
(バッグ:6,900円+税)

151931933
二つ目がコチラのバッグです。
同じくラフィア(ペーパーラフィア)を細かく編み上げたボディにアクリル製の透明感在るハンドルが付けられた上品な形。

151931933_o5
上下異なる色を使う事によってコントラストカラーが楽しめたり、またそれらから清涼感や味わい深さも生まれるなど、このバッグもまた装いに応じて上品なテイストを作りだしてくれます。

151931933_o7
丹念に編み込まれたラフィアとハンドルの雰囲気の統一感や立体的な形状から、シンプルな形ですが目を惹きつける存在感を持っています。

151931933_o3
またどちらの色も微妙に光沢を見せ、夏の陽射しにこそ映える程よい煌びやかさも持っています。

151931933_o11
どんな装いでも2トーンのシンプルなコントラストカラーは、爽やかさと軽快感を作り、まさに夏の装いにピッタリの存在。

151931933_o13
ブラウンとナチュラルの組み合わせは健康的で上品な欧州女性を彷彿とさせ、ホワイトとグレーの組み合わせは清涼感と凛とした女性像を演出。

151931933_o9
ちょっとした色の変化ですが、バッグは女性にとって必須の脇役。
洋服同様に着替えておかなくてはならない理由は、そこにあるのですね。

151931933_o14
どちらも大人の女性にピッタリな配色です。
(バッグ:6,900円+税)

151932515
そして最後にお勧めするのがコチラの3カラーによる2WAYバッグ。

151932515_o2
このバッグはラフィアの編地を上手に組み替え、更にそれらを色分けする事によって、グラデーションカラーの夏らしい発色に作られています。

151932515_o4
ボディに縫い付けられたハンドルとは別に、両サイドから延びるメッシュのストラップは、ショルダーストラップになります。

とかく価格なりの作りを想像すると、比較的チープな連想をしてしまいそうですが、このバッグでは編地を変える事で、軽さと見た目の印象の変化を併せ持っています。

151932515_o3
色の組み合わせも非常に綺麗で、ナチュラルをベースにイエローとブラウンの組み合わせや、同じくナチュラルをベースにブルーとネイビーの組み合わせなど、どちらも好相性の魅力的な色合いで仕上げられています。

151932515_o6
円筒状の底面から上部へ延びる立体的な筒状が、このバッグに特別な存在感を与えています。

151932515_o10
イエロー系には上品なカジュアル感が纏い

151932515_o11
ブルー系には清涼感ある凛とした女性像が纏います。(バッグ:6,900円+税)

それぞれに異なる印象を作りだしてくれる、大人のカジュアルなバッグたち。

先日も記しました通り、女性にとってバッグや靴は『着替える物』。
男性には到底理解に苦しむ事ですが、女性が女性である特権の一つに、こうした楽しみがある事も事実です。

今回ご紹介させて頂いたバッグは、費用対効果を考えると、遥かに充足に値する物たちです。
是非今年の夏の装いに、愉しみと満足を加えてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月9日、16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

4DBFE852-E4A8-4CA9-9030-34BCEE6CC2A9
関東甲信地方も梅雨入りし、連日小雨交じりの日々が続いています。

しばらく続いた暑さも一休み、夕方には涼しく心地良い風がそよぎ過ごし易い夜を迎えています。

しかし、この梅雨空の間にも空は夏へと向かい加速を始めます。
来る真夏に向けて、今こそ準備が必要です。

夏になると装いも簡単になり、シンプルな組み合わせが増え、どこか物足りなさを覚える事もしばしば。

シンプルになればなる程、一つずつに求められる質の高さや、組み合わせのアイディア、バランスが全体を左右します。

特に夏にこそ楽しみたい、涼し気なモノトーンスタイルにとって、最も重要な役割を担うのがトップスです。

今日は、その重要な役割を担ってくれるモノトーンのトップスをRawtusからピックアップしてみました。

Rawtusと言えば、その独特の世界観から生まれる立体的で躍動感のあるデザインが直ぐに浮かびますが、それらはカットソーなどトップスにも、しっかりと息づいています。

151704269
例えば、このトップスは一見したところ、何の変哲もないスリーブレスのカットソーに見えるのですが、先ず重要な点は、Rawtusが拘る素材への追及です。

151704269_o2
コットン100%で作られている事が不思議なほど、とても柔らかく伸縮性に富み、また触れた瞬間サラリとしたドライタッチによって着心地を想像させてくれる程の独特な素材感を与えてくれます。

シンプルな装いの中で、最も大切なファクターが素材のクォリティ。
着ている本人も心地良く、またそれらの品質は見る人の目にも顕れるものです。

151704269_o4
形は一枚のボックスシルエットを前後に合わせた様な見た目ですが、その実、立体的な作りによってRawtusがRawtusらしいと言わんばかりの魅力を目に訴えて来ます。

151704269_o3
このトップスにはアームホールに仕組みがあります。
袖のステッチを外側にターンナップ(折り曲げ)するのではなく、内側へと収め、更にその内側には”デザイン上の魅力”である大きく広がるアームホールから脇(インナー)を見せる事無くカバーする、もう一枚の生地が合わせられています。

この小さな作業(縫い方を見れば、小さな作業とは思えなくなりますが)の一つが、実用性をカバーするだけでなく、実は袖回りを立体的に仕上げる支えの様な役割も担っているのが解ります。

151704261
このようにRawtusのトップスには、レザーやスカートなど布帛と同じく、立体的な仕上げやデザインがふんだんに取り入れられています。(このモデルはブラックとホワイトの2色)

151720517
前出と同じ素材を使ったもう一つのモデルが、この左右アシンメトリーカットを施しているトップス。

どうなっているのかが解らない程、複雑にカットされているにも関わらず、身体が入ると途端に一着のデザインとして形を成すところもRawtusらしさ。

151720517_o2
衿と裾にドレープを活かし、左右の袖のカットが異なる為、大きく目立つ様なデザインではないのですが、その絶妙なバランスが作り出す存在感こそが、このトップスの魅力。

151720517_o1
右袖のハーフスリーブの形状、左袖のハーフスリーブの形状が、それぞれ異なるのですが、身に着けると同じ長さで袖丈が終わるという、緻密に計算されたディテール。

151720517_o3
デザインは凝り過ぎると、それだけで食傷気味になってしまう(飽きてしまう)ものが多いのですが、Rawtusのデザインには”やり過ぎ感”が無い分、シンプルに一着のトップスとして愉しめる装いを増やしてくれるのです。

151720510
パンツ、スカート、ボトムを選ばず楽しめるのもRawtusのトップスの魅力。
心地良いコットンジャージー、そして女性らしいドレープを活かしたデザインは、他では味わえるものではないのかも知れません。(このモデルはブラック、ホワイトの2色)

151718942
そして最後にお勧めするこのトップスは、前出2モデルと少しだけ素材のブレンド率が異なります。
素材はマットにも見えますが、見た目はわずかに艶やかさが増すだけ。

151718942_o1
このモデルではシンプルなハーフスリーブに見せる”脇線ギリギリのプリーツ”によって袖回りのゆとりとボディのゆとりを生み出しているという、ここにもまたRawtusらしい拘りあるディテールがつぎ込まれています。

151718942_o4
このプリーツによって生まれる脇回りの可動域、そして内側にも添えられた同素材の充てによって、常に袖回りが立体的に立つサマを見せています。

151719408_o5
また裾のカットにも工夫が為されています。

151719408_o2
フロントはラウンドしたシャツカット、リアはスクエアされたシャツカットを採用し、裾の出し入れを愉しんだり、またこのディテールから生まれる色のコントラストなども楽しめそうです。

151719408_o3
特にこのトップスにはワイドパンツなど、昨今増え続けているボリュームの在るパンツの相性が非常に良い裾の作りになっています。

裾を押さえつけず、また広がり過ぎず、その程よくストレートに落ちる裾へのラインがワイドパンツなどのシルエットラインに「シンクロ」した時、全身が縦に長く、スッキリと見えるはずです。

このトップスの素材に限って、前出2モデルの柔らかさに加え、滑らかな触り心地があり、滑りの良さを感じます。
つまりレイヤードのインナーとしても使える魅力、更に一着で存在感を見せるのに相応しい『落ち着きの中にある華やかさ』が演出出来ます。

Rawtusはフランスでの人気が高いと言われていますが、こうしたシンプルな物作りに質の高い素材やディテールが組み合わせられ、合理的で存在価値が高い物作りが、海外の女性に受け入れられている理由かも知れませんね。

これから夏に向けて、数少ない点数でスタイルを作りたいと言う方、或いはミニマルにしたいと言う方は、是非Rawtusのトップスをお勧め致します。

簡単且つ心地良く、そして洒脱さに磨きがかかりそうですね。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6196
気温が30度を超える日々が続いている今週。

蒸し暑さは真夏のそれ程では在りませんが、既に急激な気温差に身体が悲鳴を上げている方も多いのではないかと思います。

通常、人の身体は3月を超えた後、4月、5月、6月と、徐々に上り始める気温に調子を合わせながら夏の暑さに対処するそうですが、近年は今年の様に急激に気温が上がる事もしばしば。

この急激な気温差に身体の体温調節が追い付かない場合に、夏バテの様な症状を起こすのだそうです。
水分だけではなく、体調を維持する為にはスタミナを上げる食事も必要になって来た今週。

皆様くれぐれも体調管理に気を付けて下さいね?
特に女性の皆様方、「食べたら太るから・・・」などと無理な食事回避をせず、暑さに耐え得る体力を食事からもとる事が大切かも知れませんね。(勿論、運動すれば尚良しです!)

IMG_6014
さて、夏が近づくと涼し気な色や素材を身に着けたくなるものですが、多くの企業ではクールビズも始まり、少しずつ装いにも変化がある季節を迎えています。

男性にとってはきちんとした服装を考えつつも、暑さ対策に気を配ったり、汗ばむ季節に向けた様々な苦労が始まります。

こうして日常を送ると、週末や休日には正反対の楽な服装がしたくなるもの。
そして、楽な服装には荷物もラクに、或いは必要な物だけを手にして出かけたいですよね。

そんな都合の良い?バッグが在ります。

IMG_6299
それがCISEIのドローストリングのレザーバッグです。

CISEI001
CISEI(シセイ或いはチセイ)は、イタリア、フィレンツェで革製品を作り続ける在住日本人がファウンダーでありデザインを手掛けています。

デザインを手掛ける、大平智生氏は名だたる数々の大手ブランドで技術を磨き、2006年にCISEIを立ち上げました。

彼はかのCelleriniで腕を磨き、今に至りますが、Celleriniは時の一国の首相や、某車メーカー社長の他、タイ・ユア・タイで知られるフランコ・ミヌッチ氏など、古くから多くの著名人に愛されたバッグのブランド(職人)でもあります。

そのCelleriniからもCISEIは認められました。

革の選択、糸や削り出し金具の選定、その全てに妥協のない物作りが込められ、一見しただけでは解らない多くの拘りが詰め込まれています。

IMG_6296
そのCISEIに今回当店がオーダーした、この巾着型バッグは、とても柔らかく鞣されたカーフを金属製のホールを通じハンドルが二つ、と言う非常にシンプルな物ですが、現代の私達に必要な主要な物の多くが収納出来る大きさになっています。

IMG_6298
このハンドルは片側で一本にする事で肩から掛けられたり、アイディアや使い道で愉しむ事が出来ます。

IMG_6297
手のひらにあたる箇所には手のひらへの負担を軽減するため、充て革が施されています。

IMG_6300
何より実感するのは、革の心地良い柔らかさです。
まるで手に吸い付く様な柔らかさくしっとりとした質感が、このバッグの最たる特徴。

IMG_6301
ライニングとなる裏地には丹念に整えられたピッグスウェードが使用され、表裏共に優れた仕上がりを見る事が出来ます。

近年、クラッチバッグと共に男性の手元を飾る物として、こうした巾着型のレザーバッグが増え始めています。

そこにはクラッチバッグでは適えられない気軽さや身軽に動く為のバッグとしての理に適った需要があると共に、和装にも合わせ易い側面もあります。

洋服と共に近年俄かに増え始めている和装を愉しむ男性たちにとって、こうしたバッグは必要不可欠であり、布製巾着では感じる事の出来ないスタイルの仕上がりの良さ(完成度)が高まる事も理由の一つであるかも知れません。

IMG_6288_1
ともあれ、日常をラクに過ごし、また気軽に出かける時の相棒として、申し分のないバッグである今回のCISEIのDrawstring Bag。

当店では最も穏やかで落ち着きのあるライトベージュを選択。
どんな装いにも使い易く、またバッグだけが悪目立ちする事もなく、常に多くのスタイルの脇役として、大人の男性の手元を飾ってくれる物になりそうです。

これからの季節、浴衣にこのバッグなんて言う姿もオツですね。

手元を飾る新しいバッグとして是非洒脱さを上げて見ては如何でしょう。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


zanone_blog001
夏が近づいている事を感じさせる連日の暑さ。
今週、長野県松本市では33度を超える猛暑日が記録されたとか。

続く暑さの中マスク着用を強いられる苦しい日々が続きますが、テレビ番組などを見ていると、黒いマスクを着用している人と白いマスクを着用している人との体温差を測定すると、僅かに黒いマスクを着用している人の体温が高くなっている事が明かされました。

またマスクを着用して呼吸をすると、通常、人間が呼吸をする際、どれほど気温が上がっても体温より低い空気を吸い込み、体温によって暖められた呼気を吐くことが、ある種の冷却行動にもつながっていると番組内の医師が話していました。

人気のない場所や密を避けられる場所、空間では意識的にマスクを外し、外の冷たい空気を吸い込む事が大切になって来る季節です。

勿論、意識的に水分も補給し、くれぐれも正しい知識のもと、体調管理も怠らない様にしたいですね。

さて、体温調節に役立つもう一つの方法と言えば、衣類によるもの。

効果的に体温を涼しく、心地良く保つ事は、暑さから来る精神的なストレスも開放してくれるものです。

そんな心地良さと涼しさ、そしてベタツキを防いでくれるのがZANONEのアイスコットンです。

151593737
以前も既に色違いが入荷している、このアイスコットンのシリーズは、触った時点で直ぐにそれと解る程、サラリとしたドライタッチと、柔らかく爽やかさを感じる触り心地。

151593737_o1
このベーシック且つシンプルなクルーネックは、言うまでも無く、どんなスタイルにも応用できる鉄板中の鉄板。

151593737_o4
特にジャケットのインナーとしても魅力で、その理由は爽やかで、べた付かず、心地良く着られる事は勿論なのですが、何よりも”見た目”をラグジュアリーな見栄えに仕上げてくれる素材の恩恵が一番なのです。

151593737_o5
一般的にコットンのTEEシャツやカットソーをインナーに合わせると、下ろしたての時はシャキッとしてくれるのですが、洗濯後の2度目、3度目は、何処となくシワシワ感が否めないこと、誰もが体験した事があるはず。

それがニットなど素材に適度な厚みとしっかりとした編地が在る事によって、むしろ立体感すら感じさせる”凛”とした表情が作られるのです。

150082489
以前もご紹介させて頂いたこのシリーズの色違いも含め、これらを敢えてニットと呼ぶのには、様々な理由があります。

149449732
糸の絡み合うその極微な編地はカットソーではなくニットそのもの。

149449732_o3
このシリーズには、TEEシャツなどでは補完出来ない、上質感やクリーンなイメージが適えられる全てが備わっています。

特にお仕事での着用には、対人イメージは大切。
このシリーズには大人だからこそ弁(わきま)えて置きたい当然の身嗜みが在ります。

どんな装いにもシンプルなスタイルを突き詰めると、必ず行きつくのが品質と言う欠かせないファクターです。

ZANONEのアイスコットンには、大切な要素がしっかり詰め込まれているのですね。

151593878
そしてもう一つ。

「仕事では着ないけど、デイリースタイルにも品質を」と言う方にお勧めしたいのが、こちらのアイスコットンを使用した一着。

151593878_o1
一見すると、先ほどのクルーネックに似ていますが、実はこの形はオーバーサイズシルエットで作られた新たな形。

151593878_o4
ドロップショルダーとゆとりのある身頃、更に着丈のバランスや衿回りの程よい開きなど、女性のカジュアルな装いに於ける全てが備わったシンプルなディテールです。

151593878_o3
しかし良く見てみると、衿と袖の先だけがカットオフ処理されています。
この処理のおかげで、洗濯を繰り返す事によって生まれる、生地のロールが起こり、高品質ながらもカジュアルなディテールが顕れるようになっています。

単なる上品で高品質と言うだけではなく、時間を経ながら楽しんでいくZANONEなりの遊びが込められているように感じられます。

夏は装いもシンプルになり、また一着一着の存在価値も高い物が要求される季節です。

ドライタッチの素材は数あれど、高品質で、吸湿発汗性が良く、肌にくっ付く事もなく、常に快適で居られるZANONEのアイスコットンシリーズ。

その真価は、これから来る夏によって確かめられます。

お仕事での利用も、カジュアルでの利用も、是非一度試して頂きたい一着です。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ