IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ: PICK UP

ひとしきり暑さが続き、今日はまた涼しい風がそよぐ夜を迎えている長野地方。

長らく続く新型ウィルスとの闘いも、感染が怖いのか、相互監視による人の心の悪が怖いのか、”ウィズ・コロナ”は新たな局面を迎え、人の心の底が透けて見える様な気がしています。

正しい知識と正しい対処法、まっすぐな考え方、捉え方、そんな”当たり前”が必要な時期になっているような気がします。

さて、前置きはこれ位にして、今日は先般から続いて入荷を進めている秋の新作から「バッグ」をピックアップしてみました。

季節の縛りが無いバッグは、まさに今の時期、手に入れておくのに相応しい存在。

実はすでに入荷と同時に姿を消している物もあるのですが、今日取り上げるのは、「人知れず優れた物を手にする」意図が含まれた物たちです。

日本は右倣え主義が強く、人を見て安心を覚える衒いが、海外に比べ、比較的大きいように映ります。

その結果、”誰もが知るブランドアイテムには安心感と投資”を、逆に”誰も知らないようなブランドアイテムには不安と後退り”をする事が多いと思います。

当店ではこれまで様々なレザーブランドを展開して来ましたが、陽の当たる場所に居るのは、大半がその後多くの人々が知る事になったブランドばかりです。

しかし逆も存在しています。
お客様の中には、ニッチな魅力を感じ、それらを希望される方もいらっしゃいます。

今日取り上げるブランドの中には、そんなブランドも含まれています。

Image-2
革製品の聖地と称されるイタリア、ボローニャのブランド”ATELIER LAVA”(アトリエ・ラヴァ)も、その一つです。

1968年から続く老舗であり、長年の知識や技術を駆使しながら真摯に物作りを進めて来たブランドです。
材料の選定から仕上げまで、全てをイタリア国内で行い、またそれらを仕上げる職人達の中に息衝くのは、「エレガント」と「機能性」。

153542316
この柔らかなシュリンクレザーを使ったブリーフケースは、見た目こそ一般的に見掛けそうな形をしていますが、先ず特筆に値するのは、”大きさを感じさせないパッケージ”です。

153542316_o3
ほぼ全てのビジネスシーンやショートトリップに最適な荷物量が、軽々収納出来るにも関わらず、その形に硬さや大きさを感じさせないのは、全体に丸みと直線のシルエットが上手に噛み合っているから。

153542316_o4
バッグそのもの重量は、とても軽く、想像する革製品とは比べものにならない程。
また前後にスリット状のポケットを持ち、片側にはタブレットが横にして収まる(写真では縦に入れています)大きさを、直線的なデザインを取り入れて設けられています。

もう一方には、底部が貫通した状態で、これはトロリーケースのハンドルなどに収めたりする事が出来るようになっています。(しかもシークレットマグネットで閉じられています)

153542316_o7
開口部は180度開くものではなく、帯マチを取る事によって、荷物の散乱や内容保護を護っています。

153542316_o9
コンパートメントは二つのマチ付きポケットとファスナー付きのウォールポケットの3つですが、使用されているライニングのナイロンに堅牢性があり、こうした部分にも安心感を抱かせる他、ブランドのアイデンティティも感じさせてくれます。

153542316_o11
付属のショルダーストラップを使う事で斜め掛けが可能になり、ストラップの革質も柔らかくストレスを感じる事が在りません。

153542316_o14
加えて、肩にあたる箇所には低反発のクッション材を介したパッドが施されているなど、常に使い手の立場に沿った物作りが、ひしひしと伝わって来ます。

主に、ビジネスシーンやトリップシーンにフォーカスした物が、ラインナップに多いのですが、実際には様々な用途に対応するモデルが在り、現地ではバッグのス・ミズーラも完備しているとのこと。(※ス・ミズーラ=オーダーメイド)

153544829
このバッグも同じATELIER LAVAによるもの。

かつてフランスのシャルル・エ・シャルリュスをご購入頂いた方々には馴染易いかも知れませんが、大きさそのものを見ると、非常に大きなバッグに見えますが、実際にはベルトストラップの上部分は両壁が無い状態。

153544829_o5
荷室は広く大きく取られており、中は中央にファスナー付きの一室があり、3層にコンパートメントされています。

153544829_o3
一枚革のメリットを生かした、柔らかく、軽く、そして体に馴染みやすい形状から、沢山の荷物を入れても、それらがサマになる形に作られています。

153544829_o9
実際に手に持って見ると、ハンドルが手にフィットする感覚を、最初に感じます。
また形が仄かな台形を描く事から、バッグとしてのシルエットも美しく見えます。

153544829_o10
上の両壁が無い部分には、バゲットや新聞などを挿し、それらが日常にフィットする画に見える事もまた、シャルル・エ・シャルリュス同様、日々のストーリーの中に親和性を感じさせる作りでも在ります。

153433927
コチラは当店でも御馴染のブランドFalorniのバッグ。

153433927_o2
Falorniはご存じの方も多いと思いますが、ボッテガ・ヴェネタやクリスチャン・ディオールのバッグを作り続けて来たハンドメイドのバッグメーカー。

現在日本には幾つかの代理店があり、それら代理店によって作りや仕様が異なります。
今回オーダーしているのはメンズとして主に展開している代理店によるもので(とはいえ女性にも使えるサイズですが)、過去当店が仕入れて来たライニングを持つ物ではなく、革のみで編み上げられた表裏革の仕様。

153433927_o8
底面や開閉金具などの部分には太目のステッチが丁寧に施され、また表も裏も同じ革の編地を持つ事によって、或る意味、ごまかしの効かない作りでも在ります。

153433927_o4
開閉はワンタッチの金具、中はファスナー(それも引手が同体)式の袋状が一か所のみになっています。

このバッグの魅力は何と言っても、その贅沢な革の使い方と長い時間かけられて編み上げられたであろう編地、そしてそれらの材料になっているラム革など、ラグジュアリーなテイストを存分に感じさせてくれる所でしょうか。
色合いも当店のお客様の中にお好きな方が多いトープ系カラーを指定し、穏やかで上品な印象になっています。

Image-1
この他にも、代々続くバッグメーカーの2代目当主が自身の名を冠して立ち上げたミラノのCHRISTIAN VILLAのバッグなど、季節を越えて使えるバッグが揃っています。

このバッグもまた親企業であるPOP CORN MILANOと言う大企業の恩恵を受け、妥協のない革質(写真からも伝わる通り、非常にしなやかで柔らかく、上質な艶を持っています)、使い易さやユーティリティなど、価格に見合わぬ機能性やデザイン性を発揮しています。

こうして、今日取り上げただけでも、幾つかのブランドが挙げられますが、海外の人々と日本の人々との大きな差は

『自身の目に適う物に投資をする』

ところ。

先入観がなく、価格と品質を平行線で見る事が出来る事、つまり自分だけの審美眼を持ち合わせる事に長けているのが、海外の人々。

日本にも、勿論こうした考え方をお持ちの方も増えていると思いますが、もっともっと審美眼を持つ人たちが増えてくれると良いな、と我々スタッフは常々思っています。

季節は端境目。
今こそ新しい季節に向けてバッグを新調する良い機会です。

今季は新しい価値観と共に始めてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月3日、10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2296
青空を見せながら夕立雲を連れて来た今日の空。
久しぶりの夕立に、夏の空を再び思い起こさせてくれる天気となりましたね。

今日は開店以降、新作を見に訪れる方も多く、夏の最終価格と共に組み合わせを楽しんでいただく姿も目立っています。

コロナ禍の今、当店ではこれまでに無くオンラインストアからのご注文が増え始めており、既に昨日の新作にも在庫に動きが出始めています。

IMG_2311
特に、お勧めとしていた2種類のパンツは、そのいずれもが今からでも着たくなる(着られる)物で、夏の間は写真の様にTEEシャツやサンダルなどと合わせてカジュアルダウンを楽しみ、お仕事ではブレザーやシャツの組下として役立つ便利さが特徴。

IMG_2312
特にパンツスタイルの選択肢にTEEシャツという選択肢が加わって以降、女性にとってのパンツスタイルは更にマルチな物になって来たように感じられます。
(写真使用商品:トップ/Agnelli & Sons、ボトム/European Culture、サンダル/Cerutti)

IMG_2309
初秋・晩夏にはコットンのニットを取り入れ、少しだけ秋を匂わせ、多くの方々が頭を悩ませる”季節の狭間”を埋め易いのも大きなメリットです。

IMG_2310
女性にとって装いを一気に秋冬に変えるタイミングは、中々掴みづらく、それらを急変させようとすると不要なアイテムが増える事もしばしば。

夏から秋の端境期は、足元をヌーディーにするだけで晩夏や初秋を(端境期らしく見せながら)過ごす事が出来ます。
(写真使用商品:トップ/Cruciani、ボトム/European Culture、サンダル/Quartierglam)

IMG_2313
秋も真っ盛りになれば、トップをローゲージなどボリュームのある物に変えるだけで、装いの見た目は一変します。
色の選択も然ることながら、パンツに対してボリューム感のある素材を併せる事も秋にとっては大切な要素です。
(写真使用商品:トップ/Max Mara、ボトム/European Culture、パンプス/Fabio Rusconi)

IMG_2314
もう一つのブラックのパンツは、より扱いもメイクスタイルも簡単です。
素材のストレッチポンチという特徴を生かし、アクティブなスタイルからオーソドックススタイルまで、そのユーティリティはシーズンを通じて最も多い物になります。
(写真使用商品:トップ/Agnelli & Sons、ボトム/European Culture、スニーカー/Hide & Jack)

IMG_2315
チェックのパンツ同様、秋の入り口にはコットンのニットを取り入れ、ストールなどで秋らしさを作り出すと、ブラックのパンツにも少しボリューム感が与えられますね。

勿論、色の選択や素材のボリュームにも気を使う事で、夏から秋にかけての端境期には、見た目を大きく変えてくれる物になります。
(写真使用商品:トップ/Cruciani、ボトム/European Culture、ストール/Max Mara)

こうして季節の始まりには、一年を通じて幅広く使えるアイテムや素材が沢山集まります。
春と秋は、年間を通じて最も”利用価値”の大きな物に出会える機会です。

暑さもあと少しの辛抱。

コロナ禍の影響によって多くの楽しみが失われつつありますが、お洒落という楽しみはいつも身近にあります。

この機会を利用して、少しずつ秋の支度を始めても良いかもしれませんね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月・9月の店休予定日】
8月27日、9月3日、10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0347
蒸し暑い日中の空から一転、夕立が地面を一気に冷やす、まさに夏の空模様。

これからは屋内は涼しく(人によっては寒く)、屋外は暑く(人によっては日焼けが気になる)、厄介な夏の毎日になりますね。

ただでさえ、お化粧にお手入れと仕事の多い女性にとって、こんな夏の毎日に心強いのが、大判のスカーフ。

IMG_0539
ハッとする色鮮やかな大判のスカーフは、何気ない毎日の装いを一気に華やかに見せてくれます。
特にミニマリズムを体現している人たちにとって、色を足すのは中々のハードル。
洋服で色を足すのではなく、バッグや靴、スカーフで色を足すのであれば、それほど頭を悩ませる事もありません。

IMG_0540
当店がお勧めするスペイン、バルセロナのブランドNICE THINGSのスカーフは艶やかさと色の綺麗さ、そして何より大きさがとても便利な一点。

オフィスからデイリーまで、その日の気分を華やかで明るい物にしてくれるNICE THINGSのスカーフは、夏の肌寒さや日焼けを防いでくれるだけでなく、秋以降の装いにもプラスアルファのアイテムとして、大きく役立ってくれそうです。

夏の暑さだけにゲンナリしてしまいそうですが、スカーフやストールを使って積極的に楽しい物に変えていくことも大切な要素です。

日々大変ごとの多い女性ですが、是非今回ピックアップしているNICE THINGSのスカーフを取り入れて、面倒な毎日にも楽しみのあるものにして頂けたら幸いです。

勿論、パートナーが毎日苦労しているのを傍目に見ている男性陣からのプレゼントも良いと思います。
その際は必ずパートナー様へ『一声かけて』くださいね。

日々の労いと感謝もお忘れなく。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月の店休予定日】
8月6日、13日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

雨が降ったり止んだり、日本各地に長らく続く雨も来週以降は少し収まって来そうな気配。

鬱蒼とした曇天が続くと、人は心まで病みそうな程下向きになってしまいます。
「晴れ」の空は人々に明るい笑顔と心を与えてくれる天の恵み。

ただでさえ暗い話題の多い今の日本。
来週からは明るい笑顔がもっと増えると良いなと思います。

さて、当店ではオンラインストアやブログでは取り上げる機会(ストア掲載が無い為)が少ないのですが、店頭には様々なヴィンテージ商品が時折並びます。

時計やアクセサリー、ミリタリーアイテムやジーンズまで幅広くスポット入荷しているこれら。
今日はリーバイスのヴィンテージ(今回は517)を用いた装いを幾つかピックアップしたいのですが、当店のお客様に多い40代~50代の女性にとって、ヴィンテージは取り入れ方を間違えてしまうと、ただただ”古い人”で終えてしまいます。

それは選ぶサイズのフィット感で在ったり、組み合わせるアイテムによっても左右される物ですが、今日は敢えてヴィンテージのジーンズをクリーンに見せる事で、我々世代にとって取り入れ易い、『センスを感じさせる』組み合わせをピックアップしてみました。

先ず外せないのがクリーンさを作るのに最も適した「シャツ」の存在です。

IMG_8778
シャツを取り入れる際、仕上げや仕立てが左右し、更に素材の良さが際立つのは、ヴィンテージのジーンズを取り入れる事によって相反し、より映えるためですが、シェイプやスッキリとしたシルエットのシャツよりも、仄かにゆとりを齎すシャツ(或いはサイズ)を選ぶ事が重要です。

このシャツはMAX MARAの物ですが、ボックス型に近いゆとりあるシルエットをセオリーに則ってしっかりと作られた一着です。

IMG_8779
ブルーではなくライトグレーのロンドンストライプがジーンズの淡い色落ちと絶妙なシンクロを見せ、全体を穏やかな雰囲気に仕上げてくれます。

このボンヤリとした色合いを締める為に足元には相性の良いミッドナイトブルーのパンプスを取り入れると効果的。

IMG_8780
極々シンプルだからこそ、一つ一つのクォリティを上げ、更に色の分量や相性にも配慮する事で、全体は(ヴィンテージに対する)高級感と洗練された印象を与えます。

勿論、ジーンズの色落ち(色合い)も重要なポイントです。
(※ここではかなり色落ちしている状態のものを使っています)

IMG_8784
コチラも同じくMAX MARAのもの。
前出のシャツよりもチョッピリフェミニンさに凝った一着です。

IMG_8785
リネンを織り交ぜ、更に前立てに沿ってビーズのデコレートが施されています。
こうしたフェミニンな印象はヴィンテージのジーンズにとって好相性。

リネン素材の粗野感とビーズ刺繍と言う相反する存在感がフェミニンさの中に、程よい味わいを含み、ジーンズとの相性をグンと上げてくれます。

IMG_8786
フェミニンなシャツの場合にはボタンを全て止めて着る事でジーンズの魅力を、より活かす事が出来ます。
またこの際気を付けたいのが足元。

IMG_8787
首から足首まで肌を見せない分、足首をしっかりと見せて、靴にもヌーディーな物(肌の見えるもの)を選ぶと、大人の上品な女性らしさを演出する事が出来ます。

全てはバランスが命。
一つ一つの素材や色、フィット感は勿論ですが、そのスタイルに合わせた肌の魅せ方や分量は必ず有る物です。

その魅せ方が上手な人を、人は「センスが良い」と認識するのですね。

と、ここまでストライプを基本に組み合わせに取り入れて来ましたが、一つのキーワードとしてジーンズをクリーンに、そして素敵に見せてくれる物の条件の一つにストライプと言うキーワードが在ります。

誰もが一度はトライした事のあるストライプが上手く見せられない方が居たとしたら、それは色のトーンや素材だけではなく、『魅せ方の分量』の違いかもしれませんね。

IMG_8781
同じストライプでも、ジャケットの様に全体の表面積が大きな物になると、インナー事情に頭を悩ます方も居るかも知れませんが、当店ではほぼ100%に近い割合で、インナーにはホワイトのTシャツやカットソーをお勧めします。

IMG_8782
簡素な組み合わせには、必ず「一つのセオリー」を自分の中にルールとして決めておくと、迷いが少なく直ぐにスタイルし易いのではないかと思います。

ホワイトのシャツ、ホワイトのカットソーやTシャツは、言わば消耗品です。
どんなに優れた素材であろうと、どんなにお気に入りであろうと、どんなに大切に扱おうと、白は消耗品です。

幾つか揃え、それらを定期的にローテーションして使う事も一つの選択ですが、常にお気に入りや出会いの一着を買い足して行く事も大切です。

この組み合わせにはブラウンのコードレーン(シアサッカー状)を使ったジャケットを合わせていますが、この穏やかな色とジーンズの淡い色合いが好相性を生みます。

IMG_8783
ホワイトがキチンと全体を軽く見せてくれる役割を担っている事、また前出の様に締める役割を担う靴にもジャケットと同一トーンのブラウンを取り入れると、より統一感とクリーンさが際立ちます。

こうしてストライプの魅力(威力)を感じて頂いた所で、ヴィンテージのジーンズとの相性が良い事も伝わったかと思いますが、中には「私は絶対にストライプを着ない」(?)と言う方もいらっしゃるかも知れません(?)。

そんな方にお勧めしたいのが王道ホワイト、それも凝ったディテールを持った一着です。

IMG_8788
例えばBARBAのスキッパー型の衿を持つ3/4スリーブのシャツ(プルオーバー)。

IMG_8789
タップリした身頃、ドロップしたショルダーライン、前後アシンメトリーな着丈、魅力的な首裏のバックプリーツ等々、このシャツにはBARBAが考える女性らしさが詰まっています。

IMG_8790
適度なハリを持つコットンポプリンを素材に使用し、そのハリや美しい素材が持つ光沢は言うまでも無くヴィンテージのジーンズと相性は◎。

凝ったディテールを持つシャツだからこそ、足元はトラディショナルに行きたいと思わせる、そんな趣を持ったシャツは、ビットローファーを合わせ、ジーンズの裾も踵ギリギリで合わせたり、太目のロールアップをしたりと、トラディショナルなスタイルならではのアレンジで楽しめます。

IMG_8791
一つ一つがシンプルになるにつれて、ミニマルを積極的に進める人達が陥りがちなのが、『バランス』です。

どんなに高級であろうと、どんなに知られたブランドであろうと、バランスが良く無ければ台無しです。

人々が感じる『センス』とは、『洗練されたバランス感覚』であると、私達は捉えています。

ユーズドやヴィンテージを取り入れる事に抵抗がある方、或いはジーンズスタイルを素敵に魅せたいと言う方、是非この機会に店頭で試されて見ては如何でしょうか。

お客様に合ったバランスを共に考えながらお客様のスタイルを作ってみませんか?


※今回のブログで使用したジーンズは80年代のMade in USA、リーバイス517、30インチになります。
(実際のフィット感としては28インチ程度のフィット感の為、普段26インチや27インチのジーンズを穿いている方にお勧めしています。)
またヴィンテージ製品は不定期入荷となります。
コンディション(状態)やサイズなど、その時のタイミングによって異なります。
詳しくは店頭までお尋ね下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月22日、29日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_3763
しばらく心地良い毎日が続いていたと思った途端、蒸し暑さに包まれる事に。
いよいよ夏が本格的に近付いてきている事を感じさせる真夏の様相を感じる一日でした。

暑さが増すと少しずつ装いに『心地良さ』を求める機会も増えると思うのですが、男性にとってただただ心地良さを求めるだけでは御洒落は置き去りになりますよね。

特に夏はショーツを多用する方も多い我々世代にとって、トップスはバランスを考えてもロングスリーブ(ニットやシャツ、プルオーバー)を取り入れる方も多いと思います。

そこで今日取り上げるのは、イタリアの老舗カミチェリアの一つCORDONE1956(コルドネ)の高品質なプルオーバー。

CORDONE-1956-001
CORDONE1956は、イタリア、ミラノに拠点を置き、常に顧客の為の一着を、無数にある衿型やパーツのディテールを組み合わせ、更にハンドメイドによって作りだす至極のシャツメーカー。

CORDONE-1956-002
彼らのシャツは、世界各国に顧客を持ち、世界で最もハイクォリティーな男性誌THE RAKEでも度々取り上げられています。

151976692_o7
そのCORDONEの魅力は何と言っても妥協のない素材への拘りと、手縫いを駆使した様々なディテールと作り。

151976692
このプルオーバーもその一つで、ベースとなるのはセミワイドの衿を使ったシンプルなプルオーバー型ですが、何より素晴らしいのは、その素材。

151976692_o6
マーセライズ加工された綿糸をフレスコ(メッシュ)状に編み上げた物を使っており、その素材特性によって、まるで化繊が混紡されているかの様に、高い伸縮性を持っています。

151976692_o5
それらを熟練の職人たちが丁寧に縫い上げる事によって、非常に優れた着心地を作りだしています。

151976692_o1
衿とカフ(袖)には軽い芯地を用い(衿はカラーステイもあります)、紳士的な装いに必要な凛とした姿が保たれます。

151977156
今回は前出のセミワイドのモデルと、この幅広のワイドスプレットの2種類が揃っています。
(他にもリネン素材のシャツも店頭にご用意があります)

151977156_o1
何れも素材の心地良さは極上で、コットン100%で在る事が信じられないような心地良さ。
更に素材の特性の一つとして、吸湿速乾性が高く、まさに夏の装いとして二つと無い仕上がりを適えてくれる一着です。

151977156_o4
細部のディテールは紐解く事に魅力を発見する事が出来ますが、今回のプルオーバーでは、特に前立ての縫製と袖内側、袖の剣ポロのカンヌキなどに手縫いを施しています。

151977156_o2
前立て部分の手縫いは、対面する人の目に「手仕事」を訴える無言のディテールとして、このシャツの持つ魅力の一つを「モノ言わぬ言葉」として顕してくれます。

151977156_o3
シャツの魅力の感じ方は人それぞれですが、それらすべてに共通するのは、どれだけ職人の手によって丹念に縫い上げられたかと言う、所謂人の温もりを感じる事が出来るかどうかが含まれていると思います。

151977156_o9
袖のいせ込みもご覧の通り、実に丁寧に行われています。

まだまだイタリアには数えきれない程、人知れず作られているカミチェリアが存在しています。
CORDONEもまた得意分野を武器に、世界中の人々に高品質なシャツを提供し続けています。
(実際にはCORDONEが持つ各パーツには寸法単位で設定できる緻密なオーダーが在ります)

こうしてCORDONEのプルオーバーは、品質も最高、作りも丁寧、そして何より大人を自負する我々世代が求める全ての要素を適えてくれる類稀な存在で在る事が窺えると思います。

心地良く、そして作りも良く、この上ない着心地を是非CORDONEで味わってみて下さい。

きっと「気付けばCORDONEばかりを着ていた」なんて言う日が来るかも知れませんね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月9日、16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ