IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ: PICK UP

forbg02
早いもので2月も終わりに近付いています。
今年はうるう年にあたる一年。
いつもより1日多く2月を過ごす事になりますが、今週は再び気温が下がるようですが、春と冬の狭間の御洒落をいつも以上に愉しんでおきたいですね。

今月は沢山の催しが続き、店頭にお見えになる御客様方も聊か頭が混乱しつつ、今は何を身に着けて良いやら、何をして良いやら、イベント事も続く季節だけに、御洒落に気が回らないと言う方も多い様子。

そんな思いを知ってか知らずか、当店スタッフは店頭に届いた新作のバッグに夢中。

IMG_8174
先日届いたばかりのACATEのワンショルダー「ORA-CANVAS」がそれ。

IMG_8195
バックパックでもなく、ボディバッグでもなく、そしてナイロンでもないACATEのショルダー。
かつてキャンバス地にロープをストリングスにあしらったミリタリー出自の物や、ナイロン製のアウトドアなバッグが世の中に出回った事が在りましたが(何十年も前の話です…)、大きさが違ったり、重さがあったり、程良い大きさや軽さを持つ物があまり有りませんでした。

その点、このバッグは軽さも丈夫さも備え、何と言ってもライニングにスウェード(人工スウェード)があしらわれているだけで、何かソフトで質感の良い感触が心躍らせるのです。

IMG_7673
男性にとってのバッグは必ずしも必要不可欠ではないと言う方も居るかも知れませんが、御洒落を愉しむためには必要な脇役でもありますよね。

IMG_8184_1
どこかクルーズ感(船旅はしたことが在りませんし、行くあてもない上に、むしろ船酔いしそうですが)を感じさせるこのバッグには、仄かな潮風を感じさせる風貌と、プレッピーな装いにも合わせ易いなど、何気ない日常の装いにピッタリハマってくれる存在なのです。

2月、3月、そして4月と世話しい毎日が続きますが、まったく無関係とも思えるこのバッグも、その世話しさが過ぎた頃、長期連休と言う大きな出番がやって来るかも知れません。

今、最もスタッフが気に入っているこのバッグ、是非店頭で実物に触れてみて下さい。
きっと興味の無かった方々にも、ジワジワと心揺さぶる何かが在る事に気付いて頂けるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

acate_022101
先日ACATEの新作を取り上げたところ、このバッグの魅力は賛否両論。

何が分水嶺となったのか? それはこのバッグに感じる魅力云々ではなく、大きさを指摘するものでした。

ビジネスシーンでバッグを使う人たちにとっては申し分のない収納性、しかしそうではない人にとっては無用の長物と映ってしまっているかも知れません。

バッグの魅力はロジックで判断するほど「計算」で持つ物では無いと考えている私達にとって、バッグには「カッコいい」や「素晴らしい」を感じられれば、それが一番だと思っています。

女性のバッグ事情とは違う男性のバッグ事情。
そこには「手に荷物を持つ事を嫌う」習慣もあるのかも知れませんね。

そこで、今日取り上げるのは、そんな方々にこそお勧めしたいACATEのもう一つの新作『ORA-CANVAS』です。

手を常にフリーな状態にしておきたいと思うのは、実は当店スタッフも同じ。
しかし仕事上沢山の書類や荷物を持ち歩く為、先日取り上げた「OSTRO-M」は最もユーティリティの高い物になりました。

そして仕事以外で持ち歩きたいと思うバッグが、このワンショルダーのモデル(ORA-CANVAS)です。

IMG_7654
クルーズ感すら感じさせるワンショルダーのサックタイプに、ACATEの持つ柔らかくしなやかなシュリンクレザーと、程よい肉厚感のあるキャンバス素材を組み合わせ、軽さと落ち着きのあるデザインを両立したモデル。

IMG_7656
上部にドローストリングスを用い、レザーコードにはACATEのアイコンでも在るレザーのタッセルが備えられた、ACATEらしいシンプルで無駄のないデザイン。

IMG_7588
このバッグの最たる魅力は勿論両手をふさぐことのない所ですが、私達が最も魅力を感じたのは、ストラップパーツを伸ばす事によって、ボディバッグの様に斜め掛けが出来る事。

IMG_7657
元々、ワンショルダーのバッグが大好物な当店スタッフ。

IMG_7671
この手のバッグは、比較的ストラップの付け位置が左右どちらかに振られていたり、或いは重さを感じたり、更にはナイロンだったりと、見た目の印象も大きく変わる物が多かったのですが、ACATEのワンショルダーには、シンプルで無駄がなく、それでいて細部のディテールの作りや丁寧な縫いなど

シンプルで在れば、在るほど見える物作りの緻密さ

を確かめる事が出来るのです。

IMG_7658
大きさも程よく、大きすぎず小さすぎずで、毎日の荷物量としては必要にして充分な大きさ。
アウトドアな物を想像する人もいるかも知れませんが、あくまでもACATEの求めるスタイルの中に山登りやハイクは(恐らく)無いでしょう(笑)

IMG_7660
シュリンクレザーの柔らかな感触は肩にかかるストラップは勿論、底にも使われており、バッグ全体を堅苦しく感じさせるストレスが在りません。

IMG_7670
ストラップパーツ一つとっても、その作りには無駄がなく、また理に適えられた作りはバッグが持つ本来の意図を感じさせてくれます。

IMG_7669
フラップを持たずドローストリングスのみにしている事も、バックパックの様に蓋を開け閉めしたり、手間を考える事無く、サッと開き、サッと閉める、そんな雑作もどこか無骨であり、どこか贅沢をも感じさせてくれます。

IMG_7673
内部はOSTRO同様、人工スウェードによってライニングされ、柔らかく艶やかな感触は上品で上質な荷室を想像させてくれます。

IMG_7583
このワンショルダーの形状は、クルージングを思わせる雰囲気を持ち、気軽で軽快、そして何より畏まる事の無いさり気なさが、大人の持ち物として自然であり、それらが自ずと作り出す上質感は、他のブランドが作り出す「押しの強さ」とは正反対に位置するもの。

IMG_8053
バッグだけに留まらず、革製品や雑貨には必ずストーリー性があり、それらを紐解きながら想像に更けたり、装いを考える始まりだったり、女性に比べて何かしら物語を持ちたがる男性には必要な要素だったりするものです。

ACATE1001
今回当店がこのバッグに持つイメージは「クルージング」でした。

春夏秋と季節を問わず贅沢で特別な気分にさせてくれる、これらの要素は、まさに当店が長年掲げている

STEALTH WELLS

(ステルス・ウェルス)に通ずるものです。

両手に荷物を持ちたくない方、物語を持ちつつ装いを愉しみたい方、是非ACATEの新作バッグをお試し下さい。

ACATE1000

ACATE///ORA-CANVAS
price:¥65,000-(+tax)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

いよいよ昨日販売開始となったWH始まって以来初のウィメンズモデル。
今日はSNSなどを通じて幾つかのお問合せを頂いており、まずまずの滑り出しを見せています。
今後、他からの告知も含め認知が広がるかと思いますので、是非お近くの方は店頭でいち早く手に入れて頂ければと思います。

さて、昨日の興奮冷めやらぬ今日は、シーズン前から楽しみにしていた方も多かった、ソリッドでサスティナブルな魅力を放つイタリアのACATEのバッグが到着。

ACATE001
ACATEは2017年に初めてイタリアのPITTI UOMOにファーストコレクションを展開し、その後瞬く間にイタリア国内の著名なファッショニスタの手元を席巻しました。

当店にもファンの多いアレッサンドロ・スクァルツィやリーノ・イェルッツィなども虜にしているACATEのバッグは、日本国内にも着実にファンを広げています。

ACATEは日本が生み出す無駄のないシンプルなデザインが、高い感性と技術を表現する事の出来るイタリアの職人たちのアトリエと出会う事で始まりました。

洗練されたデザインとイタリアの職人技術による繊細さによって、必要性から生まれるのではなく、情熱によって作られ生まれています。

優れたデザインが揃うACATEのラインナップの中で、今回当店がオーダーしたのは、その卓越した技術をもとに生まれたトートバッグのモデル(OSTRO)と、ワンハンドルショルダーのモデル(ORA)の2種。

7a70899e
数あるラインナップの中で、ACATEのアイコン的人気を誇るモデルがこの『OSTRO』です。

柔らかくしなやかなシボを有するレザーと精密に縫い合わせられた縫製によって作られるこのトートバッグ型は、フラップを閉じたり、開けたりすることで異なる表情が生まれます。

76851ec0
両脇に備えられたストラップはマチを留めるのに使用され、荷物量に応じて日常使いのトートバッグの様に使えるフレキシビリティを持ち合わせています。

IMG_7628
背面はフラットでシンプルに革質を眺められる為、まさに革の欠点を見逃せない「革選び」にも一つの作業が窺えます。

IMG_7627
今回オーダーしたサイズでは横幅(底辺)約45㎝程の大きさで、大抵の荷物が収まる他、仕事利用の方にとっても充分な荷室を備えています。

IMG_7652
優れた革質と内側に設けられた大きなスリット状のポケット、更にその外側に設けられた二つのスリット状のポケットがあり、荷物の整理もし易く、大きなバッグにありがちな「物が探しづらい」点もクリアしています。

IMG_7564
バッグ単体で見ると大きさを感じるかも知れませんが、実際手に取ってみると、それ程大きさを感じる物では在りません。

女性にもお勧めのバッグですが、小柄な女性にとっては大きさは多少感じる事が在るかも知れませんね。
但し、この手のトート型バッグは「エディターズバッグ」然として持つのが女性にとっては素敵に映るもの。
男性だけではなく是非とも女性にも手にして頂きたいバッグです。

47048ccf
今回このOSTROでオーダーしたカラーは前出のトープ系カラーと、こちらのブラウンカラー。
ブラウンの色合いも光の加減でカーキを混ぜた様な色に見えたり、ダークブラウンに見えたり、光源によって表情が違って見えるのも魅力です。

8e50f172
共に魅力的な色合いですが、トープ系カラーの方は全ての金具(ストラップの留め、底鋲)がシルバーであるのに対し、ブラウンカラーでは金具がゴールドに統一されています。

IMG_7634
小さな違いですが、目の届かない場所に手を入れる事が、やがて大きな違いに見えて来る事も在ります。

IMG_7633
洋服同様、バッグにも小さな違いが装いでの大きな違いを生み出す事もしばしば。
ブランドコンセプトにもある様に、シンプルな物作りによって作り出されるサスティナビリティは、単なるシンプルで終わる事が無く、そのシンプルな表情が語る奥深い理由すら感じさせる物だったりします。

ACATEはまさにそんな物語を持つブランドと言えるかも知れません。

IMG_7631
スタイルの完成にとって、バッグは最も大切な役割を担うパーツでもあります。

IMG_7556
バッグに於ける存在意義は、装いの脇役でも在り、また脇を固める事によって作り出される、重要な存在(価値)でも在ります。

その日の装いをより魅力的に見せるのも、台無しにしてしまうのも、バッグや靴など脇役の放つ威力は意外なほど大きなもの。

そうで無ければ世の中の一点豪華主義な人たちのバッグがメゾンブランドで在る理由がありませんから。

IMG_7641
新たな魅力を発信するACATEのバッグを是非この機会に体感して下さい。


ACATE///OSTRO
price:¥160,000-(+tax)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6048
想像以上の寒さに包まれている2月の今週。
連日の冷たい空気に聊か心折れそうなくらい身体を軋ませる毎日が続いていますね。

暖かさが恋しいですが、この寒さをポジティブに捉え、冬の御洒落を存分に楽しんでおきたいものです。

slideshow_img_078e3d
来週にはいよいよバレンタインデーを迎え、少しずつギフト選びにも本腰を入れるお客様も増えて来るのでは無いでしょうか。

昨日ご案内させて頂いたAgnelli & Sonsの新作キーケースにも幾つかお問合せを頂くなど、これを機にご自身にも、と検討される方もいらっしゃる様です。

物作りの素晴らしさを体感できる「小さなギフトに込められた大きな満足」が、このキーケースには備わっています。
是非店頭で実物に触れてみて下さいね。

さて、今日取り上げるのはバレンタインデーを始め、これから続く各イベントにも相応しいちょっぴりカジュアルで、ちょっぴり華やかなMAX MARAの新作です。
(※MAX MARA製品はオンラインストアによる販売、およびロゴ、商標などの使用が禁止されております為、ご購入は店頭にてお願い申し上げます)

IMG_6309
かつて十数年前のMAX MARAを知る人々にとって、現在のMAX MARAは全く別の世界観を持っている事をご存じ無いかも知れません。

もっとも始まりは古く1953年と、イタリアの老舗中の老舗でもあるMAX MARAですが、かつてのコートを基本とした伝統的なコレクションはそのままに、よりモード性の高い物にも展開を広げるなど、昔の様な堅苦しいイメージを持たれている方にとっては別物に映るのではないかとも思えるほど。

IMG_6312
現在のコレクションは実に洗練されており、メインコレクションとなるMAX MARAの他、'S MAX MARA、MAX MARA Studio、Cube、Weekend Line、SPORTMAX等々、幾つかのコンセプトに分けられたコレクションを持ち、それぞれに異なるコンセプトを掲げる事によって、より多くの年代やカテゴライズによるファンを獲得しています。

IMG_6310
最も新しいところでは、英国王室のキャサリン妃や、米国の女優サラ・ジェシカ・パーカーなどが愛用している事でも知られており、伝統的な物作りも欠かさず貫いていることが窺えます。

IMG_6311
MAX MARAと言えば・・・コート、まさにその通りで、使用するファブリックにも錚々たるファブリックメーカーの物が揃い、またシルエットにも時代性を加味する物から、コンサバティブな物まで、そのバリエーションの多さによって、コートとしての選択肢に於いて筆頭格に挙げられるものです。

しかし実際にコレクションを見ると、コート以外の物にもサスティナブルな物からモード性の高い物まで、様々な魅力を目にする事が出来ます。

そこで当店ではブラウス(シャツ)やニットなどにフォーカスした

上質でちょっぴりカジュアル

な物を選択しています。

IMG_6358
一つ目はこの計算された一枚のシャツです。
多くの人々は「ブランド製品とはブランド名で高くなる」の様な誤認も在るかも知れませんが、実際にはブランドと言う言葉は信頼性や、そこに費やされる多くの時間やコストによって成り立たされる、一つの安心感の様なもの。

勿論、そうでない物も世の中には在ると思いますが、イタリアのブランドに於ける製品価値は、見事に価格に反映された物作りを見る事が出来ます。

IMG_6359
このシャツも同様で、たっぷりとした身頃やドロップする肩線、胸元を立体的に立たせる後ろ前立ての衿、そしてさらりと艶やかな素材など、一般的にファクトリー出身のカミチェリアとは違った物作りの方向性を感じる事が出来るのも、トップブランドの魅力の一つです。(デザイン先行で物作りが追い付かないブランドもありますが)

IMG_6361
一着のシャツ、それもシンプルに着たい人にこそお勧めしたいこのシャツの魅力は、この立体的なシルエットに尽きます。

女性らしいエアリーなシルエットをコットンで表現するには、計算された立体的な形が必要になります。

IMG_6360
当然使われている素材も高品質ゆえ、光沢の美しさと共にハリのある美しい動きを見せる物になります。

「上品な物、上質な物こそ、シンプルに着たくなる」、但しそこにはブランド名に沿った作りが無くては台無しです。

MAX MARAの製品は多くのモード性、ストリート性ブランドとは異なる「リアルクローズ」としての存在があります。
つまり手持ちの物との組み合わせがし易く、上品で嫋やかな女性像を作る事も容易にできるのがMAX MARAなのですね。

IMG_6362
他にも少しデザインに拘りを取り入れた物もありますが、どこか冒険を排除したデザインは、シンプルを好むイタリア人女性を中心に世界中で好まれる理由が解ります。

IMG_6363
もう一つお勧めしたいのがニットウェアです。
当店に長らくお越し頂いているお客様にとっては、MAX MARAのニット=〇〇〇〇の様に生産背景をご存じの方もいらっしゃいますが、MAX MARAのニットにはファクトリーブランドには無い魅力が詰まっています。

IMG_6365
シンプルで無駄のないコンフォートな着心地とシルエット、ザラつき感の無い表面素材。

IMG_6366
「美しさとは身に着けた時から肌で感じるものである」ことを感じさせてくれる一着。

IMG_6364
ここにもまたサスティナビリティを感じるMAX MARAの骨頂とも言える物作りの術を体感する事になります。

多くのブランドの場合、ブランドの顔が立ってしまう物が多い中、MAX MARAの製品は上品さや高品質さ、そして最も大切な日常の中に溶け込む、自然な装いで在る事がしっかりと反映されています。

近年フランスのAMIなどもそうですが、日常的な装い、つまりリアルクローズとしての魅力を備えたコレクションブランドが増えて来ている様に思えます。

モードブランドが好きな方にとっては少々物足りなさを得るのでしょうが、我々からすると、より魅力的なブランドとして、より身近に在るブランドが増えて来ている様に感じます。

ジーンズ一本あれば、どれも素敵に見えてしまうMAX MARAのコレクション。
是非今年はサスティナビリティをMAX MARAで感じてみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_6101
急激に冷たい空気が舞い込み、全国的に寒さを帯びる一週間となりました。

日中と朝晩の気温差にウィルスで無くとも体調を崩しかねない今週の天候。
皆様体調管理には充分気を使って下さいね。

さてバレンタインデーを前に最後の週末となる今週は街中にギフト選びの人々が目立ちますが、この日を切っ掛けにご自分へのご褒美を選ぼうと言う方も少なくありません。
(もちろんギフトも選びます・・・)

そんな方々に今日はAgnelli & Sonsの新作をお勧め致します。

IMG_6264_1
既にご覧頂いた事のある方も多いAgnelli & Sonsのキーケースが、新たな配色を加えて再入荷致しました。

IMG_6265_1
今回はバッグの中から「カギを探すのに一苦労」と言う方の為に、ブライトカラーを中心にオーダー。

IMG_6268
このリモーネとで表現したい淡いレモンイエロー(色名Lemon)は今回のカラーの中でも最もお勧めしたい一色です。

IMG_6269_1
従来同様ドイツ製のシュリンクレザーを使っており、柔らかく手に馴染みやすい革質が特徴の上、掌に収まり易い大きさなど、実に考え抜かれたキーケースです。

IMG_6271_1
全てのキーケースに異なる色のライニング(スウェード)を配し、コントラストを楽しめるようになっています。

IMG_6272
前出のライトブルー(色名Jean)、そしてこちらのトープ(色名Taupe)も、穏やかな色合いが見事に革質にマッチしています。

IMG_6273_1
このキーケースは一つ一つ職人の手によって作られており、各部のパーツに於いても非常にしっかりと縫い付けられ、妥協の無い物作りへの姿勢が窺えます。

IMG_6275_1
このキーケースはコンパクトなサイズに対して懐の大きさがメリット。
鍵を取り付けた状態、収納した状態でもある程度の余裕が作られる為、多くの用途が生まれます。

IMG_6277
片側は内側へと向いたOリング、もう一方は外と内へ出し入れが出来る可動式になっています。

IMG_6271_1
この二つのOリングが、このキーケースに高いフレキシビリティを生み、鍵だけでなくコインやピル(錠剤薬)などを収める物としても使えます。

IMG_6354_1
更に一般的なアナログキーから、スマートキー(非接触型の鍵)を、それぞれ異なるリングに収めたり、使い分けが出来る点も大きな特徴。

IMG_6353_1
特に外側に設けられたリングは最も使う場面が多い鍵を集める事で、何の鍵が解らなくなってしまう様な事も避けられそうです。

IMG_6352_2
また開口部についても、扇型の形状によって、中の物が取り出し易く、優れた利便性を生んでいます。

IMG_6355_1
男女問わず使えるこのキーケース、常にアップデイトしたい「日常の物」として是非とも試して頂きたい一点です。

ちなみに当店の女性スタッフも使用しておりますが、多少乱雑な扱いにも耐え得る革質と丹念な作りには感嘆の一言。

ギフトシーズンゆえ、パートナーやご家族へのプレゼントも含め、是非一度店頭でご覧頂きたいケースです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月13日、20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

このページのトップヘ