IMG_8773
(写真着用商品:スーツ/CARUSO、シャツ/Fralbo、タイ/Luigi Borrelli)

秋めいて来た途端、雨空が増えている今週。
今日は寒空を更に感じさせる小雨交じりの一日となりました。

こうして気温が下がると急に気になり始めるのがコート等羽織り物の存在です。
今年は例年に比べテイストも様々、そしてコストも様々なコート類が豊富に揃い、そのどれもが大人が纏うのに相応しい物ばかりが集まりました。

PhotoRoom_20201023_224532
メンズは主にパーソナルオーダーをご利用頂く方が、ここ数年続いておりますが、既製品には写真の様な質の高い紳士的なチェスターも揃っています。

PhotoRoom_20201023_224555
モデル名Napoliと名付けられたこのコートは、まるでカーディガンの様に軽くしなやかで、ジャケット無しでも着られる如何にもナポリ仕立ての一着。
勿論ジャケットの上からオーバーコートとしての役割も担いつつ、大人の男性に相応しいテイストを醸し出してくれる一着です。

店頭にお越しの際には是非試してみて下さい。

と、今日は男性では無く、女性のコートを取り上げます。
実はコロナ禍の影響下でも、コートだけは比較的ラインナップが揃っている店頭のウィメンズ。

現在まででコートの型数は約20モデルを越えています。
その中でも今日取り上げるのは、質が高く、そして半永久的に愛せそうな物を幾つかピックアップしてみました。

PhotoRoom_20201023_224735
一つ目は”コートと言えばMax Mara”と、もはや代名詞にもなっているイタリアのトップブランドMax Maraが作る、『ウールのトレンチ』です。

トレンチの印象を180度変えてしまいそうな、このコートはMax Maraらしい上質な素材の使用に加え、程よい厚みを感じさせ、尚且つ各部の仕上げはしっかりと、まさにMax Maraらしいと言わざるを得ない選択。

PhotoRoom_20201023_224745
大き目の衿が作り出す華奢な女性らしさや丸みを帯びながら肩の山を盛り上げる袖付け、そしてやはりと言うべきか素材の選択は、もはや日の付け所が無いほど魅力タップリに仕上げられています。

特にビーバー仕上げをしている表面は、独特のうねりを生み、生地そのものに表情を作り、上品で上質な雰囲気をより醸し出しています。
ブラックと言う点も非常にお勧めとなるポイントです。

(※ビーバー仕上げには色んな方法がありますが、今でも由緒正しい古い織元はアザミの実を使って梳いています。)

PhotoRoom_20201023_224911
同じくビーバーに仕上げているMax Maraのダブルブレステッドのチェスターは、チェンジポケットを設けた英国的なエッセンスに富んだ一着。

Max Maraと言えばキャメルカラー、がイメージづいていますが、この色合いはキャメルよりも何段階かトーンダウンした、まるでラテの様な上品な色合いです。

変わらないオーセンティックなコートをお探しの方に、もってこいな一着です。

PhotoRoom_20201023_224848
こちらもMax Maraのもの。
最近増え続けている身頃や袖筒にゆとりを持たせたコンフォートなコートです。
2つ掛けのボタンと大きく身頃を袷せるダブルブレステッド、そして利便性も高くアイキャッチにもなる腰ポケットは、この数年増え続け、そのままコートの一つの選択肢として定着した、最も人気の高い形状。

あまりカチッとした印象にしたく無い方や、常にコンフォータブルな装いを心がけている方にとって、またとないお勧めモデルです。
色合いもブラウンとカーキを織り交ぜたような絶妙な味わいを作っています。

(※Max Mara製品のWeb掲載は禁じられている為、予告なしに削除する場合が御座います。 予めご容赦下さい。)

PhotoRoom_20201023_225002
そしてコチラは昨年も人気のうちに完売してしまった英国で生まれた海軍出自のコートブランド「CAMPLIN」の新型コートです。

このブランドの特徴は何と言っても、ピーコートを生み出したと言われている源流に基づいたディテールと、それらに則ってアレンジされた衿元のストラップ。

PhotoRoom_20201023_225050
もはやCAMPLINと言えばこのディテール、として目に焼き付いている方も多いと思いますが、このパーツは厚着をした時に前のボタンを留める事無く、ボタンからボタンへ橋掛けの様に留める事で、マントの様に留め具を使う為のもの。

今となってはファッション的な要素が強いのですが、しっかり実用性も加味されています。
100年を超える歴史の中で生まれた英国のCAMPLINは、現在もイタリア企業となり、その息遣いを今に伝えている歴史あるブランドです。(※詳細はオンラインストア、ブログなどの過去の掲載記事をご覧ください。)

今回のモデルは名品となっているピーコートの丈を長くストレッチさせたハーフコートモデル。
更に御馴染のRAIN WOOLを採用し、雨風雪を凌ぎ、更にライニング(パッディング)を備えたモデルでオーダーしている為、防寒性も言う事無しの一着です。

PhotoRoom_20201023_225301
またCAMPLINからはダッフルがリニューアルされたモデルも到着しています。
使用している生地はRAIN WOOLで、今季の特別なカラー、オートミールを使用。
更にトッグルのパーツには金属製を用いている為、オートミールの味わい深い色合いとアルミ色が絶妙なバランスを生み出し、他にはない独特な魅力を発しています。
(※この生地・色は、コロナ禍の影響により、サプライヤーの生産減によって限られた数量のみが生産されている為、再び出会う確率は非常に少ない物になってしまいました。)

他とは違うテイスト、ダッフルをお探しの方は是非ご検討下さい。

PhotoRoom_20201024_233731
そして最後にお勧めするのは、今シーズンが最後となってしまったイタリアのブランドLARDINIのコットンギャバを使用したトレンチコートです。

PhotoRoom_20201024_233745
トレンチ好きな当店は数多くのブランドから様々なトレンチを仕入れて来ましたが、それぞれに歴史に裏付けされたクラシックな物から、先進技術を取り入れた先鋭的な物、或いはデザインコンシャスな物まで、常に多くのトレンチコートを皆様にご案内してまいりました。

その中でもLARDINIのトレンチは、一見するだけではその魅力に気付けない程、不偏な魅力に包まれているのですが、大きく違いを見出すとすれば、肩回りから袖筒を、仄かにゆとりを付ける事によって、首から肩の上り、そして袖先までの自然な丸みが、トレンチ特有の肩を誇張する様な硬いイメージを払拭しています。

PhotoRoom_20201024_233810
少しだけドロップさせたアームホール、そこから広がる袖筒のゆとりは、トレンチコート全体のイメージを大きく変えてくれる、まさに女性の為の、そしてフェミニンではなく、マスキュリンでもない、特別な魅力の一着を作りだしています。

PhotoRoom_20201024_233757
素材のコットンは強撚のコットンギャバを使用している為、風を通し辛く、またライニングによって秋冬のトレンチとして(王道のコットントレンチとして)申し分のない存在価値を作り上げています。

PhotoRoom_20201024_233912
コットンで無ければ作り得ないトレンチコートの趣は、素材の良し悪しによって見た目も、着心地も大きく変わります。

LARDINIのトレンチは、そんな痒い所に手が届く多くが当たり前の様に自然に取り入れられた一着なのです。

PhotoRoom_20201024_233840
また背面のヨークは大きく取られ、腰の直ぐ上まで在ります。

PhotoRoom_20201024_233853
このヨークの大きさやカットを水平にする事によって、より女性らしさが生まれています。
(この小さな拘りが見た目を大きく変えてくれるのです)

PhotoRoom_20201024_233925
コートの老舗、コートの歴史、コートの出自、トレンチを作る多くのブランドが、それらトレンチに関わる造詣を抽出して作っています。

そのどれもが特徴を持っていたり、得意とするディテールやデザインを表現し、巷には「一体どのトレンチを選んだらいいんだろう?」と迷う事も多いでしょう。

結論から言えば、どのトレンチも失敗は無いでしょう。
基本設計が同じである事、生地の違いや好みのデザインである事、それが着る人の満足を充たす訳ですから、ブランドで選ぶよりも、形や色、ディテールの好みを選ぶことで間違いありません。

当店が今回のLARDINIのトレンチをお勧めな理由は、ズバリ、肩の丸み、ドロップした上半身、そして着丈のバランス、そして何より、”肩から裾までのシルエットが美しいAラインを描いている”ことです。

秋から春までレイヤーを愉しみながら使えるトレンチコートの存在。
秋冬のコートを検討している方、或いは迷われている方は、是非一度店頭で試してみて下さい。

バランスの良さが伝わると思いますよ。

(以上の他にも、現在コートは多数揃っています。 今シーズン中最も揃っている週末となりますので、沢山の中から選びたいと言う方は是非今週末をご利用下さい!)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED