IMG_4962
生憎の雨空で始まった今週末。
ここまで急激に気温が下がり始めると、途端に暖かな装いが恋しくなって来ますね。

寒さを感じ始めると欠かせないのがニットウェア。
秋冬はニット無しでは語れない、そんな季節の装いに軸を捉えるのが、やっぱり『Drumohr』です。

Drumohr_001
新しさを優先するよりも、変わらない質の高さを維持し、よりラグジュアリーを体感させるために何が必要かを感じさせる世界最古のニットウェアブランドがDrumohrです。

そのDrumohrの中で、常に基本の一着としてラインナップされる事の多い3つのモデルを今日はピックアップしてみました。

IMG_5008
一つ目はミドルゲージのエクストラファインメリノを使用したタートルネックです。
Drumohrのエクストラファインメリノは、既にお試しの方も多いと思うのですが、あの30ゲージのニットで味わった艶やかで、柔らかく、そして極上の肌触りを持つ糸を、更にボリュームアップして編まれているのが、このニットです。

IMG_5010
ハイゲージの様にインナー先行と言うよりは、中にシャツを着たり、スカーフやバンダナを挿したり、またジャケットやコート等、常に多くのスタイルとのレイヤードの中心になるのが、ミドルゲージの良い所。

IMG_5007
ハイゲージのニットでは迫力不足となる装いにも、このボリューム感はシンプルな組み合わせにこそ、その威力を発揮してくれます。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、パンツ/Barbati)

IMG_5011
今回は基本となるブラックとホワイトをオーダーし、これまでハイゲージで愉しんで来た装いに、更なる迫力を与えるべく、これらのラインナップになっています。

IMG_5012
太さのあるリブとプレーンな編地は、エクストラファインメリノの艶やかさをより際立たせ、Drumohrがニットに使われる糸に厳選を重ねていることが直ぐに伝わって来ます。

IMG_5013
近年、ローゲージやミドルゲージのニットをボトムにナイロンやヴィスコースの様なテクスチャーを組み合わせたアクティブなスタイルが増え、再びミドルゲージのユーティリティが求められています。

クラシックな装い、そしてアクティブな装いにも適したミドルゲージが、エクストラファインメリノによって、より心地よい物に仕上がり、再び秋冬の先発登板筆頭となりそうです。

IMG_5014
二つ目は、ジーロンラムズウールを使ったミドルゲージのクルーネックです。
ラムズウールと聞いて、粗雑なイメージを持たれている方が居るとしたら、それは乱暴な言い方をすれば、決して良質なラムズウールとは言えないかも知れません。

ジーロンラムズウールは、オーストラリアのヴィクトリア州、ジーロン地方でのみ育まれた仔羊の毛を用いています。
中でもスーパージーロンラムとなると、非常に希少な糸として、既にメゾンブランドでも採用される程、高品質な糸になっています。

IMG_5015
Drumohrが使用するジーロンラムズウールは、その滑らかで柔らかな毛質と、ラム特有の発色の綺麗さが特徴で、多くの方が想像する”肌への毛のアタリ”は皆無。

柔らかさは独特、そして下手なカシミアやアルパカを凌ぐ高い保温性は、他では味わえない特別な糸で在ることも、身に着けて初めて解ります。

IMG_5017
今回のクルーネックはDrumohrの基本形の一つでもあり、ジーロンラムを使用したミドルゲージのニットでは、袖先もターンナップの仕様が与えられています。

IMG_5019
カラーは前出のオリーブカラーと、このヘザーグレーの2色を用意。

IMG_5020
ジーロンラムで特徴視される色の鮮やかさや綺麗さとは別に、落ち着きのある色合いにも、ジーロンラムは奥行きのある味わい深さを醸し出してくれます。

また今回は同素材、同モデルに、メランジのモデルを加えてオーダーしています。

IMG_5023
ボルドー系パープルとブルーの糸が小気味良く絡み合い、如何にもDrumohrらしい魅力的な色合いを作りだしています。

IMG_5024
Drumohrの魅力の一つに、色のブレンドが在りますが、その色の織り交ぜ方には、他ブランドでは見かけない独特の好配色が用いられ、今回のニットにも、その意表を突く色の綺麗さ、魅力が感じられます。

IMG_5027
スコットランドでの長い歴史と、イタリア企業となった事による洗練された色の美しさには、Drumohrの歴史とセンスがギッシリ詰まった魅力が発せられています。

IMG_5028

そして最後にお勧めするのは、やはり、この糸無くしては語れない、Drumohr Modernによる、30ゲージのエクストラファインメリノウールです。

毎シーズン必ずと言って良い程、色を買い足したり、ストック購入をされる方が多い、このモデルは、何とSuper 140'sと言う高番手の糸が使用されている為、まるでシルクに触れているかのような滑らかさ、艶やかさを持ち、反面メリノ特有の弾力性や伸縮性、そしてフィット感と、インナー利用としての多くが詰め込まれた、まさにマストハブの一つです。

IMG_5031
ベーシックな形に、高いクォリティの糸を厳選して使用されるこれらのニットたちには、一つの共通事項があります。

IMG_5030
それは、多くが天然素材である事、不変で変わることのない旧来の形で在ること、また着る者の装いを一つ昇華して見せてくれる事など、実にDrumohrの作り出すニットウェアには、サステナブルと言う言葉が浮かび上がるのです。

継続可能、永続的、そんな言葉を古くから今に続けられているDrumohrのニットは、紛れもなくベーシックウェアの中心に位置し、またそれらから作られる上品で上質な装いは、男性のスタイルに”紳士的”要素を与えてくれる物です。

ニットが無くては始まらない

秋冬。

是非この秋のスタートをDrumohrから始めてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED