map001
全国的に市街地に静かな風景が広がり、私達の住む地域にも物音一つしない静けさが広がっています。
世界に目を向けて見ると、アメリカやロシア、中国の様に国土が広い国に比べ、国土が小さく人口が密集した国は、より多くの生活改善を強いられる事になるのですが、世の中が動かない事が生活に直結する今の状況は、色々な面で考えさせられる機会となっているに違い在りません。

より多くの人々が集中して今を耐える事が、きっと終息を早める事になるのでしょう。
今はネガティブな話題が多いと思いますが、心を空っぽに、時には愉しい事を考えたり、常にポジティブで居る事が大切だと私達は思っています。

さて、私達のお店は普段海外の商品が大半を占めますが、この秋以降、新たなラインナップが加わる事になります。

それは『ワンピース』です。

世の中にワンピースと区切っても、様々な物が在りますが、当店が展開するのはベーシック且つクラシカルな趣のあるもので、さらにパーソナルオーダーでお承りする事が可能になります。

59048606
これまでもテーラードジャケットや、トラウザーズ、スカート、ベストやコート等、様々な物を仕立てて来ましたが、女性のワンピースへのパーソナルオーダーは、『あったらいいな』を形にしたものです。

人によって体形は様々な上、ワンピースの場合には特に、バストが大きな人、ヒップが大きな人、肩幅が狭い人、腰回りが小さな人、身長が高い人、低い人、胴長な人、華奢な人、ふくよかな人、と、男性以上に体格の違いが露骨に顕れるものです。

そんなナイーブな問題を解決するのがパーソナルオーダーによるワンピースです。

今日そのベースとなるファーストサンプルが到着しました。

IMG_2964
(現段階では)形のバリエーションは、衿型で3種類、袖で2~3種類、ボディで2種類で、それらを組み合わせ、更に各部の寸法を測りながら、お客様の理想に近い形に仕上げていくものになります。

このサンプルはラウンドネック+3/4スリーブ+フレアの組み合わせ。

IMG_2965
今回のパターンを担当した方はイタリア帰りの女性。
女性の身体を知り尽くしている事が良く解る、ウエストの始まり部分(絞りの位置)や、二の腕、アームホールの大きさ、丸みのある背中など、ファーストサンプルとしては非常に完成度の高い物になっていました。

IMG_2966
これらが好みの生地やお客様の想定する用途に応じて誂えられる事によって、幾つかの異なるテイストを作り出す事が出来る様になります。

IMG_2967
袖付きのパターンはかしこまった場所や、祝い事やお別れの時などに使えるセレモニー(サンプルがブラックのウール地の為、よりその印象が強いのですが・・・)にも使えるようになります。

まだまだ細部に手入れは必要としますが、今回のワンピースの最も気になった(良い意味で)部分が、ファスナー(背面)の長さです。

一般的に腰上あたりで止まる長さが多いのですが、今回のサンプルでは腰中央くらいまで伸びる長さのあるシームレスファスナーを採用しています。

この長さは脱ぎ着をするのに、とてもスムーズになる為、パターンを作った方の緻密さに天晴です。

IMG_2968
コチラはVネック+スリーブレス+タイトのボディの組み合わせです。

IMG_2969
元々ジャケットとの相性を前提にしている所もあるので、タイトのボディにはより精密なディテールを想定していたのですが、こちらのファーストサンプルも非常に高い完成度。

IMG_2970
フレアのボディと同じくウエストの絞り位置の高さが抜群に良い事と、それに加えて目を見張ったのが、バスト部分の作り。

無理のない、とても自然な緩やかなカーブで作られた立体的な造形は、このボディのパターンの秀逸さを窺えるものでした。

IMG_2971
また腰から下のテーパーも美しく直線的なラインの中に柔らかな印象を与える丸みを帯びるなど、ワンピースとしてのタイトラインが綺麗に顕れています。

IMG_2972
これらのボディやパーツの組み合わせを基本に、様々な補正や寸法を宛てて行く事で、ワンピースのよりパーソナルな一着が仕上がる事になります。

IMG_2973
女性にとって、ジャケットやスカート、パンツ以上にシルエットの美しさが求められるワンピースは、既製品としての完成度は勿論ですが、パーソナルオーダーとして誂えて行く上でも、一つの指標として完成されていなければなりません。

IMG_2974
(※裏地には高品質なキュプラを基本に、季節ごとに異なる提案を予定しています)

表地には今後100を超える多くの生地の選択に加えて、ワンピース専用の生地の選択も適う事になる予定。

IMG_2975
アイディア次第で夏はサンドレスを作る事が出来たり、お仕事の方にはロロ・ピアーナの様な3シーズン対応のウール素材や、それ以外にもリネン、フランネル、ウールシャギーなど、季節に応じた特徴的な一着を誂える事が出来る様になります。

IMG_2976
冒頭でお伝えしたように、ジャケットとの相性が前提の方にも、この写真からバランスの良さがお分かりいただけると思います。
(※ジャケットはeleventy)

IMG_2977
自然で美しい佇まいは、ワンピースとしての完成度無くして顕れるものでは在りません。

IMG_2978
意外な盲点として、テーラードジャケットがウエストのシェイプ(ドロップ)が強めの物に対して、既製品のワンピースのウエスト(絞り部分)位置が合わず、ジャケットの中からワンピースの生地だけが浮いて泳いでいるのを見る事がありますが、今回のサンプルで実証したように、ウエスト位置が合う事が、ジャケットとの組み合わせにも高い相互性を生み出すものになります。

IMG_2979
似たテイストを持つブランドの、それぞれのアイテムを組み合わせても、それぞれの意匠が違う事から親和性が保てないのが原因だったりしますが、そんな些細なディテールの盲点も、100%カバーできるものになります。

いつも皆様にお伝えするのですが、こうして見落とされがちな小さなポイントの完成度を高める事、つまり『バランス』が、自然で綺麗に素敵を作り出す事への第一歩です。

IMG_2980
恐らくは当店が求める物、箇所、仕上がりの条件は、他様が求めるものとは違う所に在るかも知れません。

然し、そこに拘りを求める理由はいとも簡単で、

「お客様が自然に着て、美しく、格好良く見える」

こと、それが全てです。

お客様にとってお店は信頼で在り続けなければなりません。

信頼のもと美しい形を作り、それを安心のもと着て頂く、それ以上は必要ありません。

どこかに妥協があるままに誂えてしまう事は、お客様の信頼に楯を突く事になります。
お客様が目を向ける場所で無くとも、私達が長年拘る「バランス」だけは、しっかりと作り続けなくてはなりません。

今回のファーストサンプルは、これまで幾つかサンプルを見て来た中でも1、2を争う出来栄え。
細部に手入れを加え、次なるセカンドサンプルの時には、更に完成度の高い一着になっている事でしょう。

予定では9月頃、皆様に新しいご提案と共に、店頭用のワンピースを幾つかご用意させて頂く予定です。(既製品)

どうぞコロナ禍にめげず、次なる楽しみに向けてポジティブに参りましょう。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月7日、14日、21日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED