IMG_9804
急激な気温の変化に、今週は初夏を感じさせるアイテムを求めてのご来店が増えています。

特に男性にとっての春の装いは、そのまま夏へ突入してしまう方も多く、女性に比べて季節の変わり目を感じさせるアイテムが少ない分、カジュアルな装いを一気に揃えるケースも少なく在りません。

IMG_0062
現在店頭にはシャツやトラウザーズを中心としたベーシックなアイテムが揃う反面、この数日の気温の高さにポロシャツやリネンのシャツも動きを見せています。

IMG_0063
その中でも非常にお勧めなのが、MIDAのニットポロ。
昨年同様クラシックな表情とベーシックな形を基本に、今シーズンは何とコットン100%とは思えない程、柔らかく心地良いハイゲージの糸を使用。

IMG_0059
糸の細さも然る事ながら、その触り心地は、まるでシルクやカシミアを混紡したかの様な、とてもソフトな質感に仕上げられており、ジャケットのインナー利用としても十二分に威力を発揮してくれそうです。

そして何と言っても欠かせないのが15,000円と言う驚きのプライス。
元々コストパフォーマンスに長けたMIDAゆえ、このプライスだけでは驚く事は在りませんが、素材に触れる事によって、その魅力の高さが感じて頂けると思います。

昨今のビジネスシーンでも夏にインナーのカジュアル化が進んでいる分、こうしたクラシックなポロシャツの出番が自ずと増えそうです。

IMG_0075
また初夏に向けたボトムスとして欠かせないショーツも、Germanoの新作は非常にお勧め。
今回使用したのは股上がやや浅目に仕上げられたSLIMのモデルを膝丈にカットした物。

IMG_0077
更にそれらにストレッチ性(ポリウレタンが含まれています)のあるシアサッカーを用いた事によって、清涼感と履き心地の両立を適えた、まさに春夏にとって最高のボトムス。

IMG_0105
ニットとスニーカーだけで大人の休日を演出する事が出来るGermanoのシアサッカーは、素材の凹凸の変化や色合い(洗いを加えています)によって、より確かなスタイルへと昇華してくれそうです。

IMG_0106
お仕事での装いだけではなく、休日の装いにも手抜きをしたくないと言う方には是非ともお勧めしたい一着です。
(※写真使用商品:ニット/Drumohr、カットソー/Circolo1901、ショーツ/Germano、スニーカー/SUPERGA)

IMG_0066
スニーカーも現在様々なブランドの物が揃っておりますが、先月から人気の高いスウェーデンのブランドJim Rickeyの追加分が一部到着しています。
今回の入荷が正真正銘ラストデリバリーとなりますので、是非この機会に休日の足元も揃えて下さい。

さて、男性の装いは男性目線で選ぶと如何せん、硬さの残る装いに纏まりがちですが、今日は当店女性スタッフの目線によるスタイルを幾つかピックアップして見ました。

IMG_0095
日常から装いをクリーンに見せておきたいのは私達世代にとっての必須。
ただただカジュアルで(汚れても良い)過ごす装いには、どこかクリーンさに欠けてしまいがち。

このコーディネートではAGのミリタリーシャツ(ジャケット)を使い、ホワイトのトラウザーズで全体にクリーンさを演出しています。

シューズ(Agnelli and Sons)の艶感とドキュメントケース(或いはクラッチバッグ)の存在も光っています。

IMG_0104
この写真の様に、ビジネスシーンやジャケット着用の際のドキュメントケースは、仕事上でのクリーンさを訴えますが、カジュアルな装いに取り入れると異なる雰囲気に纏まるのがメリットですね。
(着用写真商品:ジャケット/L.B.M.1911、シャツ/Vincenzo di Ruggierro、トラウザーズ/Marco Pescarolo)

IMG_0099
同じく、こちらは前出のドキュメントケースを使った異なるスタイル。
女性目線によるコーディネートには、どこか肩の力が抜けた軽い装いに仕上がる分、こうしてバッグ一つの存在で見栄えが変わりますね。

このコーディネートでは前出と同じGermanoのホワイトのトラウザーズを使って、eleventyのカーディガンを合わせています。
カットソーは前出のCircoloの色違いになります。(スニーカーはJim Rickey、リネンキャップはHighland2000です)

IMG_0102
こちらも同じドキュメントケースとスニーカー、キャップを使って、ニットにDrumohr、ボトムにBrigliaのスリムカーゴパンツを合わせています。
カジュアルで力の抜けたコンフォートスタイルですが、やはりここでもバッグの存在一つでテイストが異なって見えます。
それ程、バッグの存在感は大切な要素です。

IMG_0101
そしてこちらはバッグをFingar Fox And Shirtsのキャンバスクラッチに変えたスタイル。
ジャケット、インナー、ボトムス、シューズまでは同じですが、バッグのテイストが変わると仄かに穏やかな雰囲気が漂います。

IMG_0098
そして今回スタイル提案をさせて頂いた女性スタッフイチオシのスタイルがこちらのコーディネート。
HevoのウォッシュドナイロンのミリタリージャケットにGermanoのトラウザーズ、そしてeleventyのカーディガン、Circoloのカットソー、Agnelli and Sonsのローファーに、決め手となるのが、Charles et Charlusのバックパック。

全体のボリューム感に負けないバックパックの色や形、存在感はこのスタイルを纏める役割を担いつつ、休日の大人のスタイルとして一つの完成形を作っている様にも思えます。

色の統一感と、常に全てのスタイルを纏めている『ホワイト』のボトムスの存在は、男性だけに限らず、春夏のスタイルに欠かせないファクターとなっています。

IMG_0100
同じバックパックを使ったコーディネートでも、ニットをトップスに据える事によって、一気にカジュアル感が増します。
然し、このスタイルに使っているEnzo Bonafeのダブルモンクストラップは、素足に履く事によって、このスタイルにクリーンさを作り、尚且つコドモっぽさを回避しています。

Settefiliのニットの色味、そしてバッグとシューズの色味によって、ホワイトが中心となるスタイルに大人のさじ加減を作り出しています。

以上の様に、女性目線で男性のスタイルを提案すると、コンフォート感が露わになり、装いに柔らかさが出ます。
時には『休日のスタイルは女性に選んで頂く』、と言う日も作ってみると、また新たな発見が有るかも知れませんね。

IMG_0108
同様にメンズアイテムを使って女性のスタイルを提案している当店ならではの装いも、この写真の様に、アイテムをクロスオーバーする事で適える事が出来ます。

ニットはDrumohrの物を使用し、インナーはCircolo、そしてボトムスにはAGの新作(CADEN)トラウザーズ、足元には抜ける軽さを作る為にも、Corso Romeのサンダルで軽快感を演出します。

IMG_0107
メンズアイテムでは無いですが、メンズライクなアイテムでの装いもパンプス一つで女性っぽさが演出出来るのも、今日のスタイルに欠かせない要素。

このFIL NOIRのシャツは長目の着丈と、ややドロップするオーバーサイズフィットによって、ふんわりとしたトップスのボリュームを作る事が出来ます。

その分、併せるボトムスにはタイトなシルエットを取り入れ、足元には必ずヒールのある物を選びます。
この足元がスニーカーになってしまう事で、カジュアル感が増し、組み合わせ(或いは着方)のバランスを一つ間違えると、コドモの様なスタイルに終始してしまいます。

装いのアイテムが常にジェンダーレス(性別不問)になっている現在、上手な取り入れ方によって、パートナーや家族でのシェアも楽しめるようになって来ました。

男性の装い選びの『ついで』に、ご自分でも使える装いを男性に選んで差し上げる?なんて言う手段もアリかも知れませんね。

ともあれ、今週は気温と共に様々なアイテムが動きを見せています。
この機会を利用して、是非休日や夏に向けたスタイルを選びにいらして下さいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_SS2018_2
春、初夏に向けたリゾートアイテムも揃い始めています。
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
そろそろ連休に向けた春夏の装いを検討されてみては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月12日(木)、19日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/4/3
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED