IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

January 2020

IMG_4625
日中の気温がまるで梅雨時を思わせるほど穏やかになるも朝晩の寒さは冬らしさを見せる今冬。
どこか落ち着かないのは天候だけでなく、我々の気分的にも季節の境目を探り辛い毎日が続いていますね。

こんな日には暖かな食事だけでなく、時には冷たい物も口にしたり、そんなひと時が脳内(?)を冷静にさせてくれそうな気がします。
天候同様、暖かさと寒さを交互に愉しみ、毎日に刺激を与えるのも良いかも知れません。

さて今日は、INCOTEXの新作が到着し、特にお仕事に重きを置く方々にとって欠かせない新入荷の日となりました。(?)

・・・では無く、今日お勧めする新作はお仕事だけでなく、日常的な装いにも使える、まさにマルチな一本。

IMG_4667
この新作のGILDAは、実は前回入荷時にはドローコードを用いた(当店ではホワイトのサキソニー素材の物)モデルと同じシルエットモデルですが、実は細部のディテールが更にアップデイトされたリニューアル版なのです。

IMG_4669
主に違うのはドローコードを排し、新たにベルトバック部分にエラスティック(ゴムを仕込んだ仕様)を用い、よりスッキリとしたシャープな一本に仕上げられているところ。

IMG_4672
昨今のゴムを用いたウエスト回りに異論を唱える方も少なくないのですが、実はこの仕様には多くのビジネス、キャリアウーマンたちの大きな声が形となっている部分でも在ります。

つまり不要なディテールを排し、至極シンプルに、そして着心地と共にシャープな見た目(シルエット)を見せると言う点に大きく寄与しているディテールでもあるのです。

一般的に「ゴムを採用した」と聞くと、恰もルーズでカジュアルな印象を持つ方が多いと思うのですが、それらはブランドのアイデンティティによっても大きく変わるものです。

IMG_4673
古くからクラシックやコンサバティブを貫いてきたINCOTEXが、何故このタイミングでこの仕様なのかは、履いてみると直ぐにその理由が解ります。

実は多くの場合ウエストバックのゴム使用はシワの寄り方が余りにも雑な為に、どうしてもルーズな見た目を連想してしまうものでした。

しかしこの新型のGILDAの場合には、それらが生地のハリや厚みによってゴムの使用を目立たせないばかりか、それらをチープやルーズに感じさせる匂いは微塵も感じさせないのです。

IMG_4701
実際当店スタッフが着用してみると、そこには腰回りのゆとりに対し、スッキリとしたシルエットラインやウエストバックに不自然さは無く、確かに「無駄のないベルトレスのトラウザーズ」としての姿が在りました。

IMG_4702
このパンツの特徴は腰回りにゆとりを持たせ、膝下テーパードによる、ほんのりキャロットフィットに近いシルエットを描く為、ジャストサイズを選べば仕事にも適したシルエットに、或いは細身を好む方に、またサイズを一つ上げる事でキャロットフィット然としたシルエットを手にする事が出来るなど、サイズの選び方によって様々な着方がアレンジできる物になっています。

IMG_4703
スタッフが着用したのはサイズ38(通常は36サイズ)ですが、適度なゆとりと適度なテーパードによって、自然なフィット感が生まれています。

IMG_4700_1
また当店がこのパンツに使用したのは、ハリがあり非常にしっかりとした厚みのある複合繊維を主とした混紡素材。

この素材が履いた瞬間に安心感を与える様な独特の履き心地を生み、また素材の特徴として微光沢(本当に僅かな光沢ですが)によって素材の照りを生み出し、上質さも作り出してくれます。

前モデルに続いて踏襲されているのは全体的なシルエット、そして各ポケット位置、更にアウトサイドに設けられたインプリーツの3点のみで、実は見た目は同じ様なシルエットに見えるのですが、微細なアップデイトによって各部の寸法(裾幅や股上など)が微妙に異なっています。

IMG_4699_1
このスッキリとしたシルエットのお陰もあり、仕事での着用な勿論のこと、デイリーにも使い易いバランスが出来上がります。

タップリとしたトップスやタイトなトップス、或いはシャツなど、多くのトップスとの相性、またテーラードジャケットやミリタリーなジャケットやコート等にも実に違和感なく溶け込むこのパンツは、まさに仕事から日常までマルチに活躍してくれる至極の一本となり得ます。

カラーも限りなくブラックに近いダークネイビー(ミッドナイトブルー)をオーダーした事によって、季節感を伴う3シーズンを通じて、多くの素材、多くのシーンで活躍する事間違い無しです。

是非今回の新作GILDAを一度試してみてはいかがでしょうか。
前回購入された方も、今回のモデルが同じモデルとは思えない程、素敵にアップデイトされていますよ♪





1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_4584
冬の雨と聞くと氷雨的なものを想像しますが、この冬はまるで梅雨空の様。
ウィンタースポーツやレジャーを楽しむ人にとっては寂しい降雪も、日常生活にとっては恵みの少雪。

何年かに一度在るか無いかのこの雪の少なさも、御洒落を愉しむ人にとっては恵みの一つと言えそうです。
こんな時こそ存分に冬の御洒落を、様々なバリエーションを愉しんでおきたいですね。

そんな季節を愉しみながら冬から春を迎えたいと言う方に、今日はお勧めの一着をピックアップ。

IMG_4604_1
それがVIGANOのBERLINOです。
このモデルは以前もお勧めしていますが、その優しく穏やかな色味は勿論、何よりお勧めしたいのは

程よいゆとりとレングスのバランス

です。

通常ブラックとホワイトで構成されるガレス(グレンチェックまたはプリンス・オブ・ウェールズ)も、ベージュやとても薄いサックスなどで構成されている為、チェックを苦手とする方にとっても、取り入れ易い色合いも魅力です。

この冬は世の中にこれまで以上にチェックのパターンが多いシーズンでしたが、中にはチェックを敬遠する方も多いはず。
そんな方々にとってもファーストトライし易い一本では無いでしょうか。

IMG_4607
そしてこの腰回りのゆとりから裾まで伸びるまっすぐなストレートのラインは、外側に位置するインプリーツによって始まり、それらは腰回りやヒップを気にする人にとっても欠かせないカバーになります。
逆に痩せ形の人にとっても同様で、ヒップに丸みを作り、ボリュームのある腰回りを作る事も出来ます。
(写真使用商品:ニット/Crossley、パンツ/VIGANO、ベルト/Saddler's)

IMG_4608
特に痩せ型の人にとっても、腰回りのボリュームを気にする人にとっても、細目のベルトを(濃いめの色で)加えると、効果的で視覚的な回避も可能です。
穏やかな色合い同士で組み合わせる様な前出の写真の様な場合には特に効果的です。

このチェックのパターン、ボトムスとして取り入れるのが最も最適(旬)なのですが、ボトムスのシルエット次第では単なる昔の人の様に見えてしまう節もあります。

そんな不安がある人にこそ、このモデルBERLINOは今日のスタイルにマルチな威力を発揮してくれる、実は影の

マストアイテム

でもあります。

IMG_4597
トップスにボリュームが少ないハイゲージでも、逆にボリュームを生むローゲージでも、その何れもスポイルしてしまうバランスの良さを持っている一本です。

IMG_4598

スニーカー等でも使い易いシルエットですが、女性らしさを保つべくパンプスやショートブーツ等を効果的に取り入れ、全身がボーイズルックに成りきらない様、気を付けておきたいのも我々世代の注意所です。
(写真使用商品:ニット/Daniele Fiesoli、パンツ/VIGANO、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_4599
特にローゲージのニットの場合には色の組み合わせにも気を配りたいところです。
統一感のある色を組み合わせる場合にも、ボトムスよりも濃いめの色を選ぶ事で全体に締まる見栄えを得る事が出来ます。
(写真使用商品:ニット/Settefili Cashmere、パンツ/VIGANO、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_4600
このBERLINOはバランスの良いレングスを持っている為、裾ギリギリいっぱいまでのセミワイドのパンツを想像している方にとってはチョッピリ意外な、足首を覆う程度のレングスである事を添えておかなければならないかも知れません。

しかしこのレングスが全体を細身でスッキリした印象に見せたり、パンプスやショートブーツをよりシャープに見せてくれる重要な役割を担っています。

IMG_4602
さらりとしたウール素材の表情は春の装いにも組み合わせがし易く、実際3月位までの季節を使えそうな生地感と表情(色)です。

写真の様にボーダーのニットと組み合わせたり、ちょっぴり難易度が高そうと思えるような柄と柄との組み合わせにも、違和感なく使えるのも、このBERLINOの魅力です。
(写真使用商品:ニット/SUNCOO、パンツ/VIGANO、パンプス/Anna F)

IMG_4603
季節感は足元だけで匂わせる事が出来ます。
まだまだ寒い冬の間でも、足元の色だけで次シーズンを感じさせる雰囲気作りが出来ます。

IMG_4601
もっと季節が進めばスカーフに爽やかさを感じさせる色や柄、またシルクの光沢を合わせ、更に季節的要素を加えて行く事も出来ます。
(写真使用商品:スカーフ/Francesca Bassi、パンツ/VIGANO、パンプス/quartierglam)

IMG_4605
夏から秋、冬から春への移行は足元が多くの肝を握っています。
バッグやコートは、最旬の季節を待たせる物が多いのですが、足元だけはその色や表情が異なる雰囲気を直ぐに作りだしてくれるものなのですね。

IMG_4606
今日お勧めしたVIGANOのBERLINOは、多くの方たちが想像するシルエットや色、柄ではなく、実は取り入れて見ると、意外なほど違和感なく、どんな物にも組み合わせがし易い便利な一本です。

季節感、組み合わせ易さ、体形を程なくカバーしてくれるなど、女性にとって気になる3つのファクターを叶えてくれるBERLINO。

色や柄、シルエットに違和感を持っていた方も、また食わず嫌いな方も、是非とも一度試して頂きたい一本です。
是非この機会にお試しを。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_4461
陽が短くなり夕方を迎えた途端、夜闇が足早にやって来る冬。
この寒い冬の日、それもひと時の短い時間しか味わえないのが、冬独特の夕焼け。

寒い日は空気が澄んでいる為、太陽の光もそのまま美しい色を空に投影します。
その時間、約30分も無いでしょうか。

今なら16時半頃から17時頃までの短い間に空を見上げると、他の季節では見る事の無い美しく澄んだ夕焼けが見えます。
皆様もお仕事の手を休めて、ひと時の美しさを味わってみてはいかがでしょう。

さて、この季節にとって最もマンネリ感を感じる事が多い狭間の季節は、最もニットのバリエーションが役立ってくれる季節でもあります。

コートやダウンは決まったもの、でも内側に着る物には色や素材や、組み合わせや、様々な楽しみが得られなければ、冬の装いは楽しく過ごせません。

そこで今日取り上げたのはニット、ではなく、衿元に一手間掛ける事。
つまりマフラーやスカーフ等のネックウェアです。

ベーシック主体の装いが多い人にとって最も簡単且つ最も季節感、ボリューム感を作れるマフラーやストール、スカーフ等の存在は、欠かせない重要なファクター。

それゆえ、不思議とシンプルな装いが多い人ほどネックウェアのバリエーションが豊富なのも頷けます。

しかしそこには柄や色のバリエーションを持つ人は少なく、今日はそんなシンプルな装いにこそ効果大の「色のリンク」を楽しめるネックウェアを取り上げました。

IMG_4484
誰もが持っていて、誰もが組み合わせの想像をし易い、ホワイトのニットやジーンズ。
加えてネイビーのパンプスを合わせるところまではシンプルな装い作りにとっては定石。

そこに敢えて同系色であるライトブルーを基調にしたチェックのマフラーを加えると、上品且つベーシックが強調される爽やかな組み合わせが生まれます。
(マフラーはErfurt)

IMG_4485
肝はジーンズの色、パンプスの色、そしてマフラーの色に統一感があり、そのどれもが色の濃さが異なる事。
更にマフラーに適当な太さ(ボリューム)がある事が前提です。
そしてカットソーやハイゲージではなくミドルゲージなどのニットである事も重要です。
ボリューム感はバランス良く合わせて、初めて活きて来ます。

IMG_4486
同じ色のニットとジーンズを使いマフラーの色を変えても、パンプスの色にリンクすると、更にそれぞれが活きて来ます。

IMG_4487
毎日の事だからこそ、小さな変化を加え、そこには緻密に計算された「色」が在る事がとても重要。
さり気なさをカッコよさに変えるには、「何気なく着て来ました感」を出しながら、緻密な色のチョイスがある事を悟られない事です。

IMG_4488
ニットの色を変えても、日常のシンプルな装いの中で色の選択を楽しむと日々の小さな楽しみにも変わりそうです。
たった二つのアイテムに色をシンクロさせる、その一手間だけで十分日々の装いが変わります。

IMG_4489
男性も女性も同じ部分を見落としがちですが、シンプルな装いにはこうした小さなポイントに大きな変化が隠れていたりするものです。

「あの人の服装はシンプルなのに何か違って見える」

そんな事を思った事が在る方は、改めてこうした小さなポイントを見返してみると良いかも知れません。
きっと同じ様に感じさせる機会が増えるかも知れませんね。

IMG_4490
他にも似た色を探す事が難しい大判のスカーフの様な場合には、ニットと似た色合いをパンプスに選んだり、或いはニットにボーイズニット(男性用のニットの最小サイズ)を取り入れたりすることで、全体にボリューム感と色の自然な迫力を持つ事が出来ます。

IMG_4491
特にこの写真で使用している山吹色の様な絶妙な色は、何か他のアイテムとの色のリンクを探す事が難しい色でもあります。
そんな時はイメージした同系色を見つけたら、「即買」です。

色の出会い、柄の出会い、果ては素材の出会いなど、お買い物に常に付きまとう『出会い』の瞬間は、いつも突然やって来ます。

シンプルで身近な装いは、想像以上に緻密に色を選んだり、考えた組み合わせだったりすると、確実に装い全体に顕れます。

是非皆様も日常の装いを昇華するネックウェア、そして色のリンクを楽しむ毎日を、この冬に試してみて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月6日、13日、20日、27日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_2889
日中の陽光を他所に夕方からは再び冷たい空気に包まれ、冬の週末を迎えた一日となりました。
寒さとは裏腹に、今日の街中はいつもの週末以上に沢山の往来が目立ち、いつもとは違った今冬を改めて感じさせています。

気温が下がると暖かい食事が急に恋しくなりますね。
寒い日の暖かな食事は胃袋だけではなく心も温めてくれる様な気がします。

さて店頭は昨日ご案内させて頂きましたquartierglamの新作に沢山のお問合せ、ご購入を頂いており、既に皆様の心をがっちりと掴んだ一足となっている様子。

slideshow_img_b2e4bf
どのブランドにも言える事ですが、『ブランドで買う』のではなく『選んだものがたまたまこのブランドだった』という結果論的購入は、ブランド神話を越え、人々の個性と共に成長する審美眼でもあります。

今回の靴も、そんな心の奥底をくすぐる類稀な一足だったと言う事が窺えます。
ブランドが展開する全てが良いのではなく、選んだその先にそのブランド名が在った、そんな装い作りが私達の最も大切にする部分でも在ります。

まだご覧になられていない方、或いは既にご依頼頂いているお客様も、これからが楽しみな一足になりそうですね。

さてさて話は変わり、最近店頭にお越しになる御客様方(男女共)にブラックとグレーのモノトーンを希望されるケースが増え、そこにはブラックとグレーのたった2つのキーワードですが、『素材』が左右するものでもあると言う事、その落とし穴にハマってしまった方が相談に訪れます。

daab4925
昨今増え続けているブラックを基調としたモノトーンのスタイル。
ウール素材のブラックとグレーは相当な組み合わせのバリエーションが在るのですが、今回皆様がご相談にいらしたのが、ブラックの『ジーンズ』。

d438764b
近頃、ブラックのジーンズ(色は様々ですが)がキテる事もあり、意外なほどブラックのジーンズを欲する方も増え、それらの組み合わせに"意外"と悩む方もいらっしゃるのです。

ブラックのジーンズにも、リンスのみの真っ黒の「デニム素材」も在れば、ブラックで染めた真っ黒の「ツイル素材」のジーンズもあり、中には上の写真の様なシェイド(或いはフェード)を加えた色落ちの物もあります。

そのどれもが特徴のある味を持つ為、組み合わせる「色」は決めても、中々納得出来ない、そんな声も聞かされます。

要は「チープに見えてしまう」のを嫌う当店顧客様の世代ゆえ、如何にチープに見せない様にするか、という事なのだと解釈しています。

そこで今日は女性のジーンズ、それも色落ちしたグレートーンのブラックデニムを使った組み合わせを取り上げてみました。
(女性のジーンズとは言え、男性にも参考になると思います)

IMG_4366
最も簡潔に言ってしまえば、シェイドの様に色落ちのある物やブリーチされたグレートーンのブラックデニムは、完全な真っ黒のジーンズに比べ、組み合わせる物の素材や表情に立体感のある物を組み合わせるだけで充分魅力を発揮する事が出来ます。

IMG_4367
特にブリーチされたブラック(グレートーン)やシェイドの場合は、その色落ちの表情が、ブルーデニム(インディゴデニム)に比べ、少々チープに見えてしまう「色」の特徴が在ります。

その為、合わせる物(ここではニット)に「上質」な物、そして立体的な「素材」を合わせる事によって、全体を少しだけアップグレードしてあげる事で改善されます。

このニットのボリューム感や糸の習性が、そのまま「色の濃さ」を作ってくれる為、同じニットでも押しの強さが加わり、たったそれだけの事が全体に影響を与えてくれるのです。

それ程、御洒落と言うのは「小さな変化が大きな変化につながる」と言う事です。

IMG_4368
ではハイゲージのニットを合わせた場合はどうでしょうか?
やや迫力に欠ける見栄えは否めませんが、季節が春に近付くとハイゲージ(メリノ)のニットの出番も増えますよね。

こうしたハイゲージの組み合わせの際に変化を与えてくれるのが足元の存在です。

IMG_4369
色や形に特徴のある物を投入する事によって、全体のイメージが変わります。
もっと簡単に言ってしまえば、足元に視線が奪われる事で、全体にチープな印象が顕れないと言う、人間の習性の様な物も隠れています。

IMG_4370
インパクトのあるレッドやグリーン、時にはオレンジやマスタードなど、効かせ色を取り入れる事によって同様の効果が期待できます。

前出の組み合わせに使用しているブラックのニットは、共にDrumohrの物ですが、Drumohrは上の写真ではアルパカを使った物、しかも織り柄があり、下の写真ではロロ・ピアーナ製のスーパー140’Sの糸を使い微光沢も含んでいます。

どちらも品質が目に顕れる物ですが、いずれもシェイドのあるジーンズを合わせると、ブルーデニムに比べ、よりカジュアルな印象になります。

つまりブラックのジーンズには上質感がそれと解る物を合わせる事が、一つのファクターと言えるかも知れませんね。

IMG_4371
色は違いますが、この写真の様に爽やかなストライプを使用したブラウスも、ジーンズのチープさを紛らわせてくれる役割を担ってくれます。

華やかで爽やかなクリーンさを持つストライプ、それもホワイトベースだからこそ活きる、ブラックジーンズのグレードアップアイテムです。

IMG_4372
更にこのブラウスに再びウールなどのボリュームのあるストールを加える事によって、端的なチープは影を潜め、全身に立体感を生み出してくれます。

秋、冬、春と、この3シーズンはこうしたボリューム感が一つのキーワードになると考えておくと良いかも知れません。

いずれもシンプルなのに違う表情に映るのは、そのどれもが主張は無いけれど、一つ一つのクォリティが高く、それらが無意識のうちに全体に迫力を作っている為です。

多くの人達が取り入れやすく、また誰もが一度は試された事のある(ブラック中心の)モノトーンですが、意外なところに盲点、落とし穴があると言う事をお忘れなく。

私達世代にとって「質」は欠かせない要素です。
皆様にとっても日常のスタイルが、より魅力的に見える様、是非こうした小さな変化を見落とさずに挑戦してみて下さい。

きっといつもと違ったモノトーンが楽しめますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

益々寒さを帯びて来た今週は例年に比べ少し遅い動きだしのコート需要。
先週に続いて今週も多くの方々がコートやジャケットを探しにいらっしゃっています。

きっと例年に比べ降雪も無く(寒さを除いて)過ごし易い毎日が続き、より御洒落へポジティブになれる顕れかも知れませんね。

ともあれ毎日の装いを充実して臨める事はとても良い事です。
これからの寒さ対策は現在実施中のクリアランスセールを駆使して、より愉しさを感じられる毎日にしたいですね。

さて、今日は今年の新作が(季節的にはかなり早目ですが)到着しています。
昨年展示会時の写真をご覧頂いた際にも大変反響を頂いていた一足の靴。

quartierglam002
その靴を手掛けるのはドメスティックブランド「quartierglam」(カルチェグラム)。

quartierglam001
このブランドは数々の有名セレクトショップの店頭を飾り、既に多くのファンを持つブランドへと成長していますが、その最たる魅力は

「デザイナーの飽くなき追求によって作られる新世代のベーシック」

とでも形容させて頂きたい非常にスタイリッシュな靴を手掛けること。

デザイナーの求めるエレガントで女性的なコレクションたちは、そのどれもが
高い「履き回し力」を持つもので、日常的な装いの中に、たった一足で「女性らしさ」を纏う事が出来る魅力あふれるものばかり。

そのコレクションの中で、最も我々を虜にしたのが今日ご紹介する一足。

IMG_4206
それがこのオープントゥです。

IMG_4238
この靴の最も特徴的なのがセミスクエアにカットされた爪先(捨て寸部分)のスマートな形状と、上部から見ると解る

「直線と曲線がシンクロしながら組み合わされている」

美しい造形美

qgm01
人が何かを見て「美しい」と感じる物には、必ずと言って良いほど、直線と曲線が非常に良い割合で調和している事が多く、それらは人の目に「造形美」として脳内に「感覚的に」訴えてきます。

IMG_4212
その直線と曲線が見事に調和した様は、横からの眺めにも同様の美しさを感じさせます。

それは爪先から踵へ向かい緩やかに上る傾斜、そして安定感のあるチャンキーヒールは通常よりも細身で美しく、更に前方向へと前傾しているのです。

IMG_4215
木型として美しい木型である事が解り易いソール面からみてみると、そのエッジの利いた形状、美しい造形が直ぐに伝わって来ます。

IMG_4239
そして何より魅力的なのは、アッパーに使われている凝った素材です。

この素材はリザードのエンボスを施した牛革に更にラミネートを施す事によって、非常に美しい光沢を生み出し、ベースとなるリザードの凹凸に上品で女性らしい華やかさを生み出しています。

またこのリザードのエンボスも、まるでガルーシャ(アカエイ)の様に突起部分をスライスしたかのような加工が施されている為、色の濃淡が出て、より魅力的な味わいを生み出しています。

IMG_4214
また機能的な箇所としては、バックストラップ部分に仕込まれたゴムのアジャスター。
実はこの箇所はこの手の靴にはよく見られる仕様ですが、このアジャスターには何と「滑り止め」のシリコンが付されています。

例えるなら、紳士物のトラウザーズのウエスト内側に施されている滑り止めと同じ様な作りです。
これが実際に足を入れた時、素足で在ろうが、ストッキングで在ろうが、足首をホールドしてくれる役割を担ってくれるのです。

このブランドのデザイナーは木型の作成から完成まで、様々なディテールをチェックするのだそうです。
女性デザイナーならではのきめ細やかな気配りが、そのまま厳しい審美眼として映り、細部への拘りを生み出しているのです。

IMG_4237
アッパー、ヒール、アウトソール、そしてインソールに至るまで、考えられた多くのパーツが一つとなって、この靴の魅力を最大限に生かしていると言っても過言では在りません。

IMG_4231
大きく分けて「グリーン」が一つのテーマカラーとなる今年。
それらに相応しい一足として今から色を愉しむ事も出来ます。
(勿論素足では履きませんが)

IMG_4232
またオフィスでの装いにも落ち着きのある自然な組み合わせがし易い事もこの靴の魅力と言えるかも知れません。

IMG_4233
デザイナーが求める「高い履き回し力」は、こうしてどんな装いにも合わせ易い事が前提なのだとすぐに伝わって来ますね。

IMG_4235
どのブランドにも、最も得意とするもの、最も特徴的(ブランドの推し)なもの、そしてセールスメイン(多くの人が好きなもの)なもの、などなど、お勧めは多岐に在るものです。

IMG_4236
中でもこのセミスクエアのオープントゥは、私達が見たquartierglamの今季の最適解なのだと想像しました。

美しい形

美しい色

安定感のある履き心地

どれもが女性にとって欠かすことの出来ないファクター。

この一足はきっと今年の出番を間違いなく増やしてくれる事になりそうです。

気になる方は是非店頭でお試しを。


※今回からオンラインストアの商品説明に、【補足】という項目を加えています。
ここには当店、或いはスタッフが感じた印象や特筆などを書き加えておりますので、是非ご参考下さい。

またこの靴はソール面のエッジの利いた面に対し、アッパーは非常に許容量のある幅を持っています。
革質がしなやかで、日本人に多い甲高幅広の方にも難なく足入れがし易い形状です。
是非一度お試しいただきたい一足です。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

このページのトップヘ