IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

September 2019

IMG_2805
秋の二度目の三連休も既に半分が過ぎようとしています。
今回の連休は先週にも増して、多くの県外ナンバーの車が目立っています。

街にも夜半を過ぎても尚、人の姿が多く見受けられ、徐々に秋の心地良さ、秋の夜長を愉しむ姿が目立ち始めました。

連日新作が到着する店頭ですが、今年のラインナップは実に様々な種類、様々なブランドが揃っています。

今日ピックアップするのは、当たり前と言えば当たり前なのですが、『基本がしっかりとした作りこみを行う』イタリアのブランド、NICWAVE(ニックウェーブ)。

NW01
このブランドは設立からまだ間もないにも関わらず、イタリア国内でも300軒以上を超えるセレクトショップで取り扱われるなど、その魅力を俄かに広げているカジュアルなブランド。

nicwave_SS_2019_sequenza16
ブランドのアイテムはジーンズを含むボトムス、ベスト(ジレ)、ブルゾン(ジャケット)と言ったカジュアルなラインナップが主を占めています。

nicwave_SS_2019_sequenza20
このブランドの名は創立者Nicolaの愛称であるNICと、その兄Micheleの愛するサーフィンへの愛情をWAVEと言う文字に表現し、それらを組み合わせて作られています。

nicwave_SS_2019_sequenza43
一見、何処にでもありそうなストーリー性を思い浮かべる方も少なくないと思うのですが、このブランドの優れている点は、多くの場合は(良くも悪くも)それなりにテイストだけを表現するのに対し、何と言っても冒頭で表現したように、『当たり前の作りこみを自然に行っている』事なのです。

nicwave_SS_2019_sequenza22
更に生地の選択から生産までの全てをイタリア国内で行い、最近では少なくなった100%Made in Italyに拘り続けている姿勢もまた愛されている理由の一つと言えます。

目の肥えたイタリア国内でも支持される理由は、こうした仕事ぶりと、それらから醸し出される雰囲気や、作りの確かさなど、全てに於いて評価出来るポイントが多い事かも知れません。

今回NICWAVEでオーダーしたアイテムの中でも、今日ご紹介するのは名品であるジャケット(ブルゾン)とベスト(ジレ)です。

IMG_4468
先ず、件のベストからですが、多くの場合ドレス系ブランドが作り出すベストには、ジャケットとのレイヤーや、スーツとの合わせとして作られるケースも少なく無く、それらから見えて来るのは、一着で来た時の迫力の無さ。

IMG_4469
NICWAVEの場合には、それらの想像は皆無に近く、ベスト一着の存在価値を高めるべく作られている事が直ぐに伝わって来ます。

IMG_4471
元々ブランドの出自が異なる背景にある為、ベストに求める角度が少し違うからでも在ります。

このベストはグレーのシェットランドを使ったツィーディーな素材を前面に使い、背面には非常に滑りが良く、それでいて滑らかで柔らかい素材を使用。(写真では伝わらない程柔らかく心地よい素材です)

IMG_4472
同じく、このベストにはウールとコットンを混紡する事によって生まれる粗野感を表情として生かし、ホップサックに仕上げています。

IMG_4473
全体から得られる立体感と、一着での存在価値をより高めているNICWAVEのベストには、世界中がファッションに対して ミニマル 志向を求めている事にもシンクロするかの様に、一着の製品に対しての拘りと安心感、そして日常の装いに「当たり前の剛健さ」を与えています。

ファッションに於いて、ミニマルになればなるほど、一着への拘りや愛着、そして細部のディテールや品質には、より高いモノを求めてしまいますね。

IMG_4476
そしてNICWAVEの得意とするジャケットとして、このヴァルスタータイプのジャケットが在ります。

IMG_4477
今回当店がオーダーしたのは、糸一つ一つが撚り合わせられて表現されたGalles di Principe(ガレス・ディ・プリンチペ)。

英国では伝統的な柄、Prince of Wales(プリンス・オブ・ウェールズ)=グレンチェックを、ツィーディーな素材を用いて作られた一着です。

IMG_4478
ダークネイビーを基調に作られたこの素材は、アルパカやウールなど5種類の糸を混紡して作られた立体的で堅牢感を感じさせる素材。

IMG_4479
暖かさは勿論、素材の厚みやしっかりと打ち込まれている事が直ぐに体感できるほど、このジャケットの持つ魅力は見て、触れて、そして袖を通して更にしっかりと伝わって来ます。

AF731365-F495-452C-AD43-F67C8ECF9EB2
また多くの場合ヴァルスタータイプのジャケットがナイロンやストレッチ素材などで作られる事も多く、その生地厚の関係上、腰回りや袖回りに、垂れやたるみが出る事も否めないのですが、この素材にはそれらが在りません。

E5E88269-A4CE-446E-8C73-60893797D05F
しっかりとした着用感は、安心感と存在感、そして何より大人の日常の装いとして、凛とした装いを作り出してくれる物になっています。

この他にもNICWAVEからはトラウザーズなども同様の拘りを元に作られ、店頭にもラインナップしています。

こうして「当たり前」を「自然」に作る事、そして創造する事の素晴らしさは、製品として他との差を大きく感じさせてくれる物になります。

特に洋服では、名前で購入される方も居れば、物の質を見て購入される方もいらっしゃいます。

どんな物にも「目に訴える質感」が必ずありますが、NICWAVEの製品には、名前を知る人も知らない人も、つい手に取ってしまう程、その魅力、質感の成せる何かを感じずにいられないでしょう。

是非この3連休、お時間のある方は、実際の製品を手に取って試してみて頂く事をお勧めします。

きっと、その魅力が瞬時に伝わりますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


H_donna_emmeti

いよいよ本日全国一斉販売開始となった「EMMETI」と「干場義雅」氏によるコラボレーションモデル。

SNSやWEBなどで発表されると同時に、常に沢山のお問合せを頂いていたラムナッパを使用したライダースジャケット「H」(アッカ)が、販売開始となりました。

IMG_4454
『FORZA STYLE』編集長でありファッションディレクターとして、数々の製品をディレクションして来た干場義雅氏。
その人気は男性だけに留まらず、女性にも数多くのファンを持ち、常にその行動が気になる著名人の一人。

その干場氏が、自身が提唱する「シンプルでタイムレス、上質なスタイル」をコンセプトに、素材の選択からパターンなど細部に至るまで徹底的に拘りを込めたライダースジャケットが、このHです。

IMG_4455
このジャケットの最大の特徴は、その素材。
これまでの革よりも僅かに厚みのある0.9㎜ワックス加工のラムスキンナッパレザーを使用する事により、ハードな印象のあるライダースのイメージは崩さず、それでいて想像以上の軽さと柔らかさを手に入れ、これまでライダースジャケットを敬遠していた女性たちにとっても、全く異なる存在に仕上がっています。

IMG_4459
各部のディテールは本格的な仕様をそのままに、男性で用いられる細部のディテールは、そのまま女性用に持ち返られて使われる等、その拘りようは非常に高い物になっています。

IMG_4461
干場氏は、こう言います。

「エンメティのシングルタイプのライダーズジャケットが好きで、今まで10着近く愛用してきましたが……(笑)。

その中で自分が気付いた点、こうだったら良いのにという部分を改良していただき、サンプルも何回も作っていただき、まったく妥協のない渾身のシングルタイプのライダーズが出来上がったと思います。

丈夫で、着心地の良いレザーで、セクシーなカッティングで、時代に左右されないタイムレスなデザインですので、究極のライダーズジャケットとして、沢山の大人の(男性や)女性に着ていただき長くご愛用いただきたいですね。」


元々ソリッドな色合いやシャープな着こなしが印象の干場氏ゆえ、今回のライダースジャケットの様に、定番的アイテムを、更に拘り、そして作り込む事によって生まれる製品は、まさに彼ならではの逸品で在る事が想像に容易いのですが、私達も製品を手にした瞬間から、その心地良い革質や軽さ、動き易い肩回りの作りに吃驚させられています。

IMG_4460
従来の名品の一つでもあるライダースジャケットを、限りなく拘り抜いて作られた今回の干場氏の別注ライダースジャケット『H』。

きっと長く皆様のクローゼットを暖めるに違いありません。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IOpelle_info001

今年の秋二度目の三連休が始まり、各幹線道路は他県からの車など混雑が進んでいる長野地方。
行楽に最適な気温と言う事もあり、いつも以上に往来が増えている様な気がします。

今日は連休に合わせ各ブランドからも新作が大量に入荷。
既にご予約のお品物のお受け取りも含め、ご来店が増え始めています。

さて、そんな秋物ラッシュの最中ですが、今日は来年春夏に向けたブランドバッグの受注会を開催。

今回ご用意させて頂いたのはイタリア、ナポリのレザーブランド『IOpelle』(イオペレ)のバッグ。

これまで女性のバッグとしては日本の市場に既に存在していた同ブランドですが、今回は男性に向けての物も含めてのご提案になります。

本日21日(土)から、28日(土)までの1週間、店頭にご用意している各サンプルを、お好きな色(又は革質)でオーダーする事が出来ます。

今回は様々な形をご用意しているのですが、中でも当店がお勧めする2モデルをピックアップして見ました。
(※店頭には他の形も在ります)

IMG_4572
先ず一つ目は、男性も女性も共に使えるバックパック。
インポーターのオーダー集計では最も沢山の受注が集まったと言うこの形。

IMG_4573
とてもしなやかで柔らかく、大きさも、大き過ぎず、小さ過ぎず、とても良いサイズに収まっています。

元々、IOpelleは、デザイナーであるAntonio Cristianoが様々な物からインスパイアされデザインに転化し、それらに使うのは、非常に優れた高品質のレザーのみを使用し、100%ハンドメイドで行うと言う拘りがあり、その全てが特別な質感に仕上がっています。

またこのブランドの特徴は価格面にも顕れており、このバッグも48,000円(税別)と言うベストプライス。

最近ではスーツ(或いはジャケット)にレザーのバックパックと言った組み合わせをする女性も増えており、このバッグはまさに大きさや柔らかさも含め、お勧めです。

IMG_4566
そして二つ目は、レザーのサコッシュタイプのショルダー。

脇に収まる様な大きさとストラップの長さによって、サコッシュの利用価値は高い事は言うまでも在りませんが、それらがレザーで作られる事で醸される大人向のバッグとして仕上がっている点がポイントです。

IMG_4567
内容量は必要にして充分、更にストラップを取り外す事によって、バッグインポーチとしてや、クラッチとして使う事も可能で、優れたユーティリティを発揮してくれそうです。

実は潜在的にサコッシュタイプのショルダーを欲する大人の男女が多いのですが、「ナイロンでは・・・ちょっと・・・」と若者と同じくしてしまうのを嫌う方が多かったのです。

今回のこの形も、バックパック同様、22,000円(税別)と言う非常にお得感を感じる価格設定。

IMG_4569
これら(その他のバッグも含め)のバッグを、革質、革色を変え、ご自身の好みの色で作る事が出来ます。

来季最も盛り上がりを見せるであろう、グリーン系パステルや、コバルトブルーなど、取り入れたい色も揃っています。

IMG_4568
他にもベーシック且つ味わい深い色(革)も揃い、今回の受注会は、『実用的』なバッグ選びに最適です。

いつもとは違ったバッグ選びを、今回のIOpelleで試してみては如何でしょうか。

きっと春夏の装いにピッタリの物が作れますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2792
ここ数日ミストの様な雨空が続いたり、小雨空に見舞われる事が増えている9月中旬。
少しの雨が空気を途端に冷やして、街中は少し肌寒さを帯びるようになりました。

徐々に秋の序章を感じる今週は、一気に秋冬支度が進みそうですね。

店頭は日に日に秋冬物が充実し始め、今日も一部のブランドから新作が到着するなど、多くの方々にとって悩ましい日々が続いています。

immagini74-1
そんな新作入荷の中、今日はメンズのとあるアイテムにフォーカスしてみました。

世界中の人誰もが口にする名詞『ジーンズ』
この語源をご存じの方は恐らくあまりいないのでは無いでしょうか。

ジーンズの語源は、その生地に端を発します。

実はこの生地は、その昔、北イタリアで生産され、ジェノヴァ港(GENOVA)から世界に輸出されていました。
その際、荷物の札には出航地である『GENOVA』(ジェノヴァ)を、フランス語で『Genes』と記していたため、それらを英語読みされ、やがて『Jeans』と呼ばれるようになったと言われています。


そして、その名を冠した古いジーンズブランドが在ります。

それが今回入荷した『TELA GENOVA』(テラ・ジェノバ)です。

IMG_4244
このブランドは古くからジーンズを作り続け、その拘りは製品を見る事で直ぐに伝わって来ます。

拘りを極めるが余り、近年では日本のデニム生地メーカーであるKUROKIの生地も採用するなど(日本のデニム生地は世界で認められる優れた生地です)、一つのジーンズを作り上げる為に費やされる探求心は、群を抜いています。

IMG_4245
数あるTELA GENOVAのラインナップ中で、当店が今回選んだモデルが、レギュラーフィットのストレートモデル。

4FCD35DC-CEE1-45CF-BD63-AA7C7959124C
多くのジーンズの参考になっているリーバイスの501などに比べ、スッキリとしたストレートシルエットが魅力の一つとなっているこのモデル。

無駄のないジーンズにとって、生命線となるのが生地やディテール、そして細部のパーツなどです。

IMG_4246
今回のモデルではKUROKI製のセルビッジデニムを使用し、予めターンナップされた状態で製品化されています。

IMG_4248
優れた高品質のデニム生地に、TELA GENOVAの卓越した技術を用いて作られた色落ちや味だしの加工は、他ブランドと似て非なる、まさに拘りが形となり、表情となっている事が直ぐに伝わります。

IMG_4252
色落ちの風合いはまさに絶妙で、その加工に対しリベットやドーナツボタン等のクォリティはTELA GENOVAの高い技術力と拘りの大きさが窺い知れる部分でも在ります。

IMG_4250
また今回のモデルではブレイシーズ(サスペンダー)を付けられるボタンが備わっており、これもまた古き時代のアメリカンジーンズへのオマージュを表現した物と受け取る事が出来ます。
(勿論実際に着ける事も出来ます)

近年、ジーンズの多様化、細分化は進む一方ですが、ことストレートジーンズに関して言えば、王道ブランド数社の名モデルが頭を過るくらいでした。

そこに新たに加わろうとしているのがTELA GENOVA。

ジーンズ好きを公言される方も納得されるであろう、各部への拘りは、一目見てそれと伝わるほど、このジーンズの魅力を大きなオーラに変えてしまいそうです。

季節を通じて最も出番が多いアイテムでもあるジーンズ。

是非今年の秋はTELA GENOVAのジーンズで、新たなジーンズの魅力を体感してみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月19日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


連日の好天に恵まれた秋の三連休。
今日は日中、一時的に霧雨の様な時間帯が在りましたが、その後は再び天候にも恵まれ、各地からの観光客や往来の姿が目立つ一日となりました。

今月は沢山の新作が続々到着しているのですが、今日はメンズアイテムを中断して、先日入荷したウィメンズのワンアイテムにフォーカスしてみました。

形姿は変われど、いつの時代も取り上げられる事の多い「クラシック」や「ヴィンテージ」の文字。

それは温故知新とでも言うべき、古き時代に作られた一つの存在価値が今もなお新鮮に息づいている事を証明するものでも在り、また時代を超えたもので在る事も窺えます。

そんなクラシックやレトロ感を感じさせる物の一つに、ビットパンプスが在ります。

ビット付きのローファーやパンプスは今時のブランドラインナップには欠かす事無く見る事が出来ますが、そんな中にも突出してクラシカルに感じさせてくれる一足が今回のもの。

IMG_4075
スペイン、MARIANのビットパンプスがそれです。

このパンプスはタン(ベロ)付きのローファーパンプスの様なディテールを持ちながらも、その様は一般的なパンプスと見紛うシルエットに近く、爪先にビットを配したモデル。

IMG_4077
更にビットの下にはグログランによる3色のテープをあしらい、よりこのパンプスの存在感に(良い意味で)古さを齎しています。

IMG_4078
ビットにもテーパーカットのラインストーンをあしらい絢爛に仕上げる事で、このパンプスの持つクラシカルな魅力を更に盛り上げています。

また今パンプスは安定感の高いチャンキーヒールを採用しているのですが、このヒール形状によっても、このパンプスのクラシックな魅力は更に高められています。

IMG_4081
今回のMARIANも、インソールにSOFT GELを採用している為、足入れも良く、また沈みこむ事によって足の形へと大きくフィットしていきます。

秋冬はワンピースやスカート、そしてタイツなどと合わせるなどが一般的にクラシックをまとめやすい方法ですが、レギンスやスキニーの様にブラックを基本としたパンツなどとの相性にも、新たな魅力を作りだしてくれます。

IMG_4085
誰もが取り入れて見たいけれど、古さを醸すだけで終わってしまう、、、そんな懸念のあるクラシックな装いも、このパンプスなら、一足で全体の印象を変えてくれるものになりそうです。

IMG_4086
またベースに使用している非常に丁寧に整えられた毛足の短いスウェード素材は、まるでヌバックの様に刷毛目を見せる為、高級感も感じさせてくれます。

IMG_4083
その他にも、スポーツミックスのアイテムに取り入れたり、このパンプスの活かし方は履く人のアイディア次第で幾つもスタイルアップが適えられそうです。

IMG_4084
意外に有りそうでない、『凝ったクラシックパンプス』は、MARIANお得意の木型と、その魅力的なプライスで堪能できるはず、、、そう思われるお客様も多く、実は入荷から既に沢山のお問合せもいただいています。

いつもと違ったスタイルをしてみたいと言う方、或いはクラシックに何か一つ変化が欲しいと言う方も、是非今回のMARIANを試してみては如何でしょうか。

IMG_4042
また昨日お伝えさせて頂いたメンズのニットウェアにも沢山のお問い合わせを頂いています。

素朴さが魅力のIRISH CRONEは、最も得意とするラムズウールのニットも、独特な味わいを持っています。

IMG_4043
平置き時にも解る様に、各リブ部分が予めフラット(或いはスクエア)になっている様に見えるところが、当店なりの拘り所。

この"少しくたびれた感じ"が、スタイルに絶妙な味わいを加えてくれるわけです。

IMG_4044
シェットランドやラムズウールは、Tシャツをレイヤーする事で生まれる、僅かなコントラストや、その毛並みが徐々にピリング(毛玉化)した時、最も味わいを増します。

この表現が伝わる方は少ないと思いますが(ピリングを味わいとしているカセンティーノも同様の魅力を持つファブリックです)、味わいや風合いを生かして着るのは御洒落を奥深く楽しむ上での醍醐味でもあります。

IMG_4046
今回の単色ニットは上のヘザーネイビー(杢ネイビー)、このヘザーブラウン(杢ブラウン)、そして下のライトベージュの3色をラインナップしています。

IMG_4049
どの色も味わい深く、時間をかけてくたびれさせて行くのも、ジーンズ同様楽しみなものでもありますね。

またIRISH CRONEはハンドメイドと言う事も在り、個体差が非常に在ります。
今回の3色だけでも、各色ともにサイズによって寸法のばらつきが在ります。

それもまた味わいですが、こうしたニットにしか感じる事の出来ない自然素材の和やかさや素朴さは、恐らく狙って作れる物では在りません。(大抵の場合は化繊を織り交ぜ、粗野感を作ってしまいます)

イタリア目線によるアイルランドの伝統を、是非このIRISH CRONEで堪能してみて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月19日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ