IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

IL MARE JOURNAL


新作のご案内やリコメンドスタイルのご紹介、インプレッション等をご案内させて頂きます。
お客様のスタイルアップ・アイディアの一つとなれば幸いです。

IMG_0777
陽射しは穏やかでも、風は冷たい、そんな毎日が続いている長野地方。
毎年、春が近づくと強い風と昼夜の気温差が広がり、この春の嵐?が過ぎると、途端にポカポカとした陽気に包まれます。

夏から秋への移ろいは徐々にですが、冬から春への移り変わりは、いつも急にやって来ます。
体調を崩し易い時季でもありますが、心の栄養を与える為に、せめて服装だけでも少しずつ備えて行きたいものです。

さて、今日は男性に向けて、沢山の新作の中から当店がお勧めする二つのアイテムをピックアップしてみました。

先ず一つ目は当店のプロダクトとして認知頂いているAgnelli & Sonsの新作ローファーです。

IMG_2168_PhotoRoom_20210302_142100
2014年から始まったこのプロダクト。
あっという間に7年もの月日が経ち、その間、様々なアイテムを提案してまいりましたが、その中でも特に効果を実感出来るのが、このローファーのラインナップ。

IMG_2173_PhotoRoom_20210302_142240
幾つかの段階を経て作り上げられるこのローファーには(※詳細はオンラインストアにて)、様々な技術と”疲れ辛い”特徴があります。

IMG_2175_PhotoRoom_20210302_142307
そのうちの一つを担うのが、ベベルドウェストに見せるグッドイヤーとマッケイの組み合わせや、フィドルバックに寄るものですが、元々土踏まずのシェイプを作る為に生まれた技術でもあり、また現代ではビスポークシューズに見られる代表的なディテールで、”靴を美しく”見せるものでもあります。

IMG_2176
とにかく手間と時間が掛かる仕様の為、既成靴では余り見る事の無いディテールの一つ。
(※英国のガジアーノ&ガーリングはフィドルバックの代名詞の様になっています)

さらにこのウエスト部分だけをマッケイ製法(他はグッドイヤーウェルト)で作られている為、靴全体の反りも良く、足への付きが良い事から、長時間履いていても中々疲れる事が無いと言うのが今回の靴です。

IMG_2177_PhotoRoom_20210302_142345
ヒールは裾へ向かう緩やかなテーパー、僅かに高めのヒール設定によって、美しく綺麗な立ち姿を生んでくれます。

このフィドルバックやベベルドウェストだけでも、靴が美しく綺麗に見え、どこか艶やかさを感じさせてくれるのも、このローファーの特徴です。

IMG_2172_PhotoRoom_20210302_142226
今回の新作ではアッパーにイタリア、OPERA社の”LONDON”を採用しています。
このLONDON、毛足が長く、水に強いスウェードとして知られ、これから雨季を迎える季節にも最適。

IMG_2169_PhotoRoom_20210302_142115
こうして一般的には10万超えの靴で見られるような、様々な拘りやディテールを取り入れているのがAgnelli & Sonsのローファーです。

IMG_2260_PhotoRoom_20210302_135713
これまでの表革の物に比べ、幾分柔らかさを感じる今回のスウェード。
木型に某EBで使用するものを使っている為、ワイズは細目ですが、数回履いて頂くと自分の足に馴染みながら、ゆっくり伸びて行きます。

IMG_2262_PhotoRoom_20210302_135737
実は当店スタッフが一年を通じて最も着用回数が多いのがこのシリーズのローファーなのですが、普段から立っている時間が多く、また時には出張に出る事もあり、その使用頻度の中でも”一番疲れを感じない”のが、この靴。(決して大袈裟ではありません)

ECEFA4B5-7BAD-459A-9EC2-90B93BA60EF5
また今回のスウェードはオンオフ共に利用価値が高く、更に多くの色との相性が良い事から、今回の新作もまた着用回数が増えそうな予感。
(写真使用商品:左上から時計回りに、ジーンズ/TELA GENOVA、ベスト/Agnelli & Sons、中に着たシャツ/Drumohr、ローファー/Agnelli & Sons、シャツ/GUY ROVER)

245FFAE8-E1A9-4087-A809-013FD2C559CB
素足でもソックスを履いても、この色、この素材ならば素敵に見えてくれる、そんなメリットもありますね。
(写真使用商品:左上から時計回りに、シャツ/GUY ROVER、ジャケット/BARBATI、ローファー/Agnelli & Sons、ジーンズ/TELA GENOVA)

IMG_2228_PhotoRoom_20210302_143031
意外と靴が後回し、と言う方が少なくない男性。
服装がキマっていても足元が残念、と言う人を見る事もしばしば。

IMG_2229_PhotoRoom_20210302_143045
実際、10万円以上の作りの靴を半額近くで手に入れ、それらから得る様々な発見や履き心地は、それまでの考えを変えてくれるものになると、私達は信じています。

この春、新しいものにチャレンジしたいと言う方、或いは靴の新調を検討していらっしゃる方に、是非ともお試しいただきたい一足です。

そしてもう一つのアイテムが、このDrumohrのチルデンセーターです。

IMG_3020_PhotoRoom_20210306_182010
当店取り扱いブランドの中でも比較的古くから続けているDrumohr。
既に多くの人たちが、その魅力を体感し、またそれらから多くの発見や糸や編地への造詣を積むなど、常に品質と確実な製品づくりに魅入られています。

その中で当店が何年も(毎シーズン)オーダーを続けているのがチルデンセーター。

IMG_3021_PhotoRoom_20210306_182021
これまでもDrumohrをはじめ他ブランドでも提案させて頂いているチルデンセーターですが、今回のものでは緩編みのニット地に加え、ただでさえ柔らかなコットンにカシミアがブレンドされています。

更に付け加えておきたいのが今回の色。

IMG_3022_PhotoRoom_20210306_182035
まるでミルクを含んだカフェラテのように穏やかで綺麗なラテカラーをベースにオフホワイトのライン、そしてケーブルを編み合わせ、大人の休日に相応しい佇まいを生んでいます。

14903AFD-8D59-40A7-BA63-6767FA8655BE
緩編みによって、平置き時の寸法(オンラインストア参照)より、着用時の方が若干ゆとりを生む為、よりコンフォートな着心地になり、春夏にとって申し分のない良い緩みを作ります。
(※スタッフ着用サイズ46・・・他ブランドも含め普段は46でピッタリ)

ジーンズやチノーズ、ウールのトラウザーズ、果ては初夏のショーツまで、多くのスタイルを昇華してくれるチルデンセーターは、奇しくもプレッピーな装いが増えている今の風潮にもピッタリ。

ホワイトやネイビーがベースの物に比べ、一段と大人らしさが加わる今回のラテカラー。
これからの季節にピッタリの一着です。

今日ご紹介した何れも、クローゼットを長く暖めてくれるものたち。
安価に入手した物を雑に使い寿命を早めるより、良い物を適正に入手し大切に扱う方が、今日の言葉で言う”サステナビリティ”にフィットします。

これから春夏の装いを選ぶと言う方は、是非一度お試し下さい。

以上の他にも、現在店頭では沢山の新作が揃っています。
まだまだ冷たさ残る今のうちに、是非とも春夏の御洒落を揃えて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

321A7E48-8D56-48DF-8754-C5954EC1C4C5
春の嵐宛ら、強い風が増えて来た今週。
雨や風を繰り返し、徐々に春が近づいて来ている事を実感するこの頃ですが、待ちゆく人々の服装にも少しずつ春らしさが芽生えてきています。

春になると目に鮮やかな色、パステルの様な淡い色を求める人も少なくないと思いますが、私達のお店では効果的に使えるグリーンをお勧めする事が増えています。

IMG_2015_PhotoRoom_20210228_162243
先日ご紹介させて頂いたパンプスもそうですが、色の濃淡によって色の感度が変わるグリーンは、選ぶ色の濃さだけで大きく雰囲気が変わります。

IMG_3897_PhotoRoom_20210312_134827_PhotoRoom_20210312_214113
そのグリーンにフォーカスし、今日お勧めするのはスウェーデンのブランド”MASKA”のニット。
昨シーズン以降店頭に密かに存在を見せているこのブランド。

158067727
デザインの国北欧、その中でも先進的なスウェーデンが生んだサステナブルなブランドMASKA。
このブランドは製品として形になるまでの全てのオペレーションの中で、糸の選択から縫い上げ、編み上げに至るまで、全てに於いて配慮を欠かさない稀なブランドですが、現代の時代性も相まって、最も時代に見合ったブランドである事を再確認させています。

158067727_o2
この新鮮さを感じさせるグリーンのニットもまた糸の選定に一手間掛けられています。
全ての製品に自然素材を採用するMASKAにとって、当たり前の作業ではあるものの、その全てに於いて自然回帰を考えられるブランドは未だ数少なでは無いでしょうか。

このニットの組成はシルクが8割強、残りの1割強をカシミアが占めています。

勿論、触り心地はフワフワ軽く、そして艶やかで柔らかく、自然素材が作り出す心地良さは格別の肌触りを約束してくれます。

IMG_4240_PhotoRoom_20210316_132500
このニット、いつもならホワイトやベージュ、グレーなどと合わせたいところですが、当店ではグリーンのコンビネーションをお勧めしています。

実際秋のグリーン系にはオリーブの濃淡を使ったものをお勧めして参りましたが、春は更にワントーン明るい、このグリーンを取り入れ、オリーブ色との組み合わせをシーズナブルな物に仕上げると、どこか玄人感漂う素敵な色の組み合わせが完成します。

IMG_4241
ただ色の濃淡を組み合わせるだけではなく、全てのアイテムに素材の変化を加えると、よりそれら一つ一つの魅力が際立ちます。

シルク、コットン、レザー、全ての素材が異なる上、色の濃淡が加わると、全体に立体感が生まれます。

春夏は比較的パッション系の色が増える季節でもあり、良く目に留まるものですが、実際それらを組み合わせようと思うと、中々上手く噛み合わない、なんて言う事もしばしばあろうかと思います。

そんな時は、色の濃淡を組み合わせたり、素材の変化を加えると、意外なほど色の組み合わせが簡単にできたりするものなのですね。

IMG_3739_PhotoRoom_20210311_083933
春らしさを作る上で当店が推すグリーンの色合いは、春らしいピンクやサックスのような穏やかな淡色で作られるフェミニンさとは違った、ある種”大人の色合わせ”としても効果的です。

目に優しく、そして周囲にも清涼感を与え、クリーンな印象を作ってくれるグリーンのコンビネーションは、これまで試された事の無い方にとっても、是非ともお試しいただきたい組み合わせ。

この春はいつもと違った色を取り入れ、新しい自分のスタイルを確立してみては如何でしょうか?

Maria_svensson_2-1
MASKAのデザイナー、マリア・スヴェンソンの自宅にもグリーンが欠かさず置かれています。
グリーンは命を感じさせてくれる象徴的色でもあります。

158067804
どうしてもグリーンは苦手、と言う方には穏やかなベージュカラーも御座います。
ペールトーンがスタイルの主軸と言う方は是非こちらを。

以上の他にも、現在店頭には春夏の新作が大量に到着しています。
オンラインストアと並行し、是非今週は春夏の新作を見にいらして下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

98F4056D-75E7-49FC-AA1D-D3F0EEABA7BC
昼夜の気温差が激しく、今日は日中18度から夜には1度まで下がるなど、春の嵐宛らの荒れ模様。
一時はみぞれ交じりの激しい風が吹き、春の到来を感じさせる風景になりました。

今週は春の新作が多数到着しており、今日から始まっているスカートのパーソナルオーダーと共に、これからの装いを楽しむ最適な一週間になっています。

そして女性顧客様が大変お待ちかねだった”足元”も、久しぶりに新作が到着。
コロナ禍の影響から新しい靴類をご提案する事が難しかった数か月を経て、今日ようやく幾つかの靴をご紹介できる事になりました。

今日お勧めしたいのは2つの形。

先ず一つ目は、当店でもお馴染みのFABIO RUSCONI。

IMG_2013_PhotoRoom_20210228_162306
定番的なポインテッドトゥの6センチヒールに、とても綺麗なピスタチオグリーンをあしらったクロコダイルエンボス(型押し)の一足です。

IMG_2014_PhotoRoom_20210228_162254
この色や素材から「難しそう」と思われる方は、もはや当店にはいらっしゃらないと思いますが、まだ抵抗がある方へ補足しておくと、皆さんの想像以上に使い勝手の良い色であることをお伝えしておきたいと思います。

IMG_2015_PhotoRoom_20210228_162243
丸みとシャープさを併せ持つ美しい形に、濃淡豊かな色合いの竹符がクロコダイルと言うよりも一つの柄としての存在感があります。

IMG_2062_PhotoRoom_20210228_182720
お仕事での利用にも普段来ているシャツとトラウザーズに、ポンっと置くだけで、鮮度の高いオシャレが作られます。

IMG_2060_PhotoRoom_20210228_182434
一見難しそうと思われがちな色、革質も、柄のあるボトムスとも難なく相性良く溶け込みます。

勿論、ジーンズやチノーズなどカジュアルなボトムスとの相性も良く、また色合いも、ブラック、グレー、ベージュ、ブルー、ネイビー、オリーブ、と非常に多くの色との親和性が高いのも特徴で、意外と普段の装いに合わせ易い一足なのですね。

Fabio_202103_001
鮮やかな色は、靴やバッグ、アクセサリー類と色をシンクロして楽しむと、より春夏らしさを演出出来たり、何より身に着けている自分自身が嬉しい気分になります。

普段色物を取り入れる事に抵抗のある方も、是非一度トライしてみて下さいね。

そしてもう一つは、今季から新たに展開するイタリア、プーリアのサンダル専業ブランドであるEder shoes。

EDER001
このブランドの歴史は意外と古く、そしてこのブランド名(エダーシューズ)ではピンとこない方もいらっしゃると思うのですが、実はプーリア州のサンダル専業ブランドとして、広く知られている『Mauro de Bari』(マウロ・デ・バーリ)によるブランドなのです。

自然な革質や染色を用いて、熟練の職人たちが手作業で作るMauro de Bariのサンダルは、このEder shoesを姉妹ブランドとして展開する事で、より身近に、そして手の出しやすい価格で提供しています。

IMG_2020_PhotoRoom_20210228_162138
今回当店がオーダーしたのは、レザーのインソール、アウトソールに対して、シャイニーな細ロープを幾重にも重ねて作られたストラップ(アッパー)を合わせた一足で、足形の安定した形状と、ストラップの裏側に充てられたレザーの柔らかさによって、足にストレスをかける事無く履けるモデルです。

IMG_2022_PhotoRoom_20210228_162112
非常に洗練されたデザインは、まさにMauro de Bariそのもので、作りもMauro de Bariに倣い手作業で作られています。

IMG_2025_PhotoRoom_20210228_162034
丸みのある形状と、反りの良いアウトソール(レザー)によって、一般的に履きづらさを感じるレザーサンダルに、コンフォートさを持ち合わせ、夏の足元として相応しい一足に仕上げられています。

IMG_2026_PhotoRoom_20210228_161917
カラーは前出のNERO(ブラック)と、このCIPRIA(肌色)と名付けられたゴールドカラーの2色。

IMG_2028_PhotoRoom_20210228_161822
写真では判り辛いのですが、実際の製品はアッパーの細ロープが上品に輝き、大人のサンダルとして相応しい魅力を発しています。

IMG_2029_PhotoRoom_20210228_161943
特に春夏に増える、スカートやワイドパンツ、或いはジャージー素材のワンピースなど、コンフォータブルな装いに、上品な女性らしさを与えてくれるEder shoesのサンダルは、間違いなく日々のスタイルに楽しさを与えてくれる存在になるでしょう。

IMG_2058_PhotoRoom_20210228_182040
春夏らしいテラコッタにはブラック

IMG_2056
同じくターコイズブルーにはゴールドと、それぞれが特徴的な色の演出によって、より洒脱さを際立たせてくれる色。

これから暖かくなる季節に向け、ちょっぴり早めの楽しみを、このサンダルから取り入れて見ませんか?

7ff403a7
その他にも、現在春夏の新作が続々と到着を進めています。

「まだ寒いから・・・」と仰っている方、春はとても短く、あっという間に初夏に変わってしまうものです。
今から楽しみのある装いづくりを是非店頭で。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月4日、11日、18日、25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ