IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

IL MARE JOURNAL


新作のご案内やリコメンドスタイルのご紹介、インプレッション等をご案内させて頂きます。
お客様のスタイルアップ・アイディアの一つとなれば幸いです。

IMG_0229
「寒い」

そんな言葉を口走った朝、窓の外には春の吹雪が。
この季節に大量の雪が吹雪いているのを見るのは恐らく何十年ぶりか、若しくは初めての事かも知れない。

気温は上がらず1℃を行ったり来たり。
まるで真冬の寒さと情景に、今日は不思議な一日になりました。

この吹雪をもろともしない(先日ご紹介した)SCHNEIDER’Sのコート。

IMG_0354_1
大量の吹雪も水の球となって零れ落ちる撥水性。

IMG_0355_1
脱げば、サッと振り払うだけで水滴は地面へ。
品質と実用性を併せ持つSCHNEIDER'Sならではの出番が早速やって来ましたね。

晴れの日も美しい光沢が繊細に輝き、女性の装いに花を添えてくれる一着。
春は嵐を表現するように、風や雨、霰が降っても驚かない稀な季節です。
ジェットコースターの様な春の天気は是非SCHNEIDER’Sで過ごして下さい。

さて、吃驚する様な寒い一日で始まりましたが、今日は暖かい国から発信される一着のジャケットにフォーカスしてみました。

top_side_SACCO_SS20_001
『SACCO』(ザッコ)。

このブランドは背景を知ると、より魅力を感じられるブランドで、このブランドのファウンダー(創始者)は、シンガポール在住のドイツ人"アレクサンダー・ハッシャー"氏。

f314a88b
彼は自身の多くの経験から

『高価な物だけが必ずしもラグジュアリーではない』

と言う事に気付いたと言います。

そして

『気軽に持ち運び、旅先で愉しむ』

ことを彼のラグジュアリーと位置付けました。

全てがインターネットを通じてビジネスや旅行が出来るようになり、かつてのジェットセッターとは少々内容が変わりつつ在りますが、彼の住むシンガポールは、まさに経済先進国であり、スマート国家。

世界経済の一部を担い、アジアでは常にトップの信頼度(格付け)を持つ唯一の国です。
ゆえにジェットセットたる生活の一部を持つ人々も自ずと多いはず。

世界を跨いで移動するジェットセッターにとって服装に求めるラグジュアリーは、前出の言葉がまさに当てはまるのかも知れません。

そんなシンガポールに在って、彼はイギリス、ビスポークの聖地であるサヴィル・ロウの職人によってパターンを起こし、イタリアのナポリのファクトリーで縫製し、一着のテーラードジャケットを作りました。

それがSACCOの始まりです。

article-fabrics
SACCOのテーラードジャケットは、1つの形、1つの生地を、沢山のカラーバリエーションを持つことが特徴です。

生地はVitale Barberis Canonico(ヴィターレ・バルべリス・カノニコ:以降VBC)のウールホップサックを用い

03
ボタンは天然椰子の木を使ったナットボタン、更にブランドカラーでもある明るいブルーを全てのトリミングに採用し作られた一枚仕立てのブレザー(ジャケット)。

それは復元力に長け持ち運びに適し、しなやかで軽く、美しい光沢を生み出し、まさに旅先で役に立つジェットセッター御用達の一着。

常に12色以上もの色を揃えるSACCO。
シーンに応じた様々な色を揃える中、今回当店がオーダーしたのは中庸な色合いを含む3色。

149396139
一つ目はビジネスからカジュアルまで使い易い明るいブルーのホップサック。

基本の仕様は、前2つボタン、3パッチポケット、サイドベンツ、そして副資材の使わない完全な一枚仕立てが共通。

149396139_o5
全ての縫い代はブランドカラーである明るいブルーでトリミングされ、仕上げの美しさがより魅力的になっています。

149396139_o6
内ポケットは両脇下に2か所。

149396139_o7
胸回りのシルエットを邪魔しないよう裾にポケットを誂えるのは定石。

149396139_o2
またこれほど軽く仕立てているのにもかかわらず、肩にはしっかりと計算されたディテールが象られています。

149396139_o4
VBCのウールホップサックは、しなやかで軽く通気性に富んでいるだけでなく、美しい微光沢を帯び、それでいてシャリ感も含み、暑いシンガポールの地で発想されたことを窺えます。

149396139_o10
当然、タイを締めて凛とした装いにも適しています。

149396139_o11
春夏らしい爽やかで清涼感のあるブルーは、一般的なネイビーなどに比べ、人に与える印象も格段に上がりそうです。

149396139_o12
ボタンは当初アンフィニッシュの予定でしたが、当店では全て本切羽に仕上げて納めさせて頂きます。

149396139_o13
またハンガーにはイタリア、マイネッティ社の物が付属し、同じくブランドカラーに染められています。

グレーやベージュ、ホワイト、ジーンズなど多くのボトムスやスタイルに合わせ易い絶妙な色合いが、オンオフ問わず活躍してくれそうです。

149397393
そして二つ目はブラックのホップサック。

149397393_o1
とかくシャープな印象のあるブラックは、春夏にこそ取り入れるべき色であり、またこの手に多いドロップ(ウエストの落差)もキツ過ぎず、程よいゆとりがあり、トラベルジャケットの名に恥じないコンフォートな着心地をつくっている為、「ブラック」と聞いて少し構えてしまう人にとっても、難なく使えてしまいます。

149397393_o7
この色もまた微光沢が美しく、コットンやリネン混のようにマットな質感ではなく、立体的で上品な印象を持っています。

149397393_o9
ブラックはその凛とした色のメリットを生かし、カットソーやポロシャツ、更にはリネンのシャツなどと合わせると、より魅力的になりそうです。

149397393_o11
一つの形が一つの生地、違う色で表現されるだけで、ここまで組み合わせの幅が広がるのもSACCOらしい提案の一つかも知れません。

149398466
そして最後はライトブラウンのホップサック。

149398466_o4
既にパイピングされたブルーとのコントラストが綺麗ですが、夏のブラックと同様に、ブラウンのホップサックは灼熱の夏、暑さに映える色でもあります。

149398466_o7
細かな撚り合いで作られる、このブラウンは微細な色の組み合わせによって表現されている色の為、想像以上に味わいのある色出しになっています。

149398466_o9
敢えてグレーと組み合わせる事で渋みのある色のトーンを、ホワイトデニムやパンツで爽やかに仕上げるのも良いですね。

149398466_o10
インナーにも鹿の子の様に織目の在る物を選ぶと、より(ホップサックの)生地の趣が生かされます。

149398466_o11
夏のブラウンは色の濃さが全てを決めてしまいます。
リネンの様に軽やかな素材ではダークブラウンも魅力的ですが、コットンやウールの場合には生地の凹凸や色の絶妙な風合いが、全体を左右します。

149398466_o5
今回当店が選んだ3色は、どれも使い易く、それでいて趣が異なって見えるホップサックばかり。

149398466_o6
旅行やビジネストリップなどで、急な食事に誘われても、SACCOのジャケットはクルクルっと丸めてバッグに入れて置くだけで、直ぐに身に着けられます。

特に海外ではジャケット着用のレストランが多い為、失礼にもあたりません。

今回、SACCOのジャケットをどのように皆様にお伝えしようか考えた際、結果として見えて来たのは、『なぜシンガポールで想像されたのか』を私達なりに紐解く事でした。

天然の現存植物がない(ある種の)人工都市シンガポール
経済の中心地シンガポール
多民族が集まり、ラグジュアリーな人々が集うシンガポール
世界最高の航空会社を持つシンガポール
世界で最も安全な国シンガポール

シンガポールを形容するものを挙げると、どれもがトラベルジャケットとしての存在意義を感じる物ばかりでした。

奇しくも私達の住む日本の夏は蒸し暑く、シンガポールの気候と非常に似ています。
SACCOのジャケットは、きっと日本人の装いにも魅力的な一着となるでしょう。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

急な寒さに再び冬物を引っ張り出して来る、そんな週末を迎えました。

今週は全国各地で寒気が覆うようで、全国的に冷え込む数日となりそうですね。

先日伺った展示会で、某ブランド担当者と会話していたところ、私達と同じことを仰っていらした方が居ました。

E247E96A-76FF-48BA-808C-7A4F4BFD85EE
『ハイゲージのニットは真夏以外は殆ど着ています』

ここで言うハイゲージは30G以上の物を指していたのですが、カシミアと同じくメリノのハイゲージは、イタリアでは年間を通じて着られる人気素材。

それもそのはず、弾力性に富み、シワにならず、通気性発湿性も高いメリノやカシミアは、同じくイタリアで好まれるリネン同様、年間問わず愛される素材の一つなのですね。

私達も春の終わりまでハイゲージメリノやカシミアはご提案し続けているのですが、この週末には丁度良い心地良さで過ごす事が出来ました。

年間を通じて使いたくなる素材は、何処の国も同じなのですね。

さて、冒頭からニットの話になってしまいましたが、今日は

「世界が認めた社交界の雄」

SCHNEIDER'SのWomen's新作コートをご紹介致します。

SCH02
オーストリア、ザルツブルクでコート作りを営む老舗ブランド「SCHNEIDER'S」。

その歴史は1890年にまで遡ります。

元々ウィーンでゴム製品を販売する会社を創業したSCHNEIDER'S社は、ザルツブルクに生産工場を映し、モーターサイクリストの為の防水トレンチコートを開発しました。

その際モデルとなったヨーロッパチャンピオンが着ていた事も加わり、一躍世界にその名を知ら占める事になりました。

SCH01

その後、本格的な洋服作りに取り掛かり、チロル地方の伝統的な生地である「ローデンクロス」を使った格式高いコートを作り、世界中の紳士淑女を魅了しました。

ヨーロッパではトラディショナル(伝統的)で、ノーブル(高貴)なスタイルとされているローデンコートは、貴族階級の冬の必携スタイルとされ、また同時に

『シュナイダーのコートはステイタスの証である』

と称されています。

フランスの(上流階級)BCBGについて纏められた書籍でもSCHNEIDER'Sのコートは必需品と記され、今も尚多くの国々に伝統と歴史を伝え続けているブランドです。

そのブランドを当店で紹介させて頂いたファーストシーズンには、MooRERをはじめHERNOやASPESIなど多くのアウターブランドがあり、一部のお客様を除き、その素晴らしさに気付く人は少なかったように思います。

しかし年々歳を重ね、質の高さに見合うものの見方、装いの仕方を選ぶようになった方が増え、SCHNEIDER'Sは少しずつその魅力を皆様の中に浸透し始めて行ったのです。

いつもSCHNEIDER'Sのコートを見て思うのは、例えピアチェンツァやコロンボ、アニオナなどの高品質なファブリックを使ったとしても、一般的な価格に比べ遥かに安い価格設定であること。

これは何かをコストダウンしている訳ではなく、単にSCHNEIDER'Sの企業努力による物で在る事が直ぐに判ります。

勿論、日本に輸入するインポーターの企業努力も然る事ながら、このブランドがこれ以上認知度を広めて欲しくないと、心の底では思っている私達なのです。(理由はお分かりかと思います)

秋冬のコートの魅力は既に皆様にも充分伝わっているSCHNEIDER'Sですが、春夏のコートにはまだまだ見いだせていないと言う方もいらっしゃると思います。

しかし秋冬同様、春夏のSCHNEIDER'Sには相応しい魅力がシッカリと備わっています。

IMG_0195_1
数あるラインナップの中で今回当店がオーダーしたのは、ローデンコートに由来するAラインのシルエットを持った非常にシンプルな形。

しかしこの形を作るのは撥水性のある特別な素材を使った微光沢あるポプリンの様な生地です。

IMG_0196
伝統的で裏切る事の無い細部の作りや機能性は勿論、SCHNEIDER'Sのウィメンズには女性らしさ(淑女)を薫らせる変わらないトラディションが在ります。

IMG_0197_1
美しく無駄の無いシルエットと今回の素材の組み合わせは、写真で見るだけでは想像出来ない程、軽く、柔らかく、その着心地はストレスを感じさせません

IMG_0199_1
SCHNEIDER'Sの素晴らしさは沢山在るのですが、今回のコートでは旧き時代のディテールである、スプリットラグランが採用されています。

IMG_0198_1
前身頃の縫い付けはセットインスリーブ、後身頃の縫い付けはラグランスリーブと、前後が異なる縫い方を持ち、肩回りの動かし易さは勿論ですが、前方から見たシャープな表情も子のディテールによる物です。

IMG_0200
肩幅から緩やかに伸びるシルエットは、ボックスプリーツによって更に動き易さを作られ(このディテールもローデンコートに由来しています)、軽やかな動きを演出してくれます。

IMG_0210
伝統は常にアップデイトされながら次世代へと受け継がれていく物ですが、SCHNEIDER'Sはまさにそれらを体現している様に思います。

IMG_0211
とにかく軽さが目立つ今回のコートは、まるでパッカブルの様に感じられる程、非常に軽い着心地を持ち、裏地も(袖裏はキュプラ)サラリとした素材とメッシュを組み合わせた物を採用している為、春夏のコートとしてはかなり長い季節を楽しむ事が出来そうです。

IMG_0214
左内側にはシームレスファスナーを使ったポケットも備えられ、こうした小さな仕様にこそSCHNEIDER'Sの拘りを感じます。

IMG_0215
春夏のコートの中で、新たな選択肢となる今回のSCHNEIDER'Sは、それまでのナイロン一辺倒、コットン一辺倒の春夏コートの中に、新しい魅力と存在価値を見出しています。

軽さを持ち、ストレスを感じない着心地、そして伝統を持つ老舗であること、そのどれもが我々大人に欠かせないファクターですね。

まだSCHNEIDER'Sを試した事の無い方も、既にお持ちの方も、今回の新しい心地良さを是非身体で感じて見て下さい。

「伝統と歴史、その着心地が、この価格で手に入れられるなんて?」

と思わず口にしてしまいますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0234
3月も半ばに突入した今週末。
突然の降雪に、聊か驚きを隠せませんでしたが、気温もろともに冷たい空気に包まれた一日となりました。

しかしその寒さもどこ吹く風とばかりに店頭にはTEEシャツが到着。

昨日のブログに続き、週末に向けた提案として、今日ピックアップするのは「LEVI'S」です。

世界中の誰もが知るグローバルブランドであり、"KING IF JEANS"の頂に位するデニムブランド。

しかし、その誰もが知るLEVI'Sも、昔の様に「どこでも、だれでも」買える物ではなくなって来てから数年が経とうとしています。
それは、LEVI'Sがそれまでの販路を整理し、リブランディングを計る事に始まっています。

LEVI'Sには沢山のレーベルがあり、LEVI'S RED TAB、LEVI'S VINTAGE CLOTHING、MADE & CRAFTED、WORKWEAR等々、多彩なバリエーションがあります。

今後はRED TABよりもさらに安価なナショナル展開のレーベルも用意されるなど、世界の様々な国々の事情やファッション観、ライフスタイルに沿った物作りが成されて行きます。

そんな世界のビッグブランドであるLEVI'Sが、実はアメリカやアジア諸国以上に、ヨーロッパで人気が在る事を皆様ご存じでしたでしょうか?(110以上もの国々の市場で展開されています)

ヨーロッパでの人気は(売上比で)アジアの倍以上の伸び率を経ており、その理由たるや意外なところに在ったりします。
この意外な理由についてはまたの機会に触れるとして、現在LEVI'Sの人気を支えているのはズバリ、ウィメンズです。

世界中の女性のファッションに於いて避ける事の出来ないアイテムの一つである「ジーンズ」に、LEVI'Sはしっかりと存在感を与えています。

どれだけラグジュアリーデニムが成長しようとも、どれだけデニム離れが進もうとも、ジーンズというアイテムそのものが、人々の生活に密着した物で在る以上、皮膚同然の扱いとして切っても切り離せない物である事は間違いありません。

そんなLEVI'Sのイメージを、昔ながら(80年代~90年代)の印象でいる方にとっては、余り心惹かれるものではないのかも知れません。

近年同じくアスレチックブランドであるChampionやアウトドアブランドが再構築され復権しているのと同じく、ブランドのイメージや立ち位置は昔とは全く違う場所にあります。

奇しくも90年代前後のファッションアイコンがリバイバルし始めている近年、一流ブランドを始めとする多くのブランドが、スウェットシャツや大きなロゴ入りのTEEシャツを展開し、敢えてその「昔っぽさ」を洒脱に見せるスタイルを浸透させて来ました。

これはSNSの発展に伴う、各ブランドの戦略の一つも加味されているのでしょうが、それらはブランドにとっては大きなコマーシャルであり、魅力の一つでもあります。

しかし、この状況はあくまでも副産物であり、元々"ダッド・スニーカー"の様に、「ある種のダサさ」をカッコいいとするファッションの潮流の中に、ロゴやフォントを駆使したブランドトップスも含まれているのですね。

(思い返せば、私達の若かりし頃には、スウェットやTEEシャツには、そのブランドの大きなロゴが入ったものを繰り返し着ていた時代が在りましたね?)

そんな背景もあり、今、ロゴやフォントの目立つプリントTEEシャツは一つのファッションアイテムとして認知され、LEVI'Sも同様に存在感を作っています。
(SNSで海外のスナップをご覧いただくと想像以上に多い事が解ります)

今日ピックアップするTEEシャツは全部で3型。

IMG_0245
一つ目は前述のシャープなレタリングでロゴを記した発泡プリントのTEEシャツ。
あくまでもシンプルで女性らしいベーシックなTEEシャツです。

IMG_0236
二つ目はボックスシルエットを使ったボーイズTEEの様な着用感に、着丈を女性らしい物に仕上げたもので、特にスカートなどとの組み合わせもし易く、袖もハーフスリーブにするなど、タップリとした身頃を楽しめるTEEシャツです。
(こちらも発泡プリント。)

この2つは何れもベーシックに使える他、今日のファッションに上手に取り入れる事で古くも新しくも見せる事が出来る(意外な難易度?)物たち。

そして三つ目は、週末にこそ相応しい「潮の香りのする」TEEシャツ。

IMG_0258_1
当店が良く表現に使う「潮の香りのする」というのは、解り易く言ってしまえば、海を意識出来るサーフテイストを含んだもの。

IMG_0246
形は前出のボックスシルエットの物と変わらず、袖だけがショートスリーブになっている程度ですが、大きく違うのは「ガーメントダイ」を施していること。

IMG_0247
これにより着古した感が既に現れている他、着続けながら洗いを繰り返し、更に色落ちや色の変化、発泡プリントのひび割れなどによって、よりヴィンテージ感が醸し出されて行きます。

IMG_0250
タップリとした身頃と、まるで70年代を彷彿させるような色とディテールに、LEVI'Sの持つジーニングカジュアルへの拘りを最も感じさせてくれるTEEシャツの様に思えます。

IMG_0253
それぞれが趣のある色ばかりで、プリントの色の組み合わせにも、どこか懐かしさを感じさせる絶妙な組み合わせがとられています。

IMG_0259
個人的にはこのシリーズに特別な愛着があり、その理由は昔から変わらないジーンズ好きに寄り添う様な(良い意味での)古臭さ(ヴィンテージ感)が在る為です。

薄汚れながら、着古されたヴィンテージのジーンズ、それもフレアや太目のストレートが似合いそうな表情を持っている事、またビーチサンダルが似合いそうなスタイルに仕上がる事など、実は今回のラインナップの中で最も好きなテイストの一つです。

IMG_0260
この組み合わせ写真の中で使っているメッシュのフラットパンプスの様に、趣次第では70年代も80年代も、そして今日も全てのスタイルが作り易いTEEシャツだと個人的には思うのです。

IMG_0261
「TEEシャツって、たった一枚の布地のように見えるのに、雰囲気作りをしてあげるだけで、奥深い世界観が完成する」

と言うのが主観です。

今回のラインナップの中で最も表情が豊かで、そしてジーンズを合わせる人にとって最適な雰囲気づくりが出来るのがこのシリーズの様な気がします。

と、今日はTEEシャツ一枚に沢山のお話を盛り込んでしまいましたが、週末や休日が増える今月は、こうした装いが不可欠になるのではないかと思います。

そして最後に触れておきたいのですが、世界的にグローバルブランドとして活躍するLEVI'Sだからこそできる大きなコストダウンは、商品の質に対して確実に安さを感じることが出来ます。

今回ご紹介したTEEシャツは、どれもが¥3,000-。
もはや悩む必要も在りませんね。

是非皆様の休日の御供として今回のTEEシャツを仲間入りさせて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ