IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

IL MARE JOURNAL


新作のご案内やリコメンドスタイルのご紹介、インプレッション等をご案内させて頂きます。
お客様のスタイルアップ・アイディアの一つとなれば幸いです。

涼しくなったかと思った途端、日中はまだ時折暑さを感じる日が続いた週末。
いよいよ9月も終わりが近づき、ご来店の大半の方々が季節を意識し始めています。

連日の新作到着に、これまで多くの方が頭を悩ませながらも、少しずつ秋冬の装いを愉しみはじめました。

そして今日は再び男性物の新作をピックアップ。

ビジネス中心ではなく、週末や平日、特にカジュアルな装いを愉しみたい方々へお勧めしたいニットブランド、その一つがイタリアのBAFY。

bafy_it_0001
BAFYは、ルイ・ヴィトンやブルネロ・クチネリなどのラグジュアリーブランドのニット生産も請け負うなど、その魅力は様々なディテールやデザインから伝わって来ます。

自社ブランドとしてのBAFYは、凝った編地や素材のクォリティをコントロールしながら、高いコストパフォーマンスも魅力の一つとなっています。

そんな魅力タップリのBAFY。
今シーズン、当店がオーダーしたニットの中から、今日は4種を挙げて見ました。

145896970
先ず一つ目は、全体にケーブル編みを使ったニット。
このニットが入荷した途端、非常に沢山の称賛を頂いたのは、何と「女性」のお客様方でした。

クルーネックの衿型に、フードをフェイクレイヤードした凝ったディテールと、何と言っても、その糸の心地良さに、女性のお客様が「欲しい」と呟くほど。

145896970_o3
実はこのニットに使われているのは、SUPER100'Sのウールを使用し、丹念に編み込まれた事による

艶やかさと柔らかさ

による肌触りの良さを特徴にしたもの。

最近ではこれらの細糸を用いたニットが比較的増えて来てはいるものの、それらの多くはハイゲージであったり、高価であったりと、嗜好によるところが多かった訳ですが、BAFYはそれらを加味したうえで、違った角度からの表現をしている様に思えます。

145896970_o1
この心地良い素材を使った事によって、触れた瞬間から気持ちよさを感じ、またニットと言う「温もり」を求める物ゆえの安心感に似た感覚が生まれます。

更に、それらをフーディーに仕上げる事で僅かな遊びを加え、実に大人らしい休日の一着を得ています。

カジュアルに愉しむニットはアレンジや組み合わせを考えるよりも、ただただ楽に着られて、それらが素敵に見える事に越した事はありません。(特に休日は)

このニットはまさにそんな痒い所に手が届く一着と言えるのかも知れませんね。

145896863
二つ目はこのブークレ調のクルーネックです。

145896863_o1
アルパカを混じえた五者混紡糸を使って編まれたこのニットは、ブークレ調のふんわりとした雰囲気が魅力の一つですが、何と言っても驚くのは、このニットの

軽さ

です。

145896863_o3
空気を含みふんわりと膨らむ事によって生まれるボリュームや、色から得られる温か味のある雰囲気は、この糸、この色、そしてシンプルなこの形によって作り得たもの。

肩肘張らずに過ごしたい週末は、軽さと暖かさ、洒脱な色の組み合わせによって、楽~に、そして楽しめる1着が良いですね。

勿論、テラコッタの色合いも抜群に魅力的です。

145896331
三つ目はこのチルデンセーター。

チルデンセーターと聞いてアイビーなテイストを連想する方も多いと思うのですが、今回BAFYで作られたこのチルデンは、とにかく

爽やか

な配色。

145896331_o1
更に毛足を丁寧に揃えられたヴァージンウールの使用によって、まるで春夏のニットの様に、滑らかで柔らかい仕上がりに。

また衿回り、袖、裾のラインは、太いピッチを巧みに使う事によって、堅苦しい印象が付きづらく、とにかく爽やかな印象ばかりが先行します。

このニットもまたケーブルを主に使用し、全体が落ち着き過ぎず、適度なトラディショナル感を作りだしています。

レイヤーを避け、敢えて一枚で着たくなるチルデンセーターに仕上がっています。

145897101
そして、最後にお勧めするのが、こちらのガーメントダイのタートルネックです。

最近BAFYのニットには、ブランドの紙タグと共に手書きで製品表示やアテンションを記した紙が重ねられています。

そこには、このニットの注意書きが記されているのですが、その中に記されているHAND CRAFTEDの文字。

145897101_o3
このニットは、製品を手染めによって仕上げ、更に洗いを行い、その手作業から得られる独特の風合いや仕上がりを堪能する事が出来ます。

このガーメントダイの工程をより表情として愉しめ、解り易くなるべく、当店ではこの絶妙なカーキブラウンの色をオーダーしました。

145897101_o2
これによって作られた色の表情は、何とも言えない味わい深い色合いを醸し出し、手作業による恩恵を多分に表現してくれています。

またこのニットは加工を行っているにも関わらず、素材そのもの(糸そのもの)の滑らかさは失われておらず、見た目からは想像出来ない程、柔らかさと滑らかさに心揺さぶられます。

かつて、当店スタッフがBAFYのニットを着て、某スコットランドのブランド展示会へ伺った際、ブランドのCEOから

「あなたが着ているニットは、どこのブランドのものですか?」

と聞かれ、関心を持たれた事がありました。

ニットと言えばスコットランド、そのスコットランドの老舗ブランドの人でさえも、目を見張る物があったという事なのでしょう。

それは編み方だったのか、糸のボリュームだったのか、或いは色だったのか、それは未だ知る由も在りませんが、一つだけ言える事は、

同じ土俵に居るブランドが気になる物

で在ると言う事です。

独自性を貫くそれぞれのブランドが、その高い技術力やアイディアを競い合うニットの世界。

高級な物を作る事は簡単でも、程よい価格で魅力を作る事は、中々難しいものです。

BAFYは、数々のラグジュアリーブランドを手掛ける事で培った知識や技術、そして審美眼が、間違いなく、こうしたニットの魅力を高めているに違いありません。

まだ試された事の無い方、或いはBAFYのニットをお好きな方も、是非この秋冬の新作を試してみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4964
気温が高く、秋が嘘の様に暖かい毎日が続き、ますます昼夜の気温差が広がる9月下旬。

今日は気温こそ高いものの、夕方過ぎからはどこか秋めいた涼しさが舞い込み、暑くてもやはり秋なのだなと感じさせます。

連日訪れるお客様の装いにも秋の装いが目立ち、皆様少しずつニットやコートの本格的な準備が進んでいます。

今季は様々なバリエーションのコートが登場している当店ですが、実は先日ブログで取り上げたSCHNEIDERSのコートに、もう一つ至極のコートが在ります。

今日はその一着をピックアップして見ました。

IMG_4143
そのコートがこちら。

既に店頭でご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、ふんわりとした毛質のこのテディ素材のコート。

実は見た目の愛らしさが特徴なのではなく、素材の8割をキャメル(ラクダ毛)が占め、それらにシルクを混紡した、実に贅沢な素材なのです。

IMG_4142
過去、こうした素材のコートは幾度と無く皆様にご覧頂いていますが、ここまで贅沢な素材は今回が初めて。

それもそのはず、物作りに真摯で、時代の風を介さずオーセンティックを貫く企業(SCHNEIDERS)だからこそ、素材への妥協が見られないのですね。

当店に長らくご来店頂いている皆様は既にご存じだと思うのですが、キャメル素材は、カシミアを凌ぐ程の暖かさを持ち、またその原毛の価格も一時のカシミアを凌ぐ程にまで高騰を続けています。(質によります)

それらの暖かさに、シルクを混ぜる事によって生まれる、しなやかさと艶やかさ、そして何より「軽く」仕上がっている事に驚かされます。

IMG_4144
素材の魅力だけでなく、形や細部のディテールにも拘りを持つSCHNEIDERS。

今回のコートでは大きなスナップが使用されており、全体の雰囲気を崩すことなく(通常のボタンを使用すると凹凸が出過ぎる事もある為)、しっかりとコートその物への影響を避けています。

IMG_4146
また裏地には、最近のSCHNEIDERSで良く見られるのですが、上品なペイズリー模様を中心とした大きな裏地が使用されており、表地とのコントラストは勿論、触り心地や滑りの良さまで、全てが秀逸に作られた一着である事を謳っています。

テディタイプの素材は、ともすると化繊だけで作られたり、或いはウールにナイロンやアクリルを織り交ぜて作られる事が多い中、SCHNEIDERSは確実に「至極」の一着を作るべく、稀有な素材を用いていました。

今季の当店はコートが豊作のシーズンですが、SCHNEIDERSのコートには一日の長が垣間見えるポイントが幾つも在ります。

シーズンごとにコートを揃える方、或いは処分に迫られている方、そしてコートは既にお腹一杯と言う方も、断捨離をしつつ、新しく、そしてオーセンティック(本質的)なコートの選択に、是非SCHNEIDERSを。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2790
秋晴れに恵まれた今日。
日中の暖かさに反して、夕方からは涼しく心地良い気温になって来ました。
秋を感じ始めると、やはりオシャレをしたくなり、気分も加速して来ます。

秋序盤、これまでニットやブラウス中心に選んでいた方も、徐々にコートにも目線を移したくなる毎日が続き、今日もコートのラインナップに新たな一着が仲間入りしています。

IMG_4788
当店ではお馴染みとなったブランド『Rawtus』(ロゥタス)の新作トレンチです。

Rawtusの物作りへの拘りは既にレザーによって証明され、多くの方が知るところとなりましたが、それらの息遣いはトレンチコートにも生かされていました。

IMG_4793
トレンチコートと一口に言っても、その多くは全体像が似た形をしているだけの物として認知されている事が多いかと思います。

しかしその実、元々トレンチコートはミリタリー(軍用コート)に端を発している事をご存じない方が多いかも知れません。

このRawtusのトレンチは、それらに端を発している細部のディテールが緻密に再現されています。

IMG_4790
例えば、衿の裏側に付けられた「スロートラッチ」と呼ばれるチンストラップは、元々雨風の侵入を防ぐ為に付けられた(衿を立てた際に使う)パーツ。

この名残としてストラップが付く事は在りますが、Rawtusでは緻密に再現された実用性の高い物が付けられています。

IMG_4791
「エポーレット」は比較的よく知られている仕様ですが、これも元来は軍の中での階級を示すバッチを付けたり、水筒や装備品のストラップを掛けた時、外れ辛くするなどの用途もあります。(他にも所説在ります)

IMG_4796
他にも、前肩から後ろに掛けて生地が二重の状態になっている「アンブレラヨーク」の仕様も、元は雨の滴などを下へ落とす為のもの。

ディテールとしては女性らしいふんわりとした雰囲気も生かされ、デザイン性も違って見えます。

IMG_4792
他にもベルトに設けられた「D管」は、手榴弾や装備品を付けて置く為のリングだったり、背面裾の「インバーテッドプリーツ」は、ヒダ山を合わせた様なボックスプリーツの様な構造で、ボタンを外す事によって、脚が動き易くするなどの理由が在ります。

IMG_4797
こうして、名前だけが独り歩きしているトレンチコートにも、実は多くの理由、多くのパーツが備わっている事は、意外なほど知られていません。

IMG_4795
このコートにはデザイナーの強い拘りがヒシヒシと感じられる仕様が、たっぷりと盛り込まれています。

高い実用性と共に、シャープで優れたデザイン性を両立したRawtusのトレンチコートは、間違いなく皆さんがご存じのトレンチとは異なる物に仕上がっているに違い在りません。

また今回のコートでは、袖筒を太目に仕上げる事によって、今日的なデザインを取り入れ、袖を捲ったり、或いはレイヤードしたインナーを覗かせたりした際に、華奢さや女性らしさを作る事が出来る等のディテールも取り入れられています。

IMG_4787
他にも、秋冬のみですが、取り外し可能なライニングが付属する為、秋冬は暖かく、春夏はライニングを外して、スプリングトレンチとしての利用が可能になっています。

こうしてシーズンを越え、世代を超え、トレンチに馳せる大半の皆様の想像を良い意味で裏切るRawtus。

マルチに使えるトレンチですが、今回のRawtusに至っては、特にジーンズやパンツの多い方にこそ、取り入れて頂きたい一着です。

是非今週は新たな魅力を発するRawtusを体感しにいらして下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ