IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

IL MARE JOURNAL


新作のご案内やリコメンドスタイルのご紹介、インプレッション等をご案内させて頂きます。
お客様のスタイルアップ・アイディアの一つとなれば幸いです。

3連休初日の今日は「春分の日」ですが、国際的には

『International Day of Happiness』

日本語では"ハピネスデー"、或いは"幸福の日"と制定されている国際デー

2012年6月に開催された国連総会で提唱され、193か国の加盟国が満場一致で記念日とした日です。

この日は世界がより幸福であることを願う一日であり、「幸福とは何か?」を考える一日とされています。

物質的、経済的、人道的、精神的、どんなことでもそれぞれの立場から考える幸せへの理念を改めて考える日です。

当然(?)当店は経済的+精神的=お買い物で満足するを提案します(無理やりですね)。

今、日本および世界はかつてない状況に包まれていると言っても過言ではありません。
しかしこうした状況を消極的に捉えるのではなく、私達は積極的に前に進む発想を持たなくてはなりません。

人は何か嫌な出来事が起こると、心にネガティブな思いを抱き続けます。
そんな時、その人の精神的な強さ弱さを露呈するものなのですが、当店は常に積極的に皆様と盛り上がってまいります。

何故なら、身の回りの物が新調されると、少なからず「心が喜ぶ」からです。

身体的な健康は勿論大切ですが、もっと大切に思うのは『精神的な健康』です。

愉しい事、嬉しい事、満たされる何かの感情を持つ事は心をポジティブにします。
当店は(むりやり)心を健康にするもの(⇦洋服です)を持っています。

こんな世界だからこそ、皆様に笑顔が増えると良いな~と思います。

と、今日も蛇足を踏みながら、新作のご紹介です♪

今日は当店がお勧めしたい2つのブランドを取り上げます。

一つ目のブランドは当店でも長らく続けているイタリアのシューメーカー『LUCA GROSSI』。

slideshow_img_LG_20200920_SS001

女性のシューメーカーとしては珍しい本格的な靴づくりを行うLUCA GROSSIは、1970年に創業された老舗。

その靴づくりには一切の妥協が無く、靴を構成する全ての素材を厳選された最高品質の物を使用し、更に履き心地を重視した「伝統的」な一足である事を約束してくれます。

今や財産とも言えるLUCA GROSSIの靴たちは素材の選択、裁断、縫製、組み立て、仕上げ、その全てのオペレーションをイタリア国内で行い、そこには職人たちの熟練した伝統と技が込められています。

当店でも人気の高いLUCA GROSSIは、こうした背景だけではなく、何より「履き心地」を口にする方が多く、優れた物作りを肌で感じさせてくれる点も人気の理由になっています。

もっとも、女性にとって靴づくりの背景や内容は二の次

大切なのは「見た目」と「履き心地」である事が第一です。

しかしそんな女性の気持ちを掴むブランドこそがLUCA GROSSIなのです。

そんなLUCA GROSSIで今回オーダーしたのは、これまでも人気だった木型を使った特別なローファーと、コンフォートをスタイリッシュにしたスリップオンの2つです。

149483292
一つ目のローファーがこのチェーンを使ったローファー。

149483292_o2
某ブランドも採用したチェーンモチーフのローファーは、80年代や90年代を懐古させるものでしたが、当店がオーダーしたのはチェーンをウッドで仕上げたもの。

149483292_o4
軽さはもとより、持前の履き心地と相まって、今日的な仕上がりを見せるこのローファー。
仮にウッドではなく金属であったとしたら、少し難易度の高い一足になった事でしょう。

149483292_o5
加えてホワイトのスムースレザーを用いた事で、ある種カジュアル感が増し、トラディショナルな印象よりもシャープで先鋭的な魅力を携えたと言っても過言では在りません。

またソールはレザーソールを採用し、元々LUCA GROSSIが持つソール(反りが良い)への拘りを、より感じて頂けるものに仕上げています。

コバの張り出しも少なく、ソール厚も薄くする事によって、履き心地の良さに加え、ドレッシーな印象が増しています。

149477335_o9
これによってカットソーとストレッチの利いたパンツ、そんな簡素な組み合わせでも、どこか個性的でモード感のあるスタイルに昇華してくれる、そんな一足になっています。

クラシックやトラディショナルなディテールを得意とするLUCA GROSSIにとって、新しい魅力を与えてくれるお勧めの一足に仕上がりました。

そしてLUCA GROSSIと言えば、クラシックなシューズと共に近年人気を牽引しているのが「コンフォート」なモデル。

しかしながら、それらコンフォートなラインナップには、「どこか馴染めないぽってり感」があり、当店では度々オーダーを見送ってきた経緯があります。

そこで今回新たにオーダーしたのがこの

149483452
クラシックとコンフォートを両立させた一足です。

149483452_o2
このモデルはアッパーにトラディショナルなフルブローグ(穴飾り)をあしらった形状を、ソールにはウレタンの積層をあしらい、クラシックな表情とコンフォートなソールの組み合わせから成される今日的な一足が完成しました。

149483452_o8
ソールには過去一度だけ採用した事のあるエクストラライトを使用し、腰高に脚長に(4㎝高)に見せています。

149483452_o5
このソール材は驚くほど軽く仕上がるのと同時に、非常に優れたクッション性を持ち、履き心地が全く変わったものになります。

149483452_o7
またアッパーに使用している木型がLUCA GROSSIらしい細身の美しい木型の為、これほどボリュームのあるソールにも関わらず、一般的に見られるボリューム感だけのシューズとは違った美しいシルエットが魅力の一つになっています。

149483452_o3
アッパーには柔らかくしなやかなシュリンクレザーをベース(白い部分)に、爪先とヒールカップにミッドナイトカラー(非常に濃いダークネイビー)のパテントレザーをあしらい、色のコントラストの美しさと共に、爽やかな軽さを齎しています。

149483452_o4
この仕上がりにもまたLUCA GROSSIの技術の高さや美意識が生かされているのですが、一般的には

「靴は小さくなればなるほど、バランスは崩れて行く」

と言う概念を覆すほど、細部のディテールやバランスが美しい状態を保っています。

149483452_o10
普段なかなかピッタリのサイズを見つける事が難しいスタッフの足元にも、この写真から、フィット感が高く、またバランスよく合わせられているのが解ると思います。

149483452_o11
ボリュームソールのシューズには細身のボトムスやスカートなど足首コンシャスとでも言うべきバランスで合わせると、よりスタイリッシュに見せやすくなります。

149477335_o8
このシューズもまたシンプルなカットソーとパンツだけの組み合わせにも、一味違いを作り出す独特な存在感が在ります。

美しさと履き心地、この二つを両立する事は、女性靴にとって中々難しいことですが、LUCA GROSSIにはそれらを解消する術があると言う事を今回のオーダーで感じて頂けると思います。

既にお持ちの方も、まだLUCA GROSSIを試した事の無い方も是非この機会にお試し下さいね。

そして二つ目のブランドはコチラ

Rawtus002
『Rawtus』(ロゥタス)。

日本が誇るゴートレザーを使った(特許取得)布地の様なレザー製品によって、一躍トップに躍り出たドメスティックブランド。

Rawtus001
特にフランスでは絶大な人気を誇り、そのシンプルでしなやかな物作りは美意識が万国共通である事を証明しています。

そのRawtusの中でも今春当店がフォーカスしているのが、レザー製品への補完的役割を担う『Rawtus +Foundation』のラインナップです。

既に春の第一弾としてスウェットシャツが入荷後間もなく完売しているこのラインナップ。
当店では主にカットソーを中心にピックアップしています。

149476782
今日入荷しているのはレギュラータイプと、シャツカットを施したビッグサイズのタイプの2型。

149476782_o5
レギュラータイプのカットソーは常に多くのスタイルの中心になるシンプルなインナーとしての作りを踏襲しています。

149476782_o6
美しいクルーネックと程よいショートスリーブ、そして適度な肉厚感を感じさせる、しっかりとしたコットン素材。

149476782_o8
当たり前の物を当たり前に提供する事が出来るのは、もはや日本人の仕事の基本であり、意外にも他国では"ないがしろ"にされている部分かも知れません。

このレギュラータイプのフィット感は一般的に想像されるほっそりとしたフィットではなく、身体に適度な緩みを持たせ、程よい着丈を持つもの。

149476782_o9
ジーンズ、スカート、トラウザーズ、ショーツ、どんなボトムにも合わせ易く、またテーラードジャケットからミリタリーなどのジャケットまで、様々なニュアンスのスタイルに取り入れやすい抜群のバランスを持っています。

もう一つの形がコチラ

149477335_o4
大き目でゆったりとしたサイズ感で作られたビッグサイズ。

149477335_o5
ドロップする肩やゆとりのある袖、更に身頃のゆとりと共に裾には前後の長さを変えスリットを入れたシャツカットを採用しています。

この着丈はレギングやスパッツ、スキニーなど細身のボトムスとの相性が良く、アスレティックな装いを愉しむならまさにお勧めのカットソー。

149477335_o8
149477335_o9
シンプルな装いに合わせたくなる派手さを控えたプリントと特徴的な着丈は、間違いなく春夏の装いを愉しい物にしてくれそうです。

149477335_o7
レギュラータイプの物とは違い、より日常に適したトップスとしての魅力を発揮するビッグサイズのタイプは、パンツを好む人にこそお勧めしたい一着です。

149477335
レギュラータイプは全4色、そしてビッグサイズは全3色、それぞれ異なる魅力を携えたカラーラインナップとなります。

今日ご紹介したLUCA GROSSI同様、共に一着の存在価値が高め合う「シンプル」と「クラッシック」は、『コンフォート』と言う心地良さが加わって初めて新しい装いに変わります。

奇しくも今日は"幸福の日"。
皆様の心を満たす装いの幸福を考えてみてはいかがですか?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

爽やかな青空で始まった今日。

街には卒業式を迎えた学生たちが、文字通り晴れ姿で希望に満ちた表情を浮かべています。

卒業生たちにとって今年はチョッピリ寂しい気も致しますが、新しい世界への期待と一つを成し遂げた達成感が表情からも窺えた気がします。

ともあれ今日の空の様に晴れやかな一日を迎える事が出来て良かったですね。
卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

新しい学校、始めての職場、それぞれ想いは違えど皆様にとって大きな節目の一日となります様私達も祈っております。

さて、御子様をお持ちの方々にとって今日は一つの節目でもあり、また少しほっとしたひと時でも在ったのではないかと思います。

来る新生活へ向けて皆様方にとっても新しい一年の始まりとなりますね。

勿論、お勤めの方の中には異動を命じられた方々もお出でになり、再び環境を変えて新しいスタートを切る方もいらっしゃる事と思います。

そんな節目を迎えた人たちにとっても、装いを新たに気分一新を考えるのも一つの発奮材料。

今日は女性の皆様に当店が推すお勧めのニットをピックアップしてみました。

zanone_blog001
当店で2シーズン目を迎えたイタリア、ヴェネツィアのブランドZANONE。

ZANONEはINCOTEXやMONTEDORO、GLANSHIRTなどのブランドを傘下に持つトータル企業SLOWEARブランドの一つ。

特にニットを中心としたラインナップを担うZANONEは、メンズでは広く知られるブランドですが、ウィメンズとしての認知度は、それほど大きくは在りません。

然し乍ら、その作りやディテールにはメンズ同様、シンプルでベーシックを基本に、妥協のない質の高い物作りが成されており、既に一部の女性にとって欠かす事の出来ないブランドとして愛されています。

そんなニットブランドZANONEの中で、当店が今シーズン最もお勧めしたいのが

アイスコットン

を使用したニットラインナップです。

昨日のBLOGでは男性に向けたドライタッチのニットを提案させて頂きましたが、毎シーズン、女性のお客様に「(メンズの)あのニットの様な物が女性にあったら良いのに・・・」という声を沢山いただいていました。

このアイスコットンはZANONEでは既に人気の素材であり、また他ブランドでは同じくニットを専業とするDrumohrなどでも度々見られる独特な触り心地と特性を持つ素材。

その特徴は

・サラリとした感触
・吸湿発汗性が高い
・汗ばむ季節でも肌にくっつかない
・軽く柔らかい


とメリットが沢山あります。

「やはり夏は気持ちよく過ごしたい、でも冷房はイヤ、でもベタベタするのはもっとイヤ」

女性の要望・願望は常に高いところに在るのが御洒落の基本。

そんなワガママを形にしてくれるのが、このアイスコットンのニットなのです。

今回当店がZANONEでオーダーしている二つの形は、何れもアイスコットンを使用した高品質なニット。

149449732
誰もがインナー利用だけでなく、多くの装いの中心として使う事の多いラウンドネックのショートスリーブ。

衿回りが開き過ぎず、閉じ過ぎず、女性の首を綺麗に、そして華奢に見せてくれるこの形は、インナーとしても最適なバランス。

149449732_o1
まるでTシャツの様なディテールに、この高性能で高品質なアイスコットンを用いた事により

普遍なラグジュアリー

を体感出来る二つと無い物に仕上がっています。

149449732_o2
加えて素材のニットが女性の要望を全て適えた糸を用いている事、そして一本一本の糸は極微で繊細、しかしそれでいてしっかりとした作りを実感出来るなど、このニットには特別な存在感を感じる事が出来ます。

またこのニットをより活かしてスタイルする為に、テーラードジャケット型のカーディガンをオーダーしています。

149449732_o3
レイヤードする事によってアンサンブルの様に使う事が出来る他、衿無しのVネックカーディガンでは満足する事の無かった衿回りの存在感や立体感が叶えられます。

149449764_o2
当店はあくまでもジャケットとしての捉え方ではなく、衿をもったカーディガンの様に「羽織ること」を前提にお勧めしています。

それはニットの組成上や、軽い着心地、そしてテーラードジャケットとは程遠いコンフォートな雰囲気によって、カーディガンよりはキチンと、でもテーラードよりは柔らかく、そんな両者を併せ持った存在感を、このニットに求めています。

149449764_o3
更にこのニットはバランスのとり方が絶妙で、ボタンの位置が中央付近に集まっていること、Vゾーンが深く取られていること、ポケット位置が下方向に在ること、この「なんてことの無い」事が備わっているだけで、レイヤードがワンピースだろうと、Tシャツだろうと、シャツだろうと、その全てがバランスよく合わせ易い絶妙のバランス感に仕上がるからです。

149449764_o4
季節的にも幅広く、春から秋の終わりまでインナーの種類を変えながら、長く楽しむ事が出来る今回の2つの形。

汗ばむ季節を迎える頃では時すでに遅し、今だからこそ備えておくべきは、このZANONEの2つの様に質実剛健、ある種コストパフォーマンスが高いと言えるニットにこそ投資をすべきです。

女性にとって、夏の冷房や日焼けは勿論、トップスへの拘りは秋冬以上に神経を使うものです。

未だ感じた事の無いこの特別な肌触りや着心地を、是非ZANONEの新作で体感してみて下さい。
きっと『質とは何か』を考えさせられるはずです。

IMG_0449
同じSLOWEARのINCOTEXのスカートにも合わせられそうですね♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0297
昨日の吹雪が嘘の様に空は青く広がり、再び過ごし易い一日が戻って来ました。

毎年春はジェットコースターの様に目まぐるしく天候が変わり、まさに春の嵐宛らと言った様子。
しかしこれも少しずつ春の訪れを感じさせる序章。

世の中に起こる様々な不安材料は在りますが、この空の様にすっきりと、少しずつネガティブを排除していきたいですね。

さて、今日も新作が沢山到着の一日となりましたが、今日は当店が世の男性に是非試して欲しい物をピックアップしてみました。

bafy002
それはイタリアのニット専業メーカー『BAFY』の新作ポロです。

BAFYはメゾンブランドL.VやラグジュアリーブランドB.CなどのOEMを手掛ける「EGG s.r.l」(元Baby Frank di Baffetti Francesco)によるオリジナルブランドで、創業は1981年と既に40年もの間数々のニット作りに携わって来ました。

BAFYの魅力はニット専業メーカーゆえの「糸のクォリティコントロール」や「高いコストパフォーマンス」の他、時代に沿った物作りを柔軟に取り入れ、いつの時代にも求められる変わらないベーシックが基本であるところ。

実は当店のお客様の中にこんなシーンが在ります。

数々のニットブランドを試してきた方々が「もうニットはお腹いっぱい」と感じ、余程の変わり種で無い限り触手を伸ばしにくいところ、「何故かBAFYには惹かれてしまう」、そんなケースが多々あるのです。

そう、BAFYには不思議な魅力があります。
それは些細なディテールの変化や、編み方、目の届きづらい細部への拘りが、人々の心を掴んでいるのです。

そんなBAFYの新作の中で、今回当店がどうしても試して欲しいと思うのが、今回のポロシャツたち。

149429159
先ず一つ目は、一見クラシカルでベーシックなニットポロですが、良く見ると「衿」の形状が変わっている事に気付くと思います。

149429159_o1
昨年、私達がBAFYの展示会で即座にオーダーを決めたのがこのポロシャツでした。

衿はまるでシャツのカッタウェイカラーの様に外を向く様に開き、更に丸みを帯びた形状は、ラウンドカラーとカッタウェイカラーを組み合わせた特徴的な衿に仕上がっていました。

149429159_o3
更にこの衿にはシャツ同様、台衿部分が確保されており、強撚糸を使い、編地を変える事によって衿が立体的に立ち易い仕様になっています。

この硬く仕上げた台衿部分が在る事は、ニットポロとしては非常に大きなこと。
この部分が在るのと無いのとでは大違いです。

149429128
また特徴的なのが今回のニットに使われている糸。
先ほども触れていますが強撚糸を使い、きつくしっかりと編み込まれている為、非常にしっかりとした感触であるにも関わらず、柔らかさがあり、また艶やかで滑らかさが在る事も今回のニットの特徴です。

149429128_o3
加えて、クラシックな見た目を裏切らないほんの少し長目に取られた袖、そしてしっかりとホールドする袖と裾のリブ。

一つ一つのディテールに拘りを以て作られている事がひしひしと伝わってくる至極の一着です。

素材そのものにドライタッチの感触を持つこのコットンは、まるでリネンのニットの様にシャリ感もあり(リネン程の粗野感はありません)、汗ばむ季節でも肌が生地にくっつく様な感覚は在りません。

ほんの少し大きく開いた衿、そしてクラシカルな形状、それはBAFYが持つアイデンティティと共に今日のスタイルに沿った「今」の解釈と言えます。

149429069
もう一つが同じコットンを使った作られたスキッパータイプのポロシャツです。

このポロは前出のクラシカルなポロよりも少しアクティブな印象のある一着で、スクエアカットされた袖や裾がシャープな印象を与えています。

149429069_o1
このポロシャツもまた衿の幅や大きさが特徴的で、衿が立体的に立つこと、また絶妙なワイドスプレットの様な衿の開きがジャケットやカーディガンとの相性も良く、更にこの一着がたとえショーツであろうとジーンズであろうとトラウザーズであろうと、そのどれもが素敵に見えてしまうフレキシブル且つ洒脱な魅力を持っています。

今回のBAFYのポロシャツは、これまで中々「いいポロシャツに巡り合えない」と感じていた人、或いは「既に夏はポロシャツが沢山あるから、、、」と仰っている人にとっても、全く違った印象を与えてくれる一着であることを加えておきます。

鹿の子やスムース素材のスポーツポロシャツも良いですが、歳を重ねた男性にとってのポロシャツは『こうでなければ』いけません。

一捻りも二捻りもあるBAFYのポロシャツを是非一度試してみて下さい。
きっと違いに直ぐ気付くはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ